close

Enter

Log in using OpenID

早崎さんとの出会い

embedDownload
佳
作
早崎さんとの出会い
さ ら に 少 し 歩 く と 、『 長 崎 の 鐘 』 と い う モ ニ ュ メ ン
ト が あ っ た。 そ こ で 一 人 の お じ い さ ん に 出 会 っ た。
そ の 男 性 の 名 前 は、 早 崎 猪 之 助 さ ん 八 十 二 才、 当 時
十 四 才 だ っ た そ う だ。 早 崎 さ ん は、
「あ の 日 大 き な 柱 の 後 ろ に い た。 爆 風 で 何 百 メ ー ト
ルも離れた工場の冷蔵庫の中に飛ばされ助かった 。」
今 年 の 夏 は 、『 戦 争 』 と は 何 か に つ い て 考 え る き
っ か け と な っ た。
そして戦争はもう絶対してはいけないとも言ってい
も ら っ て い る こ と に 感 謝 し、 毎 日 こ こ で 花 に お 水 を
東京都 文化学園大学杉並中学校二年 中西 葵菜
そ れ は 二 泊 三 日 で 長 崎 に 旅 行 に 行 っ た か ら だ。 今
回 の 旅 行 で ど う し て も 行 き た い と こ ろ が あ っ た。 そ
た。
と 話 し て く れ た。 話 を 聞 い て い る と そ の 当 時 の 悲 惨
れ は 『 平 和 記 念 公 園 』。 夏 に な る と よ く 見 る 『 平 和
あ げ、 供 養 を さ せ て も ら っ て い る と 話 し て く れ た。
な 光 景 が 目 に 浮 か ん だ。 早 崎 さ ん は 自 分 が 生 か せ て
記 念 公 園』 だ が、 テ レ ビ で 見 る だ け で 一 度 も 行 っ た
私 は 早 崎 さ ん の 話 を 聞 い て い る と、 こ こ に 着 い て
最 初 に 目 に 入 っ た 防 空 壕、 噴 水 の 前 に 書 か れ た 当 時
こ と が な か っ た か ら だ。
私は戦争の話の映画やドラマは見たことがあるけ
ど、 早 崎 さ ん の 話 を 聞 い て 戦 争 に 対 す る 考 え が 少 し
小 学 生 の 日 記 の 言 葉 が 頭 に 浮 か ん だ。
が っ て い く と 噴 水 が あ っ た。 噴 水 の 前 に あ る 石 に は、
変 わ っ た よ う に 思 え た。
『 平 和 記 念 公 園 』 に 着 い て 初 め に 目 に 止 ま っ た も
の は 『防 空 壕』 だ。 そ し て 長 い エ ス カ レ ー タ ー を 上
「の ど が 渇 い て た ま り ま せ ん で し た。 水 に は 油 の よ
資 料 館 に も 行 っ た。 血 が つ い て い る ぼ ろ ぼ ろ の 洋
服、 原 型 が 全 く な い ソ ー ダ 瓶、 焦 げ た 子 供 服 や 弁 当
う な も の が た く さ ん 浮 い て い ま し た。 ど う し て も
水 が 欲 し く て、 と う と う 油 が 浮 い た 水 を 飲 み ま し
箱。 そ の 中 に は 米 粒 が 形 を 残 し た ま ま だ っ た。 十 一
時 二 分 で 止 ま り、 曲 が っ て い る 時 計 な ど 数 々 の 遺 品
た 。」
そ の 当 時 の 小 学 生 の 日 記 の 文 章 だ そ う だ。
を 見 て、 と て も 心 が 痛 ん だ。
今 回、 長 崎 を 訪 ね て 平 和 と 戦 争 に つ い て 今 ま で の
自 分 よ り 深 く 真 剣 に 考 え る こ と が で き た。 そ し て 日
本 が 平 和 で あ る こ と、 テ レ ビ を 見 た り 勉 強 が 出 来 る
こ と、 き れ い な 水 を 好 き な だ け 飲 め る こ と、 今 の 自
分 に と っ て 当 た り 前 の こ と に 感 謝 し、 戦 争 を 二 度 と
繰り返さないために沢山の人にこのような場所に訪
ね て も ら い た い と 思 っ た。
し か し、 世 界 で は 今 も 戦 争 を し て い る 国 が あ る。
戦 争 の な い 世 界、 平 和 な 世 界 が 来 る こ と を 私 は 信 じ
た い と 思 っ た。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
25
File Size
432 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content