close

Enter

Log in using OpenID

コーンサイレージ使用時における飼料構成と乳中尿素態窒素量 および乳

embedDownload
兵庫農技研報(畜産)B
u
l
l
.HyogoP
r
e
.A
g
r
i
.I
n
s
t
.(
A
n
i
m
a
lHusband
η,
)3
3,59-64(
1
9
9
7
)
コーンサイレージ使用時における飼料構成と乳中尿素態窒素量
および乳蛋白質率の関連性
生田健太郎*
饗 約
乳中尿素態窒素量(以下MUNと呼ぶ)と乳蛋白質率を指標とした乳牛の栄養評価法を確立する
ため,泌乳牛2
4
頭を供試し,毎月 l
由,計 6回にわたり MUNと乳蛋白質率を測定するとともに個
体ごとの鱈料給与ー状況を調査した.
1 MUNとの聞に有意な相関が認められた給与飼料に関する項目は,乾物体重比,粗鋼料割合,
D MおよびTDNの充足率, CP%,TDN%,TDN/CP,UIP%であった.向じく,乳蜜自質率で
は乾物体重比,組飼料割合, CP%
,TDN%
, TDN/CP
,UIP%であった.
2 MUN及び乳謹白震率と飼料中の養分含量 (CP%,
TDN%) から以下の重田婦式が得られた.
MUN=-33.132+0.827CP%十 0.
459TDN% (R2=
0
.
5
0
,
1 p
く0
.
0
0
5
)
2
乳蛋白鷺率口 7
.115-0.064CP%-0.043TDN% (R =
0
.
5
4
7,p
く0
.
0
0
5
)
3 給与飼料の栄養評価表を作成するため,延べ 100 頭の調査記録から TDN/CP が 3.9~5.3 で,
TDN先足率が 100~120% のものを抽出した.それらの MUN と乳蛋岳質率の平均土標準偏差を臨
界値としたところ, MUN
で、は下離が7
.
8
昭 /
d
1
!
, 上限が 1
7
.
0昭 /dPとなり,乳蛋白質率では下眼
が2
.
7
3
%,上顎が3.32%となった.
R
e
l
a
t
i
o
n
s
h
i
pbetweenSupplementaryF
e
e
d
s
t
u
f
fC
o
m
p
o
s
i
t
i
o
nandUreaN
i
t
r
o
g
e
no
r
P
r
o
t
e
i
nC
o
n
t
e
n
t
si
nMilko
fDairyCowsFedCornS
i
l
a
g
ea
saB
a
s
a
lDie
.
t
KentarouIKUTA
Summary
Thee
x
p
e
r
i
m
e
n
twasc
o
n
d
u
c
t
e
dt
oe
v
a
l
u
a
t
en
u
t
r
i
t
i
o
n
a
lv
a
l
u
e
so
ff
e
e
d
s
t
u
f
f
sb
yu
s
i
n
gm
i
l
k
u
r
e
an
i
t
r
o
g
e
n(MUN)andm
i
l
kp
r
o
t
e
i
nc
o
n
c
e
n
t
r
a
t
i
o
na
si
n
d
i
c
a
t
o
r
s
.U
s
i
n
g2
4c
o
w
s,MUN,
m
i
l
kp
r
o
t
e
i
nc
o
n
c
e
n
t
r
a
t
i
o
nandt
h
eamounto
fs
u
p
p
l
e
m
e
n
t
a
r
yf
e
e
d
s
t
u
f
f
sw
e
r
em
e
a
s
u
r
e
do
v
e
r6
monthsa
tm
o
n
t
h
l
yi
n
t
e
r
v
a
l
s
.
(
1
) S
i
g
n
i
f
i
c
a
n
tc
o
r
r
e
l
a
t
i
o
n
sw
e
r
eo
b
s
e
r
v
e
db
e
t
w
e
e
nMUNandt
h
ef
o
l
l
o
w
i
n
gm
e
s
u
r
e
m
e
n
t
s
DMi
n
t
a
k
ep
e
rb
o
d
yw
e
i
g
h
t;f
o
r
a
g
ep
e
r
c
e
n
ti
nf
e
e
d
s
t
u
f
f
s;D Mr
e
q
u
i
r
e
m
e
n
t;TDNr
e
q
u
i
r
e
ment;CP%;TDN%;TDN/CPr
a
t
i
o
;a
n
dUIP%i
nf
e
e
d
s
t
u
f
f
s
.
(
2
)B
a
s
e
do
nt
h
er
e
s
u
l
t
sp
r
e
s
e
n
t
e
da
b
o
v
e,t
h
ef
o
l
l
o
w
i
n
gmu
1
t
i
p
l
er
e
g
r
e
s
s
i
o
ne
q
u
a
t
i
o
n
sw
e
r
e
o
b
t
a
i
n
e
d:
MUN=-33.132+0.827CP%+0.
459TDN%(R2=
0
.
5
0
,
1 p
く0
.
0
0
5
)
Milkp
r
o
t
e
i
nc
o
n
c
e
n
t
r
at
Ion=7,
115-0.064CP%-0.043TDN%(R2 0
.
5
4
7,pく0
.
0
0
5
)
(
3
) Toe
v
a
l
u
a
t
es
u
p
p
l
e
m
e
n
t
a
r
yf
e
e
d
s
t
u
f
f
su
s
i
n
gMUNa
n
dm
i
l
kp
r
o
t
e
i
nc
o
n
c
e
n
t
r
a
t
i
o
n,r
e
c
o
r
d
s
w
i
t
hTDN/CPr
a
t
i
ob
e
t
w
e
e
n3
.
9a
n
d5
.
3andTDNr
e
q
u
i
r
e
m
e
n
t
sb
e
t
w
e
e
n100% t
o 120%
w
e
r
ec
h
o
s
e
nfrom1
0
0r
e
c
o
r
d
s
.U
s
i
n
gt
h
ed
a
t
a,b
o
t
hu
p
p
e
randl
o
w
e
rl
i
m
i
t
sw
e
r
ee
st
Im
ated:
t
h
o
s
ef
o
rMUNw
e
r
e1
7
.
0and7
.
8
r
n
g
/
d
Pr
e
s
p
e
c
t
i
v
e
l
y,andf
o
rm
i
l
kp
r
o
t
e
i
nc
o
n
c
e
n
t
r
a
t
i
o
n
w
e
r
e3
.
3
2a
n
d2
.
7
3
%,r
e
s
p
e
c
t
i
v
e
l
y
.
口
キーワード:乳牛,乳中原素態窒素,乳蛋白質率,栄養評儲,コーンサイレージ
1
9
9
6
年 8月308受理
*淡路農業技術センター
5
9
兵庫県農業技術センター研究報告〔畜産編〕第 3
3号 (
1
9
9
7
)
6
0
緒 冨
乳中探索態窒素量(以下MUNと呼ぶ)と乳蛋白質率
の変動は,ルーメン内のエネルギー震と蛮白質量の相互
作用を重要な因子としており,その値は?必乳期,乳量,
T
a
b
l
e2
.C
u
l
t
i
v
a
t
i
n
gy
e
a
randc
h
e
m
i
c
a
lc
o
m
p
o
s
i
t
i
o
n
o
fc
o
r
ns
i
l
a
g
e
.
V
a
r
i
e
t
y
P
i
o
n
e
e
r
33
5
8
NS-68
尿素態霊素量(以下BUNと呼ぶ)には地域差がみられ
'
9
5
.4
.
1
9
Sow
'
9
5
.
8
.8
Harvest
Mature
Harvests
t
a
g
e
Chemicalc
o
m
p
o
s
i
t
i
o
n
'
D M (%)
CP (%DM)
TDN(%DM)
EE (%DM)
NFE(%DM)
F
i (%DM)
Ash (%DM)
DCP(%DM)
ることから,気候,飼養形態,鰐料基盤の異なる地域で
*Analyzedbynearinfraredreflectancespectro甲copy
搾乳時間,主主体重,鰐護方法,乳房炎,産次数などに影
響されるが,同ーの鰐護条件下では乳牛の錨{本語を考慮
前報告 2) でも述べたように,最新型の乳成分分析装
置では一般乳成分と問時に MUNの測定が可能となった
ことから,歌米ではすでに MUNと乳蛋白質率を指標と
した乳牛の栄養評価が実用段階にある 3・9. 10・12. 16)
はその指標値も異なるといわれている
必佳作。
内では北海道において検討されているが, MUNや血中
FhunonUηonO ワt
quninO1
ょ
に入れても…定の幅をもって推移するといわれている幻.
'
9
5
.
6
.2
'
9
5
.
8
.
3
0
Mature
14. 15
)
そこで本報告では,本県における MUNと乳蛋自費率
を指標とした栄養評舗法の確立を呂的とし,自給組飼料
としてコーンサイレージを使った分離給与体系での館料
および乳蛋白質率の関係について検討した.
構成と MUN
エネルギ…サプリメント (DM86.5%,CP20.0%,TDN
85.0%) を添加した.
上記の館料は分離方式で給与し,給与量は日本飼養標
準 lJ)の養分要求量に基づく基本設計を目安に各個体の
BodyC
o
n
d
i
t
i
o
nS
c
o
r
e,採食量,分娩後臼数,妊杏によ
って適宜増減した.
材料及び方法
4
頭を供試した. これら供試牛の接歴と調査期間中
雌牛 2
3 鵠査期間および調査項悶
9
9
5年 1
1月と 1
9
9
6年 1,F]から 5月まで毎月 I田
,
調査は 1
0
0頭の記録を
合計 6由実施し,この聞に得られた延べ 1
T
a
b
l
e1
)
.
に該当した各泌乳期ごとの延べ頭数を示した C
統計処理した.
供試牛
県立淡路農業技術センターで繋養するホルスタイン種
乳汁は朝夕の搾乳時にミルクメーター (TRU-TEST)
2 飼養管理状況
供試牛は対尻式パイプストール牛舎に繋養し, 8時3
0
から傑取し,乳護白質率と MUNを調査した.乳蛋白質
M
i
l
k
o
S
c
a
n1
3
3
B
) で制定し,朝
率は近赤外分析装置 (
6特に給館と搾乳を行った.
分と 1
組飼料はコーンサイレ…ジ C
T
a
b
l
e2
) にビートパル
夕の乳量によって B平均に換算した. MUNは朝の搾乳
プ,へイキューブ,チモシー乾草,ルーサン乾草,イタ
時の乳汁を用いて,血液自動分析システム(フジドライ
リアン乾草,エンバク乾草を組み合わせた.濃厚館料は
ケム)で測定した.
市販の配合飼料 CDM87.5%, CP14.9%,TDN74.0%)
を主体とし,必要に応じ補助鰐料として綿実,大豆粕,
飼料計算のために体重,日乳量,鯛料構成と給与量を
毎回錨体別に調査した. これらから,体重に対する乾物
給与量都合(以下乾物体意比と呼ぶ),組館料割合,乾
T
a
b
l
e1
.Calvingnumberandl
a
c
t
a
t
i
o
n
ls
t
a
g
e
so
f
cowsi
nt
h
i
ss
t
u
d
y
.
L
a
c
t
a
t
i
o
n
a
ls
t
a
g
e
s
C
a
l
v
i
n
g
number
(O~100)
):Dayso
fp
o
s
t
p
a
r
t
u
m
T
o
t
a
l
AAQdQunLPo
qゐ η ο t i T i
3
6
(201~)
2
6
1
0
0
2ム
噌
3
8
ぶ)充足率,王立消化養分総量(以下 TDNと呼ぶ)充足
率,乾物中の CPとTDNの割合(以下それぞれ CP%,
Late
只U Aヨ 1ょ 1inL
8
9
C1 01~200)
噌'ム噌﹃ム
5head
1
1
5
Mid
i
唱 44qoquRU
lndηOAAFb
T
o
t
a
l
E
a
r
l
y
物(以下D Mと呼ぶ)充足率,粗蛋白質(以下 CPと呼
TDN%と呼ぶ),栄養比(以下 TDN/CPと呼ぶ), CP
中の非分解性蛋由貿割合(以下UIP%と呼ぶ)を算出し
た.なお,調査日に疾病等で残鰐の著しく多い個体は対
象から除外した.
結 果
朗料構成と MUN
および乳蛋白質率との関係
0
0頭における飼料給与震と養分合最の
調査した延べ 1
6
1
生自健太郎:コーンサイレージ使用時における館料構成と乳中尿素態窒素量および乳蛋自費率の関連性
u
t
r
i
e
n
tc
o
n
t
e
n
t
sandc
o
r
r
e
l
a
t
i
o
nt
oMUNo
rm
i
l
kp
r
o
t
e
i
n
.
T
a
b
l
e3
. Amountso
fs
u
p
p
l
e
m
e
n
t
e
df
e
d
s,n
I
t
ems
Minimum Maximum
r
!
)
rll
(MUN) (
M
i
l
kp
r
o
t
e
i
n
)
:
!
:
S
D
Mean
(
n1
0
0
)
出
Drymatter(DM)p
e
rbodyw
e
i
g
h
t (%)
(%)
Foragep
e
r
c
e
n
t
(%)
D Mr
e
q
u
i
r
e
m
e
n
t2l
(%)
CPr
e
q
u
i
r
e
m
e
n
t2l
(%)
TDNr
e
q
u
i
r
e
m
e
n
t2l
(%DM)
CP%
(%DM)
TDN%
TDN/CP
(%CP)
UIP%
2
.
1
5
4
7
.
8
7
9
.
6
6
0
.
5
6
3
.
3
1
0
.
6
6
4
.
9
4.
46
31
.3
4
.
7
9
7
8
.
0
1
4
5
.
2
1
4
4
.
2
1
4
9
.
1
1
6
.
9
7
4
.
8
6
.
2
4
3
5
.
7
3
.
3
3
6
4
.
5
1
1
2
.
3
1
0
4
.
2
1
0
7
.
5
1
3
.
2
6
9
.
5
5
.
3
4
3
3
.
3
0
.
40
4
・
・
0
.
7
0
8
・
・
0
.
2
2
3
,・
0
.
1
0
8
0
:
3
5
6
・
・
・
・
0
.
6
9
1
・
・
0
.
6
9
0
c
O
.
6
1
9
・
‘
・
・
0
.
6
1
7
0
.
5
7
8
.
0
1
1
.
1
1
4
.
5
1
3
.
2
1
.7
3
.
0
0.
48
1
.
14
0
.
5
9
8
・
・
0
.
7
6
8
・
・
0
.
0
5
0
ー0
.
1
0
6
0
.
1
2
8
0
.
7
1
8
・
・
0
.
7
2
4
・
・
0
.
6
5
2
・
・
0
.
6
0
4
・
・
伊
側
蜘
目
制
国
制
胆
p
<
0
.
0
5,*
*:
p
<
O
.
0
1
1
)C
o
r
r
e
l
a
t
i
o
nc
o
e
f
f
i
c
i
e
n
t,*:
V from"JapaneseFeedigStandardf
o
rD
a
i
r
yC
a
t
t
l
e(
19
9
4
)
"
7
8
n
dm
i
l
kp
r
o
t
e
i
n
T
a
b
l
e4
.B
a
s
a
ls
t
a
t
i
s
t
i
c
so
f羽 UNa
c
o
n
c
e
n
t
r
a
t
i
o
n(
M
.p
r
o
)a
n
dc
o
r
r
e
l
a
t
i
o
nt
om
i
l
ky
i
e
l
d
.
n=100
Range
羽 UN(
mg/d
P
)3
. 9~2 1. 4
M.p
r
o(%)
2.50~
Mean
土 SD
r
l
l
9
.
7
3
.
8
0
.
7
5
0
・
・
3
.
9
7 3
.
2
5
0
.
3
2 0
.
7
3
5
・
・
7
6
@
回
♂
..
Y
=
O
.5
3
7
X
+
6
4
.3
2
3
7
4 (
r
=
O
.6
9
0,p
く0
.
0
1
)
@
,
.
句
、
黒
目
句
、J
••••
72
2
1
)C
o
r
r
e
l
a
t
i
o
nc
o
e
f
f
i
c
i
e
n
t,*キ:p
<
O
.
0
1
o 70
@
ト
最小値,最大鑑,平均値,標準偏差および MUN,乳蛋
@
6
8
白質率との相模係数を示した (
T
a
b
l
e3
)
.
@
6
6
乾物体重比と D M
, CP
, TDNの各充足率は,最小値
@
と最大値にかなりの差があったが,平均値は乾物体重比
6
4
O
で 3.33% ,充足率で 104.2~112.3% と標準的な値であっ
5
1
0
1
5
2
0
MUN (mg/d 1)
た.粗飼料割合と各養分含量 (CP%,TDN%,TDN/
Cp,UIP%) はCP%の最小髄がやや低かったほかは,
2
5
F
i
g
.2R
e
l
a
t
i
o
m
s
h
i
pb
e
t
w
e
e
nMUNandTDN%
各泌乳期ごとの推奨舗の範密内であった. MUNとの相
関は CP
充足率以外の項目で有意であった. また,乳蛋
6
.
5
1
8
6O
1
6
、
‘
"
ま
'-J
.
t
、
e
a
l
!
揖'
e
;
d冊 @
1
7
圃
a
o
5
.
5
¥
z
。
5
.
0
1
5
14
a
o13
a
[email protected]
ah
.
..
.
暗@曹
ト
1
2
4
.
5
。
札 @
1& .
"
'
- _o
@
1
1
1
0
y
=
.
吋O
.
0
7
7
X
+
6
..
0
8
7
(
r
z
0
.
6
1
9
,p
〈0
0
1
)
4
.
0
5
2
0
1
0
1
5
MUN (mg/d 1)
F
i
g
.1R
e
l
a
t
i
o
m
s
h
i
pb
e
t
w
e
e
nMUNandCP%
2
5
O
6
1
0
1
5
2
0
(mg/d
1
)
MUN
Fig.3R
e
l
a
t
i
o
m
s
h
i
pb
e
t
w
e
e
nMUNandTDN/CP.
2
5
兵庫県農業技術センター研究報告〔畜産編〕第 3
3号 (
1
9
9
7
)
6
2
.
.
.
••
3
6
3
5
459TDN%
MUN=-33.132+0.827CP%+0.
(
R
2 0
.
5
0
,
1 p
く0
.
0
0
5
)
口
乳蛋白質率 =7.115-0.064CP%-0.043TDN%
@
i
'34
(R2
=0.547
,pく0
.
0
0
5
)
e
.
.e
f.も@
a
3 MUNと乳置白質率の臨界値
@
@
TDN/CPの適正範顕を各飼養標準 7. 8. 11) が提示す
@汐発伊 e
;3
3
(..~晶@
3
2
る泌乳期ごとの推奨{震に基づいて計算した.その結渠,
適正範囲内に該当する TDN/CPの値は 3
.9-5.3であっ
@
Y
=
O
.1
8
3
X
+
31
.5
3
1
(
r
コ0
.
6
1
7,
p
く0
.
0
1
)
晶.~
T
a
b
l
e5
)
.
た (
次に調査記銀から TDN/CPが 3
.9-5.3のものを抽出
@
3
1
o
5
1
0
1
5
2
0
M UN (mg/d 1)
2
5
7検体が該当し,これらの MUNと乳蛋白質
したところ 4
事の平均土標準備鷲を臨界値とすると MUNでは下限が
7.9mg/dP,上棋が 1
6
.
1昭/dPとなり,乳蛋白質率では
F
i
g
.4R
e
l
a
t
i
o
m
s
h
i
pb
e
t
w
e
e
nMUNandUIP%
下限が2
.76%,上限が3.35%となった.さらに,
この 4
7
検体のうちから TDNの充足率が 100-120%の条件で拙
自質率との相関は各充足率以外の項目で有意であった.
各養分含量と MUNとの散布図とその回帰蔑線を示し
た(
F
i
g
.1-4).
2 MυNと乳蛋白質率の関係および影響要因
MUNは3.9-21
.4mg/d
Pの範囲にあり,その平均は9
.
7
m
g
/
d
P,乳量との聞に柏関係数 0
.
7
5
0の有意な正の椙関
が認められた.一方,乳蛋白質率は 2.50-3.97%の範翻
にあり,その平均は 3.25%,乳;震との聞に相関係数
.
7
3
5の有意な負の相関が認められた (
T
a
b
l
e4
)
. ま
一0
た
, MUNと乳蛋白質率の間には相関係数一 0
.
6
8
6の有意
な負の相関が認められ,その回帰式は y =-0.056X十
3
.
8
0
0であった (
F
i
g
.5
)
.
MUNまたは乳蛋白質率を自的変数, CP%とTDN%
を説明変数とした場合,以下の震回帰式が得られた.
4
.1
,
,3
.
9
••
、
@
人 7ト¥
足@血血
回
.
Y
=
O
.0
5
6
X
+
3
.8
0
0
(
r
=
O
.6
8
6,p
(
O
.0
1
)
3
.
5
1
5
1
6
4
.
8
4
.
9
5
.
0
5
.
1
5
.
2
5
.
2
5
.
3
4
.
5
4
.
6
4
.
6
4
.
7
4
.
8
4
.
9
4
.
9
4
.
2
4
.
3
4
.
3
4.
4
4
.
5
4
.
5
4
.
6
4
.
7
4
.
7
4
.
8
3
.
9
4
.
0
4
.
1
4
.
1
4
.
2
4
.
3
4
.
3
4
4.
4.
4
4
.
5
@
_2
.
9
@
1
8
6
3
6
4
6
5
6
6
6
7
6
8
6
9
7
0
7
1
7
2
7
3
7
4
7
5
3
.
9
4
.
0
4
.
1
4
.
1
4
.
2
4
.
2
4
.
3
4
.
4
4.
4
4
.
1
4
.
1
4
.
2
Mean SD
Range1)
MUN(
冊g
/d1
!
} 1
2.
4 .
4
.
6 7
.
8
"
'
1
7
.
0
TDN/Cp2)
十TDNR
E
Q
3
) M.p
r
o(
%
)
3
.
0
3 0
.
3
0 2
.
7
3
'
"3
.
3
2
(
n=1
9
)
@
@
@
5
1
7
MUN(
冊g
/d
1
!
) 1
2
.
0 4
.
1 7
.
9
"
'
1
6.
1
TDN/Cp2)
(
n
=
4
7
)
M.p
r
o(
%
)
3
.
0
5 0
.
2
9 2
.
7
6
'
"3
.
3
5
3
.
1
2
.
5
o
1
4
e
x
t
r
a
c
t
~
.
.
!
i
:
CP 1
3
TDN
T
a
b
l
e6
.T
h
eoptimumr
a
n
g
eo
fMUNa
n
dm
i
l
kp
r
o
t
e
i
n
c
o
n
c
e
n
t
r
a
t
i
o
n
(
M
.
p
r
o
)f
o
rk
e
e
p
i
n
gn
u
t
r
i
e
n
tb
a
l
a
n
c
e
o3
.
3
Q.
T
a
b
l
e5
.M
a
t
r
i
xo
fTDN/CPr
a
t
i
ow
i
t
h
i
n
r
e
c
o
m
m
e
n
d
a
t
i
o
nv
a
l
u
eo
fs
o
m
ef
e
e
d
i
gs
t
a
n
d
a
r
d
s
.
1
5
2
0
1
0
MUN (mg/d 1)
2
5
F
i
g
.5R
e
l
a
t
i
o
m
s
h
i
pb
e
t
w
e
e
nMUNandmilkp
r
o
t
e
i
n
.
1
)Mean-3D"'Mean十 3D
2
)3
.
9
"
'
5
.
3
3
)TDNr
e
q
u
i
r
e
m
e
n
t(
10
0
"
'
1
2
0
%
)
6
3
生田健太郎:コーンサイレージ使用待における錦料構成と乳中尿素態窒素量および乳蛋白質率の関連性
T
a
b
l
e7
.E
v
a
l
u
a
t
i
o
no
fd
i
e
t
a
r
y
b
a
l
a
n
c
e
bymilkp
r
o
t
e
i
n(M.p
r
o
)p
e
r
c
e
n
tandMUN.
R
)
M.p
r
o(%) MUN(mg/d
Low
く7
.
8
く2
.
7
3
7.8~17.0
>
1
7
.0
2
.
7
3
く7
.
8
7.8~17.0
3
.
3
2
>
1
7
.0
く7
.
8
>3.32
CP%
E
x
c
e
s
s
Low
Low
Low
は乾物摂取量の実測値に基づいて算出したためと考えら
れる.
香川 i
ら5) の試験では泌乳初期の高?必乳牛を用いて UIP
%が3
7.4%と 48.5%の 2区で比較したところ, BUNは高
バイパス震が有意に低い{直を示した. UIPが増せば分解
性蛋白質(以下DIPと呼ぶ)が減少し, BUNやMUNは
Low
B
a
l
a
n
c
e
d
E
x
c
e
s
s
低下するため,理論的には MUNとUIP%は負の相聞に
Low
.3
相関を示した.これは乳量の増加に対し, UIP%が31
7.8~17.0
>
1
7
.0
TDN%
報告では充足率を給与量から算出したのに対し,既報で
E
x
c
e
s
s
E
x
c
e
s
s
E
x
c
e
s
s
E
x
c
e
s
s
なるとされている. しかし,今回 MUNとUIP%は正の
~35.7% と狭い範囲内での変化であったことから,
UIP
の増加景よりも DIPの増加量の方が相対的に多かったた
めと考えられる.
出した 1
9検体によって,鴎様に計算したところ, MUN
一般に MUNの高低は DIPの過不足と考えられがちで
では下限が7
.
8
昭 /d
1!,上限が 1
7.
O
r
n
g
/d1!となり,乳蛋白
あるが, MUNとCP
充足率の相関が有意でなかったのに
.73%,上担が 3.32%となった C
T
a
b
l
e6
)
.
質率では下限が 2
充足率とは有意な棺関が認められたことか
対し, TDN
最後に TDN/CPとTDN
充足率の 2条件で抽出して求
ら
, MUNはエネルギーの影響を強く受けている.また,
めた MUNと乳蛍自質率の臨界鑓を文献 3. 10・I2) にある
MUNとTDN/CPとの間に有意な魚の相関が認められ
栄養バランスの特定表に当てはめた C
T
a
b
l
e7
)
.
たことから,給与銅料中の CPIこ対して TDNが椙対的に
多ければMUNは減少し,不足すれば MUNは増加する
考
といえる.すなわち, MUNは給与された蛋白質等の窒
禦
乾物体重比と D M,CP
, TDNの各充足率の最大値と
素源とエネルギーの相対的な関係によって決定され
最小値に大きな差があったのは,対象牛の中に分娩麗後
る I5. 16・I8) 従って,栄養評価を行う場合, MUNIこ加
の増給期の{自体,出痩のため意識的に濃厚飼料の給与量
えてエネルギーの過不足を判断する基準が必要となる.
を増やした僧体,摂取量が少なく必要量を給与できなつ
乳蛋白質率は負のエネルギーバランスによって低下する
かた錨体が合まれていたためである. しかし, このよう
ことが広く知られている 1・4・6・I3)
な個体記録は少数であり,全体的には給与量,養分合最
は給与エネルギーの充足率が 100%を越えても上昇する
ともに日本飼養標準に沿った給与状況であった.
のに対し,給与蛋白質の充足率では 100%までは上昇す
一般の飼料設計では,乳量が増加すれば乾物体重比も
また,乳蛋白質率
るが,それ以上では効果はないといわれているり. これ
増加するが,摂取可能な範西内で養分要求量を満たす必
らのことから,歌米では MUNと乳蛋白質率による相互
要から,高泌乳時の鰐料ほど組飼料割合が減少し,養分
含量が高くなる.また,乳量の増加に摂取量が追いつか
評価によって泌乳牛の飼料給与バランスの診断が実施さ
れている 3. 9. IO. I2. I6)
ない場合は充足率が減少する. MUNは乳量と正の相関
佐藤ら 10) が関東で行った謂査では, MUN は3.8~22.6
を示すため,乳量の増加に伴って高くなる項目(乾物体
mg/d1!の範囲で牧場ごとの平均が 12.3 土 2.3~13.5 土 2.6
重比, CP%,TDN%および UIP%) とは正の相関を示
r
n
g
/d1!であった.また,農村によると北海道の浜中農
し,減少する項居(組飼料割合, D M
充足率, TDN
充足
5
.
1二
七3
.7mg/d
!
1 (n=5,
7
3
2
),十勝農協連で
協管内では 1
率)とは負の椙関を示した.一方,乳蛋白質率は乳量と
は1
2
.
7
r
n
g
/
d
!
1 Cn=22,
0
2
5
) となっており,地域的な差
負の相関安示すため,これと有意な相関の認められた項
もみられるとしている.アメリカ北東部 DHIAの成績で
目ではすべて MUNとは逆の相関性を示した.
充足率の相関は有意でなかったが,
今回, MUNとCP
は
1グループベースの範囲は 7:0""24rng/d
!
1 Cn=
3
7,
0
0
0
),標準備差は約4.0mg/d1!であった 5)
これらに
佐藤ら 18) は
, MUNはCP
摂取量よりも CP
充足率と強い
0
0検体の MUN植の範翻は佐藤ら
対し,今回総定した 1
関係を示したとしている.また,乳蛍自費率と各充足率
の報告と,標準偏差はアメリカ東北部 DHIAの成穣とほ
の相関も有意でなかったが,溺ら
I3
)
は分娩後 9週以降
で正の相闘を認め,佐藤ら 18) は泌乳初期および後期と
もに正の相関を示したとしている.これらの相違は,本
ぼ一致したが平均値は既報に比べて低かった.
今
@
]
, MUNと乳輩自質率の間には有意な負の相闘が
認められた.佐藤ら
17. 18)
も同様の相闘を認めている.
兵庫県農業技術センター研究報告〔畜産編〕第 3
3考(19
9
7
)
6
4
これは相対的なエネルギー不足によって MUNの上昇を
1
9
9
6
)
(
5
) 香川裕一・生田健太郎・山口悦蒔・高田修 (
きたすような条件でほ乳蛋白壁率は低下することを示し
:飼料蛋白質のル…メンバイパス惑が掛乳最盛期の乳
ている.このように MUNと乳蛮自質率はエネルギーを
2,
牛の乳生産に及ぼす影響:兵庫農技研報(審産) 3
介して相互に関連している.さらに,. MUNと乳蛋白質
本はそれぞれ CP%とTDN%を説鴇変数とした有意な
4
9
5
2
(
6
) 加藤美子次(19
9
0
):高能力牛における乳蛋自の変動
回帰式が得られたことから,鰐料中の養分含量と密接に
1
9
9
0
)::畜産の研究
と卵巣機能との関連 (
関係している.
1
4
0
2
そこで,栄養評価表を作成するため,適正な TDN/
科
, 1
3
9
7
-
(
7
) マーシャル E
. マッカロー (
1
9
8
8
):マッカローの
CPとTDN充足率を選択条件 MUNと乳蛋白質率を抽出
鰐料プログラミング(ナスアグリサーピス), 3
5
4
7
し,それぞれの臨界値を算出した.その結果, MUNは
(
8
) N
a
t
i
o
n
a
lR
e
s
e
r
c
hC
o
u
n
c
i
l(
19
8
8
) :N
u
t
r
i
e
n
tR
e
-
7.8~17.0rng/ cLe,手L蛋白質率は 2.73~3.32% となった.
これに対し,
%,アメリカ
ドイツ 12) では 7~14 昭〆 di!と 3.30~3.38
3
. 10) では 12~16rng/ di!と 3.00~3.20% を
q
u
i
r
e
m
e
n
t
so
fD
a
r
i
yC
a
t
t
l
e(
N
a
t
i
o
n
a
l Academy
P
r
e
s
s,Washington,D
.
C
.
)
(
9
) N
e
l
s
o
n,A
.J
.(
19
9
4
):I
n
f
o
m
a
t
i
o
nN
e
e
d
so
ft
h
e
臨界値としている.このにように,臨界舗は鰐整形態や
DairyI
n
d
u
s
t
r
yf
o
rH
e
a
l
t
handN
u
t
r
i
t
i
o
nManage
気候などの条件によって地域性があるため,扇 14. 15)
ment:J
.DairyS
c
i
.7
7,1
9
8
4
1
9
9
1
はMUNを 8~20昭/CLeと広く考え,乳蛋白質率は 3.00
倫
(
1
0
) N
e
l
s
o
n,A
.J
.,坂井秀敏(訳) (
1
9
9
5
):乳中原索窒
%を境に上下に分けている.また, MUNと乳蛋白質率
索 (MUN) 分析の実膿的利用について:サイア 2
7
5,
によって給与錦料の栄養バランスを評価する場合,乳蛋
1
0
1
6
白質率は遺伝的要国や泌乳期によって大きく変動するた
め,鶴々の牛への適用よりはグループ分けされた牛群の
判定に用いた方がよいとされている
(
1
1
) 農林水産省農林水産技術会議事務局(19
9
4
) :日本
3
7
5
銅養標準乳牛(中央畜産会), 7
1
(
) 小野斉 (
2
1
9
9
4
):欧州では牛乳中の尿素に注毘:
15)
今田は給与震から算出した養分含量と MUNや乳蛋白
質率との相関性を検討し,栄養評錨法の確立を試みた.
サイア
1
(
3
) 扇
2
5
4,9
1
1
勉・上村後一(19
91
):乳牛における分娩龍
本来は摂取量に基づく検討が理想である. しかし,実際
後のエネルギー水準が肝臓の脂肪沈着,血液成分およ
の農家指導では開き取りによる給与震を基に給与診断を
び乳謹白質率に及ぼす影響:(ヨ獣会誌
行うため,今回のように給与量でも有意な相関が認めら
れたことから,本評価法は現場においても利用可能であ
ると考えられる.また,今国の調査は冬
春にかけて行
ω
(
麗
勉 (
1
9
9
5
):乳中尿素窒素視.
I
J定で乳牛の栄養
診断:デーリィマン
1
(
) 爵
5
4
4,9
9
2
9
9
9
4
51
(
),4
2
2
4
3
勉(19
9
5
):ルーメンと肝臓ーとくに血中お
ったが,飼料摂取景や乳成分の低下する夏期での検討も
airyJapan臨時増刊
よび乳中尿素態護素:D
今後必要である.
ン 4,5
3
6
4
ルーメ
1
(
6
).R
o
s
e
l
e
r,D
.K
.
, J
.D
.F
e
r
g
u
s
o
n,C
.J
.S
n
i
f
f
e
n,
引用文献
andJ
.Herrema(
19
9
3
):D
i
e
t
a
r
yP
r
o
t
e
i
nD
e
g
r
a
d
a
-
(
1
) C
l
a
r
kJ
.H
.andC
.L
.Davis(
1
9
8
0
) :SomeA
s
-
b
i
l
i
t
yE
f
f
e
c
tonPlasmaandMilk UreaN
i
t
r
o
g
e
n
p
e
c
t
so
fF
e
e
d
i
n
gHighP
r
o
d
u
c
i
n
gDairy Cows:J
.
and N
o
n
p
r
o
t
e
i
nN
i
t
r
o
g
e
ni
nH
o
l
s
t
e
i
n Cows J
.
DairyS
c
i
.6
3
,8
7
3
8
8
5
DairyS
c
i
.7
6,5
2
5
5
3
4
(
2
) 生田健太郎 (
1
9
9
7
):出液自動分析システムによる
手し中原案態窒素量測定のための諸要閣の検討:兵庫農
3,5
4
5
8
技研報(寄産) 3
1
0
5,3
56
5
融
(
4
) 板橋久雄(19
9
5
):高品質・高泌乳生産の理論と応
用(
2
):家畜診療
3
8
1,2
73
5
叩
ヨ畜会報
自質率と血紫成分の鴎係: I
6
2(
1
0
),9
9
69
9
9
回
1
(
8
) 佐 藤 博 ・ 花 坂 昭 吾 ・ 松 本 光 人 ( 19
9
2
):乳牛にお
(
3
) 井 上 茂 ( 19
9
6
):乳中尿素態窒素の存在,その生
理的背景と情報科用:乳質改善資料
1
(
7
) 佐藤博 (
1
9
91
):乳牛における乳脂率および乳蛋
ける血紫成分,栄養摂取,牛乳窒素,乳脂率および乳
ヨ議会報
蛋白質率の鵠係: I
6
3(
1
0
), 1
0
7
5
1
0
8
0
(
1
9
) 佐 藤 博 ・ 西 口 靖 彦 ・ 加 藤 寿 次 ( 19
9
6
):牛乳の尿
素濃度と受胎成績の関係:日畜会報
6
7(
1
)
, 5
8
6
3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
438 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content