close

Enter

Log in using OpenID

医薬ライセンシング協会講演リスト(2004 年 10 月

embedDownload
62
1
医薬ライセンシング協会講演リスト(2004 年 10 月~)
2016 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 284 回
6 月 15 日
1. EU,スウエーデンの最近の医薬事情、スウエーデンの医療制度、高額の
がん治療薬の扱い
PledPharma AB, Stockholm Chairman Håkan Åström
2. PledPharma の現状とパイプライン
PledPharma AB, Stockholm, CEO Jacques Näsström (pharmacologist)
1. Recent aspect of pharmaceutical industry in EU and Sweden, healthcare system in
Sweden and handling expensive cancer therapeutics
Chairman Håkan Åström PledPharma AB, Stockholm
2. Introduction of research-minded PledPharma and pipeline
CEO Jacques Näsström PledPharma AB, Sweden
第 283 回
4 月 20 日
製薬企業のグローバル化と日本企業の今後の展望と課題
日本医師会総合政策研究機構(元厚生省健康局長)
医療政策部長
佐藤
敏信
先生
Globalization of pharmaceutical industry: Prospect and problem of Japanese
pharmaceutical industry
Japan Med Assoc Res Inst
(ex- MHLW Health Bureau)
Med.Therp.Policy Dpt, Director
Toshinobu Sato, M.D.
第 282 回
2 月 17 日
TPP が日本製薬産業に与える影響
日本医療政策機構
エグゼクティブ ディレクタ-
宮田 俊男 医博
Influence of Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement (TPP) on Japanese
Pharmaceutical Industry
Health and Global Policy Institute (HGPI), Executive director
Toshio Miyata, M. D.
第 281 回
1 月 20 日
医薬ライセンシングの知的戦略
ペプチドリーム社に学ぶ、大学発バイオベンチャーの成功のための「鍵」
1
62
2
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所
パートナー・弁護士 (日本、米国カリフォルニア州・ニューヨーク州)
中町
昭人
氏
Keys to Success for University Spin-off Biotech Start-ups: Learnings from Success of
PeptiDream Inc.
Akihito ("Aki") Nakamachi
Partner / Attorney-at-Law (Admitted in Japan, California & New York)
Anderson Mori & Tomotsune
2015 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 280 回
12 月 16 日
最近の中国製薬企業事情並びに WuXi App Tec(上海)の R/D Platform と
Partnership
Dr. Yan Zhu 副社長
WuXi App Tec 社
Progress of Chinese pharmaceutical industry and WuXi App Tec’s R/D Platform and
Partnership
Vice President, Dr. Yan Zhu
第 279 回
11 月 18 日
WuXi App Tec
ヨーロッパにおける最近の医薬パテント訴訟並びにライセンシング事情
Hoffmann-Eitle, German
Dr. Thorsten Bausch
Recent topics in pharmaceutical patent (litigation) and Licensing in Europe
Dr. Thorsten Bausch
Hoffmann-Eitle, German
前半期(日本製薬企業)、第三四半期(海外企業)の業績分析と有望新薬
ファーマホーラム 中村 圭二
Current sales analysis of Japanese pharmaceutical companies (first half 2015) and
foreign majors (3rd Q 2015) with hopeful candidates.
Pharma Forum Institute Keiji Nakamura
Adare Pharmaceuticals, Italy and USA
Rocco Paracchini, Senior Manager of Commercial Development
Holger Neeck, Director of Business Development
第 278 回
10 月 21 日
東京大学におけるトランスレイショナルリサーチへの取り組み
~ リサーチマッピングシステムを中心として
1
62
3
東京大学大学院
特任教授
薬学研究科
加藤益弘 先生
Translational research in University of Tokyo : research mapping system
Prof. Masuhiro Kato
University of Tokyo
Graduate School of Pharmaceutical Science
第 277 回
9 月 16 日
第一三共におけるライセンス・事業開発について
久保 祐一 部長
第一三共株式会社 事業開発部 ライセンス部
Business development and licensing activities of DaiichiSankyo
Yuichi Kubo
Corporate Officer
VP, Business Development and Licensing
Corporate Strategy Division
DAIICHI SANKYO CO., LTD.
第 276 回
7 月 17 日
スーパーコンピューターを用いた進行がんの「プレターゲティング」治療薬
東京大学先端研 技術研究センター
児玉 龍彦
先生
Search for pre-targeting cancer therapeutics of advanced cancers by using supercomputer
Tatsuhiko Kodama, MD, PhD
University of Tokyo
Dpt. System Biology and Medicine
Research Center for Advanced Science & Technology
Pipeline of YuYu Pharma, Seoul
Dr. Mark T. Baik
Managing Director, YuYu Pharma
第 275 回
6 月 17 日
海外臨床試験の成功確率ならび承認確率からみる開発に関する課題と今後につ
いて
データモニター
日本支社長
前田 静吾 氏
1
62
4
Success and approval rates of new drug clinical trials in foreign countries: Current
problems and future prospect.
Seigo Maeda
Japan Office, Head DATAMONITOR LIMITED
第 274 回
5 月 20 日
医療ビッグデーターの応用:新薬導出入と市場予測
日本医療データー・センター(JMDC)シニアーグループマネジャー
森前
武重
氏
Utilization of medical big data: New drug licensing and marketing prospect
Takashige Morimae
Senior GroupManager, Japan Medical Deta Center Co. Ltd.
第 273 回
4 月 15 日
台湾・工業技術院(ITRI)の医薬パイプラインと独自の次世代抗体技術の紹介
Dr. Min-Yuan Chou
(周民元)
ITRI:台湾国立工業技術院
Deputy Chief Operating Officer
(副營運長)
Collabody - Moving forward in developing next-generation biotherapeutics
Dr. Min-Yuan Chou
Deputy Chief Operating Officer
Center for Drug Development, Biomedical Technology and Device Research
Laboratories (BDL), Industrial Technology Research Institute (ITRI)
第 272 回
3 月 18 日
薬物標的、疾病応答遺伝子
宮野 悟 教授
東京大学医科学研究所 ヒトゲノム解析センター
Drug targeting genes and disease/drug response genes
Prof. Satoru Miyano, M. D.
Human Genome Center, Institute of Medical Science, University of Tokyo
第 271 回
2 月 18 日
医療技術評価、医療経済評価の case-study : 糖尿病、COPD、血栓症、C 型肝炎、
感染症
ミリマン
岩崎宏介
氏
ディレクター、日本におけるヘルスケア部門およびデータ分析部門
日本アクチュアリー会正会員、米国アクチュアリー学会会員
Health Technology Assessment, Health Economic Evaluation, and Marketing-real
example of drugs of diabetics, hepatitis C, COPD, anticoagulation, and chemotherapy
Kosuke Iwasaki, FIAJ, MANN, MBA
Director, Japan Healthcare Practice & Date Analytics
Milliman
1
62
第 270 回
1 月 21 日
5
アクテムラに続け!
大杉
義征
一橋大学
1
次世代抗体医薬
特任教授
イノベイション研究センター
Antibody therapy of second generation, after Actemra
Prof. Yoshiyuki Ohsugi
Hitotsubashi University Innovation Research Center
2014 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 269 回
12 月 16 日
創薬研究におけるアカデミアの役割と、成果を出す企業との連携のあり方につい
て:東京大学の取り組み
東京大学トランスレーシヨナル.リサーチ.イニシアテイブ
特任教授
山上
圭司 氏
Role of academia in creation of new drugs and its collaboration with industry: case
studies in University of Tokyo.
Keiji Yamagami
Professor, Translational research initiative, University of Tokyo
第 268 回
11 月 19 日
医薬研究開発品目の事業価値評価 GO/No-go プロセスからみる日本の国際競
争力
Pharma Business Consultant, NovAliX Liaison Officer
岐阜薬科大学客員教授 長江 敏男 氏
International Competitiveness of Pharma Companies in Japan from the viewpoint of
Commercial Assessment and GO/No-go Decision
Toshio Nagae
Pharma Business Consultant、NovAliX Liaison Officer, Gifu Pharmaceutical
University, visiting professor
第 267 回
10 月 22 日
日本製薬企業の成長戦略
シティーグループ証券株式会社調査本部株式調査部
マネージングディレクター、医薬品業界担当アナリスト
山口 秀丸 氏
Growth strategy for Japanese pharmaceutical industry
Hidemaru Yamaguchi
Managing Director , Citigroup Global Markets Japan Inc.
第 266 回
9月3日
製薬企業が、日本アカデミアの先端研究をどう活用すればよいか?
-産学連携時の留意点―
62
6
1
千寿知財企画代表、
元大阪大学
FIRST 審良プロジェクト
知財戦略コーディネーター
特任
教授
元山形大学
大学連携推進室
知的財産コーディネーター
教授 前田
裕司 氏
How should pharmaceutical industry exploit and utilize advanced scientific research
carried out by researchers of Japanese University and/or National Institute?
Yuji Maeda, Ph. D.
Senju Intellectural Property Inc., representative
Osaka Univ. and Yamagata Univ. ex-professors
第 265 回
7 月 16 日
ジェンザイム – 稀少疾患領域のパイオニアとしての今後のビジョン
ジェンザイム・ジャパン株式会社
メディカル本部長 兼 開発本部長
医学博士 田畑 恭裕 氏
Title: Genzyme – Vision and future as a pioneer in rare disease therapy
Yasuhiro Tabata, M.D. Ph. D
Director, medical affairs / research and development
Genzyme Japan K.K
第 264 回
6 月 18 日
IMS Japan が分析する世界、日本の医薬市場の成長と展望
IMS Japan Director of Client Relations Allan Thomas
IMS Japan Annual Review – Pharmaceutical Market Growth, Opportunities and
Outlook
IMS Japan Director of Client Relations Allan Thomas
第 263 回
5 月 21 日
がん免疫療法の最近の進歩:PD-1 の発見から臨床応用
京都大学大学院医学研究科 免疫ゲノム医学講座
本庶 佑 教授
Recent advances of cancer immunotherapy: discovery of PD-1 and its clinical application
Tasuku Honjo, M. D., Ph. D.
Professor, Department of Immunology and Genomic Medicine
Kyoto University Graduate School of Medicine
第 262 回
4 月 16 日
FDA の正体と US, EU の研究規制動向
放射線医学総合研究所
栗原
千恵子
分子イメージング研究センター
室長
Exposing the FDA and recent regulation of clinical studies in the US and EU
62
7
1
Ms. Chieko Kurihara
Molecular Imaging Research Center, National Institute of Radiological Sciences
(NIRS)
第 261 回
3 月 19 日
台湾バイオ医薬産業の現状ならびに中国との新薬認可の共通化の進展
Mycenax Biotech Inc.社長
TPG Biologics 副社長
Karen Wen, Ph.D.
Pei-Jijun Chen, Ph.D.
Taiwan Biopharmaceutical Industry and Bridge the World to China
Karen Wen, Ph.D., President of Mycenax Biotech Inc.
Pei-Jiun Chen, Ph. D., VP of TPG Biologics
第 260 回
2 月 19 日
TEVA Japan の事業紹介
および
イノベーションを育むイスラエル文化
テバジャパン会長;テバサウスコリア会長、
ビジネスデベロップメントアジア太平洋統轄
Prof. Itzhak Krinsky
Introduction to TEVA Japan and Israel culture of innovation
Chairman, Teva Japan: Chairman, Teva South Korea and Head of Business
Development Asia Pacific Prof. Itzhak Krinsky
第 259 回
1 月 15 日
抗抗体医薬の現状と未来―BioWa 社の 10 年の活動を振り返る
協和発酵キリン株式会社
開発本部開発企画部長
小池正道
氏
Therapeutic Antibodies: present and future―Look back over the BioWa's 10 years
Masamichi Koike, Ph.D.
Director, Development Planning Department, Development Division
Kyowa Hakko Kirin Co., Ltd.
2013 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 258 回
12 月 11 日
アムジェンの日本における事業活動の再開とパイプラインについて
Amgen Development K.K.
社長
Klaus Beck, MD, PhD
Amgen’s activity in Japan and Profiling of Amgen’s pipelines
Klaus Beck, MD, PhD, President Amgen Development K.K.
第 257 回
11 月 13 日
ヨーロッパにおける医薬パテントならびにライセンシングの最近のトピックス
Hofmann-Elite
Dr. Thorsten Bausch
Recent topics in pharmaceutical patent (litigation) and licensing in Europe
Dr. Thorsten Bausch, Hofmann-Elite
62
8
1
Recap を用いた Deal 情報の解析事例-“A Good Deal Faster”
トムソン・ロイター・プロフェショナル株式会社
ソリューションスペシャリスト
稲田麻未
氏
Analytical case of Deal information with Recap* - "A Good Deal Faster
Mami Inada
Solution Specialist
Thomson Reuters Professional KK
10 月講演は台風接近のため中止
第 256 回
9 月 20 日
Shire の日本における事業活動、とくにパイプラインについて
Shire Japan K.K.
Steve Engen 社長
Business Development of Shire in Japan: especially of her pipelines
Mr. Steve Engen
Representative Director, Shire Japan K.K
第 255 回
7 月 23 日
高齢化社会を控えた製薬企業と医療:課題と解決への模索
社会保障.人口問題研究所
所長
西村 周三先生
Prospect of pharma-industry and medical therapy facing on senile society
National Institute of Population and Social Security Research (JPSS)
Director, Prof. Shuzo Nishimura
第 254 回
6 月 19 日
事業化の視点から見た iPS テクノロジー
iPS アカデミアジャパン株式会社
代表取締役社長 村山 昇作 氏
iPS technology from the view point of industrialization
Shosaku] Murayama
President & CEO
iPS Academia Japan,Inc
第 253 回
5 月 17 日
医薬品応用の 2016 年までの展望
ファーマセグメンテーション&グローバルアカウントマネジメント
ディレクター
IMS ジャパン
アラン・トーマス
Global Use of Medicine - Outlook Through 2016
Allan Thomas
IMS Japan
Director, Pharma-Segmentation and Global Account Management
62
第 252 回
4 月 17 日
9
1
バイオファーマM&A市場のダイナミックスと日本企業へのインプリケーショ
ン
マネージングディレクター
JPモルガン証券会社
投資銀行本部
本郷
陽太郎
事業法人グループ責任者
氏
Dynamics of biopharma M&A market and implications to Japanese players
Managing Director, Head of General Industries Group, Investment Banking,
J.P.Morgan
Mr. Yohtaro Hongo
第 251 回
3 月 19 日
MSD
会社概要とライセンス戦略
MSD株式会社 コーポレートライセンシングディレクター
行
木下
正
氏
Licensing Area of Interest and Company Profile of MSD
Masayuki Kinoshita, M.Sc.
Director, Corporate Licensing, MSD K.K.
第 250 回
2 月 19 日
日本製薬企業の pipeline 分析と blockbusters 選出のこころみ、ならびに最近の
ライセンス費用分析
ファーマ・ホーラム研究所
中村 圭二 氏
Blockbuster candidates of Japanese pharmaceutical companies, and licensing cost
analysis in the world
Keiji Nakamura, Ph.D., Pharma Forum Institute
第 249 回
1 月 16 日
製薬企業とバイオベンチャー企業:
日米比較論-日本企業改善のための提言
東京大学尖端科学研究センター
ロバート
ケネラー教授
Pharmaceutical and bioventure companies: Comparison between Japan and USA, and
ways hybird Japanese-American bioventures might help Japanese pharmaceutical
companies.
Prof.
Robert Kneller, JD, MPH, MD
University Tokyo, Res Ctr Adv Sci Tech(RCAST)
治療用ヒト稀少モノクローナル抗体探索プラットフォーム・テクノロジー
「ビバスクリーン」と、ビバリス社のビジネスモデル
ビバリス
代表取締役
トヤマ
ジャパン
最高経営責任者
株式会社
榎本
滋
氏
Viva ScreenTM identifying and isolating rare, therapeutic human monoclonal antibodies,
and Business Model of Vivalis
62
10
1
Shigeru Enomoto, CEO & Representative Director
Vivalis Toyama Japan Incorporated
2012 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 248 回
12 月 19 日
がんゲノム異常を標的とした分子治療薬による個別治療
理研横浜研究所
ゲノム医科学研究センター
バイオマーカー探索・開発チームリーダー
中川
英刀
先生
Cancer molecular therapeutics targeting cancer genome abnormality
Hidewaki Nakagawa, M.D., Ph.D.
RIKEN Center Genomic Medicine (CGM) Laboratory for Biomarker
Development
進化する RNAi 創薬ビジネス
株式会社
ボナック
事業戦略本部
本部長
取締役
水谷隆之
氏
Evolutional RNA interference Therapeutics Business of BONAC Corporation
Takayuki Mizutani、Managing Director
Strategic Headquarters for Business Development, BONAC Corporation
第 247 回
11 月 17 日
製薬業界の国際的課題
前製薬協理事長 市川 和孝 氏
International Themes Including IP Protection for Japanese Pharmas
Kazutaka Ichikawa, ex-Secretary General of JPMA
産学連携の現状と将来
京都大学大学院
医学研究科
メディカルイノベーションセンター副セ
ンター長
KUMBL
メディカルイノベーション推進室長
寺西
豊
The ways to navigate the collaboration between industry and university
Kyoto University Graduate school of Medicine
Deputy Director ,Medical Innovation center
Professor Yutaka Teranishi,Ph.D
第 246 回
10 月 17 日
TPP 参加による日本製薬企業にたいする影響
キング医薬品法律事務所(ワシントン)
Paul N King 弁護士
The Trans-Pacific Partnership-- Impact on Pharmaceuticals if Japan Joins.
特任教授
62
11
1
Paul N. King
Attorney KING PLLC (Washington)
ライセンス戦略に活かすための情報分析
トムソン・ロイター
プロフェッショナル㈱ IP サービス
事業統括部長
顯徹
美築
医薬、化学チーム
石原
氏
渉太郎
氏
Research, Analytics & Consulting for Strategic action
Mizuki Akiyuki, Director, IP Service , Thomson Reuters
Shotaro Ishihara, IP Service , Thomson Reuters
第 245 回
9 月 19 日
臓器移植の最近のトピックス
メディシノバ
㈱
代表取締役 兼 CEO
南カルフォルニア大学医学部泌尿器科学、外科学、病理学教授
岩城
裕一
先生
Topics of recent organ transplant
Yuichi Iwaki, M.D., Ph.D.
President and CEO,, MediciNova Inc. Prof.,
Dpts. Urology, Surgery and Pathology, Southern California School of Medicine
メディシノバの開発戦略
メディシノバ
㈱ CMO (チーフ・メディカル・オフィサー) 松田 和子 氏
MediciNova development strategy
Kazuko Matsuda, M.D., Ph.D., CMO (Chief Medical Officer), MediciNova Inc.
分裂酵母による有用タンパク質生産技術開発とその事業化
旭硝子 ASPEX 事業部
フェロー 熊谷
博道 氏
The development of technology on Asahi glass Schizosaccharomyces pombe expression
system (ASPEX) and the applied business
Hiromichi Kumagai, Ph.D., Fellow
ASAHI GLASS CO., LTD., ASPEX Division
第 244 回
7 月 17 日
2013 年から日本医薬品業界は新たな成長時代にはいる
シティグループ証券株式会社調査本部株式調査部
マネジングディレクター医薬品業界担当アナリスト.
山口秀丸
Japanese pharmaceutical industry will be in a new growth era from 2013
氏
62
12
1
Hidemaru Yamaguchi
Analyst Japanese Equities, Pharmaceutical, Medical Device, and healthcare
Citi Investment Research and Analysis (CIRA)
そーせいグループの事業紹介
株式会社そーせい開発本部長
松浦 昭宏
氏
Introduction of Sosei Group Business Model
Akihiro Matsuura, Ph.D.
VP, Product Development Div.,
Sosei Co., Ltd
新しい育種技術の天然物創薬、バイオ医薬分野への応用
㈱ネオ・モルガン研究所
事業開発本部長
釘宮
理恵氏
Novel strain development technology for drug discovery and biologics
Rie Kugimiya
Senior Director, Business Development
Neo-Morgan Laboratory Incorporated
第 243 回
6 月 19 日
本邦製薬企業の新たなビジネスモデル:
株式会社
HSRI 代表取締役
2020年へのパラダイムシフト
志村裕久
氏
CFA、CPA (UBS 証券アナリスト)
How has the Japanese pharmaceutical industry been handling the challenge?:
Paradigm shifts towards 2020, the new era of Japan
HSRI Co., Ltd. Hirohisa Shimura, CFA, CPA (ex-UBS equity analyst)
iPS 細胞を用いた世界初めてのグローバル治験計画
株式会社日本網膜研究所
代表取締役社長兼 CEO
The 1st global clinical trials using iPS cell based therapy
Retina Institute Japan, K.K.
President&CEO, Hardy T S Kagimoto, MD
抗体創薬分野におけるニワトリバイオ技術の活用
株式会社広島バイオメディカル
代表取締役社長
豊浦雅義
Production of antibody medicines with biotechnology using
Hiroshima BioMedical KK
President, Masayoshi Toyoura
鍵本 忠尚
氏
62
第 242 回
5 月 16 日
13
1
低分子量化合物およびモノクローナル抗体による癌の治療法の開発を目指し
て:基礎研究から臨床応用へ
東京大学医科学研究所先端医療研究センター
北村
俊雄
教授
For the Development of Cancer Therapies by Small Molecules and Monoclonal
Antibodies: ~From Basic Research to Clinical Applications~
Professor, Toshio Kitamura, M.D., Ph. D.
The Division of Cellular Therapy, Advanced Clinical Research Center,
The Institute of Medical Science, The University of Tokyo
新規抗体医薬品のシーズ探索技術(SST-REX 法)とその成功事例
株式会社 ACTGen
代表取締役社長兼 CEO 梶川
益紀 氏
The seeds search technology (the SST-REX method) of a new antibody drug and its
success example
ACTGen Inc.
President and Chief Executive Officer, Masunori KAJIKAWA
三次元構造の適合性を重視する in silico 分子設計法による PPI 低分子創薬
インタープロテイン株式会社
代表取締役社長
細田雅人
氏
Drug discovery research for small molecule PPI inhibitors by a
unique in silico drug design method that prioritize shape matching
CEO & President, Interprotein Corporation, Masato Hosoda
第 241 回
4 月 18 日
成熟社会日本に医薬産業をどう役立てるか? 果たすべき役割と課題
京都大学薬学研究科製薬協寄附講座「医薬産業政策学」
柿原
浩明
教授
Expected Role and Issues for Pharmaceutical Industry to Contribute to Mature Society in
Japan
Professor Hiroaki KAKIHARA
Department of Pharmaceutical Policy & Health Economics
Kyoto University
アクテリオン、オーファン薬物から革新創薬へ
アクテリオン
ファーマシューティカルズ
ジャパン株式会社
コーポレート&ビジネスディベロップメント担当顧問
Actelion, from Orphan Drugs to Innovative Drugs
Kazushige Itabashi, Senior Adviser
Corporate & Business Development
Actelion Pharmaceuticals Japan Ltd.
板橋一成
氏
62
第 240 回
3 月 13 日
14
1
日米の医薬ライセンシングのトレンド及び新興国(インド等)におけるライセン
シングの留意点
アンダーソン・毛利・友常法律事務所
弁護士
弁護士
中町
昭人
城山
氏
康文
氏
Trends in Pharmaceutical Licensing in Japan and the U.S., and Cautionary Tips on
Licensing in Emerging Markets (e.g., India)
Anderson Mori & Tomotsune
Akihito Nakamachi, Esq.
Yasufumi Shiroyama, Esq.
特許におけるジェネリック医薬戦略
―バイオシミラーの展望-
アンダーソン・毛利・友常法律事務所
弁理士
小野
誠
弁理士
坪倉
道明
氏
氏
Generic Drug Strategy From Patent Perspective - Prospect of Biosimilars
Anderson Mori & Tomotsune
Makoto Ono, Patent Attorney
Michiaki Tsubokura, Patent Attorney
薬物開発における CRO の役割:よりよい薬物評価ツールの提供
Ricerca Biosciences, LLC
上級副社長 Jamie W.Baumgartner
The role of CROs in Drug Discovery: Providing Better Drug Evaluation Tools
Jamie W.Baumgartner
Senior Vice President
Ricerca Biosciences, LLC
第 239 回
2 月 15 日
薬物標的遺伝子の探索研究
宮野
悟 教授
東京大学
医科学研究所
ヒトゲノム解析センター
DNA 情報解析分野
Search for Drug-Targeting Genes
Prof. Satoru Miyano
Human Genome Center, Institute of Medical Science, University of Tokyo
CE-MSによるバイオマーカー探索研究について
代表取締役
菅野隆二氏
取締役バイオマーカー・分子診断事業部長
大橋由明氏
62
15
1
The research and development of biomarker by CE-MS
Mr. Ryuji Kanno, President
Mr.Yoshiaki Ohashi, CSO
第 238 回
1 月 17 日
厚生労働省の取り組む再生医療臨床実現化ハイウェイ研究事業について
今井浩二郎博士
厚生労働省
医政局
研究開発振興課
再生医療推進質再生医療専門
官
MHLW project for Realization of Regenerative Medicine
Kojiro Imai M.D., Ph.D., Assistant Director
Ministry of Health, Labor and Wealfare, Research and Development Division,
Health Policy Bureau
Managing the Pipeline of Marketed Products during Globalization: A Key Role for
Business Development
Richard Brown
Partner and Head, Tokyo Office, Plexus Ventures
画期的な抗体の効率的製造技術
ADLib システムとはーその特徴と可能性につい
て
藤原正明 氏
カイオム・バイオサイエンス社
代表取締役社長
An Innovative Platform Technology for Antibody Generation
Masaaki Fujiwara
PresidentChiome Bioscience, Inc.
2011 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 237 回
12 月 21 日
肥満と生活習慣病とエピゲノム創薬
酒井 寿郎 教授
東京大学先端科学技術研究センター
代謝医学分野
Epigentic studies on obesity and Life style-related diseases
Prof. Juro Sakai
Division of Metabolic Medicine, RCAST,
University of Tokyo
最近の韓国製薬業界事情ならびにヒョンダイ製薬バイオファーマ:研究開発パイ
プラインについて
ヒョンダイ製薬バイオファーマ
ピーター・チョイ副社長
Hyundai Pharma. along with our R&D pipeline
62
16
1
Peter S.Choi, COO and Senior Vice President in charge of Global Business Div.
BioPharmatis, Hyundai Pharma
第 236 回
11 月 15 日
がん分子標的治療:テロメア研究(がん化と細胞老化)の現況について
癌研究所
癌化学療法センター分子生物治療研究部
(東京大学大学院新領域創成科学
研究科
部長
准教授、明治薬大、徳島大
客員教授)
清宮
啓之
先生
Molecular-targeted cancertherapy : telomere research : carcinogenesis and cellular
senescence
Dr. Hiroyuki Seimiya
Director, Molecular Biotherapy Division
Cancer Chemotherapy Centerm Cancer Institute
スキャンポファーマの目指すもの
James J. Egan 氏 , COO of Sucampo Pharmaceuticals Inc
関田隆 氏、(株)スキャンポファーマ日本支社部長
Achivements and Targets of Sucampo Pharma
Mr. James J. Egan, COO of Sucampo Pharmaceuticals Inc
Mr. Takashi Sekida, Director, Japan Brabch, Sucampo Pharmaceuticals Inc
CCBR-SYNARC 社(デンマーク)紹介
クラウス クリスチャンセン医博、社長、共同創始者
Profiling CCBR-SYNARC, Copenhagen, Denmark
Claus Christiansen, M.D., CEO & Co-founder
第 235 回
10 月 19 日
最近の EU における医薬訴訟判決と医薬ライセンシングに及ぼす影響
ホルガー・ストラットマン弁護士
ホフマン・アイトル法律事務所
ミュンヘン
Selected recent decisions of EU courts and their impact on licensing
Mr. Holger Stratman
Attorney at law
Hoffmann-Eitle, Munchen, Germany
SIMPLE
Antibody Platform for human antibodies and pipeline candidates
arGEN-X BV, Rotterdam
Mr. Tim van Hauewermeiren, CEO
台風 15 号関東接近のため第 235 回 9 月講演は延期
62
第 234 回
7 月 19 日
17
1
再生医療の産業化と今後の展望
東京女子医科大学
先端生命医科学研究所
所長
岡野 光夫
教授
Foresight in Industrialization of Regenerative Medicine
Teruo Okano, Ph.D.
Professor and Director Institute of Advanced Biomedical Engineering and
Science
Tokyo Women's Medical University
リポソーム作製技術の開発と応用―リポソーム工学研究所の研究開発の現状と
展望
株式会社リポソーム工学研究所
代表取締役
吉村 哲郎 先生
三重大学大学院工学研究科リポソームバイオ工学研究室
特任教授
名
誉教授
財団法人
名古屋産業科学研究所
上席研究員
Development and Application of Novel Liposome Preparation Techniques
Tetsuro Yoshimura, Ph.D.
Liposome Engineering Laboratory, Inc., Director
Laboratory of Liposome Bioengineering, Mie University Graduate School of
Engineering,
Specially Appointed Professor/Professor Emeritus Nagoya Industrial Science
Research Institute, Senior Researcher
第 233 回
6 月 15 日
EU における予測される自由薬価の終焉と創薬企業の対応
Prof. Dr.med. Dr.Jur. Christian Dierks
Dierks + Bohle, Attorneys, Berlin
Rapid Benefit Assessment of new drugs in Germany - a decisive turn for reference
pricing
Prof. Dr.med. Dr.Jur. Christian Dierks
Dierks + Bohle, Attorneys, Berlin
SK Chemicals の IIβ-HSD1 阻害薬(II 型糖尿病治療)ならびに GnRH 遮断薬(前立
腺がん、不妊症、子宮内膜症
治療)の紹介
Bong Yong LEE, Ph.D.,
Senior Vice President, Director of Life Science R&D Center
Seoul
SK Chemicals,
62
18
1
Introduction of SK Chemicals’ NCEs: a 11β-HSD1 inhibitor and a small molecule GnRH
antagonist
Bong Yong LEE, Ph.D.,
Senior Vice President, Director of Life Science R&D Center
SK Chemicals,
Seoul
第 232 回
5 月 18 日
環状ホスファチジン酸(cPA)の医薬への応用
お茶の水女子大学 副学長、理事、理学部長
室伏 きみ子
教授
Cyclic phosphatidic acid and its clinical application
Ochanomizu Women's University School of Science
Vice president and Dean
Prof. Kimiko Murofushi
SANSHO ㈱ の事業戦略
SANSHO ㈱
代表取締役
諸星 敏郎 薬博
SANSHO Inc.: Business Development and Strategy
SANSHO, Inc., President, Toshiro Moroboshi, Ph. D.
理化学研究所
免疫・アレルギー神経総合研究センター
感染免疫応答研究チーム
チームリーダー
石戸
聡
医学博士
Ubiquitin ligase family and immune disease
RIKEN Research Center for Allergy and Immunology
Team Leader
Satoshi Ishido, M.D., Ph.D.
先発メーカーと後発メーカーとの特許紛争を中心にした韓国医薬特許実務
朴鍾爀特許法律事務所
朴鍾爀 (パク・ジョンヒョク)氏
Recent trend of Korean patent practice in the field of pharmaceutical invention based on
the litigations between innovators and generics
J.H.PARK & Co., President, Mr. Jong Hyeok PARK
Improving oral sustained absorption even to colon by GLARS technology
GL PharmaTech Corp., Republic of Korea CEO
Mr. Hunsik (Brian) Wang
3 月は東関東大震災による交通機関及び計画停電のため中止
第 230 回
2 月 16 日
疾患関連タンパク質を標的とする創薬研究
東京大学大学院理学系研究所
菅
裕明
ならびに PeptoDream Inc.
教授
New drug R&D targeting disease-related proteins
62
19
1
Univ. Tokyo Grad Sch Science & PeptoDream Inc.
Prof. Hiroaki Suga, Ph.D.
第 229 回
1 月 21 日
中枢神経回路の修復機能と再生治療法の可能性
大阪大学大学院医学系研究科分子神経科
山下俊 英 教授
(バイオクルーズ K.K.)
Functional recovery after injuries to the central nervous system
Prof. Toshihide Yamashita
Osaka University Graduate School of Medicine, Molecular Neurology
バイオクルーズ株式会社の事業-脊髄損傷治療薬の開発について
バイオクルーズ(株)代表取締役社長
谷川俊彦 氏
Corporate profile : R&D for spinal injury therapeutics
Toshihiko Tanigawa, CEO, BioCruise Co.Ltd
最近の英国の製薬企業ならびにバイオベンチャーの動向ー生き残りをかけてー
バイオジェミニ
代表取締役 北岡伸介
氏
Recent trend of Pharmaceutical Industry and Bioventure in the UK - for Survival
Mr. Shin Kitaoka BSc MBA, CEO, BioGemini Ltd.
2010 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 228 回
12 月 15 日
リボ核酸関連の創薬研究
中村 義一 教授
東京大学医化学研究所
((株)リボミック 取締役)
Development of new drugs related to RNA
Prof Yoshikazu Nakamura
University of Tokyo, Institute of Medcial Science, Dpt Tumor Oncology
(Executive director, Ribomic Inc.)
ペプチド模倣技術を用いた新規ガン治療薬の開発
PRISM BioLab 株式会社
代表取締役
小路
弘行
氏
Development of new anti-cancer drug by peptide mimetic technology
Mr. Hiroyuki Kouji, President PRISM BioLab
DS ファーマアニマルヘルスの事業開発
経営企画部 事業企画グループマネージャー
Business Development in DS Pharma Animal Health
住田 能弘
氏
62
20
1
Yoshihiro SUMITA, Ph.D., MBA,
Corporate Planning, DS Pharma Animal Health, Co., Ltd.
我が国大学教育の国際評価:製薬企業研究開発責任者へ外人登用
ファーマホーラム研究所
中村圭二
氏
Japanese University ranking in 2010
Pharma Forum Institute
第 227 回
11 月 17 日
Keiji Nakamura, Ph. D.
医薬品の経済評価の方法と活用
東京大学医学部臨床疫学経済
福田
敬
准教授
Methods and Use of Economic Evaluation of Pharmaceuticals
Department of Health Economics and Epidemiology Research, School of Public
Health, The University of Tokyo
マイクロニードル薬物送達システム
新薬開発・ライフサイクルマネージメントにおける新しい投与形態の提案
スリーエム ヘルスケア株式会社
ドラッグデリバリーシステムプロジェ
クト部 プロジェクト部長
広之 氏
笹瀬
Microneedle Drug Delivery System for New Drug Development and PLCM
Hiroyuki Sasase, Project Manager
Drug Delivery Systems Project Department, 3M Health Care Limited
第 226 回
10 月 19 日
開発初期の有望な抗ガン剤候補:crizotinib ならびに PLX-4032
ファーマホーラム研究所
中村圭二
氏
Early promising anticancer candidates: crizotinib and PLX-4032
Pharma Forum Institute
Keiji Nakamura, Ph. D.
ワシントン報告―2010:オバマ新医療政策の製薬企業への影響
ポール・キング弁護士
キング法律事務所、ワシントン
The Washington Report – 2010
ObamaCare -- Implications for Pharma Companies, and Other Developments.
Mr. Paul N. King,
King PLLG, Washington
新薬特許占有権に対する否定的、挑発的な環境
バーンド・ハンセン弁護士
ホフマン・アイトレ、ミュンヘン
Provocative Thoughts on the Patenting of New Pharmaceuticals
Dr. Bernd Hansen, Hoffmann Eitle, Muenchen
第 225 回
9 月 15 日
1.英国政府のライフサイエンス分野へのサポート体制
62
21
英国大使館
貿易・対英投資部
1
ライフサイエンス担当 一等書記官
ジ
ェレミー・ヒル氏
2. 製薬業界 2010 年オーバービュー
マット
クレブス氏
データモニター日本支社
製薬部門ディレクター
3. 製薬業界における業務分散化の影響下での生き残り
スコティッシュ・バイオメディカル社
チーフ・エグゼクティブ
スティーブ・ハモンド氏
4. バイオ医薬品開発におけるハンティンドンライフサイエンス社の役割
ハンティンドン・ライフサイエンス社
実験生物学部門責任者クリストファー・カートン氏
5. アストラゼネカ: 積極的な外部提携を目指して
アストラゼネカ株式会社 パートナリング戦略・事業開発統括部長
西村公男氏
1. Opening Remarks and UK Government support for Life Science Industry
Jeremy Hill, First Secretary in charge of Life Science, UK Trade & Investment
Department, British Embassy in Tokyo
2. Pharmaceutical Market Overview
Mr Matt Krebs/ Director Healthcare, Datamonitor Limited Japan
3. Living with the Consequences of the Dis-integration of the Pharmaceutical Industry
Dr Stephen Hammond, Chief Executive Scottish Biomedical
4. The role of Huntingdon Life Sciences in supporting biopharmaceutical drug
development
Dr Christopher Kirton, BSc, Head of Experimental Biology, Huntingdon Life
Sciences UK,
5. AstraZeneca Strategic Shift to Active Externalization
Mr Kimio Nishimura, Director, Strategic Partnering and Business Development
第 224 回
7 月 21 日
多国籍製薬企業ロシュのライセンシング環境
Roche Pharma Partnering"Licensing Environment for Multinational
Pharmaceutical Companies and Roche Strategies
Dr. Joe McCracken, DVM
General Manager, Roche Pharma Japan Asia Regional Head
ペプチド最適化研究から実用化への取り組み
JITSUBO 株式会社(東京農工大)
事業開発部
河野悠介氏
Practical optimizotin of peptide drugs”
Dr. Kohno Yusuke, Business Development, JITSUBO K.K.
(Tokyo University of Agriculture and Technology)
62
第 223 回
6 月 16 日
22
1
最近の知財法務の諸問題~職務発明を中心に
大
毅(だい
つよし)法律事務所
大
毅
弁護士
Recent legal issues on Intellectual Property Right
~Invention by corporate researchers, etc.
Tsuyoshi Dai, President, Attorney at law, Tsuyoshi Dai Law office
メルシャンの中国製薬事業の紹介:深圳万楽薬業有限公司
メルシャン株式会社執行理事医薬・化学品事業部長
深圳万楽薬業有限公司
副董事長
渡辺
兼
東 氏
Introduction of Mercian’s Chinese Pharmaceutical Business: Shenzhen Main Luck
Pharmaceuticals Inc.
Division Director, Mercian Corporation Pharmaceuticals & Chemicals Division
Vice Chairman, Shenzhen Main Luck
Pharmaceuticals Inc.
Azuma Watanabe, Ph.D.
Attendance report
Bio-Chicago 2010
Mr. Leslie Pryce, New Business Horizones
第 222 回
5 月 19 日
抗体医薬の今、そしてこれから
設楽研也、協和発酵キリン(株)製品戦略部
Antibody drugs: now and future
Kenya Shitara, Strategic Product Planning Department (Intellectual Property
Department from April), Kyowa Hakko Kirin Co. LTD.
Resent news in Midas Pharma in Germany and Huve Pharma in Hungary
Dr. Gerhart Roth, Senior Adviser, Midas Pharma, Ingelheim, and Huve Pharma,
Sophia
第 221 回
4 月 21 日
医薬品ライセンシングの知財戦略-バイオ・抗体医薬時代の日米知財戦略
比較
SK特許業務法人
東京本部オフィス
奥野
彰彦
弁理士
Pharmaceutical Intellectual Property Licensing Strategy - Comparative Study of IP
Strategy of Biopharmaceuticals and Therapeutic Antibody between US and Japan
Akihiko Okuno, President, Patent Attorney, SKIP Law Firm
Introduction to Hanmi, its platform technologies & pipeline products
62
23
1
Dr. Se Chang Kwon, Executive Director & Deputy Managing Director at
Hanmi Research Center
Mr. Peter S. Choi, Director of Global Business at Hanmi Pharmaceutical Co.
第 220 回
3 月 17 日
癌発生に関与する蛋白質の探索
独立行政法人 医薬基盤研究所
基盤的研究部
部長
免疫シグナルプロジェクト代表
大阪大学大学院医学系研究科招聘教授
仲
哲治 先生
Search for proteins involved in carcinogenesis
Prof. Tetsuharu Naka
Project Reader, Laboratory of Immune signal
National Institute of Biomedical Innovation
遺伝子治療薬の品質及び安全性確保に係る最近の規制動向.ICH 遺伝子治療専門
家会議の活動を中心として
POC クリニカルリサーチ株式会社
鳥海
亙氏
Recent Progress of Regulation on Quality and Safety of Gene Therapy Products:
Activities of Gene Therapy Discussion Group under the ICH
Wataru Toriumi, DVM, PhD., POC Clinical Research Inc.
第 219 回
2 月 17 日
化合物先導細胞学―小分子化合物とバイオ医薬の接点について
京都大学物質―細胞統合システム拠点
教授
上杉
志成
先生
Cell Science Empowered by Small Molecules ~ Interface between small
molecules and cell therapy
Prof. Motonari Uesugi
Institute for Integrated Cell-Material Sciences/Institute for Chemical Research,
Kyoto University
第一三共における循環器用薬の開発
第一三共 ㈱ 研究開発本部フェロー
小池博之
氏
Development of cardiovascular drugs in Daiichi-Sankyo
Hiroyuki Koike, Ph.D.
Corporate Fellow, R&D Division, Daiichi-Sankyo Co. Ltd.
第 218 回
1 月 19 日
医療費増加は是か非か
東京大学大学院経済学研究科
岩本
康志
Is the growth of medical spending harmful?
Prof.
Yasushi
Iwamoto
University of Tokyo, Faculty of Economics
教授
62
24
1
J.P. Morgan Investor conference: the 28th Ann Healthcare Conference
January 11-14, 2010, San Francisco
Leslie Pryce, President, New Business Horizons
Global Reimbursement-critical to pharma success
James Cameron, Business Development Consultant
PRMA Consulting Ltd., St.Albans, UK
2009 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 217 回
12 月 18 日
日本企業の有望な初期開発薬 中村
圭二
氏
Topics of the month: Early candidates of Jpn Pharma Co.
米国における臓器移植について
南カリフォルニア大学
教授
メディシノバ・インク、取締役会長兼社長
岩城裕一
氏
Organ transplantation in the USA
Yuichi Iwaki, M.D., Ph.D.
Professor, Univ of Southern California, LosAngels
Executive Chairman of the Board, President & CEO
MediciNova, Inc., USA
ドイツにおけるジェネリック・メディシン
Gerhard Schneider
Head of Business Development & Licensing International
AET GmbH, Hamburg, Germany
Licensing generics made in Germany – for taking advantage of a proven concept
Gerhard Schneider
Head of Business Development & Licensing International
AET GmbH, Hamburg, Germany
第 216 回
11 月 18 日
高機能バイオマテリアル:ナノゲルリポゾーム DDS の現況について
東京医科歯科大学生体材料工学研究所
秋吉
一成
素材研究部門
教授
Recent progress in nanogel liposome DDS with high functional biomaterials
Tokyo Medical and Dental University Institute of Biomaterial and Bioengineering
Professor Kazunari Akiyoshi
Strategic IT Database and Business Development」
62
25
Pharmacircle 社
高田
鉄也
1
Dr. Tugrul Kararli
氏
Strategic IT Database and Business Development
Dr. Tugrul Kararli, Pharmacircle
Mr. Tetsuya Takada
第 215 回
10 月 21 日
ワシントン報告―2009“Obama による Change”:米国市場における日本製薬企業
への影響
ポール・キング弁護士
キング法律事務所、ワシントン
The Washington Report - 2009
“Changes by Obama” : Effects on Japanese Companies in the U.S. Pharmaceutical
Market
Mr. Paul N. King, King PLLG, Washington
ヨーロッパにおける薬物パテントの合法性と侵害
バーンド・ハンセン弁護士
ホフマン・アイトレ、ミュンヘン
Validity and Infringement of Pharmaceutical Patents in Europe
Dr. Bernd Hansen, Hoffmann Eitle, Muenchen
第 214 回
9 月 16 日
がん研究:現状と今後
三菱化学生命科学学研究所
顧問(前所長)
関谷
剛男
氏
Cancer research: problems at present and in future
Dr. Takeo Sekiya, Mitsubishi Kagaku Institute of Life Sciences
世界的研究リーダーとの提携を活用した、LSD1 阻害剤を中心とした新規エピジ
ェンティックス薬による癌領域フランチャイズの構築
Justus Homburg, Chief Executive Officer, Progen Pharmaceutical
Limited, Australia
Leveraging world-leading collaborations: Building an oncology franchise with
novel epigenetic drugs based on LSD1 inhibition
Justus Homburg, Chief Executive Officer, Progen Pharmaceutical
Limited, Australia
アライアンスプロモーション in BioJapan 2009 のご案内
経済産業省関東経済産業局地域経済課
バイオ産業チーム長
清水
良郁
氏
Alliance Promotion in BioJapan 2009
Director, Bioindustry Team, Economic Policy Division
Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry, METI, Yoshifumi Shimizu
62
第 213 回
7 月 15 日
26
1
日本製薬企業の将来:財務およびビジネスモデル分析
元 USB 証券会社
株式調査部シニアアナリスト
志村
裕久
氏
Japanese pharma companies face the business model change:Financial and business
model analyses.
Hirohisa Shimura, Former Senior Analyst, USB Securities Japan
日本発の角膜上皮再生細胞シートの全世界への開発戦略
アルブラスト株式会社
代表取締役社長 北川
全氏
International symposium report
CALAsia conference, June, SanDiego and Global Biotech Forum, June Seoul
Leslie Pryce, New Business Horizons
第 212 回
6 月 17 日
老化と老化予防研究の現況
㈱ファーマ・ホーラム研究所
代表取締役 中村
圭二
氏
Senscence and its prevention: Ultimate drug development
Keiji Nakamura, Ph.D., Pharma Fourum Institute
世界で初めて見出した有機磁性体の医薬分野への応用
㈱IHI 基盤技術研究所
主幹研究員
江口
晴樹
氏
Application to the field of medicine of the organic magnetic compound
Haruki Eguchi, Ph.D., Senior Researcher,Advanced Applied Science
Dept.
メディシノバ・インク
日本の創薬技術を世界へ:事業進捗および今後の戦略
メディシノバ東京事業所代表
執行役副社長 岡島
正恒
氏
Accelerating the global development and commercialization of innovative
Japanese pharmaceuticals
Masatsune Okajima, Vice President, Head of Tokyo Office, MediciNova
Inc.
第 211 回
5 月 13 日
医療崩壊と医療制度改革:欧米諸国との比較と選択
日本医療政策機構
医療政策担当ディレクター
小野崎
耕平
氏
Selection of the healthcare system: comparison with those in Eorope and USA
Kohei Onozaki, Director, Health Policy Institute, Japan HPIJ
Bridging the translational gap: aview from the trenches
Peter Collons, Publishing Director, Nature Publishing Group, London
62
第 210 回
4 月 15 日
27
1
小分子量薬の将来
㈱デ・ウエスタン・セラピテクス研究所
研究開発所長
日高
弘義
元名古屋大学医学部教授
氏
1999 年当社設立
米国デューク大学客員教授
Small molecular drugs : breakthroughs in pluripotency
Prof. Hiroyoshi Hidaka, Executive Director, R&D Inst.,
D.Western Therapeutics Institute, Inc., Nagoya
デ・ウエスタン・セラピテクス研究所事業紹介
㈱デ・ウエスタン・セラピテクス研究所
代表取締役
日高
有一
氏
D.Western Therapeutics Institute
Yuichi Hidaka, Preseident, D.Western Therapeutics Institute,
Inc., Nagoya
Pharmaventure の事業紹介
Dr.Fintam Walton, Pharmaventures, Oxford, UK
第 209 回
3 月 18 日
白血病幹細胞の制御メカニズムと治療
国立がんセンター研究所 分子腫瘍学部
部長
北林
一生
氏
Regulation of leukemia stem cells and its targeting therapy
Prof. Issei Kitabayashi, Director, Molecular Oncology Division,
National Cancer Center Research Institute
Use of non-covalent mass spectrometry for ligand characterization and fragment-based
drug design
Dr. Jean-Paul Renaud
CSO of Alix , Alsace, France, Res Director of CNRS, IGBMC, Illkirch, France
第 208 回
2 月 18 日
本邦製薬企業:2010 年度問題の先に見えるもの
日興シティーグループ
山口
株式調査部
マネージングディレクター
秀丸氏
Beyond the year 2010 for Japanese Pharmaceutical industry
Hidemaru Yamaguchi, Managing Director, Equity Research
Nikko Citigroup Limited
経鼻投与の新たな可能性と TRL の新規経鼻投与システム
トランスレーショナル リサーチ株式会社(TRL、株式会社新日本科学グ
ループ)渉外・ライセンス担当
部長
内藤
一秋
氏
Potential of Nasal Drug Delivery and TRL's Novel Nasal Delivery System
62
28
1
Kazuaki Naito, Ph.D.
Director, Business Development and Licensing Translational Research,
Ltd.(SNBL Group)
第 207 回
1 月 21 日
M&A の急激な増加に対処するためのライセンス契約・製品開発契約のドラフト
上の留意点
スティーブン・ジョンソン;
カークランド&エリス LLP (サンフラン
シスコ・オフィス/パロアルト・オフィス);
パートナー弁護士)
イン・ライセンス契約におけるコンプライアンス上の問題点と対応策
中町
昭人;
カークランド&エリス LLP (サンフランシスコ・オフィ
ス/パロアルト・オフィス);
パート ナー弁護士)
Drafting Licenses and Product Development Agreements in Light of the Surge in M&As
Stephen Johnson, Partner, Kirkland & Ellis LLP
In-License Compliance
Akihito Nakamachi, Partner, Kirkland & Ellis LL
革新的な大規模特許ポートフォリオ解析ソフトウェア・XLUS(カイラス)のご
紹介
㈱
創知
代表取締役
中村
達生
氏
Introduction of XLUS Software, innovative large patent portofolio analytic software
So-Ti, Inc.
President & CEO, Mr. Tatsuo Nakamura
2008 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 206 回
12 月 17 日
真のコンプライアンスと医療の世界:
企業とコンプライアンス、社会的要請への適応
桐蔭横浜大学法科大学院教授・弁護士(東京地検元検事)
コンプライアンス研究センター
センター長
郷原
信郎
氏
Real Compliance and Medical Practices in Society : Compliance for Companies
to Meet Social Needs
Prof. Nobuo Gouhara, Toin University of Yokohama Law School
Director, Compliance Research Center
フラウンホーファー ライフサイエンス アライアンス(ドイツ)の研究開発活動
-創薬から臨床開発まで共同研究、試験受託と技術移転-
フラウンホーファー ライフサイエンス アライアンス
事務局長
クラウス クローゲル 博士
62
29
1
Translational R&D at Fraunhofer Life Sciences Alliance (Germany)
-Contract study and technology transfer from drug discovery to clinical
studyDr. Claus Kroggel, Head of the Alliance Office
Fraunhofer Life Sciences Alliance (Fh-VLS)
第 205 回
11 月 19 日
循環器疾患の遺伝子治療
大阪大学大学院
中神
啓徳
医学系研究科
遺伝子治療学
助教授
Cardiovascular diseases and gene therapy
Dr. Hironori Nakagami, Associate Prof.
Osaka Univ Grad Sch Med Div Gene Therap Sci
To treat pancreatic cancer, most challenging tumor type
James Jungkue Lee
CEO and President, RexBio Incorporated
Vice President, Crystal Genomics
第 204 回
10 月 22 日
Problems with Pharmaceutical Patents in Europe
Patent Wars between Generics and Innovative Companies Strategies and Tactics therein
New Scenarios of Damage Payments (inclusive of a concrete example)
Sector Investigation into EU Commission, as well as Free Movement Rules and Pricing
Issues
Dr. Bernd Hansen
Hoffmann Eitle, Munchen
Washington Report in 2008: Change ?
Approaching Development in 2009 for the U.S. Pharmaceutical Environment –
Challenges for Licensing and Business Development
Mr. Paul N. King
King PLLG, Washington
Early EntryWin-win-win Situation for Originators, the Generic Industry and Health Industry and
Health Insurance Funds
Dr. Michael Newzella, Managing Director,
Dr. M. Newzella GmbH, Dresteinfurt, Germany
第 203 回
9 月 17 日 製薬企業価値の上昇に:
ドイツ証券株式会社
Paradigm shift - Pure pharma 型から Hybrid 型へ
株式調査部
ディレクター
舛添 憲司 氏
62
30
Raising a value of pharmaceutical company: Paradigm shift from Pure pharma to
Hybrid business
Kenji Masuzoe, Director, Japan Equity Research, Deutsche Securities Inc.
IMMD の創薬事業のご紹介
㈱ 医薬分子設計研究所
代表取締役
板井 昭子 氏
IMMD’s Drug Discovery Business
Akiko Itai, Ph.D., President and CEO
Institute of Medicinal Molecular Design, Inc. (IMMD)
RaQualia Pharma Inc – An Introduction
Tim Kendall, Executive Director, Business Development
第 202 回
7 月 16 日 最近の製薬企業とバイオ企業の動向について
㈱ ヤマサキファーマコンサルティング
代表取締役
山崎
基寛 氏
Recent Trends in Licensing between pharmaceutical companies and bioventures”
Motohiro Yamasaki, Representative Director
Yamasaki
Pharma Consulting Co., Ltd.
神戸医療産業都市構想の現況と将来像
神戸市産業振興局企業誘致推進室企業立地課
主幹
前畑
年良
氏
Update and Future vision of Kobe Medical Industry Development Project
Toshiro Maehata
Group Manager, New Corporate Development Department, Industryand
Agriculture Promotion Bureau, City of Kobe
BIO 2008, San Diego
Leslie Pryce, New Business Horizons
第 201 回
6 月 18 日
アルツハイマー病の分子機序
理化学研究所
チームリーダー
脳科学総合センター
高島
明彦
老化・精神疾患研究グループ
先生
Alzheimer’s Disease : molecular mechanisms
Akihiko Takashima, Team Leader
Riken Brain Science Institute, Laboratory for Alzheimer’s Disease
首都圏バイオネットワークのご案内
1
62
31
1
経済産業省関東経済産業局地域経済課 バイオ産業チーム
バイオ産業チーム長
齊藤 安弘
氏
Perspective of metropolitan bio network Japan
Yasuhiro Saito
Bioindustry Team Director, Trade and Industry Economic Policy Div.
Kanto Bureau of Economy, Ministy of Economy
第 200 回
5 月 21 日
血管脳関門を壊さない脳標的化技術:脳疾患の新規治療
名古屋大学環境医学研究所 脳機能研究分野
澤田
誠
教授
Brain-targeting technology without breakage the blood-brain barrier :
Anoveltherapy for brain diseases
Prof. Makoto Sawada
Department of Brain Functions, Res Inst Environ Med, Nagoya Univ.
患者ベースの売上予測とライセンシングにおける意思決定―
市場規模の観点から
サイニクス株式会社
マーケット・アセスメント・ビジネス・ユニット
シニア・マーケット・アセスメント・コンサルタント
ウイリアム
シニア・アカウント・エグゼクティブ 林
美津子
カチェリス
氏
氏
The Role of Patient-Based Pharmaceutical Forecasting in Licensing Decision-Making
William P. Cacheris, Ph.D., Senior Market Assessment Consultant
Mitsuko Hayashi, Senior Account Executive
Market Assessment Business Unit, Synix Inc.
第 199 回
4 月 16 日 日本企業の今後の方向性を占う
USB 証券会社
株式調査部
シニアアナリスト
志村
裕久
氏
Where are Japanese pharma companies heading ?
Hirohisa Shimura, Executive Director, USB Investment Research
Senior Analyst, Equity Research Department, USB Securities Japan
新規抗酸化性化合物の創薬及び粉体コントロール技術の医薬品への応用
株式会社
アクティバスファーマ 代表取締役社長
青木
康夫
Novel antioxidant pharmaceuticals and nano-powder controlling technology
Yasuo Aoki, President, Activus Pharma Co., Ltd.
新薬開発に関する科学技術振興機構の新規支援事業
氏
62
32
独立行政法人
開発部
科学技術振興機構
技術移転プランナー
1
産学連携事業本部
服部
修造
氏
New Promoting Program of Japan Science and Technology Agency in the New Drug
Development
Shuzo Hattori, Technology Planner, Department of Development Contract
Office of Technology Transfer and Innovation, Japan Science and Technology
Agency
第 198 回
3 月 19 日
ヒトゲノム多様性情報の臨床応用の展望
東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター
大学院先端生命医科学系専攻遺伝子医学分野
鎌谷直之
教授
Prospect of clinical application of diversified genomic information
Naoyuki Kamatani, MD, PhD
Professor, Genetic Medicine
Director, Inst. of Rheumatology, Tokyo Women’s Medical Univ.
新規遺伝子診断技術:SMAP 法
ダバフォーム株式会社
三谷
康正
研究開発部長
(理研客員研究員)
氏
A novel molecular diagnostics technology: SMAP
Yasumasa Mitani
General Manager, Research and Development, Danaform
RIKEN, visiting scientist
Working with the University of Leeds : some thoughts on industrial collaboration
approaches to working with UK universities
Mr. Adam Gerliff, Programme Manager (international), Enterprise & Innovation
Office, University of Leeds
第 197 回
2 月 19 日
医薬経済・アウトカムリサーチ:世界の趨勢と日本における第二幕
慶応義塾大学湘南キャンパス
大学院健康マネジメント研究科
看護・医療・スポーツマネジメント専攻
鎌江
伊三夫
教授
Pharmaco-economics and outcome research
Prof. Isao Kamae
Graduate School of Health Management, Keio Univ.
産業界のイギリス大学との連携アプローチの考え方:リーズ大学での経験を
通して
62
アダム
33
ゲトリフ
英国リーズ大学
1
氏
プログラム
マネージャー
エンタープライス&イノベーション
オフィス
リーズ大学
Working with the University of Leeds : some thoughts on industrial collaboration
approaches to working with UK universities
Mr. Adam Gerliff, Programme Manager (international), Enterprise & Innovation
Office, University of Leeds
第 196 回
1 月 16 日
新研究分野“年令軸恒常性の分子機序”から見えてくるシーズと応用開発
産業技術総合研究所
センター長
倉地
年令軸生命工学研究センター
幸徳
氏
Mechanisms of age-related homeostasis and potential seeds for development
Kotoku Kurachi, Director
Age Dimension Research Center, AIST
Meeting attendance reports: SRI Conference in San Diego, JP Morgan 2008
Leslie Pryce, New Business Horizons
クインタイルズ社ノバクエストモデルを利用した国内開発加速と
米国欧州進出
クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン
ノバクエスト
シニア
マネージャー
山崎
賢治
株式会社
氏
How can you accelerate your clinical development in Japan by using Quintiles’s
NovaQuest model
Kenji Yamazaki, Senior Manager
NovaQuest, Quintiles Transnational Japan Ltd.
2007 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 195 回
12 月 12 日
ライセンシング・グローバル開発で念頭に置くべき
中国の薬事及び臨床試験事情
北京 CRO
張
辛
茹
代表取締役兼総経理
Pharmaceutical Industry in China
Dr. Xinru Zhang
President & CEO, Beijing CRO
日本製薬企業論
62
34
1
インターナショナル・アライアンス・リミテッド
リー・マウラー
社長
Past, Present and Future Changes of Japan Pharma Industry
Mr. P. Reed Maurer
President, International Alliances Limited
第 194 回
11 月 14 日
外資系製薬企業のポートフォリオ戦略
日本イーライ・リリー株式会社
ポートフォリオ&プロジェクトマネージメント部長
赤池
恵美
氏
Portfolio management in pharmaceutical Companies
Amy Akaike
Manager, Portfolio & Project Management Excellence, EliLilly Japn
メルシャンの創薬支援の取り組み
(インドネシア等の微生物資源及び微生物交換を用いる創薬支援)
Mercian's Drug Discovery Support" (Diverse Bio-Resources &
COMI-BIO)
Azuma Watanabe, Ph.D.
Director, Pharmaceutical & Chemicals Division, Mercian Corporation
第 193 回
10 月 17 日
トランスフェリン・レセプターを介した癌治療の可能性:米国での臨床試験よ
り
メビオファーム
株式会社
代表取締役社長
藤澤
忠司
氏
Therapeutic Opportunities for the Treatment of Cancer via Transferrin Receptor
Targetting : US Clinical Trial Experience
Tadashi Fujisawa, CEO, Mebiopharm Co., Ltd., Tokyo
変貌する製薬企業
ネクスト製薬工業
副社長
フレデリック・カーン
The Changing Face of the Pharmaceutical Landscape
Frederic Kahn, Executive VP, Next Pharma Technol., Ltd., Ripley, UK
第 8 回国際医薬ライセンシングシンポジウム(Berlin, Sept.25-28)に出席して
レスリー・プライス(ニュービジネス・ホライズンズ)
長江
敏男(ヨーク・ファーマ)
吉本
昌文(ファーマ BDL)
Brief attendance reports on the VIII th IPLS in Berlin
62
35
1
Leslie Pryce, New Business Horizons, Nagoya
Toshio Nagae, York Pharma, Tokyo
Masafumi Yoshimoto, Pharma BDL, Tokyo
第 192 回
9 月 19 日
日本バイオ・ベンチャー企業ならびに大学技ライセンシング機構(TLO)
ロバート・ケネラー
教授
Japanese Bioventures and University’s TLO
Robert Kneller, MD., JD., Professor of Department of Intellectual Property
Research Center of Advanced Science and Technology University of Tokyo
再生医療の産業化
株式会社
ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
代表取締役社長
小澤
洋介
氏
Regenerative Medicine in Japan
Yosuke Ozawa, President & CEO, Japan Tissue Engineering Co., Ltd.
第 191 回
7 月 18 日
医療改革と医療産業
東京大学公共政策大学院
林
良造
教授
Medical innovation and pharmaceutical industry
Prof. Ryozo Hayashi, University of Tokyo,
Graduate School of Public Policy
ミダス・ファーマについて
カール・ハインツ
シュライヒャー社長
ミダスファーマ、ドイツ
Midas Pharma GmbH-a service provider between the continents
Karl-Heinz Scheicher, President and CEO, Midas Pharma GmbH, Germany
肥満プロジェクト
株式会社
ロコモジェン
取締役
丸澤
宏
氏
Anti-obesity project
Hiroshi Marusawa, Ph.D., Director, General Manager, Locomogenc, Inc.
第 190 回
6 月 18 日
糖鎖と疾患
大阪大学
微生物研究所
谷口 直之
教授
Role of Glycochains in the development of desease
Naoyuki Taniguchi, MD., PhD., Prof. Emeritus, Osaka Univ.
Endowed Chair, Dept. of Disease Glycomics Research Inst. For Microbial
Desease
62
36
1
Quantum Genomics アルゴリズムを用いたゲノムワイドでのファーマコ・ゲノ
ミクス解析
株式会社ジェネシス・テクノロジーズ
第 189 回
5 月 16 日
代表取締役社長
鈴木 俊明
氏
臨床疾患と genomics
自治医科大学
ゲノム機能研究部
間野 博行
教授
Gene expression profiling of diseases
Professor, Hiroyuki Mano, Functional Genomics, Jichi Medical University
最近の国際会議に出席して
-第 18 回ヨーロッパ OTC ワークショップ
-BIO 国際コンベンション
5 月 6-9 日
4 月 18-20 日
バルセロナ
ボストン
Attendance report:
-The 18th European OTC Conference & Workshop, April 18-20, Barcelona
-BIO International Convention, May 6-9, Boston
Leslie Pryce, New Business Horizon
第 188 回
4 月 18 日
神経細胞軸索形成の分子機構について:軸索障害治療の可能性
奈良先端科学技術大学院大学
細胞内情報学講座
稲垣
直之
助教授
Biology of the Neuron: Novel Proteins involved in the Organization of an asymmetric
signal for neuronal polarization
Naoyuki INAGAKI, associate Professor,
Division of Signal Transduction, Nara Institute of Science and Technology
(NAIST)
奈良先端科学技術大学院大学における知財戦略
奈良先端科学技術大学院大学
知財本部
谷
直樹
特任教授
IP strategy in NAIST
Naoki TANI, Professor, IP Division, Nara Institute of Science and Technology
(NAIST)
第 187 回
3 月 22 日
創薬ベンチャー -日米の相違-
南カリフォルニア大学
取締役会長兼社長
教授
CEO
メディシノバ・インク,USA 岩城
裕一
氏
Overview of Young Pharmaceutical Companies in U.S. and Japan
Yuichi Iwaki, M.D., Ph.D., Professor, Univ of Southern California, LosAngels
Executive Chairman of the Board, President & CEO, MediciNova, Inc USA
中国の新薬臨床治験環境
62
37
MDSL International
事業開発部長
1
ジェームス・キャメロン
氏
Is China ready to become the new global center for clinical research?
MDSL International Business Development Director, James Cameron
第 186 回
2 月 21 日
わが国の医療政策
京都大学経済学部
西村周三
教授
Recent topics from the JP Morgan Conference in SF and the Swiss PLG meeting
Leslie Pryce, New Business Horizons
第 185 回
1 月 17 日
核内受容体の新しい機能と創薬:新規がん治療薬とがん転移治療薬の創薬研究
筑波大学生命環境科学研究所
柳澤
純
教授
New functions of receptors and drug deco very-Discovery research of novel drugs
treating primary and metastatic cancer
Prof. Junn Yanagisawa, Graduate School of Life and Environmental Sciences,
University of Tsukuba
筑波大学の創薬ベンチャー:新規がん治療薬及び生活習慣病治療の創薬と技術
株式会社
アンクス
代表取締役
市原
成泰
氏
Approach of Drug discovery company based on University of Tsukuba – Strategy and
technologies to descover novel drugs treating cancer and metabolic syndrome
Shigeyasu Ichihara, Pesident and CEO, Ankhs, Inc.
2006 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 184 回
12 月 20 日
日本邦制約企業の現況:閉塞状況を打開するための方策
マネージングディレクター
山口
日興シティグループ証券株式会社
秀丸
氏
株式調査部
Japanese Pharmaceutical Industry Stagnation : Proposal for its dissolution
Hidemaru Yamaguchi, Managing Director, Nikko Citygoup Limited
グライコテクノロジーにおける最近の進歩とバイオ医薬品開発への応用
株式会社グライコジーン
河崎 忠好 氏
Recent advances of Glycotechnology and the potential for biopharmaceuticals
development
Tadayoshi Kawasaki, Ph.D., Adviser Startup GlycoGene Inc.
Masanori Goto, Ph.D., CTO, GlycoGene Inc.
第 183 回
11 月 15 日
日本の医薬品産業の経営課題
木村
廣道
教授
東京大学大学院薬学研究科
ファーマコビジネス・イノベーション教室
62
38
1
Management issues for Japanese Pharmaceutical Companies
Prof. Hiromichi Kimura, University of Tokyo, School of Pharmaceutical Science,
Department of Pharmacobusiness Innovation
RAPS 紹介 RAPS: Regulatony Affairs Professionals Society
Yoshio Mitsumori, President & CEO, ADMIS, Inc., Tokyo Sherry Keramidas,
Ph.D., CAE, Executive Director, Regulatory Affairs Professionals Society
(RAPS), Washington DC
第 182 回
10 月 18 日
ワシントン報告-2006 年:FDA, Capitol hill の近況、特許-FDA 訴訟の増加リス
ク、ならびに変わる米国市場への対応
ポール・キング弁護士
キング法律事務所(ワシントン)
The 2006 Washington Report : FDA Update, Increasing Product Risk from patent –
FDA Litigation, and Developments on Capital Hill : Is Your Company – and product –
Prepared for the U.S. Market
Paul N. King, LLP
King PLLC, U.S. Pharmaceutical Legal, Washington, DC
AltaCare のバイオファーマサービス事業展開
Dr. Saad Harts, CEO, AltaCare, Paris
AltaCare : the Doorstep to BIO-Pharma International Markets
Dr. Saad Harts, CEO, AltaCare, Paris
第 181 回
9 月 13 日
RNAi 医薬の研究開発における現状と問題点
日本新薬株式会社
研究開発担当取締役
矢野
純一
氏
The Present Stage and the Problem in RNAi Drug Research and Development
Junichi Yano, Member of The Board Research and Development Devision,
Nippon Shinyaku Co., Ltd.
パイプラインの現況-探索から臨床開発まで
浴本
久雄
氏
テムリック株式会社
取締役副社長創薬研究事業本部本部長
Product Pipeline – from Research to Clinical Development
Dr. Hisao Ekimoto, Executive Vice President, Head of R&D, TMRC Co.,Ltd.
第 180 回
7 月 18 日
わが国の循環器系疾患の動向とその危険因子
滋賀医科大学福祉保健医学講座
上島
弘嗣
教授
Recent aspect of cardiovascular diseases and risk factors in Japan
Prof. Hirotsugu Ueshima,
Department of Health Science, Shiga Univ. of Medical Science
62
39
1
抗体医薬研究開発:ADLib システム
㈱
カイオム・バイオサイエンス
代表取締役
藤原
正明
氏
Paradigm sift in developing antibody therapeutics by ADLib
Masaaki Fujisawa, Chief Executive Officer, Chiome Bioscience
第 179 回
6 月 21 日
わが国医薬品産業の中期展望
メレルリンチ日本証券株式会社
シニアディレクター
三好
調査部
昌武
シニアアナリスト
氏
The Future Prospect of Japanese Pharmaceutical Industry
Masataka Miyoshi, Senior Analyst, Senior Director, Global Securities Research
& Economics Group, Merrill Lynch Japan Securities Co., Ltd
第 178 回
5 月 17 日
Nanotechnolosy と最近の進歩:DDS 応用の現況
ナノキャリア
㈱
代表取締役社長
中冨一郎
氏
Recent advance in DDS – nanotechnology: Successful clinical applocation
Dr. Ichiro Nakatomi, President & CEO, Nano Carrier Co., Ltd
総合的研究サポートシステム-新薬探索から臨床開発まで
MDS ファーマ・サービス
シニアディレクター
鄭
ディレクター
淳
花井
逢吉
An Integrated Services for New Drug Discovery and Development Solutions
Cheng Fong-Chi, Senior Director, Pharmacology, MDS Pharma Services
Atsushi Hanai, Director, Business Development, MDS Pharma Services
第 177 回
4 月 19 日
Genomics から Chemical genomics へ:KEGG の新展開
京都大学
教授
化学研究所
金久
バイオ・インフォマティクスセンター
實
From Genomics to Chemical genomics : New developments in KEGG
Prof. Minoru Kanehisa,
Kyoto Univ. Institute for Chemical Research, Bioinformatics Center
第 176 回
3 月 15 日
臨床
proteomics の現況
東京医科大学
臨床プロテオームセンター
西村 俊秀
Recent progress and contribution of clinical proteomics
Prof. Toshihide Nishimura
Tokyo Medical University Clinical Proteome Center
教授
62
40
1
オンコロジー市場の評価:患者予測、治療動向、新興テクノロジー
サイニクス㈱
代表取締役社長
ビクター
L.
シュレンゼル 氏
Oncology market assessment: patient-based forecasting, treatment trends, and
emerging technologies
Mr. Victor L. Shrenzel
President and Representative Director Synix Inc.
第 175 回
2 月 15 日
内外製薬企業の M&A 現況分析:ライセンシング業務のケース・スタディー
HBS 代表
菅沼
浩
氏
M&A in pharmaceutical industry influence on licensing business
Hiroshi Suganuma, CEO , HBC
ex Aventis Pharma, Senior Executive Director
高密度全ゲノム関連試験法とパーソナライズメディシン
パーレジェンサイエンス・ジャパン
代表取締役社長
臼井
誠
氏
High Density Whole Genome Association Study & Personalized Medicine
Makoto Usui, Representative Director & General ManagerPerlegen Sciences
Japan K.K.
第 174 回
1 月 18 日
バイオベンチャーと製薬企業:バイオベンチャー各社のプロファイル
㈱レクメド
代表取締役社長
松本
正
氏
Bioventures and pharmaceutical companies relationship: profiling bioventures in
Japan
Dr. Tadashi Matsumoto, President & CEO, Reqmed
オーストラリアのバイオテクノロジーの概要とその可能性:日本企業との提携
をめざして
オーストラリア大使館
北東アジア投資促進局
シニアインベストメントマネジャー
中村
景子
氏
Overview and Capability of Australian Biotechnology: Toward Alliance with Japanese
Company
Australian Embassy, North East Asia, Invest Australia,Senior Investment
Manager Keiko Nakamura
2005 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 173 回
12 月 21 日
糖尿病治療:新しい治療法の現況(膵臓、膵島の移植、人工膵臓)
京都大学再生医科学研究所
器官形成応用分野
角
昭一郎
助教授
62
41
1
Diabetic therapy: transplantation of pancreas and Langerhans islets and artificial
pancreas
Kyoto University Institute of Regeneration Medicine
Associate Professor Shoichiro Sumi, M. D
第 172 回
11 月 16 日
肝における造血免疫機構と肝細胞代謝
東京大学分子細胞生物学研究所
宮島
篤
教授
Liver hematopoiesis and hepatocyte development
Prof. Atsushi Miyajima, Inst. of Molecular and Cellular Biosciences,
Univ. of Tokyo
科学技術振興機構における大学・公的研究機関と企業間の
技術移転支援制度に
科学技術振興機構
産学連携事業本部
小西
隆
氏、服部
修造
氏
Supporting Role of Japan Science and Technology Agency in Technology
Transfer from universities into industry
Japan Science and Technology Agency
Mr. Takashi Konishi and
Mr. Shuzo Hattori
第 171 回
10 月 19 日
製薬企業ワシントン情報
1) FDA の近況
2) 製薬企業の US 市場における裁判
3) 創薬企業ージェネリック企業間の契約問題
ポール N. キング(McIntyre Harbin & King 法律事務所)
Recent Pharmaceutical Developments in Washington,DC
1)FDA developments
2)Patent court developments for companies marketing drugs in the US.
3)Innovator-generic contractual arrangments for business and for settling
ligations.
Paul N. King (McIntyre Harbin & King)
Mattson Jack Group,CDS の事業紹介
野津
薫 氏 (Mattson Jack Group,CDS)
Business Profile of Mattson Jack Group,Corporate Development Service
Dr. Kaoru Nozu (Mattson Jack Group,CDS)
第 170 回
9 月 13 日
日本における高血圧診療の現状と問題点―代謝症候群との関連
(付記;
東北大学創薬研究プロジェクト)
東北大学大学院 薬学・医学系研究科 臨床薬理学講座
今井
潤
教授
62
42
1
Hypertension and metabolic syndromes
Prof. Jun Imai, Tohoku University Graduate School of Pharmaceutical Science
and Medicine
第 169 回
7 月 19 日
日本製薬企業とバイオベンチャーの事業展開:
重要度を増す財務経営-事業開発、ライセンスとの一体運営
ABN AMRO Bank 法人金融本部
ヘルスケア部長
江上美芽氏
Business development of Japanese pharmaceutical companies
and bioventures: Growing importance of financial management
ABN AMRO Bank N.V., Mime Egami, Head of Healthcare/ Life Science Japan
第 168 回
6 月 15 日
NMDA 受容体:脳機能障害をめぐる最近の話題
東京大学薬学部薬品作用学教室
松木則夫教授
Hippocanpal NMDA receptor: memory and brain dysfunction
Prof. Norio Matsuki, Lab Chem Pharmacol
University Tokyo Graduate School of
第 167 回
5 月 18 日
Pharmaceutical Science
EU における医薬ライセンシング
-新規 EU 競合法(2004 年 5 月 1 日施行)
-技術移転は除外例規制を阻害する
-実施例について
-EC81(3)条項下の自己評価
Hoffmann Eitle 法律事務所(Munchen & London)
弁護士
Dr. Guntram Rahn
弁護士
Dr. Dick Schuessler-Langeheine
Pharma Licensing in the EU (Lecture in Japanese)
-The new EU competition law as of May 1,2004
-The Technology Transfer Block Exemption Regulation
-The relevant aspects in practice
-Self-assessment under Art.81(3)EC
Dr. Guntram Rahn, Hoffmann Eitle (Munchen & London)
Dr. Dick Schuessler-Langeheine, Hoffmann Eitle (Munchen & London)
第 166 回
4 月 19 日
INVEST JAPAN:JETRO と主な活動紹介
JETRO は医薬関連の対日参入企業に何を支援できるか
日本貿易振興機構(JETRO)対日ビジネス
前川直行
Invest Japan : JETRO
Shigefumi Iino, Invest Japan Business Support Center JETRO
Invest Japan: What Can JETRO Support for You ?
氏
62
43
1
Naoyuki Maekawa, Invest Japan Business Support Center JETRO
第 165 回
3 月 16 日
アルツハイマー氏病の最近の研究動向並びに脳老化をめぐる最近の話題
理化学研究所 脳科学総合研究センター
アルツハイマー病研究チーム
チームリーダー
高島明彦氏
Research trends of Alzheimer’s disease and topics in brain aging
Dr. Akihiko Takashima, Lab Alzh disease, Brain Sci Inst RIKEN
Research trends of Alzheimer’s disease and topics in brain aging
Dr. Akihiko Takashima, Lab Alzh disease, Brain Sci Inst RIKEN
第 164 回
2 月 16 日
日米欧製薬企業の現況と中国の台頭
アライアンス・キャピタル・アセット・マネージメント,
バイスプレジデント アナリスト 三島
茂 氏
Recent status of the pharmaceutical industry in Japan, US, and EU, and the rise in
China
Alliance Capital Asset Management, Shigeru Mishima, Vice President, Analyst
第 163 回
1 月 19 日
細胞シート組織再生工学とビジネス展開
東京女子医科大学
先端生命科学研究所
所長
岡野光夫教授
Tissue regeneration engineering with cellular sheets and its business development
Prof. Teruo Okano, Advanced Institute for Life Medical Science
Tokyo Women’s Medical University
2004 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 162 回
12 月 15 日
医薬品開発と経済評価
医療経済研究・社会保険福祉協会
研究部長
医療経済研究機構
坂巻弘之
Economic evaluation of pharmaceutical R&D
Hiroyuki Sakamaki, MBA, Res Director, Medical Economics Research
Organization
第 161 回
11 月 17 日
日本製薬企業の米国パテント裁判―
その危機対策について
マッキンタイヤー・ハービン・キング法律事務所
ポール・キング
Japanese pharma companies in U.S. Patent battles: crisis and counter measures
Paul N. King, McIntyre Harbin & Kind
62
第 160 回
10 月 19 日
44
1
生活習慣病と老化病態:PPAR delta 活性化による
メタボリックシンドローム改善
東京大学先端科学技術研究センター
教授
酒井
内分泌代謝医学
寿郎
Aging process: PPAR delta activation induced improvement of metabolic syndrome
Prof. Jyuro Sakai, M.D., Tokyo University Res Ctr Adv Sci Tech Dpt Med
第 159 回
9 月 15 日
アメリカにおけるバイオベンチャービジネスの新たな展開と問題点
ギンコバイオメディカル研究所
代表
北川
哲雄
氏
Development and problems of bioventure business in the USA
Tetsuo Kitagawa, Ginko Biomedical Institute
産業技術総合研究所におけるアクティブ
(財)
日本産業技術振興協会
ターゲティング DDS
産総研イノベーションズ
黒木
雅哲
氏
Active targeting DDS in AIST
Masanori Kuromoto, Ph.D., Manager, Marketing Dept., AIST Innovations
第 158 回
7 月 21 日
主要医薬の特許権終了とジェネリック化対策
ホフマン・エイトル
ゼン 氏
法律事務所(ミュンヘン ロンドン)
ベルント・ハン
Expiry of an important pharmaceutical patent - Generic impact and preparations
against it.
Dr. Bernd Hansen, Hoffmann Eitle (Munchen, London)
EU 拡大と製薬企業
ホフマン・エイトル
法律事務所(ミュンヘン ロンドン)
ペーター・クラ
スマン 氏
Influence of new EU accession countries – Its new parallel import scenarios
Dr. Peter Klusmann, Hoffmann Eitle (Munchen, London)
第 157 回
6 月 16 日
薬理ゲノミクスと薬理インフォマティクス:創薬研究応用の実際
三重大学医学部薬理学教室
田中
利男
教授
Parmacologenomics and pharmacoinformatics for new drug R&D
Prof. Toshio Tanaka, M.D., Ph.D.
Dept. of Molecular and Cellular Pharmacology, Mie University School of
Medicine
第 156 回
5 月 21 日
糖尿病治療の現況:インシュリン抵抗性について
虎ノ門病院内分泌代謝科
野田
光彦
氏
62
45
1
Antidiabetics and insulin resistance
Mitsuhiko Noda, M.D.
Director, Dept. of Endocrinilogy and Metabolism, Toranomon Hospital
第 155 回
4 月 21 日
資本市場から見た日本製薬企業
ゴールドマン・サックス証券会社
投資調査部
VP 舛添
憲司
氏
Profile of Japanese pharmaceutical industry viewed from capital market
Kenji Masuzoe, Vice President, Global Investment Research, Goldman
Sachs(Japan)
最近のインド医薬品産業について
アリストロ・ファーマ
マニシュ・マラカー
氏
Pharmaceutical industries in India
Dr. Manish Maladkar, M.D., Medical Advisor, Aristo Pharmaceuticals Ltd.
第 154 回
3 月 16 日
機能性蛋白質のバイオエンジニアリング
京都大学大学院農学研究科
応用生命科学
植田
充美
教授
Bioengineering of functional protein
Prof.Mitsuyoshi Ueda, Ph.D.
Biomacromolecular Chemistry, Graduate School of Agriculture, Kyoto University
第 153 回
2 月 18 日
日本製薬企業の海外展開について
日興シティーグループ証券会社
山本
義彦
氏
Abroad development of Japanese Pharmaceutical industry
Yoshihiro Yamamoto, Advisory Managing Director, Nikko Citigroup Limited
ファーマ・トランスファー:日本製薬企業のための国際ライセンシング協力
ファーマ・トランスファー(ロンドン)
マーク・マックブライド 氏
Pharma-Transfer: Worldwide Licensing Services for the Japanese Pharmaceutical
Industry
Mark McBride, Pharma Transfer Ltd. (London)
第 152 回
1 月 21 日
アルツハイマー氏病発症をめぐる最近の話題
大阪大学大学院医学研究科
解剖神経科学教室
遠山
正彌
教授
Recent research topics in the development of Alzheimer’s disease
Prof. Masaya Atohyama, M.D., Ph.D.
Dept. of Anatomy & Neuroscience, Graduate School of Medicine Osaka
University
62
46
1
2003 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 151 回
12 月 17 日 変貌する中国ヘルスケアー市場:新薬許可制度、製薬市場と流通機構
プロフェックス社(上海) 会長 ポール・コントミカロス
社長
チャイナ・ゲート社
フィリップ・ザオー
社長
ジョイス チュー
Emerging healthcare market in China: Clinical trials, registration, marketing and
distribution system
Dr. Philip Xiao, President, Profex Inc., Joyce Chiu, President, China Gate
第 150 回
11 月 19 日 ライセンス契約条件の変遷と将来
ヤマサキ ファーマ コンサルティング
代表
山崎
基寛
氏
Changing terms and conditions in drug licensing and their future perspective
Representative YAMASAKI Pharma Consulting Dr. Motohiro Yamasaki
ヴェラファーマの新ビジネスモデル
ヴェラファーマ社 アラン・ベーカー
氏
VelaPharm: Re-discovering and Developing CNS Drugs
Vela Pharmaceuticals Inc. DR. Alan P. Baker
第 149 回
10 月 15 日 日本製薬企業の知的所有権ならびにライセンシング問題
東京大学 先端科学技術研究センター ロバート・ケネラー
教授
Intelectual property and licensing activity of Japanese pharmaceutical industry
Prof Robert Kneller, JD, M.D.
Tokyo University Res Ctr Adv Sci Tech Dpt Intellectural Property
三共の国際ライセンシング戦略
三共株式会社 ライセンス部 部長 吉本 昌文 氏
Licensing strategy of Sankyo in the world
Masafumi Yoshimoto, Ph.D., Sankyo, Director, Licensing Dept.
第 148 回
9 月 2 日 老化の分子構造:ライフスパン決定の分子機構
東海大学 医学部 分子生命科学 遺伝情報部門
石井
直明
助教授
Molecular mechanisms of senescsnce: lifespan determining factors
Assoc Prof Naoaki Ishii, Tokai Univ Sch Med Mol Life Sci Gene Inform
第 147 回
7 月 16 日 日本製薬企業の国際競争力
日興シティーグループ証券会社
マネージング・ディレクター
山口
秀丸
International compatibility of Japanese pharmaceutical industry
Hidemaru Yamaguchi, Managing Director, Nikko Citigroup Limited
第 146 回
6 月 18 日 脳、脊髄損傷の修復:神経栄養因子と神経幹細胞の基礎研究と臨床応用の現況
岐阜薬科大学 分子生物学教室 古川 昭栄 教授
62
47
1
Regeneration of brain and spine injury: neurotrophic factors and neurostem cells
Prof Shoei Furukawa Ph.D., Molecular Biology, Gifu Pharm Univ.
第 145 回
5 月 21 日 ES 細胞の万能性と、再生医療・創薬研究への応用
京都大学 再生医科学研究所 所長 中辻 憲夫 教授
ES cells: organ generation and pharmaceutical research
Prof Norio Nakatsuji Ph.D., Director, Institute for Frontier Medical Sciences
Kyoto Univ.
第 144 回
4 月 16 日 バイオテクノロジーとナノテクノロジーの融合
東京工業大学 大学院 生命理工学研究科
半田
宏
教授
Biotechnology and nanothechnology: fusion and interaction
Prof. Hiroshi Handa, M.D.
Graduate School of Bioscience and Biotechnology Tokyo Institute of Technology
第 143 回
3 月 19 日 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の臨床と治療:最近の話題
千葉大学 医学部 呼吸器内科 巽 浩一郎 助教授
COPD: clinical symptoms and therapeutics
Assoc Prof Kouichiro Tatsumi M.D., Chiba University Sch Med Resp Med
第 142 回
2 月 19 日 日本製薬企業と外国企業の創薬研究比較
東京大学 先端科学技術研究センター ロバート・ケネラー 教授
Comparison in pharmaceutical research between industries in Japan and foreign
countries
Prof Robert Kneller JD, M.D.
Tokyo University Res Ctr Adv Sci Tech Dpt Intellectural Property
ワシントン医薬情報
McIntyre, Habin & King 法律事務所 ポール・キング
Pharmaceutical news and topics in Washington, DC
氏
Paul N. King, McIntyre, Habin & King
第 141 回
1 月 15 日 糖尿病と肥満症:adiponectin を含む最近の話題
大阪大学 医学部付属病院 分子制御内科
Diabetes and obesity: recent topics in adiponectin
船橋
徹
助教授
Assoc Prof Toru Funabashi M.D., Osaka Univ Fac Med Molec Control Med
2002 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 140 回
12 月 18 日 ポストゲノム時代の蛋白質のフォールディング研究:アミロイド病とアミロイ
ド線維
大阪大学 蛋白質研究所 蛋白質溶液学研究部門 後藤 祐児 教授
Protein folding in postgenomic age: amyloid diseases & amyloid fibrils”
Prof Yuji Goto Ph.D., Osaka Univ Protein Res Inst Protein Solution
62
48
1
第 139 回
11 月 19 日 循環器疾患の危険因子と統計
東京大学大学院 医学系研究科 川久保 清 助教授
Risk factors and statistic figures in cardiovascular diseases
Assoc Prof Kiyoshi Kawakubo M.D., Tokyo University Grad Sch Fac, Med
第 138 回
10 月 16 日 医療用医薬品の市場動向:市場にみられる寡占化
ING 証券会社 シニアアナリスト 三島 茂 氏
Ethical pharmaceutical market: recent aspect and oligopoly
Shigeru Mishima, ING Securities, Senior analyst
第 137 回
9 月 18 日
この過渡期に成長する新薬候補と各社のプロファイリング”
株式会社ファーマ・ホーラム研究所 代表取締役 中村
Blockbuster Candiates and Profiling of Pharmaceutical Compnies
Director, Keiji Nakamura, Pharma Forum Institute Inc.
圭二
氏
第 136 回
7 月 17 日
診療ガイドライン
東京大学 大学院 薬学系研究科 津谷 喜一郎 教授
Present status of Therapeutic guide-lines
Prof. Kiichiro Tsutani, Tokyo University, Grand Sch. Pharm. Sci
第 135 回
6 月 19 日
製薬業界の研究開発力と再編
JP モルガン証券会社 バイスプレジデント 近江 光雄 氏
R&D Potentiality and Reorganization of Japanese Pharmaceutical Industry
Mitsuo Ohmi, Vice President , JP Morgan, Tokyo
第 134 回
5 月 22 日
核酸の高次構造を利用したゲノム情報解析:癌 DNA の解析
科学技術振興事業団 さきがけ研究 21「情報と細胞機能」領域統括
三菱化学生命科学研究所 副所長 関谷 剛男 氏
Genome informatics related to analysis of Cancer DNA
Dr. Takeo Sekiya, Vice Director, Life Science Institute, Mitsubishi Chem
第 133 回
4 月 17 日
産業界のスケールのプロテオミクス
Prof. Keith Rose 氏
Industrial scale proteomics
Prof. Keith Rose, Ph.D., Chief Scientific Officer,
Gene Prot Inc.,Professor, Geneve University
創薬研究開発:ジェノミクスの将来性
Dr. Dan Didier 氏
The Future of Genomics in the Drug Discovery Process
Dr. Dan Didier, President, Incyte Genomics Asia
第 132 回
3 月 19 日
長期収載医薬品の現状と医薬品行政と業界に与える影響
日本テクノス株式会社 取締役 室長 遠藤 伸彦 氏
Generic drugs: Present and future analysis
Nobuhiko Endo, Executive Director, Nippon Technos K.K.
62
49
1
第 131 回
2 月 13 日
組織再生医療の生物学
京都大学 再生医科学研究所 開 祐司 教授
Biology of organ regeneration
Prof. Yuji Hiraki, Kyoto University Inct. Regeneration Medicine
第 130 回
1 月 16 日
林原生物化学研究所のめざすもの
㈱林原生物化学研究所 常務取締役 栗本 雅司 氏
R&D Projects of Hayashibara Institute of Biological Institute
Masashi Kurimoto, Managing Executive Director
Hayashibara Institute of Biological Institute
2001 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 129 回
12 月 19 日
遺伝子塩基配列決定度の研究戦略:疾病関連発現遺伝子の研究
国立小児病院小児医療センター 分子細胞薬理研究部 部長
辻本 豪
三 氏
Strategy for DNA seguence determination: disease susceptibility genes
Prof. Gozo Tsujimoto, Mol. Cell. Pharmacology, National Children’s Hospital,
Tokyo
第 128 回
11 月 22 日
医薬産業と国家戦略:日本企業と米国企業比較論
米国研究製薬工業協会 在日技術顧問 小林 利彦 氏
Pharmaceutical Industry and National Strategy: Japanease and US Firms
Toshihiko Kobayashi, U.S.A. PHARMA
第 127 回
10 月 17 日
医薬経済学から見た新薬の価値評価
医薬経済研究機構 主任研究員 兼 研究部長 坂巻 弘之
Therapeutic Economics: Values and Evaluation of New Drug Price
Hiroyuki Sakamaki, Res. Inst. Org. Therap. Economics
氏
第 126 回
7 月 25 日
ポストゲノミクス:プロテオミクスと創薬戦略
東京都立大学 大学院 理学研究科 磯辺 俊明 教授
Postgenomics: Proteomics and New Drug Strategy
Prof. Toshiaki Isobe, Tokyo Metropolitan University, Grad. Sch.
第 125 回
6 月 26 日
日本における大学―企業間の技術移転:ベンチャー企業の役割
東京大学 先端科学技術研究センター Robert Kneller 教授
University-industry Technology Transfer in Japan and the Role of Bioventure
Companies
Prof. Robert Kneller, University of Tokyo, RCAST Dpt Intell Property
第 124 回
5 月 23 日
ケモカイン受容体と創薬ターゲット
㈱カン研究所(京都サイエンスパーク)主幹研究員
Chemokine Receptor as Targets for New Therapeutics
Toshio Imai, Kan Institute (Kyoto Science Park)
今井
俊夫
氏
62
第 123 回
第 122 回
第 121 回
4 月 25 日
3 月 22 日
2 月 21 日
50
1
M&A 成長の戦略:日本製薬企業の事例について
ゴールドマン・サックス証券 投資銀行部門 法人部
氏
Strategy for M&A: Japanease Pharmaceutical Companies
Shunji Katayama, Goldman Sachs
部長
薬理ゲノミクスの展開と将来
グラクソ・ウエルカム株式会社 研究本部 生物化学研究部長
人 氏
Pharmacogenomics: Genomic grug discovery
Takao Noumi, Glaxo Wrellcome, Research Division
片山
俊二
能見
貴
新バイオテックベンチャー成功の秘訣:ファイナンスと R/D プロジェクト
アクテリオン 副社長 Thomas Widmann 氏
Starting Up A Successful Biotech Company: Financing and R/D Protfolio
Thomas Widmann , M.D., Vice President, Actelion, Switzerland
第 120 回
1 月 17 日
核酸医薬:デコイ型治療薬ならびに遺伝子治療薬の臨床
大阪大学 大学院 医学系研究科 遺伝子治療学教室 森下 竜一 助
教授
Nucleic Acid Drugs: Decoy Pharmaceuticals and Gene Therapy
Assoc. Prof. Ryuichi Morishita, Osaka University, Grad School of Medical Gene
therapy
2000 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 119 回
12 月 20 日
新技術が拓くヘルスケア革命の可能性
ソネット・エムスリー株式会社 代表取締役社長
Healthcare Revolution and New Technology
Itaru Tanimura, Sonet M3, CEO / President
谷村
格
氏
第 118 回
11 月 16 日
インスリン分泌調節機構と抗糖尿病薬の開発
名古屋大学大学院医学系研究科 細胞情報薬理学教室 仁木 一郎 助
教授
Molecular Mechanisms of insulin Secretion: Research Development for Artidiabetic
Drugs
Assoc. Prof. Ichiro Niki, M.D., Ph.D., Nagoya University
第 117 回
10 月 18 日
破骨細胞の分子生物学:骨粗鬆症とリュウマチ性疾患
東京大学 医科学研究所 ヒト疾患モデル研究センター細胞機能研究分
野
保田 尚孝 講師
Molecular biology of Osteoclast Cells: Osteoarthritis and Rheumatoid Arthritis
Hisataka Yauda, University of Tokyo, Institute.of Medical Science
62
第 116 回
第 115 回
9 月 13 日
7 月 26 日
核内レセプター:創薬研究への応用
東京大学 分子細胞生物研究所 加藤
Nuclear Receptor and New Drug Development
Prof. Shigeaki Kato, University of Tokyo
抗体医薬の現況と将来
キリンビール㈱ 医薬事業本部開発部
Recent Progress in Antibody-Medicine
Isao Ishida, Ph.D., Kirin Brewery
51
茂明
1
教授
部長代理
石田
功
氏
第 114 回
6 月 28 日
医薬ライセンシング戦略における交渉術学
メディアス、英国 PLG 代表 シャロン フィンチ 氏
Negotiation in Pharma Licensing Strategy
Sharon Finch, Director, Medius Associates, Pharma Licensing Group in UK
(Chairperson)
第 113 回
5 月 17 日
米国製薬企業―NIH、大学間の研究開発契約と諸問題について
東京大学 先端技術研究センター ロバート・ケネラー 教授(MD, JD)
Intelligence property right and R&D project contracts with NIH and universities in US
Prof. Robert Kneller, Department of Intellectual Property, RCAST University of
Tokyo
第 112 回
4 月 19 日
Lilly 研究開発プロジェクトならびに IMD MBA コースについて
日本イーライリリー株式会社 企画コーディネーター 赤池
R&D projects of Eli Lilly (IMD MBS Courses)
Amy Akaike, Coordinator, Eli Lilly Japan
第 111 回
3 月 22 日
恵美
氏
技術移転:製薬企業における国際移転課税
Dr. William F. Finan 氏
Technology Transfer: International Price Transfer Taxation in Pharmaceutical Industry
Dr. William F. Finan, KPOMG Peat Marwick, Japan
国際企業の課税移転問題
International Corporation Tax-Tax system in Ireland
Margaret Mac Cann, Manage, International KPMG Peat Marwick
Ireland, Tax Advisor to IDA, Ireland
アイルランドにおける医薬産業の現況と将来
Pharmaceuticals in Ireland going forword
John L.Loyd, IDA, Ireland
第 110 回
2 月 16 日
日本製薬企業の国際競争力
ドイチェ証券会社 日本株調査部 医薬品担当アナリスト 舛添 憲司
氏
International Compatibility of Japanese Pharmaceutical Industry
Kenji Masuzoe, Senior Analyst, Japan Equity Research, Deutsche Securities
62
第 109 回
1 月 19 日
52
1
大型新薬創製の条件:世界市場で何が望まれ、何が売れるのか
株式会社ファーマ・ホーラム研究所 代表取締役 中村 圭二
Future Prospect of Blockbusters in World market
Kenji Nakamura, Ph.D., Director, Pharma Forum Institute Inc.
氏
1999 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 108 回
12 月 15 日
欧州企業との医薬ライセンシング交渉学:ヨーロッパ人との付き合い方
パリ日仏会館理事、フランス国立高等研究学院 客員教授
慶応義塾大学 松原 秀一 名誉教授
How to converse with European and European culure
Prof. Shuichi Matsubara
第 107 回
11 月 15 日
昆虫の生体防衛機構:分子から創薬へ
理化学研究所 名取特別研究室 特別招聘研究員
Biologic Defense Mechanism in Insects
Prof. Shunji Natori, RIKEN
第 106 回
10 月 20 日
名取
俊二
氏
COX-2 阻害薬の臨床薬理と臨床開発
アイルランド外科大学 臨床薬理学 デズモンド フィツジェラルド
Clinical trials of COX-2 inhibitors and further development for new clinical
applications
Prof. Desmond Fitzgerald, Department of Clinical Pharmacology,
Royal College of Surgeons in Ireland
第 105 回
9 月 22 日
臓器移植をめぐる新薬研究開発の現状
ハーバード大学 医学部 外科学準教授
Protein Design Labs 副社長 Dr. Robert L. Kirkman
New Drug Development for Organ Transplantation
Dr. Robert L. Kirkman, Vice President, Protein Design Labs.
第 104 回
7 月 21 日
英国における大学―産業界の協力の実態
ブリティッシュ・カウンシル科学担当官
University & Industry Collaboration in UK
Dr. Brendan Barker, British Council
ブレンダ バーカー
氏
氏
第 103 回
6 月 23 日
最近の感染症の動向と対策
日本抗生物質学術協議会 常務理事 八木澤 守正 氏
Infections Diseases and Antibacterials
Dr. Morimasa Yagisawa, Managing Director, Japan Antibiotic Association
第 102 回
5 月 26 日
骨粗鬆症:骨芽細胞、破骨細胞をめぐる最近の話題
通産省 工業技術院 産業技術融合領域研究所 主任研究官
公 氏
Osteoporosis: Recent Topics in Osteoblast and Osteoclast Cells
Dr. Toshimasa Uemura, Natl. Inst., Tech. Institute (MITI)
上村
寿
62
53
1
第 101 回
4 月 21 日
アンチセンス テラピーの現状と将来
ゲンタ研究所 ロバート クレム 所長
Recent Advancement in Antisense Therapy
Dr. Robert Klem, Director of Research, Genta Inc.
第 100 回
3 月 17 日
21 世紀の創薬科学:ゲノム創薬と薬理ゲノム学
テノックス研究所 野口 照久 所長
Parmacogenomics in 21st Century
Dr. Teruhisa Noguchi, Tenox Research Institute
第 99 回
2 月 17 日
製薬企画開発活動における会計のグローバル・スタンダードの影響
大分大学 経済学部
大倉 雄次郎教授
Revenue Accounting in Pharmaceutical R&D Activities: Influence of Global Standard
Prof. Yujiro Ohkura, Ohita University School of Economics
第 98 回
1 月 19 日
ビッグバンを迎える日本製薬企業
ウォーバーグ・ディロン・リード証券会社 シニアアナリスト
氏
Japanease Pharmaceutical Industry facing upon “big Burn
Shigeru Mishima, Senior Analyst, Warburg Dillon Read
三島
1998 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 97 回
第 96 回
12 月 16 日
11 月 19 日
国際企業各社の新薬研究開発にみられる新戦略
株式会社ファーマ・ホーラム研究所 代表取締役 中村
New R&D strategy of international pharmaceutical majors
Keiji Nakamura, Ph.D., Director, Pharma Forum Institute Inc.
圭二
氏
気管支喘息の基礎と臨床
東京女子医科大学 第一内科 玉置 淳助 教授
Therapeutic basis of bronchial asthma
Assoc. Prof. Jun Tamaoki, M.D., Tokyo Women’s Medical School
医薬パテントをめぐる事業展開と戦略
Pharmaceutical Patent: Business Development and Strategy
Robert Cantrell, Derwent Information
第 95 回
第 94 回
10 月 20 日
7 月 22 日
医療経済学から見た製薬企業
一橋大学 経済学部 鴇田 忠彦 教授
Role of Pharmaceutical industry in medical economics
Prof. Tadahiko Tokita, Ph.D., Hitotsubashi University School of Economics
医療経済学の将来と薬剤治療の役割
慶応大学 医学部 医療政策管理学教室 池上 直己 教授
Role of Pharmaceutical in therapeutic economics
Prof. Naoki Ikegami, M.D., Therapeutic policy & Administration
Keio University School of Medicine
茂
62
第 93 回
6 月 24 日
54
アルツハイマー氏病と治療薬の現況について
カリフォルニア大学 サンフランシスコ校 内科学教室
長
アイヴァン M. リイベルバーグ 教授
Research Progress in Alzheimer’s Disease and its Therapeutics
Prof. Ivan M. Lieberburg, M.D., Ph.D., Clinical Medicine
University of California, San Francisco, Athena Neuroscience
1
アテナ研究所
第 92 回
5 月 13 日
糖尿病症の分子機構
秋田大学 医学部 第一生理学教室 稲垣 暢也 教授
Molecular mechanisms of diabetic development
Prof. Nobuya Inagaki, M.D., Ph.D., 1st Department of Physiology,
Akita University School of Medicine
第 91 回
4 月 15 日
インテリジェント表面の創製と細胞の積層化技術:
その医療用人口組織および DDS への応用
東京女子医科大学 医用工学研究施設 岡野 光夫 教授
Molecular design for intelligent DDS and artificial tissue
Prof. Teruo Okano, Ph.D., Institute of Biomedical Engineering
Tokyo Women’s Medical College
第 90 回
3 月 18 日
Genome sequence と疾病解析
東京大学 医科学研究所 ヒトゲノム解析センター 榊 佳之 教授
Genome sequence analysis and diseased
Prof. Yoshiyuki Sakaki, Ph.D., Institute for Medical Science, Tokyo University
第 89 回
2 月 18 日
医薬品R&D について薬害オンブズパーソンの視点から
薬害オンブズパーソン事務局長 弁護士 水口 真寿美 氏
Pharmaceutical R&D: Views from drug-hazard ombudsperson
Masumi Mizokuchi, General Secretary of Drug-hazard Ombudsperson
第 88 回
1 月 21 日
世界医薬品企業の資本市場による評価
JP Morgan Investment 副社長 北川 哲雄 氏
Evaluation of international majors from capital market
Tetsuo Kitagawa, Ph.D., Vice President, JP Morgan Investment
1997 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 87 回
12 月 17 日
自己免疫疾患の分子レベルでの解析
東京医科歯科大学 難治疾患研究所
ウイルス・免疫疾患研究部門 鍔田 武志 教授
Molecular basis for autoimmune diseases
Prof. Takeshi Tsubata, M.D., Tokyo Medical & Dental University
62
55
第 86 回
11 月 18 日
微生物代謝産物から有用物質の探索:
細胞分化とアポトーシスを誘導する微生物代謝産物
理化学研究所 抗生物質研究室 主任研究員 長田 裕之 氏
Microbial screenings for inducing agents of cellular differentiation and apoptosis
Hiroyuki Osada, Ph.D., RIKEN
第 85 回
10 月 15 日
国際製薬企業と本邦企業:創薬研究能力と期待できる大型新薬
株式会社ファーマ・ホーラム研究所 代表取締役 中村 圭二 氏
International majors and Japanese companies: New drug development capability
Kenji Nakamura, Ph.D., Director, Pharma forum Institute, Inc.
第 84 回
9 月 17 日
高齢者社会の進展と医薬品市場:2010 年の主要疾患治療患者数の予測
ローヌ・プーラン ローラー株式会社
医薬学術本部 戦略企画部長 長江 敏男 氏
Advancement of senile population society and pharmaceutical market: prospects for
patient population of major diseases in 2010
Toshio Nagae, Director, Strategic Planning, Rhone-Poulenc Rorer
医薬ライセシング契約におけるフロントマネーとロイヤリティーフィー
田辺製薬㈱ ライセンスセンター 山崎 基寛 所長
Pharmaceutical Licensing contracts: analysis of front money and royalty fee
Motohiro Yamasaki, Ph.D., Director, Licensing Center, Tanabe
第 83 回
7 月 23 日
第 82 回
6 月 25 日
医療改革論の中での医薬品の価値
米国医薬品協 日本代表 カール F. トイッシュ 氏
Pharmaceutical Values in the midst of therapeutic system changes
Carl F. Taeusch, Japan Representative, Tokyo
Pharmaceutical Research and Manufactures of America
第 81 回
5 月 14 日
バイオテック企業のこれからのリーダー
バイオセンチュリー Inc. 社長 デービット フローレス 氏
Future Leaders Recent advancement of new drug development and DDS
David Flores, Present & Publisher, BioCentury, SanCarlos, California
第 80 回
4 月 16 日
新薬研究開発と DDS:最近の進歩
クワドランド研究所(英国ケンブリッジ)所長 Jaap Kampinga 氏
Recent advancement of new drug development and DDS
Jaap Kampinga, M.D., Research and Development , Director
Quadrant Healthcare, Cambridge
第 79 回
3 月 19 日
多彩な標的を持つ選択的COX-2 阻害薬―慢性関節リュウマチ、避妊、大腸
癌
北里大学 鹿取 信 名誉教授
Cox-2 inhibitor with multiple disease targets: Rheumatoid arthritis, contraception and
colorectal cancers
Emeritus Prof. Makoto Katori, M.D., Pharmacology
Kitazato University School of Medicine
1
62
56
第 78 回
2 月 19 日
細胞外マトリックスメタロプロテアーゼの構造と機能、ならびに阻害剤の臨床
応用
横浜市立大学 木原生物学研究所 宮崎 香 教授
Stucture and function of extra cellular matrix metalloprotease: clinical application of
the enzyme inhibitors
Prof. Kaoru Miyazaki, Ph.D., Yokohama City University Kihara Institute of
Biology
第 77 回
1 月 22 日
アルツハイマー氏病:明解にされつつある病因とその対策
東京都神経科学総合研究所 黒田 洋一郎 氏
Alzheimer’s disease: exploring etiology and countermeasures
Yoichiro Kuroda, Ph.D., Tokyo Metropolitan Institute of Neuro Science
1996 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 76 回
12 月 18 日
変換期を迎える日本製薬企業:収益動向の国際比較と業界再編の可能性
UBS 証券会社 東京支店 調査部 シニアアナリスト 三島 茂 氏
Japan Pharmaceutical Industry facing on Reorganization for Profit Performance
Shigeru Mishima, Senior Analyst, UBS
第 75 回
11 月 19 日
薬効評価と生物統計:臨床薬理事初め
東京医科歯科大学 佐久間 昭 名誉教授
Clinical pharmacology and statistics in 1970th to the age of GCP
Emeritus Prof. Akira Sakuma Ph.D., Clinical Pharmacology
Tokyo Medical & Dental University
第 74 回
10 月 16 日
日本での血清肝炎ウイルス(B 型、C 型および G 型)感染の歴史と感染への対
応
自治医科大学 真弓 忠 教授
Srum Hepatitis virus B, C and G: infection and treatment
Prof. Tadashi Mayumi, M.D., Department of Preventive Medicine Jichi Medical
School
マイクロダイアリシスの臨床応用:
中枢神経保護作用薬ならびにアルツハイマー病、老人痴呆症
カロリンスカ研究所 薬理学部教授 Urban Ungerstedt 氏
Clinical application of a microdealysis method: neuroprotective agents for Alzheimer’s
disease, senile dementia and stroke
Prof. Urban Ungerstedt, M.D., Department of Pharmacology Karolinska Institute,
Stockholm
第 73 回
9 月 18 日
最近の国際製薬企業の M&A ならびに日本企業の対応戦略は?
株式会社ボストン コンサルティンググループ
プロジェクトマネージャー Martin Reeves 氏
1
62
57
1
Counter-strategy of Japanese pharmaceutical industry versus M&A for international
majors
Martin Reeves, Project Manager, Boston Consulting Group
第 72 回
7 月 24 日
変貌する日本:21 世紀に登場する注目される新薬
株式会社ファーマ・ホーラム研究所 代表取締役 中村 圭二
Changing pharmaceutical majors and new blockbusters in 21st century
Keiji Nakamura Ph.D., Director, Pharma Forum Institute, Inc., Inc.
氏
第 71 回
6 月 26 日
新薬分子設計とコンビナトリアル・ケミストリー技術について
㈱医薬分子設計研究所 所長 板井 昭子 氏
Computer-design for new pharmaceutical molecules and combinatorial chemistry
Akiko Itai, Ph.D., Director, Pharmaceutical Molecular Design Institute, Tokyo
第 70 回
5 月 15 日
肥満の薬物制御:増殖と転写因子 PPARγ
東邦大学 薬学部 生化学教室 本島 清人 助教授
Drug control of obesity: proliferation and PPARγa transcription factor
Assoc. Prof. Kiyoto Motojima, Ph.D., Department of Biochemistry
Faculty of Pharmaceutical Sciences, Toho University
第 69 回
4 月 17 日
新医薬戦略資源としての和漢薬成分の応用:神経栄養因子様活性を有する植物
成分
東京大学 薬学部 薬品作用学教室 斉藤 洋 教授
Herb medicines with neurotrophic activity
Prof. Hiroshi Saito, Ph.D., Department of Chemical Pharmacology
Faculty of Pharmaceutical Sciences, Tokyo University
第 68 回
3 月 19 日
医薬品開発における未来医学の構図
東京女子医科大学 医用工学研究施設長 桜井 靖久 教授
Future medicine and pharmaceutical R&D
Prof. Yasuhisa Sakurai, M.D., Director
Medical Technology Inst., Tokyo Women’s Medical University
第 67 回
2 月 21 日
21 世紀への医薬品産業の研究開発戦略
アーサー・D・リトル(ジャパン)シニア マネージャー
R&D strategy for pharmaceutical industry in 21st century
Yasuo Tanaka, Senior Manager, Arther D. Little Co. Ltd.
第 66 回
1 月 17 日
田中
靖夫
氏
新しい循環器薬開発に向けてアンジオテンシンⅡ産生のこれからのコントロー
ルを
考える:Chymase とその阻害
大阪医科大学 薬理学教室 宮崎 瑞夫 教授
Chymase and inhibition: New pathway of angiotensin II formation
Prof. Mizuo Miyazaki, M.D.
Department of Pharmacology, Osaka Medical University
62
58
1
1995 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 65 回
12 月 20 日
医療政策と研究開発の課題
社会保険大学校 広井 良典 教授
Role of Pharmaceutical R&D in therapeutic policy
Prof. Yoshinori Hiroi, Social Insurance University, Min. Health & Welfare
第 64 回
11 月 21 日
糖鎖異常と疾患
東海大学 工学部 工業化学教室 水落 次男 教授
Glycochain abnormality and diseases
Prof. Tsuguo Mizoochi Ph.D.
Dept. Industrial Chemistry, Faculty of Engineering, Tokai University
第 63 回
10 月 18 日
プロセッシング酵素とその阻害薬
筑波大学 生物科学系 中山 和久助 教授
Processing enzymes and inhibitors
Assoc. Prof. Kazuhisa Nakayama Ph.D.
Tsukuba University School of Biological Sciences
第 62 回
9 月 13 日
医薬業界のリーガル・ドラフティング(英文契約文書作成)
ジュボダンルール株式会社 常務取締役 石田 佳治 氏
Legal Drafting for Pharmaceutical Industry
Yoshiharu Ishida, Auditor, Givaudan-Roure K.K.
医薬ライセンシング交渉学
デルヴェッキオ外国法事務弁護士事務所 Peter A. Del Vecchio
Pharmaceutical Licensing Negotiation
Peter A. Del Vecchio, J.D., Peter A. Del Vecchio, & Baum LLP
氏
第 61 回
7 月 19 日
転写調節機構系を利用した医薬品開発について
東京大学 分子細胞生物研究所 堀越 正美助 教授
Transcription Control and Pharmaceutical R&D
Ass. Prof. Masami Horikoshi, Institute for Molecular & Cellular Biology, Tokyo
University
第 60 回
6 月 21 日
腎疾患をめぐる最近の話題:新しい腎疾患治療薬
自治医科大学 薬理学教室 今井 正 教授
Recent Topics in Renal Diseases and Therapeuticals
Prof. Tadashi Imai M.D., Department of Pharmacology, Jichi Medical School
第 59 回
5 月 17 日
韓国における医薬研究開発の現状と紹介
韓国国立化学技術研究所(KRICT) 副所長・医薬研究所長 Wan Joo
Kim,Ph.D.
Pharmaceutical R&D in Korea
Wan Joo Kim, Ph.D., Associate Director, Korea Research Institute of Chemical
Technology
62
59
1
第 58 回
4 月 19 日
新薬研究開発者のための行政手続法
東京大学 法学部 宇賀 克也 教授
Pharmaceutical Affair Administration and Legal Protection
Prof. Katsuya Uga , Faculty of Law, Tokyo University
第 57 回
3 月 15 日
変革期にある新薬研究開発:現状分析と将来
株式会社 ファーマ・ホーラム研究所 代表取締役 中村
Recent Topics in New Drug Candidates
Keiji Nakamura Ph.D., Director, Pharma Forum Institute, Inc.
圭二
第 56 回
2 月 16 日
糖鎖工学と細胞認識材料:医療への応用
東京工業大学 生命理工学部 生体分子工学科 赤池 敏宏 教授
Glycotechnology and Cellular Recogonition
Prof. Toshihiro Akaike, Ph.D., Department of Biomolecular Engineering
Faculty of Bioscience and Biotechnology
第 55 回
1 月 18 日
高齢者薬物療法の特徴と創薬時の留意点
小山市民病院院長 臨床薬理学会 海老原 昭夫
Problem of Therapeutics for Aged Patients
Akio Ebihara, M.D., Director, Oyama City Hospital
氏
理事長
1994 年医薬ライセンシング協会講演リスト
第 54 回
12 月 21 日
これからの臨床薬理学:前臨床から臨床へ
浜松医科大学 薬理学教室 中島 光好 教授
Clinical Pharmacology and preclinical studies
Prof. Mitsuyoshi Nakajima, M.D
Department of Pharmacology, Hamamatsu Medical School
第 53 回
11 月 15 日
Biotechnology 研究開発:Corporate Venture Capital の展望
S. R. One Ltd.(SKB) Peter A. Sears 社長
Biotechnology R&D: Recent Prospect of Corporate Venture Capital
Peter A. Sears President, S. R. One Ltd.(SKB)
第 52 回
10 月 19 日
新薬研究開発と科学文献情報の役割並びに外部研究機関の寄与
New Drug Research and Development: The Role of Scientific Information
Barbara M. Colton, Director, Asian and Agent Sales,
Institute for Scientific Information (ISI), Philadelphia
第 51 回
9 月 22 日
Trinity College (Natl. Pharm. Biotech. Ctr.), Dublin 大学における新薬協同研究プロ
ジェクト
Prof. John Corish Dean of Research, Trinity College, Dublin University
Eoin O’Neill, Ph.D., Director, Innovation Service, Trinity College, Dublin
Commercialization of Pharmaceutical Research Projects in Trinity College, Dublin,
Ireland
62
60
1
山之内アイルランド成功物語
Joe Harfortd 代表取締役社長
Yamanouchi Ireland : Profitability Model for Pharmaceutical Industry
第 50 回
7 月 21 日
パテントマフィアはバイオも狙う:日米間の知的財産権紛争にそなえて
蒲野法律事務所所長 蒲野 宏之 氏
International Patent Mafia and Pharmaceutical Biotechnology
Hiroyuki Kamano, Kamano Legal Office Tokyo
第 49 回
6 月 22 日
血中脂質を制御する酵素と転送蛋白質の遺伝子解析と臨床応用
東京大学医学部第 3 内科 後藤田 貴也 氏
Gene Analysis of Blood Lipid Controlling Enzymes and Carrier Protein
Takaya Gotoda M.D.
III Med Dept. Tokyo University Hospital
第 48 回
5 月 18 日
排尿障害の臨床と薬物治療について
東京大学医学部泌尿器科 本間 之夫 氏
Urinary Incontinence: Clinical and Therapeutic Progress
Ass Prof. Yukio Honma, M.D., Urology Dept. Tokyo University Hospital
蛋白質デザインの最近の進歩とその有望新薬
Saxe Associates, Inc.社長
Protein Design Recent Progress and Hopeful Candidates
Protein Design Lab., Inc.取締役 Jon S. saxe, J.D.
Protein Design Lab., Inc.社長 Laurence J. Korn Ph.D.
第 47 回
4 月 21 日
大型新薬研究開発論―1994 年
株式会社ファーマ・ホーラム研究所 代表取締役 中村 圭二
New Drug Candidates and R&D Topics in 1994
Keiji Nakamura, Ph.D., Director, Pharma Forum Institute, Inc.
氏
第 46 回
3 月 16 日
最近のドラッグ・ホーミュレーションの研究開発傾向について
エランコーポレーション 代表取締役副社長 ケネス W.マクヴェイ
氏
Recent Progress in Drug Formulation Research
Kenneth W. McVey, Vice President Ellan Corporation, Ireland
第 45 回
2 月 16 日
欧米研究機関との研究開発契約のチェックポイント:事例ケース・スタディー
を中心に
モリソンフォスター外国法事務弁護士事務所 R.S.タウンゼント 氏
Research Legal Contracts with Foreign Institutes and Scientists
R.S.Tawnsend, Morrison & Foerster
第 44 回
1 月 19 日
プロテインカイネース阻害薬と細胞機能障害
名古屋大学医学部薬理学教室 日高 弘義
教授
62
61
1
Protein Kinnse Inhibitors and Cellular Function
Prof. Hiroyoshi Hidaka M.D., Pharmacology Nagoya University School of
Medicine
1993 年医薬ライセンシング協会講演リスト
科学技術・経済の発展と国際的知的財産保護制度調和の動き
株式会社三和総合研究所 コンサルタント
国際ライセンス協会元会長 御船 昭 氏
International Harmonization of IntellectualProperty
Akira Mifune, Ph.D., exPresident Intel Licensing Executive Society
第 43 回
12 月 16 日
第 42 回
11 月 18 日
高齢化社会:疾病構造の変化と医薬品市場長期予測
シェリング・プラウ株式会社 企画調査部 長江 敏男 部長
Coming Aging Society: Disease Statistics and Pharmaceutical Prospect
Toshio Nagae, Ph.D., Director of Planning Dept., Schering-Plough K.K.
第 41 回
10 月 21 日
韓国製薬企業 最近の業界事情
二星インターナショナル Chi-Yon, Chang 氏
Korean Pharmaceutical Industries : Recent R&D Situation
第 40 回
9 月 16 日
新しい抗高血圧薬の今後
慶応大学医学部 腎、内分泌科 鈴木 洋通 助教授
Future Clinical Prospect for New Antihypertensice Drugs
Assoc Prof Hiromichi Suzuki, Medicine Keio University
米国における遺伝子治療の現況
Genetic Therapy, Inc.(Md,USA)
R.C.Riley 開発担当上級副社長
P.Tolstoshev 研究担当副社長
The Technical, Clinical and Commercial Progress of Gene Therapy
Robert C. Riley, Sen, Vice President Business Development and Planning
Paul Tolstoschev, Vice President Research and Development
第 39 回
7 月 28 日
日本製薬企業のこれからの資本提携
J.P. Morgan 社 副社長 C.D. Jensen 氏
New Environment for Japanese Pharmaceutical Industry
C.D. Jensen, Vice President J.P. Morgan Secutrities Asia, Ltd.
第 38 回
6 月 23 日
最近の抗血小板療法について
東京女子医科大学 神経内科 内山 真一郎 講師
Antiplatelet Aggregation Therapy for Cerebral Thrombosis
Ass Prof. Shinichiro Uchiyama, Neurology Tokyo Women’s Med School
第 37 回
5 月 19 日
アメリカ知的所有権法の最新の展開
スグリュー・マイオン法律事務所
パー 氏
パートナー
日本代表 アラン キャス
62
62
1
Intelligence Properties in U.S.A.
Alan J. Kasper Japan Representative & Partner, Sughruw, Mion, Zinn, Macpeak
& Seas
第 36 回
第 35 回
4 月 15 日
3 月 17 日
アンチセンス医薬品研究開発の動向
理化学研究所 ライフサイエンス筑波研究センター
Recent Trends in Antisence Pharmaceuticals
Kazushige Yokoyama Ph.D., RIKEN
横山
一成
氏
EC 市場をめざす各国製薬企業のアイルランドにおける活動
アイルランド政府産業開発庁 ジョン ロイド 局長
Recent development and Activity of Foreign Pharmaceutical Companies in Ireland
John L.Loyd, Director Ireland Devel Authority, Ireland Goverment
大型新薬候補群とその開発環境
株式会社ファーマ・ホーラム研究所 代表取締役 中村
Recent Pharmaceutical Blockbursters in 1992
Keiji Nakamura Ph.D., Director, Pharma Forum Institute
圭二
第 34 回
2 月 18 日
虚血ニューロン死のメカニズム
愛媛大学医学部生理学教室 片岡 喜由 教授
Mechanisms for Ischemic Neuron Death
Prof. Kiyoshi Kataoka, Physiol Ehime University School of Medicine
第 33 回
1 月 21 日
医療経済にしめる薬物治療の将来
京都大学経済学部 西村 周三 教授
Future Prospect for Therapeutic Economics
Prof. Shuzo Nishimura, Faculty of Economics Kyoto University
氏
1992 年医薬ライセンシング協会講演リスト
神経成長因子(NGF)の Chemical inducers と新展開
岐阜薬科大学 分子生物研究所 所長 林 恭三 教授
Recent Progress in Chemical Inducers of NGF
Prof. Kyozo Hayashi, Director Mol Bio Inst. Gifu University
第 32 回
12 月 17 日
第 31 回
11 月 18 日
慢性ウィルス疾患、癌および免疫不全に対する新リボ核酸治療薬
Hahnemann 大学分子生物・癌治療部門 教授 David R. Stroyer, M.D.
Ribonucleic acid Therapy for Chronic virus infections, Cancers and Immunodeficiency
Prof. David R. Stroyer, M.D., Medical Director, HEM Pharmaceuticals
第 30 回
10 月 15 日
海外企業との間の共同研究、共同開発契約の起草とその留意点
シボダンルール株式会社 常務監査役 石田 佳治 氏
Contract draft for Research Collaboration with Foreign Firms
Yoshiharu Ishida Auditor
Givaudan-Roure K.K.
62
63
1
第 29 回
9 月 17 日
製薬企業の財政的国際化:日本企業の直面する問題点
ゴールドマンサックス株式会社 上級アナリスト William Healey 氏
Financial Globarization for Pharmaceutical Industry : Imminent Issues facing Japanese
Companies
William Healey
Senior Analyst, Goldman Sachs
第 28 回
7 月 16 日
微生物由来癌遺伝子作用阻害剤の生物活性と応用
慶應義塾大学理工学部 応用生物化学科 梅澤
Oncogene inhibitors derived from microoganisms
Prof. Kazuo Umezawa, Keio University
一夫
教授
第 27 回
6 月 24 日
アイルランド各大学の Biotechnology 研究のプロジェクト
アイルランド政府 Bio Research Ireland 研究機構 Barry Mc Sweeney 所長
Biotechnology Research Projects & National Universities and Institutes in Ireland
Barry Mc Sweeney
Director, Bio Research Ireland
第 26 回
5 月 21 日
医薬品安全性情報の国際共有化:薬剤疫学ならびに RADAR と CIOMS 活動の
現状
チバガイギー社 国際安全性情報室 鈴木 伸二 室長
International Coordination of Drug safety Information
Shinji Suzuki Ph.D., Head, Intl Drug Safety Desk, Chiba-Geigy
第 25 回
4 月 16 日
脂質代謝の病理生化学から創薬を考える
東京大学薬学部 井上 圭三 教授
Pathbiochemical Aspect of Lipid Metabolism
Prof. Keizo Inoue
Tokyo University
第 24 回
3 月 18 日
外資系機関投資家から見た日本製薬企業の再展望と問題点;立ち遅れバイオテ
ックの
不安、恐慌、その他
Capital Research International, Fund Manager Philip E. Rowe
Internationalization of Japan Pharmaceutical Industry ; critical view
Philip E. Rowe
Fund Manager, Capital Research International
第 23 回
2 月 21 日
レチノイドの分子設計
東京大学薬学部 首藤 紘一
Molecular designing of retinoid
Prof. Kouichi Syudou
Tokyo University
教授
新薬開発の国際展開―留意点と将来性
Center for Medicine Research, UK Prof. Stuart R. Walker
62
64
1
Global Drug Development: The Threats and Opportunities
Prof. Stuart R. Walker
Center for Medicine Research, UK
第 22 回
第 21 回
1 月 16 日
12 月 12 日
最近の新薬ライセンシングと市場展開について
ファイザー製薬株式会社 常務取締役 FrankHickson
Recent Perspective of Pharmaceutical Licensing
Frank Hickson Senior Vice President
Pharmaceutical Marketing & Development, Pfizer Pharmaceuticals Inc.
1991 年医薬ライセンシング協会講演リスト
医薬ライセンス学事始め:言語、宗教、法律、交渉―私観
大日本製薬株式会社 国際部第一部/第二部 谷川 清美
Pharmaceutical Licensenology
Kiyomi Tanigawa Senior Manager, International Division
Dainippon Pharmaceutical Co., Ltd.
部長
第 20 回
11 月 21 日
医薬ライセンシングの危機
米国製薬工業協会 日本代表 P. Reed Maurer
Licensing as we knew it-is dead
P. Reed Maurer, Japan Representative
Pharmaceutical Manufacturers Associate
第 19 回
10 月 17 日
1992 年後のヨーロッパ医薬品市場の展望 EC 統合の影響並びに東ヨーロッパ市
場の進展
Infratest Suisse GmbH, managing Director, Bemd E. Grobe
The European Pharmaceutical : Market after 1990th
Bemd E. Grobe
Managing Director
Infratest Suisse GmbH
ポーランドにおける新薬研究開発事情
ポーランド薬理学会会長 国防医科大学教授 Prof. Srawomir Rump
Recent advances in new drug research and development in Poland and eastern Europe
Prof. Stawomir Rump President
Polish Pharmacological Society
第 18 回
9 月 19 日
USA における新 DDS 研究と開発の展望
Thera Tech 社 社長 D. Patel Ph.D.
Recent Trends in New DDS in the U.S.A.
Dinesh C. Patel, Ph.D.
Ichiro Nakatomi, Ph.D., Thera Tech, Inc., Salt Lake City, Utah
第 17 回
7 月 18 日
チェコスロバキア並びに東ヨーロッパにおける医薬品研究開発について
スロバキア学士院生理科学研究所 所長 Prof. Ladislav Macho
62
65
1
Pharmaceutical R & D in Czechoslovakia and eastern Europe
Prof. Ladislav Macho, M. D.
Slovakia Academy of Science
Institute of Physiological Science
第 16 回
6 月 21 日
循環器系治療薬:最近の進歩
自治医科大学 臨床薬理学教室 海老原 昭夫
Recent aspect of new cardiovascular agents in clinics
Prof. Akio Ebihara, M. D., Ph.D.
Department of Clinical Pharmacology
Jichi Medical School
教授
第 15 回
5 月 17 日
アルツハイマー氏病患者脳に出現する異常蛋白について
東京大学脳研 脳病理学部門 井原 康夫 教授
Abnormal peptides appeared in the brain of Alzheimer patients
Prof. Yasuo Ihara, M. D., Ph.D.
Department of Brain Pathology, Institute for the Brain Tokyo University
第 14 回
4 月 19 日
骨粗鬆症の基礎と臨床
東京都老人医療センター 白木 正孝 部長
Recent progress in the development of osteoporosis
Masataka Shiraki, M. D.
Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology
Licensing in a changing world
ブリストルーマイヤーズ・スクイプ株式会社
研究開発本部部長 William E. Brown Ph.D.
Licensing in a changing world
William E. Brown Ph.D., Director, R & D Division, BMS
第 13 回
3 月 15 日
老人性神経細胞死を阻止するグルタミン酸遮断薬の設計と開発
東京都臨床医学総合研究所 薬理研究室 篠崎 温彦 室長
Design and research development of glutamate antagonists which prevents desth of
senile neurons
Haruhiko Shinozaki M. D.
Head, Pharmacology Unit.
Tokyo Metropolitan Institute of Medical Sciences
第 12 回
2 月 15 日
外資系機関投資家からみた日本製薬企業
キャピタルリサーチインターナショナル
ファンドマネージャー Philip E. Rowe
Current aspect of Japanese Pharmaceutical companies-views of a foreign fund
analysist
Philip E. Rowe, Fund Manager, Capital Research International
第 11 回
1 月 18 日
プロテアーゼインヒビターによるニュードラッグデザイン
徳島大学医学部 酵素化学研究センター所長 勝沼 信彦
教授
62
66
New drug design of protease inhibitors
Prof. Nobuhiko Katsunuma M.D.
Director, Institute of Fermentation Research
Faculty of Medicine, Tokusima University
第 10 回
12 月 14 日
第 9回
11 月 9 日
1990 年医薬ライセンシング協会講演リスト
Legal aspects of pharmaceutical licensing
Paul N. King JD, M. S.
President, Bio / Industry Consulting Group, Seattle
脳循環ならびにマイネルト核のペプチド神経支配について
都老人研 生理学部 佐藤 昭夫 部長
Cerebral circulation and peptidergic control of Meynert nucleus
Akio Sato, M.D.
Head, Department Institute of Gerontology
Department of Pharmacology, Basical medicine, Tsukuba University
Recent New Drug R/D Status of Bristol-Myers Squibb
James E. Foley Ph.D.
Director, Licensing
Bristol-Myers Squibb Company
第 8回
10 月 12 日
第 7回
9月 7日
医薬ライセンス契約ノウハウー英文契約の留意点
日本ロシュ株式会社 法務部 石田 佳治 部長
Pharmaceutical licensing : English legal contract
Yoshiharu Ishida
Head, Department of Legal Affairs
Nippon Roche Co., Ltd.
エンドセリンの分子薬理学的研究
筑波大学基礎医学系 薬理学教室 真崎 知生 教授
Molecular Pharmacology of endothelin
Prof. Tomoo Masaki, M.D. & Ph.D.
Department of Pharmacology, Basical medicine, Tsukuba University
Molecular Basis of Alzheimer and Multiple Sclerosis
Harvard Med Sch Dpt Neurology
D. J. Selkoe Prof. Neurology
H. L. Weiner R. L. Kloc-Prof. Neurol. Sci., Harvard Medical School
第 6回
7月 6日
PET による脳内レセプターの測定-加齢によるレセプターの結合の変化を中心
として
放射能医学総合研究所 臨床第一研究室 山崎 統四郎 室長
Changes in aging-induced human intracerebral receptors as monitored by PET
Toshirou Yamasaki M.D.
Director, 1st Clinical Medicine, Medical Research Center for Radiation
1
62
67
1
Induction of Novel Lymphokine by Pine Cone Extracts
Meihan Nonoyama Ph.D.
Director, Tampa Bay Research Institute, St. Petersburg, Florida
第 5回
6月 8日
海洋生物由来の抗腫瘍性物質の探索
大阪大学薬学部 生薬学教室 北川 勲 教授
Search for new antitumor agents from marine resources
Prof. Isao Kitagawa, Ph.D.
Department of Pharmacoguogy, Faculty of Pharmaceutical Sciences,
Osaka University
Sucralfate の国際開発について
中外製薬株式会社 国際開発部
佐賀 国一
部長
R & D world licensing-out activity of Sucralfate
Kuni-ichi Saga Senior Manager
International Marketing Department
International Division, Chugai Pharmaceutical Co., Ltd.
第 4回
5 月 11 日
血液凝固の分子構造:血栓症治療剤開発のために
九州大学理学部 生体高分子 岩永 貞昭 教授
Molecular mechanisms of blood coagulation : R & D for thrombolytic agents
Prof. Sadaaki Iwanaga, Ph.D.
Department of High Molecular Biologicals, Faculty of Science
Kyusyu University
研究開発とライセンシングの相互関係
大日本製薬株式会社 取締役 総合研究所 橋本
Interaction of R & D with licensing activity
Masahisa Hashimoto Ph.D.
Managing Director, Research Center, Dainippon
第 3回
4 月 13 日
第 2回
3月 2日
昌久
所長
時間制御型経皮投薬システムについて:ペプチド製剤への応用
株式会社アドバンス DDS センター 岡部 敬一朗 所長
Time-scheduled Dermal DDS : application to peptide formulations
Keiichiro Okabe Ph.D.
Director, DDS Research Center, Advance,Inc.
神経成長因子(NGF)の機能と生合成調節機構:医薬的応用のアプローチ
国立神経研究所 免疫研究室 古川 昭栄 室長
Nerve Growth Factor : Function and biosynthesis control mechanisms
Shoei Furukawa Ph.D.
Department of Immunology
National Institute of Neurosciences
62
海外ライセンシング業務について
第一製薬株式会社 理事 開発渉外部
第 1回
2月 2日
68
吉田
1
慶太郎
新薬資源としての植物成分
東京大学薬学部 薬品作用教室 斉藤 洋 教授
Herb medicines as a new pharmaceutical resources
Prof. Hiroshi Saito Ph.D.
Department of Chemical Pharmacology
Faculty of Pharmaceutical Science Tokyo University
部長
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
971
File Size
1 099 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content