close

Enter

Log in using OpenID

かしこい中古車の選びかた 車種別レポート アウディA3

embedDownload
かしこい中古車の選びかた
車種別レポート
アウディA3
かしこい中古車の選びかた
車種別レポート
アウディA3
初代は1996年∼2006年まで販売された、3ドアと5ドアのハッチバック。
現行は2代目。写真のフロントのグリルが逆台形のバンパーを下に突き抜けた
シングルフレームグリルというものを載せた。
シングルフレームグリルは最近のアウディの顔でもある。
このクルマのいいところは、スポーツバックというモデル(パッケージ)にある。
ハッチバックよりも少し長く、ワゴンよりも短い。
ハッチバックというクルマはどれもトランクルームはあることはあるが、奥行きがなさすぎて、
あまり荷物の乗るものではない。
しかし、だからと言って、ワゴンにするほど大きな荷物をよく載せるような使い方はしない。
というわけで、その中間の長さを持ったのがスポーツバック。
A3を考えるのであれば、恐らくスポーツバックだと思うので、現行(2代目)のスポーツバックに
限定して購入の際のポイントを挙げる。
まず、ベースはVWゴルフ5。
ゴルフは以前からパワーウインドウの落下が持病と言われてきたが、
「5」の代からそれが解消された。なので、A3も大丈夫。
トランスミッションとエンジンの名称がメーカー毎に好きな名前を付けており、
かなりややこしくなってきてるので、簡単に解説。
ティプトロニック:ハンドルの手元でシフトが出来るレバー付き
S-tronic:2ペダルMT。トルコン付きのATではなく、機械がシフトチェンジしてくれるMT。
(AT免許で乗れる、セミATとも言われたりする。VWで言うDSG)
DSG:ツインクラッチ式電子制御のセミAT。2ペダルMT。
FSI:VW/アウディグループが搭載する直噴ガソリンエンジンのこと。
TFSI:FSIエンジンにターボチャージャーを備えたもの。
かしこい中古車の選びかた
車種別レポート
アウディA3
次にミッション
S-tronicはワーゲンで言うDSG、つまり、クラッチ板が2枚あるセミAT。
シフトチェンジの速さは電光石火の如きと言われるが、2枚もクラッチ板があり、
半クラッチも機械が行うということは、街乗りをしてたらクラッチ板の減りが早い。
新しい技術ということもあり、現在のところ、古くなったときにどういう傾向が出てくるか、
まだ報告が少なくつかめていない。
というわけで、維持費の点から見てもS-tronicはスルー。
それ以外のATは実はトヨタのATを作ってるアイシン製。なので、信頼性は高い。
エンジンとミッションの二つの理由から、1.6Lの通常のATがオススメ。
その他の部分に関しては、VWの上級モデルとも言えるアウディ。
特徴はその上質な質感。なので、小さいながらもドイツ製の高級車というのが味わえる。
ドライビングプレジャーという点では他にもっと魅力的な車種が沢山あるけど、
日常の道具として使うのであれば、ドイツ製のよくできた道具になってくれる。
パワーウインドウが大丈夫になったおかげで、その他に特に弱点はない。
維持費について知っておけば、かなりリーズナブルに乗れる高級車。
●その他
車種ごとに狙うポイントとは別に、中古車全般において見て欲しいポイントとして。
まず、修復歴の有無、これは修復歴があるクルマが一概にダメとは言えないが、
修復歴のないクルマを選んでおけば、間違いは無いだろうという意味で。
・記録簿が残っているか?
・ワンオーナーかどうか
・ガレージ保管かどうか(塗装の劣化と合わせて、内装も紫外線で劣化する)
・シートのやれ、ヘタリ(特に運転席。前オーナーの使い方が少し分かる)
・ステアリングのきれいさ
・履いているタイヤは純正以上のランクで、4本同じものか?
(前後で違うメーカーだったり、純正よりも全然安いランクのタイヤだったりするのは
けちっている証拠)
簡単に見れるところで、こういうところ。
視点は、お金をかけて大事にされていたかどうか(笑)
新車で購入したオーナーが長く乗るつもりで、ちゃんとディーラーで定期的に整備を
うけていたものと、ディーラーで定期的にはお金がかかるから、自分の判断で、
適当なところで必要に応じて、メンテナンスされていたクルマでは、完全にコンディションに
差が出てくる。
まだ、年式もそんなに古くなっていない事と、新車価格が乗り出し400万オーバーとは言えども、
エントリーモデルなので、ワンオーナーと記録簿には特に注意したい。
中古車の鉄則は、車体価格100万円のクルマと、同車種で50万円のクルマに50万円の
整備をしたクルマでは、どうあがいても元から100万円のクルマには及ばない。
安く買って、必要に応じて直しながら、と考えていると、後々とんでもない目を見たりする。
だから、最初から、程度のいいものを選んで、それでも中古で保証は無いに等しいのだから、
必要に応じて修理をしなければならないと考えて、ある程度は余裕を見ておくというのが、
中古車の賢い買い方。
かしこい中古車の選びかた
車種別レポート
アウディA3
●免責事項
レポートの内容には細心の注意を払っていますが、保証するものではありません。
本レポートを使って起こったいかなる結果に対しても、作成者は責任を負いかねます。
また、本レポートを装ったレポートによるいかなる結果に対しても責任を負いかねます。
●作成者
井岡 和海
欧州車アドバイザー/0cartrouble
E-mail:[email protected]
ブログ:欧州車・輸入車・中古車を購入するときに失敗しない99のコツ
http://ameblo.jp/0cartrouble-i/
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
1 250 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content