close

Enter

Log in using OpenID

輸送包装セミナーのご案内 - 公益社団法人 日本包装技術協会

embedDownload
輸送包装セミナーのご案内
テーマ:「輸送包装試験の基礎と最新動向」
日
時:2013年12月5日(木)13:30 ~ 17:30 (開場時間:13:00~)
場
所:愛知県産業労働センター ウインクあいち12F 1203会議室
定
員:50名(先着順、1社2名様まで)
参 加 費:無料
申込 方法:申込書類に必要事項を記入し、FAX または E-mail にてお申込み下さい
申込 期限:2013年11月22日(金)※参加者が定員に達した時点で申込締切とさせて頂きます
プログラム
13:30~14:30
タイトル「輸送包装に関わる落下試験と衝撃試験」 神栄テクノロジー株式会社 計測機器部 川口和晃
概要:輸送包装の合理化を突き詰めるためには、「包装」における緩衝機能を評価する試験だけでなく、「製
品」自身の強度試験、「物流」の実態を数値化するための調査が求められる。ここでは、これら試験の関
係性と適正包装を実現するための具体的手法のうち、落下試験、衝撃試験にフォーカスする。
14:40~15:40
タイトル「輸送包装の振動試験に関する最新動向」
あいち産業科学技術総合センター 産業技術センター 環境材料室 佐藤 幹彦 氏
株式会社振研 名古屋営業所 主任 高木 孝志 氏
概要:本年3月に「JIS Z 0200 包装貨物-性能試験方法一般通則」が改正され、輸送貨物の振動試験はラン
ダム振動による評価への移行が進んでいる。さらに、パレタイズ貨物のような大型・重量物の製品を対象
とした試験ニーズが最近高まっているため、今年度、産業技術センターでは新たに大型振動試験装置を
導入した。ここでは、その新試験装置の概要を説明するとともに、振動試験における課題や留意点、試験
規格の動向、具体的な振動試験事例や振動解析事例を紹介する。
15:50~16:50
タイトル「段ボール箱の圧縮強度の劣化要因と安全率」
レンゴー株式会社 包装評価センター 東山 哲 様
概要:保管に耐える段ボール箱を設計するためには、圧縮強度の安全率を正しく見積もる必要がある。本講
演では、段ボール箱の圧縮強度の劣化要因と安全率の考え方を解説し、また圧縮強度に関する最近の
研究事例を紹介する。
16:50~17:30
セミナー全体 Q&A
※ 事前に講師陣に質問があれば受付いたします。申込書と同時に事前質問用紙をご提出下さい。
※ 先着 10 名様限定とさせていただきます
会場アクセス
こちらをご参照下さい。
http://www.winc-aichi.jp/access/
主 催:公益社団法人日本包装技術協会中部支部
あいち産業科学技術総合センター 産業技術センター
神栄テクノロジー株式会社
「輸送包装試験の基礎と最新動向」参加申込書
日
時:2013 年 12 月 5 日(木)13:30 ~ 17:30
(ふりがな)
参加者氏名
会社名
所属先
住所
メールアドレス※
電話番号
《申し込み先》
参加申込はFAXでお願いします。
あて先
FAX 052-563-7123
公益社団法人日本包装技術協会
中部支部
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
145 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content