close

Enter

Log in using OpenID

日頃の感謝を伝えてみませんか? ~睦月島で愛睦まじく

embedDownload
応募用紙
まつやま活性化コンテスト
街から里島へ ~ Create the flow of people ~
1.応募者情報の入力
コンテストに応募する方の内容を下記にご記入ください。
学校名
愛媛大学農学部 資源環境政策学コース
グループ名(構成人数)
愛交生(えがお)繋げ隊 (17名)
2.施策・イベント・事業の名称とカテゴリ
今回提出される施策(イベント・事業)の名称と、募集要項記載の政策カテゴリーを記入してください。
名称: 日頃の感謝を伝えてみませんか?~睦月島で愛睦まじく・・・♡~
政策カテゴリー: 離島の資源を活用した体験メニューを推進する
3.立案の背景
施策を実施するに至る背景や地域の課題を200文字程度で記入してください。
実施に至る背景(課題):現在忽那諸島では、人口減少が見受けられており、そのためこのイベントを通してより多くの年
齢層の人たちを島に呼び込む。睦月島は「仲睦まじい島」とも言われている。そこに注目し、友人、家族、夫婦、カップル
多くの人に普段伝えられない感謝の気持ちや想いを様々な体験を通して伝え合うようにする。また、睦月島の特産であ
るカンキツ類を食べ物としてだけでなく、普段であれば捨ててしまうようなものでも再利用し、特産品の新たな活用方法を
確立させたい。そして、手つかずの自然があるからこそ、その自然を体感してもらい、学生が考える島の良さを伝え、移
住の促進となれるようなきっかけづくりを行いたいと考えた。
4.施策の目的
施策を行うにあたっての目的を記入してください。
実施の目的:移住促進のきっかけづくり ・島の特産品のPR&新たな活用方法
・島の魅力の発信
・普段言えない感謝の気持ちを伝える
5.実施に関わる関係者やボランティア・スタッフ
実施するのに関わる関係者名称やボランティア・スタッフの必要人数を記入してください。
実施関係者:・愛媛大学農学部資源・環境政策学コース学生(約20名)
・地元の方
6.対象者
施策に参加していただく対象者を記入してください。
参加対象者: 夫婦・カップル・家族・友人
先着20名(前後±1あり)
7.対象者参加員数及び参加推進方法
参加人数の規模と、参加者をどうやって募るのかを記入してください。
参加員数計画・参加推進方法: ・小中学校にポスターを貼る
・SNS(Twitter や Facebook)を活用し情報の拡散を行う
・しまぼうを借り、街頭でビラを配る
・youtube で動画を流す
8.実施日時
実施日時を平成28年9月1日から平成28年10月31日の間から選定して記入してください。
実施日時:10月9日(日)
9.実施場所
今回の施策を行う場所(島)を忽那諸島内の里島から選んで実施場所を記入してください。複数の里島で行う場合、その
全てを記入してください。
実施場所:睦月島
10.施策内容(目的を達成するための手法)
施策の内容を具体的に記入してください。画像やイメージを張り付けていただいても結構です。
※補足資料がある場合は、応募用紙提出にあわせてご送付ください。
施策内容:
~タイムスケジュール~
10:10 三津浜港発
10:50 睦月島着
11:00
↓
島散策
12:45
昼食(島弁当)
そのコース、島についての知識などを学生スタッフが
学び、学生の目線で時間配分等も調整し、当日は学生
既存のコース(睦月島 HP より)
港→注連石→富田神社→5 善寺→饅絵→長門屋
13:35
ttp://ritoumeguri.com/pamph/muzuki_p.pdf
13:45
↓
・現在、睦月島にガイド付き島散策のコースがある。
がガイドとなり散策してもらう。
12:30
↓
★島散策★
キャンドル作り
→5膳→
14:45
15:00
↓
クルージング
16:30
16:45
↓
キャンドルナイト(感謝を伝えよう!)
17:50
18:00 睦月島発
18:55 三津浜港着
←
島弁当
★キャンドル作り体験★
・海辺の貝殻や特産品である柑橘類を使いオリジナルキャンドルを作成してもらう。
・例(柑橘類を絞り、キャンドルに混ぜ込むことでいい匂いのするキャンドルに)
↓イメージ
★キャンドルナイト★
・家族や友人、恋人に普段言えない感謝の気持ちや愛の言葉を大自然のなかで伝えても
らえる場をつくる。海辺で学生が事前に制作しておいたキャンドルを灯し、ゆっくりと
した時間を過ごしてもらう。(↓イメージ)
11.実施にかかる収支計画
予算は20万円が上限です。施策を行う上で必要となる経費を目安で結構ですので記入してください。
収支計画:
・船代
670円×2(往復)×20人=26800円
・島弁当代(昼食) 1000円×20人=20000円
・キャンドル代
5000円
(材料費含む)
・クルージング代
1000円×22人(学生スタッフ2人)=22000円
・音響代
30000円
・会場費
30000円
・学生スタッフ船代 670円×2(往復)×20名=26800円
合計 160600
保険代(自己負担)
500 円
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
421 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content