close

Enter

Log in using OpenID

この導入事例をPDFでダウンロード

embedDownload
株式会社プリアップ
Amazon と NetSuite があったからこそ
ネットビジネスベンチャーとして
起業できた
株式会社 プリアップ
PREAPP Co., Ltd.
中小リテールの販路拡大を支援する独自の e コマース流通事業を確立するため
には、NetSuite の存在は不可欠で、起業のためにも必須の選択でした。
株式会社プリアップ
代表取締役
明永 敏悟 氏
【会社概要】
設立:
2012 年 7 月 2 日
事業内容:
・ e コマースへの総合卸・
小売業務並びに輸出入業
・ 海外関連事業のコンサルティング・
ライセンシング業務
本社所在地:
〒 222- 0033
神奈川県横浜市港北区新横浜
2-11-5 川浅ビル 4F
TEL 045 - 620 -3870
FAX 045 - 620 -3880
株式会社プリアップは、eコマース専門の中間
株式会社プリアップ
代表取締役
流 通業として2012 年に設 立されました。創業者
明永 敏悟
であり代表取締役の明永敏悟氏が、プリアップの
氏
前身となる企業を立ち上げたのは 2003年。米国
で10 年以 上ビジネスの経 験を持ち、米国にいる
時から日本と米国のAmazonが取り扱う商品や
取引企業の違いを実感してきた明永氏は、日本の
Amazonが抱える商取引のギャップを埋める存
在になれば、大きなビジネスチャンスがあると確
にゲーム製品の eコマース事業に携わってきた経
信し、同社を創業しわずか3 年で急成長させまし
験から、実際に中小規模のメーカーがAmazon
た。その後も続く成長の秘訣は、緻密な事業戦略
と直接取引をするためには、様々なギャップがあ
14 名
とNetSuiteを 活 用したリアルタイムのトランザ
ると実 感していました。この重 大な eコマースの
決算期:
クション管理にあります。NetSuiteがなければ
ギャップを埋めるビジネスモデルを確立できれば、
6 月末
自社の成長はない、と断言する明永 氏に設 立か
ベンチャー起業でも成功できると確信して、当社
ら成功までの経緯を聞きました。
を設立したのです」
役員:
代表取締役 明永敏悟
総従業員数:
主要販売先:
アマゾン インターナショナル セールス
Amazonで 取 り 扱 わ れ て い る 商 品 に は、大
インク、ダイワ商事(株)
他
き く 分 け て 二 つ の 分 類 が あ り ま す。一 つ は、
導入の背景:
Amazonが販売元となっている商品です。もう一
日本の e コマース市場の
ギャップを埋める存在になるために起業
つは、Amazonマーケットプレイスという出品者
株式会社プリアップの代 表取 締役の明永敏悟
が、消費者は利便性や安心を求め、マーケットプ
氏は、自社の主力事業と創業の背景について、次
レイスよりもAmazonが直接販売する商品を購
のように説明します。
入する傾向が強く表れます。この傾向にビジネス
「当社は、日本の eコマース市場におけるビジネ
チャンスがあると思った明永氏は、株式会社プリ
スのギャップを埋める存在になることを目指して、
アップの創業時に、より多くのカテゴリでハブ機
2012年に創業しました。一般常識としてeコマー
能を果たせるよう、Amazon黎明期からの取引
スはメーカーと消費者をダイレクトに結びつける
実績を活かし、各カテゴリーの口座開設と商品導
仕組みなので、卸問屋のような中間流 通 業は不
入に注力しました。これにより、商品ジャンル問わ
要であると考えられています。しかし、米国で主
ず、同社と取引を開始したメーカーは、自動的に
が販売する商品です。Amazonマーケットプレイ
スには、小規模なメーカーも多数出品しています
eコマースにおいて最も販売力のある場所のひと
つに自社製品を陳列し、販売機会を増やすことが
できるのです。
「eコマースの卸問屋という仕組みはシンプルな
のですが、このビジネスモデルを実現するために
は、多品種少量の膨大な商品を的確に管理して
いかなければなりません。既存の流 通 業とは比
較にならないくらいに、コスト効率よく商品を的
確に管理するシステムの構築が不可欠でした。そ
のシステム基盤を確立するために、創業当初から
NetSuiteの導入は決めていました」と明永氏は
自社開発のiPadアプリで
NetSuiteの受発注データと
リアルタイムで連携し、円滑で
正確な出荷管理を実現
NetSuiteを採用した理由を語ります。
選定の理由 :
米国のベンチャー企業が積極的に
NetSuite を採用している様子を
肌で感じてきた
NetSuiteであれば、ハードウェアや運 用保守な
それに対して当社の場合は、一個二個という注文
どの固 定 費 がかからず、取り扱い商品がどれだ
品を何百何千という回数に分けてピッキング、出荷
け増えても、新たな設備投資などを行うことなく、
しなければなりません。同じ一千という商品の出
自社の成長に合わせて柔軟に拡張できます。こう
荷でも、一箇所に送るのと比べると、一千箇所に
会社を設立する以前から、基幹システムとして
したクラウドのメリットが、我々のビジネスには不
送るには、何倍もの手間も人手もかかります。その
NetSuiteの採用を決めていた明永氏は、その理
可欠だったのです」
コストを最小限に抑えられなければ、ビジネスの
由が米国時代の経験にあると説明します。
さらに明永氏は、NetSuiteを採用した決定的
競争力は高められません。そこで2年目に取り組ん
「米国でのビジネスでは、ゲーム会社の経営だ
な理由について触れます。
だのが、NetSuiteと連動したiPadの専用アプリ
けではなく、投資案件なども扱っていました。そ
「そ も そ も、この 事 業 を 思 いつ いて 実 行 に 移
の開発でした。専用端末ではなく、iPadという汎
のときに、米 国で 起 業 する多くの ベンチャー 企
そ う と 決 断 し た 最 大 の 理 由 が、Amazonと
用的なデバイスを使うことで、初期投資を抑えな
業がNetSuiteを採用している例を見てきました。
NetSuiteの存在でした。この2つのクラウドをリ
がら、将来的な作業員の増加にも対応できると考
その経験から、クラウドでERP や顧客管理システ
アルタイムで結び付けて、すべてのトランザクショ
えたのです」
ムを採用するメリットは十分に理解していました。
ンを可視化することができれば、どんなに取引企
iPadのアプリ開発には、技術開発部の河村信一
実際に米国で経営していた会社も、創業から3年
業が増えて、取り扱い商品が膨大になっても、多
主任が取り組みました。
を 経 過して、オンプレミスの ERP からNetSuite
大な固定費をかけることなく、ビジネスを回して
「アプリ開発で、もっとも重視したのは現場での
にリプレイスした の で す。そ の とき に、既 存 の
いけると確信したのです」
使い勝手でした。NetSuiteとの連携以上に、そこ
ERPからクラウドへの移行には、それなりの時間
から得られたデータをどのように見せるかに多く
がかかると実感したので、日本で起業するときに
の時間を費やしました。作業員が間違えることな
は、最初からNetSuiteを採用するべきだと考え
導入の成果:
く的確に商品のピッキングや発送ができるかを検
ていました」
iPad の専用アプリを開発し
証するために、何度もトライ&エラーを繰り返しな
明永氏がNetSuiteを基幹システムとして採用
した理由は、米国での経験に加えて同社のビジネ
作業ミスの大幅な低減と
リアルタイムのアイテム管理を実現
スモデルにも深く関わっています。
がら開発しました。最終的な目標は、今日から現場
に入って作業する人でも、短時間でiPadの操作を
覚えて的確な出荷作業ができるようにすることで
「eコマースにおける中間流通業というビジネス
2012年の創業と同時にNetSuiteによる基幹シ
した。そのために、現場の声を第一に改良を加え
モデルは、扱うアイテム数が膨大になるのに、と
ステムの運用を開始し、Amazonで取り扱うトラ
てきました。その結果、出荷のミス率を0.01%以
ても利幅の少ない事業です。そのため、一般的に
ンザクションを連動させたことにより、同社では
下に抑えるアプリを開発できました」
使われているオンプレミスの基幹システムや、属
受発注を管理するほぼすべての商品をリアルタイ
Amazonから同社に送られてくる注 文 書には、
人 的 な 物 流 モデルを採 用してしまうと、ビジネ
ムで可視化できるようになりました。
複数の出荷先と出荷品が記載されています。その
スの 競 争力を 維 持できないと考えました。ベン
「創業した1年目は、主にシステムの構築と属人
ため、出荷作業を行う人たちは、その注目書から
チャー企業の経営においては、できる限り固定費
的にならない物流 作業の実現に取り組みました。
出荷先別の商品を選別し、倉庫の棚から取り出し
を抑えて、事業の発展に合わせて柔軟に伸縮でき
一般的に問屋業であれば、販売店から注文に対し、
てこなければなりません。もしも、この作業を注文
るシステムや業 務フロー の 確 立 が 求められます。
まとまった単位での出荷を行っていると思います。
書と人的な経験だけに頼っていたならば、何百何
千にも及ぶ出荷をミスなく少人数でこなすことは
社にとって最 適なシステムだと評価しています」
成長を遂げてきました。
できません。そこで同社の出荷システムでは、商品
と明永氏は話します。
「 当 社 が 取 扱 う 6 万 点 以 上 の アイテム も、
が入荷した時点で、それがどこの棚に置かれたか
NetSuite のデータを集計、加工することで、どの
をiPadのアプリでチェックインする仕組みを構築
ような商品や色、販売単位などが消費者のニーズ
しています。その商品の入荷と保管場所の情報は
今後の計画:
にマッチしているのか、正確に把握できます。その
NetSuiteにリアルタイムで記録されます。そして
自社の EC サイトや取り扱い商品も
NetSuite で最適な管理を
実践していく
ビッグデータは、当社にとって次の戦略やビジネス
注文書に該当する商品があれば、出荷用のiPadア
プリが商品名、個数に加え、保管位置も詳細に表
示します。作業員は、iPadアプリの情報に従って
を展開する上での貴 重な情 報 資 産です。今 後も
さらにNetSuiteを活用して、競争力の高いシス
テムやビジネスモデルを開発していきます」
と明永
棚から商品をピックアップしていくだけで、的確に
「当社のビジネスモデルに注目して、地方各地か
配送先別の出荷作業を遂行できるのです。
らも多品種少量の商品をAmazonで効率よく販
「 すべ て の 受 発 注 デ ー タと 商 品 マスタ ー が
売する相談が持ちかけられています。また、当社
NetSuiteで一元 的に管理され、クラウドによっ
もオリジナルのECサイトを運営する計画がありま
てiPadのアプリとリアルタイムで連動しているか
す。こちらでも、もちろんNetSuiteと連動して、取
ら、実現できたシステムです。出荷のミス率 0.01%
り扱い商品をリアルタイムで可視化して管理でき
以下という結果にも、とても満足しています。こ
る仕組みを構築していきます。さらに、当社が日本
の割合は、例えば1万個の商品を出荷しても、わ
総代理店として英国から輸入し販売しているヘア
ずか1個しか間違えないということです。この基
ブラシ「タングルティーザー」の販売も好調なので、
準は、当社にとっては最適な値です。この 0.01%
その販 売拡大やマーケティング戦 略の立案にも、
を限りなくゼロに近づけるために多大なシステム
NetSuiteで集計したデータを活用しようと考えて
投資をするよりも、ある程度のミスが発生するこ
います」と明永氏は新たな取り組みについて触れ
とを前 提にマネジメントしていく方が、コストパ
ます。
フォーマンスに優れています。NetSuiteとiPad
AmazonとNetSuiteという二つのクラウドを
を組み合わせた受発注の管理とピッキングは、当
巧みに活用することで、同社のビジネスは確実な
氏は語りました。
© Copyright 2015 NetSuite K.K. All right reserved. NetSuite は、NetSuite の米国あるいはその他の国における登録商標または商標です。
その他の社名、商品名はぞれぞれの所有者の商標または登録商標です。記載された製品の仕様・機能等は改良のため予告なしに変更される場合があります。
2015 年 11 月現 在
CS/PREAPP
詳しい情報はこちらをご覧ください。
www.netsuite.co.jp
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
606 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content