close

Enter

Log in using OpenID

出力電圧可変式レギュレータ - ON Semiconductor

embedDownload
注文コード No.N A 2 1 6 9
LA59700MC
モノリシックリニア集積回路
出力電圧可変式レギュレータ
http://onsemi.jp
概要
LA59700MCは、チップイネーブル機能を備えた、出力電圧可変式レギュレータである。
最大1.0Aの出力電流が供給できる。
特長
・出力電圧可変
・最大1.0A出力可能
・チップイネーブル機能
・過電流制限保護回路内蔵
・セラミックコンデンサ対応
最大定格/Ta=25℃
項目
記号
条件
定格値
最大電源電圧
VCC max
16
V
最大入力電圧
VIN max
16
V
許容消費電力
Pd max
1.8
W
動作周囲温度
Topr
-40~+85
℃
保存周囲温度
Tstg
-55~+150
℃
指定基板付き※1
unit
※1 指定基板:50mm×50mm×1.6mm,ガラスエポキシ両面基板
注1)絶対最大定格は、一瞬でも超えてはならない許容値を示すものである。
注2)絶対最大定格の範囲内で使用した場合でも、高温および大電流/高電圧印加、多大な温度変化等で連続して
使用される場合、信頼性が低下する恐れがある。詳細については弊社窓口まで相談すること。
最大定格を超えるストレスは、デバイスにダメージを与える危険性があります。最大定格は、ストレス印加に対してのみであり、推奨動作条件を超えての機能
的動作に関して意図するものではありません。推奨動作条件を超えてのストレス印加は、デバイスの信頼性に影響を与える危険性があります。
動作条件/Ta=25℃
項目
記号
条件
unit
入力電圧(VCC1)
VCC1
3.5~15
V
入力電圧(VCC2)
VCC2
※2(VOUT+VDROP)~15
V
入力電圧(EN)
VEN
0~15
V
出力電圧
VOUT
1.5~(VCC1-1.5)
V
※2 VDROP:ドロップアウト電圧
Semiconductor Components Industries, LLC, 2013
November, 2013
12313NKPC 20120327-S00004 No.A2169-1/9
LA59700MC
電気的特性/Ta=25℃,VCC1=VCC2=3.5V,VEN=1.6V,出力電圧1.5V設定,特に指定のない限り。
項目
記号
条件
消費電流
ICC
VEN=1.6V
スタンバイ電流
ISTBY
VEN=0V
出力電圧
VOUT
OUT=ADJ,IOUT=10mA
出力電流
IOUT
ドロップアウト電圧
VDROP
min
typ
max
3.5
1.225
1.25
unit
7
mA
1
μA
1.275
V
1.0
(VCC2-VOUT)
A
IOUT=500mA
0.42
0.6
V
IOUT=1.0A
0.84
1.2
V
160
300
nA
ADJ端子はき出し電流
IADJ
ADJ=0V,OUT=Open
負荷変動
RLD
IOUT=10mA~500mA
10
mV
電圧変動
RLN
VCC1=VCC2=3.5V~7V,IOUT=10mA
10
mV
ΔV/ΔT
Ta=-40~+85℃,IOUT=10mA
RR
VCC1=VCC2=4.25V,OUT=ADJ,
IOUT=10mA,VRpp=1V,fRR=120Hz
COUT=Ceramic 10μF
イネーブル電圧
VEN
チップイネーブル
ディゼーブル電圧
VDIS
チップディゼーブル
イネーブル入力電流
IEN
VEN=1.6V
サーマルシャットダウン
TTSD
ジャンクション温度
出力電圧温度係数
※3
リップルリジェクション
※3
検出温度
±100
ppm/℃
65
dB
1.6
V
0.4
V
50
μA
170
℃
30
℃
※3
TSDヒステリシス
※3
THYS
※3 設計保証値であり、測定は行わない。
外形図
unit:mm (typ)
3439
Pd max -- Ta
2.5
TOP VIEW
SIDE VIEW
BOTTOM VIEW
(3.10)
4.93
2.0
8
1.8
0.64
3.94
5.99
(2.41)
1.5
0.94
2
0.41
0.2
0.5
1.68 MAX
1.27
0
-40
-20
0
20
40
60
8085
100
(1.5)
SIDE VIEW
0.05
1
1.0
SANYO : SOP8L(200mil)
No.A2169-2/9
LA59700MC
《表面》
《裏面》
評価基板仕様:50mm×50mm×1.6mm,ガラスエポキシ、両面基板
ピン配置図
OUT 1
8 VCC2
ADJ 2
7 VCC1
6 EN
NC 3
5 GND
GND 4
Top view
ブロック図および応用回路例
VCC2
8
10μF
1
VREF
(1.25V)
VCC1
R2
7
2
1μF
EN 6
Chip Enable
(High_Enable)
OCL
TSD
VOUT
OUT
200Ω~
9.8kΩ
Ceramic
10μF
ADJ
R1
1kΩ
Enable/
Disable
GND 5
4 GND
No.A2169-3/9
LA59700MC
出力電圧調整式
VOUT=VADJ(≒1.25V)×(R1+R2)/R1
R1,R2を選定する際は、R1,R2に流れる電流がADJ端子のはき出し電流を十分に無視できるような値
を選ぶこと。
起動方法
本ICは、以下の2通りの方法で使用することができる。
①VCC1,VCC2に電源投入後、EN端子でON/OFFする。
②VCC1,VCC2,ENをショートして使用する。
①で使用する場合、VCC1とVCC2は、同時もしくはVCC1→VCC2の順番で電圧を入力し、最後にEN端子
に電圧を入力する。立ち下げの際は、立ち上げと逆の順番で操作すること。
端子機能
端子
番号
1
端子名
OUT
機能
等価回路
出力端子。
VCC1
VCC2
30kΩ
OUT
GND
2
ADJ
出力電圧設定用端子。
VCC1
ADJ
2kΩ
1.3kΩ
GND
3
NC
No Connection。
4
GND
GND端子。5pinと内部接続。
5
GND
GND端子。4pinと内部接続。
6
EN
イネーブル端子。
VCC1
(High Enable)
EN
20kΩ
105kΩ
55kΩ
GND
7
VCC1
入力電源。
8
VCC2
出力部電源。
※4 裏面放熱パッドは、実装基板上でGNDとショートし、使用すること。
No.A2169-4/9
LA59700MC
ICC -- Ta
5
5
VCC1 = VCC2 = 15V
4
ICC -- VCC
VEN = 1.6V
VCC1 = VCC2
4
3
3
2
2
1
1
Ta = 25°C
VEN = 1.6V
0
-50
2.0
Ta = 85°C
-40°C
C
25°
7V 11V
3.5V
0
VEN = 1.6V
VCC1 = VCC2
50
100
150
VOUT -- VCC
0
1.30
0
5
10
15
VOUT -- Ta
Ta = 25°C
VEN = 1.6V
OUT = ADJ
V C2 =
V CC1 = C
1.5
15V
3.5V
7V
11V
1.25
-40°C
25°C
Ta = 85°C
1.0
1.20
0.5
0
0
5
10
15
VDROP -- IOUT
1.0
=
Ta
0
100
VCC1 = VCC2 = 3.5V
VCC1 = VCC2 = 15V
°C
85
-40
C
5°
50
VEN -- Ta
1.5
VCC1 = 3.5V
VDROP = VCC2 − VOUT
VEN = 1.6V
0.5
1.15
-50
°C
Ch
1.0
ip E
2
Ch
ip D
0
100
0
0.5
1
0.5
-50
0
50
nab
le
isab
le
100
150
IEN -- Ta
VEN = 1.6V
VCC 1 =
VCC 2 =
3.5V
50
15V
0
-50
0
50
100
150
No.A2169-5/9
LA59700MC
VOUT -- IOUT
2.0
VOUT -- IOUT
15
VOUT = 12V
1.5
0.5
0
80
V
7V
Ta = 25°C
VOUT = 1.5V
COUT = 100µF
0.5
1.0
1.5
2.0
2.5
RR -- f
IO
U
T =1
80
0
0.5
1.0
100
1.5
2.5
VCC1 = VCC2 = 4.5V
VOUT = 1.5V
Ripple Noise = 1Vp-p
COUT = Ceramic 10µF
IO
U
T =1
A
mA
2.0
RR -- f
60
0m
0m
100
A
mA
40
20
100
0
80
40
Ta = 25°C
VCC1 = VCC2 = 15V
COUT = 100µF
1.5V
100
VCC1 = VCC2 = 4.25V
VOUT = 1.25V(OUT = ADJ)
Ripple Noise = 1Vp-p
COUT = Ceramic 10µF
60
0
10
5V
5
0
100
9V
3.5
1.0
10V
VCC 1 = V
CC 2 = 15V
10
20
2
3
5 7 100
2
3
5 7 1k
2
3
5 7 10k
2
3
5 7 10k
0
10
2
3
5 7 100
2
3
5 7 1k
2
3
5 7 10k
RR -- f
VCC1 = VCC2 = 14V
VOUT = 11V
Ripple Noise = 1Vp-p
COUT = Ceramic 10µF
60
IOUT = 10mA
100mA
40
20
0
10
2
3
5 7 100
2
3
5 7 1k
No.A2169-6/9
LA59700MC
VOUT立ち上げ特性
VEN
2
1
Ta = 25°C
VCC1 = VCC2 = 3.5V
VOUT = 1.5V
COUT = Ceramic 10μF
0
VEN
2
1
Ta = 25°C
VCC1 = VCC2 = 15V
VOUT = 1.5V
COUT = Ceramic 10μF
0
VOUT
VOUT
1.5
1.5
1.0
1.0
IOUT = 0A
IOUT = 100mA
0.5
0
t -- μs
100μs / div
1
t -- μs
15
VOUT
A
0m
10
IO
U
T=
0A
10
t -- μs
100μs / div
VEN
4
2
VEN
20
Ta = 25°C
VCC1 = VCC2 = EN = 3.5V
VOUT = 1.5V
COUT = Ceramic 10μF
0
10
Ta = 25°C
VCC1 = VCC2 = EN = 15V
VOUT = 1.5V
COUT = Ceramic 10μF
0
VOUT
0.5
t -- μs
100μs / div
0
0A
A
T=
0m
10
0.5
0
1.0
IO
U
IO
UT
=0
A
0m
A
1.0
VOUT
1.5
10
1.5
100μs / div
Ta = 25°C
VCC1 = VCC2 = 15V
VOUT = 12V
COUT = Ceramic 10μF
0
0
0
VEN
2
5
IOUT = 0A
IOUT = 100mA
0.5
t -- μs
100μs / div
VIN を0.1V/μs以上のスルーレートで立ち上げ
る場合は、オーバーシュートする可能性がある
20
10
Ta = 25°C
VCC1 = VCC2 = EN = 15V
VOUT = 12V
COUT = Ceramic 10μF
0
VOUT
0
mA
T=
100
IO
U
5
0A
15
10
ので、留意すること。
VEN
t -- μs
100μs / div
No.A2169-7/9
LA59700MC
負荷過渡応答特性
IOUT
50
IOUT
100
50m⇔100mA
0A⇔50mA
50
0
Ta = 25°C
VCC1 = VCC2 = 3.5V
VOUT = 1.5V
COUT = Ceramic 10μF
1.52
VOUT
1.50
Ta = 25°C
VCC1 = VCC2 = 3.5V
VOUT = 1.5V
COUT = Ceramic 10μF
1.52
VOUT
1.50
1.48
1.48
t -- μs
t -- μs
50μs / div
50μs / div
IOUT
500
100m⇔500mA
0
Ta = 25°C
VCC1 = VCC2 = 3.5V
VOUT = 1.5V
COUT = Ceramic 10μF
1.52
VOUT
1.50
1.48
t -- μs
50μs / div
IOUT
IOUT
50
50
50m⇔100mA
0A⇔50mA
0
0
Ta = 25°C
VCC1 = VCC2 = 15V
VOUT = 1.5V
COUT = Ceramic 10μF
1.52
VOUT
1.50
Ta = 25°C
VCC1 = VCC2 = 15V
VOUT = 1.5V
COUT = Ceramic 10μF
1.52
VOUT
1.50
1.48
1.48
t -- μs
t -- μs
50μs / div
50
50μs / div
100
50m⇔100mA
0A⇔50mA
0
50
Ta = 25°C
VCC1 = VCC2 = 15V
VOUT = 12V
COUT = Ceramic 10μF
12.05
12.05
12.00
12.00
11.95
11.95
t -- μs
50μs / div
Ta = 25°C
VCC1 = VCC2 = 15V
VOUT = 12V
COUT = Ceramic 10μF
t -- μs
50μs / div
No.A2169-8/9
LA59700MC
IOUT
500
100mA⇔500mA
0
Ta = 25°C
VCC1 = VCC2 = 15V
VOUT = 12V
COUT = Ceramic 10μF
12.05
VOUT
12.00
11.95
t -- μs
50μs / div
ON Semiconductor and the ON logo are registered trademarks of Semiconductor Components Industries, LLC (SCILLC). SCILLC owns the rights to a number
of patents, trademarks, copyrights, trade secrets, and other intellectual property. A listing of SCILLC’s product/patent coverage may be accessed at
www.onsemi.com/site/pdf/Patent-Marking.pdf. SCILLC reserves the right to make changes without further notice to any products herein. SCILLC makes no
warranty, representation or guarantee regarding the suitability of its products for any particular purpose, nor does SCILLC assume any liability arising out of the
application or use of any product or circuit, and specifically disclaims any and all liability, including without limitation special, consequential or incidental
damages. “Typical” parameters which may be provided in SCILLC data sheets and/or specifications can and do vary in different applications and actual
performance may vary over time. All operating parameters, including “Typicals” must be validated for each customer application by customer’s technical
experts. SCILLC does not convey any license under its patent rights nor the rights of others. SCILLC products are not designed, intended, or authorized for use
as components in systems intended for surgical implant into the body, or other applications intended to support or sustain life, or for any other application in
which the failure of the SCILLC product could create a situation where personal injury or death may occur. Should Buyer purchase or use SCILLC products for
any such unintended or unauthorized application, Buyer shall indemnify and hold SCILLC and its officers, employees, subsidiaries, affiliates, and distributors
harmless against all claims, costs, damages, and expenses, and reasonable attorney fees arising out of, directly or indirectly, any claim of personal injury or
death associated with such unintended or unauthorized use, even if such claim alleges that SCILLC was negligent regarding the design or manufacture of the
part. SCILLC is an Equal Opportunity/Affirmative Action Employer. This literature is subject to all applicable copyright laws and is not for resale in any manner.
(参考訳)
ON Semiconductor及びONのロゴはSemiconductor Components Industries, LLC (SCILLC)の登録商標です。SCILLCは特許、商標、著作権、トレードシークレット(営業秘密)と他の知
的所有権に対する権利を保有します。SCILLCの製品/特許の適用対象リストについては、以下のリンクからご覧いただけます。www.onsemi.com/site/pdf/Patent-Marking.pdf.
SCILLCは通告なしで、本書記載の製品の変更を行うことがあります。SCILLCは、いかなる特定の目的での製品の適合性について保証しておらず、また、お客様
の製品において回路の応用や使用から生じた責任、特に、直接的、間接的、偶発的な損害に対して、いかなる責任も負うことはできません。SCILLCデータシー
トや仕様書に示される可能性のある「標準的」パラメータは、アプリケーションによっては異なることもあり、実際の性能も時間の経過により変化する可能性がありま
す。「標準的」パラメータを含むすべての動作パラメータは、ご使用になるアプリケーションに応じて、お客様の専門技術者において十分検証されるようお願い致しま
す。SCILLCは、その特許権やその他の権利の下、いかなるライセンスも許諾しません。SCILLC製品は、人体への外科的移植を目的とするシステムへの使用、生命維持を
目的としたアプリケーション、また、SCILLC製品の不具合による死傷等の事故が起こり得るようなアプリケーションなどへの使用を意図した設計はされておらず、また、
これらを使用対象としておりません。お客様が、 このような意図されたものではない、 許可されていないアプリケーション用にSCILLC製品を購入または使用した場合 、
たとえ、SCILLCがその部品の設計または製造に関して過失があったと主張されたとしても、 そのような意図せぬ使用、 また未許可の使用に関連した死傷等から、直接 、
又は間接的に生じるすべてのクレーム、費用、損害、経費、および弁護士料などを、お客様の責任において補償をお願いいたします。また、SCILLCとその役員、従業員、
子会社、関連会社、代理店に対して、いかなる損害も与えないものとします。
SCILLCは雇用機会均等/差別撤廃雇用主です。この資料は適用されるあらゆる著作権法の対象となっており、いかなる方法によっても再販することはできません。
PS No.A2169-9/9
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
609 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content