close

Enter

Log in using OpenID

エクセル貿易 98 - texec.jp

embedDownload
現在、タングステン電極棒は TIG 溶接、
プラズマ溶接・切断等で使用されていま
すが、その耐久性と点火特性の向上さ
せる為、トリウムの種々混入比率のも
のが実用化されています。
が放
射性物質であり、搬送、保管、取扱いに
は適正な注意が必要ですが、トリウム
入りタングステン電極棒の健康被害及
び環境負荷は完全に取除くことは不可
能です。
平均的な溶接作業条件下での検証で
は、溶接作業者本人及び周辺での作業
者は年間 15-20mSv(ミリシーベルト)の
被爆があり、適切な換気設備のない環
境下では、肺は、研磨作業時の粉塵の
吸引、溶接作業時の有害ヒュームの吸
引等で最も深刻な影響のある器官で
す。
A 軸ト〔Bq※/g〕は、実際には、トリウム入りタン
グステン電極棒における特有の放射作用はトリ
ウム含有量で決定されるが、天然トリウムの特
性及び鉱脈としての時経によりバラつきがあり
ます。
※Bq:becquerel (ベクレル:放射能の SI 単位)
ドイツでは、宇宙及び地球上等から放射される
カリウム 40、及び大気中に存在し、特に劣悪な
換気の居住用ビルに存在する放射性イナートガ
スとしてのラドン等、自然界の放射線量は年間
平均 2.4mSv としています。
トリウム入りタングステン電極棒の取扱いに際し
て吸引する放射能は実に有害であることを充分
認識することが必要です。
従って、トリウム入りタングステン電極
棒の研磨作業時は有効は粉塵吸引装
置を設置すること、溶接作業時に於い
ては充分な換気を行うことが必須です。
Wolfram Industrie 社資料を訳出 08-12-19
エクセル貿易
98
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
86 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content