close

Enter

Log in using OpenID

「飲酒運転撲滅」に関する宣言決議 交通事故のない安全で安心して

embedDownload
「飲酒運転撲滅」に関する宣言決議
交通事故のない安全で安心して暮らせる社会を実現することは、市民共通の
願いであるとともに、大きな課題となっている。今年に入ってから飲酒運転に
よる交通事故は、福岡県で発生した幼児三名が犠牲となった衝撃的な事故をは
じめとして、全国各地で連続して事故が発生しており、危機感を募らせている。
県内においても平成18年9月24日現在で交通事故死者は51人で前年と比
較しても3人の増で、危険運転致死傷罪の新設や飲酒運転の厳罰化等を背景に、
全国的に減少傾向にあるものの、依然として悪質な飲酒運転による人身事故は
後を絶たない状況にある。
これら交通事故の原因は、飲酒絡みによるものが約3割を占めるほか、沖縄
県の飲酒運転による交通事故の致死率は、全国の約2.7倍、九州管内でも約
2.4倍と高い比率を占めているのが現状である。
この現状をかんがみると、誠にゆゆしき事態であり、市街地を飲酒運転の車
が徘徊し、市民に危険を及ぼしている現状を容認することはできない。
飲酒運転撲滅のためには、交通安全の意識高揚はもとより、家庭や職場並び
に地域が一体となって「飲酒運転は絶対にしない・させない」という強い意思
を示すとともに、市民一人ひとりが強い自覚を持たなければならない。このよ
うな交通事故に直結する飲酒運転を排除し、市民を交通事故から守ることは
我々市民の重大な責務である。
よって、ここに重大事故に直結する飲酒運転を撲滅し、安全で安心して暮ら
せる交通社会を確立するために、関係機関・団体をはじめ家庭、職場、地域に
おいての次の諸施策を強力に実践することを誓い宣言する。
記
1
飲酒運転四(し)ない運動を徹底する。
〔運転手は〕
○運転するなら酒を飲まない
○酒を飲んだら運転しない
〔家庭・地域では〕
○運転する人には酒をすすめない
○酒を飲んだ人には運転させない
以上、決議する。
平成18年10月13日
沖縄県名護市議会
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
8 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content