close

Enter

Log in using OpenID

事業報告書(PDF:257KB)

embedDownload
平成27年度 事業報告
1 会議関係
(1)理事会
会 議 名
開催場所
議
題
第9回 理事会
スタンダード
1 平成26年度事業報告及び収支決算(案)
(平成 27 年 6 月 9 日)
会議室
2 定時評議員会に提出する理事・監事候補者(案)
虎ノ門 SQUARE
及び評議員候補者(案)
(議決承認)
3 定時評議員会の招集(案)
第10回 理事会
日本消防会館
(平成 28 年 3 月 23 日)
(議決承認)
(議決承認)
1 平成27年度事業計画及び収支予算(補正)
(案) (議決承認)
2 平成28年度事業計画及び収支予算(案)
(議決承認)
(2)評議員会
会 議 名
第4回 評議員会
開催場所
スタンダード
(平成 27 年 6 月 24 日) 会議室
虎ノ門 SQUARE
議
題
1 平成26年度事業報告及び収支決算(案)
(議決承認)
2 理事・監事の選任(案)
(議決承認)
3 評議員の選任(案)
(議決承認)
(3)監事会
会 議 名
監 事 会
開催場所
水道技術研究
議
題
1 平成26年度事業報告及び収支決算(案)の監査
(平成 27 年 5 月 28 日) センター
(4)常設委員会
会 議 名
開催場所
第7回 企画委員会
水道技術研究
(平成 27 年 6 月 3 日)
センター
第8回 企画委員会
水道技術研究
議
題
1 平成26年度事業報告及び収支決算(案)
1 平成27年度事業計画及び収支予算(補正)
(案)
(平成 28 年 3 月 15 日) センター
2 平成28年度事業計画及び収支予算(案)
第7回 管路技術委員会
1 平成27年度研究事業等の実施状況
水道技術研究
(平成 27 年 10 月 30 日) センター
第8回 管路技術委員会
水道技術研究
1 平成27年度研究事業等の実施状況
(平成 28 年 3 月 8 日)
センター
2 平成28年度研究事業計画(案)
第7回 浄水技術委員会
日本消防会館
1 平成27年度研究事業等の実施状況
日本消防会館
1 平成27年度研究事業等の実施状況
(平成 27 年 10 月 28 日)
第8回 浄水技術委員会
(平成 28 年 3 月 1 日)
2 平成28年度研究事業計画(案)
2 公益目的事業
公1 「水道技術調査研究・開発事業」
(1)研究開発事業関係
(厚生労働科学研究費による事業)
区
①
分
期
間
摘
要
地表水を対象とした浄水処理の濁度管 平成 26~28 年度 地表水の水質特性に対応した紫外線処理の具体
理技術を補完する紫外線処理の適用に
的な施設要件や維持管理要件等を提案、本研究の
関する研究
成果は水道水に起因する健康リスクの低減対策
に貢献
(共同研究事業)
区
①
分
将来の不確実性に対応した水道管路シ
期
間
摘
要
平成 26~28 年度 人口減少やそれに伴う広域連携等、将来の不確実
ステムの再構築に関する研究
性に対応するために、「重要管路の再構築に関す
(Rainbows)
る研究」と「新技術を取り入れた管網管理に向け
た研究」を実施
②
③
しなやかな浄水システムの構築に関す 平成 27 年度
最終報告書・ガイドラインの作成・配布、
る研究(J-Step)成果普及
最終報告会及び成果報告会の開催
変化に対応した浄水技術の構築に関す 平成 27 年 10 月
自然条件(異常気象)や社会条件(人口減少など)
る研究(A-Batons)
~平成 30 年 9 月 の変化に起因した様々な課題に対応するため、
「技術改善・向上に関する研究」と「技術継承に
関する研究」を実施
(受託・請負事業)
区
①
分
期
間
摘
要
平成27年度我が国経済社会の情報 平成 27 年度
水道事業に CPS を実装するためのフレームワー
化・サービス化に係る基盤整備
ク(枠組み)とその実現に向けたロードマップを
水道事業における CPS(サイバーフィジ
検討
カルシステム)実装のための調査研究
(経済産業省委託調査事業)
(特別研究事業)
区
①
分
アジア・パシフィック水道技術情報
期
間
平成 23 年度~
ステーション(Aswin)の構築
摘
要
アジア・パシフィック地域の衛生的な水確保・水
道環境の改善に貢献し、国内外相互の持続可能な
水道サービスの実現に向けた活動を実施
②
水道事業の業務評価等に係る研究
平成 23~27 年度 自らの事業を評価する手法を構築するため水道
施設の評価及び財務・経営評価の両視点からの業
務評価手法の取りまとめ
③
小規模水道事業及び施設の再構築に
平成 26 年度~
関する調査
小規模水道事業体を対象に課題解決のための対
応技術、維持管理手法、事業再構築等について調
査を実施
④
水道技術研究成果活用事業
平成 26 年度~
これまでに実施した研究成果の水道事業体、水道
事業関係者への普及を目的とし、科研、共研及び
特研を中心に講習会開催、課題改善支援ワークシ
ョップをはじめ、報告書や手引きの作成、ソフト
の改訂を実施
(自主研究事業)
区
①
分
水道のスマート化に関する研究
期
間
平成 27 年度~
摘
要
実証実験を進めている水道事業体を構成メンバ
ーとする協議会を構成し、スマート化のメリッ
ト、課題について調査研究
②
水道の国際比較に関する研究
平成 27 年度~
先進諸外国の水道事業に関する調査、有用な情報
の収集及び発信等を実施
③
神戸市との連携による水道技術・
平成 27 年度
システムの検討
水道を取り巻く環境変化に対応するため、神戸市
と連携して、ICT を活用したシステムの効率化等
を検討
④
浄水技術海外調査
平成 27 年度
紫外線処理に関する海外調査を実施
⑤
海外 ICT 活用調査
平成 27 年度~
海外水インフラのスマート化に関して、先行して
いる海外における動向、日本との比較を通じて、
導入に至った背景や目的、課題や解決方法につい
て調査
(水道データベース事業)
区
①
分
水道情報データベース等の構築
期
間
摘
要
平成 23~28 年度 管路事故データなどの水道に関する情報のデー
タベース化と検索機能の構築
②
PI の効果的活用調査
平成 18 年度~
全国の水道事業体の事業等に関するデータ
を PI を用いて分析
(2) 出版事業関係
技術資料・報告書・マニュアル等書籍の作成・出版・販売を実施
(3) 研修・普及推進事業関係
① 第25回水道技術セミナーの開催(1回)
・ 期日 及び 開催地 : 平成28年 1月14日~15日(横浜市 横浜ワールドポーターズ)
・ 参
加
人 数 : 175名
② 膜ろ過浄水施設研修会の開催
・ 期日 及び 開催地 : 平成27年11月26日~27日(豊岡市 豊岡市民会館、佐野浄水場)
・ 参
加
人 数 : 50名
③ 紫外線処理設備研修会の開催
・ 期日 及び 開催地 : 平成27年11月 5日~ 6日(岡山市 岡山シティミュージアム、牟佐浄水場)
・ 参
加
人 数 : 43名
④ JWRC 地域水道講習会の開催
・ 期日 及び 開催地 : 平成27年 8月 6日~ 7日(山口市 KKR 山口あさくら)
・ 参
加
人 数 : 98名
⑤ JWRC 水道講座の開催(2回)
(第1回)
・ 期日 及び 開催地 : 平成27年12月10日
・ 参
加
(東京都港区 ハロー会議室)
人 数 : 43名
(第2回)
・ 期日 及び 開催地 : 平成28年 3月 9日
・ 参
加
(東京都港区 TKP 虎ノ門ビジネスセンター)
人 数 : 40名
(4)水道事業体等への支援活動関係
① 水道事業体等委員会へのセンター役職員の参加
② 水道事業体等主催の技術研修会等への講師派遣
③ 水道事業体等への技術支援(JWRC 水道技術等相談室等)
公2「国際交流事業」
(1) 水道技術国際シンポジウム関係
① 第10回水道技術国際シンポジウムを開催
開催地 : 神戸市
平成27年 7月20日~22日
(2) 国際会議等への参加 及び 発表
① 第7回世界水フォーラム
平成27年 4月12日~17日
開催地 : 韓国 大邸市及び慶尚北道
② IWA 水道事業の効率性及び事業評価に関する会議
平成27年 4月20日~24日
開催地 : 米国 オハイオ州シンシナティ市
③ 第9回日米台地震対策ワークショップ
平成27年10月14日~16日
開催地 : 仙台市
④ 第1回 カナダ上下水道会議
平成27年10月26日~28日
開催地 : カナダ ウィスラー市
⑤ IWA 戦略的アセットマネジメント会議(LESAM 2015)
平成27年11月17日~19日
開催地 : 横浜市
【再掲】
(自主研究事業)
⑥ アムステルダム国際水週間2015
平成27年11月 2日~ 6日
開催地 : オランダ アムステルダム市
【再掲】
(自主研究事業)
⑦ IUVA 世界会議
平成28年1月31日~2月3日
開催地 : カナダ バンクーバー市
(3)技術研修員受入
開発途上国の経済・社会開発に必要な人材養成の一環として、海外研修員を受入し、企業や事業体等での
研修を通じた人材育成を実施
① JICA「ラオス水道公社事業管理能力向上プロジェクト」
平成27年9月3日
研修人数 16名
② 神奈川県企業庁企業局「神奈川県政策研修員 研修」
平成28年2月8日
研修人数
2名(ベトナム)
公3「技術支援事業」
(1)浄水技術支援事業の実施
浄水分野に係る装置、施設の導入支援 及び 装置認定、技術評価
対象件数:膜ろ過装置 6件、 紫外線装置 3件
3 その他の事業
(1) 水道技術ジャーナル(会報)の発行 (四半期刊・No. 75~78)
(2) 文献抄録の作成
AWWA 発刊の News/Drink-Tap Blog 及び IWA 発刊の Water21-News を対象に委員会を開催、会報等を通じて
情報提供を実施
(3) ホームページ等整備事業関係
ホームページの運用、維持管理等
(4) 水道ホットニュースの配信
457号(平成27年4月3日)から507号(平成28年3月25日)
(5) 第57回「水道週間」への協力(平成27年6月1日~7日)
(6) 会員名簿(平成27年7月1日現在)の作成
(7) 平成27年度 (公社)日本水道協会 全国会議(水道研究発表会)で論文を発表
(平成27年10月21日~23日 埼玉県 さいたま市)
(8) 水道施設管理技士資格制度協議会の開催
平成28年3月17日開催
4 会員関係
会員種類別、入退会状況
種 別
平成 26 年度末
入会
退会
平成 27 年度末
備 考
会員A
223
0
8
215
事業体
会員B
125
3
1
127
企業
会員C
15
0
0
15
団体
会員D
42
0
2
40
個人
合 計
405
3
11
397
5 事務局組織
役員3名、事務局長1名、主幹1名、総務部5名、調査事業部7名、管路技術部5名、浄水技術部5名、
合計27名 (常勤:平成27年度末現在)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
256 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content