close

Enter

Log in using OpenID

《 胃 》

embedDownload
病期分類演習(胃)
(解答、解説)
《 胃 》
<症例 1>
上部消化管内視鏡により胃体部に 0-IIcを疑う病変あり。生検にて、管状腺癌、壁深達度:SM
と
考えられた。体幹部CTにて所属リンパ節転移なし、遠隔転移なし。胃亜全摘出術施行。
【病理報告】中分化型管状腺癌。腫瘍は粘膜下層に浸潤している(壁深達度:SM)。
リンパ節郭清結果:#1(0/2)、#3(0/3)、#4(0/3)、#7(0/2)、#9(0/3)、#11(0/3)。断端(-)。
cTNM
T
1b
N
0
M
0
Stage
IA
pTNM
T
1b
N
0
M
0
Stage
IA
c 進展度
1:限局
p 進展度
1:限局
解説:胃亜全摘出術施行前までを「治療前」の情報として抽出します。
cT・・・壁深達度:SM。
cN・・・術前検査(体幹部 CT)にて所属リンパ節転移なし。
cM・・・術前検査(体幹部 CT)にて遠隔転移なし。
pT・・・胃亜全摘出術の病理組織診断報告より「粘膜下層に浸潤(壁深達度:SM)」。
pN・・・郭清リンパ節に転移なし。
pM・・・特に記載がないので、cM の情報を用いる。
c 進展度・・・T1bN0M0 なので、「1:限局」。
p 進展度・・・T1bN0M0 なので、「1:限局」。
病期分類演習(胃)
(解答、解説)
<症例 2>
内視鏡にて胃体部大彎の 0-IIa 型胃癌を認める(M 癌)。生検の結果、腺癌の診断。
体幹部CTではリンパ節転移なし、遠隔転移なし。EMR(内視鏡的粘膜切除術)施行。
【病理報告】中分化型管状腺癌。壁深達度:M。HM(-)、VM(-)
cTNM
T
1a
N
0
M
0
Stage
IA
pTNM
T
1a
N
0
M
0
Stage
IA
c 進展度
1:限局
p 進展度
1:限局
解説:EMR 施行前までを「治療前」の情報として抽出します。
cT・・・壁深達度:M。 0-IIa 型早期胃癌なので、壁深達度の記載なくても cT1a
cN・・・術前検査(体幹部 CT)で、リンパ節転移なし。
cM・・・術前検査(体幹部 CT)で、遠隔転移なし。
pT・・・EMR の病理組織診断より「壁深達度:M」。
pN・・・特に記載がないので、cN の情報を用いる。
pM・・・特に記載がないので、cM の情報を用いる。
c 進展度・・・T1aN0M0 なので、「1:限局」。
p 進展度・・・T1aN0M0 なので、「1:限局」。
病期分類演習(胃)
(解答、解説)
<症例 3>
上部消化管内視鏡検査で、胃前庭部に Borrmann3 型の病変を認め、生検施行(高分化型管状
腺癌)。超音波内視鏡にて壁深達度 MP。術前検査で、リンパ節転移なし、遠隔転移なし。
胃亜全摘出術施行。
【病理報告】中分化型管状腺癌。壁深達度:SS。郭清リンパ節結果:#3(3/8)、
#4(0/5)、#5(0/6)、#6(2/8)、#8(3/9)、#9(0/7)、#11(0/2)、#14v(0/5)、#16(2/5)
cTNM
T
2
N
0
M
0
Stage
IB
pTNM
T
3
N
3a
M
1
Stage
IV
c 進展度
1:限局
p 進展度
4:遠隔転移
解説:胃亜全摘出術施行前までを「治療前」の情報として抽出します。
cT・・・壁深達度:MP。
cN・・・術前検査でリンパ節転移なし。
cM・・・術前検査で遠隔転移なし。
pT・・・胃亜全摘出術の病理組織診断より「壁深達度:SS」。
pN・・・所属リンパ節である#3、#6、#8 に計 8 個の転移あり。
pM・・・所属外リンパ節である#16 に転移あり。
c 進展度・・・T2N0M0 なので、「1:限局」。
p 進展度・・・T3N3aM1 なので、「4:遠隔転移」。
病期分類演習(胃)
(解答、解説)
<症例 4>
胃体部大彎の胃癌。内視鏡下生検施行。病理報告:中分化型管状腺癌、壁深達度:MP。
画像検査で、胃周囲リンパ節(#4)への転移が認められる。術前検査で遠隔転移なし。
胃全摘出術施行。
【病理報告】中~低分化型管状腺癌、膵臓に直接浸潤(+)、壁深達度:SI。
郭清リンパ節結果:#1(0/5)、#2(0/3)、#3(0/5)、#4(3/6)、#6(0/5)、#7(0/3)、
#9(0/3)、#10(2/5)、#11(2/6)、#16(0/5)。術後化学療法施行。
cTNM
T
2
pTNM
T
4b
N
N
1
M
0
Stage
IIA
3a
M
0
Stage
IIIC
c 進展度
2:所属リンパ節転移
p 進展度
3:隣接臓器浸潤
解説:胃全摘出術施行前までを「治療前」の情報として抽出します。
cT・・・壁深達度:MP。
cN・・・胃周囲リンパ節(#4)に転移あり。個数の記載がないので一番低い分類をとる。
cM・・・術前検査にて遠隔転移なし。
pT・・・胃全摘出術の病理組織診断より、「膵臓に直接浸潤あり、壁深達度:SI」。
pN・・・所属リンパ節である#4、#10、#11 に計 7 個転移あり。
pM・・・特に記載がないので、cM の情報を用いる。
c 進展度・・・T2N1M0 なので、「2:所属リンパ節転移」。
p 進展度・・・T4bN3aM0 なので、「3:隣接臓器浸潤」。
病期分類演習(胃)
(解答、解説)
<症例 5>
腹部痛にて受診。内視鏡にて胃体部~前庭部に拡がる潰瘍性病変あり。生検の結果、低分化
型腺癌。造影検査:壁深達度 SS。術前検査にて所属リンパ節転移なし、遠隔転移なし。胃全摘
出術施行。
【病理報告】低分化型腺癌。壁深達度 SE 。郭清リンパ節結果:#1(0/5)、#2(0/3)、#3(0/
5)、
#4(5/8)、#5(0/5)、#6(0/5)、#7(0/3)、#8(0/3)、#9(0/3)、#10(2/5)、#11(2/6)、
#14v(2/5)、#16(0/5)
cTNM
T
3
N
0
M
0
Stage
IIA
pTNM
T
4a
N
3a
M
0
Stage
IIIC
c 進展度
1:限局
p 進展度
3:隣接臓器浸潤
解説: 胃全摘出術施行前までを「治療前」の情報として抽出します。
cT・・・壁深達度:SS。
cN・・・術前検査にて所属リンパ節転移なし。
cM・・・術前検査にて遠隔転移なし。
pT・・・壁深達度 SE。
pN・・・所属リンパ節である#4、#10、#11、#14vに計 11 個の転移あり。
pM・・・特に記載がないので、cM の情報を用いる。
c 進展度・・・T3N0M0 なので、「1:限局」。
p 進展度・・・T4aN3aM0 なので、「3:隣接臓器浸潤」。
病期分類演習(胃)
(解答、解説)
<症 例 6> 56 歳 女性
<現病歴>
昨年 11 月頃から胃重感が出現するも、経過をみていた。2015 年 1 月中旬から胸のつかえ感も
出現し、徐々に増悪傾向を示すため、2015 年 2 月 20 日Cクリニックを受診。
2015 年 2 月 24 日、同クリニックで上部消化器内視鏡を施行され、胃角の幽門寄りに潰瘍性病変
を認めたため、同部で生検施行。
2015 年 3 月 2 日、再診時に、生検の結果が signet-ring cell carcinoma と判明。当院外科へ紹介。
<経 過>
2015 年 3 月 3 日
2015 年 3 月 9 日
当院外科を初診。
上部消化管内視鏡および生検を施行。
内視鏡所見:Antrum LC Type 2, 25mm 径。
EUS で一部に筋層への浸潤を認めた。
2015 年 3 月 13 日
2015 年 3 月 17 日
2015 年 3 月 18 日
2015 年 3 月 28 日
腹部超音波検査でリンパ節、他臓器への転移所見なし。
手術目的で入院。
腹腔鏡補助下幽門側亜全摘術(LADG)施行(D1+β郭清)。
退院。
≪手術病理報告≫
胃幽門前庭部小彎に比較的深い粘膜の陥凹性病変を認めます。周堤は比較的明瞭で、
陥凹病変に一致して、一部に印環細胞癌を伴う低分化癌が増殖しており、腫瘍の最深部は
固有筋層を越えて浸潤しています。
切除断端は PM0、DM0 ですが、漿膜下のリンパ管、静脈への中等度侵襲を認めます
(ly2、v2)
n:#1 0/3, #3 0/4, #4d 2/6, #4sb 0/2, #5 0/3, #6 2/4, #7 0/1, #8a 0/3, #9 0/3
cTNM
T
2
N
0
M
0
Stage
IB
pTNM
T
3
N
2
M
0
Stage
IIIA
c 進展度
1:限局
p 進展度
2:所属リンパ節転移
病期分類演習(胃)
(解答、解説)
解説: 腹腔鏡補助下幽門側亜全摘術施行前までを「治療前」の情報として抽出します。
cT・・・筋層への浸潤を認めた。
cN・・・腹部超音波検査で、リンパ節転移の所見なし。
cM・・・腹部超音波検査で、他臓器への転移所見なし。
pT・・・「最深部は固有筋層を越えて浸潤」と記載あり。
pN・・・所属リンパ節である#4d、#6 に計 4 個転移あり。
pM・・・特に記載がないので、cM の情報を用いる。
c 進展度・・・T2N0M0 なので、「1:限局」。
p 進展度・・・T3N2M0 なので、「2:所属リンパ節転移」。
*LC: Lesser curvature
小彎
*LADG: laparoscopy-assisted distal gastrectomy
*D1+β郭清: 腫瘍近傍(胃癌取扱い規約第 13 版の第 1 群)リンパ節の郭清に加えて、
#7、#8a、#9 を郭清する
病期分類演習(胃)
(解答、解説)
<症 例 7> 73 歳 男性
<現病歴>
昨年末から、食後のもたれ、むかつき感があったため、2015 年 1 月 6 日 D クリニック受診。
1 月 8 日に行った内視鏡で胃体部の早期胃癌(Ⅱa)と診断された。手術目的に当院へ紹介。
<経 過>
2015 年 1 月 16 日
2015 年 1 月 18 日
紹介初診。
上部消化管内視鏡および生検を施行。
Middle Body, GC PW
Type 0-Ⅱa 潰瘍を伴わず《UL(-)》、
15mm 大
EUS で第 3 層への軽度浸潤を認めるのみであったため、sm 浅層浸潤と判
断。
2015 年 1 月 22 日
胸腹部 CT:大動脈周囲のリンパ節の軽度腫大を認めるも、転移とは確定
できず。
2015 年 1 月 24 日
18 日の生検結果は tub1 とのことで、EMR の適応と判断され、病理の結果
次第では外科的切除を行う旨の説明がされた。
EMR 施行。
VM1 のため、外科的治療を追加することとなった。
胃全摘術施行。術後、経過良好にて 3 月 3 日退院。
2015 年 2 月 4 日
2015 年 2 月 9 日
2015 年 2 月 14 日
≪EMR・病理報告≫
0-Ⅱa, 15×12mm, 深達度不明,
す。
tub1, UL(-), ly(+), v(-), HM0, VM1 で垂直断端陽性で
≪胃全摘術・病理報告≫
胃体中部大彎後壁に高分化型管状腺癌が、先進部では筋層に浸潤しています。
断端陰性です。P0, H0, CY0, PM0, DM0
n 8/40 (#1 0/6, #2 0/2, #3 0/3, #4sb 2/4, #4d 2/4, #5 0/2, #6 1/3, #7 0/1, #8 0/2,
#9 0/1, #11 0/1, #12 0/2, #14v 2/3, #15 0/1, #16a 1/2, #16b 0/3)
cTNM
T
1b
N
0
M
0
Stage
IA
pTNM
T
2
N
3a
M
1
Stage
IV
c 進展度
1:限局
p 進展度
4:遠隔転移
病期分類演習(胃)
(解答、解説)
解説: 胃全摘出術施行前までを「治療前」の情報として抽出します。
cT・・・EUS で壁深達度 SM
cN・・・胸腹部 CT で所属リンパ節に関する記載なし。
cM・・・胸腹部 CT で転移に関する記載なし。
pT・・・「先進部では筋層に浸潤」と記載あり。
pN・・・所属リンパ節である#4sb、#4d、#6、#14v に計 7 個転移あり。
pM・・・所属外リンパ節である#16a に転移あり。
c 進展度・・・T1bN0M0 なので、「1:限局」。
p 進展度・・・T2N3aM1 なので、「4:遠隔転移」。
*GC: Greater curvature
*PW: Posterior wall
*UL: ulcer
潰瘍
大彎
後壁
病期分類演習(胃)
(解答、解説)
<症 例 8> 56 歳 女性
<現病歴>
2014 年 12 月頃から心窩部痛が出現し、2014 年 12 月 20 日、近医 A 胃腸科クリニックを受診。翌
日、同クリニックで上部消化器内視鏡を施行され、胃底部前壁に潰瘍病変を認め、同部で生検を
施行された。2014 年 12 月 26 日、再診時に、生検の結果が Adenocarcinoma と判明したため、当
院外科へ紹介。
<経 過>
2015 年 1 月 7 日
当院外科を初診。
2015 年 1 月 9 日
上部消化管内視鏡および生検を施行。
内視鏡所見: 穹隆部前壁に Type 3 40×30mm 大
EUS で第 4 層までの浸潤所見を認め、壁深達度 MP と診断。
2015 年 1 月 10 日
腹部超音波検査。リンパ節や肝など他臓器への転移所見なし。
2015 年 1 月 17 日
手術目的で入院。
2015 年 1 月 18 日
噴門側胃切除術(D2 廓清)施行。
2015 年 2 月 15 日
退院。
≪手術病理報告≫
胃底部前壁に潰瘍性病変を認め、病変に一致して、低分化癌が漿膜下層に浸潤しています。
切除断端は陰性ですが、漿膜下のリンパ管、静脈への高度な侵襲を認めます。
type 3, 40×35mm, por1 >> tub2, int, INFc, ly3, v2, P0, CY0, H0, PM0, DM0
n:#1 2/3, #2 1/2, #3 0/4, #4sa 2/6, #4d 0/2, #5 0/3, #6 0/4, #7 1/2, #8a 0/0, #9 0/3
cTNM
T
2
N
0
M
0
Stage
IB
pTNM
T
3
N
2
M
0
Stage
IIIA
c 進展度
1:限局
p 進展度
2:所属リンパ節転移
病期分類演習(胃)
(解答、解説)
解説: 噴門側胃切除術施行前までを「治療前」の情報として抽出します。
cT・・・EUS で壁深達度 MP
cN・・・腹部超音波より所属リンパ節転移なし。
cM・・・腹部超音波より他臓器への転移所見なし。
pT・・・「漿膜下層に浸潤」と記載あり。
pN・・・所属リンパ節である#1、#2、#4sa、#7 に計 6 個転移あり。
pM・・・特に記載がないので、cM を用いる。
c 進展度・・・T2N0M0 なので、「1:限局」。
p 進展度・・・T3N2M0 なので、「2:所属リンパ節転移」。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
368 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content