close

Enter

Log in using OpenID

東海畜産学会報 原稿作成要領

embedDownload
東海畜産学会報
原稿作成要領
1. 書式設定について
原稿はマイクロソフトワードで作成して下さい。用紙サイズはA4で、
「文書のレイアウト」で
余白を上 35 mm、下 30 mm、右 25 mm、左 25 mm に設定して下さい。文字は明朝系のフォントで
9 ポイントを使用して下さい。本文は二段組みとし、行間は 13 ポイント(約 4.6 mm)に設定して
下さい。図表や写真は本文中に挿入して下さい。
2. 表題、著者名、所属機関名、所在地、略表題、連絡先について
別紙「参考資料」にならって、表題は 16 ポイント太字、著者名は 14 ポイント平打ち、所属機
関名および所在地は 9 ポイント平打ちで記載して下さい。略表題(15 字以内)と連絡者の氏名、
電話番号、メールアドレスは原稿の末尾に記入して下さい。
3. 本文について
一般講演要旨の場合、本文は、緒論、材料および方法、結果、考察、謝辞、引用文献等の項目
に分けて記載して下さい。結果および考察はまとめて記載しても構いません。A4 用紙一枚以内に
まとめてください。
シンポジウム等の講演要旨の場合、項目立てについては著者に一任します。
引用文献は、別紙「参考資料」のように本文の引用箇所に引用順に上付きで番号をつけ、原稿の
最後に引用文献としてまとめて記載して下さい。引用文献の体裁は日本畜産学会報の論文投稿の
手引き<http://www.jsas-org.jp/rules/n_tebiki20120128.pdf>に従って下さい。
4. 原稿送付先
原稿は可能な限り E メールで下記宛てにお送り願います。
送付先 :[email protected]
送付物 :WORD ファイルと PDF ファイルを両方添付して下さい。ファイル名には必ず氏名を入
れてください。
郵送の場合は下記要領でお送り願います。
宛先
:〒514-8507 三重県津市栗真町屋町 1577
三重大学生物資源学部
近藤 誠
送付物 :印刷した原稿。図表等がある場合には、鮮明な図表(番号、タイトル、説明文を含
む)をA4用紙に印刷し、折らずに郵送して下さい。組写真は組んだ状態でお送り
下さい。
5. 締め切り
原稿提出期限は 12 月 1 日(火)とします。なお,学会報の発行は来年3月頃を予定しています。
参考資料
ニホンウズラ卵胞における血中抗体の移行特性
北口公司 1)・村井篤嗣 1) ・佐藤精 2)
1)
名古屋大学
2)
大学院生命農学研究科
愛知県農業総合試験場
〒464-8601 名古屋市千種区不老町
畜産研究部
緒論
家禽卵黄には免疫グロブリン Y(IgY)が豊富に存
在する。この IgY は卵黄が形成される卵胞において血
液から移行したものである 1)。しかしながら、
・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そこで本研究では、家禽卵胞における抗体移行機構を
解明するため、ニワトリ抗体及びその構成断片を産卵
ウズラへ投与し、卵黄への移行特性を調査した。
材料および方法
動物:産卵期に入り、連産している 12〜18 週齢の
ニホンウズラ(中部科学資材、名古屋)を実験に供し
た。
実験 1:Digoxigenin(DIG)でニワトリ IgY(Inter-cell
Technology、USA)および IgM(Rockland、USA)を標
識した(DIG protein labeling kit、Roche Diagnostics、
Germany)
。DIG 標識した抗体をそれぞれ 10mg ずつ翼下
静脈より投与した。対照区には・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
抽 出 サ ン プ ル の DIG 濃 度 を 抗 DIG 抗 体 (Roche
Diagnostics、Germany)を使って測定した。
結果
抗体投与 2 日後における IgY 構成断片の卵黄への移
行量を図 1 に示した。各構成断片は全て卵黄へ移行し、
その移行量には有意な差がみられた。移行量は Fc、
F(ab’)2、Fab の順に減少した。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
考察
家禽には IgY、IgM、IgA の三種類の抗体が同定がさ
れているが、その血中濃度は IgY が最も高い。卵胞に
おける抗体の取り込み機構には、血中抗体濃度が反映
している可能性が考えられた。そこで、実験 1 で、抗
体のサブクラスによる選択性が存在するのかを調べ
た・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒480-1193 愛知郡長久手町
Antibody (ng/yolk)
300
d
200
c
b
100
a
0
Co
W
F(
Fa
ab
b
nt
m hol
’)
ro
ol e
2
l
ec
ul
e
1
1
1
1
Fc
1
図 1.抗体投与 2 日後に産卵された卵黄への IgY
断片の移行量. 平均値±標準誤差. 異符号間
で有意差有り(p<0.05).
結果、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
卵胞膜で分子量による選別が行われている可能性も考
えられる。
実験 2 では、移行の際に必要な IgY の構造領域が存
在 す るの かを 検討 した 。 実験 1 か ら移
行・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・ではないかと考えられた。
引用文献
1) Patterson R, Younger JS, Weigle WO, Dixon FJ.
2)
3)
1962. Antibody production and transfer to egg
yolk in chickens. Journal of Immunology 89,
272-278.
Johnson AL. 1986. Reproduction in the female.
In: Sturkie PD (ed) Avian Physiology, pp.
403-431. Springer-Verlag, New York.
北口広司,村松達夫,村井篤嗣. 2004. ニホンウズ
ラ卵胞における血中抗体の移行特性. 東海畜産
学会報 15, 42-44.
略表題:ウズラ卵胞への抗体移行
連絡先:□□□□, Tel: ●●●-●●●-●●●●,
E-mail: ■■■@■■■■■
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
390 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content