close

Enter

Log in using OpenID

ピエゾドライブコーン(PDC)

embedDownload
ピエゾドライブコーン(PDC)
∼液状化ポテンシャルサウンディング調査∼
新技術情報提供システム NETIS.No.TH-100032-A
どんな調査技術なの?
従来から活用されているミニラムサウンディング装置(写真 1)に対して、先端コーン部で
間隙水圧を測定する機能を追加し(写真 2)自動収録されたデータを処理することにより、動
的貫入抵抗値 Nd に加え①地下水位、②細粒分含有率(土質判定)が可能となりました。
全地連新マーケット創出・提案型事業『間隙水圧を測定する動的貫入試験の実証と普及に
係るコンソーシアム』参加企業 26社が使用できる調査技術です。
<調査実績>国土交通省発注のレベル2河川堤防耐震点検、地方公共団体発注の造成地液
状化判定などの調査実績があります。
新規性は?
従来は、ボーリング、標準貫入試験、室内土質試験、地下水位測定結果から液状化判定を
行っていましたが、原位置試験のみで液状化判定が可能となりました。
⇒現地調査・室内試験時間の短縮、調査費のコスト縮減が可能となりました。
期待できる効果は?
原位置試験のみで液状化判定、土質判定ができ、従来のボーリング調査よりコスト縮減が
可能となったことから、膨大な調査データが必要となる河川堤防、空港、埋立地などの液状
化判定調査、ボーリング補完土質調査に有効です。
写真 1:装置全景
写真 2:先端コーン
液状化判定フロー
START
単位体積重量
γtの仮定
最大過剰間隙水圧比
(URma x/σv)
全上載圧(σv)
貫入抵抗
Nd値
過剰間隙水圧(UR)
貫入量
残留過剰間隙水圧比
(U R/σv')
地下水位
有効上載圧(σv')
仮定したγtと
評価されるγt
が概ね一致
単位体積重量
γtの評価
土質判定
凡例
N値
液状化強度(R)
地震時せん断応力比(L)
:計測される値
液状化抵抗率(FL)
:計算する値
:評価する値
END
液状化判定結果例
細粒分含有率 FC の推定
100
'v
)
80

地盤材料の工学的分類
(
/
60
uR
=1
8・
室内試験から求めた細粒分含有率
FC lab
細粒分含有率
40
0礫
0
土
砂
2
G
S
Fs
ML
MH
CL
CH
Pt
礫
砂
シ
ル
ト
粘
シルト
FC
20
粘土
4
6
8
10
残留間隙水圧比 (uR / 'v )
ボーリング・土質試験とのキャリブレーションを
行い、フィールドに応じたFc 換算係数を決定
復建調査設計株式会社
問合わせ先
〒732-0052 広島市東区光町二丁目 10 番 11 号
地盤環境部 (西田、菅野)
TEL (082)506-1833(直通) FAX (082) 286-5215
URL http://www.fukken.co.jp/
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
8
File Size
290 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content