close

Enter

Log in using OpenID

【陶芸】板づくりによる器の制作 千葉県立白井高等学校 教諭 宮﨑 浩子

embedDownload
【陶芸】板づくりによる器の制作
講座:工芸Ⅱ
2単位
千葉県立白井高等学校
24+18+5=47 名
授業時間:14 時間
教諭 宮﨑
浩子
材料費:500 円程度
☆この授業で付けたい力
日常使用できる器を、その使用目的や場所・人などから発想し、板づくりの技法により、イメージした形の型紙
を工夫して計画的に成形する力。身のまわりにある器の形や装飾に関心を持ち、その意味や美しさを感じ取る力。
☆ねらい
板づくりは、たたら板を使って一定の厚みの粘土板をつくり、型紙を使って形を切り取り、曲げたり組んだり
して成形するため、計画的に取り組みやすい技法である。身近で使われている焼き物の形や機能に目を向け、紙
で展開図を起こし試作することにより、目的や用途に沿った出来上がりをイメージしながら制作させる。
また、装飾として吹き墨技法による絵付けを取り入れることにより、日本の伝統的な染付けから日常使用して
いる量産食器の装飾まで、さまざまな装飾効果に興味関心を持たせる。板づくりの制作を通して、焼き物作りの
一連の流れと素材の持つ特質を理解させ、身近で役立つ器づくりを体験し、作る喜びを味わう。
☆材料
粘土:
(信楽特練り)ジョイフル本田で購入 特練りは多少粗めではあるが失敗が少ない。
絵付け用絵の具:陶芸本焼き絵の具(チューブ入り)
、
陶芸用下絵の具(粉末)
〔海へき呉須、古代呉須、黒呉須、茶呉須〕
絵付け道具等:溶き皿、筆各種、スパッタリング用網・ブラシ、マスキングテープ、ニードル、スポンジ、
カッターマット、溶き水(ふのり or 茶汁入り)
釉薬:透明釉
☆展開(時間)指導上の留意点
内容
時間
導入
焼き物とは
2
生徒の学習活動
教師の指導・留意点
・焼き物の歴史や種類、身近な工芸品を
・参考資料で焼き物の歴史や種類を紹介。
鑑賞、焼き物の性質と板づくりの制作 ・板づくりを実演して、制作の手順について説
工程を把握。
展開①
発想・構想
成形準備
・板づくりの技法を生かし、目的・用途
3
にあったデザインを発想。
・アイデアスケッチ
明。
・見本の作品や型紙を用意し実演する。
・目的・用途に沿っているか、板づくりが可能
か、型紙で試作点検指導。
・紙で試作、実物大の型紙作成。
・収縮率や粘土の厚みを考慮させる。
展開②
成形
・最初の粘土は練ったものを用意。
制作:成形
・固まりから粘土の板を切り出す。
・作業工程を細かく実演する。
・部品を切り組み立てて接着する。
・粘土の板作りは、班で進めさせる。
・高台つけ、
・制作状況を個別に点検指導。
板づくり
4
装飾(彫り、刻印、貼付)
展開③
制作:下絵付
け、釉薬がけ
・使用後の残り粘土の後始末
・素焼きは教師が行う。
・資料・見本を参考に、切り紙制作及び
・切り紙と日本の伝統模様等絵付け参考資料
絵付けデザインの下描き。
4
・切り紙の吹き墨(スパッタリング)
及び下絵付け
まとめ
鑑賞、合評会
1
・作品の保管・乾燥は慎重に行う。
及び参考作品を用意する。
・絵付けの技法を紹介し、実演する。
・釉薬がけの技法を実演指導。
・釉薬がけ
・本焼きは教師が行う。
・完成した作品鑑賞。
・制作者の意図や工夫、良さを紹介。
・自己評価プリントに反省感想記入。
・作品は必ず持ち帰って使用させる。
☆絵付けの資料(プリント)
下絵付け
① 絵付けの進め方
デザイン・切り紙→道具・作品準備→素地掃除(スポンジで水ぶき)→下描き・マスキング等→絵付け
② 絵付けの技法
1
骨描き
・・・・・・模様の輪郭を線描きする
・・・・・・・・・・・・面相筆
2
だみ
・・・・・・模様の面を塗りつぶす
・・・・・・・・・・・・彩色筆、だみ筆、平筆
3
吹き墨
・・・・・・切り紙を貼りスパッタリング、ブラシを指で弾く
4
マスキング・・・・・・ストライプ・市松模様等白抜き面に貼る
5
ひっかき ・・・・・・塗りつぶし面をひっかき白抜きにする・・・・・・ニードル、彩色筆、平筆
・・・・・・網、ブラシ
・・・・・・マスキングテープ、彩色筆、平筆
③ 絵付けの注意
・素焼きの作品は、せんべいくらいの硬さ 扱いは丁寧に!ぶつけたり力をかけない
・手の脂×
ベタベタ必要以上に触らない
・絵の具の濃さは素焼きの破片に描いて試し、盛り上がらない程度にふのり水で調整する
・絵の具は(特に粉末のもの)沈殿するので、毎回よくかき混ぜて使う
・絵付けをした場所は触らない(こするととれる)
・裏底には描かない(特にベタ底のもの)
☆評価の観点
工芸への関心・意欲・態度
発想や構想の能力
創造的な技能
鑑賞の能力
手作りの楽しさや喜びを味わい, 身近で使われている焼き物の
粘土の特性と,板づ
身のまわりにある器
身近な生活の中に、様々なもの作
形や機能に目を向け,感性や
くりの技法や利点を
の形や装飾に関心を
りの精神が生かされていること
想像力を働かせて,身近な生
理解し,意図に応じ
持ち、その意味や美
に気づくことで、工芸の伝統と文
活の視点から心豊かに発想を
て表現方法を創意工
しさを感じ取り、多
化に関心を持ち,主体的に創造活
し,よさや美しさを考え制作
夫して計画的に制作
様な視点から創造的
動に取り組もうとする。
の構想を練っている。
している。
に味わっている。
☆参考書籍
型紙陶芸
45 双葉社
季刊 つくる陶磁郎
陶芸実践 100 のポイント 知っておきたい焼き物づくりの基礎知識 誠文堂新光社
はじめて作る染付の器 「炎芸術」特別編集 シリーズやきもの入門 阿部出版
雪の模様切り紙 誠文堂新光社
江戸文様事典
河出書房新社
くらしを彩る美しい切り紙
他
文様事典 図案集
各種
永岡書店
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
226 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content