close

Enter

Log in using OpenID

設計書 東 伯 中 学 校 テニスコート整備 工 事

embedDownload
東 伯 中 学 校 テニスコート整備 工 事
設計書
鳥取県米子市道笑町2丁目126番地
株式
会社
桑 本 建 築 設 計 事 務 所
TEL(0859)32-3745(代)
FAX(0859)22-1706
東 伯 中 学 校 テニスコート整備 工 事 内 訳 書
一金
円也
(うち取引に係る消費税及び地方消費税額 金
円)
建築面積
延べ面積
㎡
鳥取県米子市道笑町2丁目126番地
株式
会社
㎡
桑本建築設計事務所
TEL(0859)32-3745(代)
FAX(0859)22-1706
内 訳
No .
名 称
品 名
A. テニスコート整備工事
数 量
単 位
1
式
1
式
1
式
1
式
1
式
直接工事費計
B. 共 通 仮 設 費
積み上げ分共
純 工 事 費 計 C. 現 場 経 費
工 事 原 価 D. 一 般 管 理 費
工 事 価 格 E. 消費税等相当額
合 計
単 価
金 額
1
備 考
2
No .
名 称
品 名
数 量
単 位
A. テニスコート整備工事
1. 直接仮設工事
1.0
式
2. テニスコート新設工事
1.0
式
3. 既存テニスコート改修工事
1.0
式
4. その他工事
1.0
式
A 計
単 価
金 額
備 考
< 建 築 >
3
No .
名 称
品 名
数 量
単 位
1. 直接仮設工事
やり方、墨だし
1.0
式
整理清掃・跡片付け
1.0
式
計
単 価
金 額
備 考
< 建 築 >
4
No .
名 称
品 名
数 量
単 位
2. テニスコート新設工事
モストクレイ舗装
真砂土t70、ソイレックスt30
625.0
m2
同上路盤工
再生砕石t100
62.5
m3
コンクリート縁石
地先境界ブロックA 120×120×600
23.0
m
鉄筋コンクリート角フリューム
200型
32.0
m
スチールグレーチング蓋
200型用、細目プレーン
3.0
m
メッシュフェンス
H=2,000 基礎ブロック 250×250×450
53.8
m
同上扉
両開き H=2,000
2.0
箇所
コンクリート擁壁
H=1100
3.4
m
コンクリート擁壁
20.8
m
土間コンクリート
重力式
t120、ワイヤーメッシュ6φ-100
コンクリー金コテ押さえ
10.1
m2
階段コンクリート
3段 コンクリート金コテ押さえ、段鼻タイル
3.5
m
盛土
購入土、法面生成、グランド取合い共
112.0
m3
法面緑化
野芝 べた張り
65.5
m2
1.0
式
土工機械運搬費
集水桝
450角、コンクリート蓋
1.0
ヶ所
排水管
φ150
3.5
m
排水管接続費
コア抜き
1.0
式
単 価
金 額
備 考
< 建 築 >
5
No .
名 称
品 名
数 量
単 位
コートラインテープ
ソフトテニス用
1.0
面
テニスネット
ソフトテニス用
1.0
張
テニスポスト
ステンレス製、ステンレス製ウインチ付
1.0
組
同上基礎
700×700×700H
1.0
組
審判台
鉄製粉黛焼付塗装
1.0
台
計
単 価
金 額
備 考
< 建 築 >
6
No .
名 称
品 名
数 量
単 位
3. 既設テニスコート改修工事
既設表面すきとり
不陸整正共
発生材処分費
すきとり土
既設フェンス撤去
積込み運搬・処分
既存ポスト、ラインテープ撤去
審判台共、積込み運搬・処分共
メッシュフェンス
H=2,000 基礎ブロック 250×250×450
同上扉
片開き H=2,000
1.0
箇所
同上扉
両開き H=2,000
1.0
箇所
930.0
m2
ソイルサンドクレイ舗装
930.0
m2
27.9
m3
124.0
m
1.0
式
124.0
m
コートラインテープ
ソフトテニス用
1.0
面
テニスネット
ソフトテニス用
1.0
張
テニスポスト
ステンレス製、ステンレス製ウインチ付
1.0
組
同上基礎
700×700×700H
1.0
組
審判台
鉄製粉黛焼付塗装
1.0
台
1.0
式
土工機械運搬費
計
単 価
金 額
備 考
< 建 築 >
7
No .
名 称
品 名
数 量
単 位
4. その他工事
掲揚ポール紐
取替
高所作業車
計
3.0
箇所
0.5
日
単 価
金 額
備 考
< 建 築 >
8
No .
名 称
品 名
数 量
単 位
共通仮設費(積み上げ分)
運搬経路復旧
真砂土転圧
32.0
m3
敷鉄板
1ヶ月
51.8
m2
15.0
人
交通誘導員
計
単 価
金 額
備 考
東伯中学校テニスコート整備工事
株式会社
桑本建築設計事務所
1
Ⅰ. 工 事 概 要
一
東伯郡琴浦町徳万
1.工 事 場 所
2.地 域 地 区 都市計画地域( ・ 内 ・ 外 )
用途地域等 ( )
3.敷 地 面 積 ㎡
4.建 物 概 要
般
1
7 材料の品質等
(1.4.2)
本工事に使用する材料等は、設計図書に定める品質及び性能を有するものとし、JIS及びJAS
マーク表示のない材料及びその製造業者等は、次の1)~6)の事項を満たすものとする。
1)品質及び性能に関する試験データが整備されていること。
2)生産施設及び品質の管理が適切に行われていること。
3)安定的な供給可能であること。
4)法令等で定める許可、認可、認定又は免許を取得していること。
5)製造又は施工の実績があり、その信頼性があること。
6)販売、保守等の営業体制が整えられていること。
共
通
番号 名 称 工事種別 構 造 階数 建築面積(㎡) 延べ面積(㎡)
1
2
3
4
5
項
8 特別な材料の工法
鉄骨工事
(1)質問回答書、現場説明書、特記仕様書及び図面に記載されていない事項は、すべて国土交通省大臣官房官庁営繕部監修
「公共建築工事標準仕様書(建築工事編)(平成22年版)」(以下「標準仕様書」という。)による。ただし、アス
ベスト成形板の処理等は、国土交通省大臣官房官庁営繕部監修「公共建築改修工事標準仕様書(建築工事編)(平成1
9年版)」(以下「改修標準仕様書書」という。)による。
(2)電気及び機械設備工事を本工事に含む場合、電気及び機械設備工事はそれぞれの工事仕様書を適用する。
コンクリートブロック
ALCパネル
押出成形セメント板
防水工事
(1)章及び項目は番号に○印のついたものを適用する
(2)特記事項は○印のついたものを適用する
・ 印のつかない場合は、※印のついたものを適用する
○
・ と○
※ のついた場合は共に適用する
○
(3)項目に記載の( )内表示番号等は、標準仕様書の当該項目、当該図又は当該表を示す
(4)材料及び製造所等の記載は順不同である
防水施工
通
2 官公庁その他への手続
(1.1.3)
工事の施工に伴い必要な官公署、その他への手続き、検査並びにその費用は、本工事請負者の負担
とする。
3 電気保安技術者
(1.3.3)
工事現場におく電気保安技術者は、鳥取県総務部営繕工事自家用電気工作物保安規定第5条に定め
る工事担当技術者の職務を補佐し、当該工事の工事期間中自家用電気工作物の保安の業務を行うも
のとする。
4 工事安全計画書
(1.3.7)
建設工事安全施工技術指針及び建築公衆災害防止対策要綱を参考に、工事安全計画書を監督職員に
提出する。
5 発生材の処理等
(1.3.8)
・ 引き渡しを要するもの( )
・ 現場において再利用を図るもの( )
・ 特別管理産業廃棄物( )
・ 再資源化を図るもの
(・ コンクリート塊 ・ アスファルトコンクリート塊 ・ 建設発生木材)
・
項
14 施工図及び施工計画書
(1.7.2)
提出した施工図及び施工計画書の著作に係わる当該建物に限る使用権は、発注者に委譲するものとす
る。
15 保全に関する資料
(1.7.3)
下記のものをJIS A4版ファイルに製本して監督職員に提出する。
・ 主な主要資材、機器等のメーカー及び施工者一覧表
・ 機器性能試験成績書及び取扱説明書
・ 保証書
・ 官公署届出書類(保守に必要とするもの)
・ 建築物の保守に関する説明書、指導案内書
・ ・ ・ 16 設計GL
※ 図示 ・ ( )
17 耐荷重及び耐外力
建築基準法に基づき定められた区分等
基準風速等 Vo= m/s
地表面粗度区分 ・ Ⅰ ・ Ⅱ ・ Ⅲ ・ Ⅳ
積雪区分 (
m)
18 火災保険等
工事目的物及び工事材料等工事施工途中の事故に伴う損害を補てんするため火災保険等に加入する。
(保険の加入期間は、工事完成引き渡しまでとする。)
19 グリーン購入
グリーン購入は次のものとする。
・ タイル ・ 再生木質ボード ・ 断熱材 ・ ・ 写真 (30× 40)
東伯中学校テニスコート整備工事
2
21 建設リサイクル法
※ 対象工事 ・ 非対象工事
22 鳥取県福祉の
まちづくり条例
※ 対象工事 ・ 非対象工事
23 鳥取県景観形成条例
※ 対象工事 ・ 非対象工事
24 バリアフリー法
※ 対象工事 ・ 非対象工事
25 省エネ法
※ 対象工事 ・ 非対象工事
1 足場その他
(2.2.4)
枠組み足場の場合
「手すり先行工法に関するガイドライン(厚生労働省 平成21年6月)」により、設置については
同ガイドラインに基づく働きやすい安心感のある足場とし、二段手すりと幅木の機能を有する部材が
備えられた手すり先行専用足場型とするか、または改善措置機材を用いて手すり専用足場型と同等の
機能を確保するものとする。
仮
設
技能士の 職種に より色 を変 えるこ とも可
職 種
級 別
氏 名
勤務先
自 宅
建築大工
1級
○山○夫
○○工務店
技能士の 種別
鳥取市
技能士本 人の住 所地
技能士 番号
00-0-000-00-0000
発行
○○○○○○○○会
事
鳥取県公共工事環境配慮指針 ※ 対象工事 ・ 非対象工事 2 監督員事務所
(2.3.1)
※ 設ける( ㎡) ・ 設けない
備品等は監督職員の指示による。
3 表示板
技能士の 級の別
※ 工事表示板 ・ お願い表示板
900
12 完成写真
1,200
地色 白
御通行中の皆様へ
建 築 工 事 中
地色 白
名札の発 行元
90 mm
工 事名 ○○○ ○○○ 工事
構 造・規 模 ○造 ○階 建
延べ面 積○○ ○○ m2
工 事期間 平 成○年 ○月か ら○ 年○月 まで
設 計者 ○○ ○○○ ○設計
監 理者 ○○ 設計
分類・規格
カラーサービス判
カラーサービス判
・ カラーキャビネ判
・ パネル
カラー
撮影箇所
各工種の工程毎
・ 内部主要箇所
・ 外部各面箇所
・ 内部 箇所
・ 外部 箇所
・ 四ッ切 箇所
・ 半切 箇所
・ 全紙 箇所
部数
2部
2部
2部
部
部
2部
・ ・ 電子データ及びネガの提出[工事記録写真] ( ・ 要 ・ 不要)
・ 電子データ及びネガの提出[完成写真] ( ・ 要 ・ 不要)
原版の大きさ(mm)
・ 24× 36以上
・ 24× 36以上
・ 24× 36以上
・ 24× 36以上
・ 24× 36以上
・ 100×125以上
・ 24× 36以上
平成 ○○ 年○月 工事完 成予定
地色
マ ンセル 記号
5Y R6.5/11
簡 単なパ ース、 又は 立面図 を掲載 する
(拡 大カラ ーコピ ーを 張り付 けても よい)
地色 白
琴 浦町長
区 分
※ 工事記録写真
※ 完成写真
地色
マ ンセル 記号
5YR 6.5/11
施 工者 ○○○ ○○建 設
連絡先 昼間 ○○- ○○ ○○
夜間 ○○- ○○ ○○
現場責 任者 ○○ ○ ○
下記のものを監督職員に提出する。
連絡先 ○○ -○ ○○○
記入要領
事業 の目 的
○ ○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○ ○○○ ○○○ ○○○
○ ○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○ ○○○ ○○○ ○○○
○ ○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○ ○○○ ○○○ ○○○
現在 の進 捗率○ ○%
事業 協力 のお願 い
工事 期間中 は、ご 迷惑を おか けしま すが、 ご理解 と
ご 協力 よろし くお願 いしま す。
施工 者 ○○ ○○○ ○建設
連絡先 T EL ○○ -○○ ○○
発注 者 琴浦 町長
連絡先 琴 浦町教 育委 員会
1.書体は角ゴシックとする。
2.お願い表示板は平易な表現及び内容とし、
地色 白
T EL ○○- ○○ ○○
監督職員が指示するものとする。
4 工事用水
構内既存の施設 ・ 利用できる( ※ 有償 ・ 無償 ) ・ 利用できない
5 工事用電力
構内既存の施設 ・ 利用できる( ※ 有償 ・ 無償 ) ・ 利用できない
6 工事用仮設物
構内への設置 ・ できる ・ できない
7 工事現場のイメージアップ
SCALE
特記仕様書
20 環境配慮
工
また、設計図書に規定する「ホルムアルデヒド放散量」は、次のとおりとする。
NAME
造園
畳
□ 技 能 士
ホルムアルデヒド放散量 規制対象外
ア.JIS及びJASのF☆☆☆☆規格品
イ.建築基準法施行令第20条の7 第4項による国土交通大臣認定品
ウ.下記表示のあるJAS規格品
ア).非ホルムアルデヒド系接着剤使用
イ).接着剤等不使用
ウ).非ホルムアルデヒド系接着剤及びホルムアルデヒドを放散させない材料使用
エ).ホルムアルデヒドを放散させない塗料等使用
オ).非ホルムアルデヒド系接着剤及びホルムアルデヒドを放散させない塗料使用
カ).非ホルムアルデヒド系接着剤及びホルムアルデヒドを放散させない塗料等使用
ホルムアルデヒド放散量 第三種
ア.JIS及びJASのF☆☆☆☆規格品
イ.建築基準法施行令第20条の7 第3項による国土交通大臣認定品
ウ.旧JISのEo規格品
エ.旧JASのFco規格品
TITLE
植栽工事
畳工事
《技能士名札参考図》
化学物質を放散させる建築材料等
本工事に使用する建築材料等は、設計図書に規定する所要の品質及び性能を有するものとし、次の
1)から5)を満たすものとする。
1)合板、木質系フローリング、構造用パネル、集成材、単板積層材、MDF、パーティクルボ
ード、その他の木質建材、ユリア樹脂板、仕上げ塗材及び壁紙は、ホルムアルデヒドを放散
させないか、放散が極めて少ないものとする。
2)保温材、緩衝材、断熱材はホルムアルデヒド及びスチレンを放散させないか、放散が極めて
少ないものとする。
3)接着剤はフタル酸ジ-n-ブチル及びフタル酸ジ-2-エチルヘキシルを含有しない難揮発
性の可塑剤を使用し、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、トルエン、キシレン、エチル
ベンゼンを放散させないか、放散が極めて少ないものとする。
4)塗料はホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼンを放散させないか、放散が
極めて少ないものとする。
5)1)、3)及び4)の建築材料等を使用して作られた家具、書架、実験台、そのたの什器等
は、ホルムアルデヒドを放散させないか、放散が極めて少ないものとする。
表装
配管
路面表示施工
・ アスファルト防水工事作業
・ ウレタンゴム系塗膜防水工事作業
・ アクリルゴム系塗膜防水工事作業
・ 合成ゴム系シート防水工事作業
・ 塩化ビニル系シート防水工事作業
・ セメント系防水工事作業
・ シーリング防水工事作業
・ 改質アスファルトシートトーチ工法防水工事作業
・ FRP防水工事作業
・ 石張り作業
・ タイル張り作業
・ 大工工事作業
・ 内外装板金作業
・ スレート工事作業
・ 鋼製下地工事作業
・ 内外装板金作業
・ 左官作業
・ ビル用サッシ施工作業
・ ガラス工事作業
・ 自動ドア施工作業
・ 金属製カーテンウォール工事作業
・ ビル用サッシ施工作業
・ ガラス工事作業
・ 建築塗装作業
・ プラスチック系床仕上工事作業
・ カーペット系床仕上作業
・ ボード仕上工事作業
・ 壁装作業
・ 建築配管作業
・ 溶融ペイントハンドマーカー工事作業
・ 加熱ペイントマシンマーカー工事作業
・ 造園工事作業
・ 畳製作作業
・
・
・
・
1,200
6 環境への配慮
(1.4.1)
排水工事
舗装工事
55 mm
共
項
石材施工
タイル張り
建築大工
建築板金
スレート施工
金属工事
内装仕上施工
建築板金
左官工事
左官
建具工事
サッシ施工
ガラス施工
自動ドア施工
カーテンウォール カーテンウォール施工
工事
サッシ施工
ガラス施工
塗装工事
塗装
内装工事
内装仕上施工
※ 建築工事標準図 国土交通省大臣官房官庁営繕部整備課監修(平成17年版)
(以下「標準詳細図」という)
※ 建築工事監理指針(上巻・下巻) 国土交通省大臣官房官庁営繕部監修(平成19年版)
※ 工事写真の撮り方(改定第二版)建築編 建設大臣官房官庁営繕部監修
・ 鉄筋コンクリート構造配筋要領 建設大臣官房官庁営繕部監修(平成11年版)
・ 鉄骨設計標準図 建設大臣官房官庁営繕部監修(平成9年版)
・ 木造建築工事標準仕様書 国土交通省大臣官房官庁営繕部監修(平成16年版)
・
・
般
事
石工事
タイル工事
木工事
屋根及びとい工事
特 記 事 項
一
事
技 能 検 定 職 種
技 能 検 定 作 業
とび
・ とび作業
鉄筋施工
・ 鉄筋組立作業
型枠施工
・ 型枠工事作業
コンクリート圧送施工 ・ コンクリート圧送工事作業
鉄骨
・ 構造物鉄鋼作業
とび
・ とび作業
ブロック建築
・ コンクリートブロック工事作業
工
・ ALCパネル工事作業
事
2.特 記 仕 様
1 適用基準等
完成図の種類及び内容
・ 案内図・配置図・面積表 : 配置図には外構整備、屋外給排水系統図含む。(BMの表示)
・ 平面図 : 室名、耐震壁(防火壁)、避難施設等を表示する。
・ ・ 立面図
: 外壁仕上等を表示する。
・ 断面図 : 階高、天井高等を表示する。
・ 仕上表 : 屋外、屋内(各階)の仕上表を表示する。
・ その他 :
通
工 事 種 目
仮設工事
鉄筋工事
コンクリート工事
Ⅱ. 建 築 工 事 仕 様
1
共
下表により適用する技能士は、適用する工事作業中、1名以上の者が自ら作業をするとともに、
他の技能者に対して、施工品質の向上を図るための作業指導を行うこと。
(技能士:職業能力開発促進法による一級技能士又は単一等級の資格を有する者)
また、その技能士はその者が技能士であることがわかる名札(下図参考)を常時着用すること。
9 技能士
(1.5.2)
項 目
下記のものを監督職員に提出する。
・ 原図A1版又はA2版(設計図の第2原図訂正不可) 部
・ CADデータ 部
・ 原図の陽画複写紙の2つ折製本 部
・ 原図の縮小版の陽画複写紙の2つ折製本(A4版) 部
・ 複写 縮小版A3バラ焼 部
標準仕様書に記載されていない特別な材料の工法は、当該製品等の指定工法による。
1.一 般 事 項
章
一
般
なお、商品名が記載された材料については、当該商品又は同等品を使用するものとし、同等品を使
用する場合は、監督職員の承諾を受けるものとする。
また、これらの材料を使用する場合は、設計図書に定める品質及び性能を有することの証明となる
資料又は外部機関が発行する資料等の写しを監督職員に提出して承諾を受けるものとする。
事
13 完成図
(1.7.2)
1,600
建 築 工 事 仕 様 書
---
DATE
桑 本 建 築 設 計 事 務 所
CHECK
株式会社
DRAWING
一級 建築 士事 務 所 登録 第2 0- 35 5 号 一級 建築 士登 録 第2 09 68 0号 松 山 久
H22.9
NO
6
A
1
工事車両進入口
←コーナー部分敷き鉄板養生
4, 070
道
3,502
官民境界線
6,525
自転車
置場
受電設備
電柱
3,8223,700
5,7 00
自転車
置場
自転車
置場
23, 770
道路 境 界線
特別教室棟
町道 保下伊勢線
スロープ
スロ
ープ
排水 溝
駐車場
歩道
テニスコート
既設テニスコート
1 0,9 70
渡り廊下
6,9 00
昇降口棟
道路境界線
7, 900
教室棟
管理棟
6 ,70 0
工事車両進入口
スロ
ープ
電柱
クラブハウス
グランド
武道館
3 ,50 0
掲揚台
・ +6 90
・K BM±0
照 明灯
・ -4 00
新設テニスコート
5,981
道路境界線
・ +12 45
10, 970
県道倉吉東伯線
幅員
6,000
5 ,50 0
23, 770
5 ,50 0
1 7 ,0 00
駐車場
3 ,10 0
部室棟
体育館
・- 315
27,150
35,130
35,130
土俵
敷地境界線
官民境界線
プール25m×8コース
道路境界線
仕
様
※当工事は、学校敷地内の工事であるので生徒、職員の安全を最優先に考慮すること。
10,000
・工事範囲を明確に区画し、生徒及び一般人が容易に工事範囲に入らぬよう措置を講ずること。
官民境界線
附属屋A棟
・工事範囲は南側県道に接しており、落下・飛散等により通行の危険が無いよう十分配慮すること。
附属屋B棟
配置図 S=1:5 00
特 記 事 項
・工事により道路通行止め、通行規制等が生ずる場合は、事前に町担当課及び学校、近隣に報告し承諾を
得ること。
・工事車両の進入は、原則として校舎側からグランド横断とするが、事前に調担当課及び学校の承諾を得ること。
10,000
6,000
21,000
5,000
工事範囲
既設テニスコート部分については、南側県道からとするが、駐車場を進入路とせざるを得ないため
事前に町担当課の承諾を得ること。
・当工事において、道路・工作物等に支障をきたす恐れが予測される場合は、適切な対応をすること。
道路境界線
・工事により道路、建物及び工作物等に被害を与えた場合は、請負業者の責任において復旧すること。
・工事完了引き渡し前に、工事範囲内を整地復旧すること。
N
・交通誘導員:必要に応じて配置し、現場の安全に努める。大型車両が頻繁に出入りする場合は適宜増員して対応
すること。
・公道を汚した場合は速やかに清掃を行うこと。
TITLE
NAME
東伯中学校テニスコート整備工事
SCALE
配置図
1:500
DATE
桑 本 建 築 設 計 事 務 所
CHECK
株式会社
DRAWING
一級 建築 士事 務 所 登録 第2 0- 35 5 号 一級 建築 士登 録 第2 09 68 0号 松 山 久
H22.9
NO
6
A
2
押さえ1.2m
コンクリート縁石:地先境界ブロックA120×120×600
メッシュフェンスH=2,000 基礎ブロック250×250×450H
グランド
・-395
ロープ、滑車の取替3箇所
・KBM±0
通路(既設のまま)
排水管VP150、既設水路壁コア抜き
取合い補修
照明灯
メッシュフェンス門扉H=2,000(両開き)
5,500
掲揚台
・+55
グランド取合い真砂土整地
グランド取合い真砂土整地
集水桝:コンクリート製450角RC蓋
メッシュフェンス門扉H=2,000(両開き)
・+55
グランド取合い真砂土整地
スチールグレーチング蓋:細目 プレーン
B
B
・-400
・+690
・-315
コンクリート土留め
メッシュフェンス門扉H=2,000(片開き)
・-315
土間コンクリートt120金コテ押さえ、階段:段鼻タイル
A
・-315
・+1000
6,900
A
・+1100
水路真砂土埋め戻し
4,070
既設表面すきとり
ソイルサンドクレイ舗装
既設ラインテープ、ポスト、審判台撤去処分、新設
テニスコート4周:既設フェンス撤去処分、メッシュフェンスH=2,000新設
(メッシュフェンス:朝日スチールユニフェンス程度)
既設樹木は既設のまま
電柱
道
町立武道館
(既設のまま)
テニスコート
モストクレイ舗装
2,037
電柱
7,900
角フリューム200型
27,150
既設テニスコート
排水路(蓋有り)
10,970
6,700
法面整地1:1.8
野芝 べた張り
23,770
23,770
水路埋め戻し、法面生成:野芝 べた張り+メッシュフェンスH=2,000
(メッシュフェンス:朝日スチールユニフェンス程度)
5,700
水深-1300
4,393
10,970
3,100
水深-1300
ラインテープ
メッシュフェンス門扉H=2,000(両開き)
・+1100
150
5,500
7,200
排水溝
・+1000
・+690
6,300
・-400
床面養生:敷鉄板t22
C
駐車場
(既設のまま)
・-315
・+1000
・+1245
既設水路構造物
C
重力式擁壁+メッシュフェンスH=2,000
(メッシュフェンス:朝日スチールユニフェンス程度)
道路境界線
歩道
道路境界線
3,500
敷地境界 線
歩道
植樹
3,500
県道倉吉東伯線
10,000
植樹
平 面 図 S=1:200
TITLE
NAME
東伯中学校テニスコート整備工事
SCALE
平 面 図
1:200
DATE
桑 本 建 築 設 計 事 務 所
CHECK
株式会社
DRAWING
一級 建築 士事 務 所 登録 第2 0- 35 5 号 一級 建築 士登 録 第2 09 68 0号 松 山 久
H22.9
NO
6
A
3
34,820
5,000
5,000
5,000
5,000
5,000
5,000
4,820
(プール側)
-321
-321
-321
-321
-321
-321
-321
-321
-340
-390
-390
-390
0.101
-400
-400
-400
-390
-390
-390
-400
-400
-400
5,000
0.5%
-365
0.5%
-365
-390
2,070
3,050
0.111
0.5%
-365
0.5%
-365
0.5%
-365
0.5%
-365
0.5%
-365
0.5%
-365
17,070
10,970
5,000
0.5%
-340
5,000
0.5%
5,550
0.5%
-340
0.5%
-340
0.5%
-340
0.5%
-340
0.5%
-340
0.5%
-340
23,770
0.5%
5,500
0.5%
-315
3,050
-315
0.5%
-315
0.5%
-315
0.5%
-315
0.5%
-315
0.5%
-315
0.5%
-315
-400
(町立武道館側)
数字はKBM±0からの高さを示す。
テニ スコート 仕上 げ平面図 S=1: 100
舗装断面図
舗装断面図
S=1:10
表面処理:
ソイルバインダー1.2kg/m2
化粧砂:0.003m3/m2
S=1:10
表面処理:
パーフェクトソイル1kg/m2
化粧砂:0.003m3/m2
真砂土 t=100
JGS-CCクレイ
(檜100%):30%混合
(林野庁3.9マーク環境性能認定品
嫌気自己加熱処理材)
混合
30
計画高
100
100
200
計画高
再生クラッシャーラン
(RC-40)
新設テニスコート
TITLE
NAME
東伯中学校テニスコート整備工事
SCALE
仕上平面図
1:100
DATE
既設路盤
既設テニスコート改修
桑 本 建 築 設 計 事 務 所
CHECK
株式会社
DRAWING
一級 建築 士事 務 所 登録 第2 0- 35 5 号 一級 建築 士登 録 第2 09 68 0号 松 山 久
H22.9
NO
6
A
4
メッシュフェンスH=2,000
2,000
メッシュフェンスH=2,000
メッシュフェンスH=2,000
武道館
コンクリート化粧合板型枠打放し仕上
コンクリート化粧合板型枠打放し仕上
盛土
法面:野芝 べた張り
▼KBM±0
盛土
150
1. 8
1,962
角フリューム
200型
▼KBM±0
再生砕石t100
100 150 200
1-D13
水路底
300
コンクリート金コテ押さえ
平地:ワイヤーメッシュφ6-100□
段鼻タイル
D10-@200タテヨコ
1,000
825~
1,000
テニスコート
1,090
1:
300
1-D13
400
690
盛土
法面:野芝 べた張り
1-D13
150
151.67 151.67
151.67
455
▼+690
2015020
825~
真砂土敷き均し
角フリューム200型
スチールグレーチング蓋
D10-@200
1-D13
水路底
モストクレイ舗装
構成:断面詳細による
再生砕石t100
モストクレイ舗装
構成:断面詳細による
D10-@200タテヨコ
100
800
100
A-A断面図 S=1:30
B-B断面図 S=1:30
2,000
メッシュフェンスH=2,000
3,645
250
▼1245
1,245
重力式擁壁
コンクリート化粧合板型枠打放し仕上
コンクリート:FC=18、SL=15
▼KBM±0
400
コンクリート縁 石
120
(グランド面 )
200
120
100
50
10
再生クラッ シャラン
100
モルタル
捨コンクリート
▼コート面
(テ ニスコート面)
50
170
モストクレイ舗装
構成:断面詳細による
再生砕石t100
100
縁石断面図 S=1:30
619
C-C断面図 S=1:30
TITLE
NAME
東伯中学校テニスコート整備工事
SCALE
部分詳細図
1:30
DATE
桑 本 建 築 設 計 事 務
・-395 所
CHECK
株式会社
DRAWING
一級 建築 士事 務 所 登録 第2 0- 35 5 号 一級 建築 士登 録 第2 09 68 0号 松 山 久
H22.9
NO
6
A
5
23 77 0
5 4 85
64 00
11 8 85
91 5
テニスポスト
1 2 80 0
サービスライン
ベースライン
82 3 0
1 0 97 0
13 7 0
(抜差式)
サービスセンターライン
1 50
1 37 0
サービスサイドライン
サイドライン
※ ベ ー ス ラ イ ン の み ラ イ ン 幅 = 10 0m m と す る 。 そ の 他 は 2 5 mm 以 上 5 0 mm 以 下 と す る 。
540
テニスコート寸法図
φ27.2×t2.3
S=1:100
700
400
400
400
180
φ27.2×t2.3
φ22.2×t1.6
1500
300
300
ポ ス ト SU S 30 4
φ 7 6. 3 × 3t
(520×400×t10)
1900
326
36 0
1 07 0
ベンチ板
フック側
ネット(ポリエステル)
1500
ネット巻き側
L40×t5
300
ハンドル
(着脱式)
450
滑車部
アルミ合金鋳物
キャップ
□40×20×t1.6
GL
150
50
92
910
72
1077
11 5
仕様
50
2
100
1 00
72
蓋
3
6 31
6 00
7 00
FB65×t6
ゴム板取付
710
テニス審判台
S=1:20
フレーム:一般構造用炭素鋼鋼管(JIS G3444 STK)
粉体焼付塗装 緑色
ベンチ板:高圧メラミン化粧板木目調
アルミ埋設管
内 径 φ 78 . 5
コンクリート
( 1 8 -8 -2 0 )
組立式
S US 3 04
φ 7 6 .3 × 3 t
重量:28kg
□ 70 0
再 生 ク ラ ッ シ ャ ー ラ ン ( R C- 40 )
□ 80 0
φ 17
水抜き穴
テニスポスト
S=1:20
(ス テ ン レ ス 合 金 製 ・ 抜 差 式 )
TITLE
NAME
東伯中学校テニスコート整備工事
SCALE
テニスコート 寸法図
1:20
1:100
DATE
桑 本 建 築 設 計 事 務
・-395 所
CHECK
株式会社
DRAWING
一級 建築 士事 務 所 登録 第2 0- 35 5 号 一級 建築 士登 録 第2 09 68 0号 松 山 久
H22.9
NO
6
A
6
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
743 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content