close

Enter

Log in using OpenID

錦絵新聞とは

embedDownload
錦絵新聞とは
錦絵とは錦のように美麗な絵という意味で、多色摺り木版画をさします。
浮世絵版画の版様式の一つです。
初期の三色摺り程度のものは紅摺絵(べにずりえ)と呼んで区別します。
江戸後期から明治期には、浮世絵版画と錦絵はほぼ同意語となりました。
江戸時代、幕府は巷(ちまた)の大事件や政治的、煽情的な情報を錦絵や草
双紙の題材として作製することを堅く禁じていましたが、幕末期の江戸では
開国に端を発する政治的混乱が頻繁にあり、膨大な量の出版物が出ていて、
検閲が緩み、禁を破った錦絵が多数発行されました。中でも江戸時代の麻疹
流行を描いた「はしか絵」の錦絵は絵自体がまじない的な側面を持ち錦絵を
定着させました。
維新期になると、際物の時事錦絵もさらに定着し、政治的な話題の作品も登
場しました。
錦絵新聞とは、明治時代の新メディアである新聞紙の記事から、奇抜なこと、
庶民にとって許し難いこと、残忍なことなど人々の好奇心をくすぐる事件を
選び、絵と文章を用いて即物的に伝えた錦絵の一種です。
現代には写真がありますが、写真の無い時代ですので、文字では伝えにくい
ことを鮮やかな絵として鮮烈に描き、当時大流行しました。
文明開化の匂いもし、まさに庶民的ジャーナリズムの幕明けであり、現代の
写真掲載の週刊誌等の源流と言っても過言ではありません。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
337 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content