close

Enter

Log in using OpenID

住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)(PDF:132.1KB)

embedDownload
市民税
住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)
税制改正により、住民税において新たな住宅借入金等特別税額控除が創設されました。
新たな住宅借入金等特別税額控除(新制度)
平成21年から平成25年までに入居し、所得税の住宅借入金等特別控除を受けた人で、所得税におい
て控除しきれなかった金額がある場合は、翌年度の住民税において住宅借入金等特別税額控除が適用
され、所得割から控除されます。控除の適用にあたっては「市民税・県民税住宅借入金等税額控除申告
書」の提出は不要です。
この改正に伴い、平成11年から平成18年までの間に入居し、税源委譲の経過措置としての住宅借入金
等特別税額控除(旧制度)を受けていた人についても、同様に適用されます。
対象となる人
平成11年1月 1 日から平成18年12月31日まで又は、平成21年1月 1 日から平成25年12月31日まで
の間に入居し、所得税の住宅借入金等特別控除を受けた人で、所得税において控除しきれなかった金
額がある人
※平成19年・平成20年に入居した人は対象になりません。
控除額の算出方法
次のいずれか小さい額が控除額となります。
(1)所得税の住宅借入金特別控除額のうち、所得税において控除しきれなかった額
(2)所得税の課税総所得金額等の5%(上限97,500円)
新制度の控除適用手続き
勤務先で年末調整されている人については、毎年1月頃に勤務先から配布される「給与所得の源泉徴収
票」の摘要欄に「住宅借入金等特別控除可能額」と「居住開始年月日」が記載されている必要がありま
す。
確定申告を提出する人は、控除の適用を受ける最初の年分については必ず「(特定増改築等)住宅借入
金等特別控除額の計算明細書」を添付して税務署に申告して下さい。
またその際に、確定申告書第二表「特例適用条文等」欄に必ず居住開始年月日等、必要事項を記入し
て下さい。
※ いずれの場合も必要事項の記入がない場合、住民税の住宅借入金等特別税額控除が適用されま
せん。忘れずに記入して下さい。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
132 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content