close

Enter

Log in using OpenID

江戸時代の旅と昭和初期の旅の比較(PDF:744KB)

embedDownload
上平野村の人々
(9人)、弘化2(1845)年の旅
旅行期間
6月1日出発8月12日帰着
旅の人数
9人
蓮 田 からの 江 戸 の 旅と昭 和 初 期 の 旅 比 較
(72日間)
直江津
旅費(舟代・宿泊代・昼食他) 2両3分1朱300文(約8万1千円)
一人あたり
寺社へ納めた金
3分3朱118文(約2万7千円)
伊勢神宮など おみやげ代
6両2分278文(約18万8千円)
おみやげとして買ったもの
たばこ
善光寺
8/6
江戸の旅姿イラスト:大宮博物館第
江戸の旅姿イラスト:大宮博物館第
17 回特別展「お伊勢参り」より
17 回特別展「お伊勢参り」より
薬(伊勢・吉野) 煙草入れ(浅草)
富山
ふ ろ しき
風呂敷16枚(京都)
くし じゅうばこ
金沢
櫛-(木曽) 重箱(奈良井)
上平野
6/1出発
8/12帰着
ちりめん いなりやま こうしょく
縮緬-稲荷山(長野県更埴市)
( )内は2001年明治大学大学院山田紘一郎「幕末の貨幣価値 改編データ」により現在の金額に換算したもの。
松本
8/4
反物と手ぬぐい(熊谷)
立ち寄った所
帯(上田)
たんもの
本庄
8/9
どうりょうだいごんげん あき ば
江戸浅草寺、道了大権現、富士山(5合目)、秋葉神社、伊勢神宮、奈良春日
こ と ひ らぐう あま はしだて
駒崎・蓮田駅
2/1夜発
2/12帰着
大社、西国三十三カ所霊場、京都、金刀比羅宮、天の橋立、善光寺
天の橋立
宮津
7/25
浅草寺
参詣・見物
竹生島
谷汲山7/29番
(三十三番札所)
富士登山
6/5
鳥取
恵那
8/1
名古屋
2/9見物・2/10夜
発
京都
京都
2/8
2/8
大阪
大坂
2/5
奈良
奈良
2/4
2/4
2/7
車中泊
7/18
船中泊
丸亀
丸亀
7/20
船中泊
琴平2/6
琴平2/6
金刀比羅宮
7/20
7/19
7/19
船中泊
和歌山
6/28
亀山
京都見物
7/12―2泊
長谷寺
奈良
7/7
7/8
大峯山
7/6
高野山
6/29
荒川
秋葉神社
参詣 6/10
名古屋
見物
(帰り)静岡2/11
伊勢参拝
6/17・18―2泊
伊勢参拝
2/2・3—2泊
駒崎の人々(29人)、昭和6(1931)年の旅
2月1日出発2月12日帰着
29人
旅行期間
旅の人数
旅費の総額
うち汽車賃
那智本宮
うちケーブルカー他の乗り物
うち宿泊費
うち弁当代
江戸時代、上平野の人々が舟を使った所
江戸時代、上平野の人々が泊まった所
江戸時代、上平野の人々立ち寄った所
昭和6年、駒崎の人々が泊まった所
大山6/3
大山不動参詣
大坂
7/3
江戸時代、上平野の人々が歩いた道
線
昭和6年、駒崎の人々が使った鉄道路線
昭和6年の主な鉄道路線
昭和6年、駒崎の人々が舟を使った所
利根川
那智
6/23
伊勢神宮へ奉納
立ち寄った所
約34円(61万円)
14円50銭(25万3千円)
4円81銭(7万3千円)
10円(18万円)
4円45銭(7万3千円)
1円(1万8千円)
間)
(12日間)
一人あたり
3年間積み立てる
( )内は平成20年の消
費者物価指数により現在の
金額に換算したもの
伊勢神宮、奈良正倉院・大仏殿・興福寺、大阪
天王寺、京都平安神宮、御所、銀閣寺、比叡山
えんりゃくじ
延暦寺、金刀比羅宮、名古屋城
ひえいざん
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
743 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content