close

Enter

Log in using OpenID

340号 - JA中標津

embedDownload
あなたとJA>をむすぶ'1胄報誌
可
200 5
椿が
「
月
I 00340
「1頭当り の乳量をアップし、作業の省力化を図りたい」と鈴フポ祥嗣さん
、
"■■
川〆恥匂鰯繍鐡’
--
毛■■
-,tr
P1
 ̄
菱ル
=」
ー
蝿N峨礎
。
.}
辱皀
ロ1
 ̄
「.,三岳
”隼『
宍己
I
■■
●AjAMMSHIBETSU
庇
ケベ
U1
lilI受炎たfr農政
」を徴彩三・句発良節
、をパグI乳展の二
組記が-′|:へ顕俣
什念行11政の拝落
「系
努
め
1としわに良功な地
、てれ札の績成区
各、、幌部が紙の
|則祝三パL認にリIIi
係災)]’を‘)よlli
機会一ニク受らり原
関が-'一ホf〔!L、」E
、
、悲一テざ、-1上氏
職襲Ⅱルオし′i薯海が
、にににま部泣乳
なてはてし宮酪J1ユ
組性11鍵良平1)11
みに垢篠、リリ!催
、11;ifし1111特[l:ざ
分ん、しにⅡ;!れ
iM l1il ilIil 1?FjUMJi m
幻一
字Ⅱ
り゜命を飼改」[に
■
十
にし、’|、よ\し流臘
取たltliドる’トト入
可
字■
Ⅳ
l艇し雌すこ俊昭席
的ま性るに、和し
-9
シ
織カビ〈具鮴庵冒人
ビザ九継鰍が
ifilIl強ちIhllIiiiはlIl
O
け
共’卜liuす型場リliiし約
C
厚。一と
だ体や作牧まど
改良、 体型レベル の向上に
海道酷』 辰発展への功績が 認められる。
北乳
牛
 ̄-V--
蕊
旱
U定Ⅱ
12
■■
lij
1
p
--Ⅱ
上戸三目
’4+:p
■
Ⅱ
iii鼠 塁
,
ザqL
二
五.
伊の
◇
イ
巻員
|露
昭和59年北海道ホルスタイン共進会8部パラマウントクリスタルワン号
昭和60年第8[□|令11'|<ホルスタイン共進会2部優等1ItlIif
サニーデールアールチエクリスチナマリージーエフ号
昭和61,62、平成lイ'二北流道ホルスタイン共進会ウイステリアスパープマツオサ
昭イ1162イi二北海道セントラルショウグランドチャンビオン
サニーデールアールチエクリスチナマリージーエフ号
lWW163iIz北櫛道ホルスタイン共進会13部
サニーデールアールチエクリスチナマリージーエフトj・
鰯l4Ujlオールニッポン(第6部)サニーデールアールチエクリスチナマリージーエフ号
平成1年北海道ホルスタイン共進会9部ロベルブラック号
12成2,3,4年北海jiiホルスタイン共jlli会マドキヤツプスターユニーク号
第151Ⅱ|オールニッポン(第9部)ウイステリアスパーブマツオ号
`[z成5年北海世ホルスタイン共進会1部サニーデールゴールドバックスーパザ
9部ウイステリアフロンテイアマダム号
節11111|北海道総令Tif雄共jlli会2部サニーデールローヤルマーサ号
13部サニーデールスターブレリー号
;12成12北梅泣ホルスタインナショナルショウ11部サニーデールドラマチツクアスリートリ
平成14〈に化海jijiホルスタインナショナルショウ10部サニーデールエアロスタージエーサ
3
また.点越した糯汽眼から泣内(平
平成11イド北海jiiホルスタインナショナルショウ9部サニーテール|ラマチツクアスリート5
蟇騨此鷲」〈
成十三年北海道ホルスタインナシ
平成9((二・|上海iiiホルスタインナショナルショウ12部サニーデールプリシーマツクス号
ililiがノIモ受共ら
ョナルショウ)はもとより、都府県
8部ウイステリアエンプレスベツシー号
ク場はしに1i
シし同優、十
ヨ、牧鞭全八
ン一場r1日イド
に頭のを本か
の肌〈進会審汽叩以として数多く藤代、川一
サニーデールアールチエブローカーマリア9。
卜ら’1」Zるに
う゜二全’''1とは
ロ蚊jLllllとⅡ{I
グNIIで場もイ11
を務め、改良技術を迦じて後継者の
雛20M縦オールニッポン(鰯5部)サニーデールミステイレーモン号
平成8イF北海世ホルスタインナショナルショウ3部
スか岡」(す会
育成指導にあたっています。
611Mサニーテールミステイレーモン号
鱒19回オールニッポン鰯6部)ウイステリアフロンテイアマダムザ
、「成7`|ミ北海辻ホルスタイン共進会8部サニーデールミステイローマン号
鯆10M命Ⅱ水ホルスタイン」L進公8部優等ftll研サニーデールネリートリプルバーク号
しTtが前に回遊
た、府回はIPI共
・ぺllIlの過品進
Z可
$
iiiiiil
.`習
 ̄
序A
9A
五
陸…
〃二
鱗
I
rザ
、I
PL
涙#
宮
■ ̄
②
霧
■
●女性部通常総会●記急講演会
-J1
 ̄
己
l畷q
rB
一菫阿
i3
即凸■■四町囮画
岸0
』
!#§
登a3P
すべき創立馴周年を
なる活性化を/
{し
「=
創立五十周年という記念すべき年を迎え、
己
第五十回女性部通常総会ぶが三月十八日、
中標津町総合文化会館で盛会に行われました。
’
出席調全員での綱緬朗唱
〆克
笑いあり、涙ありの楽しい講流でした
>
ン歪.
部総でのこて識ウニ従l1i畠たに改たlilil支にこの
1足会すあのきの1〔,Ii年・つ進、業報選侠も
・終・る人た析卜荷にいに提が告出落と
太「頓き組性'ル'以リ’て伴案原、さ地俊
'Ⅱ後も葱織化サド外憲匂織餓'(区Mii
勝、し飾活がをの統
礎x儲M劉糊寳蝿tM《縦lIii桜
を」上Jjjイ'ミIFtれるも紐辿考て調イ'ニートな搭
鱗蝋蕊難燃
えガ潔蝋kえ:鯏繊艀鯨
総会川席脅七十:|人、委任状山I
行う顔るい組ガリ農しけLiま,汁収」量第人
ま踵タ拶縦'堂
、
しと,に領言俵
た米.統をて゛橘
・賓縫き朗始地
の野、111}ま区
方所’'1.1).
々艮而,横、犬
か、IRiリl11lllllLi
らili組純席ふ
祝平谷一F若み
辞部12部全江
が.、腱ilさ
述佐棒のでん
べ々攻柵久の
ら木セ合性lMj
れ部ン技部会
4
P■■
l1pJA朧M1欧棚議鮒鵬
少
ijlii鑿li;
 ̄可
|p『{
戯
 ̄
苣己笠
≦÷
』
、
餌1
当農協女性部横田部長
第47回JA根室地区
】■■女性協議会通常総会’
31129,,第471'11JA根峯地区女性協議会迦常総
会がI)M催され、、'1農協女lYl皇部からも、代繊fi5人が
出席しました。
平成14年度。'櫟・収支報告並びに平成15年度!'「業・
収支計iiIii案など出席代議員により全集承認されまし
0
》〃
地区会長に再就任。
-.-
-ノノ
■■P…
Eゴ
一=g■
UIT
;1'1
L
」
た。
また、役旦改選では、当農協女性部繊[}1勝lj長が会
P
N
JAllI央会・平111所長を識師に迎えた研修会がMH催
ワ
1
総会終了後、地区女性脇幹部、役jiW1:修会と称し
一鍔鮠叫轍.’電解
パイプ役となってご活跳されることを、当,IIL脇女性
部一同願っております。
農畜産政策価格決定内容について」をテーマとして、
]や幸但
⑪
長に再就任され、全泣、管1ノリと、、W農協とのjir婆な
て、「WTO農業交渉をめぐるII1i勢について」と「酪
鵜賛懇逐,
P丙
講師一太田誘美先生
され、なかなか-歩入り込んで勉強する機会のない
話題に、参1111精は皆、〕'〔剣にl1iき入っていたようで
した。
性を次さ丘記ijjil)しど’2地をま伽
化搬性れ‐|・念こ会とぶをげ域テし11X
をl)部て年誌のと終りiili、社’た|[
[|上上iおを(Iiリ総左始に座ま会マ・I・
指げ一り節作会つ剛会とたのと可川
越蝉!:。記て篝場L1MIL」いド
わかりやすく説明してくれた平山所且
,5
鱗if繍鯛灘
蝋識瀦川脚総
剛:灘纈|;露!
Pピコ
技。、ぞij1Wllを仁つ、
を
、ljhllに11『原い,心で
i識ii灘
;:繊議
技術と知識の
会りせノⅡ’し内ドパ技こ
illLまる什な機バン術肛
向上を目指して。
四月一日、当農協一クレェ」にて
線,イミ'''、
鴛測Milli
・パノkMiiパ
食品加エ交流部会「製パン講習会」
が開催され、十五人の部会員が参加
ンを仁ン
亟概り材の
のき、科'111F
幣柵鰹
)二行の.は
鯨
しました。
のおよ原こ
おさ参iI1i没ア製た
しし上そが鴇イ技のま
たたでれら類ス術一で
、き
ぞれを試食しましたこ
リア風サンドイッチ)を作り、それ
ォカッチャを使ってパニーニ(イタ
トのⅢ脳Ⅱを作り、出来上がったフ
グリッシーニ、フローズンヨーグル
メニューは、フォカッチャ、ヒザ、
乳製品を使って食卓に
イタリア風の味を?.
三月六日、当農協一クレエ」に於
いて、食品加エ交流部会の乳製品利
用料理講習会が行われ、十四人の部
会員が参加しました。
今回の講習会は、全てのメニューに
どのメニューにも、牛乳、パター、
バリエーションを変えるだけで、f
供から大人まで楽しめる味に、参加
者は侍、大満足のようでした。
今後も、この地域で唯産される牛
ことを川俳したいですね。
乳から新しい味が父奴仁服けられる
チーズ、ヨーグルトなど、乳製砧が
使用され、昼食に、子供のおやつに、
乳製品を利川し、地域牛乳・乳製肺の
滞蕊拡大を図るだけではなく、食点に一
いつもと違うイタリア風の味を届けよ
お酒のおつまみにと、ちょっとした
/F弓只
うというコンセプトで行われました。
戸
です。
分なりの活励に役立てて欲しいもの
たくさんの字し製品が使われました
DC●●●●o⑧o●●●、⑥c●●⑨●●●●●●●、●⑥⑨oco0oc●Ce⑨。●⑤●●●o⑥●ooooo00⑨⑨⑥0③●●⑭●●●Coo●●●●●。●BQG●o0eooooo①⑥⑧●on
豆
16
紫志さん七・二列・灘威くんで
鹸場となった、政代地区・禰脈
は、このコーナー兄弟川人Ⅱの
柵鑛も緩んできた今月の人気粋
時も解け、Ⅱ聯しに棚晩の菰
もほとんどひかない丈犬な卜!
って。そのせいか、風邪なんか
て、好き嫌いも全然しないんだ
ば、しっかりと〈クついたりし
くってもⅢの前に食べ物を出せ
ハ・ママはもちろんのこと、家
四人兄蛎の米っfだけに、ハ
!」と、締してくれま!〉た。
卜に育つのか、とっても楽しみ
Ⅸ応が迷うので、どんな性絡の
について、ママに,郡ねると「優
さて、そんな藤威くんのへ‐後
張ってね!
な満原Ⅲ兄弟の木?トレ|して、
せな舞威くん。これからも元菰
族みんなに可愛がられている幸
と人妓判を川されていました。
ました。
威・瑠威・璃夢の一八と微妙に
鰯みんを勢揃いの時にお邪魔し
す。作休みで、お兄ちゃん述兄
涙可
清原求・灘威くんの雌近の様
子は、お兄ちゃん達の行動に反
きはじめて行動範朋も広がって
山
澗原孝志・朱美さん夫妻の
三男として生まれる
鐙鋼二
清原舞威《ん
壜墹霧
応するのと、ようやく一人で歩
少し楽しそう。兄弟がたくさん
いるから、いつも一緒にワィワィ
と遊んでいるのかと思えば.、
人で黙々と遊んでいることが多
Z
いんだって。雛威くんが唯まれ
,
K
てお兄ちゃん逆はとっても弾ん
で、ママの朱奥さんと》緒に病
院から州ってきてから、あまり
I
〃’
2002年4月13日生
田=判.江
の川愛さに、かまわれ過ぎて?
ママが「そっとしておいてI」
と一・nつたばかりに、「全然かま
われなくなったのよ~(笑)」と、
ママ。お任糎の時間も、兄弟の
たくさんいる末っ子は、どんな
状況でも渡るのかと思えば、ワ
ィワイと騒いでいるお兄ちゃん
達の声が気になって、なかなか眠
らないデリケートさん。その他、
食べることがとっても大好きな
1,
きよ(まらまい
鍵扇可
〆
j白引
舞威くんは、泣いていても、眼
'7
1
ノ
、
四コ
駅
.’
’
'糧
==
で
I
1
・蝿巽翰
’クゲロ
ノレ
ド
アイ
■■
■■■,
一人で歩き始め、行動範囲が広くなった
清原家4兄弟の末っ子が登場’
iii鞭難灘溌11溌
iiL『蝋搬議繊綴騨謙辮
‘D
一で
春の日陽しも日埴しに強く、雪解
けも進み、組合員皆様に於かれまし
ては、何かと忙しい日々を送られて
いる率とご推察申し上げます。
平成十四年度決算も終え、現在、
新年度の事業計画取り細みについて
合型、組織も強く受けてのスタート
でありました。役職負も計画達成の
ため必死で蛎業通常にあたり、|Ⅱ
も早く安心、平常に戻る躯を願いつ
つ論対策を講じながら取り組んでま
いりました。同も多額の予算、蛎業
方向性についても節Ⅱ次農業振興計
画の答巾をいただき、出来るだけ反
映をさせ、将来へ備えての取り組み
を協議をしているところです。
新年度に入り、農協にもフレソシ
ュな新入職員八人を迎えました。事
務所、Aコープに配属しましたので、
見かけましたら温かい励ましの》、柴
をかけていただけましたら幸いです。
おります。
また、今年は統一地方選でありま
す。現在、前農協副組合良中司哲雄
が道議候補として江起し、Ⅲ町を走
り、精一杯戦っております。大事な
一次産業の課趣を含め、山祇してい
る解決に迭非とも派雌の場を確保す
るべく、農協としても全面的に支援、
協力をし目的達成のため取り組んで
どうか組合川以をはじめ、多くの打
げます。
権街のご文援を心からお願い申しk
鹸後になりますが、WTOの行方、
イラク、北朝鮮問題、BSEの死亡
畜検禿実施など、グローバル的な課
題も含め山積しています。
更には膿協改革、組繊再綿など身
近な分野も兇撤し論縦が進んでおり、
予断を杵さない師もあり、次年度も
こうした勅きをとらえながら対応、
いるところであります。この一年間
判断をしてまいりたいと気を締めて
の感謝と更なるご指導、ご父援を賜
ります様お願いし思いの一端といた
しま・す。
打雛とうございました。
IjM陽台牧場電話4-2268番
*受入れ牧場il1標津iIlI鴬牧場
農林課帯産係地誌3-3111番
たは、1111鴬牧場まで巡絡願います。
たは、開陽台牧場までご述綜願います。
すので、希望される農家は中標津IHI農林課畜熊係ま
詳しい案内については、I}'標津町農林課畜産係ま
下記のとお')朋陽台牧場の人牧を予定しておりま
詰めているところであります。
高橋勝義
一年を振り返ってみますと、BS
中標津町農協組合長
Eの発柴以来かってない危機感を組
ィ露乞長譲霧
により国熈、柵瞬崎にBSEへの対
げべ
イ|ミノ〔‐導設紙ま入人畑し望いくに就米界まお合Jlf実総お々発下こ策
鑓灘鐡l1Iiii鱗織蝋
F、
ふり返って偲ぶ
、復と、提
平成15年度町営牧場夏期放牧希望牛の取りまとめについて
*取りまとめ期日平成15iMjT25[1蝋
18
合だからこそ繁殖管理'鵜良課よ’
いよいよ春です1花見の季節にはまだ'1Kいですが、桜の花が稀ち
速しいものです)
ロ■◆。■Cp■●pGP■●■■●■□■■■■P■■■■●■■■■■■■■■■■■■■P■・■Bp■■■0■q■q■■p■U■■■qp■Gdq■■p■q■q◆■。●己凸■◆●⑭●●p●。■■■凸■■■■の■■■■b毎●■b■●■■■■凸■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
・任意待機期間(VWP)Ⅱ分娩
後、初回授精までにかかる目
標日数
・発情発見率Ⅱ授精回数・一・理論
的な発情回数
妊娠率とは十群令体の授精すべ堂
発附に河I)て、妊娠する比率を炎し
賑こで:1F、
率と′kが発
のが産必li1i
ていま、す。
妊る上いは
汁猟人で鍵してみると…?
IIlliさ率で)LIWj
をるをす率い
しと「鰯。と妊
て喬め妊受賑
みわ、娠胎率
まれjlX率率を
して続がの純
よし、を=i'1'j侍
うま維五〃す
・す持訂がる
・す以澗仁
・妊娠率Ⅱ発情発見率×受胎率
11111で効妥発
;てたし、発て_な
?、宝いる兄111:v典Iiij
イ1§ずと司率きW[州[1'1
意はjHl妊とまI,のは
織岐い賑とし一一緊
機初ま率もた ̄、っ殖
jU1にナーに.-で成
i1l11ii・に雌そゾビあ綾
、ln1つ近し情るを
苑のい性て発司出
I1Iiおて11今兇(です
発さ,濡さ’、率意の
兄らしれはこ行に
率いてて、に磯、
とといき発つ期璽
はしさて情いllll典
28011
1’15m
28011
111
11511
‐刀カカ
2801]
リ]34
8511
ら逃後、隔
必〈パ.牛の
笈と十群11
が61の標
あ商六妊を
り十卜娠’.
ま’111率こ
すまかを1
.で・ら維卜
の授持一二
12]11(↑虹''2」4j)]3.2力)]
評
同丁
価
価
11以ト
11以卜゛
l1II題あり
1111題ぁl)!
iヌー1J
'2-14
良くない
災くなも、
15-17
15-17
まあ良い
まあ良ぃ
l8-2C
18-20
良い
2]-25
21-25
とても良い
とても良い
26以l=
26以上
蕊lilIfらしい!(しかし人ノ]
Ⅱlliらし、!(しかし人ノ」
ミスの'1「能性もある)
I1IIi'』す力
に1%Iる11
妊娠率の評価
空胎I|激十妊娠'9}ⅡⅡ=分娩l1l1ljlYi
妊娠率
以下に妊娠率の排価を述べます。
表1空胎日数と分娩間隔
11-
妊娠率を二五訂以化に保つという
のは、非術に難しいことです。しかし
ながら商い妊娠率をⅡ指すためには、
発怖発兄のための観察と紀鍬が将に
'更始に仁
11台しはす分
さて分るⅢ施
せ、晩とIHI
■■■■■■■■■P■■■■F■U■。。●■■■●■●■■■■▲■■■■■■■■■■■■▲■二■
施典になっていくのです!向い妊
ていけばよいのか?それ仁はまず…。
娠率をⅡ指すためにどうけ.ち向かっ
・妊娠鑑定、繁殖検診は定期的に行
いましょう!
ましょう!
・繁殖カレンダーを効率的に活用し
・ヒートマーカーなどを積極的に使
用しましょう!
。発情を観察する時間を作りましょ
う!
(朝二1分、夕〃二1分が哩恕です)
.おかしいな?と思ったら、我々
以kの血力栄を守っていけば、繁
に相談しましょう!
殖成績が向上するのはまず間違い無
力条を徹恢的に行い、繁航成紙を向
しです!きたるべき奥のためにⅡ
上していきましょう,
9
弓
表2牛群の90%が12.5カ月の分娩間隔を
実現するための「初回授精日数」
〈)lAlは]3.(〕力j]の燭台([)「.W・Menz】(Comqllノぐ゛if】
600
-17 62)57(72)
64(79) 69(85)
苑60ooJ7(62)57(72)64(79)69(85)
メノー価Ⅲ乳ソ←鴉巴に1文bIL
70餅
l() 55) 51(66)
(74) 65(80)
|〕Ii70oolO(55)51(66)59(74)65(80)
錐600[〕31(16).1.1(59)52(67)59(7.1)
6()0
31 016) 、1J(59)
(67) 59<7.1)
(59) 51<66)
500
18 33) 3.(19〉
j'IL50ool8(33)34(19)'1J(59)51(66)
率’1()o【]-(l`l)18(33)31(16)・10(55)
。'()0
-(14) 18(33)
(l())
l()<55)
二千二
lOI)65096600670リ[
'401’6509.6()。ii170%
受胎率
受胎率
Illi娠率(焔lIli絶)L率×受I1fi率)259()以上
アマ
真面目な祥嗣きん
目標をもって頑張って圭筑
領
汁汁☆☆浜状¥
liI
、1111》&地Ⅸ
鈴木祥嗣
さん(28歳)
-イミ
鱸鵜鱗議繍霧鰯繊灘鶏鱸鑓蕊繍繊灘灘騨蝋
担う
I
¥¥千斗☆☆六杙¥¥¥¥
鑿
H蕊犠
鍵蟻鍵鑓》
Ii l
い械人たニイI苞に夕で
ま縦つい蝋;W部外笑111:す今
す的てと、'1米211兄家のMIlolnl
・におのりの111%かにリメのご
参りこの|」父ら〃モlmIと紹
力11,と孔樵部感つ・1tわ介
す,!『でlItはのじて佼のす
るイl2Lを、会るきに森る
iI li 1Um
なへたU多計とま逆iの
ビル。P頭をおしみ愛は
標でル、にれ[(Ii述を’1'%
には|作よてII公‘ifLjL
IfilH〔キ業るいな祉災K
か((|のりAま祥に後の
つでズサ「模す,Miil銚.鈴
鰄議
、ハリLさ飼征りた、iI1j
lllィiHせfrさ14.’二憐’11
てのカノj舷。ざⅡNi。木
iIjlli1トレ化人ん・ンiド
リ臆修vをよ(よヒヒ,Miil
-’公ジlx1I)、(121さ
て仁にりも,!『・Iiiilん
議議議蕊;蕊蕊11蕊蕊;i鍵;鍵議議蕊霧蕊蕊:蕊蕊鍵鍵蕊蕊蕊;|;i蕊;蕊蕊鍵蕊iii蕊蕊蕊蕊蕊蕊;: 謹葛ミ
壜lE多H/診’ E、夢''`l酸廻J画J彦電’
劇親 の助言と対応支援
ネ聡』I(のよ災(''1ぃ1ききI1l:班を
のな「た'藤イドしよをしなコツル
で父今’11’1,゜すのてう藩たい’フ場
す除’''1L後乃桁いにとがよスグIiル
.がの、【左導たとし、うをウヘ
llIl炎炎時とによ]'『た厄に,ピン゜
米流流Iおよう〈lil)険」【iiiの途
る全会|・ノバリでも、そflLポ:’’'’
二のを分ぃ久十な水うにk|「li、
とき終、楽11:°かのなし性とIiWi
をつ「灸しが1jzな伎]リ『がも、を
!Ⅱ1か致し!んモ川かに(士み鵬ス波
ifけし朧でljLの>'1,つリリ’)
しでま戎おピで@A(たスぃ藩ル林
た、しもリルは紀らこてと111'i近
い新たな圭を、’)なIいざAIXや
6た。〈しjmlIfをいドまれク)ア
11
結婚対策
灘灘:鮒;
一一
li澁腿輪偽11
一
il<jIllでか,にち元でMIIポ|[もてらク
地’1あら参の成すノノめあ付脂リ
のにるはlll作後゜しをるきjHL1
武嶋ス、儲っにていの宝・ム
|イミイャノい’1rたけの感かし次の
51F□
リ佐兄うlLI〈「’たは仁はにしア
で岳せ'「でしク)Iii}よツ)収テ人なイ
[l《汀i)『後すきたIlIlうよりしつかス
1,
くくり、iiiilili;i螢繊f総k蝋
<今良」、膿会参とセ会、lIj
スリルあふれるスノーモビルの魅力を満喫。
1|
鑑画題』盤
['1’11:八ぞイヤとIIliMfンが丁.イ|乳
の攻のの、’1諸立久艇ノトタ、作とス
メセ鈴後ソ)liljl)性ソ(何1ミリ父ノ
ニン水、女}まこ課ので)Iラ’'1;|
ユタざ綴そ|昨し人’1z炎1M1トン儲モ
|’ん食れ、たをl几I流Ii1六千股ビ
でlHi、づぞ11.念入会さ’l&′ノミル
あ)叩|上くれ紫の、に九JスilYを
るさ供リハ殿トル〔はまハノ′l:趣
、ん室へLL付一)i(農しlIlflをlLlt
桜が地・紹交人か業た濃モノIlilと
もあⅨ諭介流でら,'j曇艇ビ象十
ちた腱i1ljをlluのの《|圭IPIルにる
瞳:
=座:!
、
茸--
轤
憲
「ブライダル研究会」
「手作りランチ&スノーモビル交流会」開催
cc6Eはα色0⑭②、。⑥86,oceoe0o06000c0ooeBcocece06Ge0o0●CoCo●Oo00●●●⑧。⑥●。●③●cc⑨ロロ、。。●c⑥oQ0C●●ococc、①。①
農業後継者結婚対策協議会情報
農業後継者結婚対策協議会情報
鱒調節オフィフ ,アン浩粥相談室生宰斉藤美葱
親の助言と対応支援
灘;総鱗‘蝋
戸ら
Lij騨溌
なはらり)〃l'|:マ今をrで結しへが縦
そlMi託鮒iIii鰭lIIii糊茶
の1次、語にまか僻lilぱ会他き
li1r親ド性分れ瀞ませ↓.>家のが|リリの片ま
イノにルををるりたん外に,活なで111にす
物っを求縢こを、゜へはすい6か無。
にい’「ぬくと縛りjll'i忠ら ̄ほさ感こ
してげる11F、ち性#M-f川にし、心の
てはる傾・あ゛教をが来ない物で鍵
は、二|(i]ソル>そ行姥いな‐)物斑あ|A1
い、とに性I))れで|「了ろ〈てがi与るは
け分があはるをはし、なお予蕊二本
なの必’ノよ機熱、衣娘つりに~と人
↓:,11斑Ⅲ,1ル懲りMii爪轍【蕊ミ蝿
rを恕怨IMiイキのばるま』.、を総社
雛’'1の的つつ職なとすでイ(川済会
れ分へたてて紫リ親・結「|せネ'二が
るをが腱リをら|ノリ家父の親いでしし
と迎ノ(のま辺しにのべ、効のうはてな
群溌醗
しかとを後なは股、うノk゜よ忘分親ど
ii蝋,:蝿脹:11艫,M}がでがん
たで化二はぱ.紫やはい卜iltすや外
。あ嫁と股なミルIi,,,,磯、,,ザ畦:iii
F可
暮らしの
「
「J
FL
プランッとは
一、コンパニオン
コンパニオンとは、「肌〈化」し|いう
怠味です。
ヘーブや花を野栄と.緒に価える
と、組み合わせによっては、ある虫
が寄りつか怠くなったり、化災が促
年岬干で、メキシコが原雁です。
特付のにおいがするので、聡叩山が
寄り付きません。
また、だいこん、トマトなどと.
緒にMえるとセンチュウを防ぐのに
従』Mぢます。
ト’1‘に、」016
ミント低収繩糠悸に地r護が残るの
で、畑の悴瑚が人変です。
マトを一緒に柚、Z
ておくと、病雰山
発北を抑える効
采があります。
にら、ねぎ、たま
ねぎ、にんにく
これらを株疋に
えておくと、ウ
樅えておくと、
リ科野菜のつる川
混付野りl1Ii
まるに二
Lの’''1【左
りにくくなります。
マトの化行が良く、病嘘Ⅱ山にもかか
トマトと.紺に柚えておくと、ト
5キンレンカ(ナスタチューム)
紫を〆〈病
叩作り」
(参議脚Ⅲ血…タキイ「野笈ガイド..・
 ̄
進、または肌愼加されたリということ
やえ人へはい
ヤベッの碓及を助けますcただし
マに ̄|、イヒヒ
上で゛えビルji
う、るたがや
(
L’
があります。
組み合わせた航物の脚刀に良い効
采を唯み川して、病害虫を防ぐとい
う植物を「コンパニオンプランッ」
といいます。
、コンパニオン
プランッの例
①マリーゴールド
ーソミツ
けな緒ダ
蜑欝鰐
F715
し
ト紺カン’1Mカ
lfなとす、
避く‐・ハ
「
リとハアでハ
lif(け紫まり,ji
‘〈
、
にトヨスイl2rlr
なりiliウヘ’1[砿
卜)IHで
鰹
 ̄▽、1
lナンイ、多打
i唾;
とHf科〈、
繩
鍋;i
読耕
パ(よのブル
。マとだだ餐
〆’1Aし樅ち
イ:}粒、し上
1$
ーヘ
野lMiマにう
を錘Y世卓
オまンソI()]シンン
ムす卜がでソトト
漸洲',、,
キる別パLわ
鐸
とさ’IjLT
のせのなく『:
.I
北根室地区農業改良普及センター
Uし
アノしミ極八、ミミ
f3
|リシ
て
仇
CT
野菜の病害虫防除
コンパニオンプランツ
知
シ._多すド:}は類
よミセく゜の別
' ̄、
キク科マンジュギク腿の存まき
厄へ
家庭菜園の農薬を使わない
12
機構図と職員配置図
平成1局年4月1日現在
一|管理電算課長H管理電算係長 (主I丑)瀧場幾久栄(係j、[|】嵐山淀、吉[H-.小玉雌
(準)加藤麗美<新摂用>
部長兼務今野殿
‐|壱理部長トー|金融課長H金融係長 (J:「Ii)白井守、小川あI《l)み(係)石橘照雄J2崎良働
小田美佳、腱jlz楽,'1紐.石川有11まくIF童昌)
西村聖一奥Ⅲ哲綴長11i勝
波部弘道
(置垣繩帯繩)-1共済係長|(釘F)渡辺秋男.千葉亘子(係)人能志帆
一,共済課長卜艮沼憾7肘
長J囲針`|ノー|渉外係長|<係)繩喜与人嫡名'11史
ilqLE1鰯
司璽霊会,-,経営綱談課長H…談係曇朧騨鍵1鵜ヂ'洞聡limI簡鵬平
上村1F光(営農委箇長)厩!(邦男中村疋哉、Iil地勝僧
鱗井誕智夫(管醗&YH蕊i長)金子共-
中林忠雄(生葹霧[I長〕(鍛艮iili生) ̄|組織広報係長|(係)鈴木留美
川村荊身
鈴木祥幹
Z可
一,営農部長トー,経営企画課長卜長内偲
徳永泣文畑迷政部長}|(扮一|基盤整備係長|(係)真野郡●朗、藤原崇鍾載且>(iVZ) ̄木千恵美<鰻営t…】噸’
瀧瑚極三
北荊禎之
企画会議,-,鎌…課長H家祷改良係長l鱗鱗|鯵佐雛患》('↑蝋繍:i鱈平鳶綾蝋祷
折井疋瀞長崎浩一ニ
ー,農産係長|L農爾【'当](係)藤[[1hケ薬尼鮒藤'1F矯将忠
一,農産販売課長卜長ix,砿男・原祁腱塒担当](ゴミ(E)[iRi兇信雄〈係)宮脇正.jミ
ヨ組合長H参事卜佐藤徹一|農産施設係長(係)+JfI''敏広、柳[【111'衆f
lHi橋勝懇乾信小lil一男
一|酪農係長(係)小田Ⅱ'(紀鍵fi菊美縞砧仁美
一,生屋蔀夏トー,酪農課長卜艮渕''1
flilU勝彊
司副組合是
,瀞w蝋、蝿」乳製品工場係長'識麓|繍鶴蝋iM(…艤繍
認lきⅡ鰯
し濤…曇卜馴M
_乳牛桐当](_上任)ll-岡溌{二(係)水鳥一%、1:井上溌二
-l畜産係長 LllI牛担当」(係)笹岡ErLldX二j2、原田蛾Ut(地)岩崎誠
』
【1芒1K)小H]原幽志[センター長](係)星野恵蛤・悲観秤浩
I'|,産錨イ担当」(係)ili木渉、佐藤秀可
-|生産資材係長| [巡回修翻【I当]<主任)佐々木修(係)IMF}鯵
-|購買部長H営農資材課長卜宏斤W喋
爾Ⅱ憾一所)|:澄雄一|給油所係長
[経理'11当]〈係'吉川祓芙、今)|:((『美
-l生活部長H生活店舗課長H店舗係長
(王「[)中塚列勝J1:荊孝f、大lj1fn人
〈主{E)塩l1l茂夫、久保功一〈係)竹|A]剛、田'1】俊光
久保|}l撚一、漉鐡!:-,求田典之、1j本'''5k
(所lを)阿部好llll 〈雄)[、口庶住子.針ル{〈かおI]、平ル麻裕了.高i,攝麻衣:」2.今井綾-f
ヨ盤市会|
漉過陣行(代」2鑑blTl
土jiI昭ソ)
稚',・平腱明
I11jljll‐(【2外藍11il
(係)lKli兇1M、版野"j子瞬角田睦巳佐藤i1il、Ij1藤強
池ll11Il,,#11(府醤)`髄IIT祈り11副店長)今井鋤.
越野(日)11、秋山厨|行、班川雅紀J」f鏑索iii・成田幸一〈正現園>
【瀞在任〕後藤jl2と(lWIh1i豊〕嵩}}1挺12 (iiI;)IlI4兵修f、林映f、安部和英..-イミ千(F、谷向喪鈴
菅野ツア昭.小才1・;蕊、田【|i典由美、|(兄さおり、白鳥幸?「
千龍雄大、原内櫓子、須郷毬子.描田かなえ<覗煽用〉.
皆lⅡj豆美(茄椴用>・目黒祥子(識調,、中零;席琿愈(薪姪隔>、
三浦由美`・朋隙jip、遠藤理恵子(Y孵加)
騒騒
正峨〈面
口
男灰
台BI
90名22名
ll2fi
薗
.I約26f2i
30名
引
94fH4SZ
142名
太字一Vuii・lrlIZ苫
13
【退議者】脳Ⅶ部営農豈廿鍵’k産琶トイ係
Hf堀田敏男(V成l5fi二3J】31[】(、11
「』
恢銚;Lli
F二
大鷹懸明一|肉牛センター係長
_経理担当I(係)阿部什襲、本多可奈干
の紹
(準職員)
,牌
股
梛
■
JlM
-.つ五
ilj
■
」Ul1
-11Z
H漿筑
liH
--符
麓理
近
美:
褥三、
》
V、--二rU
黒|;,柳
ネ羊!i
l
二予
偲
='1
し八
〉一一
hW
浦;{
,糾
合
由Mi
美
係
8古lIii
ノー;lli
係
美
四
」
 ̄11
&
Tb
遠一滕理恵子
「《
一・《
ill
部
皆{#
川lililil1
化柄部化折脱棚Ⅲ牌棚係
′k
’k
_出下心
目撫
MIi
係
i1Ii
柵
中野渡理恵
■〉 一
部
瀞i1
化柄梛化研咄柵那脱棚係
椚
線宇、
$iii
新採用職員を招介いたします⑰
皆様よろしくお願いします。
横田かな今え
化活柵化椚脱榊緋哨飢係
蝋 灘’
化
一木千恵美
加播
ロ平成順年4月1日発令
品
△ △
符
|脚
昌一日
I
46
釧根農連役員会
酪農課畜産会
金融課国債窓販勉強会
釧根農連役員会
7日
女性部平成14年度決算藍香
女性部三役会議
宇都宮賞受賞祝賀会発起人会
八七/《li.1几I・へ1M
虹、笈の、.、、に、ワ:お、に、決llM
場鰯iiM1鍬lliiiBl1雛繩ザ輝I
ぃ版」k張七に}のて卜施溢絲リ|経な項
て,/fi1lリンつlL1Llll)L1,没j堰H1いIifWlIii〔vlz
1i1ILにHLタいイドイミ年一へMII企けしA1]収
余つえ’て度下度の」ヅビ縄のiM、|‐
帝い’:_谷、'1J|X処液の取糀'jllf
蝶て’|ilIul部に父分ホ改扱の、'1イIz
irに行のつ決仁ン11弓い変鵬一
変か森1ドい),しつうにと史W:)j
Jo-
dUPへ■
!;[かA龍てのい篭つ給(この
iiilる.i;I兄て・ぃノノっ),L1
野菜セミナー
8日
役員選任会議
10日
青年部=役会
12E
第2回乳牛改良同志会役員会
第13回青年部役員会
13日
女性部新旧役員支部長合同会
議
中標津ETA勉強会
17日
地区別懇談会開陽・中標津
融資協議-18日
19日
第9回青年部調査・広報委員
14日
会
役員報酬審議会
第2回畑対役員会
第1回青年部新旧役員会
Z4E
第8回生産委員会
25E
第9回営農委員会
26E
第5回管理購買委員会
27E
馬鈴しよ栽培講習会
第4回酪農ヘルパー利用組合
役員会
28日
第14回理事会
第十四回理事会の経過
S月の綱舎『円誌
のlIljlB|Ilii込エてDJいIiIl:八
変定一什みニハ:てし}I
卜1トト’1.トトトノL
八いしに八ケ’/《てW1l11iいllL1二つZて・弊、の、
、て、つ(処、皮、て、、い、人農リギL
役職いンj】11Jび成騰各て,|Z役に脇|製
LL』』てク|イCA処イ'二Ⅱ1盗成11つ家スiVj
椎枕lllrllillパ,没麟MIR余卜報い帯契1:
ljガ龍l1fのンi2),1度のliiiI’て俳約場
委肌辮幣ク!'「Ililljlj↑Ilfイ|芒瀞辻仁の
ji}111対Iilliにノリ11芝i鳥人1史縦つつ配
IU
iiil雛lili;澱Iii
進
]Z涛搬桁
,汁に磯配
つ,|『にl1ljiつ賊途
--つだ」粉い呪つにいのmli
L
八1-:バノ「lJL1:ハーー.へ
つ、に、税.、、つ、11,の、報、.、協
い人つ12の12飼各い股の’ド雑’'1告幽|Ⅲ1地議
て扱い成I|’成鍵{'『て業力Ⅱ成i'iu事協‘11lx事
11,てli1jl・蚊illi総人卜に行項経臘】'1項
略|'リ状ljL1故Uノ』↑;ir状l几1つ定、/常代懇、/
亥fl2ルヒイl§,ill1l「スi>ILfl且い紬良の談
定1kに)墜盃紫テに度て采1U1Ⅱ会
」,腱lwfつ農結のツつの下’汁wHの
iirlHLい業鵬#'『ういIIl,‐lIHiに怠
#r鰐;=ijM溌
造ルイUしつに
状1
狐フミiiljて命紺,」.して
に紙!?に合豊
送電線に近接しての作業はよく注意して行って下さい
11k辺、1u線付近での腱蝿,機械作業などでc/)1E線に概M1して、’'1故がツビ'1ニした例があり
壼十。
こう)ようなI下故は、1E線グ)みならず作業しているノノにも災,liikに十:るケースが心配され
ますので、屯線や父}〈lii物iイ近で|↑紫をされる場介は、安全に作推を進めていただくため
に、ぼくでんの〃がくノ:合してくれますので、ぜひ、巡絲をして卜.さい,
辿絡先()]53722()l()ぼくでんIlI機ill↑Kr業1リ「
()15:;72333gぼくでん''1機ill1EノノIiIr
15
〆冒、
ニマ
I
凸
Ⅱ
■
吟
17
■
I
凸
■■甲
■●■。
1
「
I
■
巴
P■。■■0■
可b
ロ
・ら
中
け
白
〆
■
●■■
いい
●
■
■I
c
B
も
巳■
■
●
 ̄
Ⅱ
-4■
●
I
卍
ザ■
り『●
6
■
戸
■
ID
■
、 ̄■
●
P用、二
懐し蓬)古髻一枚の孚真.
、
7
………耐ごEZu《
■
P
、
図
。
■
Ⅱ
□■
■
。
J
P■
呂呂凸二Pm台
巴
'
で0
叱炉
●
7■
【
■
bOtP
■
lp
辰云
,。■
■
Pq
.’・馬ソリに集乳缶霞を乗せて、北光の集乳所まで運びに行
◆U0
....〈どこです。昭和38年頃の写真だと思い蛍す~。、
北光まで運・ぶと、俣落の集乳所まではトラクターで運・
マロ曰
0、0●
ヘp■
んでい:尋した。.
Iロ
.、,■
馬ソI」の中には、人が座るところにほし草を敷いて、.
o■
,、けつこう暖かくて良かったですね。...・
■
Pb
■
ヨ
写真提供藤井・弘美氏
■
二Cの
F」
巳
餌
刀
■
、。
Ⅱ
b●
o瀕可、丑調騨閂駆離誠國溢叩o識縞、熊腓協回鶏嵩鎌同難戴、閂‐掲爵
01斗ry0Ⅵ.宛一一、遜仔駒Ⅱ窺う、
△
、 ̄
DC
h
」
■
。
●
庁■■
■
■Ⅱ
16
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
20
File Size
3 214 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content