close

Enter

Log in using OpenID

CW232-CW422(248kbyte)

embedDownload
 CW232 ・ CW232/V ・ CW422 (小型軽量 調歩同期シ リ ア ル ア ナ ラ イ ザ )
ユ ー ザ マ ニ ュ ア ル Ver4.0
Ver4.0 (W P-04-060630) P-04-060630) 2006.6 デ ー タ リ ン ク ㈱
はじ めに
こ の た び は 、 [[調歩同期シ
調歩同期シ リ ア ル ア ナ ラ イ ザ CW232(V)/CW422
CW232(V)/CW422]] を ご 購入頂き ま し て 誠に あ り が と
う ご ざ い ま す 。 こ の 簡易マ ニ ュ ア ル で は 、 製品を ご 利用頂く 際の 注意事項を 解説し て お り ま す 。 製
品を ご 利用頂く 前に 必ず 内容を お 読み い た だ き ま す よ う お 願い 申し 上げ ま す 。
※ 以下の 文章で は CW232/V
CW232/Vの
の (V)
(V)を
を 省略し て 、CW232/CW422
、 CW232/CW422と
と い う 表記の み に 統一し て お り
ま す の で 、 ご 承知く だ さ い 。
梱包内容
*
*
*
*
簡易マ ニ ュ ア ル ((本書
本書))
イ ン ス ト ー ル CD
CD-ROM
CW232/CW422 CW232/CW422
本体
USB ケ ー ブ ル
※ 製品の 梱包に は 細心の 注意を 払っ て お り ま す が 、
万一パ ッ ケ ー ジ 内容に 不足な ど あ り ま し た ら 、
弊社営業部ま で ご 連絡下さ い 。
動作環境
対応OS Wi ndows98SE/Wi ndows2000/Wi ndowsXP
CPU
I nt el Pent i um/Cel el on 800MHz以上
メモリ
256M以上
ハ ー ド デ ィ ス ク 300MB以上の 空き 容量
USB2. 0( USB1. 1で も 動作は 可能)
推奨環境 U S B
そ の他
チ ッ プ セ ッ ト 内蔵以外の 外付け グ ラ フ ィ ッ ク カ ー ド を 推奨し ま す 。
ア プ リ ケ ー シ ョ ン プ ロ グ ラ ム イ ン ス ト ー ル 時に CD-ROMド ラ イ ブ が 必要
です。
ご 注意と お 願い
※ プ ロ グ ラ ム の 動作に 必要な メ モ リ 容量、 ハ ー ド デ ィ ス ク 容量等は ご 利用の シ ス テ ム 環境に よ っ
て 異な る 場合が ご ざ い ま す 。
※ 上記推奨環境に て 、 テ ス ト を 行っ て お り ま す が 、 お 客様の 環境に よ っ て は 、 完全に 動作を 保証出
来な い 場合も ご ざ い ま す 。
※ 製品の 各種仕様は 予告な く 変更さ れ る 場合が ご ざ い ま す 。 予め ご 了承下さ い 。
※ USB 及び RS232C
RS232C/
/RS422 以外の イ ン タ ー フ ェ ー ス を 接続し な い で 下さ い 。
破損や 火災等の 原因と な り ま す 。
※ 湿気や 埃、 油煙、 湿気が 多い と こ ろ に は 置か な い で 下さ い 。
火災等の 原因と な り ま す 。
※ 暖房機の 近く 、 直射日光の 当た る 場所等、 高温の 場所で 使用し た り 放置し な い で 下さ い 。 火災等の 原因と な り ま す 。
※ 内部に 異物を 入れ た り 改造し た り し な い で 下さ い 。
火災、 感電、 怪我の 原因と な り ま す 。
※ 濡れ た 手で 触ら な い で 下さ い 。
感電の 原因と な り ま す 。
※ 万一、
万一、発熱を
発熱を 感じ た り 、煙が
、 煙が 出て い る /変な 匂い が す る 等の 異常を 確認し た 場合は 直ち に 全て の
ケ ー ブ ル を 外し て 使用を 中止し て 下さ い 。 お 買い 上げ の 販売店に ご 連絡下さ い 。
- 1 -
イ ン ス ト ー ル 方法
ド ラ イ バ の イ ン ス ト ー ル ( Wi nd ows 98)
添付の CD
CD-ROM を PC
PCに
に セ ッ ト 後、CW232/CW422
後、CW232/CW422を
を 添付の USB
USBケ
ケ ー ブ ル で パ ソ コ ン と 繋ぎ ま す 。
① 以下の ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス が 表示さ れ ま す の で [[次へ
次へ ] ボ タ ン を 押し ま す 。
② [検索方法を 選択し て 下さ い 。]
。] の ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス が 表示さ れ ま す の で [[使用中の
使用中の デ バ イ ス に
最適な ド ラ イ バ を 検索す る ] を 選択し て 、 [[次へ
次へ ] ボ タ ン を 押し て 下さ い 。
③ 以下の ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス が 表示さ れ ま す の で [CD
[CD-ROM
ROMド
ド ラ イ ブ ] を 選択し て [[次へ
次へ ] ボ タ ン
を 押し て 下さ い 。
④ [次の デ バ イ ス 用の ド ラ イ バ フ ァ イ ル を 検索し ま す 。 USB Serial Analyzer] の ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス
が 表示さ れ ま す の で 、 [[次へ
次へ ] ボ タ ン を 押し て 下さ い 。
⑤ [新し い ハ ー ド ウ ェ ア デ バ イ ス に 必要な ソ フ ト ウ ェ ア が イ ン ス ト ー ル さ れ ま し た 。]
。] の ダ イ ア ロ
グ ボ ッ ク ス が 表示さ れ た ら [[完了
完了]] ボ タ ン を 押し て 、 ド ラ イ バ の イ ン ス ト ー ル を 完了し ま す 。
- 2 -
ド ラ イ バ の イ ン ス ト ー ル ( Wi nd ows XP)
添付の CD
CD-ROM を PC
PCに
に セ ッ ト 後、CW232/CW422
後、CW232/CW422を
を 添付の USB
USBケ
ケ ー ブ ル で パ ソ コ ン と 繋ぎ ま す 。
以下の ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス が 表示さ れ ま す の で [[ソ
ソ フ ト ウ ェ ア を 自動的に イ ン ス ト ー ル す る( 推奨)]
推奨)]
を 選択し て [[次へ
次へ ] ボ タ ン を 押し ま す 。 ダ イ ア ロ グ メ ッ セ ー ジ に 従い [[新し
新し い ハ ー ド ウ ェ ア 検索ウ ィ
ザ ー ド 完了]
完了] ま で 進め ま す 。
ア プ リ ケ ー シ ョ ン プ ロ グ ラ ム C W23 2/ C W422 の イ ン ス ト ー ル
添付の CD
CD-ROM を モ ニ タ を 行う PC に セ ッ ト し て イ ン ス ト ー ル を 行い ま す 。
[Setup .exe] を ダ ブ ル ク リ ッ ク す る と ア ナ ラ イ ザ ア プ リ ケ ー シ ョ ン プ ロ グ ラ ム の イ ン ス ト ー ル が 開始
さ れま す 。
ア プ リ ケ ー シ ョ ン イ ン ス ト ー ル 開始の 画面
※ 上記画面よ り イ ン ス ト ー ル を 行う オ ン ラ イ ン Help の 言語を 選択し ま す 。
[OK] を ク リ ッ ク す る と [[イ
イ ン ス ト ー ル の 準備]
準備] が 行わ れ 、 先に 進み ま す 。
[CW232/CW422 用の InstallShield ウ ィ ザ ー ド へ よ う こ そ ] の 画面が 表示さ れ た ら [[次へ
次へ (N)] を
ク リ ッ ク し ま す 。 さ ら に 以下の ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス が 表示さ れ ま す 。
① [セ ッ ト ア ッ プ タ イ プ の 選択]
選択] 画面
画面:
: 通常は 、 ○す べ て (C) を 選択し ま す 。
② [プ ロ グ ラ ム を イ ン ス ト ー ル す る 準備が で き ま し た ] 画面
画面:
: [[イ
イ ン ス ト ー ル (I) ] を ク リ ッ ク す
る と イ ン ス ト ー ル が 開始さ れ ま す 。
③ [InstallShield ウ ィ ザ ー ド を 完了し ま し た ] 画面
画面:
: [[完了
完了 (F) ] を ク リ ッ ク す る と イ ン ス ト ー ル
が 終了し ま す 。
④ ス タ ー ト メ ニ ュ ー ま た は デ ィ ス ク ト ッ プ ア イ コ ン よ り CW232/CW422 を 起動し ま す 。
- 3 -
起動画面及び 各部の 名称
※ Line
←④カ ウ ン ト バ ー
表示の ひ と つ の 単位と な り ま す 。((行
行)
TXD に はCH1
TXDに
は CH1側に
側に 接続し た 機器か ら の デ ー タ 受信数が 表示さ れま す 。
RXDに
RXD
に はCH2
は CH2側に
側に 接続し た 機器か ら の デ ー タ 受信数が 表示さ れま す 。
RTS (上
(上) は RTS
RTSが
が Busy
Busyか
か ら Ready
Readyに
に 変化し た 回数を 表示し ま す 。
RTS (下
(下) は RTS
RTSが
が Ready
Readyか
か ら Busy
Busyに
に 変化し た 回数を 表示し ま す 。
CTS∼
CTS
∼DSR
DSRの
の ((上下
上下)) も 同様の 各制御信号の 変化回数を 表示し ま す 。
ERRはパ
ERR
はパ リ テ ィ エ ラ ー 等の エ ラ ー 発生回数を 表示し ま す 。
※ CW422
CW422は
は RTS
RTS等の
等の 制御線情報の モ ニ タ が 出来ま せ ん 。
⑤ス テ ー タ ス バ ー ↑
CW232/CW422と
CW232/CW422
と の 接続状態、通信速度、
接続状態、通信速度、CW232/CW422
CW232/CW422F/
F/W の バ ー ジ ョ ン 等を 表示し ま す 。
接続方法
RS232 Cable
RS422ケ ー ブ ル
CW 232本体
CH1
CH2
装置A
装置A
装置Aと 装置B間の RS232C通信を
モ ニ タ する 例
USB
装置B
装置Aと 装置B間の
RS422通信を
モ ニ タ する 例
モ ニ タ 用ア プ リ ケ ー シ ョ ン
プ ロ グ ラ ム CW 232/422
端子台
CW 422本体
装置B
USB
モ ニ タ 用ア プ リ ケ ー シ ョ ン
プ ロ グ ラ ム CW 232/422
使用方法
※ 上記例の よ う に 機器を 接続後、 PC に イ ン ス ト ー ル し た [アナライザ アプ リケーショ ンプ ログ ラムCW232/
ラムCW232/
CW422]] を 起動し ま す 。
CW422
※ CW232/CW422 を USB ケ ー ブ ル で 接続し 、 正し く 動作し た 事を
確認し た 後に 、 モ ニ タ を 行う 装置の 電源を 入れ て く だ さ い 。
CW422 を 接続の 際に は 、 ±の 極性を 正し く ご 接続く だ さ い 。
① RS232C/RS422 通信条件を 設定し ま す 。
((CW232/CW422
CW232/CW422 を USB 接続時
に は 毎回設定が 必要で す )
メ ニ ュ ー [Setting s]
→ [COM Setting s]
通信速度は 、
50 /100
50/
100/
/110
110/
/150
150/
/200
200/
/300
300/
/600
600/
/1200
1200/
/2400
2400/
/4800
4800/
/9600
9600/
/14400
14400/
/19200
19200/
/28800
28800/
/
38400/
38400
/57600
57600/
/76800
76800/
/115200 が 設定可能で す 。
※ 設定の 通信速度で デ ー タ を モ ニ タ 可能か ど う か は 、PC
、PCの
の 処理能力に 依存し ま す 。
※ PC の 処理能力に よ っ て は 取り こ ぼ し の 可能性が あ り ま す 。
デ ー タ 長は 7or8 の 指定が 可能。 パ リ テ ィ は None,Od d ,Even が 指定可能。 STOP ビ ッ ト は 1or2 が
指定可能で す 。
- 4 -
② 表示形式を 設定し ま す 。 メ ニ ュ ー [Setting s] → [Disp lay mod e]
モ ニ タ デ ー タ の 表示形式/表示色等を 設定し ま す 。
□ Da t a に チ ェ ッ ク が な い と 、 デ ー タ が 表示さ れ ま
せん。
⇒ デ ー タ 受信時 の エ ラ ー 発 生表示 有無 /表示 色を 設
定し ま す 。 □ E r r o r に チ ェ ッ ク が 無い 場合は 、 エ
ー 発生時に も 表 示さ れ ま せ ん 。
⇒ ラRTS
RTS/
/ CTS, DTR/
DTR / DSR, CD の 制御信号を 表示の 場合
チェ ッ ク し ま す。
⇒ ※ C W 4 2 2 は 制御信号を 収集で き ま せ ん 。
タ イ ム ス タ ン プ の 表示/ 非表示 、 単位時 間、 表示
色の 指定を 行い ま す 。 □ Ti me に チ ェ ッ ク が 無い 場
⇒ 合、 タ イ ム ス タ ン プ は 表 示さ れ ま せ ん 。
□ NO Di s pl a y に チ ェ ッ ク を つ け る と 、 デ ー タ 収集
⇒
中の リ ア ル タ イ ム デ ー タ 表示を 停止 し ま す 。 こ れ
に よ り P C の 処理能力が 上が り 、 取り こ ぼ し の 発生
を 抑制で き る 可能 性が あ り ま す 。
③ モ ニ タ 開始ボ タ ン
を 押し ま す 。 以降 RS232C / RS422 上に 流れ る デ ー タ が モ ニ タ さ れ ま す 。
PC の メ モ リ 上に 、 モ ニ タ デ ー タ を 保存し ま す 。 保存可能領域は 、 PC
PCの
PCの
の 画像解像度等に 依存し ま
す が 、 約 2048Line 分の 保存が 可能で す 。こ
。 こ れ を 越え る デ ー タ を 受信の 場合は 、順次上書き
、 順次上書き さ れ ま
す。
注意:
注意
:
PC の 画像解像度や メ モ リ の 使用状況、上記
使用状況、 上記 Disp lay Setting s の 内容、デ
内容、 デ ー タ 内容に よ り 多少
前後し ま す 。
④ モ ニ タ 停止ボ タ ン
を 押す と モ ニ タ が 停止し ま す 。 モ ニ タ を 停止し て 収集デ ー タ の 解析を 行い
ま す 。 ス ク ロ ー ル バ ー で モ ニ タ デ ー タ の 表示位置が 移動可能で す 。
モ ニ タ 停止後の 収集デ ー タ 解析時に 、 マ ウ ス ポ イ ン タ で デ ー タ を 指し ク リ ッ ク す る と 指定デ ー タ の
位置が 表示さ れ ま す 。
メ ニ ュ ー [Setting s]⇒
s]⇒[Find ]で
]で 、 モ ニ タ デ ー タ の 検索が 可能で す 。
⑤ メ ニ ュ ー [File]
[File]⇒
⇒[Save]
[Save]で
で 、 収集デ ー タ の フ ァ イ ル 保存が 可能で す 。
⑥ メ ニ ュ ー [File]
[File]⇒
⇒[Print]
[Print]で
で 、 収集デ ー タ の 印刷が 可能で す 。
⑦ 収集デ ー タ を ク リ ア す る 場合は 、 メ ニ ュ ー [File]
[File]⇒
⇒[New]
[New]を
を 行い ま す 。
- 5 -
次の よ う な ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス が 表示さ れ ま す 。
↓
→
↓
現在モ ニ タ さ れ て い る デ ー タ を 保存す る 場合は 「 は い (Y)
(Y)」
」 を
保存し な い 場合は 「 い い え (N)
(N)」
」 を 選択し ま す 。
↓
再度モ ニ タ 開始ボ タ ン
を 押し ま す 。 新規に モ ニ タ が 開始さ れ ま す 。
※そ の 他の 使用方法に つ い て は 、 オ ン ラ イ ン マ ニ ュ ア ル を ご 参照下さ い 。
各種エ ラ ー メ ッ セ ー ジ
ア ナ ラ イ ザ ア プ リ ケ ー シ ョ ン プ ロ グ ラ ム CW232/CW422 を 起動時に 、 CW232CW422 本体が 接
続/認識さ れ て い な い と 以下の よ う な ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス が 表示さ れ ま す 。
※ こ の メ ッ セ ー ジ が 表示さ れ た 場合は 、 ア ナ ラ イ ザ ア プ リ ケ ー
シ ョ ン プ ロ グ ラ ム CW232/CW422 を 一度終了さ せ ま す 。 CW232/CW422 と PC が 正し く 添付の USB ケ ー ブ ル で 接続さ
れ て い る 事を 確認し ま す 。
も う 一度、 ア ナ ラ イ ザ ア プ リ ケ ー シ ョ ン プ ロ グ ラ ム CW232/
CW422 を 起動し ま す 。
ア ナ ラ イ ザ ア プ リ ケ ー シ ョ ン プ ロ グ ラ ム CW232/CW422 を
起動後に 、 USB ケ ー ブ ル が 外れ る 等ア プ リ ケ ー シ ョ ン プ ロ グ
ラ ム と CW232/CW422 が 通信出来な く な っ た 場合に 右の
ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス が 表示さ れ ま す 。
※ こ の メ ッ セ ー ジ が 表示さ れ た 場合は 、ア
、ア ナ ラ イ ザ ア プ リ ケ ー シ ョ ン プ ロ グ ラ ム CW232/CW422
の モ ニ タ は 停止し ま す 。
CW232/CW422 と PC が 正し く 添付の USB ケ ー ブ ル で 接続さ れ て い る こ と を 確認し ま す 。
も う 一度、ア
一度、 ア ナ ラ イ ザ ア プ リ ケ ー シ ョ ン プ ロ グ ラ ム CW232/CW422
CW232/CW422の
の モ ニ タ 開始ボ タ ン
を
押し て モ ニ タ を 再開し ま す 。
CW232/CW422 は 、 添付の USB ケ ー ブ ル に て PC と 接続さ れ ま す と 、電源供給を
、 電源供給を 受け 起動し ま す 。
こ の 時、 本体の 上部に あ る LED は 、 赤点灯後、 2 ∼ 3 秒後に 、 緑点灯と な り ま す 。 ((正常時
正常時))
こ の よ う な LED の 点灯と な ら な い 場合は 、 CW232/CW422 の 異常が 考え ら れ ま す 。
使用を 中止し て 、 弊社ユ ー ザ サ ポ ー ト ま で 、 ご 連絡を お 願い し ま す 。
正常、 モ ニ タ 中は こ の LED は 緑で 点滅し ま す 。
モ ニ タ 中に パ リ テ ィ エ ラ ー 等の エ ラ ー を 検出時は 、 LED が 赤の 点滅と な り ま す 。
- 6 -
外観図
53. 00±0. 5
33. 00±1
CW422
CW232
16. 00±1
17. 50±0. 5
CW422
RS232C
CH1
59. 00±2
USB
64. 00±2
CW232
RS232C
SERIAL NO
1 2 3 4 5
CH2
33.00±1
CW232/V
17.50±1
CH1
USB
CW232/V
SER IAL NO.
RS232C
CH2
CW 2 3 2 / V
65.00±2
RS232C
- 7 -
保証規定
1. 当社製品は 、当社規定の
、当社規定の 社内検査を 経て 出荷さ れ て お り ま す が 、保証期間内に
、保証期間内に 万一故障し た 場合、
無償に て 修理さ せ て い た だ き ま す 。
お 買い 求め い た だ い た 製品は 受領後直ち に 梱包を 空け 検収を お 願い し ま す 。
デ ー タ リ ン ク 製品の 保証期間は 、 当社発送日よ り 1 カ 年で す 。
製品管理は シ リ ア ル No で 行っ て お り ま す の で 、 保証書は 添付い た し て お り ま せ ん 。 故障の 際に
は シ リ ア ル No を お 知ら せ 下さ い 。
尚、 本製品の ハ ー ド ウ ェ ア 部分の 修理に 限ら せ て い た だ き ま す 。
2. 本製品の 故障、又は
故障、 又は そ の 使用に よ っ て 生じ た 直接、間接の
直接、 間接の 障害に つ い て 当社は そ の 責任を 負わ な
いも のと し ま す。
3. 次の よ う な 場合は 、 保証期間中で も 有償修理と な り ま す 。
(1) お 買い あ げ 後の 輸送、 移動時の 落下、 衝撃等で 生じ た 故障及び 損傷。
(2) ご 使用上の 誤り 、 あ る い は 改造、 修理に よ る 故障及び 損傷。
(3) 火災、 地震、 落雷等の 火災、 あ る い は 異常電圧な ど の 外部要因に 起因す る 故障及び 損傷。
(4)
当社製品に 接続す る 当社製品外の 機器に 起因す る 故障及び 損傷。
4. 次の よ う な 場合、 有償で も 修理出来な い 時が あ り ま す 。
PCB 基板全損、 IC 全損等、 故障状態に よ り 修理価格が 新品価格を 上回る 場合。
5. 製品故障の 場合、 出張修理は 致し て お り ま せ ん 。 当社あ る い は 販売店へ の 持ち 込み 修理と な り
ま す。
6. 上記保証内容は 、 日本国内に お い て の み 有効で す 。
※ 記載し た 商品名・
商品名・ 会社名は 、 各社の 商標ま た は 登録商標で す 。
※ こ の マ ニ ュ ア ル の 内容は 、 2006 年 4 月現在の も の で 、 仕様な ら び に 意匠等は 品質向上の 為
予告な く 変更す る こ と が あ り ま す 。
本製品の 技術的な お 問い 合わ せ は 、 弊社ユ ー ザ サ ポ ー ト 課ま で ご 連絡下さ い 。
月∼金 9
9:
: 00AM ∼ 12:00PM
1 : 00PM ∼ 5 : 00PM
1:
TEL TEL
04
04- 2924
2924- 3841
FAX FAX
04
04-2924
2924-3791
Hom e: http : //
//www.
www. d a ta -link.co. jp
〒 359
359-1118
1118 埼玉県所沢市け や き 台 2 -32
32-5
デ ー タ リ ン ク 株式会社
- 8 -
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
248 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content