Perfect Reader

Perfect Reader
First Edition Revised
ossan-arrow, cutter, gkmrs
May 27, 2013
Contents
1
How to Look at Everything (Part 1) — David Finn . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1
2
How to Look at Everything (Part 2) — David Finn . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11
3
A Super Tunnel (Part 1) — Massimo Piatelli-Palmarini . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
29
4
A Super Tunnel (Part 2) — Massimo Piatelli-Palmarini . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
39
5
The Pendulum Clock of Christiaan Huygens (Part 1) — Lisa Jardine . . . . . . . . . . .
51
6
The Pendulum Clock of Christiaan Huygens (Part 2) — Lisa Jardine . . . . . . . . . . .
65
7
Listening — Look, Part 1 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
79
8
Listening — Look, Part 2 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
81
9
Listening — Tunnel, Part 1 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
84
10 Listening — Tunnel, Part 2 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
86
11 Listening — Huygens, Part 1 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
88
12 Listening — Huygens, Part 2 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
90
Index . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
93
i
List of Figures
1
The Reliquary Bust of San Rossore . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2
2
Leonardo di ser Piero da Vinci . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8
3
Samuel Pepys . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
51
4
The First Pendulum Clock Invented by Christiaan Huygens . . . . . . . . . . . . . . . .
60
5
William Brouncker . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
66
6
Sir Frescheville Holles and Sir Robert Holmes . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
68
7
The ‘Royal Prince’ and other Vessels at the Four Days Battle, 1-4 June 1666 . . . . . . .
72
8
Newton . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
92
ii
はじめに
現在我が国日本のみならず、世界の各国においてグローバリゼーションという言葉がさかんに叫ばれ
ています。そしてその一翼を担うのが “World English” であることは言うまでもありません。日本でも
大企業が公用語に英語を採用するなど、英語の必要性は日に日に増していっています。
東京大学教養学部の英語一列においても、総合的な英語力の向上を図るために本年度から「英語 I」に
代わって「教養英語」という愛称の講義が開始され、それに伴って教科書も “On Campus” から『教養
英語読本』へと変更されました。教科書自体の形式は変わっていないものの、授業は「暗記一列」とも
揶揄されてきたようにどれだけテキストやリスニングのスクリプトを覚えるかで点数が決まってしまう
ような体制からの脱却を図るとしています。その最初の授業である本年度は過去のシケプリも当然有る
はずがなく、学生は暗中模索しながら勉強をしていかなければなりません。
そんな状況を少しでも改善しようとするのがこの本の目的です。過去の英語一列のシケプリをざっと
眺めてみても本文と訳例のみが書かれたものが多く、複雑な構造の文の解説が載っているものはわずか
です。そこで、我々は難しい文章と思われるものについては論理的な構造を直感的な記号を用いて図示
し、また標準以上のレベルの単語についても簡単な説明を付け加えました。これによって、文法や語彙
力の差異が多少有っても最終的な学習結果が各々に最適な結果となり、全体的な学力の改善に繋がるも
のだと自負しています。
しかし勿論この本を読んだからといって優を取れるとは限りません。本はあくまでもきっかけに過ぎ
ず、一番重要なのは学生自身の才能と努力です。授業に出席することも平常点や深い理解の観点から必
要になってきます。皆さんの英語運用能力の更なる向上を願って。
May 27, 2013
ossan-arrow
謝辞
語句の意味に関しては以下の辞典を参考にさせていただきました。
² ジーニアス英和大辞典
² 新英和大辞典(第六版)
² ランダムハウス英和大辞典(第 2 版)
² リーダーズ英和辞典(第 2 版)
² 自然科学系英和大辞典
² Oxford Dictionary of English (Second Edition Revised)
² Oxford Sentence Dictionary
² The New Oxford American Dictionary (Second Edition)
² Oxford Advanced Learner’s Dictionary (8th Edition)
² Oxford IDIOMS Dictionary for learners of English (Second Edition)
² Longman Dictionary of Contemporary English (5th Edition)
iii
また、この本を書くにあたって和訳を快く引き受けていただいた cutter 氏, gkmrs 氏, TUFS 氏と、チェッ
クをしてくださった理科一類 32 組の皆さん, 灘校 65 回生の皆さん、また ® 版・¯ 版の段階で様々な
フィードバックを寄せてくださった皆さんに、この場をお借りして感謝の意を表します。
おことわり
² この本は東京大学の生徒のみに向けて作成されたものであり、また無償で配布しております。こ
の本を学外の不特定多数に向けて公開したり、転売することはおやめください。また、そのよう
な行為を発見された場合は、お手数ですが ossan-arrow <[email protected]> までお
知らせください。ただし、能動的に私を支援してくださる行為はお断りしておりませんので、ご
自由にどうぞ(額が大きすぎる場合は遠慮させていただくこともございます)。
² この本はあくまでも皆さんが「自ら考えて勉学する」ことを補助するために作成したものであり、
試験対策のみに重きを置いた従来の所謂「シケプリ」とは一線を画する存在です。
² この本を使用して勉強に励んだ結果が芳しくなくても、作成者は一切の責任を負いかねます。
² 勉強しなかった結果については尚更です。
² 冬学期も同様の物を作成する可能性は有りますが、これを保証するものではありません。
² 年度が変わった場合、範囲も変更される可能性がありますが、その場合においてもアップデート
はございません。
この本の使い方
² 目次や索引のページ数をクリックすると、該当ページにジャンプすることができます。
² 文章は段落ごとに分けられています。1 つの段落は同じ見開きページ内に収まるよう調整してあ
ります。
² 段落ごとに、本文・訳例・Vocabulary・Reading のパートに分かれています。
² Session の中で初めて出てくる難単語は赤文字で表しています。これはその段落の Vocabulary に
意味が載っています。青文字の場合、既に同じ session の中のそれ以前の部分で出てきているの
で、初出の段落の Vocabulary に意味が載っています。
² 読むにあたって注意すべき点(文法事項・文脈等)は Reading に載せています。番号はその段落
内の文の番号を表しています。
iv
1
How to Look at Everything (Part 1) — David Finn
第 1 段落
本文
The most uncanny experience I ever had looking into the eyes portrayed by an artist occurred when I
was photographing “The reliquary of San Rossore,” a sculpture by Donatello in a chapel of the church
of Santo Stefano dei Cavalieri in Pisa. Fortunately, the sacristan permitted me to spend as much time
as I wanted to photograph it from every angle. At one point, when I focused my camera for a close-up
of the face, I gasped in astonishment. Looking through my viewfinder at the eyes of sculpture, I had
the feeling that I was looking into the soul of Donatello himself. The eyes of Donatello’s sculptures of
prophets and other religious figures had always intrigued me, for they seemed to be looking at some
spiritual reality that ordinary mortals could not see. But somehow these eyes were different. I could not
explain why, but the close-up view of the face mesmerized me, and it proved to be one of my favorite
shots when it was subsequently published. Some years later I read an article in a scholarly publication
by Anita F. Moskowitz, who suggested for the first time that the sculpture of San Rossore might in fact
have been a self-portrait of Donatello, an unexpected corroboration of what I had felt when seeing it
with my camera eye.
訳例
ピサはサント・ステファノ・デイ・カヴァリエーリ教会の礼拝堂内に安置してある、ドナテッロの
手による彫像「聖ロッソーレの聖遺物入れ胸像」を写真に収めようとしたとき、美術家によって描
写された眼を覗き込んできた中でも今まで経験した事の無かったような、最も神秘的な体験をする
ことになった。幸運なことに、聖具保管係の方は私の気が済むまで全ての角度から写真を撮ること
を許可してくださった。ある一点について、私が顔に接近して写真を撮ろうとピントを合わせたと
き、驚いてはっと息を呑んだ。ファインダーを通して彫像の眼を覗いたとき、自分がドナテッロ自
身の魂の内面を覗き込んでいるかのような感覚を覚えたのだった。ドナテッロによる預言者達やそ
の他の宗教的な彫像の眼は私を魅了し続けてきた。というのも、彫像の眼は何かしら常人では到達
し得ない形而上学的事実を見通しているかのように見えたからだ。しかし、聖ロッソーレの眼は何
かが違っていた。理由は分からないが、顔を接写した写真に私は虜になり、その後その写真が発表
された時にはお気に入りの一つとなったのだった。それから数年が経った頃、私はアニータ・F・
モスコウィッツ氏によるある研究発表の記事を読んだ。そこで彼女は初めて、聖ロッソーレはドナ
テッロが自分に似せて作った彫刻だった可能性が有る事を主張し、私がカメラ越しに得た感覚を予
期せず裏付ける事となったのだった。
1
k
Vocabulary
uncanny adj. 神秘的な
astonishment n. 驚き
mesmerize vt. 魅了する
reliquary n. 聖遺物箱
viewfinder n. ファインダー
self-portrait n. 自画像
sacristan n. 聖具保管係
mortal n. 人間
corroboration n. 確証
k
Reading
1. “The most uncanny experience occurred.” が主文。“looking into ∼ an artist” は分詞構文で、had
にかかる。
2.「許す、受け入れる」系の permit, allow, admit, let 等の単語は微妙にニュアンスが異なるので注意
が必要。辞書を確認するのが妥当。
3. “At one point” は直訳すれば「ある一点において」であるが、和訳する場合は場面に応じて「ある
時期に」などのように使い分ける。
感情を表す場合には “in surprise” や “with surprise” 等、in もしくは with を使用する。
4. “feel that S+V” は使用可能。“look into A” で「A を覗きこむ」という意味になるが、「A を調査
する」という意味で使われる事もある。“look over” との違いにも注意が必要。
5. prophet は “the Prophet” と書くと普通はムハンマド、“the Prophets” と書くと旧約聖書の預言書
となる。“mortals” は神と対比して、死ぬ運命にある「人間」を表す(通例複数形)。
6. “these” は “the eyes of San Rossore” を指す。
8. “scholarly publication” は「学術論文、研究発表」を表す。“who suggested that the sculpture might
have been” の流れを見逃さないように。
“self-portrait” は辞書の上では「自画像」という意味だが、ここでは彫刻の事なので説明的に和訳
した。
“an unexpected ∼ camera eye.” は分詞構文。
Figure1 The Reliquary Bust of San Rossore
2
第 2 段落
本文
Subsequently, I had a different but related experience when I studied two self-portraits by Rembrandt in
the National Gallery in London. One was painted when Rembrandt was thirty-four years old, in 1640.
The stance of the figure is said to have been inspired by Titian’s portrait of “A Man with a Blue Sleeve”
in the National Gallery in London, which in the seventeenth century was thought to be a portrait of
the famous Italian poet, Ludovico Ariosto. The painting had been sold at auction in Amsterdam in
1639, just a year before Rembrandt painted this self-portrait. By taking on the same pose as the Titian
portrait, Rembrandt may have been trying to identify himself with Ariosto and thereby stake a claim
for himself as a great artist.
訳例
後日、この出来事とは別だが関連の有る経験を、ロンドンのナショナル・ギャラリーにあるレンブ
ラントの二枚の自画像を調査したときにすることとなった。一方の絵は 1640 年、レンブラントが
34 歳の時に描いたものだ。身体の姿勢はロンドンのナショナル・ギャラリーにある、17 世紀には
有名なイタリアの詩人であるルドヴィーコ・アリオストの肖像画だと思われていた、ティツィアー
ノの「青い袖の男」の肖像画を模倣したものと言われている。この絵は 1639 年、レンブラントが
この自画像を描く僅か 1 年前にアムステルダムで開かれたオークションで落札された。ティツィ
アーノの肖像画と同じ姿勢をとることによって、レンブラントは自分とアリオストを同一視し、そ
れによって自分を偉大な芸術家だと見せたかったのかもしれない。
3
k
Vocabulary
stake (out) a (one’s) claim for A idiom. A に対する所有権を主張する
k
Reading
1. “study” は「研究する、調査する」という意味。文脈によって「勉強する」とは使い分ける必要が
ある。
2. “One” と次段落の “The other self-portrait” が対比関係になっている。受験でおなじみ “one and
the other” である。
3. “which” は関係代名詞で “portrait” にかかる。
4. “1639” と “a year” は同格。「レンブラントが自画像を描く 1 年前」であるから、描いたのは
1639 + 1 = 1640 となり、先程の記述と合致する。
4
第 3 段落
本文
The other self-portrait, which is in the same gallery, was painted some twenty-nine years later, in 1669,
when Rembrandt was sixty-three years old. This was the year that he died, after having gone through a
number of painful trials in the last years of his life, including personal bankruptcy and the death of his
only son. The contrast in the general appearance of the two self-portraits was remarkable. The early
painting showed a proud and self-assured artist; the later painting showed a humble, self-denigrating
elderly man without pretensions. And when I cupped my hands to focus attention on the eyes alone, I
thought I saw something more. Unless it was my imagination, I was convinced that I saw in the eyes
of the young man a sense of supreme self-confidence. No artistic challenge would be too daunting for
him. He saw himself as a master at the height of his powers. The eyes in the other self-portrait were
those of a man who had been humbled by life’s experiences. Although only sixty-three years old, he
thought of himself as an old man who had suffered painful hardships. His eyes seemed to say that he
was long past the feeling of pride in his abilities or of being impressed with his fame. His eyes were
weary, almost as if they had seen too much. He no longer looked forward to what life might bring
to him in the future. Ironically, in portraying himself in that spirit he produced one of his supreme
masterpieces.
訳例
もう一枚の絵は、同じナショナル・ギャラリーに有るが、29 年後の 1669 年、レンブラントが 63 歳
の時に描かれたものだ。この年は晩年の彼が自己破産や一人息子の死など、数々の苦しい試練を乗
り越えた後他界した年である。二枚の自画像の全体的な印象は対照的である。一枚目の自画像では
レンブラントは誇り高く、自信に満ち溢れているが、二枚目の自画像では謙虚で自己否定に陥り、
やる気の無い初老の人物である。そして、私が眼だけに注意を集中するために手で自分の目を覆っ
たとき、何か眼以上の物を見たような気がした。私の思い込みでない限り、若いレンブラントの両
眼に究極の自信を見たのだった。どんな困難な芸術的挑戦を突き付けられても彼は怯まないだろ
う。彼は自分自身のことを絶頂期にある大画家だと思っていた。しかしもうひとつの自画像に描か
れた両眼は、人生を通じた経験によって打ちのめされた人のものだ。彼は当時まだ 63 歳であった
が、自分のことを幾多の苦々しい困難に苛まれた老人だと考えていた。彼の眼は、自分の能力に誇
りを持ったり、自分の名声に感心したりする感情をとうの昔に捨て去ってしまったと言いたいよう
に見えた。彼の眼は焦燥しきっていて、見る物を見過ぎた様子である。彼はもはや将来の人生で出
会う物を楽しみにしていないようだった。しかし皮肉なことに、そんな精神状態の彼自身を描くこ
とによって、彼は自身の究極の傑作の一つを生み出したのだった。
5
k
Vocabulary
self-assured adj. 自信のある
pretension n. 気取り
self-denigrating adj. 自分を汚辱する
daunting adj. 重荷の
k
Reading
1. 前の段落の文を受けて、“the other self-portrait” は 2 枚の自画像のうち後者を指す。
3. contrast [kÁ(:)ntræst] のアクセントに注意。
4. 単語の訳し方に注意。
5. “cup” は自動詞で「∼を丸める」という意味。ここでは「手を丸める」というのが直訳だが、実
際にどういう動作をしているのかイメージして日本語に直す必要が有る。
6. “I saw a sense of supreme self-confidence in the eyes of the young man” の順序が入れ替わってい
る事に注意。
7. 二重否定に注意。
8. “at the height of” で「∼の真っ最中に」という意味になる。ここでは “his powers” の真っ最中で
あるから、「全盛期の」と訳す。
9. “the other self-portrait” は後者の肖像画を指す。
“be humbled” で「負けてしまう」という意味になる。
of pride in his abilities
10. the feeling Y or
q の構造に注意。
of being impressed with his fame
11. ここで “his eyes” が主語となっていることに注意。それを受けて “they had seen too much” と
なっている。
12. “He looked forward to what.” が主文。“no longer” が挿入されていることと、“what” が目的語と
なっていることに注意。
6
第 4 段落
本文
Almost as compelling as Rembrandt’s self-portraits is the famous self-portrait drawing by Leonardo da
Vinci, now in the Royal Library in Turin, which has become something of an icon in the history of art.
I wondered if the carefully drawn eyes show a man who feels sure of his analytical ability to reproduce
in a precise way what he sees, or what his fertile mind invents. I could not seem to read as much in this
drawing as I could in the Rembrandt painting. For one thing, Leonardo showed himself looking away
from the viewer, and for another, the eyes did not seem as personal or revealing as Rembrandt’s. Still,
I thought I could sense the power of Leonardo’s brain in those carefully delineated eyes.
訳例
レンブラントの自画像と拮抗しているのは、今はトリノ王立図書館にあるレオナルド・ダ・ヴィン
チの有名な自画像で、美術の歴史のちょっとした象徴的存在となったものだ。丁寧に描かれた眼に
よって、彼が自分の眼で見たり、豊かな知性によって発明した物を正確に再現する自分の解析力に
自信を持った男を表現できているのかどうか私は気になっていた。レンブラントの自画像から読み
取れたほど、この自画像から読み取ることができそうにはなかったのだ。まずダ・ヴィンチは自分
自身が鑑賞者から目を逸らしている様子を表現しているし、ダ・ヴィンチの自画像に表現されてい
る眼はレンブラントのように自分の感情が篭っているようにも、またそれを曝け出しているように
も見えなかった。しかしそれでもなお、あの注意深く描写された眼から、ダ・ヴィンチの能力を感
じ取ることが出来たように思ったのだ。
7
k
Vocabulary
delineate vt. ∼の輪郭を描く。∼を描写する。
k
Reading
1. 新情報である S を後で言うため、CVS という倒置構文になっていることに注意。
“something of a(n) A” で「ちょっとした A」という意味になる。
¶ He’s something of an artist.
彼はちょっとした芸術家だ。
2. “I wondered if S+V” が主文。
what he sees
reproduce /in a precise way/ Y or
q という構造にも注意。
what his fertile mind invents
5. “the power of Leonardo’s brain” は直訳すると「レオナルドの脳力」ということになるが、意訳し
て「ダ・ヴィンチの能力」とした。
Figure2 Leonardo di ser Piero da Vinci
8
第 5 段落
本文
Then I looked at many other images in books I have in my library and let my imagination roam. In
Goya’s self-portraits, did I not see a man who looked at the world with a highly critical eye, a satirical
judgment on the follies of mankind, a bitterness about the evils brought about by human cruelty? In
Van Gogh’s self-portraits, did I not see the eyes of a man who was almost frightened by the beauty he
saw in everything around him? I looked at the eyes in self-portraits by Ghiberti, Dürer, Michelangelo,
El Greco, Ingres, C¶ezanne, Matisse, and Beckman. They all seemed to convey something distinctive.
訳例
それから私は書斎にある自分の本に載っているたくさんの他の自画像を眺めて、想像を自由に働か
せてみた。フランシスコ・デ・ゴヤの自画像から、優れた批判能力や、人類が愚かであることへの
風刺的な判断能力、そして人間の残酷さによってもたらされる邪悪な存在に対する敵意をもって世
界を見つめていた男を感じなかっただろうか? ゴッホの自画像を見た時、彼の周囲にある全ての
ものに感じた美に怯えそうになっていた男の眼を感じなかっただろうか? 私はロレンツォ・ギベ
ルティ、デューラー、ミケランジェロ、エル・グレコ、アングル、セザンヌ、アンリ・マティス、そ
してマックス・ベックマンの自画像に描かれた眼を見てみた。そしてそれらの眼は全て何か個性的
なものを伝えようとしているように思えた。
k
Vocabulary
roam vi. 歩き回る
k
satirical adj. 風刺的な
folly
n. 愚かであること
Reading
1. “my library” は「書斎」と訳す。
“roam” は辞書的には「歩き回る」という意味だが、主語が “my imagination” であるから意訳が
必要。
a highly critical eye
2. who looked at the world with Y a satirical judgment on the follies of mankind
a bitterness about the evils brought about by human cruelty
並列関係に注意。 出てきた画家については自分で調べるのが吉。
9
qの
第 6 段落
本文
These were, after all, the seers of the world!
これらの眼は、結局のところ、世界を見通すものであったのだ!
k
Vocabulary
seer n. 見る人
k
Reading
1. “These” は “these eyes” のこと。
第 7 段落
本文
By looking at their eyes in their self-portraits, I thought I could not only glimpse something of their
inner selves but also have an idea of the special gift that enabled them to see — and portray for us —
a unique vision of the world around them.
訳例
彼らの自画像に描かれた眼を見ることによって、彼らの内面を感じるだけでなく、彼らが周りの環
境を独特な眼を通じて見、そして我々に描写することが出来た特別な才能はどういうものなのかと
いう考えも持つことができたと思った。
k
Vocabulary
glimpse vt. ∼をちらりと見る
k
Reading
not only glimpse something of their inner selves
1. I could ]
see
but also have ... that enabled them to Y and
q a unique vision
portray for us
“portray” は他動詞。目的語は “see” とともに “a unique vision of the world around them” である。
10
2
How to Look at Everything (Part 2) — David Finn
第 1 段落
本文
Artists open our eyes to the world in different ways. Once we have seen van Gogh’s paintings of
sunflowers, wheat fields, and cypresses, we may forevermore see those things as he saw them. And the
same is true of later artists who have their own way of forcing us to look at commonplace objects in
new ways. With Marcel Duchamp’s “Fountain,” for instance, we look at an ordinary piece of plumbing
equipment as a work of sculpture because he took it out of its usual setting in a men’s restroom and
mounted it on a pedestal as a work of art. The same happens to us when we see Roy Lichtenstein’s
comic strip paintings. They look almost identical to the real thing, but he has seen them in a way
that opens our eyes to a new way of looking at these commonplace images — with his clean, sharp
lines, with dots and other patterns covering large areas, with bright colors, all carefully composed
and painted as if the subject was a vivid landscape. We may make similar discoveries with Christo
and Jeanne-Claude’s umbrellas, running fences, and wrapped buildings, or Claes Oldenburg’s giant
shuttlecock, eraser, electric plug, and clothespin. All these are objects that we are so used to seeing
that we may not bother to look at them with a sensitive eye until an artist jars our senses and shows us
what we have been missing.
訳例
芸術家の作品を見ることによって、我々はそれまでと違った見方で世界を見ることが出来るように
なる。いったんゴッホによるひまわりや小麦畑、糸杉の絵を見てしまえば、我々はそれらの物を未
来永劫彼が見たように見続けるかもしれない。そして同じ事が後の時代の、ありふれた光景を新し
い見方で我々に見させてくれる独自のやり方を持った芸術家達にも言える。マルセル・デュシャン
の『泉』を例に取ると、我々は唯の男性用便器を彫刻作品だと見なすが、それは彼が便器を男性用
トイレの本来ある場所から取り出し、それを台座の上に芸術作品として載せたからなのだ。ロイ・
リキテンシュタインの漫画を見た時にも、我々には同じようなことが起こる。彼の絵はほとんど実
物と変わらないように見えるが、彼はそれらの事物を、滑らかでくっきりとした線や点、その他の
鮮やかな色調で大部分を占める模様を全て対象物が鮮やかな景色であるかのように入念に構成し、
描くことで我々がこれらの平凡な事物を新しい見方で見えるようにしてくれるのだ。クリストと
ジャンヌ・クロードの「アンブレラ・プロジェクト」や「ランニング・フェンス」
、梱包された様々
な建物、あるいはクレス・オルデンバーグの製作した巨大なバドミントンシャトル、消しゴム、電
気プラグ、そして洗濯ばさみを見た時にも似たような発見をするかもしれない。これらの事物を
我々は見ることに慣れすぎているので、我々は芸術家が我々の感性を揺さぶり、見落としていたも
のを気付かせてくれるまでわざわざそれらの事物を繊細に見ようとしないのかもしれない。
11
k
Vocabulary
cypress n. 糸杉
pedestal n. 台座
forevermore adv. 未来永劫までも
comic strip n. (新聞・雑誌の)続き漫画
commonplace adj. 平凡な、ありふれた
shuttlecock n. (バドミントン用の)シャトル
plumbing equipment n.
*1 衛生設備
clothespin n. 洗濯ばさみ
restroom n. お手洗い
k
jar
vt. ∼を揺さぶる
Reading
2. “those things” は前述の “sunflowers, wheat fields, and cypresses” を指す。
3. “The same is true of ∼”「同じ事は∼についても言える」は英作文においても使えるフレーズな
ので是非覚えておきたい。
took it out of its usual setting in a men’s restroom
4. because he Y and
において、下線部を引いた “it”
mounted it on a pedestal as a work of art
はどちらも “plumbing equipment” を指す。
“plumbing equipment” は辞書的な意味としては「衛生設備」であるが、作品の特性を考慮して
「男性用便器」と意訳するのが望ましい。
6. “be identical to A” で「A と等しい」という意味。
with his clean, sharp lines
that opens our eyes Y with dots and other patterns covering large areas q composed and painted
with bright colors
8. “All these are the objects that we are so used to seeing that S+V” という構文に注意。
“jar” は様々な意味が有るので、一度辞書を引くことをお勧めする。
*1
『自然科学系英和大辞典』参照。
12
第 2 段落
本文
Many people make such discoveries in different ways. My wife and I for years have spent Saturday
mornings going to what are called in our part of the country “tag sales,” sometimes called “estate sales.”
These are held in private homes near where we live, in New York’s Westchester County. Couples
may have retired and moved south, or they may have bought a new house, or they may have died.
Everything not wanted by the family is up for sale, and this can include hundreds of objects ranging
from furniture, to works of art, clothing, jewelry, books, and often an amazing variety of objects that
have been collected over the years. When we started our Saturday morning adventures, I felt as if we
were invading people’s private lives, or scavenging among things we wanted to buy that might have
been precious to the previous owners for personal reasons. But my wife has persuaded me that the
people who originally owned these objects might well like the idea that others who love the things they
owned have now acquired them for their families.
訳例
たくさんの人がそのような発見を違ったやり方ですることになる。私と妻は何年もの間土曜日の朝
を「タグ・セールス」や時折「エステート・セールス」と私の住む地域で呼ばれている中古品セール
に行くことに費やしてきた。これらの市は、私の家の近くのニュー・ヨークはウェストチェスター
郡の個人宅で開かれる。夫婦が退職して南部に引越ししたこともあれば、新しい家を買ったことも
あれば、亡くなったこともある。そしてその家にとって必要でなくなったもの全てが売りに出され
るが、その中には何年もの歳月を経て集められた家具や芸術作品、衣服、宝石、書籍、そして驚く
ほど様々な種類の事物がたくさん含まれている。私達が土曜日の朝に市に冒険に出かけたとき、私
は自分達が他の人々の個人的な生活の中に侵入しているような、あるいは以前の所有者にはその人
なりの理由から貴重だったもので、自分たちが買いたかったものを漁っているような感覚を覚え
た。しかし私の妻が、元々これらの品物を所有していた人たちは、自分が所有していたものを気に
入った他の誰かが彼らの家族のためにそれを手に入れることを理解してくれるだろうと私を説得す
るのだった。
13
k
Vocabulary
tag sale n.
*2 =garage
estate sale n.
*3 a
sale(売り物に値札が付いていることから)
sale of the possessions of a person who has died or is moving to another house
scavenge vt. ∼をあさる
k
Reading
2. “for years” は挿入されていることに注意。
“what they say” や “what is called” で「いわゆる」と訳すことも出来る。
Couples may have retired and moved south
or
5. a they may have bought a new house
において、下線部は同じ主語。
or
they may have died
from furniture
to
6. this can include hundreds of objects ranging a works of art
ÞÞ
Þ
y that ∼の構文に
an amazing variety of objects
注意。
8. “my wife has persuaded me that the people might well like the idea.” が主文。
“might well do” には「∼するのはもっともだ」という訳し方も有るが、「多分∼するだろう」と
いう訳し方もある。
*2
『リーダーズ英和辞典(第 2 版)』参照。
*3
“Oxford Advanced Learner’s Dictionary (8th edition)” 参照。
14
第 3 段落
本文
What often amazes me in those tag sales is seeing what people have kept in their homes as mementos,
often things of no special monetary value, but which obviously meant something special to the owners.
Among the objects I have picked up at these tag sales are an ancient plane that is still sharp, a beautifully
shaped scissors, a brass spigot, an African stool, and a miner’s gas light. I always feel that I can see
something in those objects that is especially meaningful, although often I can’t explain why.
訳例
このようなタグ・セールで時折私を驚嘆させるのは、人々が思い出の品として自分達の家に飾って
いたもの、何か特別に金銭的な価値が有るわけではないが、所有者にとっては何か特別な意味を
持っているように見えるものを見ることだ。私がこれらのタグ・セールで見つけた品物の中には、
かんな
はさみ
しんちゆう
まだ鋭い切っ先を備えた古い 鉋 や美しい形の 鋏 、真 鍮 製の蛇口、アフリカ様式の腰掛け、そして
鉱夫が使うガスライトなどが有る。そして私はいつもこのような特に意味のある品物に、理由は分
からないが何かを感じることが出来る気がするのだ。
15
k
Vocabulary
memento n. 思い出の種、記念品
spigot n. 栓
かんな
plane n.
k
鉋
stool n. 腰掛け
Reading
1. “what ∼ moments” と “things” が同格。
2. “Among ∼ tag sales” が補語で、“an ancient plane” 以降が主語。“There is ∼” と同様。
16
第 4 段落
本文
In the course of my travels, many ordinary objects have caught my eye in the same way, and I have made
a habit of making them part of my life. Once when I visited a cotton spinning plant owned by Springs
Industries in South Carolina, I was dazzled to see hundreds of spools of cotton thread automatically
rotated on holders as the cloth was made. Seeing several spools in a waste-bin, I took one to keep on
my office desk. At another time, when I was visiting a steel plant in Johnstown, Pennsylvania, a group
of curiously shaped steel objects were stacked on a shelf; the shapes were so striking to me I took one
of them to keep as a work of art. In Venice I bought an oarlock for a gondola that looks like a sculpture
by Jean Arp. At another time in Lima, Peru, I saw some men on the beach making a large canoe out of
reeds that lay on the sand to add to my collection. When I was at a construction site in Bilbao, Spain,
where the extraordinary new structure designed by Frank Gehry as the new Guggenheim Museum was
being built, I found a wonderfully rusted and partially scarred rectangular section of a metal casing; it
now sits on my mantelpiece as a treasured sculpture. In Alaska I found a broken piece of ivory that
seemed to be part of a sled; the shape made by the accidental break makes the piece especially striking
for me. It now sits on a tabletop in my dining room. In Ghent, I found a half-dozen small weaving
spindles and later tied them together with a string to make an appealing composition. In the Cotswolds,
I found an old lock mounted in a wooden frame with a rich patina on the metal casing.
訳例
私が今まで旅してきた中で、同じようにたくさんの平凡な物が私の眼を惹き付けた。そして私はそ
れらを自分の人生の一部にするという趣味を作ってしまった。サウスカロライナ州のスプリング
ズ・インダストリーズ社が所有する綿の紡績工場を訪れたとき、服が仕立てられるにつれて何百も
の円筒状の綿糸がボビンに巻き取られていくのを見て驚嘆した。そして廃棄物入れに捨てられてい
たいくつかの円筒状の綿糸を見たとき、私はその一本を取って自分の仕事場の机に飾ることにし
た。また別の時には、ペンシルヴァニア州のジョーンズタウンにある製鉄所を訪れたとき、奇妙な
形をした鋼材が棚に積み上げられていた。形が私には衝撃的だったので、私はその一つを取って芸
術作品として保存しておくことにした。ヴェネツィアではジャン・アルプの「雲の羊飼い」のよう
に見えるゴンドラ用のオール受けを買った。また違う機械でペルーの首都リマを訪れたとき、海岸
にいた数人の男達が砂浜に置かれていたアシの茎から大きなカヌーを作るのを見て、そのアシを自
分のコレクションに加えた。スペインのベルバオにある工事現場に行ったとき、フランク・ゲリー
によって設計されたビルバオ・グッゲンハイム美術館の最新の建物が建設中で、そこで私はすばら
しく錆びて部分的に傷の入った金属枠の長方形状になった断片を発見した。それは今私の家のマン
トルピースの上に大事な彫刻品として飾られている。アラスカではソリの一部のように思える象牙
17
の破片を発見した。予期せぬ破壊によって作られた形によって私はこの破片をとても魅力的に感じ
た。それは今我が家のダイニング・ルームのテーブルの上に置かれている。ヘントでは、6 つの小
さな紡錘を発見して、心に訴えかける作品にするため、後でそれらを糸で縛った。コッツウォルズ
では、木枠に取り付けられた金属の外枠がかなり緑青で被われている古い錠前を発見した。
k
Vocabulary
spinning n. 紡績
casing n. 外枠
spool n. 糸巻き
mantelpiece n. マントルピース(暖炉の前面・
oarlock n. オール受け
側面の飾り)
gondola n. ゴンドラ(長い平底船)
sled n. ソリ
canoe n. カヌー(丸木舟)
tabletop n. テーブルの上面
reed n. アシ(イネ科の多年草)
spindle n. 紡錘
scar vt. ∼に傷跡をつける
patina n.
ろくしよう
k
緑青
Reading
1. “make O+C” の形は覚えておきたい。
3. “Seeing ∼ waste-bin” は分詞構文で、順接である。
4. “the shapes were so striking to me that I took” というように、“that” が省略されている。
5. gondola は「ゴンドラ」という意味の場合のみ [ěÁ(:)[email protected]@] とも [ěA(:)ndó[email protected]] とも発音する。
“a sculpture by Jean Arp” は、教科書の写真を見て分かるように、アルザス地方出身の芸術家であ
るジャン・アルプの作品「雲の羊飼い」を指す。
6. “to” は不定詞の形容詞的用法で、“reeds” にかかる。
7. “construction site”=“building site” で、「建設現場、工事現場」という意味になる。
“designed by Frank Gehry” と “as the new Guggenheim Museum” がどちらも new structure にか
かっていることに注意。
wonderfully rusted
I found a Y and
qrectangular section of a metal casing の構文に注意。
partially scarred
8. 第 1 文と同じく、“make O+C” 構文が使われている。
12
10. “half-dozen” は
= 6 のこと。
2
18
第 5 段落
本文
I can’t explain my attraction to these objects in traditional esthetic terms — pointing to a beautiful
curve here, a striking composition there, a powerful statement about life. They are just objects that
appealed to me at a particular moment, and some instinct within me made me want to keep them. The
images in my mind were formed by associations of which I was at best only vaguely conscious, and
the intersection of these buried experiences with the objects I saw made me want to keep them.
訳例
私がこのような物に惹かれる理由を、美しい曲線や衝撃的な構図、人生についての力強い表現を私
的するような古典的な美的表現で説明することはできない。それらの物はある瞬間に私の心に訴え
かけてきたただの物体であり、私の中の本能的な部分によって、それを保存しておこうと決定した
にすぎない。私が頭の中で考えている理想像は、せいぜいぼんやりと感じていた感覚の集合によっ
て形作られたものであり、私が出会った品物との経験の奥でそれらが絡みあうことによって、私は
それらの品物を欲しいと思うのだ。
19
k
Vocabulary
bury vt. 葬る
esthetic adj. =aesthetic
k
Reading
a beautiful curve here
1. pointing to Y a striking composition there
の並列関係に注意。
a powerful statement about life
2. “make O V” で「∼に…させる」という意味になる。
3. “of which” の “of” は “be conscious of ∼” 由来のもので、“associations” にかかる。
20
第 6 段落
本文
This is the instinct that has led me to become a collector: something in me is touched by an object, and
I am prompted to acquire it. There may or may not be a practical value in the object, but I know that
just to have it around or in my possession adds something to my life. My wife, Laura, also has this
instinct. She collects models of owls, and we have scores of them in our home. She would be hard put
to explain why she loves them but her eyes light up when she finds a new one to add to her collection.
I collect books, although I cannot explain why. I read as many as I can, but I could not possibly read
the thousands of books I have bought over the years. Partly, I know, I buy them because I would like
to read them someday; but even if I cannot find the time to do so, having them around me gives me an
inexplicable pleasure.
訳例
この本能によって、私は収集家になったのだ。私の中の何かが物に触れることで動かされて、私は
その物を手に入れようとする。その物自体に実質的な価値が有るか無いかは分からないが、ただそ
れを手近な所においたり自分の物として所有するだけで人生に何かが加わるということを私は知っ
ている。私の妻、ローラもこの本能を持っている。彼女はフクロウの模型を収集しており、私達の
家には何十体もの模型が置かれている。彼女はなぜフクロウの模型を好きなのか説明を求められれ
ばきっと答えに窮するだろうが、彼女が自分のコレクションに入れたいと思うような新しい模型を
見つけた時、彼女の眼は輝くのだ。私はなぜだか分からないが本を収集している。できるだけ読む
ようには努めているが、何年にも渡って購入した膨大な本を読み切るのはどうしても不可能だ。本
を買った理由を少しなら知っている。いつか読みたいからだ。しかしたとえ読む時間を見つけられ
なかったとしても、近くに本を置いておくだけで言葉では言い表せないような喜びを感じるのだ。
21
k
Vocabulary
scores of idiom. 数えきれないほど多くの
k
inexplicable adj. 説明がつかない
Reading
may
2. There Y or
may not
q be で「∼があるかもしれないし、ないかもしれない」という意味になる。
around
I know that just to have it Y or
in my possession
ふくろう
q adds ∼の構文に注意。
みみずく
4. 英語では基本的に 梟 と木菟を区別せずどちらも “owl” と呼ぶが、区別する必要がある場合には
後者を “eared(horned) owl” と呼ぶ。なお、筆者は木菟の方が好みである。
5. “put to explain why she loves them” は分詞構文で “being” が省略されていると考えればよい。こ
こで “put” は過去分詞形であることに注意。
7. “possibly” は can, could を伴って強意となる。否定構文では「どうあっても、とても」という意
味になる。
8. “having them around me” が主語。
22
第 7 段落
本文
Once when I was in Kenneth Clark’s home in Saltwood, England, I asked him about one shelf in his
library that contained very large books. He pulled one of them out and was clearly thrilled to show it to
me. He probably hadn’t looked at that book for years; but he knew that it was there, and occasionally,
perhaps, glanced at its spine, along with those of all the other books on that and other shelves and just
felt the pleasure of having it in his possession. That is how I feel about the books in my library. When
I see them on the shelf, whether I have read them or not, they are part of my life, and I feel blessed by
their presence.
訳例
イギリスのソルトウッドにあるケネス・クラーク氏の家を訪れたとき、彼の書斎にあった、かなり
大型の本を収納していた本棚について彼に聞いてみた。彼はその本棚から一冊の本を取り出した
が、それを私に見せてくれるのにわくわくしている様子がはっきりと見て取れた。彼は恐らくそ
の本を何年も見ていなかったのだろう。しかしそこにあったことは覚えていた。そしておそらく
時々、その本が入っている本棚や他の本棚に並ぶ他のすべての本の背と並んで入っているその本の
背を見て、ただそれを所有している喜びを感じていたのだろう。そのようにして私は自分の書斎に
ある本に喜びを感じていたのだ。本が本棚に入っているのを見た時、その本を読んでいても読んで
いなくても、それらの本は私の人生の一部であり、その本が存在することによって幸福な気分を感
じるのだ。
23
k
Vocabulary
thrilled adj. ぞくぞく、わくわくして
blessed adj. 楽しい、喜ばしい
spine n. 本の背
along with O idiom. ∼に加えて
k
Reading
pulled one of them out
2. He Y and
q. の並列関係に注意。
was clearly thrilled to show it to me
3. “he knew that S+V, and glanced at its spine and felt the pleasure.” が主文。
24
第 8 段落
本文
Perhaps the most fabulous collector I have known of miscellaneous objects is Nathan Ancell, the
founder of Ethan Allen stores. Walking into his house in New Rochelle, New York, is an unforgettable
experience. There is practically no room to stand in the house, let alone sit down. His tastes are broadly
electric, ranging from Russian jewel boxes to a bewildering variety of canes, strange objects carved
out of wood, models of all kinds, posters, bowls, sculptures, paintings — literally thousands of things.
Most of them he has bought at antique shows, and he always has a great time negotiating with sellers
to get a bargain price. There was never a plan in his head for what he would do with all these objets;
just looking at something that fascinated him and deciding to add it to his collection gave him great
joy. One time my wife and I admired a particularly lovely art nouveau sculpture on a shelf (along with
dozens of others); Ancell picked it up and gave it to us. We have enjoyed displaying it in our dining
room for years.
訳例
様々な物の収集家で私が知っている人達の中で最も素敵な人物は、おそらくイーサンアーレンの創
設者であるネイサン・アンセル氏だろう。ニューヨークのニューロシェルに有る彼の家に足を踏み
入れた事は忘れることのできない経験だ。彼の家には立っていられるような空間なんてほとんど無
いし、まして座ることなど到底できない。彼の収集物は概して刺激的で、ロシアの宝石箱から種類
が多すぎて困ってしまうほどの杖の数々、木材を削って出来た奇妙な彫刻作品、ありとあらゆる模
型、ポスター、ボウル、彫刻、絵画と、文字通り幾千もの収集物がある。これらの収集物の大半を
彼は骨董市で手に入れるが、その時かれはいつもかなりの時間をかけて交渉を行い、値段をまけて
もらう。彼の頭の中に、これらの収集物を使って何かをしようという考えが浮かんだことなど一度
も無い。彼の気を惹いた物を見て、それを自分の収集物の一つに加えるだけで彼は大きな喜びを感
じるのだ。ある時妻と私は(他の様々な物と一緒に)棚に飾ってあった新しくて可愛らしい彫刻に
感心したことがあった。その時アンセル氏はそれを棚から取り出して、私達に譲ってくれた。私た
ちはそれを数年間居間に飾って楽しんだ。
25
k
Vocabulary
fabulous adj. 素敵な
bewildering adj. 困惑させる
miscellaneous adj. 種々雑多な
nouveau adj. 新しい
k
Reading
1. “the most fabulous collector of fabulous objects is Nathan Ancell.” が主文。“I have known” は
“collector” にかかる。また、“the founder of Ethan Allen stores” は “Nathan Ancell” と同格。
3. “room” には「部屋」の他に「余裕」という意味もある。
“let alone” は否定文の後に付いて「∼はなおさらだ」という意味になる。
4. “electric” には「刺激的な」という意味がある。
5. “Most of ∼ shows” は “He has bought most of them at antique shows” という文章が OSV の形で
倒置されている。
6. “what” は関係代名詞の目的用法。セミコロンの後は、“just ∼ collection” が主語になっている。
7. “admire” の訳し方に注意。
8. “for years” で「何年もの間」という意味になる。
26
第 9 段落
本文
So how does one look at everything through the mind’s eye? The shorthand answer is with passion. One
can be passionate about anything one sees — anything and everything. All it takes is the willingness
to open your eyes and your heart, and let feelings grow strong within you. What you look at could be
a blade of grass, or a branch of a tree, or the shadow on a wall, or a fabulous diamond on display in a
jewelry store.
訳例
では、感性を通じて人は理性の眼を通して物をどういう風に見ているのだろうか? 簡潔に答える
ならば、それは感性を使って見ているのである。人は自分が見たどんな物にも感情を動かす可能性
を持っている。ありとあらゆる、どんな物にでも、である。そうするために必要なものは、自分の
眼と心を開き、自分の中で感情が強く成長するように仕向けようとする意志だけだ。あなたが見る
ものは草の葉かもしれないし、あるいは樹の枝だったり、壁に映った影であったり、宝石店で展示
されている素敵なダイヤモンドだったりするかもしれない。
k
Vocabulary
shorthand adj. 簡潔な
k
Reading
4. “all” の裏の意味が出て「∼なのは... だけだ」という意味になる。
¶ All you have to do is to do your homework.
27
第 10 段落
本文
The mind’s eye is magical. Through it we can see loved ones who are no longer here, by looking at
objects they owned that were precious to them. We can create works of art in our heads out of a special
vision that we can nurture within us. One way that we can nurture this vision is by looking at art
created by masters. These masterpieces can teach us how to transform what we look at with our naked
eye, or what we imagine in our mind’s eye. All we need is the will to do so.
訳例
理性の眼というものは不思議なものだ。この眼を通して、自分たちにとって大切なものであった所
持品を見ることで、我々はもう存在しない愛する存在を見ることもできる。我々は自分たちの中で
育むことのできる特別な視野から、我々の手で芸術作品を創ることもできる。我々がこの視野を育
む方法の一つは、職人の手による芸術作品を鑑賞することだ。これらの傑作は我々にどのように
して自分の眼で見たものや自分の理性の眼で想像したものを形作るかということを教えてくれる。
我々に必要なのは、そうするようにしようと思うことだけなのだ。
k
Vocabulary
nurture vt. ∼を育む
k
Reading
3. “that” 以降は “a special vision” にかかる。
what we look at with our naked eye
5. how to transform V
の構造に注意。
what we imagine in our mind’s eye
28
3
A Super Tunnel (Part 1) — Massimo Piatelli-Palmarini
第 1 段落
本文
A mental tunnel is a kind of cognitive illusion. When we try to solve a problem or make a decision,
we usually imagine that we are using reason to do this. Cognitive science, however, has shown that
in many cases, rather than using reason, we use a form of intuition and adopt — usually unknowingly
— a number of rules which are not just different from but also incompatible with reason. A mental
tunnel is thus a kind of spontaneous shortcut in our thinking which leads us to a solution which we
are convinced is correct and rational; we are so convinced, in fact, that even when our solution can
be shown to be both incorrect and irrational, we still continue to insist on the rightness of our answer.
Even the finest and best-trained minds can get trapped in such mental tunnels.
訳例
「思考の抜け穴」というのは、認識上の錯覚の一種である。ある問題を解決しようとしたりある決
断を下そうとするにあたって、我々はたいてい自分が理性を用いていると考えている。しかし認知
科学の示すところでは、多くの場合我々は理性を働かせているのではなく、ある種の直観を働かせ、
ただ理性と異なるのみならず理性とは相容れない数々の法則を、それもたいていは自身も気付かぬ
ままに取り入れている、というのである。このように思考の抜け穴とは、我々の思考の中に無意識
のうちに生じ答えへとつながる近道のようなものであり、その答えを我々は正確で合理的であると
思い込む。実際のところ我々はそう思い込むあまり、その答えが不正確でかつ不合理であると証明
されうる場合でさえも自らの答えが正しいと主張し続けるほどなのである。どれほど明晰で鍛え抜
かれた頭脳の持ち主であってもそういった「思考の抜け穴」にとらわれてしまうことがあるのだ。
k
Vocabulary
cognitive adj. 認識の
intuition n. 直観
reason n. 理性
spontaneous adj. 自発的な、無意識の
cognitive science n. 認知科学
29
k
Reading
1. “A mental tunnel” の訳し方に注意が必要。
use a form of intuition
3. we ]
and
adopt ∼ rules which are V
not just different from
but also incompatible with
の構造に注意。
n reason
4. “which ∼ rational” の部分は注意が必要。非制限用法の which には、前の節の一部または全体、
ときには文を先行詞とする用法がある*4 。
¶ Laura said she was very sick, which was not true.
ローラはたいへん具合が悪いと言ったが、それは本当ではなかった。
¶ Students admire Mrs. Brown. Which I find natural.
学生たちはブラウン先生を称賛している。私はそれは当然だと思う。
we are so convinced that の構文に注意。
5. “mind” は通常「心、知性」を意味するが、この文章のようにその心の持ち主としての人間そのも
のを指す場合もある。
第 2 段落
本文
One of the best-known examples of a mental tunnel is known as the Monty Hall problem (or paradox)
after the presenter of the well-known television show Let’s Make a Deal.
最も有名な類の思考の抜け穴の例の一つに、名の知れたテレビ番組 “Let’s Make a Deal” の司会者
の名にちなんで「モンティ・ホール問題(逆説)
」として知られるものがある。
k
Vocabulary
presenter n. (テレビ・ラジオなどの)司会者
k
Reading
1. “after” には「∼にちなんで」という意味がある。“name after ∼” という表現もよく使われるの
で、辞書で調べておくと良いだろう。
*4
『ロイヤル英文法』§303 4 (3) 参照。
30
第 3 段落
The Three-Box Game, or the Monty Hall Paradox
本文
Though there are a number of different variations, I offer here the one I find most easy to visualize.
On a table are three identical boxes, each with a lid, and also a neat pile of ten-dollar bills.
This game is to be repeated a great many times.
Here are the rules for each game, and every game proceeds in identical fashion. First, you
leave the room, and while you are out, I put a ten-dollar bill in one of the three boxes. I then
close the boxes. I know in which box the money is, but you don’t. Now I invite you back into
the room and you try to guess which box contains the ten-dollar bill. If you guess correctly, you
win ten dollars.
Each game is divided into two distinct phases. In the first, by doing no more than pointing
(you are not to touch, weigh, or in any way inspect or manipulate any of the three boxes), you
indicate your irrevocable choice among the three boxes, which remain closed.
As you have made your choice, I open another box, one of the two remaining boxes. That
box will always be an empty box — remember that I know in which box the ten-dollar bill is.
(This means that if you have, without knowing it, chosen an empty box, I will open the other
empty box. If, on the other hand, you have unknowingly chosen the right box, I will open either
one of the other two boxes.) Having seen one empty box (the one just opened) you now face
two closed boxes, one of which must contain the ten-dollar bill.
Now comes the second phase. I now offer you the chance to stay with your first choice, or to
switch your choice to the other closed box, the one you failed to choose the first time around.
This will be repeated countless times, and each time, if your second choice is right, you win
ten dollars. You leave the room and the game starts all over again.
訳例
この問題には数多くの異なる派生形があるが、ここでは最も思い描くことが容易であると思われる
ものを取り上げておく。
テーブルの上に、それぞれ蓋の付いた 3 つの同じ箱と、きれいに積まれた 10 ドル札の束
がある。このゲームはたくさんの回数繰り返すことになっている。
一回一回のゲームのルールは下記の通りであり、毎回のゲームは同じやり方で行うものと
する。まずプレイヤーであるあなたは部屋を出る。その間にホストである私は 3 つの箱のい
ずれかに 10 ドル札を一枚入れて蓋を閉める。私はどの箱にお金が入っているのか知ってい
31
るが、あなたは知らない。ここで私はあなたを部屋へと呼び戻し、あなたはどの箱に 10 ドル
札が入っているのか当てようとする。正しく当てた場合、あなたは 10 ドル札を手に入れる。
一回のゲームは明確に異なる 2 つの段階に分けられる。まず一段階目では、あなたはただ
指差すのみで(3 つの箱のいずれも触れたり重さを量ったり、その他どのようにであれ調べ
たり操作したりしてはいけない)、すべて閉じられたままの 3 つの箱から一つを選んで示さ
ねばならず、その選択は後から変えることはできない。
あなたが選択をしたところで、私は選ばれなかった残りの 2 つの箱のうち一つを開ける。
私が開けるその箱は、常に空の箱であるようにする—どの箱に 10 ドル札が入っているのか
私は知っているという事を思い出して欲しい。(つまり、もしもあなたが知らずに空の箱を
選んでいたならば、私はもう一つの空の箱を開ける。他方、もしもあなたが知らずにお金の
入った正しい箱を選んでいたならば、私は残りの 2 つの箱のどちらかを開ける。)空の箱の
ひとつ(たった今開けたもの)を目にして、あなたは今度は、どちらか一方に 10 ドル札が
入っているはずである 2 つの閉じられた箱を前にするのだ。
ここから二段階目に入る。私は今度はあなたに、最初に取った選択のままでいるか、それ
とももう一方の閉じられた箱、即ちあなたが一回目に選ばなかった方の箱に選びかえるかを
決めるチャンスを与える。
この流れを延々と繰り返し、毎回、二回目の選択が正しい場合にあなたは 10 ドルを手に
入れる。そしてあなたは部屋を出て、ゲームはまた初めからやり直される。
k
Vocabulary
visualize vt. ∼を心に思い浮かべる
fashion n. やり方、流儀
identical adj. 同一の
irrevocable adj. 取り消しできない
lid
n. 蓋
k
Reading
2. CVS の倒置はもう慣れっこだろう。
4. “Here are ∼” を「ここに∼がある」などと訳さないように。
11. “irrevocable” は文修飾。
12. “one of ∼” は “another box” と同格。
13. “will” は強い依頼・指図を表す*5 。
18. “the other closed box” と “the one ∼” は同格。
*5
『ロイヤル英文法』§204 (2) 参照。
32
第 4 段落
本文
Now here’s the problem: As a general rule, are you better off sticking to your first choice, or switching?
What is the best strategy? Think carefully, and ask your friends. Don’t tell them right away that the
very best minds have fallen into this trap, many of them still believing they were right when they were
proven wrong!
訳例
さて、ここで問題である。一般的に言って、あなたは最初の選択に執着したほうが得なのだろうか、
それとも選択をかえた方が得なのだろうか。どちらが良い戦略なのだろう。よく考えて、友人にも
訊いてみてほしい。最も賢明な類の頭脳の持ち主たちが罠にはまり、そしてその多くが、誤ってい
たと証明された後も未だに自らが正しかったと信じきっている、ということなど、友人にすぐに伝
えてはならない。
k
Vocabulary
be better off doing adj. ∼する方が賢明だ
k
right away adv. すぐさま
Reading
1. “switching” の前に “are you better off” が省略されている。
3. この文は「ちょっとやそっとではわからない」ということを暗に示している。
4. “when ∼” は逆説で訳した方が文章と合致する。
33
第 5 段落
本文
I have come up against all sorts of responses. Some have insisted passionately that you should always
switch choices; others have argued that you should always stick to your first choice; and still others
hold that it doesn’t matter at all, that you should now switch, now stick to your first choice. There
are also those who, believe it or not — because they think it makes no difference — think they should
always switch, or always stick with their first choice. When asked why, they will respond, “Because
that’s the way it is!” or “I’m basically conservative” or “I like change.”
訳例
私はありとあらゆる回答を目にしてきた。常に選択を変えるべきである、と熱心に主張する者もい
たし、いつも最初の選択にこだわるべきだ、と言い張る者もいた。また、どちらにしても全く変わ
りはなく、選択を変えたり最初の選択にこだわったり、と毎回変えればよいと言う者もあった。信
じ難い事かも知れないが、どちらでも変わりはないので、いつも選択を変えるべきである、とかい
つも最初の選択にこだわるべきだ、という者もいたのである。そういう者たちは、なぜかと尋ねら
れると、
「そういうものだからだ」とか「僕は基本的に保守的なんだよ」とか、
「変化を好むのでね」
などと答えるのだ。
k
Vocabulary
come up against O vt. ∼に直面する
believe it or not idiom. 信じようが信じまいが、こんなことを言っても信じないだろうが
conservative adj. 保守的な
34
第 6 段落
本文
To put a little order into this kind of mental confusion, let me stipulate right away that if there were really no difference at all between sticking to your first choice or switching, if the probability of choosing
the box containing the ten-dollar bill were really 50/50, then there would be no motive whatsoever for
switching your choice, for sticking to it, or for adopting any other strategy you might devise, such as
tossing a coin. But is the probability really 50/50? Your intuition tells you that you face two boxes, and
one of them must contain the ten-dollar bill, though you don’t know which. Therefore the probability
must be 50/50. Wrong! The box you chose first has, and always will have, a one-third chance of being
the right one. The other two, combined, have a two-thirds chance of containing the ten-dollar bill. But
at the moment when I open the empty box, then the other one, alone, will have a two-thirds probability.
訳例
このような混沌とした思考に少し秩序をもたらす為に、今はっきりとさせておきたい事がある。最
初の選択に固執しても違う選択に変えても本当に違いがないのなら、本当に 10 ドル札の入った箱
を選ぶ確率が 50% ずつであるのなら、選択を変えることにも、変えないことにも、またコイントス
をするなど各自が工夫して考えたようないかなる作戦をとることにも、全くもって動機が存在しな
いという事だ。しかし、本当に確率は 50% ずつなのだろうか。直観的にみると、目の前には 2 つ
の箱があり、そのうち一つに 10 ドル札が入っているはずだが、それがどちらの箱なのかは知らな
い。だからそれぞれの確率は 50% である。これは誤りなのである! 最初にあなたが選んだ箱はこ
の段階で、そして常に、
1
2
の確率で正しい箱である。他の 2 つの箱には、二つ合わせて
の確率
3
3
で 10 ドル札が入っている。しかし、私が空の箱を開けたとき、そのときには、もう一方の箱単独
で
k
2
の確率があるのである。
3
Vocabulary
stipulate vt. ∼を規定する、明記する
k
50/50 adj. 50 対 50 の、半々の、五分五分の
Reading
1. 2 つの “if” は同じ事を言っており、後の “then” で受けている。
35
第 7 段落
本文
Hence you should always switch. Switching increases the probability from one-third to two-thirds.
This runs totally contrary to our intuition, but is rationally absolutely right. The sum of the probabilities
of the two closed boxes is, indeed, 1, but the two probabilities are not equal. The big point is that the
two possibilities do not need to be equal. In fact, owing to the way in which this game is constructed,
they are unequal.
訳例
1
2
から
に上がる
3
3
のだ。この事実は我々の直観には真っ向から反しているが、理論上は完全に正しいのだ。2 つの閉
従って、常に選択を変えるのがよいのである。変えることで当たりの確率が
じられた箱の、お金が入っている確率の合計は確かに 1 である。しかし、それら 2 つのもつ確率は
等しくはないのだ。重要な点は、それらの確率が等しくなる必然性が無い、という事である。実の
ところ、このゲームが形作られている方法からして、等しくはないのだ。
k
Vocabulary
hence adv. それゆえに
k
Reading
runs totally contrary to our intuition
3. This Y but
is rationally absolutely right
q. の構造に注意。
36
第 8 段落
本文
Given that a lot of first-rate minds angrily reject this conclusion, let’s justify our switching in another
way. Suppose for instance, that your original choice was the right one; then when I open my empty
box, for you to switch will certainly (not just probably) penalize you. If, on the other hand, your first
choice was of an empty box, you will certainly (not just probably) gain by switching. We have gained
a little security. Let’s now use that. How often do you think your choice will be correct (and thus
necessarily penalized if you switch)? One in three times. And how often will you choose an empty
box (and thus be necessarily better off switching)? Two times out of three.
訳例
一流の頭脳の持ち主らが多く怒りをもってこの結論を拒絶していることも踏まえ、選択を変えるこ
との根拠を別の形で示そう。ちょっと考えてみてほしい。あなたが最初に選んだのが正しい箱だっ
たとしよう。すると、私が空の箱を開けたとき、あなたが選択を変えると確実に(恐らく、ではな
く)はずれを引くこととなる。他方でもしもあなたが最初に選んだのが空の箱だった場合、あなた
は確実に(やはり恐らくではなく)変更することによって当たりを得る。以上により我々はある程
度しっかりとした議論の土台を得た。ではそれを活用しよう。最初の選択はどれほどの割合で正し
1
である。それから、どれ位の割合で空の箱
3
2
を選ぶ(従って変更によって確実に得をする)のだろう。 である。
3
い(従って変更すると確実に損をする)のだろうか。
k
Reading
4. “security” はここでは「(正しい)議論の土台」という意味になる。次の “Let’s now use that.” 以
降で、この “security” を用いて議論を進めていくことになる。
37
第 9 段落
本文
That is why the best strategy is always to switch. You’re going to win two out of three times. Yet I know
from long experience that although this explanation is rationally convincing, many people still resist it
— which goes to show that even with a clear argument, our initial intuition is hard to overcome. There
are some highly intelligent people who simply do not accept this explanation. After a few seconds
of hostile silence, they insist on starting all over again from the beginning. They want to go back to
the point at which the other two boxes are still closed and they do not know which box contains the
money. They refuse to accept everything that happened before that point, and everything that may
happen afterward; they are firmly anchored in their primary, irresistible intuition, which tells them
that, if there are two boxes on the table, the probability must be 50/50 that one of them contains the
money.
訳例
これこそが、最良の戦略が常に選択を変えることである理由なのだ。そうすることによって 3 回に
2 回は当たるのだ。しかしながら長い経験から私が知る限り、この説明が論理的に説得力のあるも
のであるにもかかわらず、多くの人がまだ反発する。このことは、明快な議論をもってしても我々
が初めに持つ直観を覆すことが難しいという事を示している。極めて知的でありながらもこの説明
をただただ受けいれない人々もいるのだ。数秒間の反感に満ちた沈黙ののちに彼らは最初から全部
やり直すように主張する。彼らは 2 つの箱がまだ閉じられていてどちらがお金を中に含むのかわか
らない状態まで戻って考えたがる。そして、その時点以前に起こった全ての事柄、さらにはその時
点以後に起こるかもしれないあらゆる事柄をも受けいれることを拒む。彼らは当初の、逆らうこと
のできない直観に固く縛り付けられているのであり、その直観に従うと、テーブル上に 2 つ箱があ
るならば一方にお金が入っている確率はそれぞれ 50% ずつであるはずなのである。
k
Vocabulary
hostile adj. 敵意のある、反感をもった
k
Reading
7. “anchor” は元は「(船などを)錨で止める」という意味であるが、ここでは比喩表現として考え
がガッチリと縛り付けられてしまっているイメージをもたらしている。
38
4
A Super Tunnel (Part 2) — Massimo Piatelli-Palmarini
第 1 段落
The Three Prisoners Dilemma
本文
Here is another, older version of the three-box game.
これから説明するのは、3 つの箱のゲームの、より古い形のものである。
第 2 段落
本文
Three prisoners face death; they are to be shot at dawn. As the next day is the birthday of the ruling
tyrant, the head of the prison decides to spare one of the condemned men. He knows which he will
spare, but he is a sadist and therefore decides not to reveal to any of the three prisoners the name of the
man to be spared; he wants to leave them in uncertainty until the very last moment. He tells the three
prisoners that one of them will certainly be spared, but that’s all he tells them. He tells the prison guard
who the spared prisoner will be, but enjoins the guard to keep the secret at all costs.
訳例
3 人の囚人が死を迎えようとしている。夜明けには射殺されることになっている。翌日が支配者で
ある暴君の誕生日であるので、刑務所の所長は 3 人の死刑囚のうち一人を救うことに決める。彼自
身は誰を助けるのか知っているが、彼はサディストなので 3 人の囚人のいずれにも救われる者の
名を明かさないことに決める。最後の最後の瞬間まで彼らを確信の持てない状態にしておきたいの
だ。3 人の囚人に対して彼は 3 人のうち 1 人は確かに救われるだろうと伝えるが、伝える事はそれ
だけなのである。彼は看守には救われる囚人が誰なのか教えるが、何があっても秘密を守るよう命
じる。
k
Vocabulary
condemn A to B vt. A に B(刑)を宣告する
enjoin A to do vt. A に do するよう命じる
sadist n. サディスト、加虐愛者
at all cost(s) idiom. = whatever the cost
k
Reading
1. dawn [dÓ:n] は読み方に注意。
39
2. spare は「∼なしですませる」= “do without” というのが元意味であり、和訳するときは状況に
よって使い分ける。この文では死刑囚に対して用いられているので、死刑執行を免除するという
ことになる。
3. “reveal (to A) O” という構造に注意。
“very” は次の形容詞を強調する。
4. “that’s all” の和訳に注意。“all” は裏意味で和訳する場合がある。
5. 間接疑問文に注意。
第 3 段落
本文
Filled with anguish, one of the condemned men (let’s call him Prisoner C) tries to bribe the guard. He
says, “As only one of us is going to be spared, it is clear that at least one of the other two of us is going
to die. If you tell the name of one of those who is going to be shot for sure, I’ll give you my gold
watch. You’re not giving away any secret, because it is mathematically certain that at least one of the
other two will be shot. Just give me the name of one of the two who is certain to be shot and I’ll give
you this valuable watch.”
訳例
激しい苦痛に苛まされ、死刑囚の 1 人(囚人 C と呼ぶことにしよう)が看守を買収しようと画策す
る。彼が言ったことには、「我々のうちただ 1 人だけが助けられるのだから、私以外の 2 人のうち
少なくとも 1 人が死ぬことになるのは明らかなことだ。2 人のうち確実に射殺される者の名を教え
てくれれば、私の金時計をあげよう。私以外の 2 人のうち少なくとも 1 人が射殺されるのは数学的
に確かなことなのだから、君は全く秘密を明かしていることにはならない。2 人の中で確実に射殺
される者の名をただ教えてくれればいい、そうしたらこの高価な時計を与えよう。」
k
Vocabulary
anguish n. 心の苦痛
mathematically adv. 数学的に
bribe vt. ∼を買収する
k
Reading
1. “Filled with anguish” は分詞構文。
2. “as only” というイディオムだと勘違いしないように注意。“only one of us” が副文の S である。
4. 仮に囚人 C が撃たれる場合もあと 1 人は撃たれなければならない。
5. この “and” は “Study hard, and you will get good grades.” の “and” である。似たようなものに、
“Hurry up, or you will miss the train.” の “or” がある。
40
第 4 段落
本文
The guard thinks for a moment, and then lets himself be seduced. He is convinced that this will have
no effect on anything; nothing is changed by telling Prisoner C. So he says, “Prisoner A will die.”
Prisoner C hands over his watch. He is happy because where before he had a one-in-three chance of
being spared, he now has a 50/50 chance of being spared. The sacrifice of the watch is offset by his
greater probability of surviving.
訳例
看守はしばし考えて、誘惑に応じることにした。彼はこの事が何かに影響を及ぼすことはない、囚
人 C に教えても何も変わることはない、と確信している。従って彼は「囚人 A は死ぬ」と伝える。
囚人 C は時計を手渡す。救われる確率が前までは
1
1
だったのに対して今では
の確率である
3
2
と彼は喜ぶ。時計を犠牲にしたことは生き残る確率が高くなったことによって埋め合わせられる
のだ。
k
Vocabulary
seduce vt. ∼を誘惑する、迷わす
50/50 adj. 50 対 50 の、半々の、五分五分の
hand over vt. ∼を引き渡す
offset vt. ∼を相殺する、補う
k
Reading
1. “let oneself be Vpp” で「V される」。
2. “convince A that S+V” で「A に S が V することを確信させる」。“convince A of B” で「A に B
を確信させる」となることもあるので注意。
5. “where” = “whereas” であることに注意。“one-in-three”, “50/50” は読んで字の如く、それぞれ
1 , 1 である。
3 2
6. “offset” [Ò(:)fsÉt] はここでは過去分詞形であるが、“set” と同様に無変化型であることに注意。
41
第 5 段落
Question: Is Prisoner C’s reasoning correct?
本文
Gloss: if it was already certain that (at least) one of the other two must die, how is it possible that just
knowing which of the other two will die will improve Prisoner C’s chances of surviving? Isn’t that
magic? I invite the reader to put down his book and think out his own answer to this enigma.
訳例
注:他の 2 人のうち(少なくとも)1 人は死ぬはずであるということが既に確実であったのならば、
ただ 2 人のうち死ぬ者を知るだけで囚人 C の生き残る確率が上がる、などということがどうしてあ
り得るのか。そんなことは魔法ではないか。読者諸氏には是非本を閉じてこの謎に対する自分自身
の答えを考えて頂きたい。
k
Vocabulary
gloss n. 注解
think out idiom. ∼を考え出す
put down idiom. ∼を置く
enigma n. 謎
k
Reading
1. “if” = “even if” に注意。
3. イディオムに注意。
42
第 6 段落
本文
The correct reply is as follows: Prisoner C’s chance of being spared is and remains one in three, but,
thanks to the information provided by the guard, the probability of the remaining prisoner, Prisoner B,
being spared has now risen to 66 percent, or a two-thirds probability.
訳例
正しい答えは以下の通りである。囚人 C の救われる確率は元々、そして情報を得た後も変わらず、
1
である。しかしながら看守の情報により、残った囚人すなわち囚人 B が救われる確率は 66%、
3
2
つまり
まで上がっている。
3
k
Vocabulary
as follows idiom. 次の通りで
remaining adj. 残りの
43
第 7 段落
本文
Prisoner C has strayed into one of our mental tunnels; he has fallen into a probability trap. The only
one who gains from his sacrifice of his gold watch is Prisoner B, who may know nothing at all about
the transaction and has been sleeping in his cell. If it seems to you quite mad that Prisoner B’s chances
of survival have objectively increased, thanks to something that happened in which he took no part and
of which he knows nothing, then yours is a cognitive illusion. An increased probability is not a sort of
“fluid” that can pass in a jolt from one prisoner to another and produce a material change.
訳例
囚人 C は人間の「思考の抜け穴」の一つに迷い込んだのである。確率の罠にかかったのだ。彼が金
時計の犠牲を払ったことによって得をするのは囚人 B のみであり、当の B はこのやり取りについ
ては全く何も知らずに自分の独房で寝ていたかも知れないのである。彼自身関与した訳でもなく、
何も知らなかった事柄の影響で囚人 B の生き残る確率が客観的に見て上がった、ということが全く
もっておかしいように感じるのならば、それは認識上の錯覚である。増加した確率は、ある囚人か
ら他へと衝撃を与えて物理的な変化を与えることのできる「流体」のようなものではないのだ。
k
Vocabulary
stray vi. (∼に)迷い込む [into]
in a jolt idiom. 急激に
transaction n. やりとり
k
Reading
1. “stray sheep” はあまりにも有名。
2. “who gains ∼ gold watch” が “one” に掛かっている。
in which he took no part
3. something Y and
の構造に注意。
of which he knows nothing
44
第 8 段落
本文
In the three-box problem, we dislike the idea that the chances of a box containing the money can
augment or diminish while that box remains closed, insert, and intact, without anything having been
added to or taken away from it. That is the same illusion. We dislike the idea that Prisoner B’s chances
of survival have been increased by an event in which the beneficiary took no part, and about which he
knows nothing. Symmetrically, we dislike the idea that the chances of Prisoner C, who has elicited and
received the piece of information, have not changed at all. It is our view of what a probability is that
betrays us. We think of probability not as an abstract mathematical entity but as a “thing,” a “process”;
to us it has real weight and body.
訳例
3 つの箱の問題では我々は箱が閉じられていて動かず無傷であり、何も足さず何も引かない状態で
ある間にその箱がお金を含む確率が増えたり減ったりする、という考えに反発する。これは同じ錯
覚である。我々はメリットを受ける当の本人が関わっておらずまた知ってもいない出来事によって
囚人 B の生存する確率が上がる、という考えに抵抗があるのだ。対称的に、情報の一端を聞き出
し、手に入れた囚人 C の確率が全く変わらないという考えにも抵抗があるのである。我々を欺くの
は、我々自身の「確率とは何か」についての見解である。我々は確率を抽象的で数学的な存在とし
てではなく、ある「もの」あるいは「過程」として捉えているのだ。我々にとってはそれは実体を
持ち重量を持つものなのである。
45
k
Vocabulary
augment vt. ∼を増加させる
beneficiary n. 受益者
diminish vt. ∼を減らす
elicit vt. ∼を引き出す、聞き出す
intact adj. 無傷の、そのままの
k
Reading
closed
augment
1. the money can Y or
diminish
q while that box remains ]
insert
and
u, without anything having been
intact
added to
Y or
taken away from
q it の構造に注意。
in which the beneficiary took no part
3. an event Y and
の構造に注意。
about which he knows nothing
4. 従属節は “the chances have not changed at all.” が主文。
5. It is our view of what a probability is that betrays us. という強調構文になっており、強調され
ているのは S である。
not as an abstract mathematical entity
6. We think of probability Y
but as &
a “thing”
a “process”
46
という構造に注意。
第 9 段落
本文
The objective probability of an event involving any given individual may well be affected by another
event taking place anywhere in the world, and quite without that individual knowing about it. Prisoner
C thinks his chances of survival have jumped from one-third to one-half because he suffered from the
same illusion we saw in the three-box problem: He believes that in any given situation about whose
outcome he is uncertain, probability is subdivided equally and becomes 50/50. But here again, the
only link that rigorous probability calculation allows is that the sum of two probabilities is 1, or 100
percent; probability theory does not claim that this sum is necessarily equally divided between the two
remaining boxes, or the two undesignated prisoners.
訳例
あらゆる所与の個人を含むある出来事が起こる客観的な可能性は、世界のどこかで起こっているあ
る他の出来事によって影響されることは大いにあり得るし、その個人の与り知らぬ内に影響を受け
ることもあり得るのである。囚人 C は我々が 3 つの箱の問題で経験したものと同じ錯覚に惑わさ
1
1
から
に増えたと思っている。彼はどんな状況であれ結末に
3
2
ついて自分が分からないのであれば、常にその確率は等分されるのであり、この場合 50% ずつに
れたが故に、自分の生存確率が
なるものだと信じているのだ。しかしここで再び言うと、厳密な確率計算が許容する事象間の関係
は、二つの確率の和は 1、もしくは 100% である、ということだけなのである。確率の理論は、2 つ
の残された箱、あるいは 2 人の指名されていない囚人の間で確率の合計が必ずしも等分されるとは
していないのである。
k
Vocabulary
subdivide vt. (通例受身形で)再分割される
k
undesignated adj. 未指定の
Reading
3. designate [dézIgnèIt] の発音に注意。
47
第 10 段落
本文
There is an elegant reasoning that also shows the absurdity of Prisoner C’s argument, and why his
probability of survival cannot be improved. Suppose the guard says it is Prisoner B rather than Prisoner
A who is sure to die.
訳例
同じく囚人 C の論理が馬鹿げていること、そしてどうして彼の生存確率が増加することがあり得な
いのか、を示す見事な論法がある。看守が、確実に死ぬ者を囚人 A ではなく囚人 B だと言った場
合を考えてみて欲しい。
k
Vocabulary
absurdity n. 不条理、ばからしさ
48
第 11 段落
本文
This would make no difference at all to Prisoner C, because all he wants, following his strange way of
thinking, is to rule out one of the other two as certainly condemned. Any one of the other two will do
for him. In fact, the subjectively experienced boost in probability, from one-third to one-half, is tied
for him to the certainty that now there are only two candidates left who could possibly benefit from
pardon. Therefore, as it does not matter at all to him which prisoner is actually named by the guard,
and because he knows for sure that at least one of them will die, he may as well toss a coin himself
and pick one of the other two at random. In other words, he may as well imagine that there is a guard
whom he manages to bribe. All this rigmarole might as well take place in the private chamber of his
own imagination.
訳例
このことは囚人 C には全くなんの違いももたらさない、というのも、彼の怪しげな論理に従うと、
彼が求めていたのはただ他の 2 人の内 1 人を確かに死刑であるとして思考から除外することだけで
あるからだ。その一人がどちらであっても彼にとっては構わないのである。実際のところ、彼が確
率が
1
1
から
に上昇したように感じたのは、恩赦を受ける可能性があるのは 2 人だけだという
3
2
確信からくるものである。故に、実際にどちらの囚人が看守によって指名されようと彼にとっては
変わらず、そして彼は 2 人の内どちらかが死ぬことは確かに知っているので、囚人 C が自分でコイ
ンを投げて適当に他の 2 人から 1 人を選んでも全く同じことなのである。言い換えれば、C が買
収に成功した看守がそこにいると想像するだけでも同じことなのである。長々としたくだらない話
は、彼自身の想像という個人的な空間で全て行われても同じことだったのだ。
k
Vocabulary
rigmarole n. くだらない長話
k
Reading
1. “following ∼ thinking” が挿入となっている。
49
第 12 段落
本文
Thus Prisoner C can self-boost his chances from one-third to one-half. If, I say if, we assume that the
line of reasoning of Prisoner C is probabilistically right, then he has a one-half (50 percent) chance of
being saved. But then an identical piece of reasoning is open to any one of the three prisoners. Thus
each of them would have a probability of one-half (or 50 percent) of being saved. This is, of course, a
monstrosity from the point of view of the most basic probability theory: Their cumulative probabilities
would add up to more than 100 percent (in fact, to 150 percent). This is a little proof per absurdum that
shows that the reasoning of Prisoner C cannot be right.
訳例
1
1
から
に自ら上昇させることができる。もしも、もし仮に、囚人
3
2
1
C の一連の論理が確率論的に正しいと考えたならば、彼は元より (50%)の確率で助けられるこ
2
1
とになる。しかし、同じ理屈は 3 人の囚人の誰にでも適用されうる。従って 3 人皆が (50%)の
2
このように、囚人 C は確率を
助けられる確率を有していることになる。このことは、もちろんだが最も基本的な確率理論の観点
からして異常なことである。この場合彼らの生存確率を足し合わせると 100% を超える(実際には
150%)。これは囚人 C の論理が正しくはありえないということを示すちょっとした背理法となっ
ている。
k
Vocabulary
monstrosity n. ありえないこと
proof per absurdum n. 背理法
cumulative adj. 累積の
50
5
The Pendulum Clock of Christiaan Huygens (Part 1) — Lisa
Jardine
第 1 段落
本文
Sometimes if you are lucky as an historian, you find a bit of evidence which illuminates a big idea. That
happened to me in the Pepys Library at Magdalene College, Cambridge, in April 2006, when I made
a discovery which allowed me to correct the historical record. It concerned a piece of documentary
evidence repeatedly used to prove that a Dutch scientist had been the first to invent a clock accurate
enough to determine the precise position of a ship on the open sea.
訳例
歴史学者として運が良ければ、時折大きなことを明らかにするちょっとした歴史的証拠を発見する
事もあるだろう。そんな幸運が 2006 年 4 月にケンブリッジ大学のモードレン学寮にあるピープス
図書館で起こって、私が過去の歴史を塗り替えるような発見をすることが出来た。その発見は、外
洋で自船の正確な位置を決定するために十分な精度をもった時計を発明したのはオランダの科学者
が最初であったということを証明するために繰り返し引用されてきた文書的証拠に関係していた。
Figure3 Samuel Pepys
51
k
Vocabulary
Magdalene College n. モードレン学寮。ケン
Pepys n. Samuel Pepys (1633-1703)
英国の海軍官吏・日記作家。1660 ∼ 69 年
ブリッジ大学の学寮の一つで、1542 年に
の間に綴った暗号で書かれた日記は、当時
創立された。
の社会や海軍を知る貴重な資料となって
open sea n. [the ∼] 外洋、外海。
いる。
k
Reading
1. “if you are lucky as an historian” は挿入されていることに注意。
“illuminate” は「∼を明らかにする」という意味。
2. 時系列に沿って、前から後ろへ読んでいくのが良い。
第 2 段落
本文
The manuscript I found in Cambridge was a ship’s journal kept by a seventeenth-century English seacaptain, who had offered to give space on his ship for some state-of-the-art scientific equipment —
two new pendulum clocks — on a voyage to the west coast of Africa and back. The job he agreed
to undertake for the recently founded Royal Society was to test the clocks at regular intervals on his
journey, to see if they kept accurate time in spite of being tossed up and down and generally shaken
about at sea.
訳例
ケンブリッジ大学で私が見つけた手書きの本は、アフリカ西海岸への往復の旅に、当時最先端の科
学的な装置である 2 つの振り子時計を船に置くことを申し出た 17 世紀の英国の船長によって書か
れた航海日誌であった。当時創立されたばかりの王立協会のために彼が引き受けた仕事は、旅の途
中定期的に時計の示す時刻を測り、海で上下左右に揺られても正確な時間を計測できているか調べ
ることであった。
k
Vocabulary
sea-captain n. 船長、艦長
pendulum n. 振り子
state-of-the-art adj. 最新式の
Royal Society n. 王立協会、英国学士院
52
第 3 段落
本文
The thought uppermost in my mind as I worked my way through the manuscript materials in the library
was how odd it is that non-scientists think of science as being concerned with certainties and absolute
truth. Because in fact the contrary is the case: scientists are on the whole quite tentative about their
results. They simply try to arrive at the best fit between the experimental findings so far and a general
principle.
訳例
図書館で見つけた航海日誌を精査するにつれて真っ先に心に浮かんだのは、科学者でない人々が、
科学によって確実性や絶対的な真実がもたらされると考えていたのが実に奇妙であるということ
だった。というのも、実際に科学の世界で起こっていることはそれと正反対のことだからだ。つま
り、概して科学者達は自分自身で導き出した結果について確信を持っていないのだ。彼らは単にそ
の時点での実験結果と一般法則との折り合いが最もうまく付く点に到達しようとするものなのだ。
53
k
Vocabulary
uppermost adj. 真っ先に心に浮かんだ
k
Reading
1. “The thought was how ∼.” が主文。
2. because 節が主文から独立するのは本来は好まれない F
the experimental findings so far
3. the best fit between Y and
q において、“so far” は本来副詞句である
a general principle
が、ここでは名詞である “the experimental findings” を後置修飾するものとして使用されている。
54
第 4 段落
本文
Science is not doctrinaire. Strongly held religious beliefs, however, are. In the same week that I was
transcribing seventeenth-century handwritten records in Cambridge, John Mackay from Queensland,
Australia, an extreme advocate of Creationism, was touring halls and chapels in the UK attacking Darwin’s theory that the human race has evolved gradually from the apes over millions of years. Mackay is
one of those who maintain that Genesis is literally true, that the earth is a mere 6000 years old, and that
the exquisite organization of nature is clear proof that God’s hand lies behind all of creation. During
his visit Mackay had hoped to debate the matter with leading British scientists. If evolution is ‘true’,
the Creationist challenges, step up and prove it.
訳例
科学は演繹的なものではない。しかし、堅固に塗り固められた信仰心についてはそれが言える。私
がケンブリッジ大学で航海日誌を複写していたその丁度同じ週に、極端な創造説論者であるオース
トラリアはクイーンズランドのジョン・マッケイはイギリスの講演会や大聖堂を渡り歩き、何百万
年もかけて人類は猿から徐々に進化してきたというダーウィンの進化論を攻撃していたのだ。マッ
ケイは、創世記の逸話が文字通り真実であり、地球は生まれてから 6000 年しか経っておらず、自
然が完全な形で調和していることが万物の創造に神の手が携わっているということを明らかに示し
ていると主張する人物である。マッケイはイギリス滞在中にその事についてイギリスの主要な科学
者達と議論する事を望んでいた。進化が仮に「真実」なのだとすれば、とその創造説論者は言う。
前に立って証明してみろ、と。
55
k
Vocabulary
doctrinaire adj. 純理論一点張りの空論家
Genesis n. (旧約聖書の)創世記
transcribe vt. 写す、模写する
exquisite adj. この上なくすぐれた
Creationism n. 創造説
Creationist n. 創造説論者
ape
k
n. 猿、類人猿
Reading
1. “doctrinaire” は意訳が必要。
2. “are” の後に doctrinaire が省略されている。
3. ここでは “seventeenth-century handwritten records” は Samuel Pepys の航海日誌を指している。
that Genesis is literally true
4. who maintain ]
that the earth is a mere 6000 years old
and
の構造に注意。
that the exquisite organization of nature is ∼
“the exquisite organization of nature” は「SV ∼こと」と訳すとよい。
6. “the Creationist challenges” が文全体を目的語とする挿入句になっている*6 。
第 5 段落
本文
There is something rather attractive about absolute beliefs. Most of us find the idea of certainty comforting: ‘The sun will rise tomorrow’. Uncertainty, on the other hand, is much more unsettling.
訳例
絶対的な信条には、何かとても魅力的なところがある。我々人間の多くは「明日も陽は昇る」と
いったように、確実性を持った考えに元気づけられる。その一方で、不確実なものに対しては信条
が不安定になってしまうのだ。
k
Vocabulary
comforting adj. 励みになる
*6
unsettling adj. 乱す、かき乱す
『ロイヤル英文法』§387 (3) 参照。
56
第 6 段落
本文
One of the reasons why we find it difficult to make up our minds about climate change and global
warming is that the data are so complicated. Glaciers are melting, holes are detected in the ozone
layer, emission of greenhouse gases is rising, yet we have just gone through an unusually cold winter,
spring is unseasonably late arriving and it seems to have been raining continuously for months — it
is hard to get alarmed. Scientists tell us that analysis of the current experimental data suggests that
over the next 90 years sea-levels are likely to rise well over 10 centimetres — which means that entire
coastlines will disappear. But even a passionate advocate of the prospect of impending ecological
disaster like the Prime Minister’s scientific advisor Sir David King cannot, as a scientist, go so far as
to say, ‘It will be so. That is the absolute truth of the matter’. Instead TV and the newspapers offer us
extensive coverage of the ecological scientists’ warnings and doom-laden predictions, and we have to
make up our own minds.
訳例
気候変動や地球温暖化について我々が考えを固めることが難しいように感じる理由のひとつは、
データがとても複雑だからだ。氷河が融け、オゾン層に穴が発見され、温室効果ガスの排出量は上
がっているが、その一方でついこの間はめったにないような寒い冬を経験し、春の到来が季節外れ
に遅く、何ヶ月も雨が振り続けているように思えるので、警戒心が薄れてしまうのだ。科学者達に
よれば、現在の実験データを解析した結果、この先 90 年で海水面は 10cm 以上優に上昇するだろ
うということが分かった。つまり、全ての海岸線が無くなってしまうだろうということだ。しか
し、首相の科学顧問であるデイヴィッド・キング氏のように生態学上の危機が迫っているという見
込みを熱烈に支持する人々でさえも、科学者として、「そうなるでしょう。それがこの問題におけ
る絶対的な事実です。」と言うことは無いのだ。その代わりにテレビ番組や新聞紙が我々に生態学
者の警告や破滅の予測を広い範囲に渡って報道し、我々は自分自身の考えを決定しなければならな
いのだ。
57
k
Vocabulary
glacier n. 氷河
sea level n. 海面
ozone layer n. オゾン層
coastline n. 海岸線
greenhouse gas n. 温室効果ガス
impend vi. 差し迫る
unseasonably adv. 季節外れに
doom-laden adj. 破滅を予告する
k
Reading
氷河の融解
寒い冬
2. ) オゾンホール A $ ) 季節外れの遅い春 A の対立関係に注意。
温室効果ガス
長く続く雨
4. “even a passionate advocate go so far as to say ∼” が主文。
第 7 段落
本文
It is a basic requirement of scientific method that a tentative explanation has to be tested against observation of the natural world. From the very beginning scientists have been suspicious whenever the
data fit the hoped-for results too closely.
訳例
仮説を立てたら、自然界の観察結果と照らしあわせて正しいかどうか調査しなければならないとい
うのが科学の手法における基本的な仕事である。科学が産声を上げたときから、科学者達はデータ
が期待される結果と上手く合致しすぎているときにはいつでも懐疑的になるものであったのだ。
k
Vocabulary
hoped-for adj. 望まれていた
58
第 8 段落
本文
Which brings me back to my clock-testing sea-captain, and the ship’s journal I was reading in Cambridge. I was looking for documents relating to attempts by the seventeenth-century Dutch scientist
Christiaan Huygens to develop a pendulum clock which would enable mariners to find their longitude
at sea (their precise east-west position on the surface of the globe).
訳例
そしてこのことは、私が調査していた時計の精度を調査する船長と、ケンブリッジ大学で私が読ん
でいた航海日誌にもあてはまることだ。私は海の上で乗組員が自船の経度、つまり地球表面におけ
る東西方向の正確な位置を知ることが出来る振り子時計を発明しようとした 17 世紀のオランダの
科学者であるクリスチャーン・ホイヘンスの意気込みに関する文書を探し求めていた。
k
Vocabulary
journal n. 航海日誌
longitude n. 経度
mariner n. 海員、船員、水夫
k
Reading
1. ここで “which” は前の段落の文全体にかかる。これは口語であるためこのような表現形態となっ
ているが、文章を書く時には好まれない F
2. “attempts by ∼ to do” という構造に注意。
59
第 9 段落
About Huygen’s Pendulum Clock — Brendan Wilson
本文
The pendulum clock was invented by Christiaan Huygens (1629 - 1695), a Dutch astronomer, mathematician, physicist and inventor who was one of the leading scientists of his time. But how did the
pendulum clock work?
訳例
振り子時計は、オランダの天文学者、数学者、物理学者であり、また当時最も名の知れた科学者の
うちの一人である発明家であったクリスティアーン・ホイヘンス(1629 年∼ 1695 年)によって発
明された。それにしても、どのような仕組みで振り子時計は動いているのだろうか?
Figure4 The First Pendulum Clock Invented by Christiaan Huygens
60
第 10 段落
本文
The time taken for a pendulum to swing from one extreme to the other and back (its period) depends on
the width of the swing (the amplitude): a longer swing takes more time. However, Galileo discovered
— sometime around 1600 — that as long as the amplitude is kept small, changes in amplitude have no
significant effect on period. He realised that this would make a small-amplitude pendulum useful as a
time-keeper, and he designed (but never built) a clock based on this idea.
訳例
振り子が一方の端からもう一方の端まで振れるのにかかる時間、つまり周期は、振り子が振れる
幅、つまり振幅の大きさに依存する。振幅が大きいほど、周期はより長くなるということだ。しか
し、1600 年前後に、振幅が小さく保たれていれば、振幅の大きさの変化は周期に大して影響を及ぼ
さないということをガリレオ・ガリレイが発見した。彼はこの事実を応用すれば振り子を時間を計
測する器具として有用出来るということに気付き、この考えに基いて時計を設計したが、その時計
が組み立てられることは無かった。
k
Vocabulary
period n. 周期
k
amplitude n. 振幅
Reading
2. 揺れの幅が小さい場合、振り子の周期 T は
F
l
g
T = 2¼
で表される。ちなみに、振幅が大きい場合には
F
l
g
Ý
¼
2
1
dÁ
µmax
2
1 ¡ sin
sin Á
2
F
µmax
l
<
=4
K $sin2
g
2
F
2
1
µmax
(2n ¡ 1)!!
l ß
U
m
˜ sin2n
= 2¼
g n=0
2
(2n)!!
T=4
F
0
2
と表せる。らしい*7 。
*7
Keyword: 第一種楕円積分
61
(1)
第 11 段落
本文
In 1656, Huygens actually built a clock which used a controlled-amplitude pendulum to regulate its
action. The result was a huge increase in accuracy, from about 15 minutes error per day, to about 15
seconds. (Until about 1670, clocks did not have a minute hand — there was no point.)
訳例
1656 年、ホイヘンスは挙動を制御するために振幅を調節した振り子を使って実際に時計を製作し
た。その結果、時計の正確性は大きく向上し、1 日 15 分の誤差だったものが、1 日 15 秒にまで改
善した。ちなみに、およそ 1670 年くらいまでは、時計に分針は付いていなかった。意味を成さな
かったからだ。
62
第 12 段落
本文
This improved accuracy had many important consequences of course, but one dramatic result was a
proof that the earth is not round. In 1671, a French astronomer noticed that his clock ran more than
2 minutes slower in Cayenne, near the equator, than in Paris. He inferred that the local strength of
gravity was weaker at Cayenne. Then in 1687, Newton showed that this is because the earth is oblate
(flattened at the poles), due to the centrifugal force of rotation. At the equator, we are further from the
centre of the earth, and therefore less subject to its gravity.
訳例
このように時計の精度が向上したことで、たくさんの重要な結果を引き起こしたが、劇的な結果の
ひとつは、地球が球形ではないということが証明されたことだった。1671 年、フランスの天文学者
が、彼の時計が赤道近くのカイエンヌではパリにいるときよりも 2 分遅れることに気付いた。彼は
カイエンヌでの重力の強さがパリに比べて弱いのではないかと推測した。そして 1687 年、ニュー
トンはその原因を、地球が自転する遠心力によって上下の両極で扁平な構造になっているからだと
証明した。赤道直下では地球の中心からより離れているので、掛かる重力も小さくなるのだ。
k
Vocabulary
Cayenne n. カイエンヌ(仏領ギアナの首都)
oblate adj. 扁平な
infer vt. ∼を推察する
centrifugal adj. 遠心性の
k
Reading
1. 無生物主語構文に注意。
2. g が小さくなると (1) 式より T は大きくなる。
63
第 13 段落
本文
So improved understanding of pendulum movement led to more accurate clocks, which led to a proof
that the earth rotates! Truly a wonderful example of the mutually reinforcing discoveries of the Scientific Revolution.
訳例
ということは、振り子の運動に対する理解が深まったことによってより正確な時計が作られ、そし
て地球が自転しているということが証明されたというわけだ! 科学革命において様々な分野が相
互に関連しながら発展してきた本当に良い例だ。
k
Vocabulary
Scientific Revolution n. (17 世紀の)科学革命
64
第 3 段落
本文
London was abuzz with excitement. The Fellows of the Royal Society were elated, and immediately
rushed Holmes’s account of how the pendulum clocks had saved the day into print. Orders began to be
placed for the revolutionary new timekeepers.
訳例
ロンドンは興奮の渦に包まれていた。王立協会の研究員は意気揚々として、振り子時計がいかにし
て困難を救ったのかホームズが計算した結果を急いで印刷した。その革新的な新しい時計に注文も
入るようになった。
k
Vocabulary
abuzz adj. がやがやして、騒然として
timekeeper n. 時計
elate vt. ∼の意気をあげさせる
k
Reading
2. “save the day” で「どたんばで勝利(成功)を収める」という意味になる。ここでは前の段落の内
容を踏まえて「困難を救う」と訳すのが適当。
69
第 4 段落
本文
But the inventor himself, Christiaan Huygens, was not so sure. And his reason for being more cautious
than his London colleagues was precisely the fact that the clocks had proved so astonishingly accurate:
訳例
しかし振り子時計の発明者であるクリスチャン・ホイヘンス自身は時計の活躍ぶりに懐疑的であっ
た。そして彼がロンドン王立協会の同僚よりも用心深い反応を示したのは、まさに時計が目を見張
るほど正確であると分かったからであった。
k
Vocabulary
astonishingly adv. 目覚ましく
k
Reading
2. “his reason for ∼” で「彼が∼であった理由」となる。“his” が付いているからといって「理性」
と勘違いしないように。
第 5 段落
本文
‘I have to confess’, he wrote to the Royal Society, ‘that I had not expected such a spectacular result
from these clocks’.
彼は王立協会宛に「私は時計がこのような劇的な結果を出すことは期待していなかったということ
を打ち明けなければなりません。」という手紙を書き残している。
k
Vocabulary
confess vt. ∼を自白する
70
第 6 段落
本文
And he went on: ‘I beg you to tell me if the said Captain seems a sincere man whom one can absolutely
trust. For it must be said that I am amazed that the clocks were sufficiently accurate to allow him by
their means to locate such a tiny island’.
訳例
手紙の続きで、彼はこう書いている。「上述の艦長が完全に信頼出来るような誠実な男に見えるか
どうか私に教えて下さい。というのも、あのような小さな島の位置を特定することが出来るほど時
計が正確なものであったという結果には驚いたと言わざるを得ないからです。」と。
k
Vocabulary
said adj. 上述の、前記の
k
Reading
2. “allow A to do” で「∼に... させる」という意味になる。“by their means” は挿入句で、「彼らの道
具を使って」が直訳であるが、使ったのは時計であるから「時計を使って」と訳すのが望ましい。
71
第 7 段落
本文
Well, Robert Holmes was not ‘a sincere man’. In fact, he was a rather notorious rogue. History
remembers him as the man whose thuggish and piratical behavior towards the Dutch merchants along
the Guinea coast in the 1660s directly caused the second Anglo-Dutch war.
訳例
果たしてロバート・ホームズは「誠実な男」ではなかった。それどころか、彼はむしろ名の知れた
悪党であった。歴史書によれば、1660 年代に彼がギニア沿岸でオランダ商人に対して暴力的で海
賊のように粗野な振る舞いをしたことが直接の原因となって第 2 次英蘭戦争が起こったとされて
いる。
k
Vocabulary
notorious adj. 悪名高い
thuggish adj. 暴行の、暗殺の
rogue n. 不正直者、悪党
piratical adj. 海賊の
k
Reading
3. 擬人法に注意。“history” が主語となっている。
“whose” は関係代名詞で、“whose ∼ war” までが “the man” にかかる。
Figure7 The ‘Royal Prince’ and other Vessels at the Four Days Battle, 1-4 June 1666
72
第 8 段落
本文
So the Royal Society asked an official from the Navy Board, Samuel Pepys — the same Pepys who
wrote the diary — to check the evidence Holmes had provided against the day-by-day entries in his
ship’s journal. Pepys went off somewhat reluctantly to dine with Holmes — he confessed that he was
rather afraid of him. Well, that was the journal I went to look at in Cambridge. Lo and behold! It
turns out that Holmes had greatly exaggerated. The pendulum clocks had proved no more accurate for
calculating longitude than conventional methods; the ships had been well and truly lost; the mariners
had been extremely lucky to make landfall on the island of Saint Vincent several days after they turned
back eastwards, just before their water entirely ran out.
訳例
そこで王立協会は、海軍本部の役員であったサミュエル・ピープス、航海日誌を書いたのと同一人
物であるが、にホームズが主張した根拠を彼の船の航海日誌の毎日の記録と照らしあわせて検証
するように依頼した。ピープスはどこか渋々といった表情でホームズとの食事に出かけていった。
ピープスはホームズのことを恐れていると言った。さて、その航海日誌こそが、私がケンブリッジ
大学に行った時に読んだものであった。驚く無かれ! ホームズが大変な誇張表現をしていたこと
が発覚したのだった。振り子時計は伝統的な計算法と同様に、経度を測るのに十分な正確さは持っ
ていないということを示していた。ホームズの船団は、まさしく自分の位置を見失っていたのだ。
そして彼らは大変に運が良く、東に針路をとってから数日の後、飲料水が完全になくなってしまう
直前にサン・ヴィセンテ島に到着したのだった。
k
Vocabulary
Navy Board n. 海軍本部
Lo and behold! int. 驚く無かれ!
day-by-day adj. 毎日毎日の
well and truly adv. まさしく
dine vi. (∼と)食事をする [with]
k
Reading
1. “an official from the Navy Board” と “Samuel Pepys”、“the same Pepys” が同格。
“check ∼ against ...” で「∼を... と照合する」という意味になる。
2. “Pepys went off to dine with Holmes” が主文。
6. “no more ∼ than ...” で「... と同様∼ない」という意味になる。
73
第 9 段落
本文
Holmes thought that by tempering with his evidence he would please the scientists at the Royal Society.
Instead, the too-precise nature of the match between his data and the results they wanted alerted them
to the fact that his testimony was unreliable. And Huygens was right to be skeptical. His pendulum
clocks never did prove accurate enough at sea to solve the problem of finding longitude.
訳例
ホームズは、彼の証拠を改変することで、王立協会の科学者達を安心させることができるだろうと
考えたのだ。しかし、彼の記録と科学者達が求めていた結果があまりにも上手く合致しすぎていた
ので、科学者達は彼の試験が信頼するに足らないものではないかと疑い始めたのだった。そしてホ
イヘンスが懐疑的になったのは正しかった。彼の振り子時計は経度を測るという問題を解決するの
に十分な正確さを持っているとは証明されなかったのだ。
k
Vocabulary
testinomy n.
k
Reading
2. 擬人法に注意。“the too-precise nature” が主語。
3. 不定詞の用法に注意。
74
第 10 段落
本文
A scrupulous scientist like Huygens would rather be disappointed than accept dubious evidence to
provide pat confirmation of a pet theory.
ホイヘンスのような几帳面な科学者は、疑わしい証拠を受け入れて自らの支持する説にぴったり
合った確証を与えるよりはむしろ失望したことだろう。
k
Vocabulary
scrupulous adj. 良心的な、几帳面な
pat
pet
adj. 愛している
adj. ぴったり合った
第 11 段落
本文
And that continues to be true in all areas of scientific investigation today. Which is why no scientist
would take up the Creationist Mackay’s challenge to ‘prove’ the truth of Darwin’s theory of evolution in
a public debate. They knew they could not present a strongly held view based on a body of supporting
evidence with the absolute certainty of a revealed truth. The most today’s Royal Society was prepared
to say was that a belief that all species on Earth have always existed in their present form, and that
the Earth was formed in 4000 BC was ‘not consistent with the evidence from geology, astronomy and
physics’.
訳例
そしてそれは今日の全ての分野における科学調査で成り立っている。このことが理由で、どの科学
者も公の議論の場で創造説論者であるマッケイの要求を受け入れ、ダーウィンの進化論を「証明」
しようとしないのだ。。彼らは、明らかにされた真実を裏付ける、明らかになった真実に絶対的な
確実性を付与して裏付けの根拠とし、強固な言説を提示することなど出来ないと分かっていたの
だ。今日の王立協会が言おうとしていたことのほとんどは、地球に存在する全ての種は今と同じ形
でずっと存在しており、地球は紀元前 4000 年に形作られたという信条は「地質学、天文学、物理
学から得られる証拠とは相容れない」ということだった。
75
k
Reading
2. “why” 以下の文では “no scientist would take up O to do” が主文。
4. “today’s ∼ say” が主語である “the most” にかかる。
従属節の中では “a belief” が主語で “that all ∼ 4000 BC” がこれにかかる。
第 12 段落
本文
And that is probably not enough to satisfy ordinary thoughtful citizens without a scientific training,
because most of us want certainty. It makes us feel safe. We’re on the side of the seventeenth-century
ship’s captain, believing the experiments ought to prove the scientific theory once and for all.
訳例
そしてその説明は恐らく、科学的な教育を受けていない賢明な一般市民には不十分であった。なぜ
なら彼らのほとんどは確実性を求めていたからである。確実性によって、我々は安心感を得ること
ができる。我々は一度の実験によって科学的理論を完全に立証するのが当然だと信じ込んでいる、
17 世紀の船長と同じ考えを持っているのだ。
k
Vocabulary
once and for all idiom. 1 回限りで
76
第 13 段落
本文
Unfortunately, where arguments about ecology are concerned, time is not on our side. We cannot
afford ourselves the luxury of waiting for evidence which clinches the theory. We are going to have to
learn how to participate in debates which are not about certainties. We are going to have to get used to
asking ourselves questions in the form: Is this theory consistent with the evidence currently available?
A public understanding of science has never been more important.
訳例
残念ながら、生態学についての議論が関係している分野においては、時間は我々に味方してくれな
い。証拠が現れて理論が実証されるまで待つという悠長なことはやっていられない。我々はどのよ
うにして確実性の無い議論に参加するか学ばなければならなくなるだろう。我々はこのような形で
疑問を抱くことに慣れなければならなくなる。「この理論は現在出揃っている証拠と矛盾すること
はないか?」と。科学についての民衆の理解がこれほど重要であったことはなかった。
k
Vocabulary
clinch vt. ∼に決着をつける
k
Reading
1.「理論が実証される」とき、それは地球環境に取り返しの付かない事態が起こった時である。
2. “afford O1 O2 ” で「O1 に O2 を与える」という意味になる。ここでは O1 が ourselves なので、自
動詞的に訳して構わない。
¶ Music affords us much pleasure.
音楽は私たちを大いに楽しませてくれる。
5. 現在が一番理解が重要だということである。
77
第 14 段落
本文
Personally, I am absolutely certain that a literal belief in a unique and perfect moment of Creation,
presided over by an omniscient Deity, is no help in making important decisions concerning the hereand-now — like whether we should sacrifice our right to cut-price air-travel around the globe in order
significantly to cut carbon emissions. At this crossroads in our planet’s history, faith is no foundation
for understanding slow and incremental climatic change, and the increasing likelihood that the human
race faces an imperfect ecological future.
訳例
私個人の見解としては、全知全能の神によって執り行われた、唯一かつ完全な創造の瞬間を完全に
信じ込むことは、今ここで即決しなければならない重要な決定、例えば我々は著しく二酸化炭素の
排出量を削減するために格安航空券で旅行する権利を犠牲にしてよいかという決定、を下す時には
何の役にも立たない。今という我々の生きる地球の歴史の分岐点においては、ゆっくりとした増加
傾向にある気候変動や、人類が将来生態学上の欠陥に直面する可能性が高まっていることを理解す
るために信仰が基礎になることは有り得ないのだ。
k
Vocabulary
preside vi. (∼を)統轄する [over]
cut-price adj. 安売りの、割引した
omniscient adj. 全知の
incremental adj. 増加の
Deity n. 神
climatic adj. 気候(上)の
k
Reading
1. that 以下の従属節では、“a literal belief is no help” が主文。
“presided ∼ Deity” は “Creation” にかかる。
2. “crossroads” は比喩表現で、決断次第で未来が変わる分岐点を指す。
78
7
Listening — Look, Part 1
Pieter Bruegel, who is generally considered the
一般的に 16 世紀に生きた偉大なフランドル地
greatest Flemish painter of the 16th century and
方の画家で、西欧の芸術の巨匠の一人であるとさ
one of the supreme masters of European art, was
れているピーテル・ブリューゲルは、恐らく 1525
probably born in 1525, in the town of Breda, now
年に、今のオランダの街の一つであるブレダの街
in the Netherlands. He travelled to Italy in 1551
に生まれた。彼は 1551 年か 1552 年にイタリア
or 1552, completing a number of paintings there,
へ旅行し、そこで様々な絵画作品、ほとんどは風
mostly landscapes. Returning home in 1553, he
景画であるが、を完成させた。1553 年に帰って
settled in Antwerp but ten years later moved to
からは、彼はアントワープに居を構えたが、10 年
Brussels, where he lived until his death in 1569.
後にはブリュッセルに移って、彼が死ぬ 1569 年
Peasant life features strongly in his paintings, and
まで住み続けた。彼の絵画では農夫の生活が強い
he is sometimes called the ‘peasant Bruegel’ from
題材となっており、彼は時折 1567 年に描かれた
such works as Peasant Wedding Feast (1567). His
『農民の婚宴』をもじって「農民画家ブリューゲ
paintings are full of sharp observation, and often
ル」と呼ばれることもあった。彼の作品は鋭い観
deal with human weakness and stupidity.
察眼をもって描かれており、人間の弱さや愚かさ
が描かれることもあった。
Bruegel also seems to have had a powerful sense
ブリューゲルは人間の生活の脆さに対しても力
of the fragility of human life. In many paintings,
強い感性を有していたように思われる。たくさん
catastrophe is overt and overwhelming. Mad Meg
の彼の作品の中で、大惨事が現れ、人類を圧倒す
(c.1562) depicts the catastrophe of madness, show-
る。1562 年に描かれた『悪女フリート』*8 では、
ing in bizarre detail the illusions that fill poor Meg’s
狂気の大惨事が描かれ、異様な描写でフリート
mind. The Fall of the Rebel Angels (1562) shows
の心の中を埋め尽くす幻想が描き出されている。
はんぎやく
religious catastrophe: good angels throw bad an-
『 叛 逆 天使の墜落』では宗教的な大惨事が表現さ
gels down from heaven, trans- forming them in the
れている。善徳の天使が悪徳の天使を天界から堕
process into strange part-animal demons. The Tri-
とし、その過程で悪徳を異形の、体の一部が獣と
umph of Death (c.1562) reveals a ruined landscape,
化した悪魔へと変えている。1562 年に描かれた
filled with corpses and skeletons murdering the liv-
『死の勝利』では、死んだ人や獣の骨が、生きてい
る人間を殺戮する荒廃した風景が描かれている。
ing.
*8
別名『気狂いメグ』
79
But in some of Bruegel’s most famous paintings,
しかし、ブリューゲルも最も有名な作品の中に
the idea of catastrophe is hidden, concentrated into
は、さほど重要ではないように見えるように描
some apparently insignificant detail. In his Win-
かれた大惨事の印象が隠されているものもある。
ter Scene with Bird Trap (1565) we see a pic-
1565 年に描かれた『鳥の罠のある冬の風景』で
turesque snow-covered village, familiar from a mil-
は、クリスマス・カードでお馴染みの雪に包まれ
lion Christmas cards. Happy villagers are playing
た美しい村の風景が映し出されている。村人たち
various games on the frozen river. Off to one side,
は楽しそうに凍った川の上で色んな遊びをしてい
however, a large and heavy piece of wood has been
る。しかし、一方に目を向けてみると、大きくて
propped up on a stick, with food under it to attract
重い樹の欠片が棒で支えられており、その下には
the crows which are already gathering. A rope runs
カラスをおびき寄せる餌が置かれていて、カラス
from the stick to a window at the very edge of the
は既に集まり始めている。そして支え棒から縄が
painting. We know, though we do not see, that
絵の一番端の部分にある窓へとのびている。確認
someone is sitting behind that window. We know
することはできないが、その窓の後ろには誰かが
that when the crows are under the piece of wood,
座っているに違いない。そしてカラスが樹の欠片
the hidden watcher will suddenly pull the rope, and
の下に入り込んだとき、その隠れた人が急に縄を
the birds will be crushed.
引っ張り、カラスは木片に押し潰されるだろう。
Another famous painting, The Fall of Icarus
もう一つの有名な作品である、1558 年に描かれ
(c.1558), deals in a very original way with the an-
た『イカロスの失墜』では、古代ギリシア神話が
cient Greek myth. According to the myth, Icarus
そのままの形で扱われている。神話によれば、イ
borrowed the wings invented by his father and flew
カロスは父親によって発明された翼を借りて空高
high into the sky. Unfortunately, he flew too near
くへと飛翔する。しかし不幸なことに、彼は太陽
the sun, and the wax which held the feathers to-
に近付き過ぎ、翼を固めていた蠟が融け始めた。
gether began to melt. Soon, the wings disinte-
すぐに翼は空中分解してイカロスは落下し、息絶
grated, and Icarus fell to his death. In Bruegel’s
えた。ただしブリューゲルの作品では主な対象は
painting, however, the main figure is not Icarus, but
イカロスではなく、黙々と耕作する農夫である。
a farmer, quietly ploughing his field. Behind him, a
彼の後ろで、羊飼いが遠い所を見つめている。遠
shepherd gazes idly into the distance. Far away, we
くには街や港、数隻の船が見える。イカロスはど
see a city, a harbour, some ships. Where is Icarus?
こだ?
ろう
In fact, we only see a pair of legs: the rest of
実際には、2 本の足しか見えない。イカロスの
Icarus’ body has already disappeared below the
身体の残りの部分は既に波間に消えてしまった。
waves. Two legs, a little splash, some feathers drift-
2 本の足、少し跳ねている水、流されてゆく羽根。
ing down — and no one in the painting even notices
そして絵画の中に描かれている誰も、何が起こっ
what has happened.
たのか気付いてさえいないのだ。
Bruegel had in many ways a mediaeval imagina-
ブリューゲルは多くの部分で中世的な想像を
tion, but there is something strangely modern in his
持っていたが、彼の中には何か異様なほどモダン
world-view too.
的な側面も存在しているのだ。
80
8
Listening — Look, Part 2
VICKI MABREY: This is a story about ordinary
ヴィッキー・マブリー:これからご紹介するの
people who see and feel things the rest of us don’t.
は、大抵の人は見たり感じたりすることが出来な
They have a rare brain condition called synesthesia,
いものを知覚できる人についてのお話です。彼ら
in which some of the senses, usually quite distinct,
は共感覚と呼ばれる特殊な脳の状態となってお
involuntarily fuse together, creating almost literally
り、通常は完全に独立した感覚のいくつかが無意
a sixth sense. Music is not only heard; it’s seen
識のうちに共鳴し、文字通り第六感とでも言うべ
and felt. Words can have flavors and flavors can
き感覚を作り出すのです。音楽を聴いていても、
have color. It sounds bizarre, but it’s more common
聴くだけでなく、見て、感じることができるので
than many people realize. And with the help of so-
す。言葉からは味を感じ、味覚は色を連想させま
phisticated brain imaging techniques, scientists are
す。これは奇怪な現象のように聞こえるかもしれ
coming closer to understanding some of its hidden
ませんが、多数の人々が思っているよりもより一
clues, and with that, perhaps opening a small win-
般的な出来事なのです。そして、脳の挙動を可視
dow into the mysteries of the human mind.
化する手法が発達したことにより、隠された要因
の理解が深まりつつあり、もしかするとそれが人
間の感覚の謎を解明する糸口となるのかもしれま
せん。
マブリー:共感覚とは一体どのようなものなの
MABREY: What is synesthesia?
ですか?
脳神経学者:
「無感覚」を意味する「アネスタジ
NEUROLOGIST: You know the word “anesthesia,” which means “no sensation.”
ア」という言葉は聞いたことがあると思います。
Synesthesia
means “joined sensation.” And some people are
共感覚は「連結された感覚」を意味します。一部
born with two or more of their senses hooked to-
の人間は、複数の感覚が連結された状態で生まれ
gether, so that my voice, for example, is not just
てくるので、例えば私の声は彼らからしてみれば
something that they hear, but it’s also something
聴くだけのものではなく、見たり味わったり感じ
that they might see or taste or feel.
たりするものとなるのです。
マブリー:しかし、話をでっち上げているわ
MABREY: But how do we know that they’re not
けではないという事をどうやって証明するので
making this up?
すか?
NEUROLOGIST: Well, first of all, it’s been known
脳神経学者:まずはじめに、300 年の間は薬や
to medicine and psychology for three hundred
心理学を使って証明してきました。これは人々に
years. This is an experience that happens to peo-
起こる経験なのです。彼らはそれについて何も行
ple. They don’t do anything about it. The door bell
動を起こしません。玄関の呼び出しベルが鳴った
rings, they see, you know, blue round spots.
とき、彼らは青くて丸い点を見るのです。
マブリー:そして、それは彼らにとっては……
MABREY: And it’s as real to them as ...
81
脳神経学者:我々が空を見るのと同じくらい、
NEUROLOGIST: As seeing the sky is to us. It’s
just that their reality is different than what we per-
現実の出来事と思えるのです。我々が知覚する現
ceive.
実と彼らが知覚する現実というものが乖離してい
るだけなのです。
MABREY: Although most people have never heard
マブリー:共感覚について聞いたことが無い人
of synesthesia, it’s hardly a new discovery. By
が大半ではあるものの、共感覚は最近発見され
1910, scientists had written dozens of papers de-
たものというわけではないのです。1910 年まで
scribing the condition.
It was a curiosity, be-
に、科学者達は状況を記したたくさんの論文を書
lieved to affect creative types. The writer Vladimir
き残しています。それは珍しいものであり、創造
Nabokov had it, and so does the painter David
力の発現に寄与すると信じられていました。作家
Hockney. But interest in synesthesia died down be-
であるウラジミール・ナボコフも、画家であるデ
cause it was too difficult to prove, until now.
イヴィッド・ホックニーも共感覚を有していまし
た。しかし今日までその存在を証明するのは難し
すぎたため、共感覚に対する興味は失われてしま
いました。
ASSISTANT: Here it comes!
アシスタント:いきます!
MABREY: Medical technology can now reveal
マブリー:進歩した医療技術によって、今や共
感覚を有する人の脳内で何が起こっているのかが
what happens inside the synesthete’s mind.
明らかになりました。
ラマチャンドラン博士:ここで我々が行うの
DR. RAMACHANDRAN: What we’re going to do
は、脳内を可視化することです。
here is we are going to image your brain.
マブリー:ラマチャンドラン博士は、脳の奇抜
MABREY: Doctor Vilayanur Ramachandran is a
な発想について研究している脳神経学者です。
neurologist who studies quirks of the brain.
DR. RAMACHANDRAN: What it allows you to
ラマチャンドラン博士:ここで出来ることは、
do is to see what part of the brain lights up or be-
何かをしているときに脳のどの領域が光るのか、
comes activated when you’re doing something.
つまり活性化するのかを調べることです。
マブリー:今日彼の実験対象となるのは、27 歳
MABREY: His subject today is 27-year-old Ray
のレイ・マクアレスターさんです。彼は音楽を視
McAlester, the man who sees music.
覚的に感じるのです。
アシスタント:さて、今から音楽をかけ始めて、
ASSISTANT: OK. Here comes the music and then
脳の解析を始めます。
the scan.
MABREY: During the scan, McAlester’s brain lit
マブリー:脳の解析中、マクアレスターさんの
up in surprising ways. Not only did music stimulate
脳は驚くべき光り方を示しました。ミュージック
his audio cortex, but his visual cortex as well. He
によって音楽野が活性化されただけでなく、視覚
wasn’t just hearing music. He was actually seeing
野も活性化されたのです。彼は音楽を聴いている
it.
だけではありませんでした。彼は実際、音楽を見
ていたのです。
82
DR. RAMACHANDRAN: That area lit up in him.
ラマチャンドラン博士:この領域が彼の脳では
So you know there’s activity in the visual area of
活性化しました。つまり、彼はただ音楽を聴いて
his brain, even though he is only listening to music.
いるだけだというのに、脳の視覚野で活動が発生
したということです。
マブリー:マクアレスターさんにとって、音楽
MABREY: Music for McAlester is a Fantasia-like
というものは幻想的な経験です。
experience.
MCALESTER: An explosion of color, many col-
マクアレスター:まるで色が爆発したようで
ors. Lavender violins. Pink brass. Grey timpanis.
す。たくさんの色が見えます。ラベンダー色のバ
Explosions of color, all over the place. It looks very
イオリンやピンク色の金管楽器、灰色のティン
beautiful.
パニ。その場所いっぱいに、色が爆発的に広がっ
て、それは大層綺麗に見えるのです。
MABREY: Which is all the more surprising since
マブリー:マクアレスターさんが盲目であるこ
Ray McAlester is blind. He lost his sight when he
とはより一層衝撃的です。彼は 12 歳のとき、眼
was 12 — the result of a degenerative eye disease.
の変性疾患によって視力を失いました。しかし、
But he never lost his synesthesia.
彼が共感覚を失うことはなかったのです。
マブリー:しかし、盲目の人は視界が完全に
MABREY: But most people would think if you are
真っ暗闇であるとほとんどの人は考えています
blind, you’re in complete darkness. You’re not.
が、あなたは違うのですね。
マクアレスター:実際眼が見えている人のほ
MCALESTER: I may actually be seeing more
とんどよりも美しい色を見ているのかもしれま
beautiful colors than most sighted people.
せん。
MABREY: Though scientists can prove synesthe-
マブリー:共感覚が存在するということは分
sia exists, they still don’t know what causes it.
かっているものの、現代の科学ではどのような原
Some think it’s cross-wiring in the brain. Oth-
因で共感覚が生じるのかまだ分かっていません。
ers believe we’re all born with synesthesia, but our
脳の中で混線が起こっていると考える科学者もい
senses separate as we grow older.
れば、人類は皆共感覚をもって生まれてくるが、
成長するにしたがって感覚が分離してくるのだと
主張する科学者もいるのです。
83
9
Listening — Tunnel, Part 1
The birthday problem asks how many people you
誕生日問題とは、とある集団において 2 人の人
need to have at a party so that there is a better-than-
間が誕生日を同じくする確率が 50% を超えるた
even chance that two of them will share the same
めにどれだけの人数が必要かを問うものである。
birthday. Most people think the answer is 183, the
365
. In fact,
smallest whole number larger than
2
you need just 23. With 23 people in a room, there
殆どの人は
are 253 different ways of pairing two people to-
そこから 2 人組を作る組み合わせは 253 通りあ
gether, and that gives a lot of possibilities of finding
り、それにより誕生日が一致する 2 人組が見つか
a pair with the same birthday.
る可能性がぐんと上がる。
365
を超える最小の整数である 183
2
が答えだと考えてしまう。実際には 23 人で十分
である。一つの部屋に 23 人の人間を集めれば、
To figure out the exact probability of finding two
ある集団に誕生日を同じくする 2 人がいる確率
people with the same birthday in a given group, it
を正確に求めるには、逆の質問をするほうが簡単
turns out to be easier to ask the opposite question:
である。逆の質問とはすなわち、集団においてど
what is the probability that NO two will share a
の 2 人組も誕生日を同じくしない、つまり皆の誕
birthday, i.e., that they will all have different birth-
生日が異なるような確率を求めよというものだ。
days? With just two people, the probability that
364
they have different birthdays is
. If a third per365
son joins them, the probability that this new person
集団が 2 人だけの場合、彼らの誕生日が異なる確
364
である。そこに 3 人目が加われば、そ
365
の人が元からいた 2 人のどちらとも誕生日が異な
has a different birthday from those two (i.e., the
る、つまり 3 人とも違う誕生日であるような確率
probability that all three will have different bith364
363
days) is
£
. And so on.
365
365
は
率は
364
363
£
となる。以下同様である。
365
365
The answers to these multiplications get steadily
これらの積は単調減少する。その部屋にいる
smaller. When a twenty-third person enters the
人数が 23 人となったとき、最後に掛ける分数は
343
で、積が約 0:493 となって初めて 0:5 を下
365
回る。これが 23 人の人間の誕生日が全て異なる
room, the final fraction that you multiply by is
343
, and the answer you get drops below 0:5 for
365
the first time, being approximately 0:493. This is
確率である。よって、少なくとも 2 人の誕生日が
一致する確率は 1 ¡ 0:493 = 0:507 であり、少し
the probability that 23 people have a different birth-
ばかり
day. So, the probability that at least two people
1
を上回るのだ。
2
share a birthday is 1 ¡ 0:493 = 0:507, just greater
1
than .
2
意外に思える確率の例は他にもたくさんある。
There are many other examples of probabilities that
sound surprising. Well, let me give you another
じゃあ、もう一つ例を挙げよう。ある一組の夫婦
example. I could say I know a couple of two have
に 2 人の子供がいて、うち少なくとも 1 人が男
two children and at least one of those children is a
の子であると分かっているとしよう。そこで「も
boy, and I could ask you, “What do you think is the
う一人も男の子である確率はどれくらいだと思う
probability that the other child is also a boy?”
か」と尋ねたらどう答えるか。
84
Now most people would think, “Well, the second
すると、大多数はこう考える、
「えっと、その子
child is equally likely to be a boy or girl, so the
供は男の子にも女の子にも同様になり得るから、
chances are fifty percent.” No, the chance of the
求める確率は 50% でしょ」と。しかしそうはな
other child being a boy is actually one in three; it’s
らず、その 2 人目が男の子となる確率は実際には
less than fifty percent. If you sit down and do the
1
であり、50% を下回ってしまう。机に向かっ
3
math, it becomes fairly clear why, but at first, it
て数式を解けば何故そうなるかはこの上なく明
seems surprising. What’s going on here is you au-
白となるが、それでも最初はその結果は意外に映
tomatically think the first child is a boy. Well, what
る。この質問を投げかけられると人はつい 1 人目
I said was one of the children is a boy. It could be
の子供が男の子なのだと考えてしまうのである。
the first. It could be the second. That extra possibil-
だが、私は 2 人のうち 1 人が男の子であるとしか
ity of the boy being the first or the second changes
言っていない。それは 1 人目かもしれないし、2
the odds from fifty percent down to one third.
人目かもしれない。この、問題で与えられた男の
子が 1 人目と 2 人目のどちらにもなり得るとい
う付加的な可能性が、求める確率を 50% から
1
3
まで下げてしまうのだ。
Let me explain. In terms of order of birth, there are
説明するならば、生まれる順番としてはその夫
four possibilities for the couple’s children. Namely,
婦の子供には 4 つの可能性がある。つまり、男の
a boy and a boy, a boy and a girl, a girl and a boy,
子と男の子、男の子と女の子、女の子と男の子、
or a girl and a girl. When I tell you that at least one
女の子と女の子の 4 つだ。私は少なくとも 1 人が
child is a boy, I rule out the possibility of a girl and
男の子であると言ったので、女の子と女の子とい
a girl. That leaves three possibilities: a boy and a
う可能性は排除される。そして 3 つの可能性が残
boy, a boy and a girl, or a girl and a boy. With two
る。男の子と男の子、男の子と女の子、女の子と
of these, the other child is a girl; so the probability
男の子の 3 つだ。このうち 2 つについては、もう
of the other child being a girl is two thirds, leaving
1 人の子は女の子である。だから、もう 1 人の子
2
が女の子である確率は
であり、男の子である
3
1
確率は
なのだ。
3
the probability of the other child being a boy at one
third.
85
10
Listening — Tunnel, Part 2
One of the most famous of Zeno’s paradoxes is that
ゼノンのパラドックスの中で最も有名なものの
Achilles the great runner cannot overtake a tortoise,
一つは、名の知れた走者であるアキレスが、遅さ
symbol of slowness.
の象徴である亀を追い越す事ができないというも
のである。
This is how the race is conducted. First the tor-
以下のようにして競走は行われる。まず、亀が
toise is given a slight head start. Now, to overtake
少し進んだ地点からスタートできる。そうする
the tortoise, Achilles first has to cover the distance
と、亀を追い越すために、アキレスはまず亀がス
to where the tortoise began. During that time, the
タートした所までの距離だけ亀との距離を縮め
tortoise moves forward. So Achilles will have to
なければならない。その間に、亀は前に進んでい
cover that new distance, giving the tortoise time to
る。だからアキレスはまたその距離を埋めなけれ
amble forwards a bit more. Logically this will carry
ばならないが、その時間に亀はもう少し前に進む
on forever. However small the gap between them,
ことができる。論理的に考えると、このことは永
the tortoise will still be able to move forward while
遠に繰り返される。どれだけ両者の差が小さくて
Achilles is catching up, meaning that Achilles will
も、亀はアキレスが追いつく間に前に進むことが
never overtake.
でき、それはアキレスが亀を永遠に追い越す事が
できないことを意味している。
This contradicts the fact that Achilles is a much
この事は、アキレスが亀よりもかなり速い走者
faster runner than a tortoise, so Zeno’s reasoning
であるという事実に矛盾している。だから、ゼノ
— though it seems correct — must contain some
ンの理論は、たとえそれが正しいように見えて
mistake. What is it?
も、どこか間違いを犯しているはずだ。その間違
いとは一体何なのか?
The trick lies in Zeno’s dividing a moment to in-
トリックはゼノンが時間を、まるで時間を無限
finity as if by dividing the moment infinitely one
に分けることによって時間を止めることができる
could freeze the moment.
かのように分けたことである。
The calculation we have done is to expand that mo-
我々が行った計算は、アキレスが亀に追いつき
ment when Achilles is about to catch the tortoise.
そうになった時の時間を拡大して見るということ
No matter how infinitely we expand the moment,
だ。どれだけ無限に時間を拡大したとしても、ア
the fact remains that Achilles catches up, but the
キレスが亀に追いつくという事実は変わらない
infinite number of expansions gives the impression
が、無限回も拡大をすることによって我々は時間
that the moment can be extended forever. But the
が無限に拡大できるのだという印象を持ってしま
mathematical fact is that infinity equals zero.
うのだ。しかし、数学的には無限に小さいものは
0 と等しいのである。
86
To put it in another way, the paradox is based on the
別の言い方をすれば、このパラドックスは 1 は
illusion that the number 1 is greater than 0:999999
0:999999 よりも無限に続く桁において大きいの
with an inifinitely-repeating digit. But this is not
ではないかという錯覚に基づいている。しかし、
correct. The fact of the matter is that 1 equals
この考えは間違っている。本当は、1 は無限に 9
0:9999::: inifinitely-repeating.
が続く 0:9999::: と等しいのである。
You can confirm this very easily. Divide one by
これはとても簡単な方法で確かめることができ
three and you’ll get 0:333333, infinitely-repeating.
る。1 を 3 で割ると 0:333333 と無限小数になる。
Triple the number and you’ll get 0:9999 continuing
それを 3 倍すれば、同じく無限小数の 0:999999
forever. Now, because you divide one by three and
が得られる。さて、1 を 3 で割って 3 を掛けた
then triple it, it equals 1. Thus, 0:999999 repeating
のだから、これは 1 に等しい。従って、無限小数
equals 1. Zeno made the most of this, and argued
0:999999 は 1 に等しい。ゼノンはこの事を利用
that Achilles never catches the tortoise because the
して、無限小数 0:9999 は 1 になることはないよ
number 0:9999 repeating seems never to reach 1,
うに思えるので、アキレスは亀に永遠に追いつけ
but actually it is 1 and Achilles catches up.
ないという論を立てたが、実際には 0:9999 は 1
で、アキレスは亀に追いつく。
If you think otherwise, and are inclined to think
もしそうではないと考えて、両者の間に無限
that there IS a difference between the two figures
に小さいにしても違いが有るという風に考えて
though it’s infinitely small, then let me explain it in
しまうのなら、別のやり方で説明してみよう。
another way. Subtract 0:9999 infinitely-repeating
1 から 0:9999::: を引いてみてほしい。そうす
from 1. You get 0:00000 inifinitely-repeating. No-
ると 0:00000::: という結果が得られる。これが
tice, this is not 0:000001. The digit 1 never comes.
0:000001 でないことに注意してほしい。1 とい
No matter how long you count, you’ll never get to
う数字は絶対に現れない。どれだけ桁を追って
that 1. Thus 0:000000 infinitely-repeating equals
いっても、1 に辿り着くことはできない。従って、
zero. It’s just another way of expressing nothing.
0:000000::: は 0 に等しい。ただ単に、無を表す
もう 1 つの方法であっただけだ。
To put it philosophically, life consists of fractions
哲学的に考えてみれば、人生は時間の断片から
of seconds, and a particular moment may be so rich
成り立っており、その中の一部分が、例えば恋に
and meaningful — like when you fall in love —
落ちたときのように、永遠に続くと思われるほど
that you might feel as if the particular moment will
濃厚で意味深いものであることもある。しかし現
last forever, but in reality, the moment passes away
実には、その時は他の時間と同じように過ぎ去っ
just like any other moment.
てゆくものなのだ。
The trick of Zeno’s paradox about Achilles and
アキレスと亀についてのゼノンのパラドックス
the tortoise lies in the illusion that by dividing the
は、0 と 1 の間の時間を無限に区切ると 1 には
length of time from zero to 1 infinitely, you’ll never
辿り着けないという錯覚に基づいている。しかし
reach 1. But in real life, no matter how repeatedly
現実の人生では、どれだけ時間を区切ろうと、ま
you divide it, or no matter how repeatedly you ap-
たどれだけその時が大切に思えても、いつかは 1
preciate the moment, you eventually have to come
の時点に到達しなければならない。時間と潮時は
to the point of 1. Time and tide wait for no man, as
待ってくれない、と言われている。
they say.
87
11
Listening — Huygens, Part 1
In 1707, a tragic accident happened just off the
1707 年、イングランド南東の海岸からわずか
south-west coast of England. Four British navy
に離れた場所で、悲惨な事故が起こった。4 隻
ships were wrecked all at once. Half of their four
のイギリス海軍の船が全て同時に難破したのだ。
thousand officers and crew were drowned. The rea-
4000 人の士官や乗組員のうち半数が溺死した。
son was quite simple. They failed to determine lon-
理由は至って単純なものであった。彼らは経度を
gitude accurately. Latitude could be easily calcu-
正確に測定できなかったのだ。緯度は太陽や星の
lated according to the height of the sun and stars,
高さによって簡単に計算できたのだが、経度を測
but measuring longitude had long been a headache
ることは長い間船乗り達の頭痛の種であった。彼
for sailors. They knew that the problem could be
らは地方の時間とロンドンやパリなどの特定の
solved if they could find a way of comparing local
場所の時間を比べ、それら二つの地点の距離を計
time with the time at a given place, such as London
算する方法を見つけることが出来れば、その問題
or Paris, and thus calculating the distance between
を解決することが出来る、というのは分かってい
the two places. The question is ‘how?’
た。ここで疑問は「どうやって行うか」というこ
とだ。
The British Admiralty, shocked by the shipwreck
イギリスの海軍本部は、この悲劇的な難破事故
tragedy, decided to set up a ‘Board of Longitude’
に衝撃を受け、「経度協議会」を立ち上げ、経度
and offer the prize money of 20,000 pounds to any-
を正確に測定する方法を見つけた、どんな人にで
one who discovered the method of measuring lon-
も賞金 20,000 ボンドを贈呈することを決めた。
gitude accurately. John Harrison, a self-educated
独学の時計職人であったジョン・ハリソンは名乗
clockmaker, came forward. He claimed that he
りをあげた。彼は振り子の動きが航海に影響を受
should be able to invent a clock whose pendulum
けない時計を開発することが可能であり、それに
movement would not be affected by sea voyage and
よって地球上の二地点の時間差を正確に測定でき
therefore could measure the time lag between two
ると主張した。彼がつくった最初の時計は 1735
places on the earth correctly. The first clock he
年にテストされたが、結果は満足のいくものでは
made was put to test in 1735, but the result was not
なかった。彼はその後 24 年を、全くの独力で時
satisfactory. He then spent the following 24 years
計を改善することに費やした。
to improve its quality all by himself.
The final outcome was the marine chronometer,
最終的な成果が海洋クロノメーターであり、そ
whose shape and size looks exactly like today’s
の形や大きさは今日の腕時計と全く同様である。
pocket watch. It was a marvellous achievement.
これは感嘆すべき偉業だった。1761 年行われた
The trial voyage to Jamaica in 1761 and another
ジャマイカへの試験航海と 1764 年に行われたバ
voyage to Barbados in 1764 both proved that Harri-
ルバトスへの航海は、両方ともハリソンの発明が
son’s invention was incredibly accurate — the error
信じられないほど正確である(誤差はそれぞれ 5
being only 5 seconds and 39 seconds respectively,
秒と 39 秒であって、これは経度にして 1.8km と
which are mere 1.8 km and 16 km wrong in longi-
16km の程度の誤り)ということを証明した。
tude.
88
But Harrison was never awarded the prize money.*9
しかし、ハリソンに賞金を授与されることは無
Why? There was another contestant. He was an
かった*10 。なぜか。実はもう一人競争相手がい
astronomer named Nevil Maskelyne, who was to
たのだ。その人物はネヴィル・マスケリンという
become head of the Royal Observatory at Green-
名の天文学者で、グリニッジ王立天文台の天文
wich. He developed the ‘lunar distance method’, a
台長に就任することになっていた。彼は「月距離
method of determining longitude according to the
法」という月の位置によって経度を決める方法を
position of the moon. The method was extremely
開発した。その方法は極めて複雑で、ハリソンの
complicated and was discovered to be less accu-
クロノメーターより正確でないことが分かった。
rate than Harrison’s chronometer. But Maskelyne
しかし、マスケリンは彼自身が「経度協議会」の
was a member of the Board of Longitude himself
一員であり、ハリソンの結論はまったくの偶然だ
and insisted that Harrison’s result was sheer luck.
と主張した。このことは、独学だが勤勉な技術者
This was a serious battle between a self-educated,
たちと、政治的権力をもったエリート学者たちと
yet industrious engineer and a politically powerful
の間で深刻な論争となった。
élite academic.
Eventually Harrison was given 8,750 pounds by
結果的にハリソンには議会から 8,750 ポンド
the Parliament, with the kind assistance of King
が、ジョージ 3 世の厚意に満ちた援助とともに贈
George III. He was 80 years old by then. The Board
られた。彼はそのとき 80 歳であった。経度協議
of Longitude never acknowledged the accuracy of
会は決して彼のクロノメーターの正確性を認めな
his chronometer, but the British nation did. James
かったが、英国民達は認めた。ジェームズ・クッ
Cook, an explorer and British navy captain, above
クは探検家でイギリスの海軍大佐であったが、と
all appreciated its quality and took its replica with
りわけクロノメーターの質の高さを評価し、そ
him on his expeditions to the South Sea. As a con-
の複製を南洋への探検に持っていった。結果とし
sequence, Harrison’s marine chronometer estab-
て、ハリソンの海洋クロノメーターは世界中にイ
lished Britain’s imperial hegemony over the world,
ギリス帝国の覇権を確立させ、またジェームズ・
and it also epitomized the beginning of various in-
ワット、マシュー・ボールトン、ヨシア・ウェッ
dustrial innovations made by self-educated engi-
ジウッドといった独学の技術者が引き起こした
neers, such as James Watt, Matthew Boulton, and
様々な産業革命の始まりの典型となった。象徴的
Josiah Wedgwood. Symbolically, Longitude Zero
に、現在経度 0 度はロンドンのグリニッジとなっ
Degrees starts at Greenwich, London, now.
ている。
*9
*10
Harrison was actually offered £5,000 in 1762 for the design of the chronometer, and £10,000 in 1765 from Parliament as an interim payment.
89
実際には、ハリソンは 1762 年にクロノメーターの設計
に対する功績で 5,000 ポンドを授与され、1765 年には
議会から暫定的な支払いとして 10,000 ポンドを授与さ
れた。
12
Listening — Huygens, Part 2
Founded in 1660, the Royal Society soon became
1660 年に創立されてから間もなく、ロバート・
the great engine of Enlightenment in England,
フックやクリスティアン・ホイヘンス、そして特
thanks to the contributions of scientific giants such
に 1703 年から 1727 年に死ぬまで会長を務めた
as Robert Hooke, Christiaan Huygens, and espe-
アイザック・ニュートンのような科学界の巨人の
cially Sir Isaac Newton, who presided over the
活躍によって、英国王立教会はイギリスの啓蒙運
Society from 1703 until his death in 1727. The
動の中心的存在となった。下記の詩は、18 世紀の
following lines by Alexander Pope, a renowned
有名な詩人であるアレクサンダー・ポープによっ
eighteenth-century poet, testify to the revolution-
て作られたものであるが、ニュートンの発見の革
ary impact of Newton’s discoveries:
新的な衝撃を証言している。
自然と自然法則とは夜の闇に潜んでいたが、
Nature, and Nature’s Law lay hid in Night.
「ニュートンよ、誕生せよ」と神が言うと、光
God said, “Let Newton be!” And All was Light.
Note the rhyming contrast between “Night” and
が闇を呑み込んだ。
“Light,” separated by the advent of Newton.
ニュートンの誕生によって隔てられた “Night” と
“Light” のリズムに合った対比に注目してほしい。
Not all writers, however, embraced the “enlight-
しかし、全ての作家が「啓蒙された」時代を受
ened” age. Jonathan Swift for example was rather
け入れたわけではなかった。例えばジョナサン・
satirical of the Royal Society. In his Gulliver’s
スウィフトはむしろ王立協会に対して辛辣であっ
Travels, the protagonist visits Laputa, a flying is-
た。彼の著した『ガリヴァー旅行記』の中で、主
land boasting of an advanced knowledge in mathe-
人公は数学や天文学に関する発達した知識を誇っ
matics and astronomy. The people of Laputa are so
た空飛ぶ島ラピュータを訪れる。ラピュータに住
caught up in their own thoughts that they need their
む人々は自分達で考えることに夢中になりすぎ
servants to remind them to speak or listen. Gul-
ていて、話したり聴いたりすることを思い出させ
liver is then allowd to see “the grand Academy of
てくれる叩き役を必要としていた。それからガリ
Lagado,” where scholars frantically absorb them-
ヴァーは「ラガード学院」を見学に行くことを許
selves in “extracting Sun-Beams out of Cucum-
可されたが、そこでは学者たちが半狂乱になって
bers” and “reducing human Excrement to its origi-
「キュウリから日光を引き出す」ことや「人間の
nal Food.” It has been pointed out that these eccen-
排泄物をもとの食べ物に変える」ことにやっきに
tric experiments are parodies of real experiments
なっていた。このような常軌を逸した実験は、王
carried out in the Royal Society.
立協会で行われていた本当の実験を風刺したもの
だと指摘されている。
90
スウィフトが新しい科学に懐疑的であったの
Swift had a reason to be skeptical about the new
In 1724, two years before the publi-
にはもっともな理由があった。1724 年、『ガリ
cation of Gulliver’s Travels, the English govern-
ヴァー旅行記』が出版される 2 年前、イングラン
ment planned to circulate in Ireland copper coins
ド政府はイギリス人商人であるウィリアム・ウッ
minted by an English merchant, William Wood.
ドによって鋳造された銅貨をアイルランドに流
Annexed to England, Ireland at that time suffered
通させる計画を立てた。イングランドに併合され
from discriminatory policies and many Irishmen
て、当時のアイルランドは差別的な政策に喘いで
took Wood’s coins as the symbol of national hu-
おり、アイルランド人の多くはウッドの鋳造した
miliation because Wood, the obscure English iron-
銅貨を国家的な屈辱だとみなしていた。なぜなら
monger, had been granted a patent for making
無名のイギリス人金物屋であるウッドがアイルラ
Irish coins. Swift, who was actually a priest at St
ンドの硬貨を鋳造する特許を得ていたからだっ
Patrick’s Cathedral in Dublin, tirelessly wrote pam-
た。ダブリンの聖パトリック寺院の主席司祭で
phlets against Wood’s coins and in the end forced
あったスウィフトは、精力的にウッドの硬貨に反
the English government to retract its monetary pol-
対する論説を執筆し、結果的にはイングランド政
icy.
府の通貨政策を撤回させるに至った。
science.
Among his enemies was none other than New-
彼の敵の一人に、他でもないニュートンがい
ton, the Master of the Royal Mint, who examined
た。彼は王立造幣局の局長であり、ウッドの硬貨
Wood’s coins and declared that they were authen-
を検査して信頼に足ると申告したのだ。おそらく
tic. Perhaps Swift was disappointed with the great
スウィフトは、偉大なる科学者でも支配下に置か
scientist’s lack of sympathy for the subjugated peo-
れたアイルランドの民に同情する気持ちが欠けて
ple of Ireland.
いることに失望したのだろう。
William Blake, an English poet and painter, made
イギリスの詩人・画家であるウィリアム・ブレ
an engraving titled Newton. A naked man sits alone
イクは、『ニュートン』という題の付けられた版
in a dark place, supposedly on the seabed, intensely
画を製作した。裸の男が薄暗い場所、おそらく海
drawing a figure on a scroll. This image of Newton
底にひとり座っており、巻物に熱心に図を描いて
seems to reveal the dark side of modernity and En-
いる。このニュートンの絵は近代性や啓蒙運動の
lightenment. Liberated as modern people are from
負の側面を表しているように思える。近代の人々
authority and convention, they might be in danger
は権威や慣習から解放されているが、自己陶酔や
of falling into self-absorption and apathetic isola-
無感情な孤立に陥ろうとしているのではないか。
tion. This paradoxical coexistence of insight and
このように逆説的に見識と無知が共存しているも
blindness leads us to reconsider our relationship
のを見ることによって、我々は世界と自分自身と
with the world. Such reflection is all the more nec-
の関係を再考することができる。そのように内省
essary in an age of globalization and ecological cri-
することは、グローバリゼーションと生態学上の
sis.
危機に直面した世代においてはより一層重要なこ
となのだ。
91
Figure8 Newton
92
Index
記号/数字
E
elated ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 69
elicit ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 45
enigmaÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ42
enjoin ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 39
estate saleÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ13
estheticÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ19
expectant ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 67
expedition ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 67
exquisite ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 55
50/50ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ35, 41, 47
A
absurdityÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ48
abuzzÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ69
along with ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 23
amplitudeÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ61, 62
anguish ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 40
ape ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 55
as followsÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ43
astonishingly ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 70
astonishmentÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ1
at all costs ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 39
augment ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 45
F
fabulous ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 25, 27
fashionÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ31
folly ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 9
forevermoreÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ11
B
believe it or notÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ34
beneficiaryÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ45
better offÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ33
bewilderingÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ25
blessedÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ23
bribe ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 40, 49
buriedÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ19
G
Genesis ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 55
glacier ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 57
glimpse ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 10
gloss ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 42
gondola ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 17
greenhouse gas ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 57
H
hand over ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 41
hence ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 36
hoped-for ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 58
hostileÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ38
C
canoe ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 17
casingÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ17
Cayenne ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 63
centrifugal ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 63
climatic ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 78
clinch ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 77
clothespinÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ11
coastline ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 57
cognitiveÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ29
cognitive science ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 29
come up against ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 34
comfortingÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ56
comic stripÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ11
commonplaceÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ11
condemnÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ39, 40, 49
confessÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ70, 73
conservative ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 34
corroboration ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 1
CreationismÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ55
CreationistÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ55
cumulativeÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ50
cut-price ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 78
cypresses ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 11
I
identical ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 31
impending ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 57
in a joltÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ44
incremental ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 78
inexplicableÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ21
inferÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ63
intactÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ45
intuition ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 29, 35, 36, 38
irrevocableÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ31
J
jarÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ11
journal ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 59
L
landfallÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ67
lidÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ31
Lo and behold ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 73
longitudeÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ59
D
dauntingÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ5
day-by-day ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 73
DeityÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ78
delineate ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 7
diminish ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 45
dine ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 73
doctrinaire ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 55
doom-ladenÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ57
dueÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ67
M
Magdalene CollegeÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ51
mantelpieceÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ17
mariner ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 59
mathematically ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 40
mementosÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ15
mesmerized ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 1
mind ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 29, 33, 37
miscellaneous ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 25
93
monstrosity ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 50
mortals ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 1
scar ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 17
scavengingÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ13
Scientific Revolution ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 64
scores of ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 21
scrupulous ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 75
sea level ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 57
sea-captainÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ52
seduce ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 41
seer ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 10
self-assured ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 5
self-denigrating ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 5
self-portrait ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 1, 3, 5, 7, 9, 10
shoal ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 65
shorthand ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 27
shuttlecock ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 11
sled ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 17
spigot ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 15
spindle ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 17
spine ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 23
spinning ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 17
spontaneous ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 29
spoolÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ17
stake a claim for ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 3
state-of-the-artÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ52
stipulateÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ35
stoolÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ15
strayÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ44
subdivide ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 47
N
nautical mileÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ67
naval ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 65
Navy BoardÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ73
notoriousÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ72
nouveauÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ25
nurture ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 28
O
oarlockÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ17
oblate ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 63
oblige ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 67
offsetÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ41
omniscientÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ78
once and for allÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ76
open sea ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 51
ozone layer ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 57
P
pat ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 75
patina ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 17
pedestalÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ11
pendulumÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ52, 59–62, 64, 67
Pepys ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 51
periodÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ61
pet ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 75
piraticalÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ72
planeÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ15
plumbing equipment ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 11
presenterÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ30
preside ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 78
pretensionÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ5
pretensionsÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ5
proof per absurdum ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 50
put downÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ42
T
tabletop ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 17
tag saleÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ13, 15
testimony ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 74
think out ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 42
thrilled ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 23
thuggish ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 72
timekeeperÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ69
transactionÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ44
transcribe ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 55
R
reasonÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ29
reckoning ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 67
reed ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 17
reliquary ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 1
remainingÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ43, 47
restroom ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 11
right away ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 33
rigmarole ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 49
roamÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ9
rogueÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ72
Royal Society ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 52, 65, 67, 69, 70, 73–75
U
uncanny ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 1
undesignatedÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ47
unseasonably ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 57
unsettling ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 56
uppermost ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 53
V
viewfinderÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ1
visualize ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 31
W
well and trulyÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ73
whereuponÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ67
wind ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 65
worryinglyÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ67
wound ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 65
S
sacristanÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ1
sadistÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ39
said ÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ 71
satiricalÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞÞ9
94