close

Enter

Log in using OpenID

iPFG設定の転送マニュアル

embedDownload
©Phonak Japan - Transfer Settings in iPFG 2.5a. 2010/6/2
iPFG 2.5aの新機能 – 補聴器設定の転送
iPFG2.5aでは、補聴器の形状(耳かけ/耳あな型)やシリーズを越えてフィッティングデータ
の転送が可能になりました。これは、ユーザーのこれまでのフィッティングを引き継ぎ、最新の
器種へアップグレードをすることができます。クリック1つでファインチューニングされた利得
設定やプログラム構成が新しい補聴器に転送されます。下記にその手順を説明します。
既存の顧客データを上書きして(引き継い
で)転送する場合
3. 転送先の補聴器を接続・検出する
1. 転送元を呼び出す
„ 前回フィッティングした補聴器の機種やデータが呼び
出されます。
4. 「設定の転送」画面に移る
„ メニューバーの「フィッティング」→「設定を転送
中」を選択します。
2. 選択された補聴器を破棄する
„ この作業が必要ないケースもございます。
„ 転送先の補聴器を新たに接続するため、一度
「(未選択)」の状態にします。
Page 1
©Phonak Japan - Transfer Settings in iPFG 2.5a. 2010/6/2
5.
内容を確認し「転送」をクリック
←転送元の補聴器
6.
注意点
z 転送先の補聴器はCOREシリーズのみです。dB
シリーズは転送先に指定できません。
z 利得設定などを可能な限り転送しますが、機種
により出力/利得や周波数特性、チャンネル数
などが異なるため、転送後に微調整が必要な場
合があります。
z 両耳フィッティングから片耳フィッティングへ
は転送できません。
z iPFG2.4以前のフィッティングや「履歴マネー
ジャ」から呼び出したデータも転送可能ですが、
作業前にデータベースへ上書き保存をしてから
実行してください。
転送が完了
„
プログラム数が少ないなどの理由で転送でき
なかったものはその内容が表示されます。
以下の項目は初期設定に戻ります
z フィッティングモード
※ 標準/ウィザード/小児
z オージオグラムダイレクトの結果
z アクセサリ情報
すべてのプログラムを
転送出来なかった場合
7.
必要に応じてハウリング抑制機能をオンにする
„
「ハウリングマネージャー」を開き、「ホ
イッスルブロック・テクノロジー」のチェッ
クを入れる 。
※ 再度グルーピングが必要
※ DWAやFMオプションがある場合は検
出後転送する前に追加しておく
z
z
z
z
z
z
アクセサリーオプション
ハウリングテストの結果
音響パラメータ
補聴器オプション
プログラムオプション
SoundRecoverの強さ
※ ON/OFFは継承される
8.
補聴器およびデータベースに保存
Page 2
©Phonak Japan - Transfer Settings in iPFG 2.5a. 2010/6/2
補足:ファイルから転送
z 別の顧客データや離れたPC間で設定を転送した
い場合に使用します。
1. 転送元を呼び出す
3. ファイルからの転送を許可する
„ メニューバーの「設定」から「システム設
定」→「設定を転送」を開きます。
2. 転送元のデータをファイルに書き出す。
„ メニューバーの「フィッティング」→「ファ
イルへ設定を転送中」を選択します。
4. 転送先の顧客を開き(または新規顧客を作成
し)転送先の補聴器を接続する。
※ このファイルを電子メールや外部メモリなど
で送受信することにより、遠隔地のPCでも設
定の転送が可能になります。
5. 元のデータをファイルから読み込む
Page 3
©Phonak Japan - Transfer Settings in iPFG 2.5a. 2010/6/2
„「ファイルから読み込み」が選択できるので、
○をクリックし選択します。
補足2:NOAH3上で使用するには
„
1.
2.
„先ほど書き出したファイルを選択し、読み込み
ます。
3.
本機能はNOAH上でもご使用頂けますが、元と
なるフィッティングデータがiPFG2.5以降の
バージョンで保存されている必要がございます。
以下にNOAH上での操作手順をご説明します。
NOAH上にある、転送したい補聴器のフィッ
ティングセッションを開く。(セッションブラ
ウザのトリマー
のアイコンをダブルクリッ
ク)
iPFGモジュールが起動したら、「保存」アイ
コンをクリック。
「保存」画面で「データベース」にのみチェッ
クを入れて「OK」を押す。
※ 以降は1ページ目の2.~と同じ手順です。
6.
内容を確認し「転送」をクリック
←転送元の補聴器
※ 以降は2ページ目の6.~と同じ手順です。
Page 4
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
397 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content