close

Enter

Log in using OpenID

ウルオインターMの耐凍結融解性について

embedDownload
2006.8
TECHNICAL REPORT ― 11
ウルオインターMの耐凍結融解性について
1.はじめに
ウルオインターM の寒冷地での適用の可否について調査した。なお、評価方法は実験室での耐凍結融解性試験
による。なお、TR-10の既往の研究においてノーマルインター、透水性インター及びウルオインターP(旧称:保水
性インター)についての耐凍結融解性について調査を行っており、今回はその結果を引用して比較を行った。
2.試験方法
耐凍結融解性試験は、ASTM C 1262「水浸漬法での凍結融解試験」を参考とした。
試験体をプラスチック容器に入れ、下1cmを水で浸す。このプラスチック容器を以下の条件で凍結融解し、
剥離量を測定する(一面吸水凍結融解法)。
冷凍庫内
-20±3℃:4~5時間
<試験体>
冷凍庫外
25±5℃:19~20時間
ウルオインターM(200×100×60mm) : 3本
3.試験結果
ASTM C 1262「水浸漬法での凍結融解試験」による結果
ウルオインターMは、試験開始16サイクル終了時点で3本中2本の側面にわずかな亀裂が入り始め、30サイ
クル終了時では3本中3本の表層部より下に向けて大きな亀裂が入った。35サイクル終了時には亀裂が深くな
り、ほぼ破断寸前にまでなった(写真1参照)。
表-1 100サイクル終了時剥離量
試験体
NO.
1
2
3
ウルオインターM
ノーマルインター
0.05%
(35サイクル破壊)
0.05%
(35サイクル破壊)
0.04%
(35サイクル破壊)
0.12%
平均
0.05%
(35 サイクル)
0.09%
0.14%
透水性インター
0.26%
0.17%
平均
0.12%
0.12%
ウルオインターP
(旧称:保水性インター)
(75サイクル破壊)
平均
0.12%
0.09%
3.50%
(75サイクル破壊)
0.17%
平均
1.31%
(75サイクル)
(75サイクル亀裂)
注) ノーマルインター、透水性インター及びウルオインターPについてはTR-10より引用
写真1 ウルオインターM
写真2 ノーマルインター
写真3 透水性インター
写真4 保水性インター
(35サイクル)
(100サイクル)
(100サイクル)
(75サイクル)
剥離量(%)
1.50%
ウルオインターP
透水
ノーマル
ウルオインターM
1.00%
ウルオインターM
ウルオインターP
35サイクルで破壊
75サイクルで破壊
0.50%
0.00%
0
25
50
75
100
サイクル
図1
凍結融解剥離量推移
4.考察
ウルオインターMの耐凍結融解性は比較的低い結果となった。要因は以下と考えられる。
■ 保水量、吸い上げ高さがともに大きいので、水が凍結する際の体積膨張(約9%)と融解の繰り返しが大き
く影響する。(図2、図3参照)
■ 強度は規格値を満足するものノーマルインターに比べ小さいため、凍結膨張に対する抵抗性も低下する。
(図4参照)
※ 今回の保水性試験、吸水性試験は「JIPEA保水性インターロッキングブロック品質規格」に準じて行った。
0.3
100
80
0.21
0.2
0.14
0.15
0.1
0.1
0.1
0.05
80
吸い上げ高さ %
54.4
60
40
24.8
19.9
20
M
P
ー
ー
ン
タ
ウ
ル
オ
イ
イ
オ
ウ
ル
性
イ
ン
タ
ン
タ
ー
タ
マ
ー
ノ
ル
ウ
図2 保水量
水
ル
イ
ン
オ
オ
ル
ウ
イ
ン
タ
タ
イ
ン
ン
水
性
イ
透
ー
M
ー
P
ー
タ
ー
タ
ン
イ
ル
ノー
マ
ー
0
0
透
保水量 g/cm3
0.25
図3 吸い上げ高さ
曲げ強度 N/mm2
8.0
6.0
6.0
4.5
4.0
3.8
2.0
水
性
イ
ン
ウ
タ
ル
ー
オ
イ
ン
タ
ウ
ー
ル
P
オ
イ
ン
タ
ー
M
透
ノ
ー
マ
ル
イ
ン
タ
ー
0.0
図4 曲げ強度
4.2
まとめ
試験結果を踏まえ、ウルオインターMの寒冷地での使用
は避けたい。なお、我が国におけるインターロッキングブロ
ックの凍結融解抵抗性試験は規定されておらず、また実路
での実績など、今後、継続し調査を行っていく必要がある。
また、今回の結果は保水能力の高さに起因するものであり、
寒冷地以外の夏場の路面温度低減においては効果を発揮
する裏付けとも言える。
以上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
139 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content