close

Enter

Log in using OpenID

時 空 間 時 空 間 G I S 時 空 間 G I S

embedDownload
これまで,GIS は位置情報を手がかりに管理,分析,視覚化を可能にし,様々な分野で活用さ
れてきていることは周知の事実である。今後も電子国土への貢献等,期待も大きい。最近では,
位置情報(空間)のみならず,時間の管理・分析も統合的に行う時空間GISが開発されている。
STIMS(Spatio-Temporal Information Management System)は,埼玉大学工学部情報シ
ステム工学科 大沢研究室により開発された,時空間 GIS のフリーウェアである(図− 1)。
http://www.mm.ics.saitama-u.ac.jp/stims/からダウンロード可能となっている。STIMS
では,標準的なGIS のもつ表示・編集機能や空間演算機能(面復元,最短経路探索,最小木,ボ
ロノイ図作成)に加えて,時間設定機能,差分スクリプト生成,汎用データベース接続およびそ
れらの連動による空間検索等が実装されている。時間概念を導入することにより,空間情報の
更新管理に加え,更新された空間情報の過去の情報も含めた解析が可能となる。各種データベ
ースは,その当時の地図,地形等とともに分析することにより,より意味を持ったデータとなる
時
空
間
G
I
S
のである。これらを実現しているのは,強力なデータベース接続機能,XML によるデータ管理
等が挙げられる。
対応可能なディジタル地図としては,
(財)日本地図センター発行のJMC マップ(約20 万分の1
地勢図相当)
,国土地理院発行の数値地図2,500,25,000 となっている。これらのデータは付属の
コンバータによりフォーマットの変換を行う。J-STIMS ユーザー会(http://www.j-jikuu.com
/user/index.html)の会員となれば,登録地域の昭文社ベースマップ(行政界,ランドマーク,
道路,鉄道,等高線,自然地形)
が標準で組み合わされたものが
提供される。ユーザー会会員登
録は,個人,教育機関であれば
無料である。
STIMSには,STIMSディジタ
ルアルバムGISアプリケーション
(STIMS for education)といった
バージョンも存在する(図−2)
。
これは,GIS の機能のうち,マル
チメディアの整理,検索,表示と
図− 1 STIMS
いった機能のみに限定されたも
のである。例えば,デジタルカメ
ラ等で撮影した画像を地図上で
管理することができる。ここで
も,当然時系列データの検索な
ども行うことが可能である。
時空間GIS フリーウェアによる,
情報管理・分析へのインパクトは
大きいものであり,今後,各種機
関でのGIS 導入が益々拡がって
いくことであろう。
(東京大学 布施孝志)
図− 2
STIMS ディジタルアルバム GIS アプリケーション
THE JOURNAL OF SURVEY 測量 2004. 3
49
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
93 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content