close

Enter

Log in using OpenID

ダウンロード - 山陽核医学カンファレンス

embedDownload
。*'-------------------------~ω*'--------~。
脳血流シンチで著明な変化を認めた SLEの一例
大 野 良 貴 , 菅 一能 , 有 田 剛 ,
米城
秀 ,藤 田岳 史 , 中 西 敬,
宇 津 見博 基? 山 田 典 将掠
SLEで CNSループスと考えられる症例 にで、 9
9
mTc
_
HMP
AOを用いた脳血流 シ ン チ で 著 変 を 示 し た ー
例 を経験したので、こ こに報告する。 9
9
mTc
HMP
AO
は 脳血 流 量 を測定するために 7
4
0MBqを静注し約
1
0
分 後 よ り デ ー タ収集を行 った。 使 用 機 種 は 東 芝
製 GCA
9
01
A回 転 型 SPECT装 置 で あ る 。
1歳 、 男 性 。
症 例 :2
1
3
歳 時 に SLEと診断され外来治療されていたが、
1
5
歳 時 よ り 治 療 中断 し て い た 。 本 年 、 腎 障害 、神
SPECTによる局所脳血流測定の報告にて、 X線
CTで LDAとして描出 される領域の 一般的な rCBF
が平均1
5、p
e
riLDA34といわれていることからも
妥当と考えられる 。
ま と め :本症例は、神経学的所見 ・
脳 波 所 見 -大 脳
CNSル ー プ ス が 強 く 疑 わ れ る
9
9
mTcジェネ
症例である。 9
9
mTc
-HMPAOは、 9
9Mo
_
全体の萎縮などより
レーター があれば常時使 用 可能で¥緊急時 に も 使 用
でき、 1
2
3I_IMPに比べ大量投与も可能で、 あり 、画質
経 症 状 出 現 し た た め 、 精 査 ・治 療 目 的 に で 入 院。
の 向上と撮影時間の短縮も望め、本症例においても
入 院 時 神 経 学 的 所 見 と し て は 、意 識 レ ベ ル の 軽 度
使用された 。UCLA医療センターからの報告による
低 下 ・両 視 神 経 炎 ・両 側 深 部 反 射 允 進 ・両 側 B
abi
-
と臨床 的 にCNSルーフスと診断された 5
7
例 の病理
n
s
k
i反 射 陽 性
解 剖 所見においで、 血 管 障害 は 65%にみられ 、梗 塞
・Ge
r
s
t
m
a
n
n症 候 群 な ど が あ り 、 両
側 前 頭 葉 ・左 頭T
頁葉 ・視 神 経 を 主 と し た 、 び ま ん
・出血・ 感 染 で あ った。梗 塞 の ほ と ん ど は 微小便 塞
性の脳症と診断され、脳波所見にでも広範な脳機
で あ っ た 。 Ku
sh
ne
rらの報告によると 、 CNSル一
能低 下 が 疑 わ れ た 。
プスに お け る 脳 血 流 低下 は 、 増 悪、
期において認め
9
9
mTc
-HMP
AOを用 いた脳血流シンチの a
xi
a
l
像(図
られ 、 活 動 性 の 指 標 と し て の 有 用 性 が 示 さ れ て い
1
)では、パックグラウン ドの目立つ非 常にわかりにく
る 。 本 症例 では、脳血 流 シ ン チ ・MRI画像 上より
い像 で あ り 、 両 側 前 頭 葉 を 中 心 と し た 、 大 脳 全 体
ACA、 MCAのほぼ境界域に一致して両側に対材、
o
r
on
a
l
像(図 2
)で
の広範な 血 流 低 下 が 疑 わ れ る 。c
性 に 著 明 な 血 流 低 下 が、 MCA、 PCAの 境 界 域 に
は 、 両 側 脳 室 の上 方 に 、 ほ ぼ 対 称 的 に 血 流 低 下 が
中 等 度 の血 流 低 下 が 認 め ら れ る 。 さらに 、 こ の 他
認められる 。
の領域においても散在性に血流低下部があると忠
l
a
i
nCT(
図
同 時 期 のp
3)では 、脳 室
・脳 潟 の 著日
月
わ れ る 。 こ の 脳 会体 の 変化 がル ー プ ス に よ る も の
な拡大、著明な脳萎縮が認められるが、両前頭項葉
とすると、これまでの報告例のループスの中では
の 軽 度 LDな 部 位 以外 には病変を指摘困難で、ある 。
非 常 に 特 異 な 症 例 と 考 え ら れ る 。 しかし、
SLEに
2週 間 後 の MR
I、T1強調画像(図 4)では、 CTと
よる器質的な中枢神経障害を証明する特異的検査
同様 に 脳 室 ・脳 溝 の 拡 大 、 著 明 な 脳 全 体 の 萎 縮 が
法はなく 、臨 床 検 査上 からも鑑別は困難で、あり現
ある。シンチにで認められる 血流 低 下部 位 は 、 前
時点にあ、いては証明することはできない 。
大 脳 動 脈 ・中 大 脳 動 脈 の 境 界 領 域 、中 大 脳 動 脈 後
大 脳 動 脈 の 境 界 領 域 で あ り 、低 信 号 強 度 と な って
いる 。 その f
也、多発生に皮質に一致した部位に小
高 信 号 域 が 認 め ら れ 、皮 質 出血 と 思 わ れ る 。 T2
強 調 画像では、 血流低下昔 f
H
立は非常に高信号強度
とな っ ている 。
MRIよ り 小 脳 の 萎 縮 が ほ と ん ど 認 め ら れ な い こ と
より、小脳の平均血流量を 5
5
m
e/m
i
n/1
0
0gと仮定
して 補 正 し た 場 合 、 前大 脳 動 脈 ・中 大 脳 動 脈 の 境
0、中大 脳 動 脈 ・後 大 脳 動 脈 の 境 界 域 は
界域は約 3
7となる 。それ 以外 に も 血 流 の 低 下 し て い る 部 が
約3
あると思われる 。 この{直については、
※
1
2
3I
_I
MP_
山口大 学 放射 線科
同
放射線部
17ー
一
汁
士
一
五
口
一山陽核医学力ンファレンス記録集 1
4(
1
9
9
1
.
11)一
j
立川
2~
ー レ ..EL
E
!
I
L""GE
~ご。
.
.
.V
,
L
自
‘
司
砂
・、
p
'
"
‘
,
25
G
~,え
今ち
G
1
)
2SS
(
l 2S
図 2. 99mTc-HMPAOシンチクラフィ (
c
o
r
o
n
a
l
f
!
量)
図 1.99mTc-HMPAOシンチグラフィ (
a
x
i
a
l傷t
)
図 3.CT
,
図 4. MRI(T W ,
)
。9<>_______________~司--------~日9<>__0<)同------~。
一
ー lR一
演題 N
o
.7
テクニカルデータ
1.使用薬剤
(施設名:山口大学
記入者:大野良貴)
9
9
m
T
c
-HM-PA0
投与量
7
4
0 K<
l
DGB
Q
5 <
f
i
i
l
>I・C
a
p
投与法定歩てて
p
.o
.・i
n
h
. ・マ一一一一一
)
τ.
2
. 使用機器
カメラ
コンビュータ
コリメータ
他(
東芝
社製
G
C
A
9
0
1
A
東芝一一一社製
G
M
S
5
5
0
U
H
E• M
E・L
E.
C
J
.
.
:
.
旦
,
3
)- A
(
G
)
P・H
R• H
S.
<
S
J
)(
3
. 撮像・データ収集開始時間
投与後
10秒 く 砂 時 間
秒・分・時間
秒・分・時間
一一一秒・分・時間一一一秒・分・時間一一秒・分・時間
4.撮像・データ収集法
c) SPECT
(
図
1. 2
収集 (
回転方向)c!rむ ~.
収集マトリクス 6
4支 o
4 2
8x1
28)2
5
6x2
5
6・(
・'
1step
20秒
x
60step C
方向)
1r
o
t
a
ti
o
n 一一一秒・分 × 一一一 r
o
t
a
t
i
o
n/
吸収補正
:
(
t
Jl
)
前処理フィルタ 1:江し
前処理フィルタ 2:なし
再構成フィルタ :
なL
後処理フィルタ 1:位。
後処理フィルタ 2:江 L
or
f
a
c
t
o
r
:
I
J
u
t
t
e
rW
o
r
t
hF
i
l
t
e
r
ing--一丁一
C
f
i
l
t
e
r名
C
f
i
l
t
e
r名:
C
f
i
l
t
e
r名
{
a
m
a
c
h
a
n
d
r
a
n
)
C
f
i
l
t
e
r名:
あり C
f
i
l
t
e
r名:
言(方法
表示マトリクス
l画面:1
2
8x1
2
8・2
5
6x2
5
6・5
1
2x5
1
2・
l表示:6
4x6
4・1
2
8x1
2
8・2
5
6
x
2
5
6・
スライス厚・数
4 p
i
x
el
/s
l
i
c
ex 2
.
7m
m
/
p
i
x
e
lx
作成方向
@・ 8 . @ .他 (
フィルム
サイズ
ポラ
sI
i
c
e
)
( 大陸 4
分 害 )
・訂 H\⑫(~ラ -U 〉
第1
4回 山陽核医学カンファレンス
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
1 123 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content