close

Enter

Log in using OpenID

入信の秘跡 (洗礼・堅信) Fr. Ligeza o.p

embedDownload
入信の秘跡
(洗礼・堅信)
Fr. Ligeza o.p
「秘跡とは、前に起こったこと、すなわち、キリストの受難を記念するしるし、
キリストの受難によってわたしたちのうちに行われること、すなわち、恵みを表すしるし、
また、将来の栄光を予測する、つまり、前もって告げるしるしです。」トマス・アクィナス
キリストによって制定された新約の秘跡は、洗礼、堅信、聖体(エウカリスチア)、
ゆるし、病者の塗油、叙階、結婚の七つです。七つの秘跡は、キリスト者の一生のあらゆ
る段階と重要な時にかかわり、キリスト者の信仰のいのちを生み、成長させ、いやし、
そのいのちに使命を与えます。この点で、自然のいのちの諸段階と霊的いのちのそれとの
間にはある種の類似が見られます。復活祭のいま、キリスト教入信の三秘跡における洗礼
と堅信について少し復習し、受洗の時の新しい気持ちを思い起こしましょう。
1.キリスト教入信の秘跡
キリスト教入信の秘跡である洗礼、堅信、聖体の三つの秘跡が、キリスト者の生活全体
の土台となります。「キリスト者の恩恵が人々にもたらす神との結合は、自然の生命の誕
生、成長、維持に似ています。なぜならば信者は洗礼によって新たに生まれ、堅信の秘跡
によって強められ、感謝の祭儀の中で永遠の生命の糧で養われるからであって、人々はこ
れらキリスト教入信の秘跡によって、しだいに神の生命にますます豊かにあずかり、愛の
完成へと進んでいきます」。
キリストの洗礼
キリストは、正しいことをすべて行うために、罪びとに授けられるヨハネの洗礼を進ん
でお受けになりました。イエスのこの行動は、ご自分を「無にしたことの」表れです。キ
リストはその過越によって、洗礼の泉をすべての人に開かれたのです。キリストはエルサ
レムでの受難を、ご自分が受けなければならない「洗礼」と呼ばれました。十字架につけ
られたイエスの脇腹から流れ出た血と水は、新しいいのちの秘跡である洗礼と聖体の象徴
です。そのときから、人は「水と霊によって」生まれ、神の国に入ることが可能となった
のです。
1)洗礼の秘跡
「洗礼を行う」という語(ギリシア語でバプティゼイン)は「沈める」「浸す」という
意味です。水の中に「沈めること」は、洗礼志願者がキリストの死と結ばれて埋葬され、
キリストとともに復活して墓から出て、「新しく創造された者」(二コリント 5・17、ガラ
テヤ 6・15)となることを意味しています。
この秘跡はまた、「聖霊によって新しく生まれさせ、新たに造りかえる洗い」(テトス 3・
5)とも呼ばれます。それは、「だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入る
ことはできない」(ヨハネ 3・5)といわれている、その水と霊による誕生を意味し、実現
するからです。
「この水洗いは、照らしと呼ばれています。カケテ―ジスを学んだ人の精神が照らされ
るからです」。洗礼によって「すべての人を照らすまことの光」(ヨハネ 1・9)であるみ
ことばを受けた受洗者は、「照らされた」後、「光の子」となり、自分自身が「光」とな
るのです。
2)堅信の秘跡
堅信の秘跡は、洗礼および聖体と一緒に組み合わされて「キリスト教入信の秘跡」を
構成します。この三つは一体でなければなりません。「堅信の秘跡によって信者はいっそ
う完全に教会に結合され、聖霊の特別な力で強められて、キリストの真の証人としてこと
ばと行いをもって、信仰を広めかつ擁護するよう、いっそう強く義務づけられます」。
堅信式では、塗油のしるしによって、霊印が塗油により示し刻みつけられます。塗油は
古い時代から多くの象徴的な意味を持つものとされてきました。油は豊かさ、喜びのしる
しで、清め(入浴前後の塗油)、柔軟さ(闘技者や格闘者の塗油)、打ち身や傷の痛みを
和らげる治癒のしるしでもあり、そのうえ、美と健康と力とを増進させるものです。
塗油が持つこれらの意味は、秘跡に生かされる人生においても同じように存在している
ことが分かります。洗礼前の求道者への塗油は清めと強化を意味し、病者の塗油は治癒と
力の回復を表します。洗礼後の堅信および叙階で受ける聖香油の塗布は一種の聖別のしる
しです。堅信による塗油を受けたキリスト者は、イエス・キリストの使命とイエス・キリ
ストに充満する聖霊の働きとにいっそう深くあずかり、その生活全体がキリストのよい香
りを放つようになります。
洗礼によって、キリストとともに死に、生まれ変わった私たちは、堅信によって力強く
キリスト者として生きることを義務づけられています。なぜならば、皆さんが洗礼を受け
た由来はキリストが皆さんのために苦しまれたこと以外にはありえないからです。聖ペト
ロが宣言しているように、わたしたちはイエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を
ゆるしていただき、その賜物として聖霊を受けています。ですから、その聖霊が集まる教
会は生き生きとするはずです。復活祭はそれを再確認するときなのです。
Sacraments of Initiation
‘A sacrament is a remembrance of what happened in the passion of Christ,
and through his passion it becomes operative in us, namely, as a sign of
grace that contains within it the promise of future glory. It is a sign of what
it to come.’ (Thomas Aquinas, Summa Theologica)
The seven sacraments instituted by Christ in the New Testament are:
Baptism, Confirmation, Eucharist, Forgiveness (Penance), Anointing of the
Sick, Holy Orders, and Matrimony. The seven sacraments are related to all
the important stages in the life of Christians. They start with the birth of
faith in the Christian, foster its growth and healing, and they give a sense of
mission to this life of faith. We can see clear parallels between the many
stages of people’s natural life and their spiritual life. Now at Easter, we
will consider the sacraments of Christian conversion and initiation –
Baptism and Confirmation. Let us recall the great feeling of newness we
had when we were baptized.
1.Christian Sacraments of Initiation
The three sacraments of Christian initiation are Baptism, Confirmation, and
Eucharist, the three pillars of the Christian life. Grace joins the Christian
with God. This can be compared to natural birth, growth, and support.
Christians are born again through Baptism, strengthened through
Confirmation, and nourished by the everlasting food of the Eucharist.
Through these three sacraments, the Christian grows more and more in the
life of God as he/she advances toward the perfection of love.
The Baptism of Christ
Christ, to complete everything to the fullest, received the sinners’
baptism of John. This action of Jesus showed that he completely
humbled himself . Then Christ through his Passover opened the springs
of Baptism to all. In Jerusalem, Christ had to undergo his passion, or as he
called it, his baptism. Blood and water poured out of the pierced side of the
crucified Christ; this is a symbol of the new life of Baptism and the
Eucharist. Since that time, people can be born of water and the Spirit, and
they can enter the kingdom of God.
1.The Sacrament of Baptism
The word to baptize (from the Greek –‘baptizen’) means to submerge or
to immerse. By being immersed in water, the one being baptized is united
with Christ’s death and burial and rises from the grave with Christ as a new
creature. (2Cor. 5:17 & Gal. 6:15) This is the meaning of Baptism. In this
sacrament ‘Jesus saves us by means of the cleansing waters of rebirth, and
by renewing us with the Holy Spirit.’ (Titus 3:5) It is written that no one
can enter the kingdom of heaven unless ‘one is born of water and the Holy
Spirit’. (John 3:5) So by water and the Spirit, new life is signified and
actualized.
Water Baptism is also called illumination as the minds of those undergoing
catechesis are enlightened. Baptism is ‘the true light that enlightens all’
(John 1:9), and these words become a reality for those receiving Baptism
who are ‘ enlightened’, and called the ‘children of light’ as they
themselves become light.
2. Confirmation
The sacrament of Confirmation together with Baptism and Eucharist is one
of the three sacraments of Christian initiation. These three form a unity.
Through the sacrament of Confirmation, the believer is joined more closely
to the Church, is strengthened by the special power of the Holy Spirit, and
is tasked with the duty to be a vibrant Christian witness in word and deed
by spreading and defending the faith. In the Confirmation ceremony,
through the sign of anointing, a spiritual seal is signified and inscribed on
the soul. From ancient times, anointing has many symbolic meanings. Oil
signifies plenty, joy, purification, (anointing before or after a bath),
flexibility, (the use of oil by athletes and fighters), as a pain relief for
bruises or wounds, besides, it is also used to promote beauty, health, and
strength. We know that the many meanings of anointing are similar in all
the sacraments which give us life. Before baptism, the anointing with oil of
catechumens signifies purification and strength, while Anointing of the
Sick signifies treatment, strength, and recovery. In Confirmation after
Baptism, as well as in Ordination, the holy oil applied is a sign of special
consecration. The Christian being anointed in Confirmation receives the
mission of Jesus Christ and is filled at a deeper level with Christ through
the work of the Holy Spirit. He/she disseminates the fragrance of Christ.
Through Baptism we die with Christ, and we who are born again and
strengthened through Confirmation have the duty to live as Christians.
Furthermore, the sole reason we are baptized is that Christ suffered, died,
and rose from the dead for us. As St. Peter preached, we are baptized in the
name of Jesus Christ, receive forgiveness of our sins and also receive the
gift of the Holy Spirit. Therefore, the Church formed by the Holy Spirit
should be filled with vibrant life. The feast of Easter is a time when we can
meditate on and rediscover this truth.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
95 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content