close

Enter

Log in using OpenID

「仕事の管理型」の 業務スタイル

embedDownload
や働き甲斐の喪失など様々な問題
事の現場では自律性の欠如
事の現場では﹁仕事の管理﹂とい
動の管理のことである。それは仕
る実態は、その時間の中で行う行
時間管理をしているように見え
だの一人もいないはずだ。
が生じている。一方で、仕事のグ
うことになる。
報化社会の進展に伴い、仕
ローバル化は今までにない数値目
の仕事の仕方を考えてほしい。
訳すと﹁時間管理﹂となってしま
しまっている人が多い。日本語に
のため、本来の意味を取り違えて
ト﹂という言葉は英語である。そ
そ も そ も、﹁タ イ ム マ ネ ジ メ ン
区別がつかないこと﹂が大きな原
個人の業務スタイルは﹁外見から
産性向上の取組みが難しいのも、
分からない。ホワイトカラーの生
はつかず、やっている本人にしか
この二つは、外から見ると区別
入れられない等式である。だが、
る。この方法は、小学生くらいま
者のア プ ロ ー チ が 実 施 さ れ て い
企業研修などでは、基本的に前
る。なぜなら、各自が自律した自
か。お そ ら く、い な い と 思 わ れ
な社会人を見たことがあるだろう
あるが、自身のまわりでそのよう
﹁5W1H﹂で私たちの仕事を考
証 明 し て い き た い。そ の た め に
で は、﹁社 長 の 仕 事 自
=分の 仕
事﹂という等式が成り立つことを
まず、誰がやるかを考えると、
では通用するかもしれないが、自
ス キ ル ア ッ プ は、﹁昨 日 よ り も
﹁自分一人﹂と﹁誰かと一緒︵他
えてみよう。
今日﹂とするために現状の把握が
我を持っているからだ。
の場合、長続きせず失敗してしま
不可欠である。そして﹁真似る﹂
人 と 共 同︶﹂に や る と い う 二 つ し
我が確立した大人がやると、大概
う。そのため、企業研修がなかな
の で は な く、﹁考 え る﹂こ と が 必
かない。
What︵何を︶
Who︵誰が︶
か成果につながらないという問題
要だ。その意味でも、考えるため
の羅針盤として﹁仕事の仕組み﹂
に精通することが、スキルアップ
う
のためには不可欠だといえる。
5W1H
仕事を考え
仕事の仕組みとは
そ れ で は、そ の﹁仕 事 の 仕 組
み﹂とはどんなものなのか。それ
を理解するカギとなるのが、以下
の等式である。
次に、何をやるかを考えると、
﹁事前に分かる﹂仕事と﹁突発的
に発生する﹂仕事のやはり二つし
かない。
How︵どのように︶
ど う や る か を 考 え る と、﹁継 続
的﹂にやると﹁企画・単発的﹂に
やるの二つしかない。
Why︵なぜ︶
な ぜ や る か を 考 え る と、﹁売 上
確 保︵パ フ ォ ー マ ン ス︶
﹂と﹁組
40
2015・11月15日号
情
標の強化につながっている。それ
﹁○時から△時までは□□の仕事
突然だが、ここで自身のいつも
られなかったようなトラブルやミ
らが重なり合って、従来では考え
スが、個人だけでなく組織全体で
﹁時間管理型﹂の業務スタイルで
をしよう﹂と、時間に仕事を貼り
ある。実は、このスタイルでスキ
も生じるような時代になってきて
そこで本稿では、これらの問題
付けて段取りを行っている人は、
を解決する方法として、一人ひと
ルアップを望んでも、大抵はうま
いるのだ。
り の 業 務 ス キ ル に 着 目 し、﹁仕 事
くいかない。
人 は、﹁仕 事 の 管 理 型﹂の 業 務 ス
を貼り付けて段取りを行っている
△時まで行おう﹂と、仕事に時間
一 方、﹁□□の 仕 事 は○時 か ら
の管理﹂を行うための方法をお伝
えしていきたい。
﹁時間管理型﹂ 業務
キル
プ きな
タイルである。こうした人は、比
う が、こ の 世 の 中 に﹁時 間 を 管
因の一つなのである。
較的容易にスキルアップできる。
理・コントロール﹂できる人はた
﹁社長の仕事 自
=分の仕事﹂
タイムマネジメントとは
が起き て い る の で は な い だ ろ う
これを理解することから、仕事の
スキルアップのためのアプロー
人や先生、またはテレビの登場人
仕組みへの理解が始まるのだ。
コ
=ピー取り﹂
この二つの等式は、通常は受け
﹁企画書作成
物の話し方を真似てコミュニケー
例えば、小学生くらいまでは友
か。
人のやっていることを真似る
ションスキルを向上させることが
タイムマネジメントは、時間管
いで
は
﹁仕組み﹂を理解し、自分でや
チの仕方は、大きく分けて以下の
ここでは、NPO法人日本タイムマ
ネジメント普及協会が提唱する「仕事
の管理型」のタイムマネジメントを取
り上げ、
「仕事の仕組み」の分析によ
るスキルアップの方法を解説する。
二つが考えられる。
行本明説
り方を考える
い。これまで﹁時間管理型﹂だっ
た 人 は、最 初 の ス テ ッ プ と し て
﹁仕事を明確にして、その仕事を
何時からやるか﹂を決めるだけで
タイムマネジメントが上達するは
つまり、タイムマネジメントを
ずだ。
上手に行うには﹁仕事の管理﹂を
実践することが重要となる。それ
には﹁仕事の仕組み﹂に精通する
なく
が重要
ことが条件となる。
﹁真似 ﹂
﹁考え ﹂
マネジメントの現場では﹁スキ
ルアップ﹂という言葉もよく使わ
れ る が、こ れ も 英 語 な の で 曲 者
だ。捉え方を間違えると取組みを
誤る危険性がある。
﹁ス キ ル ア ッ プ﹂と は、﹁今 ま で
できなかったことができるように
なること﹂である。昨日できなか
ったことが今日はできるようにな
る、明日にはもっと上手にできる
ス
理事
日本タイムマネジメント普及協会
理ではなく﹁仕事の管理﹂と理解
「仕事の管理型」
の
業務スタイル
し、本論を読み進めていただきた
日本タイムマネジメント普及協会が提唱する
ようになる、ということだ。
での
て
み
よ
2015・11月15日号
41
ア
ッ
で
「仕事の仕組み」を理解してスキルアップを目指す!
るる
この
とで
は
集 タイムマネジメント実践ノウハウ
限られた時間で成果を出す!
特
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
110 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content