close

Enter

Log in using OpenID

SESSION1 明確な目標 成功する人というのは、 自分の意思で行動する

embedDownload
SESSION1
明 確 な目 標
成 功 する人 とい うの は 、
自 分 の 意 思 で行 動 するが 、
出 発 以 前 に 行 先 を知 ってい る
もの で あ る。
SESSION 1 明 確 な目 標
願 望 ・目 標 の 明 確 化
“願 望 や 目 標 を明 確 化 することは 、それ らを成 就 するため の 出 発 点 であ る”。
まずこの言葉を、しっかりと胸に刻み込んでください。プログラムの終わるまでに、あなたは幾度となくこ
の言葉に出会うでしょう。なお、ここでいう願望は、一般的に用いられているあいまいで不明瞭な「望み」、と
いった意味ではありません。ここでの願望は「確固とした望み」を意味します。
また、いうまでもないことですが、願望や目標を明確化するということは、その前提として「願望や目標を
持つ必要がある」ということです。
こと「願望や目標をまず持つ」ことは、PMAプログラムでは当然のこととして扱っていますので、一見強調
されていないかのようにみえますが「『持つ』のは当然、それをいかに明確化するか、それが重要」というの
がPMAプログラムの一貫した考え方です。
もう1度繰り返します。
“願 望 や 目 標 を明 確 化 することは 、それ らを成 就 するため の 出 発 点 であ る”。
しかし、100人のうち98人までが、“自分は何をしたいのか”がわからず、目標に向かって前進しようとはし
ないのです。
そこでこの否定的な事実について、考えてみましょう。
全人類の98%もの人々が、自分の適性や可能性を考慮することもなく、努力の対象となるはっきりとした
願望や目標を持つことはおろか、その必要性についてさえ考えないで、大切な人生を無為に過ごしている
とすれば、これはまさしく文明の悲劇です。
アンドリュー・カーネギーが、自らの思想を実業界の人々に伝えようと思い立ったのも、この悲劇に気づ
いたからです。多くの人々の協力を得て、「PMAプログ ラム」を生み出すに至った動機も、そこにありまし
た。
「PMAプログラム」を学んだ5万人以上の人々をアンケートしたところ、プログラムに接する前は、100人に
つきわずか2人しかはっきりとした願望、あるいは目標意識を持っていませんでした。
しかし、「PMAプログラム」を学び続けることによって、願望や目標が明確になっていきます。
「PMAプログラム」を学ぶことによって成功者と呼ばれるようになった人々の中には、米国財界の大立者
で一流雑誌『フォー ブス 』を発行するフォー ブス ・マ ガジ ン社をはじめその多数社の会長であるマ ル コ
ム ・フォー ブス 、アムウ ェイのリチャー ド・デ ヴ ォス会長、クライス ラー 社 のリー ・アイアコッカ、コカコ
ー ラ社 のドナ ル ド・キーオ会長、米国最大のテレビネットワークを持つテッド・ターナ ー 会長、女性では大
手化粧品会社メリー ・ケ イの会長であるメリー ・ケ イ・アッシ ュ等がいます。
彼らは、自ら望むもの、求めるものを徹底的に追求した人々です。そして願望を具体化することで、いず
れも世界の大富豪の1人となりました。
このプログラムを学習するにあたり、あなたも今日から、望むものの中に何か不足しているものがあれば、
それを徹底的に追求することを決意してください。
“願 望 や 目 標 を明 確 化 することは 、それ らを成 就 するため の 出 発 点 であ る”。
これは多くの先達によって証明された偉大な真理なのです。
“願 望 や 目 標 を実 現 しようとする固 い 決 意 が あ れ ば 、それ らは 必 ず 実 現 され る”。
この言葉も、幾度となく証明された価値ある真理です。
もし、あなたが忍耐と努力を覚悟で、人生を素晴らしいものにしようと考えるならば、このプログラムはあ
なたの思考を刺激し、はっきりとした目標意識を呼び覚ますでしょう。
アイディア
アイディアは、はっきりとした目標を持つことから生まれます。そしてアイディアは、この地球さえ動かして
しまうほどの力を持っています。それは無形の財産であり、人間の持つ大きな価値です。
古い東洋の諺は、次のように語っています。
日 々 の よろこびの ため に は 、
― 花 を植 えなさい 。
明 日 の よろこびの ため に は 、
― 木 を植 えなさい 。
永 遠 の よろこびの ため に は 、
― アイディアを植 えなさい !
まさに永遠のよろこびは、アイディアにあります。
このプログラムの目的は、あなたの心にアイディアの泉を湧き立たせることです。そしてあなたに、先見の
明を持たせ、成功を信じてひたすらつき進む、もう1人のあなた自身と向かい合わせます。現在のあなたと
もう1人のあなたの、そのどちらが本当の自分自身であるかを見極めてもらうことです。
このプログラムには、すべて実在の人物が登場します。彼らは試行錯誤を繰り返し、困難な道を一歩一
歩着実に歩み続け、成功を勝ち得た実業家ばかりです。
その貴重な体験と教訓が、プログラムの核心を形成しています。彼らは、成功のノウハウを理解し、現実
に適用することによって貧困を乗り越え、今日の成功を築いた人々です。
価 値 あ る秘 訣
ここにあなたが知っておくべき、価値ある秘訣があります。
プログラムの学習で一番大切なことは、プログラム自体には書かれていません。それはすでに、あなたの
心の中に書かれているのです。
まったくすべてを新しく始めようというのではなく、すでにあなたが体験し、あなたの内部にインプットされ
ているものを「PMAプログラム」によって再構成するわけです。
あ なたの 内 部 に 眠 る巨 大 な潜 在 脳 力 に 光 を当 て、それ をい か に 現 実 化 するか!? す でに あ なた
が 得 た知 識 をどの ように 意 味 づけ 、体 系 化 するか !?
あなたが学ぶのは、その方法についてです。
学習を始めるにあたってしっかりとした取り組みの姿勢ができていれば、プログラムの中に展開された思
想から、あなたは大きな収穫を得るでしょう。それは人生の転換点をもたらし、ひとつの区切りとなることは
確実です。あなたを縛りつけていたさまざまな制約や力の限界から解放され、まったく新しいあなた自身に
生まれ変わるのです。
あなたの潜在脳力とこのプログラムとの関係は、病気の身体と薬の関係に置き換えることができます。病
気を治すのはあくまでも生命の力であり、薬はその手助けをし、治療のきっかけを作るにすぎません。この
プログラムも人間あってのもの、学習者あってのものです。あなたの脳力を引き出し、あなたを押し上げる
きっかけを作ることはできますが、その力を活用し人生の王道を進んで行くのは、あくまでもあなた自身で
す。
アメリカが生み出した偉大な思想家の1人、ラル フ・ウ ォル ド・エマ ー ス ンは、アイディアについて次のよ
うに語っています。
「ただ一 つの アイデ ィアが 、1世 紀 に わ たる人 間 、動 物 、内 燃 機 関 が 生 み 出 す全 エネル ギーをも
凌 駕 することが できる 」
「願望や目標を明確化する」ことから生まれるアイディアが、いかに歴史を変えたか、人類の偉業をいくつ
か調べてみることにしましょう。
トーマス・エジソンの最初のレコード・プレイヤーは、そこに成功のノウハウを適用するまでは、単なる抽
象的な着想にすぎませんでした。
彼は、人間の声や楽器の音を録音し、再生するための機械を思いつき、願望を明確化するという観点か
ら、その着想を潜在意識に委ねたのです。
それは私達が“無 限 の 叡 智 ”と呼ぶ、創造性の巨大な溶鉱炉の中に、彼の着想を投げ入れることを意味
します。“無 限 の 叡 智 ”とは 、人 間 の 知 識 の 及 ば ない 大 きな力 の ことで、宗 教 では これ を「神 」と呼 ん
でい ます。
私たちは、特定の宗教・宗派に与するものではありません。そこで私たちは、宗教との軋轢や摩擦を避け
るため、この見えざる超越的な力を“無限の叡智”と呼んでいます。
無限の叡智は、彼の潜在意識の中で作用し、その着想を物質、つまりこの場合はレコード・プレイヤーと
して実用化するプランを彼に与えました。
では 一 体 どうすれ ば 、問 題 の 解 決 や ア イディア の 実 現 の ため に 、この 巨 大 な 力 を活 用 で きるの で
しょうか !? それは次に説明いたします。
ただし、そのためには、願望や目標を明確化することが前提となります。
映画撮影用のカメラも、トーマス・エジソンの豊かなイマジネーションの産物のひとつです。
このアイディアもまた、ひとつの具体的な願望のもとに実用化されたものです。
レコード・プレイヤーに映画撮影用カメラ、という2つの発明に映写機が加わり、今日の映像文化の基礎
が作られたわけです。
ロー タリー ・クラブの活動は、弁護士のポール ・ハ リスの心に浮かんだひとつのアイディアとして始まり
ました。
彼は、法律家としての倫理を破ることなく、自らの生活と業務を確立することを目標に、友人知己を広げる
道を探していました。したがって、ロータリー・クラブのアイディアは、謙虚な心に生まれたごく単純な発想で
した。
しかし、その目標がはっきりとしたものであったために、このアイディアは今日に至るまで成長を続け、地
球をまわり、ほとんどすべての国を網羅し、友好的な協力の精神で世界を結びつけています。
偉大な新大陸の発見も、1人の船員の心に芽生えたアイディアの成果です。コロンブスの心には、新大陸
を発見するという明確な願望と、また、「できる」という信念がありました。
新大陸の発見を可能にしたコロンブス のアイディアとファイト、そして“明 確 な願 望 ”は、歴史と人類に対
する計り知れない貢献となったのです。
コロンブスのアイディアは、新大陸を発見したところで完了したわけではありません。ひとつのアイディア
が人類に新大陸を開いた瞬間から、ドラマはその第2幕に入りました。アメリカ大陸に人々が住み、そして
栄え、さらにその子孫が生き続ける限り、コロンブスのアイディアもまた永遠に生き続けるのです。
世界最大のピザ・チェーンを作ったドミノ・ピザ の会長で、ナポレオン・ヒル・プログラムの活用者、トム・
モナ ハ ンも、目標の設定と明確化が成功のために不可欠と考えている人間の1人です。彼は今日、ドミノ・
ピザの他、デトロイト・タイガー ズ のオーナーでもあります。
モナハンは言います。「私はどこへ行くにもゴール デン・ゴール デックスを持ち歩きました。自分の考え
や計画、夢みたこと、問題の分析、思いついたあらゆること、ときには買い物のリストまで、あらゆることを
そのノートに書き込んだのです。ノートが一杯になると、次のゴールデン・ゴールデックスを使いました。とき
どき、異なった考え方を別々のノートに書き込んだこともあります。
この20年間で、そのノートは何十箱分にもたまってしまいました。しかし、おかしいことには、書き終わった
ことは決して見返したりはしませんでした。私にとって大切なことは、書いている過程なのです。重要なのは
書くことに込められている考えであって、紙の上におさまっている言葉ではありません。
「私は長期目標、年度目標、月毎、週毎、そして1日の目標を設定します。長期目標というのは、夢の一覧
表のようなものです。しかし、その他のリストは具体的な行動用に作っています。
たとえば私の1980年の目標は、『500店』と記入してあります。その年の終わりまでに、総計500の店舗を
持ちたいという希望です。この数字は、われわれの当時の活動状況から見ると、高すぎる目標でしたが、
努力次第では到達可能なものです。この目標で重要なことは、それが具体的な計画だということです。
ただ『今年は店舗数を増やそう』などという漠然とした望みではないのです。それは『500店にするか破滅
か』というギリギリの決意でした。目標が具体的だと、人にそれを伝えやすくなります。この点が重要なので
す。なぜなら、目標に向かって行動するとき、手助けをしてくれる人々にそれを納得させなければならない
からです。その人々が、目標は何かということを、正確に理解し、それを達成できるものだと信じなければな
りません。彼らが確信を持つことによって目標は達成できるのです。
モナハンはまた、目標は具体的であると同時にタイムリミットを設定しなければならないと力説しています。
彼は、「いつか近い将来までに」ではなく、「本年度に達成」するという具体的な時期を設定していました。彼
のゴールデン・ゴールデックスにはビジネスの目標、健康上の目標、そして個人目標が設定されています。
彼が1952年に禁煙を決意した時、その目標を「公表」することの重要さを発見しました。
彼は、こう言っています。
「私は知人のすべてに『いま私は最後のタバコを吸い終わったところだ』と知らせました。そのことが私に、
やり抜く力を与えてくれたのです。もしあなたが何かをやる自信があり、みんなにあなたがやろうとしている
ことを話して、人々がそれを信じてくれたら、そのことが、あなたの自信の後盾になってくれるでしょう」。
ミネアポリスに本拠を置くカール スン社 といえば、全米の非上場会社のベスト20のひとつに数えられてい
る会社です。そこの会長カーティス・カール スン は、社員にそれぞれの目標を設定することを制度化して
います。
カールスン傘下の会社の中には、TGIフライデ ー ズ 、カン トリー ・キ ッチ ン レス トラン 、ラジ ソン ホ テル 、
フォス ター 旅 行 社 、E・F・マ クドナ ル ド販 売 促 進 会 社 のような輝かしい会社が数多くあります。
かれは次のように語っています。
「ビジネスを始めたとき、私は小さな紙切れに最終目標を書きつけました。そして、それを折りたたみ、達
成するまで身につけて持っていることにしました。その目標に到達したとき、その紙切れは擦れきれてしま
っていました。そこで私は別の紙に新しい目標を書き、今度はそれを持ちつづけました」。
「私はその紙切れを身につけることによって、目標があることを常に意識するようにしていました。そうする
ことによって、目標は私の一部となり、それを心の中で具体化することができたのです。そのことが私の考
え方をはっきりさせ、決断を容易にしてくれました。明確な目標を持っていると、決定が自分の目的に沿っ
ているのか離れているのかを素早く評価できるようになります」。
1938年、カールスンは借金の50ドルを資本金としてゴール ドボンド景 品 スタンプ会 社 をスタートさせまし
たが、そのときの最初の目標は週に100ドルを稼ぐことでした。その目標を書いた紙切れは、彼自身を駆り
立てる「旗印」だったのです。
最初のうちは、なかなかその目標を達成させることはできませんでした。しかし彼は、あきらめませんでし
た。ひたすら、新しい方法を模索したのです。
創立2年後の1940年には、ゴールドボンド社はひどい資金難に見舞われました。そのときは、半ダースず
つの株を友人たちに買ってもらうことによって急場をしのぎました。
第二時大戦中の食料割当で景品スタンプの魅力が失われたときは、会社機構を合理化して貴重な資本
を守り抜きもしました。カールスンが景品スタンプの繁栄を実感し始めたのは、1950年代になって、あるス
ーパーマーケットチェーンとの取引を開始したときからです。彼はその販売促進戦略を食料品のビジネスに
も適用し、さらにガソリンスタンドやクリーニング店との取引にも適用しました。
1960年代になると、各地で消費者運動が活発になってきました。消費者は、宣伝や景品の代わりに、より
安い価格を要求しはじめたのです。カールスンは企業防衛のために闘いましたが、消費者は、景品スタン
プは食料品の価格を押し上げるものとして非難しました。こうしてスタンプの人気は急速に失われていった
のです。
そこでカールスンは企業の多角化で生き残り対策を立てました。不動産、ホテル、レストラン、カタログ販
売、ショールーム、製造業などの企業を買収し、それらの業種に参入していったのです。彼の販売促進のノ
ウハウが使えるビジネスをつぎつぎに取り入れていったのでした。
彼は部下のマネージャーたちに常に次のように言っていました。
「われわれは常に目標に目を向けていなければならない。目標から目をそらすと、恐ろしいものが見えて
くる。障害という恐ろしいものだ。それから、目標に達しても決して満足してはならない。目標を到達地点と
いうよりは、通過地点と考えてもらいたい」。
そして、彼は「目標の明確化」がいかに大切であるかを、実践によって証明したのです。1973年にカール
スンは、「1977年末までに売上高を10億ドルにする」という目標を設定しました。この野心的な目標は人々
を驚かせました。1973年当時、カールスン傘下の会社の売上を合わせても、その半分にも満たなかったか
らです。彼は5年で売上高倍増の目標を立てたことになります。
ところが、その目標は計画より1年早く達成されてしまい、そのときには、最初に疑問視していた人たちも、
彼を信じるようになりました。カールスンはその勝利に酔い痴れることなく、さらにつぎの計画を発表しまし
た。1982年末までに、さらに売上高倍増の計画を発表したのです。
景気の後退が予想以上に長引いたにもかかわらず、カールスンはまたもやその目標をやり遂げてしまい
ました。
「われわれが目標に到達したことは1983年1月10日になるまではっきりしませんでした。しかし、数字を合
計してみますと、1982年末にはすでに目標を突破していたのです」。
とカールスンは言っています。
「私達の目標は、5年ごとに売上を倍増することでした。これは毎年、前年比15%増ということです」。
彼の目標は1986年に35億ドルのラインを越えました。毎年15%増という計画は実際に実現し、1987年に
は売上高は40億ドルを越えました。1986年に雑誌『フォーブス』は、カールスン個人の正味資産を5億5,
000万ドルと算定しています。
カールスンは5ヶ年計画の提案者です。5年という時間を区切ったのは、途中でもし新しいチャンスが生じ
て、そのために一時的にその計画から離れることがあっても、その時間枠の中では自由に融通がきくから
です。したがって5年というのが最良の時間枠だとカールスンは言っています。
願 望 ・目 標 を明 確 化 することに 関 する重 要 なアイディア
願望や目標を明確化する、というとき、その内容を “知 的 であ ること” “精 神 的 であ ること” “実 利 的
であ ること” という3つに分けることができます。
成功のノウハウをしっかりと見につけるために、それぞれのエッセンスを分析し、検討してみましょう。分
析の重点は、それらのエッセンスを支える、7つの基本的アイディアにおかれます。
第 1の 重 要 なアイディア
成功の出発点は、確固とした願望や目標を定め、体系的な計画を立案することです。
ところで、ここで成功の定義を述べておきましょう。
「成 功 とは 、他 人 の 権 利 を尊 重 し、また正 義 をす べ て の 行 動 の 基 準 として 、自 ら価 値 あ りと認 め
た目 標 を、黄 金 律 に 従 って ひ とつ 実 現 して い く過 程 で あ る 」
ナポレオン・ヒルプログラムで言う成功は以上の意味です。
確固とした願望や目標を定めることは、それだけですでに、願望や目標の半ばを達成したことを意味しま
す。
それはあなたと願望・目標を結ぶ “水路” を作ることです。“水路”ができれば、水は自然に流れて行きま
す。
◎ 第 1の 利 点
〈6つの 力 の 開 発 〉
確固とした願望や目標を定めることにより、次のような力が開発されます。
1.自 己 信 頼 が つちか わ れ る
2.パ ー ス ナ ル ・イニシ ア ティブを重 ん ず るように な る
3.想 像 力 つまりイマ ジネー ションが 高 まる
4.エンス ー ジア ズ ム (熱 意 )が 湧 い て くる
5.規 律 に 目 覚 め る
6.集 中 力 が 高 まる
この6つのエッセンスは、あなたの成功を実現するために必要不可欠なものです。学習を進めながら、こ
れらのエッセンスが具体的に何を意味するのか?そして、いかに自分のものとし、発展させ、成功のために
役立てて行くのか?それをじっくり見て行くことにしましょう。
◎ 第 2の 利 点
〈スペシャリストへの道〉
はっきりとした願望や目標を持つことは、あなたを鼓舞し、スペシャリストへの道を開いてくれるものです。
人生における成功は、あなたが一つの分野でスペシャリストとなり、一つの仕事で完全なプロとなることと
深く結びついています。
アンドリュー・カーネギーは、スペシャリストの養成について、強いファイトを持っていましたが、彼によ
れば各個人はその目的や使命にかかわりなく、最終的にそれぞれの分野でスペシャリストになり、それぞ
れの職業で完全なプロになるべきである、ということになります。
あなた自身の基本的な素質―肉体的かつ精神的脳力、および欲求をもとに、あなたが、そうした自分自
身の素質や才能を活かせると思えるようなチャンスが訪れたときは、あなたはすぐにスペシャリストとしての
訓練を受けるべきです。
そしてもしあなたが、コンピュータのスペシャリストになりたいという、はっきりとした願望をもっているなら、
コンピュータに関する専門知識やオペレーションの技術は、あなたの希望という磁石に引きつけられ、楽し
く自然に身についていくことでしょう。
◎ 第 3の 利 点
〈金 銭 と時 間 の 計 画 を立 て ること〉
はっきりとした願望や目標を持つことは、あなたの時間とお金の使い方に計画性をもたらします。しかも
有効に使われた時間やお金には、必ず利子がつくものです。願望や目標を実現するために、毎日着実に
積み重ねられた時間は、確実にあなたを育て、成長させるからです。
お金を使うときは、常に慎重でなくてはいけません。もっとも有効な使い道、もっとも役立つような使い道を
考えることです。
印刷会社のオーナーであるロバ ー ト・フー ティンは、あるときスポーツカーのジャガーを現金で購入する
という目標を立てました。そのためには、毎月最低4万ドル以上の仕事をしなければなりません。
フーティンは、ジャガーの写真を切り抜いて、それをオフィスの壁に貼っていました。こうして、毎日、その
写真を眺めながら、そのジャガーを運転している自分を思い浮かべていました。
この唯一の目標が、困難な仕事をも頑張ってやり遂げる力を与え、そしてついに彼はその車を買うことが
できたのです。
◎ 第 4の 利 点
〈チャンス に 向 か って 働 きか け ること〉
願望を明確化する第4の利点は、チャンスを捕らえる機敏な心を養い、行動を起こす勇気をあなたに与え
ることです。訪れたチャンスを無にしないためには、チャンスに向かって働きかけ、積極的に行動することが
必要です。
このような人生の例を一つ、紹介いたしましょう。
エドワ ード・ボックは、幼い頃アメリカへ渡ったオランダ移民でした。そして後に、婦人雑誌では世界で1、
2を争う『レ デ ィ ス ・ ホ ー ム ・ ジ ャ ー ナ ル 』誌の編集長になりました。ろくに英語も話せなかった移民の子が、
それだけの地位を得るには、やはり何かがありました。エドワード・ボックもまたこの「PMAプログラム」の実
践者であったのです。彼は自分の役に立ちそうなチャンスには、常に機敏に反応しました。
彼は、『エドワ ード・ボックの 米 国 帰 化』という自伝の中で、悲惨な貧困と無知から抜け出し、出版界の
大立者となるまでの経過を詳しく述べています。
この本は多くのアメリカ人に深い影響を及ぼし、人々は彼の自伝とその影響力から“ボックの 米 国 化 ”で
はなく“アメリカの ボック化 ”という言葉を口にしたほどです。
若きエドワード・ボックがはじめに起こした行動は、百科事典で知った著名なアメリカ人たちに手紙を書くこ
とでした。
彼の手紙を受け取った著名人たちは、その独創性と大胆な精神に驚き、あるいは感心して返事を書いて
くれました。
そこで彼はこの返事を集めて、書簡のコレクションを作りましたが、それが新聞社の目に止まり、インタビ
ューのために、一流のリポーターが彼のもとへ送り込まれて来ました。リポーターは、さらに多くの書簡を公
表するよう求めたのです。
しかし、その間に彼は、一つの悟りに達したようです。
「私の本意は、小銭をかせぐことではなく、大きな事業に投資することだ」。
そこで、心中ひそかに、ある行動を決意したのでした。
しばらくの間彼は、書簡をまとめることで可能となった著名人との交際を活かし、資金作りに励みます。そ
のときの彼の心は、当面の資金作り、というはっきりとした目標に向けられていました。
さて、それから何が起こったでしょうか?話はこれからです。
ある日1人の男が、新しいタバコの箱をあけ、中から1枚の写真を取り出して、床に投げ捨てました。それ
を見ていたボックは、男が立ち去ったあとで、彼が捨てた写真を拾ってみました。それは人気女優のシリー
ズ物のブロマイドで、タバコを買って集めると一連の写真集になるように作られているものでした。
裏返しにしてみると、裏側はまったくの白紙です。そのとき、彼の機敏な心が反応しアイディアがひらめき
ました。もし、裏側の空白に、写真に映った女優や人物の簡単なプロフィールを載せたら、タバコの人気も
上がるだろうと考えたのです。
そこで、彼はタバコの製造業者を調べ、パッケージの印刷会社を探し出すとその会社へ赴き、支配人に
直接彼のアイディアを説明しました。すると支配人は、即座にこう答えたのです。
「もし君が、有名なアメリカ人100人を1シリーズとする伝記を書いてくれたら、1話につき10ドル支払おう。
そしてたとえば、大統領と副大統領のシリーズ、有名な将軍達のシリーズ、俳優、作家というように分類し
た一覧表を作ってみてくれたまえ」。
こうしてボックにとっては、はじめての執筆生活が始まりました。そして、間もなくこの短い伝記物シリーズ
は、彼1人では書ききれないようになり、1枚5ドルで兄弟に代筆を頼むようになりました。さらに伝記物専
門のライターを5人かかえるようになったとき、彼は編集者になりましたが、これは彼の将来と人生の方向
を示すものでした。
この話は、はっきりとした願望を持つことで鋭敏になった心が、いかにしてそのチャンスを捕らえるか、と
いうひとつの例にすぎません。
エドワード・ボックの生き方の中には、私たちの手本となる事例が随所に見られます。チャンスを捕らえる
ためには、的確な認識とそれを行動に移す勇気が必要です。
それを示すために、もうひとつ例をあげてみましょう。
ある晩、エドワード・ボックは劇場にいました。
その当時劇場では、劇の幕間に男性はご婦人から離れ、喫煙したり酒を楽しむために席を立つ習慣があ
りました。そこでご婦人達は、劇の幕間にすることといったら、当日の芝居のプログラムを読む以外にはあ
りませんでした。
エドワード・ボックが目をつけたのは、そのプログラムです。それは大きくて扱いにくく、印刷は貧弱で、概
して魅力に乏しいものでした。もっと小さくして、扱いやすく、魅力的なプログラムは作れないものか!? そう
彼は考えたのです。
次の日、さっそくプログラムの見本を作り、劇場の支配人のところへ持ち込んで交渉を始めました。彼は
また、それまで劇場の自己負担であったプログラムの製作費を肩代わりすることを申し入れると共に、独占
販売権を要求しました。
そして、宣伝と出版のエキスパートの友人と手を結び、アイディアの盗用を防ぐためにすべての劇場と同
じような独占契約を結んだのです。
この事業は大きく開花し、出版に関する提携は、後に『アメリカン・マガジン』となって大きな実を結ぶこと
になります。
あなたは、ボック青年の持っていた、“明確な願望”が、機敏な反応やひらめきによって大きな成功を実現
したことを知ったはずです。
彼は、後に、日刊紙のコラムを創立したことでも有名になりますが、女性読者のための「婦人のページ」を
刷新し、女性の意識向上に多大な貢献をしました。
「他 人 の 欠 点 を見 い 出 す の と同 じように 、素 早 くチャンス を見 い 出 せ ば 、あ な たも必 ず 早 い うちに
成 功 できます」
◎ 第 5の 利 点
〈決 断 力 の 養 成 〉
はっきりとした願望や目標を持つことは、迅速にして確固とした決断を下す脳力を養うものです。
成功する人は、事態が確定し条件がはっきりした時点ですみやかに決断を下し、その必要があればゆっ
くりと変更します。
反対に失敗する人は、ぐずぐずと決断を引き伸ばし、それによってチャンスを逃してしまいます。しかも成
功に縁のない人に限って一貫性がなく、1度決めたことをたびたび変更するものです。
これは特に重要なことです。成功の条件が、明確な願望と積極果敢さや決断にあるとすれば、失敗の原
因は、不決断、優柔不断、願望や目標の欠如にあるといえましょう。「決断は成功の母」、とさえいえるもの
です。この言葉を紙に書き、よく見えるところに貼りつけてください。
成功は決断から生まれる、とはまさに真実です。100人中、成功を勝ち取る者はわずか2人しかいないと
いわれています。これは、100人中2人だけが、人生に何を望むかということを、勇気を振るって決断でき
る、ということを意味します。
決断することの大切さを十分に理解してください。
さて、ある人物の仕事部屋にあなたをお連れして、彼の机の中をお目にかけましょう。部屋の片隅には業
界誌が発行順に積まれ、その中に眠る記事を彼は”いつか”読もうと考えています。また机の上には、ガラク
タがうず高く積み上げられ、その中には業務用の見本サンプルが入り混じっています。これは彼がセール
スパースンに持ってくるよう命じたもので、いつか購入しようと思っています。そして、部屋のもう一方の隅
には、30センチほどに積み上げられた書類、スクラップブック、クリップで止めた古新聞、メモを書き入れた
紙片などが雑然と集められています。
これらは、彼あてに提案された宣伝企画なのですが、長期間手つかずのまま放置され、仕事部屋に持ち
込まれた時と同様、日の目を見ることはなさそうです。
この男性は、公務員か何かで、給料も少ないように思われます。なぜなら、彼の仕事部屋と机が、彼の精
神状態を如実に物語っているからです。おそらく、彼は、かつて1度も決断を下すことがなかったのでしょう。
危険を避けるための綱渡りとやりくりに精を出し、何か問題が起きれば応急処置で切り抜け、また次に問
題が起こるまでは引き伸ばし、気持ちのよいぬるま湯につかっている、というわけです。
もっとも、この男性の脳力や人間性を考えれば、彼には現在の数倍は稼ぐだけの力があることは確かで
す。しかし彼は、人生のチャンスが巡ってきても、決断を下し、成功をつかむほど自分の心を高めてはいま
せん。
願望や目標もなく人生を漂う98人と、指導者や実業家となって歴史に名を残す2人のあいだには、天と
地ほどのへだたりがあります。しかしその大きな違いも、もとはといえば、実にわずかなところにあるので
す。
決 断 を回 避 するとい う、この 恐 ろしい 習 慣 を克 服 するに あ たって、あ なたは 戸 惑 い を覚 えるか も
しれ ませ ん。
確 固 たる姿 勢 を身 に つけ るに は 、今 すぐに あ なたが 直 面 する問 題 と正 面 か ら取 り組 み 、すぐに
その 決 断 を下 す ことで す 。
いいですか、決断を下すことです。どんなささいなことであってもかまいません。あなたの決断を必要とす
る問題、そしてあなたが決断を下すことで解決される問題はたくさんあるはずです。
たとえ誤った決断を下したとしても、気にすることはありません。失敗の中から教訓を得て、着実に成功す
るからです。
はっきりとした願望が、あなたの決断を助けてくれるでしょう。判断の基準は、常にあなたの願望や目標に
あるのです。
◎第 6の 利 点
〈他 人 の 協 力 を得 る〉
はっきりとした願望や目標を持つことは、あなたの人格と人間性に対する信頼を高め、周囲の人々の好
意と協力を得る道です。
カリフォルニアに住むある人が、たいへん面白い話をしてくれました。
それは、ロイという青年の話で、彼には妻もいれば同居している家族もいて、精密機械工という仕事柄、
大きな工場で工具の製作に従事していました。
そして、やがて彼は永年の夢であったセールスパースンになることを決意しました。
しかし、不況の嵐が吹く中で、セールスの仕事は厳しく、顧客にカタログの写真を見せるのが精一杯で
す。
ロイの場合も、すぐに行き詰まってしまいました。
彼は悩んだ末に、ある日友人のオフィスを訪れ自分の悩みをうち明けました。転職は間違いであり失敗だ
ったこと、自分はやはり職人でありセールスには不向きであること。そしてもうセールスも仕事はやめるつも
りでいることを、彼は友人に話しました。
すると彼は、ロイの話をさえぎってこう言いました。
「なあロイ、君がもし本当にセールスの仕事を続けたいなら、君の個性を開発すべきじゃないかな。ここに
成功についてのプログラムがある。『PMAプログラム』という題名でナポレオン・ヒルとクレメント・ストーンと
いう人たちが開発したものだけれど、このプログラムのテープの一部だけでも聴いてくれ。そして正しい結
論を出してほしい。僕は来週から2週間、休暇で出かけるけど、帰って来たら君の結論を聞かせてくれ」。
友人が休暇から戻った日に、ロイから電話がありました。その声はいきいきと弾んでいて、喜びにあふれ
ています。そして、その直後に、1台の新車が彼の家のカーポートに入ってきました。ロイです。彼は車から
降りて、腕を振りながら叫びました。
「何というプログラムだ!」
挨拶も待ちきれず、ロイは興奮しながら話し始めました。
「君が貸してくれたあのプログラムは、確かに私にとって強力なダイナマイトだったよ。僕の新車を見たか
い? あのプログラムのおかげで君の留守中に手に入れたんだ。何が起こったと思う?」
「僕がショールームに入ったとき、前から欲しいと思っていた新車があった。そこで絶対に手に入れようと
決心したんだ。しかも車を運転している自分をイメージすることができた。最近は不況で車の下取りはタダ
同然だし、オプションをたくさん買わされるような状態だったけれど、しかし、僕はあのプログラムで教えられ
た通りにまっとな取引で新車を手に入れようと考えたんだ。余計な金額を要求されたら、買わないつもりで
いたんだ。
ところが、わずか1週間で、僕は新車を手に入れたんだ。みんな驚いていたけれどね。でも少しも不思議
なことじゃない。僕には自信があったんだ。
そして、自動車販売店で新車を受け取り走り出そうとしたら、向こうのセールスパースンが僕にこう尋ねて
きたんだ。
『お客様、なぜこの車がお客様に優先されたかおわかりですか?』
『えっ?』といって振り向いた僕に、彼はこう言ったものだ。
『その理由を知っていただきたいのです。あなたがこのショールームに入っていらっしゃったとき、私はこれ
までのお客様とは違った何かをあなたに感じました。あなたの態度や振る舞いの中に、あなたがこの車を
本当に必要としているのだということを、私は強く感じました。あなたの自信と態度が、私にこの車をあなた
に売るように仕向けたのです。あなたが今日、この新車に乗って行けるのは、そのためです』」
この話は、一体何を意味するのでしょうか? 1人の男性がはっきりとした願望を持って車のショールーム
を訪れ、自動車販売店のセールスパースンの心を動かし、彼の積極的な協力者に変えてしまったという事
実は、ナポレオン・ヒルのプログラムの価値と有効性を如実に物語るものです。
これはいたって単純な実例ですが、貴重な教訓を明らかにしてくれます。もちろんあなたは、それがどん
な教訓であるかを理解することができます。つまり、新 車 の 購 入 とい う、ごくあ りふ れ た日 常 の 出 来 事
の 中 に 、重 大 な事 実 が 隠 され てい た のです。真実は往々にしてこんなところにあるものです。
ロイは、発想の転換をなし遂げました。そして彼は、失敗に終わった最初のセールスから離れ、新車を購
入した1週間後には、五つの会社からセールスマネージャーとして誘いを受けました。
彼はこう語っています。
「私は『思考は現実化する』それにPMAプログラムをいつも持ち歩き、またある部分を忘れてしまったとき
はいつでも車のカセットデッキにテープを差し入れて、何度でも繰り返して聴くようにしています。そうすると、
いつでも正しい考え方に戻ることができました。今でも同じです」。
は っきりとした願 望 や 目 標 を持 つことは 、他 人 の 協 力 や 援 助 をもたらします。
逆にあなたが何をやりたいのか、それがわからないようでは、他人も協力や援助のしようがありません。
何をするのか、そしてどこへ行くのか、それがはっきりしていれば、喜んであなたを助けてくれる人が必ず
現れるでしょう。
◎ 第 7の 利 点
〈信 念 〉
はっきりとした願望や目標を持つことは、たくさんの利点がありますが、最大の利点は信念をもたらしてく
れることです。
それは能動的な精神を育て、恐怖、疑い、失望、ためらい、優柔不断から心を解放してくれます。逆に、
信念の欠如は、言い訳、口実、失敗に対する弁解という結果を生みます。
失望は、悪魔の七つ道具の中でも、最も鋭利な道具です。
ためらいは、あなたを永遠に成功から遠ざけ、周囲の人々にも悪影響を及ぼします。
そして、物事を引き延ばすことは、失望やためらいと同様、致命的な欠点のひとつです。
結局、こうした誰もが持つ弱点は、自覚的な努力と体系的なセルフ・コントロールによって克服する以外に
はありません。
この問題については、自制心や習慣のセッションで改めて検討したいと思います。
ここで、明確な目標が確固たる信念をもたらした事例を述べてみましょう。
アレン・H・ニューハ ートは、アメリカ最大の新聞社の1つ、ガネット社 の会長兼社長です。ガネット社は
地方紙をいくつも持ち、優れた功績に対して何度も賞を受けたことがあります。会社は業績を上げ、株主を
十分満足させるだけの利益を上げていました。
しかし、ニューハートはそれ以上の望みを持っていました。彼の目標は全国紙でした。それは、米国以外
の他の国では、いくらでも成功しているアイディアです。しかし、米国では事情が違っているのです。『クリ
スチャン・サ イエンス ・モ ニター 』紙が週5日の全国紙を発行して一時期人気を博したことがありますが、
一般大衆に浸透するまでには至りませんでした。近年は赤字にならないように苦労しているほどといいま
す。ダウ ・ジ ョー ンズ 社 の『ナ ショナ ル ・オブザ ーバ ー』誌は、1962年に創刊された歯切れのよい週刊
誌でしたが、1977年に廃刊となってしまいました。米国では、全国紙は育たないというのが定説なので
す。
しかしニューハートは、全国紙を発行するという明確な目標を持っていたことで、他の人が失敗したもので
も成功すると信じていました。1979年に、彼は徹底的な調査を始めました。彼は全米4万所帯を調査対象
として抽出しました。
こうして彼の手で『USAトゥデー』が発行されて大評判になったのです。マスコミそのものがニュースとな
ったわけです。しかし、批評家たちはそれに冷笑そ浴びせました。この新聞の「ファーストフード」的取材方
法と、特別記事の編集方針をからかったりもしました。
しかし、多くの批判にもかかわらず、『USAトゥデー』はその後も読者を増やし続けています。現在では、
5,541,000部が発行され、1987年5月期の月間収益は110万ドルと報告されています。そして、多くの人がア
メリカの一流ホテルに泊まるときや飛行機に搭乗するとき、『USAトゥデー』を差し出された経験を持つまで
になっています。
◎ 第 8の 利 点
〈成 功 の 意 識 〉
負 け 犬 根 性 を払 拭 し、明 るくて前 向 きな精 神 をあ なたに 与 えるもの は 、明 確 な願 望 、目 標 、あ る
い は 目 的 です。
「第3の重要なアイディア」の項では、潜在意識の活用法を扱いますが、それをあなたも実際に実践してい
ただきます。そうすると、あなたの心は成功のポテンシャルを100%確信し、失敗の恐れから完全に解放さ
れるようになります.
「成功の意識」が1人の青年を目覚めさせ、成長産業への劇的な参入から始まり、卓越したアイディアを
駆使して、遂には業界の王となった大変興味深い実話があります。
何年か前、ソルトレイク・シティーに1人の青年が住んでいました。彼は真面目な働き者で、毎月必ず給料
を貯金し、その仕事ぶりと倹約ぶりは人々の評判になるほどでした。
ところがある日、彼の評判を180度ひっくり返してしまうような事件が起こりました。彼は一生懸命働いてた
めた4,000ドル以上のお金をすべて銀行からおろしてしまい、ニューヨークの自動車ショーへ行き、有り金を
すべてはたいて1台の新車を買って来たのです。
当時としては、それだけでも常識外れでしたが、さらに彼はその新車をガレージに入れるとジャッキで持ち
上げ、次々と分解していったのです。ガレージは部品の散乱する自動車の解体場と化し、その中で彼は一
つひとつの部品を注意深く検査し、再び組み立てるのでした。そして彼は,この分解と組み立てを一度なら
ず何度も繰り返しました。その真意を知ることもなく、ただその行動だけを見ていた村人たちは彼をあざ笑
い、得たいの知れない気狂いじみた人間であると考えるようになりました。
ところが2年、3年とたつうちに、彼をあざ笑っていた人々も、ようやく彼の真意を理解するようになりまし
た。
その青年とは、ウ ォル ター・P・クライスラーのことです。
クライスラーが自分の工場で自動車の生産を始めたときから、その製品は数々の改良と技術革新に支え
られ、自動車産業の花形になりました。
彼を取り巻いていた人々は、クライスラーの頭脳と精神の中で、一体何が進行しているのか、皆目見当
がつきませんでした。願望の実現へ向けて一心不乱に取り組むクライスラーの”狂気”とそれを支える方程
式を理解し、洞察することができなかったのです。
人々は、事業に乗り出そうとする人間の心のあり方、特に”成 功 の 意 識 ”と、それをもたらす”願 望 や 目 標
の 明 確 性 ”を知りませんでした。願望や目標は、車のヘッドライトのように、あなたの前方を照らし出すもの
です。
クライスラーは、ソルトレイク・シティーの自分の車庫で新車を分解し、入念に調べ上げてその長所を短所
をすべて頭の中に叩き込んでしまいました。
そうして彼は,自らの名を冠した自動車の設計・製造という卓越した事業を準備したのです。
彼は、願望や目標の明確性がもたらす大きな価値を証明しました。彼の名声と幸運は、絶対に偶然によ
るものではありません。彼は自分がどこへ行くのか知っていました。そして適切にして入念な旅の扉の準備
を整えたのです。
クライスラー社の最高経営責任者、リー・アイアコッカは若いころ、自分の未来の経歴を、小さなカードに
書き込んでいました。そのカードには、フォー ド自 動 車 会 社 の社長になるまでの昇進の過程と、それぞれ
の日にちがリストにまとめられていました。
彼は願望の明確化を、カードに書くことにより維持し、そして成功したのです。
第 2の 重 要 なアイディア
個人の業績は、すべて、それをもたらすモティベ ーション(動機)の結果です。ひとつのモティベ―ション
が発端となって、ひとつの業績を生み出すこともあれば、いくつかのモティベーションが組み合わされて、ひ
とつの業績を生むこともあります。
人間を自発的な行動へと駆り立てる、基 本 的 な 10の モティベ ― ション を挙げてみましょう。
1.自 己 防 衛
2.愛
3.恐 怖 の 感 情
4.セックス の 感 情
5.永 遠 に 生 きることに 対 す る欲 求
6.自 由 に 対 す る欲 求
7.報 復 の 感 情
8.憎 しみ
9.自 己 表 現 、お よび 認 め られ たい とい う欲 求
10.物 欲
これらの10のモティベーションは、社会的な成功を収めるうえで、最も基本的なものです。健全な人々を
行動へと駆り立てるものは、これらのモティベ―ションであり、それを正しく認識することは成功の第一歩で
あるといえます。
これらの10のモティベ―ションは、自分以外の人々を理解し、正しい行動を求めるうえでも必要なことです
が、同時にあなた自身が人間として他人のモティベ―ションを理解し、共感して行くうえでも必要なことで
す。
成功は、正しいモティベ―ション、正しい行動を常に求めるものです。そして一定の願望や目標の背後に
は、それを心から求めてやまない強い欲求でなくてはなりません。
あなたを行動へと駆り立てるものは、燃えるような欲求であり、その欲求を駆り立てるものこそモティベ―
ションなのです。「第3の重要なアイディア」とも関連づけて、人間を駆り立てる欲望や欲求について考えて
みましょう。
あなたの心の中にも、先に挙げた10のモティベ―ションが隠されています。それがあなたを駆り立てれば
駆り立てるほど、あなたはより深く潜在意識とかかわることになり、あの無限の叡智を招き寄せることにな
るのです。
◎ モティベ ― ション、その 1
〈自 己 防 衛 〉
すべての人が、この方向にモティベート(動機づけ)されています。
この問題はよく知られている事ですので、細かい説明は避けますが、敵意や暴力から人間を守るために
は不可欠の要素です。そしてこの動機は、これからお話しする物欲や恐怖から逃れようとする衝動とも大
いに関係があるのです。
ともあれ、自己防衛本能は、経済的な安定を志向する感情と共に、この社会ではもっとも基本的なモティ
ベ―ションと言えましょう。
◎ モティベ ― ション、その 2
〈愛 〉
すべてのモティベ―ションの中で、最も偉大なものこそ愛です。そしてここで言う愛とは、愛という形をとっ
た精神の力であり、決して単なる肉欲ではありません。
それは一段と大きくて広い意味での愛であり、最も偉大で、最も強力なモティベ―ションとしての愛なので
す。
ここでは、その最も顕著な特徴についてお話しようと思います。
一口に愛といっても、エロス、フィリス、アガペーといういくつかの種類があります。エロスとしての愛は、エ
ゴイズムを含む自己愛から、男女の愛までが含まれます。フィリスとしての愛は、知識を愛するという意味
のギリシャ語、フィロソフィーからもわかるように、真実や真理に向けられた崇高なものです。アガペーはよ
り深い、いつくしみの愛であり、宗教的には神にまでつながるものです。しかし隣人愛もこのアガペーの中
のひとつの形です。隣人愛とは、この社会の全参加者の間に調和をもたらし、人生のリズムを与えるもの
です。
別の側面から見ると、人 間 の 愛 の パ フォーマンス は3つに分類することができます。
1.仕 事 に 対 す る愛
それは仕事を楽しみ、創造的努力を楽しむ姿勢です。このタイプの愛は、聡明な個人的欲求に根ざした
もので、エゴイズムな自己愛とは、はっきり区別されるものです。労働に対する愛を持つことは、人生を大
いに豊かにするものです。
2.精 神 的 向 上 へ の 愛
これは常に良きものを求める愛のことです。精神の啓発や未知への探求としてあらわれ、新たな知識や
価値観を人間に与えるものです。
3.異 性 に 対 す る愛
男性と女性が互いにひかれ合うのは、この愛によるもので、肉体的な魅力、思いやり、知的で品位ある
社交性の3つの要素から成り立っています。そしてこの3つの要素を持った男女関係こそ、最も理想的な関
係です。こうした関係が当たり前のことになれば、離婚問題など不用になり、もっともっとたくさんの人が人
生の成功者になるでしょう。愛する人のために努力し、その才能を発揮しようとすることは、人間にとってき
わめて自然な欲求なのです。
小学生の頃から、少年は少女を引きつけようとしてさまざまな努力をします。
歩道でとんぼ返りをして、一緒に下校する少女の気をひこうとしたりします。そして青年になるとボディビ
ルを始め、太陽の照りつける海岸に出て、その鍛えられた厚い胸やたくましい腕を誇示し、女性の関心を
集めようとします。
フットボールや野球、あるいは陸上競技に参加するのも、チアガールや女子学生の心をとらえようとする
からです。
彼は社会人となってからも、スピードの出るスポーツカーを買うために、せっせと残業をします。競争相手
に負けないよう、彼は頑張りますが、それが女性にはとても頼もしく感じられます。
少女もまた、美しく着飾ったり、男性の気を引く仕草をしたりして少年の気をひこうとするのです。
しかし盲目的な献身は、本当の愛ではありません。愛は盲目、という言葉もありますが、本当の愛は理解
と明晰さから生まれるものです。人間は、自分がよく知っていて十分に理解できるものを愛するものだから
です。
人生と人間について学べば学ぶほど、私たちの背後にある無限の叡智に対する賞賛と畏敬の念は、い
よいよ深いものになるでしょう。人生について考え、そして理解しようとする人々にとって、自分たちが今、
はっきりとした願望や目標に向かって進んでいるという自覚は、きわめて貴重なものです。
私たちの日々の祈り、もちろんこれは宗教的な祈りに限ったことではありません。神を待とうが待つまい
が、人は祈る動物なのです。そしてその祈りは、もっとも崇高な愛の表現でなくてはなりません。それは私
たちが望むものに対する祈りではなく、与えられたものに対する感謝の祈りでなくてはなりません。
そして感謝の気持ちと心を学ぶことで、あなたの受けた恵みは、真にあなた自身のものとなるのです。こ
れは実際、その通りになります。
◎ モティベ ― ション、その 3
〈恐 怖 の 感 情 〉
7つの基本的な恐怖があり、これがいくつか混ざり合ったものは誰もが経験しているものです。恐怖は、あ
なたのパースナル・イニシアティブを奪い、その心をどこまでも貧しいものにします。しかしすべての恐怖は、
ほんのちょっとした勇気によって克服することができるのです。
すべての人は、自己の心を完全にコントロールする脳力を持っています。さらに言えば大自然は、1つの
機能を完全にコントロールする権利を、人間に与えました。
それは思 考 です。この事実をしっかりと胸に刻みつけてください!
しかもこの事実は、人間の行動は思考に始まる、という事実と相まって、恐怖を克服するための手掛りを
与えてくれます。
すべての思考は、人間が起こすもっとも早い反応であり、次に身体が反応することになります。したがって
恐怖を克服しようと望む人は、恐怖の原因となるものを心の中から、つまりそのような思考を取り除くことが
必要です。
恐怖は、決して外部の状態ではなく、心の状態以外の何ものでもないのです。そして心の状態は、コント
ロールと指示に従うものです。
この事実を把握し、適用することで、恐怖に負けない旺盛な精神力を養い、その力を願望や目標の実現
に向けることができます。
逆にいえば、はっきりとした願望や目標を持ち、精神と心に一本、筋を通すことは、不安や恐怖を克服す
るための最初の重要なステップになるわけです。
「信念の実現」のセッションで、この7つの恐怖についてはさらに詳しく触れますが、ここにそのアウトライ
ンを示しておこうと思います。
1.貧 困 に 対 す る恐 怖
あなたは今、世界でもっとも豊かな国に住んでいます。それは人生に最大のチャンスを与える国でもあり
ます。あなたの求めるものは、何であれそれを必要としたとき、あなたのものになるでしょう。とはいえ、それ
を必要としなければそれまでです。
2.健 康 を失 うことに 対 す る恐 怖
自然が私たちに与えてくれたこの身体は、不健全で否定的な考えから精神と心を解放すれば、自動的に
完全な状態を維持できるように作られている、という生物学的に確実な証拠があります。
3.批 判 に 対 す る恐 怖
多くの場合、私たちが恐れている他人の批判は、思い過ごしであり、不安によって生ずる幻影です。ある
いは批判することで利益を得るとか、自己満足するとか、他と迎合するとかの場合がほとんどです。しかし、
いかに打撃的な批判であれ長くて一年は持たない、というのが歴史上の事実です。
4.友 や 肉 親 の 愛 を失 う恐 怖
他人があなたに示してくれる愛の深さをはかるものは、あなたの行動以外にはありません。ここのところ
を簡単に聴き過ごすべきではありません。もう1度言いましょう。
他人が私たちに示してくれる愛の深さをはかるものは、あなたの行動以外にはないのです。
5.老 い の 恐 怖
より偉大な知恵と理解を得るために、この不安と恐怖は受け入れるべきです。
6.自 由 を失 う恐 怖
自由は、人間関係の調和の結果です。
7.死 の 恐 怖
死は大自然が定めた大地への回帰であり、これだけは人間の力ではどうすることもできません。
◎ モティベ ― ション、その 4
〈愛 を伴 ったセックス の 感 情 〉
愛を伴ったセックスは、肉体をもって愛を捕捉し、完全なものにします。大自然は、目標の明確化のノウハ
ウを慎重に適用し、あらゆる生命の永続性を保証しました。これほど遠大で創意に富むプロジェクトは他に
ありません。
愛を伴ったセックスの欲望は、人間の感情の中でもっとも強いものです。その欲望を充たすために人間は、
他の場合とは比較にならにほど強力なイマジネーション、勇気、剛胆。クリエイティブ・ヴィジョン(創造力)を
発揮します。
この欲望の表現は、大変自然なものです。したがって、セックスをわいせつなものと考えるのは、誤った観
念が人々の心理を歪めている結果です。
セックスの感情を抑圧することはできません。しかしそのエネルギーを昇華し、行動や創造の原動力に転
化することは可能です。
ダムに堰き止められた水は、田畑をうるおし、発電のエネルギーに転化することができます。大切なこと
は、その欲求に方向と形を与えることです。
そうすることによりそれは目標となり、あるいは明確な願望となるのです。
セックスは、それだけで行動に至る激しい衝動です。その力は無秩序やきまぐれをもたらし、、暴力や破
壊を生み出すこともあります。
それに対して愛は、大きな調和であり安定をもたらします。
精神的な愛の感情と肉体的な性の感情がひとつになると、身体の全細胞を震撼させるような力が生じま
す。これは、人類の永遠のために大自然が与えた大いなる力です。
アンドリュー・カーネギーの次のような言葉は、愛と性についての至言です。
「愛 と性 の 感 情 か ら生 まれ る力 を支 配 し、コントロー ル す ることな しに 、偉 大 な 指 導 者 とな った者
は い ない 」
◎ モティベ ― ション、その 5
〈永 遠 の 生 に 対 す る欲 求 〉
死後の世界、死後の生に対する欲求も非常に根強いものがあり、もとんどすべての宗教活動の基盤も、
そこにあると言えます。そして分化は、その程度にかかわりなく、常に宗教的なエッセンスを含み、その中
心的なテーマは不死と永遠の生命です。
つまり、死後の世界や救済を語らない宗教・文化はない、ということです。そしてそれは決して過去のこと
ではなく、文化が再生されるたびに、常に同じモティーフが繰り返されてきました。
不滅の生に対する欲求は、自己保存の欲求と密接に結びつき、人間の本能と呼ばれる部分を形成して
います。
◎ モティベ ― ション、その 6
〈自 由 に 対 す る欲 求 〉
誰の心にもある、最も基本的な願望は、自由への欲求です。
あなたの身近にいる人に、自由について尋ねてごらんなさい。多分、こんな答えが返ってくるでしょう。
「他人からの命令や指図を受けず、自分の思い通りにすることだ」。
しかしこうした考えは、多くの場合、秩序や規律を嫌う怠惰な心の産物で、本当の自由とは違うものです。
実際、自分自身のために働く場合でも、それは決して自由を意味するものではありません。むしろ自由とい
うものは、たとえば自分で事業を始めたとき、それが本人にとって願望を実現するための道である場合に、
使われる言葉です。
幸い私たちには、そうした意味での個人の自由は完全に保障されています。自由を手に入れるためには、
自分は何を望み、何を求めようとしているのか、それを明らかにし、そのためのアイディアを持ち、プランを
立てて、チャンスを有効に活かせば良いのです。
そういうわけで、自由はあなた次第、個人次第ということになります。自由への道は、決して安易なもので
はなく、そこへ到達するには、綿密な計画と一貫した努力が必要です。
「自由を見い出す者は、非常に少ない」と言われています。また、いくら経済的に豊かになったとしても、
現実に多くの人がさまざまな手枷、足枷に縛られ、真の自由には達していません。
◎ モティベ ― ション、その 7、お よび8
〈報 復 の 感 情 と憎 しみ 〉
人に復讐しようという感情は、きわめて人間的なものですが、一方これほど無意味で無駄な感情はありま
せん。それは何ひとつとして生み出すわけではなく、またそこには何ひとつとして利益はありません。
恨みを抱くことは、暗い穴に落ち込むようなもので、悪意や敵意というきわめて否定的な心をもたらすば
かりで、成功に必要な建設的で積極的な心構えとは、まさに正反対のものです。
怒 りや 憎 しみ を抱 くことは 、時 間 と精 神 力 の 浪 費 です 。しかしながら、何と多くの人が復讐に執念を
燃やしていることでしょう!
報復の感情は、非常に強い行動の動機ではありますが、ギアを入れないでアクセルを踏み込むようなも
のです。力は空まわりし、エンジンは痛み、燃料を使い果たすことは確実で、しかも車が目的地に着くこと
はありません。つまり報復の感情ほど、人間に無意味な出血を強いるものはないのです。
また憎しみや恨みを持つことは、仕返しを覚悟しなければなりません。
有名なニュー トンの力学の第3法則は、す べ ての 作 用 に は 、それ と同 じ強 さで 反 対 向 きの 作 用 が 同
時 に 働 く、という作用・反作用の法則ですが、これは人間関係にもあれはまるものです。
あなたが心を向ける相手は、敵ではなく、理解者であり、協力者なのです。
◎ モティベ ― ション、その 9
〈自 己 を表 現 し、また認 め られ たい 、とい う欲 求 〉
金銭のためではなく、自己を表現するため、人々への奉仕のために働くべきです。実際にたくさんの人が、
そうした活動によって成功者になり、また多くの思想家は、人生の最終目標はより高い次元での自己表現
にあると考えています。これは自己実現といってもよいでしょう。
生命は、その進化の過程で単純なものからより高度で複雑なものを生み出してきましたが、人間もこの原
理に従い、自我が自己の存在を高めようとする欲求を持っているのです。
そのためには、毎 日 、積 極 的 な心 構 えでたくさんの 人 々 と触 れ 合 うことで す。それは大いなる力とな
って、あなたを押し上げてくれるでしょう。
人間関係の中では、あなたの自己表現によって他人に伝えられる思想や感情は、そのままあなた自身の
財産となります。人間は、人に話したり伝えたりすることで、物事を記憶するものです。
したがって、覚えておきたい話や知識は、繰り返し他に伝えると良いでしょう。またそれはコミュニケーショ
ンの基本である意思の疎通にも、大変役に立つものです。あなたが普段から、そうした態度で周囲の人々
と接していれば、大切なときにも周囲の理解が得られます。
「受 け 取 るよりも、与 え るべ きで あ る」という教えがあります。自己表現に関しては、この教えは真実で
す。
あなたが学び、研究していることはすべて他人に話し、説明し、分かち合うことで深められ、持続するもの
だからです。もしそれをしなければ、大切なときに要点を忘れたり、失敗することさえあります。
ただし、あなた自身の具体的なプランや目標は別です。プランや目標は、秘密にしておいた方が良いもの
です。
与 えることは 、ひとつの 表 現 方 法 であ り、また、活 きることその もの です。
次の物語は、この心理を実証するものです。
―パレスチナには、2つの湖がある。その1つ、清らかな水をたたえたガリラヤ湖(現在はティベリアス湖)
には魚が住み、水面に枝を広げた木々の根は、滋養豊かな水を吸うために深く広がっている。そしてゆる
やかな起伏を見せる近くの平原では、5,000頭の家畜が育てられていた。
キ リストは、この地を愛した。
彼が教えを説くとき、その瞳は豊かな水の恵みを映し出し、遠く湖の銀面の彼方に注がれていた。
一方、ヨルダン川は、丘陵からほとばしる急流となってガリラヤ湖を満たし、さらに南方の湖へと流れ込ん
でいる。
それは死海である。死海といっても湖なのだが、それは文字通りの死の海であり、湖面に泳ぐ魚、揺れそ
そぐ木々の葉とてなく、小鳥のさえずりや子供たちの声もなく、旅人もここを通ろうとはしない。
重苦しい大気に覆われた海面では、人も家畜も、その水を決して飲もうとはしない。
何がこの大きな違いをもたらしているのでしょうか?ヨルダン川ではありません。この川は、両方の湖に同
じように素晴らしい水を運んでいます。地形のためでもありません。
そしてガリラヤ湖は、ヨルダン川の流れを受けその水をたたえてはいますが、堰止められてはおらず、そ
こに流れ込む水が一滴あれば、そこから流れ出す水も、また一滴あるのです。つまり、受け取ることと与え
ることが、同時に行われているわけです。
それに対して死海は、ヨルダン川の流れをさえぎり、堰止めるだけです。流れ込む水はあっても、流れ出
す水は一滴もありません。生きているガリラヤ湖に対し、文字通りこの湖が死海である理由は、そこにある
のです。与えることのない湖は、まさしく死海となっているのです。
この世にも、2種類の人間がいます。ちょうどパレスチナのふたつの湖のように。
成功するためには、あなたは両手を使う必要があります。
片方の手は上に伸ばして無限の叡智を受け止め、もう一方の手は下に向けてあなたの成功を支えてくれ
る人々に感謝をつたえます。
周囲の協力や援助もなしに、成功した人など1人もおりません。だからあなたは、必ず恩返しをしなければ
なりません。
「願 望 を実 現 しようとす る単 純 な プロセス を通 って 、あ な たは 自 分 が 望 む どん な 高 み へ も上 って
行 くことが できる」
◎ モティベ ― ション、その 10
〈物 質 的 欲 求 〉
物質的欲求も、人間の基本的な感情のひとつです。もしあなたが、愛の精神と性の感情を充たし、物質と
富を獲得しようとする欲求を持てば、世界を動かすための感情を所有したことになります。
そしてもしあなたが、この欲求に対して強いモティベ―ションを持つなら、仕事を嫌がるかわりに進んで取
り組み、仕事を重荷だと感じるかわりに天の恵みを発見するでしょう。
なぜならば、仕事をすることで、欲求を充たす手段を得るからです。仕事は、私たちの欲求とそれを充た
すための橋渡しとなるからです。
物質文明の発達とともにそれに対する批判哲学が盛んになりました。物質やお金が大きな力をふるうこと
は、一方で貧困を生み、多くの人々から人生のよろこびや生きることの豊かさを奪い去っているからです。
金 銭 の 価 値 は 、あ くまでもそれ を正 しく使 うことに あ り、決 して所 有 することでは あ りませ ん 。物質
も金銭も、結局は自己表現のための手段であり、人生の楽しみのためにつかってはじめて、本来の役割を
果たすのです。
もし人間が、人生の大部分を仕事につながれ、生きるのに必要な最低限の給料しか支払わないとすれば、
そこに自由はありません。
このプログラムは、テーブルの上に落ちているパンくずを拾うためのものではなく、あなたの限界を打ち破
り、人生の豊かさを味わうためにあります。
世の中には、金銭に背を向けて生きようとする人々もいます。
しかし、この社会に生きる以上、金銭なしで済ませるわけにはいきません。もしどうしても金銭なしで済ま
そうとすれば、その人は、この世の最大の悲劇が、貧困に打ちのめされ、無一文になることだということに
気づくでしょう。
私 たちは 、あ くまでも現 実 的 でなけ れ ば なりませ ん 。そしてその現実の中から、成功と幸福をつかみ
取るのです。
しかもこうした考えは人間に自由と豊かさを与え、貧困をなくし、個人の欲望に正しい方向を与えるもので
す。
経済的安定は、人生と家庭生活の根幹です。しかも今日、私たちが属する社会体制は、利益の追求とそ
のために発揮される個人の創意や自発性を許し、発展させるものです。
富を求める欲求は、行動への力強い動機です。しかし、それはコントロールされなければ、貪欲を生むこ
ともまた事実です。
それは、はっきりとした目標によってコントロールされ、導かれてはじめて、建設的な行動の原動力となる
のです。
富や物質的な豊かさに対する信条は、次の言葉に要約できます。
「私が感謝するのは、富や物質的な豊かさではなく、富や豊かさを人生の幸福に変えてくれる知恵に対し
てです。私は、敵を作ることがありません。それは私が、すべての人々に対して人生の豊かさを語り、人々
の役に立っているからです。私には必要以上の富はなく、決して貪欲ではありません。生きている間に使え
るだけの富があれば、それで充分です」。
あなたもこの信条を、是非取り入れてください。
はっきりとした願望に向けてアイディアとスピリットを集中すれば、協力者が現れるでしょう。
ただしそれは、あなたの願望が人々の理解と共感を呼ぶものであればの話です。ちょうど若さを失うこと
によって、経験や知識が積み上げられていくように、人生のバランスシートは、きっちりと保たれています。
もしあなたが、協力者に対して何の恩恵も与えないとすれば、因果応報、あなたは必ず積みの償いをしな
ければなりません。
しかし現実には、他人から奪い取るだけの人が何と多いことでしょう!彼らは、常に裏口から入って来て
他人の成果を横取りし、自分のものは決して他人に与えようとはしません。
もしこれが社会の現実であるとすれば、とても残念なことです。
私たちには、他の反感や恨みを買わなくとも、人生の富を手に入れる方法があるのです。
第 3の 重 要 なアイディア
日々の努力とエンス―ジアズムに支えられた発想、プラン、目標は、人間の潜在意識に貯えられ、卵のよ
うにあたためられて誕生の日を待ちます。
ここでは、私たちの発想をあの無限の叡智によってあたためてもらうため、意 識 と潜 在 意 識 の 関 係 につ
いて考えてみましょう。
どうしても欲しい、と思うものがあれば、私たちは何度もそのことを考えるし、その欲求もますます強くて深
いものになります。それがいかに潜在意識を作用して、願望や目標を実現させるのか?その問題について
考えるわけです。
私の話も、いよいよ核心に近づきました。
あ なたが 常 に 、自 分 の 意 思 で完 璧 に コントロール できるもの は 心 構 えです。これ は 大 変 重 要 な事
実 です 。
この心構えを、いかに活用し、役立てて行くのか?それがこのプログラムの目的でもあります。
人間の心は、意識と潜在意識から出来ています。それは端的に言って、次のようなことです。
“意識”は、推論したり思考したりする場所で、事実について深く考えたり、比較・検討する場所でもありま
す。
それは情報やそれ以前に入ってきたデータを分析すると共に、潜在意識に通ずる道の“門番”の役目を果
たしています。さらに“意識”は、情報の中味を検討し、判断し、取捨選択する機能をもっています。
生まれたばかりの幼児の場合、“意識”は新しいカセットテープにたとえることができるでしょう。つまり、視
覚・聴覚・触覚・臭覚・味覚・の五感を通して得た学習体験が、その上に録音されていくわけです。
これに対して“潜 在 意 識 ”は 、心 の 広 大 な未 開 地 です 。
“潜在意識”は、推論したり思考したりはせず、人間のその時々の感情に応じて働きます。“潜在意識”は本
能とは異なりますが、本能ともうまく連動しています。適切な行動や運動をもたらすこの本能は、すべての
人間に共通のものです。人間に個人差があらわれるのは、“意識”の部分における経験や思考の違いによ
るものですが、“潜在意識”に個人差はありません。“潜在意識”をうまく活用するためには、その特性を知る
ことが必要です。
意識と潜在意識の関係および潜在意識が一体どんな力を秘めているのか、身近な例を使って説明いた
しましょう。
潜在意識を自動車にたとえれば、意識は運転手にたとえることができます。そして力は自動車自体とあり、
それをコントロールするのが運転手、ということになりますが、それと同じ方法で、私 たちは 潜 在 意 識 の 力
を目 標 に 向 け て 走 らせ ることが で きます 。
あるいはまた、意識を建築家にたとえるなら、潜在意識は建築資材がたくさんつまった倉庫にたとえるこ
ともできます。意識が目標を定め、計画を立案しますが、材料とエネルギーは潜在意識という大きな倉庫に
あるわけです。
潜 在 意 識 を実 際 に 感 じることは ほ とんどあ りませ ん 。しかしその作用や働きについては知ることがで
きます。
それは写真のフィルムのように作用するのです。ちょうど意識は、カメラのレンズの役目をし、レンズを通
過した強い光線は、確実にフィルムに転写され、あらゆる形の像を結びます。
あなたの欲望という被写体から発せられた光線は、意識のレンズを通って潜在意識というフィルムに写し
出されるのです。
ですから、この“カメラ”で良い写真を撮るコツは、焦点を確実に合わせ、適度な露出を決めたら、あとはシ
ャッターチャンスを逃さないことです。
そして正しい焦点とは、被写体をはっきりとらえることであり、それがセッションのテーマである、願 望 や
目 標 の 明 確 化 、ということです。もちろん、画面の構成も注意深く、精密に行うことが必要で、画像が鮮明
でなければ、きれいな写真を撮ることはできません。
あなたは、欲しいものの大きさ、かたち、色、柄、値段、性質のすべてをしっかりと把握しておかなくてはな
りません。
あ なたの 意 識 の 中 に 鮮 明 な画 像 と夢 の 青 写 真 が 出 来 あ が ったら先 に あ げ た10の 基 本 的 なモテ
ィベ ― ションと照 らし合 わ せ て ください。
どれかひとつでも符号するものがあればそのモティベ―ションによって、あなたの欲求は願望の実現へ向
けて大いに高まり、その画像を潜在意識のフィルムの上に転写することができます。
しかしもちろん、1回でうまく行くとは限りません。何度か失敗し、その経験を活かして腕を磨くことが、この
場合にも必要です。初めからうまく行くとは、思わない方が良いでしょう。
あ なたの 欲 求 は 、決 して単 なる願 望 であ っては なりませ ん 。
それはいつでも、燃えるような熱烈な希望であり、執念を生むような、強力にモティベ―トされた欲求でなく
てはなりません。
その代償がどんなに高価なものであっても、いったん手に入れようと決意したものは、絶対にあきらめて
はいけません。
繰り返しは記憶の母、と言われますが、間違った被写体をフィルムに写すことのないよう、あなたの願望
や目標を何度も何度も検討し、願望や目標をリアルなものとして感じられるようにすることです。
願望や目標のイメージを潜在意識に刻みつけようとするとき、感情的になることを恐れてはいけません。
あなたの願望が正当なもので、取り組むに値する価値を持つなら、それを潜在意識に刻みつけることを
恐れる必要は、少しもないのです。
そしてイメージを強く刻みつけるためには、願望や目標やプラント正面から向かい合い大胆に進んで行く
のが最良の方法です。
第 4の 重 要 なアイディア
信 念 に 裏 付 け られ た願 望 や 目 標 は 、潜 在 意 識 の 世 界 に 入 るとただちに 作 用 を受 け ます。
心を占める強い欲求に刺激された意識は、潜在意識から力を与えられ、それを信念によって強化します。
それは失敗の不安や恐怖を取り除き、あなたに自信を植えつけるのですが、これが天才と呼ばれる人々
の秘密です。
天才は、まさに潜在意識の力を最大限に引き出す脳力を持つ人々のことです。しかもその天才的脳力は、
通常の脳力と精神の機能を持つ人ならば、誰にでも開発することができるものなのです。
世間には、天才は特殊な人間である、という誤った考えがあります。
しかし、この半世紀の間に、”天才の秘密”の一部は、解き明かされつつあります。たぐいまれな才能を持
っているといわれる人々も、実際には何ひとつとして特別な脳力を持ってはいませんでした。
むしろ天才と呼ばれる人々は、非凡な才能を発揮するために必要な一定のノウハウに、つまり潜在意識
に従っているにすぎないのです。
この 仕 組 み が わ か った現 在 で は 、あ な たも天 才 的 脳 力 を発 揮 す ることが で きます 。なぜなら、天才
と呼ばれている人々が用いてある一定のアイディアと行動のルールに従いさえすれば、あなたも同じ結果
を得ることができるからです。
しかし天才という表現は、古典的すぎるうえ、あなたもその古典的な意味での天才のイメージを持ってい
るかもしれません。そこで、ここでは表現を変えて。「成功者」と言う名に置き換えてみます。
成功者の基本的なエッセンスは、次の通りです。
第 1の エッセンスは 、このセッション全体のテーマである、「明 確 な願 望 や 目 標 」です。成功者は、その
人生に何を望むのかを、誰よりもはっきりと知っている人たちです。
成功者は、余計なことはせず、直接、願望の実現へ向けて行動できる人々のことです。
第 2の エッセンスは 、そのファイトを現 実 の 中 で 貫 くことで す 。ここでいうファイトとは、一般的な信念
ではなく、現実化されたファイトであり、明確な願望の実現に専念しているファイトのことです。明確な願望
は、すべてのファイトがその基礎を置く土台のことです。
第 3の エッセンスは 、人から人へ、心から心へと伝わる、情熱や熱意、即ちパ ッションとエンス― ジア
ズ ム です。これはすべての人が学ぶべきことです。
エンス―ジアズムは、活力の表現です。それはあなたのモティベートされた強い精神と肉体的な魅力、そ
してエネルギーの成果です。それは瞳の輝きであり、声の広がりであり、握手の力強さです。
もちろん、センス―ジアズムも正しくコントロールされる必要があります。
第 4の エッセンスは 、想 像 力 、すなわちイマジネーション です。
イマジネーションがなければ、新しい発案や着想は生まれないでしょう。イマジネーションなしには、一切
の新しいものが不可能です。イマジネーションもまた、コントロールされ指導されてはじめて本来の力を発
揮するものです。明確な願望や目標によってさらに大きな力を発揮します。
第 5の エッセンスは 、モティベ ― ションです。
あなたは、10のモティベ―ションを完全にマスターしましたか?健全な人間にあっては、行動には必ずモ
ティベーションがあります。すべての行動の背後には、理由があるのです。
第 6の エッセンスは 、パ ースナ ル ・イニシアティブ です。しかもそれは行動によって裏付けられたもの
です。他人の命令や指図がなければ行動できない、というのであれば、あなたは絶対に成功者にはなれな
いでしょう。
パースナル・イニシアティブ、つまり自 主 性 は、すべての行動の出発点であり迅速果敢な行動を取ること
によって、その純粋さを保つ必要があります。
またパースナル・イニシアティブのもう一つの意味は、あるがままに物事を見て、それに応じたやり方で物
事を扱う脳力のことでもあります。
第 7の エッセンスは 、まわ り道 をする習 慣 です。
たとえば、給料が少ないからといって、それだけの仕事しかしない、という考え方ではいけません。他人の
評価や報酬はあとからついてくるものだからです。
第 8の エッセンスは 、指 導 者 的 精 神 です。それは他者との協力や連帯を可能にする脳力です。
協力や連帯は、常にケース・バイ・ケースですが、少なくとも成功を望むのであれば、他人の知恵や力を
借りることを学ぶべきです。
第 9の エッセンスは 、積 極 的 な心 構 え です。
これが一番大切なエッセンスかもしれません。常に前へ向かって行く心を持ち、その姿勢を終始一貫、保
持することができなければ、あなたは成功者と肩を並べることはできません。そして成功者の脳力や発想を
自分のものにするためには、積極的な心構えを持つことです。
ここに挙げた9つのエッセンスが、成功者になるために必要な条件です。
あなたはすでに、この中のいくつかを持っていることでしょう。
そして自分の脳力をチェックし、何があって何が欠けているかを知るでしょう。
このプログラムの目的は、そこにあるのです。
次のテーマに移る前に、意識と潜在意識の問題を復讐しておきましょう。
ファイトに裏付けられた思考は、どんな思考よりもいち早く、潜在意識の中へ入り込み、作用を受けます。
ファイトは、潜在意識の作用を強めたり早めたりする触媒であり、加速機です。
自分の心を、その限界から解放できる人間は、どんな性質の問題であっても解決することができます。そ
の不可能を可能に変える力が、人間の潜在意識には宿っているのです。
第 5の 重 要 なアイディア
すべての人間が、完全にコントロールできるものは思考力です。
人 間 は 、自 己 の 運 命 を決 定 する力 を持 ち、思 考 と行 動 の 選 択 権 を持 つ、ただ一 つの 生 き物 で
す。
一方下等動物はひたすら自然の摂理と本能に支配され、状況や環境を理解しそれを変革する脳力はあ
りません。ただし、臭覚で食べ物を見つけたり、出口が見つかるまで壁に頭をぶつける迷路から脱出したり
するという、生物としてのごく単純な行為には、そうした脳力を部分的に持っています。
人類の持つ卓越した脳力は、何といっても思考力です。そして人類固有の絶対的な権利は、心構えにあ
ると言えましょう。
思考や心構えをコントロールする、という思想は偉大です。それは人間の心とあの無限の叡智との間に
ある関係を、的確に表わしているからです。
また自分の心を管理しコントロールすることは、意識と潜在意識との間に有機的な関係を生み出すため
に必要です。そして意識と潜在意識の関係の研究から得た結論が、人間は求め、信じれば、何でも手に入
れることができるという真理です。
この心理を、人生のよろこびや啓発、改良によって証明するが、それとも悲しみ、堕落、破滅によって証
明するかは、あなた次第です。
潜在意識は、あなたの計画を変えたりするようなことはなく、感動的な状態で与えられた暗示に対し、本
能的に反応するものです。潜在意識には、計画の良し悪しを判断する脳力はありません。
ですから私たちは、人生の願望や目標を選ぶにあたっては、慎重でなくてはなりません。建設的で善を実
現するような願望・目標だけを、正しく選ぶことが必要です。
道徳や倫理に背を向け、自然の摂理に反するような計画、他人を害するような計画は立てるべきではあ
りません。
意識は、潜在意識という名の庭園の監視員で、どんな考えであろうと監視員の承諾がなければ、潜在意
識の庭に入ることはできません。
ただし、第 六 感 と呼 ば れ る突 然 の ひらめ きだけ は 別 で、直 接 、潜 在 意 識 の 庭 へ 入 って行 くことが
できます。
一般に人間の五感が受け取る感覚的印象は、意識の検閲を通って潜在意識へと流れ込むものです。
美しい花々の種子や実ある穀物の種子が蒔かれなければ、肥沃な潜在意識の庭には、雑草が生い茂る
ことになります。
あなたは、私たちが深層自己説得と呼んでいる自己暗示を駆使して、クリエイティブな思想でこの庭を豊
かなものにすることもできるし、また怠惰で反道徳的な思想でこの庭を荒廃させることもできるのです。
明確な願望や目標を持つことは、不必要なものを心から追い出し、雑草の生える余地を奪うほど、あなた
を価値ある仕事に集中させます。
多くの人々の庭は、その収穫物から判断すると、手入れをおろそかにした畑に似ているように思われま
す。
ここにヴ ァシ ュ・ヤ ング という人が体験した、おもしろい話があります。
ヴァシュ・ヤングの人生は、貧しい環境の中から始まりました。生命保険の仕事に興味を持った彼は保険
の外交員になりましたが、しかし、その仕事は失敗でした。そして自殺を考えるほど事態が悪化したとき、
彼の頭の中にひとつの考えが浮かびました。
反省的な気分になっていたある日のこと、ふと気を引いたのは、自分の心が工場のようであり、そこから
出て来る製品を見たような気持ちになりました。自分の心が、恐怖と不安と苛立ち、怒りと疑いを生み出す
工場のようになっていることに気づいたのです。
人々が、彼から何も買わなかったのは当然です。
そこで彼は、考えをさらに一歩進めて、自分自身を会社の最高経営責任者、取締役、株主、主任技師か
ら守衛といった人々に置き換えてみました。彼に欠けていたのは、相 手 の 立 場 を理 解 する脳 力 だったの
です。
彼は、たくさんのガラクタを積み上げ、それを製品だと考えていたのです。
この素晴らしい知恵を身につけた彼は、新しい製品の生産を決意しました。彼は、心の工場のラインを一
新し、今度は愛 、勇 気 、快 活 さ、行 動 力 、友 好 、寛 大 、忍 耐 、同 情 、そして公 正 を生み出すようになり
ました。
この9つの“製品”は、すべて積極的で普遍的な価値を持つものですが、それ以上に重要なことは、人々
が求めているものである、ということです。
そして彼は、言うまでもなく、成功者となりました。
自分自身の心を持つ者は、いかなる願望や目標であれ、その実現を助ける力を意のままに発揮すること
ができるのです。
第 6の 重 要 なアイディア
潜在意識は、さらにその彼方に広がる無限の叡智へ続く唯一の扉です。そこへ近づくためには、はっきり
とした願望や目標に基づく信念が必要です。
今日、潜在意識が、無限の叡智へ通じる扉であるとの考えを支持するたくさんの研究や理論が公にされ
ています。明らかに潜在意識は意識−潜在意識−無限の叡智という関係の中で、意識と無限の叡智を橋渡
しし、その中間に立って通訳の働きをしていると言えます。
また視点を移して考えれば、無限の叡智から発せられた光が、潜在意識を通過してひらめきや直観と呼
ばれるような作用を起こして、私たちの意識へと伝達されるわけです。
この事実を証明するために、偉業を成し遂げた幾人かの有名な人物について、その実例をあげてみるこ
とにしましょう。
彼らは、目覚めて活動している間に自分の問題を潜在意識に植えつけ、眠っている間や、朝、目覚めた
直後に収穫を刈り入れていたのです。
その中で特に注目に値する人物は、ロバ ー ト・ル トル ノウ です。
彼は、大型土木機械の製造と、福音の伝導とに従事しています。彼の趣味は、宗教を説いて国中を飛び
まわることです。
ある晩、彼は飛行機に乗るとすぐに、リクライニング・シートにもたれて一眠りし始めました。そして20分と
たたないうちに片腕を上げ、内ポケットから小さなノートと鉛筆を取り出して名にかを書き込み、再び眠り込
んでしまいました。
飛行中彼は2回、20~30分の間隔をおいて同じ事を繰り返しました。
しかしノートに書きこんでいるとき、彼は完全には目覚めておらず、メモを取っていることを尋ねられても、
そんなことは知らない、と否定するのでした。
そこで彼にたずねた人が、そのノートを見るように彼に言うと、驚いたことに、ここしばらく頭を悩ませてい
た問題の解決策が、ノートに書かれていました。
彼は、会社の同僚が特殊な機械の製作上の難問にぶつかり困っていたので、それを彼が引き継いだこと
を説明しました。そして彼は、自分の持っているすべての知識に意識を集中し、そのうえで問題を潜在意識
に委ねたのです。
潜在意識は、それ自身が持っている知識や知恵、および無限の叡智から与えられた知識や知恵によって、
意識の欠如を補い、彼が眠っている間に“正解”を用意したのです。
トーマス・エジソンが潜在意識を活用するために、わずかな睡眠と徹夜の後に取るリラックスを利用し、
数々の発明を成し遂げたというのも、有名な話です。
彼が発明に取り組んでいたときは、意識と潜在意識を交互に働かせる方法を採っていました。
事前に計画され、かつ慎重に検討された目的を持って、意識−潜在意識−無限の叡智の関係を意図的に
活用したルトルノウとエジソンの方法の中に、私たちが求めるものの核心があります。
そして彼らにできることは、あなたにもできるのです!
今、意識しているあなたの背後には、あるいはあなたの中には、潜 在 意 識 −無 限 の 叡 智 というもう1人
のあなたがいるのです。
その偉大な力を、あなた自身のものにしなければいけません。
人生に何を望もうと、あなたはそれを獲得することができます。
また、今日、社会に大きな貢献をしている人々の中には、肉体的なハンディキャップを負いながら、生産
的で実り豊かな人生を送っている成功者がたくさんおります。
どうしても好きになれないものや、境遇や環境の面で取り除くことのできない障害がある場合には、私た
ち自身の心構えを変える事で、問題に対処すべきです。
何が起きようとも、あなたのコントロールされた心構えによって問題を克服することができます。
そして願 望 や 目 標 の 明 確 化 の ノウ ハ ウ を十 分 に 理 解 し、その 活 用 方 法 を身 に つけ れ ば 、あ なた
は 不 必 要 なもの か ら解 放 され 、真 に 望 む もの だけ を手 に 入 れ ることもできるの です。
心の中のアイディアや願望や目標で満たし、力強い感情の下でそれらを潜在意識に譲り渡すこと、それ
が本セッションのテーマですが、さらにまとめとして、次の点を強調しておきたいと思います。
潜在意識の特徴は、深層自己説得に対して敏感であるということです。
あなたが人生において願望や目標を持ったとき―人生で何を求めるか、何をしたいのか、何になりたい
のかを、あなたの意識の中に定式化したとき―その願望や目標を基本的な感情で表現すれば、それが深
層自己説得となってあなたの願望や目標を潜在意識へ引き渡すことができます。
そして潜在意識の支配下に入った願望や目標は、そこで大きな力を与えられ、それがそれらの願望や目
標の実現を可能にするわけです。
意識の中で一貫して保持された激しい欲求は、暗示を受けて反応する潜在意識の脳力ゆえに、必然的
に行動を開始します。
ですから、燃えるような激しい欲求や熱烈な希望を持つことが、きわめて大切になるのです。
潜在意識の中で自発的な行動を起こさせるのは、あなたの心の状態です。
い つもあ なたの 心 を、希 望 に 向 け て燃 え立 たせ てください 。それ は 潜 在 意 識 の 偉 大 な力 を引 き
出 すため の 、最 高 の 条 件 だか らです。
第 7の 重 要 なアイディア
す べ ての 脳 細 胞 は 、思 想 とい う電 波 の 送 信 機 で あ ると同 時 に 受 信 機 で す。
この言葉も、はっきりとした目標を持つことの重要さを物語っています。
人間の頭脳は、明確な願望によって強烈に充電され、そのエネルギーが具体的な願望を呼び込むので
す。
電信はマ ル コー ニやディフォーレストが無線機を発明する以前から、その原型はたとえば“のろし”のよ
うな形で人類にはありましたが、私たちの脳は、立派な通信機械なのです。
ラジオ放送局送信機の仕事は、音声をラジオ周波に変換し、それに大きなエネルギーを加えることで電
波が生じ、それが受信機のアンテナをたたくわけですが、受信機ではこの過程が逆になります。それはラジ
オ周波の電気的なインパルスを拾い出し、私たちの耳に聴こえる機械的な震動に変換します。
人間の頭脳も、原理的にはこれと似た仕組みになっています。とはいえ、無線通信機のように、自由自在
にあなたの脳から他人の脳へ、アイディアや考えが飛び交う、というわけではありません。まれに、テレパ
シーという形でそういうことが現実に生ずることは、多くの科学者の批判のもかかわらず、否定し得ない事
実です。
そのような方法が容易に活用できるにこしたことはありませんが、1つの方法として、深いリラックス状態
に実を置き、脳はのうちシータ波 と呼ばれる、ゆったりとした周波数の波をだすようになると、未知の情報
を受けやすくなることが知られています。
ヨガなどの行者が、遠い地域で生じたことをきわめて的確に言い当てるとき、このシータ波が継続して出
ています。
テレパシーとして知られるこの力は、非常に有益で価値あるものです。しかし以上に述べたように今日で
はまだ一般的に活用しうるまでには至っていませんが、現代の電子工学は優れた装置を生み出していま
す。脳 波 バ イオフィードバ ック装 置 と呼ばれるものがそれで、この装置により、自力で先程述べたシータ
波を比較的容易に出せるようになれます。またこの装置を用いなくとも、深い瞑想状態になれば、普通の感
覚とは一段レベルが上の鋭いカンとかヒラメキが生じます。
さてここで、「ソ フ ト ・ テ レ パ シ ー 」ということについて述べてみましょう。これは誰でも活用できるものです。
ソフト・テレパシーというのは、特別な心の状態を必要としません。ただ明確な願望と積極的な心構えを始
終一貫保持することによって活性化される心の働きのことです。
このようなプラスの心構えはあなたの脳内のホルモンを適度なバランスで分泌させます。良い気分、活動
的な気分というものは、すべてこれらのホルモン、たとえばベータ・エンドルフィンとかド―パミンの分泌によ
って生じるのです。
こうして脳 が 活 性 化 され ると、否 定 的 な感 情 に とらわ れ ることが なくなります 。人生に経験を積んだ
人なら誰でも、否定的感情を持っているときには何をやってもうまくいかないことを知っています。
反面、肯定的感情を持つと、ラッキーな場面に出会ったり、チャンスが舞い込んだりします。これがソフト・
テレパシーの力です。ソフト・テレパシーではあなたの「態度」が主役を演じています。
あ なたの 心 を積 極 的 なもの とするため の 簡 単 な方 法 が あ ります。
朝、目を覚ましてベッドから起きたとき、あなたの心には、次のような考えが浮かぶかもしれません。
「今日は天気が悪そうだ。霧がかかっていて、外はとても寒いようだ」。
「今日は気分がさえない。何かいやな事がありそうだ」。
もし、このような考えが浮かんだら、ただちにもう1人の自分に向かってこう言って下さい。
「私の心は、そういう考えは望まない。さっさと出て行ってくれ!」
そして次に、今日1日のあなたの計画と目的に心を向けて下さい。間もなく心は、あなたの行動予定によ
って満たされ、心配や不安の入る余地はなくなります。
こうしてあなたの心は、今日1日を万全の状態で送ることができます。毎日の積極的な行動計画によって
心を調整することは、あなた自身を保つ最良の手段です。
あなたの自我を守るためには、3つの 壁 が必要です。
まず第 1の 壁 は、あなたに無駄な時間を使わせる人を遠ざける程度の高さが必要です。そしてこの外壁
には、いくつかの扉がありますが、それほど厳重ではありません。
本当に必要な用件のある人が来るとき、彼のために扉をひとつ開けておきます。
第 2の 壁 は、さらに高いものにし、入口は1ヶ所で警備は厳重にします。ここを通れる者はごく少数で、し
かもその扉を開けるためには、あなたとその相手が共通の願望や目標を持つか、相互に利益をもたらすか、
そのどちらかの条件を満たしていなければなりません。
最 後 の 壁 は、誰1人として登れないような高さで、しかも入口はどこにもありません。
それは心を守る壁であり、その内部は、あなただけの世界です。そこであなたは、無限の叡智と親しく交
わることができます。
私たちの文明の大きな悲劇のひとつは、あまりにも多くの人間が交わり、お互いを悩ませていることで
す。
ソフト・テレパシーを正しく機能させる方法を学ぶなら、人間は総じて新しいコミュニケーションの時代を築
くことができます。
そしてこの「PMAプログラム」において、私たちは人間の持つインスピレーションを実際に使用し、この分
野での第一人者となることができるのです。価値ある願望の実現に向けて、私たちは人間の内に眠る、あ
らゆる力を引き出すのです。
心 配 や 不 安 を取 り除 くため に は 、心 を自 分 の もの に することです 。
願 望 ・目 標 の 明 確 化 の ノウ ハ ウ をい か に 適 用 するか
― 理 論 と実 際
ここまで、“目標の明確化”について説明してきましたが、それを実例に則して、さらに具体的にお話しよう
と思います。
もうすでにあなたは、このノウハウの“理論と実際”を、完全に把握しうるところへ立っているのです。
そこで今度は、あなた自身の願望や目標を実現する、という実践的な立場からこのノウハウの応用の問
題に入って行きます。
かつてヘ ンリー・フォードはこう言いました。
「教育は、健全で勤勉な人生へと人々を導き、人間の脳力を組織しコントロールするものでなければなら
ない。もしそれが、辞書を引けばわかるような知識で人間の頭脳を満たすものならば、教育は不要である。
それは単なる自己満足であり、現実の社会に貢献することはできない」
フォー ドの 言 葉 には、2つの正当な根拠があります。
まず第1点は、フォードの言葉が、この「PMAプログラム」の核心に触れているということです。彼の言う、
人間の脳力を組織しコントロールする、というのがそれです。
そして第2の根拠は、彼が「PMAプログラム」旧版の偉大な実践者であり、彼自身の業績を通して、PMA
プログラムの真価を裏付ける先例となったことです。
このプログラムの目的は、あなたがはっきりとした人生の願望や目標を見い出せるよう、そのお手伝いを
することです。言うまでもなく、最終的な決断は、あなた自身が下すものです。
ここで私たちはあなたに、願望の設定、そして願望実現へ至る過程とそこで必要とされる考えや方法を示
そうと思います。
それは、人生の青写真とも言うべきものです。あなたが必要とするものは、その青写真を描くことであり、
その描き方をあなたに教えるのが、このプログラムなのです。
心 の 中 に 、ま ず 5年 先 、10年 先 の あ な た 自 身 を イ メー ジ し て み ま し ょう 。それも5年単位から始めて、
1年、2年単位で、刻々と変化するあなたの自画像を丹念に描いて行きます。
もしそうした長期的な展望に立つことができない、というのでしたら、6ヶ月、あるいは1年先のあなた自身
をイメージしてください。以上述べたことは、あなたが特に願望や目標を持っていない場合に行う方法です。
こうしてあなたの将来をイメージしてみると、あまり焦点の合っていない自己像が浮かんでくるはずです。
次 に 、どんなことでも、は っきりとした願 望 や 目 標 を持 って、その 後 で同 じように あ なたの 将 来 を
明 瞭 に イメージしてみ ましょう。幾分、将来のあなたの自己像は焦点のあったイメージとして浮かんでくる
はずです。
このようにしてはっきりとした願望や目標を達成したら、次はさらに高い目標を設定し、それに向かって前
進します。
大切なことは、人生の計画を立てる習慣です。
人生の願望・目標を達成するには、まず自分にできる身近なものから始めて、それを着実に積み上げて
ゆくことが大切です。
あなたの経験を活かし、現在の職業や専門を人生の願望・目標と結びつけることが、大きな成功を実現さ
せるのです。
当 面 の 願 望 ・目 標 は 、常 に 現 在 の 2、3歩 先 に 置 くべ きです 。
そして一つの希望が実現されたら、間髪入れずにそれを拡大し、押し上げるのです。
真の願望とは、人生のすべてをささげ、どんな犠牲を払ってでも手に入れたいと思う、そういう願望のこと
です。
大 きな目 標 も、結 局 は 小 さな目 標 を着 実 に 積 み 上 げ た結 果 です 。
そこで次のようなことが必要になります。
1.あなたの職業は、あなた自身が選んだものであること。
2.現在の生活水準を維持し、目標の実現を妨げない程度の収入があること。
3.病気や事故など万一の災害や老後に対する備えがあること。もしなければ直ちにすること。
4.豊かな人間関係を実現し、それを維持させること。
家庭内やオフィスにくつろぎの場を持ち、相手も楽しめるような人間関係を作ること。周囲の協力や援助
がなければ成功は不可能です。
大 きな願 望 や 目 標 を掲 げ ることを、ため らっては い け ませ ん 。
願望や目標を達成するために必要な力を鍛え上げるためには、チャレンジ精神が必要です。あなた自身
の成長と脳力の開発のためにも、大きな願望あるいは目標に挑むべきです。
「千 里 の 道 も一 歩 か ら」というのは、東洋の古い諺ですが、あなたが第一歩を踏み出し、知識や脳力を試
すまでは、将来を予期することはできません。
実際に始めてみれば、自分の弱点や計画の不備に気づくことがあります。そこではじめて、弱点や不備
を補える方法を知りうるのです。何も始めなければ、実際何も知り得ません。
計画やプランに、完全なものはありません。そして完璧さは、そのプロセスにあるのであって、願望や目
標にあるわけではありません。
もし列車の機関士が、目的地までの道中で、すべての信号が青になるのを待っていたら、列車は永遠に
目的地には着かないでしょう。
機関士はまず、目の前の信号が青になれば列車を動かします。そして列車が動き出せば、信号は次々と
青に変わるのです。だから待っていてはいけません。
動き始める前に、もう一度だけ願望あるいは目標の選択について考えてみましょう。
どんな計 画 でも、完 全 に 準 備 が 整 う、とい うことは 絶 対 に なく、多 か れ 少 なか れ 、見 切 り発 車 する
もの で す。
そして見切り発車であるだけに。そこにはいつも不安があります。現状でスタートし、手持ちの武器だけを
頼りに旅立つことへの不安です。しかしその状態で努力する以外にはありません。そして努力していれば、
確実に不安は遠のき、さまざまなものが見えてくるでしょう。
願 望 や 目 標 を記 述 する
友人に手紙を書くようなつもりで、説明を加えながら、あなたの願望を簡潔に書き出して見ましょう。そして
願望を追及する過程で得られる利益やその結果として得られる利益も書き出してみましょう。
たとえば、
1.手 に 入 れ たい 知 識 や 情 報 の 一 覧 表 を作 る。
2.や りたい 仕 事 の 種 類 を一 覧 表 に す る。
3.あ な たが こうな りたい と思 う性 格 の 種 類 を一 覧 表 に す る。
4.毎 年 .どの くらい の 収 入 を得 たい の か 、それ を書 く。
5.言 って み たい 場 所 の 一 覧 表 を作 る。
6.習 得 したい 技 術 や 資 格 を書 き出 す 。
表を作るとき、それぞれの欲求を刺激する動機を書き加えます。
私たちの行動には、必ず動機があります。そして行動の要因となる動機は、単独、もしくはいくつかの動
機が組み合わされたものですが、それはすべて、10の基本的なモティベ―ションに含まれるものです。
あなたの願望を、10の基本的なモティベ―ションと照らし合わせてください。そうすることによって欲求を
より強いものにし、潜在意識に働きかけることができます。
あるナポレオン・ヒル・プログラムの活用者は、彼の願望をタイプライターで打つとき、赤と黒の2色を使い
ます。
まず黒の文字では願望を打ち、次にそこから派生する問題やモティベ―ションについてのセッションを設
けて、それらを赤で打ちます。
あなたもこの人のように、このプログラムで扱われている問題を整理し、体系だて、時間をかけてじっくり
と学ぶべきです。
そして、適職、脳力開発、健康、家庭生活、レジャー、社会奉仕の6つの観点から、あなたの願望や目標
をそれぞれ立てて考えてみれば、その願望や目標はよりいっそう鮮明なものになるでしょう。
想 像 力 つまりイマジネーションを使 い ましょう。そして個 性 豊 か な、あ なただけ の 一 覧 表 を作 るの
です。
書 き出 した願 望 設 定 用 の プログ ラム や 一 覧 表 は 、あ なたともう一 人 の あ なたとの 間 に 結 ば れ た、
一 種 の 契 約 書 です。サ インを入 れ ましょう。
そして毎日、書いたことをすべて暗記するまで、繰り返し声を出して読みます。特に願望や目標を読み上
げるときは感情を込め、それによって得られる利益を具体的にイメージすれば、精神的にも肉体的にも自
分を集中させることができます。
「私は自分の欲しいものは知っているが、それを紙に書くのは何のためなんだろう」。
そう思われる方もいるでしょう。
頭の中だけで考えていることと、それを紙に書くこととの間には、大変大きな違いがあります。「書く」という
行為は、願望や目標を実現化するための第一歩なのです。目標や動機を書き出す過程であなたは、アイ
ディアを明確化させ、かつ限定せざるをえません。はっきりと理解していなければ、紙には書けないので
す。
この方法は、願望や目標を潜在意識に伝えるには、実に有効なやり方で、しかも的確に伝えることができ
ます。
ここで述べた方法に忠実に従えば、あなたは願望や目標に向かって確実に前進します。これは一つの試
みではなく、実証された真実です。
願望や目標に関する計画を、簡潔に、はっきりと書き出してください。
その計画に必要な、許される範囲内で最大の所要日数も書き出してください。
可能性や不確定な要素を含む小さな目標・計画を分類し、整理してください。そして大きな願望という全体
の中の一部分である小さな目標については、その達成の期限を決めましょう。
また願望の実現には、当然代償が必要です。努力をするから夢が叶う、一生懸命働くから報酬を得られ
る、という具合に、この世界の願望実現にはすべて、汗と努力という値札が付いているのです。しかもただ
汗と努力という代償を支払えばよいか、といえばそうではありません。やみくもに努力してもうまくいく確立
は少ないでしょう。成 功 の ル ール に 従 って代 償 を支 払 うことが 肝 要 なのです。さらに、汗と努力は分割
払いや後払いというわけにはいきません。いつでも現金で前払いしなくてはならないのです。
将来の変更に備えて、計 画 に は 弾 力 性 を持 たせ ることが必要です。
計画の変更は不可避なものです。それというのも、“無限の叡智”は、あなたが考え出した計画よりも、は
るかに雄大な計画をあなたのために呈示することができるからです。もし突然のひらめきがあったときは、
喜んで計画の変更に応じましょう。
あなたは常に、啓示やひらめきに対して敏感でなくてはなりません。
重 大 な警 告
一つ注意すべきことがあります。
あなたの願望や目標とその達成計画は、極 秘 に してお く、ということです。あなたの人生の師や心をひと
つにできる友人、知己を除いては、願望や目標とその計画はあなた自身の胸のうちに秘めておいてくださ
い。
その理由は、まず第一に、あなたの願望や目標に無関心な人々に対して話をすることは、それらの願望
や目標をなし崩しにすることだからです。
―汽 笛 を鳴 らす蒸 気 は 、決 して機 関 車 を動 か しは しない 、ということを肝に命じておいてください。
レンジの上で沸騰しているやかんを見ると、シューシューと音を立てて蒸気を発散しています。しかし蒸気
の出口をふさいでしまえば、内部にはエネルギーが充満し、やかんをバラバラに吹き飛ばす程の膨大な力
が生じるのです。
あなたも余計なおしゃべりでエネルギーを発散させてはいけません。
あ なたの 意 図 を秘 密 に してお くもう一 つの 理 由 は、もしあなたの計画があなたに敵意を持つ人の手に
渡れば、それは敵の手に武器を委ねることになるからです。
嫉妬やねたみ、悪意や憎しみを持つ人々は、あなたを笑い者にする機会をよろこんで捕らえることでしょ
う。自らを犠牲にして、そういう人を楽しませてはいけません。
敵は決して少なくはありません。時にはあなたの肉親が、計画を台無しにすることさえもあるのです。
世の中には、他人の足を引っ張ることだけを楽しみにし、自分で何ひとつ良いことをしようとしない人もい
ます。しかも彼らは悪人とは限りません。自分が平凡な人生を送っているので、他人も、同じ世界に置かせ
ておくことを当然のように考えているのです。なにしろ平凡な世界は、ぬるま湯なのです。そこでぬるま湯か
ら出ようとする人間に「おい、君は一体何をバカなことをやっているんだ」と世話をやくのです。
もし彼らが、あなたの進む道を知れば、罠すら仕掛けるかもしれません。実際そういう例も多いのです。だ
からこそ願望や目標は、できるだけ秘密にしておくのです。
願 望 とその 実 現 計 画 を、できるだけ 多 くの 現 実 的 なか たちで 意 識 に 呼 び 込 み 、それ を潜 在 意 識
に 刻 み つけ ましょう。
望むことだけを頭に入れ、不必要なものは遠ざけることです。
このセッションを負えるにあたっては、ジョン・ラスキンの言葉以上に適切なものはありません。
「探 し求 め ず して 、真 実 を知 ることは で きな い 。それ は 教 壇 の 上 か ら説 か れ ることもな く、記 事 とし
て書 か れ ることもな く、手 軽 な 書 物 の 中 に 見 い 出 され ることもな い 。
真 実 は ただ、人 が 独 力 で探 し求 め 、殻 を割 って、その 中 か ら見 い 出 すもの だ。
その とき、必 要 な 援 助 は 求 め て 良 い が 、自 分 自 身 の 厳 しい 努 力 が な くて は な ら な い 」
あ なたが い ま身 に つけ ようとしてい るノウ ハ ウ は 、ナ ポレオン・ヒル 財 団 が 合 わ せ て80年 の 歴 史
の 中 で、偉 業 を成 し遂 げ た人 々 を追 跡 し、その 成 功 の 秘 密 を調 査 し、分 析 した結 果 です。
その成果をしっかりと握りしめ、あなたの目標や成功のために活用するのは、あなた自身です。
まとめ
このセッションのまとめとして大切なことは、アイディアは、はっきりとした願望や目標、目的を持つことか
ら生まれるということです。
自 分 は 何 をしたい の か !?
まずそれをはっきりとさせることです。
「必 要 は 、発 明 の 母 」
という言葉を思い出してください。あなた自身が必要とするから、アイディアも浮かぶのです。
いずれにしても、願望や目標を明確化することは、成功哲学の原点です。
「あ な たの 習 慣 的 な 考 え 方 が その ような お ろか な もの で あ る以 上 、あ な たの 心 の 素 質 もまたその
ような もの だろう。あ な たの その 考 え で 魂 は 死 滅 して しまって い るか らで あ る」
トローマ皇帝にして哲学者であるマ ル クス・アウ レリウ ス も述べています。
SELF TEST
SESSION1 明確な目標
〈partⅠ 〉
※このテストはあなた自身のための自己テストです。
答えを○で囲むか、記入してください。
1.目標もなく人生を過ごす人は___パーセントである。
1.2%
2.38%
3.98%
4.7%
2.発送が生まれるのは、以下の結果による。
1.他人になすべきことを指摘されて
2.明確な目標を持つことで
3.他人がかいたものを読んで
4.指導的精神によって
3.明確な目標を持つことであなたは成功を意識し、失敗を意識することがなくなる。それはどのようなアイ
ディアによって可能になるのか?
1.第1のアイディア
2.第6のアイディア
3.第3のアイディア
4.第7のアイディア
4.次の4つのモティベ―ションのうち、1つだけ否定的なものがある。
1.愛
2.物質的利益
3.報復の感情
4.自己表現および認知
5.思考の中で繰り返され、実現に対する燃えるような欲望を感じさせる発想・計画・目標は______
にとって代わり、行動に移される。
1.感情
2.意識
3.潜在意識
4.理性的な思考
6.次の4つのうち1つは、成功者の要素ではない。
1.信じる心
2.イマジネーション
3.パースナル・イニシアティブ
4.果敢な精神
7._____という、自分の思考や行動を選択する権利を持つのは、人間だけである。
1.遅延
2.破壊
3.自己決定力
4.社交性
8.潜在意識の主な特徴は、________に対し敏感なことである。
1.選択すること
2.没頭すること
3.提案すること
4.モティベートすること
9.目標を明確化することにおいて使われない方法は、次のどれか?
1.毎日の仕事を達成すること
2.自分の収支予算を組むこと
3.すべての面で、他人の指示や命令に従って行動すること
4.あらゆる人間関係において調和を維持するための計画を練ること
10.目標について考えるときは、その目標の______についてどう対処するかを明らかにすることが
大切である。
1.障害となるもの
2.実現
3.推論
4.希望
〈partⅡ 〉
※質問をよく読んでお答えください。質問の主旨に関することなら、好きなだけ回答していただいて結構で
す。
1.明確な目標の定義は何ですか?
2.明確な目標における3つの発想とは何ですか?
3.成功者の要素とは何ですか?
4.あなたの人生の目標には、どんな要素が含まれるべきでしょうか?
5.なぜ計画には柔軟性を持たせる必要があるのでしょうか?
6.発想とは何ですか?
7.人間の行動を決定する10の基本的なモティベ―ションとは何ですか?
8.いかなる場合にも、あなたが完璧にコントロールできるものは何ですか?
9.あなたは潜在意識をどうとらえますか?
意識とはどう違いますか?
10.あなたは成功をどう定義づけますか?
11.このセッションを勉強してどのようなノウハウや発想を学びましたか?
〈1)そのノウハウや発想は、あなたにとってどのような意味がありますか?
(2)そのようなノウハウや発想を、どのように活用するつもりですか?
(3)いつ、活用するつもりですか?
12.このセッションを勉強したことで、あなたは何を始めますか?
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
449 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content