close

Enter

Log in using OpenID

MC-300B-DC5-455

embedDownload
マイクロコントローラ
MC-300シリーズ
ウォールマウントタイプ
MC-300B-DC5-455
解説書
梱包内容をご確認ください
このたびは、本製品をご購入いただきまして、ありがとうございます。
本製品は次の構成となっています。
構成品リストで構成品を確認してください。万一、構成品が足りない場合や破損している場合
は、お買い求めの販売店、または総合インフォメーションにご連絡ください。
登録カードは、新製品情報などをお客様にお知らせする際に必要なカードです。ご記入の上、
必ずご返送くださいますようお願いします。
■構成品リスト
□本体[MC-300B-DC5-455]…1
□ファーストステップガイド…1
□M3ネジ…6
□添付コネクタ[MC1.5/3-ST-3.5]…1
□登録カード返信用封筒…1
□登録カード&保証書…1
MC-300B-DC5-455
i
■電池のシンボルマークについて
シンボルマークは、EU指令2006/66/ECの第20条「最終ユーザーへの情報」および付属書Ⅱにて指定さ
れています。また、電池および蓄電池を廃棄する際に、一般ゴミとは分別して処理する必要があること
を意味しています。シンボルマークの下に元素記号が表示されている場合、基準以上の濃度で電池また
は蓄電池に重金属が含有されていることを意味しています。濃度の基準は以下の通りです。
Hg:水銀(0.0005%)、Cd:カドニウム(0.002%)、Pb:鉛(0.004%)
これらの材料は、適切に処理されない場合、人体や地球環境に重大な影響を及ぼすことが考えられます。
注:シンボルマークは欧州連合内の国においてのみ有効です。
注意
本製品を動作させるには、別途電源(5VDC±5%)が必要となります。
電源については、本製品の電源仕様を満たすものを使用ください。
・ 本書の内容の全部または一部を無断で転載することは、禁止されています。
・ 本書の内容に関しては、将来予告なしに変更することがあります。
・ 本書の内容については万全を期しておりますが、万一ご不審な点や記載もれなどお気づき
のことがありましたら、お買い求めの販売店、または総合インフォメーションへご連絡く
ださい。
・ MS、Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの各国における登録商標または商標
です。その他、本書中に使用している会社名および製品名は、一般に各社の商標または登
録商標です。
ii
MC-300B-DC5-455
目次
梱包内容をご確認ください ................................................................................................................. i
目次 ........................................................................................................................................................iii
第1章 ご使用になる前に
1
概要 ......................................................................................................................................................... 1
◆特長 .............................................................................................................................................. 1
サポートのご案内................................................................................................................................. 2
◆ホームページ.............................................................................................................................. 2
◆総合インフォメーション(お問い合わせ窓口)...................................................................... 2
◆修理窓口 ...................................................................................................................................... 3
◆製品貸出サービス...................................................................................................................... 3
◆各種セミナ.................................................................................................................................. 3
◆FA/LA無料相談コーナー.......................................................................................................... 3
◆システム受託開発、OEM受託 ................................................................................................ 3
安全にご使用いただくために ............................................................................................................ 4
◆安全情報の表記.......................................................................................................................... 4
◆取り扱い上の注意事項 ............................................................................................................. 4
◆環境 .............................................................................................................................................. 6
◆点検 .............................................................................................................................................. 6
◆保管 .............................................................................................................................................. 6
◆廃棄 .............................................................................................................................................. 6
第2章 各部の機能
7
本体各部の名称..................................................................................................................................... 7
各部の機能 ............................................................................................................................................. 8
◆①USBポート .............................................................................................................................. 8
◆②microSDスロット ................................................................................................................... 8
◆③DIPスイッチ ........................................................................................................................... 9
◆④USBポート(miniB) ................................................................................................................. 9
◆⑤, ⑥LANポート ...................................................................................................................... 9
◆⑦リセットスイッチ ............................................................................................................... 10
◆⑧電源コネクタ(5VDC IN)..................................................................................................... 10
LED........................................................................................................................................................ 10
◆LED表示 .................................................................................................................................... 10
MC-300B-DC5-455
iii
第3章 セットアップ
11
ご使用にあたって ...............................................................................................................................11
ハードウェアのセットアップ...........................................................................................................11
◆電力供給方法 ............................................................................................................................11
◆設置方法 ....................................................................................................................................11
◆周囲と本体の距離 ....................................................................................................................12
ソフトウェアのセットアップ...........................................................................................................13
第4章 仕様
15
仕様........................................................................................................................................................15
◆ハードウェア及び出荷時の設定 ...........................................................................................15
◆機能仕様 ....................................................................................................................................15
◆設置環境仕様 ............................................................................................................................16
外形寸法 ........................................................................................................................................16
電池........................................................................................................................................................17
◆電池仕様 ....................................................................................................................................17
◆電池の取り外し ........................................................................................................................17
◆電池の廃棄 ................................................................................................................................17
iv
MC-300B-DC5-455
第1章 ご使用になる前に
第1章 ご使用になる前に
本章では、本製品をご使用になる前に知っていただくべき情報について説明しています。
概要
本製品は、ARM®プロセッサ内蔵の高性能SoC“Marvell Kirkwood”を搭載したマイクロコント
ローラです。
1.2GHzで動作するARMプロセッサを内蔵した高性能SoC「Marvell Kirkwood」、512MB DDR2
SDRAMのシステムメモリを搭載しています。ストレージデバイスには、コストパフォーマン
スに優れたmicroSDカードを採用、高速・大容量のmicroSDHCカードにも対応しています。
パソコンよりもさらに省スペース、省電力なコントローラを必要としている用途に最適です。
◆特長
■ファンレス動作の強力な実行プラットフォーム
1.2GHz ARMプロセッサ内蔵した高性能SoC「Marvell Kirkwood」、512MBのシステムメモリを
搭載したオープンソースアプリケーションの強力な汎用実行プラットフォームです。
■Linux OS搭載
Linux OS(Kernel 2.6)搭載、膨大なオープンソースリソースを活用して、さまざまな分野のアプ
リケーションを自由に構築可能です。
■24時間365日稼動の高信頼性
24時間365日稼動のメンテナンスフリーが要求される、ホームゲートウェイやルーターなどの情
報通信端末、スマートメーターや太陽光発電の管理端末、生体認証などのセキュリティーシス
テムのアプライアンス機器に最適です。
MC-300B-DC5-455
1
第1章 ご使用になる前に
サポートのご案内
当社製品をより良く、より快適にご使用いただくために、次のサポートを行っております。
最新ドライバは、当社ホームページよりダウンロードして使用してください。また、使用上の
注意事項等のドキュメントもホームページ上に掲載しておりますので、ご使用になる前に当社
ホームページをご覧ください。
◆ホームページ
日本語
英語
中国語
http://www.contec.co.jp/
http://www.contec.com/
http://www.contec.com.cn/
■最新製品情報
製品の最新情報を提供しています。
また、PDFファイル形式の製品マニュアル、各種技術資料なども提供しています。
■無償ダウンロード
最新のドライバソフトウェア、差分ファイルをダウンロードできます。
また、各種言語のサンプルプログラムもダウンロードできます。
■資料請求
カタログの請求が行えます。
■製品貸出サービス
製品貸出の依頼が行えます。
■イベント情報
当社主催/参加のセミナおよび展示会の紹介を行っています。
◆総合インフォメーション(お問い合わせ窓口)
■技術的なお問い合わせ
当社製品に関する技術的なお問い合わせは、総合インフォメーションで受け付けています。
E-mail([email protected])またはFAX*1でお問い合わせください。専門のスタッフが対応します。
ホームページ(http://www.contec.co.jp/support/contact/)にあるQuestion用紙に必要事項を記入の上、
お送りください。
※FAX番号はQuestion用紙に記載されています。
■その他の製品情報のお問い合わせ
製品の価格・納期・見積もり依頼などのお問い合わせは、販売店または当社各支社・営業所ま
でお問い合わせください。
■使用方法について
本製品についての情報は、マイクロコントローラ MCシリーズ リソースセンター
( http://www.contec.co.jp/mc )に掲載しております。
2
MC-300B-DC5-455
第1章 ご使用になる前に
◆修理窓口
修理の依頼は、お買い求めの販売店経由で受け付けています。
保証書に記載の条件のもとで、保証期間中に製品自体に不具合が認められた場合は、その製品
を無償で修理または交換いたします。
保証期間終了後、または保証条件外での修理は、有償修理となりますのであらかじめご了承く
ださい。
なお、対象は製品のハードウェア部分の修理に限らせていただきます。
◆製品貸出サービス
製品を評価・理解していただくため、製品の貸出サービスを行っております。
詳細は、当社ホームページをご覧ください。
◆各種セミナ
新製品の紹介・活用方法、システム構築のための技術習得など、各種セミナを行っております。
出張プライベートセミナも承ります。詳細は、当社ホームページをご覧ください。
◆FA/LA無料相談コーナー
「FA/LA無料相談コーナー」は、お客様がシステムを構築する際に当社製品の選定の相談をお
受けする窓口です。面談によるシステム相談を専門スタッフが担当いたします。
お問い合わせは、当社各支社・営業所までご連絡ください。
◆システム受託開発、OEM受託
ソフトウェア/ハードウェアの導入方法やシステム構築のご相談、お客様オリジナル・デザイン
のシステムを製品化し供給するODMやOEMのご提案を行います。
詳しくは、E-mail([email protected])または当社各支社・営業所までお問い合わせください。
MC-300B-DC5-455
3
第1章 ご使用になる前に
安全にご使用いただくために
次の内容をご理解の上、本製品を安全にご使用ください。
◆安全情報の表記
本書では、人身事故や機器の破壊をさけるため、次のシンボルで安全に関する情報を提供して
います。内容をよく理解し、安全に機器を操作してください。
危険
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う
危険が差し迫って生じることが想定される内容を示しています。
警告
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う
可能性が想定される内容を示しています。
注意
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が損害を負う可能性が想
定される内容および物的損害のみの発生が想定される内容を示しています。
◆取り扱い上の注意事項
危険
・ 周囲に発火性、腐食性のガスがある場所で使用しないでください。爆発、火災、感電、故
障の原因となります。
・ 本製品のUSBポートやmicroSDスロットに線材のような金属物を入れたり、差し込んだりし
ないでください。火災、感電、故障の原因となります。
注意
・ 極端な高温下や低温下、または温度変化の激しい場所での使用および保管はしないでくだ
さい。
例
・直射日光の当たる場所
・熱源の近く
・ 極端に湿気の多い場所や、ほこりの多い場所での使用および保管はしないでください。内
部に水や液状のもの、導電性の塵が入った状態で使用すると非常に危険です。このような
環境で使用する時は、防塵構造の制御パネルなどに設置するようにしてください。
・ 衝撃や振動の加わる場所での使用および保管は避けてください。
・ 強い磁界、電波を発生する機器の近くでの使用、保管は避けてください。まれに誤動作(停
止、リブート)することがあります。
・ 薬品が発散している空気中や、薬品にふれる場所での使用および保管は避けてください。
・ microSDの挿入、取り外しや各コネクタ、ケーブルの着脱の際には、必ず電源ケーブルをコ
ンセントから抜いた状態にしてください。
・ 本製品を改造しないでください。改造したものに対しては、当社は一切の責任を負いませ
ん。
・ 故障や異常(異臭や過度の発熱)に気づいた場合は、電源ケーブルをコンセントから抜いて、
お買い求めの販売店あるいは当社インフォメーションセンターにご相談ください。
4
MC-300B-DC5-455
第1章 ご使用になる前に
・ 周辺機器との接続ケーブルは、接地されたシールドケーブルを使用してください。
・ 本製品の汚れは、柔らかい布に水または中性洗剤を含ませて軽く拭いてください。ベンジ
ン、シンナーなど発揮性のものや薬品を用いて拭いたりしますと、塗装の剥離や変色の原
因となります。
・ 構成部品の寿命について
バッテリ・・・内部カレンダ時計にリチウム一次電池を使用しています。無通電時のバックア
ップ時間は25℃において10年以上です。電池の交換につきましては、お買い求
めの販売店にご依頼ください。
* 消耗部品の交換につきましては修理扱い(有償)にて対応させていただきます。
・ 接続時は、USBコネクタ形状を確認の上、正しい向きで確実に行ってください。接続後は
USBコネクタの接合部に無理な力をかけないでください。本製品および接合部の破損や接
続不良の原因となります。
・ 本製品の端子部(USBコネクタ)には手を触れないでください。誤動作、発熱、故障の原因に
なります。
・ USBハブの種類によっては、デバイスの認識、動作に問題が発生する可能性があります。
USBハブをご使用になる場合は当社の貸出サービスをご利用になり、事前に動作確認され
ることをお勧めします。
FCC PART15 クラスA注意事項
NOTE
This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class A digital device,
pursuant to part 15 of the FCC Rules. These limits are designed to provide reasonable protection
against harmful interference when the equipment is operated in commercial environment.
This equipment generates, uses, and can radiate radio frequency energy and, if not installed and
used in accordance with the instruction manual, may cause harmful interference to radio
communications. Operation of this equipment in a residential area is likely to cause harmful
interference at his own expense.
WARNING TO USER
Change or modifications not expressly approved the manufacturer can void the user's authority to
operate this equipment.
VCCI クラスA注意事項
この装置は、クラスA情報技術装置です。この装置を家庭環境で使用すると電波妨害を
引き起こすことがあります。この場合には使用者が適切な対策を講ずるよう要求される
ことがあります。
VCCI-A
MC-300B-DC5-455
5
第1章 ご使用になる前に
◆環境
本製品は下記の環境でご使用ください。範囲外の環境で使用した場合、発熱、誤動作、故障の
原因になります。
■周囲温度
0 - 50℃
■周囲湿度
10 - 90%RH(ただし、結露しないこと)
■腐食性ガス
ないこと
■浮遊粉塵
特にひどくないこと
◆点検
本製品を安全に使用していただくために、定期的に点検を行ってください。
◆保管
本製品を保管する際には、購入時の状態で保管してください。
(1) 本体を保管袋に入れます。
(2) 梱包材で包み、箱に入れます。
(3) 直射日光や湿気、衝撃や振動、磁気や静電気を避けて、常温で保管してください。
◆廃棄
本製品を廃棄される場合、法律や市町村の条例に定める廃棄方法に従って、廃棄してください。
* 本製品にはリチウム一次電池を使用していますので、廃棄の際にはご注意ください。
* 電池の取り外し方法は第4章 電池の取り外し を参照してください。
6
MC-300B-DC5-455
第2章 各部の機能
第2章 各部の機能
本体各部の名称
本体各部の名称を図2.1、図2.2に示します。
図2.1. コネクタ面
図2.2. 正面
①
USBポート
②
microSDスロット
③
DIPスイッチ
④
USBポート(miniB)
⑤
LANポート
⑥
LANポート
⑦
リセットスイッチ
⑧
電源コネクタ
MC-300B-DC5-455
7
第2章 各部の機能
各部の機能
◆①USBポート
USB 2.0規格[High/Full/Low Speed]に準拠したUSBインターフェイスを1ポート装備しています。
USBメモリなどを接続して、データを保存できます。ノイズの多い環境では、運用中に使用し
ないでください。
ポートの供給電源容量は、500mAです。消費電流の多いUSBデバイスを本製品に接続される場
合は、供給する電源ユニットの電源容量を超えないようお使いになるUSBデバイスの消費電流
をお確かめください。
1
ピン番号
4
信号名
1
Vcc
2
DATA+
3
DATA-
4
GND
注意
USBハブの種類によっては、デバイスの認識、動作に問題が発生する可能性があります。
USBハブをご使用になる場合は当社の貸出サービスをご利用になり、事前に動作確認され
ることをお勧めします。
◆②microSDスロット
microSDカードを挿入し、データなどの格納に使用します。
8
MC-300B-DC5-455
第2章 各部の機能
◆③DIPスイッチ
汎用のDIPスイッチです。アプリケーションから設定状態を取得することができます。
SW番号
1
2
動作
内容
ON
OFF
-
デバッグ用。U-Bootコマンドプロンプトを表示する場合にONにします。
初期状態。通常はOFFで使用してください。
リザーブ用のスイッチです。
◆④USBポート(miniB)
ホストと接続して、デバッグ用のコンソールとして動作します。ノイズの多い環境では、運用
中に使用しないでください。
ピン番号
信号名
1
VBUS
2
-Data (D-)
3
+Data (D+)
4
ID (NC)
5
GND
◆⑤, ⑥LANポート
LAN(100BASE-TX)用コネクタです。
RJ-45
コネクタ型式
ピン番号
信号名
1
TX+
送信データ(+)出力
2
TX1
送信データ(-)出力
3
RX+
受信データ(+)入力
4
N.C.
未接続
5
N.C.
未接続
6
RX-
受信データ(-)入力
7
N.C.
未接続
8
N.C.
未接続
MC-300B-DC5-455
意味
9
第2章 各部の機能
◆⑦リセットスイッチ
本製品をリセットします。
◆⑧電源コネクタ(5VDC IN)
添付の添付コネクタを使用します。対応ケーブルはAWG28-16です。
芯線の締め付けトルクは、0.22 - 0.25Nmです。
ピン番号
信号名
意味
1
Vi+
電源(5VDC±5%)
2
Vi-
電源(GND)
3
FG
フレームグランド
LED
◆LED表示
LED表示(POWER)
LED表示(LED A,B)
LED表示(LANポート)
図2.3 LED表示
表2.1
LED表示(POWER)
LED
動作
STATUS
点滅
OSが動作しています。
点灯
microSDにアクセス中です。
消灯
microSDにアクセスしていないか、microSDカードが挿入されていません。
点灯
電源が供給されています。
消灯
電源が供給されていません。
SD
POWER
表2.2
LED表示(LED A,B、LANポート)
LED
Act
Link
10
内容
動作
内容
点滅
有線LANで接続された端末とデータの送受信をしていることを示します。
消灯
有線LANで接続された端末とデータの送受信をしていないことを示します。
点灯
有線LANが接続されていることを示します。
消灯
有線LANが未接続状態であることを示します。
MC-300B-DC5-455
第3章 セットアップ
第3章 セットアップ
ご使用にあたって
以下の手順で本書を活用いただき、セットアップを行ってください。
STEP1
STEP2
STEP3
ケーブルの接続
第2章で説明したポートやスロットに正しい方法で接続を行ってください。
設置方法
本章で説明する本体の設置方法に従って、正しい設置を行ってください。
電源の投入
STEP1 - 2が正しく実施されていることを再度確認し、電源を投入してください。電
源を投入した後異常を感じた場合にはただちに電源をOFFにし、正しくセットアッ
プが行われているかどうかを確認してください。
ハードウェアのセットアップ
◆電力供給方法
本製品への電力供給については、電源仕様(5VDC±5%)を満たすものを使用してください。そ
れ以外での電力供給は、機器の故障や事故の原因となる恐れがあります。
推奨電源:POA200-20-2
※推奨電源はお買い求め頂いた販売店または総合インフォメーションまでお問い合わせください。
◆設置方法
設置方法以外での設置に関しては、放熱が十分できない可能性がありますので避けてください。
注意
温度仕様範囲内であっても、高温な環境にてご使用の場合、本体中の熱を十分に放熱でき
るようにしてください。
本製品は壁面設置と机上設置が可能です。
製品のシルクが設置した状態で確認できるように設置し、添付のM3ネジで固定してください。
図3.1
設置方法
MC-300B-DC5-455
11
第3章 セットアップ
◆周囲と本体の距離
注意
密閉された容器内には設置しないでください。
■壁面設置
本体と周囲の物体との距離を上下面、正面、側面全て50mm以上あけてください。
図3.2
壁面設置時の周囲と本体の距離
■机上設置
本体と周囲の物体との距離を上下面、正面、側面全て50mm以上あけてください。
図3.3
12
机上設置時の周囲と本体の距離
MC-300B-DC5-455
第3章 セットアップ
ソフトウェアのセットアップ
本書では簡単なソフトフェアのセットアップを記載しております。
詳しい内容につきましては、FAQのサイト(http://www.contec.co.jp/mc)に記載しておりますので
そちらをご確認ください。
root のパスワードは、rootになっています。
/dev/mtdblockφを/で使用しています。
read onlyでmountしているので、データを書込む場合は
# rommode rwで、remountしてください。
eth0(B側)は、dhcpclientでIPアドレスを取得しています。
/etc/dhcp3/dhclient-enter-hooksで
dns用の/tmp/resolv.confと
bind用の/tmp/named.conf.optionsを生成しています。
iptable の設定は、/home/filter.shで設定し
/etc/network/interface から起動されています。
eth1(A側)は、固定IPアドレス(192.168.1.254)を設定しています。
/home/rc.local.aで初期設定を行っています。
eth1で、DHCPサーバを起動させています。
/etc/dhcp3/dhcpd.confに設定が記載されています。
SSHは、eth0, eth1ともに、rootのログインを許可しています。
必要であれば設定変更をお願いします。
#vi /etc/ssh/sshd_config
<exp>
1 PermitRootLogin no
2 RSAAuthentication yes
3 PubKeyAuthentication yes
4 AuthorizedKeyFiles %h/.ssh/authorized_keys
#
%hは、ログインユーザのホームディレクトリ
5 ChallengeResponseAuthentication no
6 PasswordAuthentication yes
MC-300B-DC5-455
13
第3章 セットアップ
2048ビット長、RSA形式、パスフレーズ xxxx で、公開鍵と秘密鍵を作ります。
#ssh-keygen -b 2048 -t rsa -P xxxx
シリアルコンソールを使用する場合
以下のサイトからシリアル用のドライバをダウンロードしてください。
http://www.ftdichip.com/Drivers/VCP.htm
http://www.ftdichip.com/Drivers/CDM/CDM20808.zip
MC-300のUSBポート(miniB)とパソコンをUSBケーブルで接続することで
シリアルコンソールでログインすることができます。
(シリアルの設定:ボーレート:115200bps、データ:8bit、
パリティ:none、ストップ:1bit、フロー制御:none)
USBポート(miniB)に接続するminiBケーブルは、MC-300の起動後に接続してください。再起動
の都度、シリアルチップがリセットされますのでパソコンのターミナルソフトを起動しなおし
てください。
前面のDIPスイッチ(SW1)をONにすることで、シリアルチップのリセットを無効に出来ますが、
デバッグ用ですので、通常使用時は前面のDIPスイッチ(SW1)はOFFで使用してください。
U-Bootのコマンドプロンプトを表示させる場合は、DIPスイッチ(SW1)をONにする必要があり
ます。
LANの100Mbps固定について
出荷時の設定では、100MbpsのFull Duplexに設定しています。
Half Duplexに設定する場合や、Full Duplexに再設定する場合には
下記を行なってください。
/home/rc.local.a で100MbpsのFull Duplexに設定しています。
<100MbpsのFull Duplexに設定する場合(出荷時設定)>
/usr/sbin/ethtool -s eth0 speed 100 autoneg off
/usr/sbin/ethtool -s eth1 speed 100 autoneg off
接続する機器または、ハブの設定も100MbpsのFull Duplexに設定してください。
設定ができない機器と接続する場合は、本機器を100MbpsのHalf Duplexに設定してください。
<100MbpsのHalf Duplexに設定する場合>
/usr/sbin/ethtool -s eth0 speed 100 duplex half autoneg off
/usr/sbin/ethtool -s eth1 speed 100 duplex half autoneg off
14
MC-300B-DC5-455
第4章 仕様
第4章 仕様
仕様
◆ハードウェア及び出荷時の設定
■DIPスイッチ
DIPスイッチの初期設定は右図のとおりに
なります。
SW1:OFF
SW2:OFF
図4.1 DIPスイッチ
■IPアドレスなどのデフォルト設定
表4.1 デフォルト設定
本製品は、ターミナルソフトウェアで設定を
設定項目
デフォルト値
行います。
IPアドレス
192.168.1.254
A
PCと本製品をクロスケーブルで有線LAN接
サブネットマスク
255.255.255.0
続し、SSHでアクセスしてください。本製品
IPアドレス
B
DHCPによる自動設定
の有線LANデフォルト設定は右表のとおりと
サブネットマスク
なります。
◆機能仕様
表4.2
機能仕様
項目
内容
OS
Linux kernel 2.6.22.18
CPU
Marvell Kirkwood CPU: 88F6281 1.2 GHz
Memory
On-board 512MB DDR2 SDRAM
ROM
On-Board 512MB NAND Flash for OS
LAN
10BASE-T/100BASE-TX×2
USB
USB2.0×1
CPU内蔵RTC
RTC
RTC精度(25℃) : ±3分/月
ストレージ
Interface
電源
microSDカード Slotx1
LED
Power ON/SD card/Status/LAN port(Act ,Link)
Switch
DIP Switch、Reset Switch
入力電圧範囲
5VDC ± 5%
定格入力電流
1.7A(Max.)
Connecter
MC1,5/3-G-3,5(PHOENIX CONTACT)
MC-300B-DC5-455
15
第4章 仕様
◆設置環境仕様
表4.3
設置環境仕様
項目
内容
使用周囲温度
0 - 50℃
使用周囲湿度
10 - 90%RH(ただし、結露しないこと)
浮遊粉塵
特にひどくないこと
腐食性ガス
ないこと
許容瞬時停電時間
17ms以内 ([email protected]℃)
低電圧検出時、自動的にリセットを行う
外形寸法(mm)
30.0(W)×72.0(D)×140.0(H)
質量
400g
外形寸法
図4.2
16
外形寸法
MC-300B-DC5-455
第4章 仕様
電池
◆電池仕様
本製品に使用している電池は下記になります。
・品種
・型式
・メーカ
・公称電圧
・公称容量
・リチウム含有量
:リチウム1次電池
:BR-1/2AA
:パナソニック
:3V
:1000mAh
:1g以下
◆電池の取り外し
下記記載を参照し、電池を取り外してください。
(1) 側面のネジ(2個)を取り外して底面のカバーを取り外します。
(2) 基板から電池につながっているコネクタを外します。
(3) インシュロックをハサミなどで切り、電池を取り外します。
図4.3
電池の取り外し
◆電池の廃棄
取り外した電池を廃棄される場合には、法律や市町村の条例に定める廃棄方法に従って適切に
廃棄してください。
MC-300B-DC5-455
17
改訂履歴
年
月
2011年4月
改訂内容
初版
MC-300B-DC5-455
解説書
発行
株式会社コンテック
日本語
英語
中国語
大阪市西淀川区姫里3-9-31
http://www.contec.co.jp/
http://www.contec.com/
http://www.contec.com.cn/
2011年4月改訂
〒555-0025
本製品および本書は著作権法によって保護されていますので無断で複写、複製、転載、改変す
ることは禁じられています。
[04282011]
分類番号
部品コード
NA01355
LYMS841
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
10
File Size
577 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content