close

Enter

Log in using OpenID

詳細はこちら

embedDownload
■ 所属
■ 職名
総合理工学科 物理学系
教授
■ 氏名
山口 俊久 (Yamaguchi Toshihisa)
■ 研究分野
物性物理学(実験)
電気電子材料(強誘電体)物性I
■ 研究分野キーワード
固体物性、相転移、強誘電体
■ 研究テーマ
強誘電体は超音波診断装置や超大容量メモリー等、様々な分野で使われている。一方、強誘電体には温度が変
わると特性が大きく変化する性質がある。このような特異な性質、特に誘電性(誘電率、焦電性、圧電性など)
や熱膨張の測定により、それらに見られる様々な特徴ある現象のメカニズムを解明している。
さらに、強誘電体の電束密度-電界履歴曲線観測法による自発電気分極測定を高精度自動化している。
加えて、新たな強誘電体の発見とそれらの応用開発にも努めている。
■ 文献 (以下すべて共著、学術雑誌)
□ Thermal Expansion and Dielectric Properties of Triangular Lattice Antiferromagnet RbCoBr 3
J.Phys.Soc.Jpn. (Y. Nishiwaki, T. Yamaguchi, M. Takashige, T. Kato, T. Mitsui and K. Iio) 82 074701, 2013/05
□ Novel Temperature Dependence of the Dieletric Constant of Rb 2ZnI4 at Low Temperatures
J.Phys.Soc.Jpn. ( M. Takashige, T. Yamaguchi and F. Shimizu) 81 045001 2012/04
□ Huge Dielectric Constant of Rb2CdI4 and K2ZnI4 Crystals grown by Czochralski Method
Phase Transitions (T. Yamaguchi, S. Gotou, F. Shimizu and M. Takashige) 84 865-871, 2011/05
□ Inelastic Neutron Scattering Study of Ferroelectric Phase Transition in Lithium Heptagermanate (Li 2Ge7O15)
Ferroelectrics (M. W. Takeda, Y. Noda and T. Yamaguchi) 412 45-51, 2011/04
□ Time Dependence of the α-β Phase Transition in Rb 2CdBr4
J. Korean Phys. Soc. (F. Shimizu, M. Takashige and T. Yamaguchi) 59/3 2475-2477, 2011/09
□ Phase Transitions in Rb2CdBr4
Ferroelectrics (F. Shimizu, T. Yamaguchi, T. Kurihama and M. Takashige) 401 148-153, 2010/00
□ Dilatometric Study of Ferroelectric Rb2CdI4 Monoclinic Crystal grown by Czochralski Method
Ferroelectrics (T. Yamaguchi, S. Gotou, T. Miyoshi, H. Kasano, T. Mitsui, T. Kurihama, F. Shimizu and M. Takashige) 402
156-162, 2010/00
□ Phase Transition of Cs2FeI4
Ferroelectrics (F. Shimizu, T. Yamaguchi, T. Kurihama, M. Takashige) 384 93-97, 2009/00
□ Dielectric Study on Czochralski Crystal of Ferroelectric Rb 2CdI4
Ferroelectrics (T. Yamaguchi, S. Gotou, T. Kurihama, F. Shimizu, M. Takashige) 384 134-139, 2009/00
□ Tl2ZnI4群強誘電体(続)特にα-β相転移と過冷却性について (大学・研究所等紀要)
総合工学(中部大学 総合工学研究所) (清水文直,栗濱忠司,山口俊久,高重正明) 21 9-20, 2009/03
□ Phase Transition of Cs2FeI4
Ferroelectrics (F. Shimizu, T. Yamaguchi, T. Kurihama, M. Takashige) 384 93-97, 2009/00
□ DSC and X-ray Studies on the Phase Transitions in (NH 4)3Li(SO4)2
Ferroelectrics (T. Kurihama, Y. Suzuki, Y. J. Teng, F. Shimizu, T. Yamaguchi, M. Takashige) 381 201-207, 2009/00
□ Tl2ZnI4型強誘電体とその混晶系 (大学・研究所等紀要)
総合工学(中部大学 総合工学研究所) (清水文直,栗濱忠司,山口俊久,高重正明) 20 7-22, 2008/03
□ Phase Transitions of the Mixed System (Rb 1-x Csx )2MnI4
Ferroelectrics (F. Shimizu, T. Yamaguchi, M. Takashige) 369 58-64, 2008/00
□ Strange Thermal Expansion of Ferroelectric TGS in the Cryogenic Temperature Region
Ferroelectrics (T. Yamaguchi, N. Nakatani, T. Kikuta, T. Kurihama, F. Shimizu, M. Takashige) 368 28-35, 2008/00
□ Dilatometric Study on Monoclinic Crystals of Ferroelectric TGS Down to Cryogenic Temperature Region
■ 特許等
□ 熱電対用端子 特開2007-149476
□ 窒化アルミニウム含有物の製造方法、窒化アルミニウム含有物、及び半導体デバイスの放熱体 特開2007331995
■ 解説・総説
□ 強誘電体の自発電気分極等の測定の極意(査読付)
日本物理学会誌 66(8), 603-609 2011/08
201108
□ 第5回日露強誘電体シンポジウム報告
固体物理 30/1, 62-68, 1995/01
199501
■ 著書
■ 招待講演
□ 日本物理学会 第65回年次大会 企画講演, マルチファロイクス研究のための、強誘電体の電気的測定の極意
2010年3月23日, 講演番号 23pHS-1, 日本物理学会 講演概要集 第65巻 第1号 第4分冊, 524, (2010).
■ 研究シーズ
□ 各種電気材料の電気物性の高精度測定
http://corec.meisei-u.ac.jp/modules/seeds/index.php?content_id=21
□ 極低温域までの熱膨張の高精度測定
http://corec.meisei-u.ac.jp/modules/seeds/index.php?content_id=21
□ 定常熱流法と温度傾斜法による熱伝導率の測定
http://corec.meisei-u.ac.jp/modules/seeds/index.php?content_id=23
■ 主な研究設備等
□ 卓上型単結晶育成装置(チョクラルスキー法)
抵抗加熱炉(~1100℃), ロードセル, 回転軸制御(1~60 rpm, 0.3~10 mm/h), 真空・ガス置換可能
育成実績:酸化物 (Li2Ge7O15, LiNaGe4O9), ハライド (Rb2CdI4, K2ZnI4) など
□ 卓上型単結晶育成装置(ブリッジマン法)
抵抗加熱炉(~1000℃), 成長速度制御(0.3~3 mm/h)
育成実績:ハライド (Rb2CoCl4, K2CoCl4) など
□ 極低温電気物性測定装置(CF型:1.5 K~500 K)(連携研究センター所属)
液体ヘリウム連続流型クライオスタット・ヘリウム再凝縮器付属, 真空・ヘリウムガス置換可能
測定実績:誘電率、抵抗率、自発分極、熱膨張など
□ 極低温電気物性測定装置(JT型:3.8 K~360 K)(連携研究センター所属)
ジュール・トムソン型冷却装置付属, 真空・ヘリウムガス置換可能
測定実績:誘電率、抵抗率、自発分極、磁気特性など
□ 極低温電気物性測定装置(GM型:4 K~300 K)(連携研究センター所属)
GM型冷却装置付属, 真空・ヘリウムガス置換可能
測定実績:熱伝導率、誘電率、抵抗率、磁気特性など
□ 低温電気物性測定装置(液体窒素使用型:80 K~600 K)
真空・ガス置換可能
測定実績:誘電率、抵抗率、自発分極、熱膨張など
□ 高温電気物性測定装置(赤外線加熱型:300 K~1750 K)
真空・ガス置換可能
測定実績:誘電率、抵抗率など
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
317 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content