close

Enter

Log in using OpenID

第12号(2006年4月) - 東京大学教養学部 イギリス科研究室

embedDownload
イギリス科ニューズレター
No. 12 / April 2006
東京大学教養学部地域文化研究学科イギリス分科
〒1 5 3 -8 9 0 2 東京都目黒区駒場 3 -8 -1 (9 号館 3 2 3 号室)
T e l /F a x 0 3 - 5 4 5 4 - 6 3 0 4 ( イ ギ リ ス 科 研 究 室 直 通 )
E - M a i l : br i t i s h @a s k . c . u - t o k y o . a c . j p
H o m e P a ge : h t t p: //B r i t i s h - S e c t i o n . c . u - t o k y o . a c . j p
主 任 挨 拶 ― 三つのなぜ? ―
安西信一
この度、伝統あるイギリス科の
「主任」 なるものに 就任 して し ま い
ました 。 なぜ 、 私 のような 研究者と
しても 、 教育者 としてもうだ つ が 上
がらず 、 行政手腕 も 教養 もない 者が
主任 なのかと 、 訝 しがられる 方 も多
いでしょう 。 他 ならぬ 私自身、 最 も
疑問 に 感 じています 。 直接 の理由は
単純 です 。 他 のもっと 適当 な先生方
が 、 忙 しすぎるからです 。 駒場( だ
けではないでしょうが ) の 教 育 研 究
環境は、一見よくなっているようで、
実 は 大変窮屈 になっています 。 予 算
縮小、 事務方 や 助手 の 人員削減、 そ
れに 伴 う 雑事 の 激増、 授業や業績の
(近視眼的)評価、 いわ ゆ る 学 生 の
学力低下 と 学生指導 の 重圧、 競争 的
外部資金 の 獲得(加 えて 今年 は イギ
リス 科 の 場合引越 し )等々。 環境を
呪 うのは 自 らの 非力 を 際立たせるだ
けでしょうが、それにしても忙しい。
そんな 中、 いかにも 間抜 け 面 の私に
白羽の矢が立ったわけです。
ではそもそもなぜ 、 私 は イギリ ス
科 にいるのでしょうか 。 私 は 美学 出
身 で 、 必 ずしも イギリス が専門でな
く、英語に至ってはズブの素人です。
そんな 私 が イギリス を 研究 している
直接 の 理由 も 、 或 る意味単純です。
要 するに 偶然 です 。 私 は大学に入る
頃 から 、 庭園 や 環境が、 美学の中で
まともに 取 り 上 げられないのが ず っ
と 不満 でした 。 そこで 当時 ほとんど
未開 の 分野 だった 、 庭園 の美学のよ
うなものを 考 えてみたいと 思 い 始 め
た 。 けれどもこの 分野 の 文献 はほと
んどなく 、 辛 うじて 見 つけた ドイツ
の ヒルシュフェルト という 美 学 者 の
庭園論 は 、 実 は イギリス の受け売り
とわかりました 。 そして 調 べて ゆ く
うち 、 「 ガ ー デニング 」の国イギリ
ス には 、 哲学的 な 庭園美学 とはいえ
ないまでも 、 その 萌芽 のような 文 献
が 多数 あることを 知 りました 。 そこ
で 偶々、 イギリス を 研究 するよう に
なったのです。
とはいえ 、 環境 や 偶然 のせいにせ
よ主任になった以上、私には次のもっ
と 根本的 な 「 なぜ 」 に答える義務が
生 じてきたように 思 います ―― 自 ら
にも 、 他者 にも 。 「なぜ今、 わざわ
ざ日本でイギリスを研究するのか」、
という 疑問 です 。 これだけ 学問 の国
際的 な バリア ー が 低くなり、 留学も
容易 になっている 今日、 イギ リ ス 自
体 を 研究 したいなら 、 イギリス に行
く 方 がはるかに 手 っ 取 り早いでしょ
う 。 我国 には 昔 から、 イギリスの暮
らしや文物を紹介する「イギリス物」
という ジャンル の 書物 があり 、 ブー
ム の 波 はあるものの 、 いまだ 一定の
人気 を 誇 っています 。 しかしその 手
の 薀蓄 を 得 たいなら 、 わざわざ日本
で 「研究」 する 必要 などなく 、 イギ
リス で 暮 らすだけで 十分、 否、 ずっ
と 効果的 ではないか 。 実際、 近年 の
イギリス 物 の 著者 は 研究者 とは限ら
ず 、主婦だったり、(元)OL だった
りします ( むろん 彼女 らを 蔑 みたい
のではありませんが)。
なるほどこの 「 なぜ 」 には、 様々
な 答 えが 思 いつきます 。 私の場合な
ら 、 イギリス 自体 は 目的 ではなく、
庭園美学 を 構築 する 手段 にすぎな い
のだから 、 日本 で 研究 することに も
一定 の 意味 があるとか (因 みに 白状
すると 、 私 は イギリス の 庭よりも、
日本の庭の方が圧倒的に好きです)。
また 一般 には 、 完全 に イギリスの大
学 に 留学 してしまうには 様々 な 障害
があるとか 。 イギリス 以外 のこ と を
十分学 びつつ イギリス を 学 ぶには 、
日本 にいるのが 効率的 だとか 。 母 国
語 での 思考 や 討論 の方が、 いっそう
深 く 批判的 だとか 。 イギリス に埋没
せず 、 日本 で 距離 を置き、 批判と比
較 の 視点 を 確保 しておく 方がよいと
か 。 しかも 日本 には 、 ユニークで重
要なイギリス研究の伝統がある等々。
しかし 少 なくとも 私 には、 どうし
ても 違和感 が 残 ってしまう 。 それは
もしかすると 、 イギリス を 含 む 西欧
に 対 する 、 近代日本 の コンプレック
ス への 違和感 かもしれません 。 或 い
はもっと 直裁 に 、 西洋中心主義 の イ
デオロギ ー への 違和感 という 方 がい
いでしょうか 。 さらに 私 の 場合、 イ
ギリス 科 の 長 く 栄 えある伝統の重み
に 耐 えかね 、 そこから 逃避 したいと
いう 心理 が 、 違和感 として 発現して
いるのかもしれません 。 た だ 、 や け
くそついでに 開 き 直 ってしまう と 、
この 「 なぜ 」 の 答 えを探し続けるこ
とは 、 イギリス 科 に 属する者の、 永
遠の課題ではないかとも思うのです。
この 疑問 を 、 制度的 な 問題として片
付 けることは 容易 でしょう 。 たと え
ば 私 の 場合、 日本 にいなければ、 イ
ギリス に 関 する 知識 の 落差という文
化資本 を 元手 に 、 糊口 を凌ぐのが難
しいとか 。 しかしそれでは 実 も ふ た
もない 。 日本 で イギリス を 研究する
という 、 相当 に 不条理 な 場に身を置
いてしまった 以上、 その 不条 理 を 糧
に 生 きる 。 これが 目下、 私の提出で
きる 唯一 もっともらしい 答 えで す 。
とはいえさらに 、 なぜそれ が も っ と
もらしいのかと 問 われれば 、 不 条 理
にも 主任 になってしまった 私 に は そ
んな 答 えがふさわしいとい う 、 擬 似
的な条理を持ち出す他はなく、結局、
最初 の 「 なぜ 」 へと 悪循環してしま
うのですが。
映画の「ユートピア」から
― ニュージーランド映画の現在 ―
中尾まさみ
去 る5月 12∼ 14 日、 東京六本木
で 日本 では 初 の 「 ニュージーランド
映画祭」 が 開催 された 。 ニュ ージー
ランド 映画 が 日本 で 上映 されるチャ
ンス は 、 まだまだ 限 られている。 比
較的話題 になったのは 、 「 ピア ノ ・
レッスン 」 と 「 クジラ の 島の少女」
くらいだろうか 。 だが 、 前者 は 厳密
には オ ー ストラリア 映画 だし、 後者
も ドイツ との 共同製作 で 、 先日立ち
寄 った レンタル ・ ビデオ ・ ショップ
では 、 「 ヨ ー ロッパ その他」と分類
されていた。
とは 言 っても 、 私たちは、 ニュー
ジ ー ランド の 映画人 たちには 予想以
上 に 出会 っている 。 例えば、 「ジュ
ラシック・パーク」のサム・ニール、
「グラディエーター」や「ビューティ
フル ・ マインド 」 の ラッセル・ クロ
ウ はいずれも ニュ ー ジ ー ランド出身
の 俳優 だし 、 「ロード・ オブ・ ザ・
リング 」「 キング ・ コング 」 のピー
タ ー ・ ジャクソン 監督 は、 今やもっ
とも 有名 な ニュ ー ジ ーランド人の一
人 だろう 。 映画界 の 才能が、 こうし
て ハリウッド へと 流出 すること は 、
自国 の 映画産業 の 貧困 を 物語ると嘆
くべきなのかも知れない。実際、ニュー
ジ ー ランド の 映画館 で 上映される映
画 の 多 くは ハリウッド 製だし、 そう
した 映画 を 見 て 育 った俳優や監督志
望 の 若者 が 、 彼地 を目指すのも不思
議 はない。俳優養成の学校には、
「 アメリカ 英語」 という 科目 が 設け
られている。
またここ 数年 の 、 ロケ 地としての
ニュ ー ジ ー ランド の人気は、 目を瞠
るものがある 。 しかも 驚 くべき こ と
は 、 それがありとあらゆる 場 所 に 姿
を 変 えるということだ 。 「 ロ ード・
オブ ・ ザ ・ リング 」の中つ国、 ナル
ニアや「キング・コング」のスカル・
アイランド のような ファン タ ジ ー の
舞台もさることながら、シルヴィア・
プラス と テッド ・ ヒュ ー ズの結婚生
活 を 描 いた 「 シルヴィア 」でダニー
ディンのオタゴ大学は 50 年代のハー
バ ー ド 大学 に変身し、 「ラスト・ サ
ムライ 」 に 至 っては 、 タラナキ山を
富士 にみたてて 明治 の 日本 を 出現さ
せている 。 ロケ に 行 けない 場所は、
ファンタジ ー 空間 ばかりでは な い 。
150 年前 の 日本 の風景を、 今の日本
で 実際 に 撮影 するのは 至難 の業だろ
う。本物より本物らしい風景。ニュー
ジ ー ランド は 、 いわば 映画の中にの
み 存在 する ユ ー トピア (=どこでも
ない土地)を提供しているのだ。
そのことは 、 実 は ニュ ージーラン
ド 映画人 の 海外流出 と 関係 がある。
ピ ー タ ー ・ ジャクソン 監督のみなら
ず 、 「 シルヴィア 」 の クリスティー
ン ・ ジェフス 監督 も ニュ ージーラン
ド 人 であり 、 「 ラスト・ サムライ」
の 製作 にも ニュ ー ジ ーランドを代表
する監督の一人、ヴィンセント・ウォー
ド が 入 っているのだ 。 海外 で映画の
作 り 手 となった ニュ ー ジーランド人
が 、 自国 の 風景 を 透明化してそれら
の 映画 に 忍 び 込 ませているというわ
けだ。
こうして 海外 を 経由 することで 力
をつけた ニュ ー ジ ー ランド 映画人が
ロケ を 積極的 に 自国 に招致し、 それ
に 伴 って 特撮技術 の 提供 などにも評
価 を 得 るようになって 、 ニュ ージー
ランド 映画界 はかつてない 勢 い を 手
にした 。 映画祭 の 開催 も、 そのひと
つの 表 れである 。 と 同時に、 彼らは
今、 ある 岐路 に 立 たされているよ う
に 見 える 。 つまり 、 自国をいかに描
いてゆくか 、 というその 方法 に つ い
てである。
映画祭の目玉商品「リバー・クイー
ン 」は、美しい自然を背景に、19 世
紀半 ばの マオリ と イギリス 軍 の抗争
を 壮大 に 描 いたが 、 そこには明らか
に ハリウッド 映画 の 文法 と、 海外の
市場 に 向 けた 分 かりやすさと 独自性
( エキゾティシズム と 言 っては 言 い
過 ぎか ) を 旨 として 再構築された自
国のイメージ(「本物」のニュージー
ランド ) の 発信 が 意図 されているよ
うに感じられた。
一方、 フィジ ー からの 移民三世 代
の 心情 を大家族の一日に集約した
「No. 2」や、繊細な心理描写で小さ
な 町 の 閉塞的 な 空気 を肌に感じさせ
た「父の私室で」は、等身大のニュー
ジーランドの姿を凝視しようとする、
この 国本来 の 映画 の 成熟 を示してい
たように 思 う。 もっとも「No.2」の
主役、フィジー人の家長のおばあちゃ
んをみごとに 演 じたのは 、 ハリ ウ ッ
ド からやってきた アフリカ 系 ア メ リ
カ 人 の ベテラン 女優 ルビー・ ディー
だったのだが。
イギリス科研究室移転のお知らせ
去る 3 月末、イギリス科研究室は、
従来 の 8 号館 317 号室から、 9 号館
の 320 & 323 号室(ふた部屋)に、
一時的に移転致しました。これは、8
号館の改修工事に伴う仮住まいです。
来年 の 3 月 には 、 再び 8 号館に戻る
予定となっております。
11 月のホームカミングデイご参加
の 折 には 是非、 この 今年度限定 のイ
ギリス 科研究室(仮) にお 越 し く だ
さい。
訃報
イギリス科 15 期生 (1967 年 3 月
卒業) の 岩崎慧蔵 さん が 、 2005 年
1月6日、 脳髄膜炎 により 逝 去 さ れ
ました。
戒 名 :賢光院慧月良智居士
菩提寺:栃木県藤岡町 曹洞宗 繁桂寺
(はんけいじ Tel / Fax 0282-62-2139)
お 寺 へのお 墓参 りは 自由にできま
すが 、 ご 遺族 への 弔問 や電話などは
お 控 えください ( ご 遺族 のご意思で
す)。
イギリス科遠足!!
6 月 25 日(日)、イギリス科の皆
で遠足に行きましょう!!
今回 のイギリス科分科旅行は、 24
∼ 25 日の一泊で、三浦海岸で行われ
ますが 、その流れで、25 日の日曜日
に 、 城 ケ 島∼油壷 の 小遠足を計画し
ております 。 ご 参加 の 方は、 お手数
です が [email protected]
までご 一報下 さい 。 詳細 をご 連絡致
します。
2006 年度イギリス科カレンダー
5 月 進学ガイダンス
6 月 第 1 回卒論中間発表会(24 日)
分科旅行(24∼25 日)
卒論題目提出(30 日)
10 月 進学ガイダンス
博論題目届提出(12-20 日)*
11 月 ホームカミングデイ
第 2 回卒論中間発表会
内定生歓迎会
修論題目届提出(8-16 日)
博論提出(17-30 日)*
卒論最終題目提出(30 日)
12 月 修論提出(13-21 日)
1 月 卒論提出(16 日 15 時締切)
1 月末∼2 月初
卒論最終発表会
3 月 卒業式・卒業パーティ
*在学 3 年以内の提出者にのみ適用。
それ以外は随時受付。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
923 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content