close

Enter

Log in using OpenID

高感度 Mouse/Rat Total Insulin

embedDownload
⾼感度 Total Insulin Assay Kit
マウス・ラット空腹時 0.1ng/mL未満 測定可能
- 研究用試薬 -
2型糖尿病の治療薬開発の非臨床試験において、げっ歯類の血漿インスリンの測定が重要となっています。
特にインスリン抵抗性の指標であるHOMA-Rの算出には 空腹時インスリン(F-IRI)の測定が必須ですが、商用化
されたこれまでの試薬では、正常ラット・マウスで低濃度の空腹時インスリン(F-IRI)を測定する事は困難でした。
本試薬は新たに改変技術を駆使して取得された2種の特異モノクローナル抗体13G4、26B2 (文献1)を用いるこ
とで、従来の市販品比 20~10倍 高感度となり、正常ラット・マウスの空腹時<0.1ng/mLでも測定が可能となり
ました。
製品
コード
製品名
容量
価格
(税別)
測定範囲
(pg/mL)
検出
対象
検体量
血清
測定対象
EDTA血漿
27705
Mouse/Rat Total Insulin (high
sensitivity) Assay Kit - IBL
96 well
¥98,000
1.25 〜 80
M/R
2μL
〇
○
販売
準備中
Mouse/Rat Total Insulin (High
sensitivity) CLEIA Kit - IBL
96 well
未定
1.5 〜 30,000
M/R
5μL
〇
○
M: マウス R: ラット
マウス血漿中インスリン測定
■ IBL New Kit
□ B社
▧
C社
固相: RT 60 min
1st: 2~8℃ overnight
⇓
(ELISA)
2nd: 2~8℃ 60 min
発色: HRP/TMB 30 min
N.D..
N.D..
N.D..
N.D..
N.D..
N.D..
(CLEIA)
2nd: RT 2~3 h
発光: ALP/CDP-Star 15~20min
左グラフ: 化学発光(CLEIA)系の比較結果を引用
出典 Anal Biochem. 2015 Mar 15;473:72-9
【参考文献】
1: Imai S, Naito S, Takahashi T, Yamauchi A, Nakamura E, Sato M, Mitsuda Y, Takagi H, Numata Y, Fujii I, Yamane S. Development of an
ultrasensitive immunoassay using affinity maturated antibodies for the measurement of rodent insulin. Anal Biochem. 2015 Mar 15;473:72-9.
取扱い販売代理店
株式会社免疫生物研究所
〒375-0005 群馬県藤岡市中1091-1 TEL: 0274-50-8666 Email: [email protected] URL: www.ibl-japan.co.jp
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
132 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content