close

Enter

Log in using OpenID

学生によるプレゼンテーションNo.14

embedDownload
Pierre Bayle
思想の概略
桐木 咲貴子
■Bayle思想の 概 略
発表の目次
宗教的寛容論
| 宗教的歪曲を排した歴史記述の見直し
| 神学・形而上学批判
| まとめ
|
■Bayle思想の 概 略
宗教的寛容論について ①
社会秩序を乱さぬ
範囲でいかなる良
心も尊重されねば
ならず、宗教的信
仰は原理的に各人
の自由たるべし
→信教の自由
Deleted based on
copyright concern.
•『<強いて入らしめよ>というイ
エス・キリストの言葉に関する哲
学的註解』(1686-1687)
•『補遺』(1688)
■Bayle思想の 概 略
宗教的寛容論について ②
|
大前提
「内なる神の声」である良心への絶対的な服従
→良心に反する行為をなすのは神を傷つけ神に
そむこうとすることであり、犯しうる最大の罪悪
である
異端者の「迷える良心」
→・信教の自由
・宗教的強制への批判
■Bayle思想の 概 略
宗教的寛容論について ③
|
時代背景
プロテスタント迫害
→ナントの勅令廃止(1685)を頂点と
したプロテスタント迫害を弾劾
■Bayle思想の 概 略
宗教的寛容論について ④
|
特色
・信教の自由を宗教的弁証から切断して普遍的な
土台の上に据えた
・「基本的信仰箇条」の選別に基づいた自由主義
的神学者たちの「教会内寛容」論を完全に払拭
・倫理的要請として「良心の自由」を主張
⇔ロックの寛容論
→ジュリューとの論争
■Bayle思想の 概 略
『歴史批評辞典』における思想 ①
|
『歴史批評辞典』(1696)
・歴史辞典
ー人物の略伝など
・批評辞典
-脚注
→詳細な批評的議論が展開
■Bayle思想の 概 略
『歴史批評辞典』における思想 ②
|
歴史記述の不確かさや一方的な性格を
抉り出す史実をめぐる批判
・党派的(主に宗教的・宗派的)偏見による歴
史の偽造、歪曲への批判
ex)「女法王」の項
→宗教抗争の渦中で歴史の真実を守り抜こう
とする強固な意志
■Bayle思想の 概 略
『歴史批評辞典』における思想 ③
|
神学・形而上学批判
・哲学的、神学的論議が展開
ex)・古今の哲学体系に対する批判
・ダビデ批判、マニ教徒
→■神学・形而上学批判の宝庫として争って
読まれる
■教会から反宗教の書の筆頭にあげられる
■Bayle思想の 概 略
まとめ ①
ベール=フランス啓蒙思想の先行者
|
「啓蒙の起爆剤」、「啓蒙思想の武器庫」
|
ベール=プロテスタント保守派の論争家
→諸説は当時の状況、論争に規定されていたとす
る見方
ex)ダビデ批判、倫理
■Bayle思想の 概 略
まとめ ②
|
ベール=プロテスタント保守派の論争家
→新たな問題関心に基づいて読者に読み替えられた
理由
・宗派の枠を超えた普遍的視座
・論理の徹底性
Pierre Bayle
思想の概略
fin
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
154
File Size
108 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content