close

Enter

Log in using OpenID

(平成23年5月13日測定) (PDF:292KB)

embedDownload
緊急時環境放射線モニタリング結果(5月13日:第1班)
測定値単位(μSv/h)
5月13日
福島 → 川俣 → 飯舘 → 南相馬
地点
測定時間 測定値(車外1m) 測定値(車外1cm)
南相馬 → 飯舘 → 川俣 → 福島
備考
a1 福島(福島支所)
9:16
0.44
0.68
曇り
a2 福島(国114、南向台ミニストップ)
9:40
1.9
2.3
曇り
a3 川俣(道の駅)
10:00
1.2
1.5
曇り
a4 川俣(川俣町役場)
10:10
0.74
1.1
曇り
a5 川俣(川俣中央公園)
10:35
1.2
1.5
a6 川俣・飯舘(県12、飯舘村境界)
10:46
1.4
a7 飯舘(村民の森内)
10:56
a8 飯舘(飯舘村役場)
測定時間 測定値(車外1m) 測定値(車外1cm)
備考
14:37
1.7
2.1
晴
曇り
陸土・葉菜
大気浮遊じん採取
14:12
1.3
1.6
晴
1.5
曇り
14:00
1.5
1.4
晴
7.5
9.3
曇り
陸土・葉菜・池水
11:21
3.7
5.4
晴
大気浮遊じん採取
上水試料受け取り
土壌採取1試料(南側)
13:44
3.4
5.0
晴
a9 飯舘(県12、飯舘公民館前)
11:36
5.9
7.4
晴
13:37
5.9
7.2
晴
a10 飯舘(石ポロ坂トンネル西側)
11:45
4.3
5.3
晴
13:25
4.2
5.0
晴
a11 南相馬(栢ノ木橋)
12:03
1.6
1.9
晴
a12 南相馬(県12、市役所前交差点)
12:14
0.79
1.2
晴
a13 南相馬(南相馬合庁)
12:38
0.50
0.78
晴
陸土・葉菜
大気浮遊じん採取
緊急時環境放射線モニタリング結果(5月13日:第2班)
測定値単位(μSv/h)
5月13日
地点
福島 → 小野 → いわき
いわき → 小野 → 田村 → 福島
測定時間
測定値(車外1m)
測定値(車外1cm)
備考
b2 川俣(国349、口太山トンネル前)
16:10
0.85
1.1
晴
b3 二本松(道の駅)
15:58
1.2
1.8
晴
b4 田村(国349+県50T字路)
15:40
0.44
0.65
晴
b5 田村(田村市役所)
15:22
0.20
0.24
晴
b10 田村市(国349 永泉寺の桜)
14:57
0.26
0.30
晴
14:36
0.16
0.20
曇り
b1 福島(福島支所)
測定時間
測定値(車外1m)
測定値(車外1cm)
備考
9:07
0.35
0.71
曇り
b6 松川P(東北道)
9:38
0.71
0.89
曇り
b7 安達太良SA(東北道)
9:56
0.78
1.0
曇り
b8 小野(小野町役場)
10:44
0.17
0.19
曇り
陸土・葉菜
大気浮遊じん採取
b11 いわき(国道49号 長沢峠ドライブイン)
11:32
0.29
0.38
曇り
b9 いわき(いわき合同庁舎)
12:27
0.20
0.31
曇り
陸土・葉菜
大気浮遊じん採取
上水受取
緊急時環境放射線モニタリング結果(5月13日:第3班)
測定値単位(μSv/h)
5月13日
地点
測定時間
福島 → 二本松 → 田村 → 山木屋 → 月舘
測定値(車外1m)
測定値(車外1cm)
天気
備考
c1 福島(福島支所)
9:15
0.62
1.0
曇り
c3 二本松(二本松市役所)
9:57
1.7
3.2
曇り
土・葉菜・大気浮遊じん
c4 大玉村(大玉村役場)
10:40
0.75
0.93
曇り
土・葉菜・大気浮遊じん
c5 田村(田村市役所)
11:42
0.23
0.25
曇り
土・葉菜・大気浮遊じん
c6 田村(国349+県50T字路)
12:08
0.50
0.64
曇り
c7 川俣(山木屋郵便局)
13:14
2.8
3.7
晴
c8 川俣(小島公民館)
13:51
1.1
1.2
晴
c9 伊達(月舘支所)
14:03
0.99
1.5
晴
本宮市(本宮市役所)
水・土・葉菜・大気浮遊じん
上水(受取)・土・葉菜・
大気浮遊じん
緊急時モニタリング地点地図(第1班)
a1
a2
a7
a4
a3
a5
a6
a9
a8
a10
a11
a12 a13
緊急時モニタリング地点地図(第2班)
b1
b6
b2
b3
b7
b4
b5
b10
b8
b11
b9
緊急時モニタリング地点地図(第3班)
c1
c9
c8
c2
c7
c3
c4
c6
c5
注:c2についてはデータ測定を行っていない。
放射線の量
(マイクロシーベルト)
引き上げ後の上限
[250,000マイクロシーベルト/年]
250,000
100,000
緊急作業従事の場合に認められている上限
[100,000マイクロシーベルト/年]
放射線業務従事者及び防災に係る警察・消防
従事者に認められている上限
[50,000マイクロシーベルト/年]
50,000
[10,000マイクロシーベルト/年]
[6,900マイクロシーベルト/回]
10,000
[2,400マイクロシーベルト/年]
1,000
[1,000マイクロシーベルト/年]
※いずれも単位はmSv
[600マイクロシーベルト/回]
[400マイクロシーベルト/年]
100
[50マイクロシーベルト/回]
[200マイクロシーベルト/往復]
[50マイクロシーベルト/年]
[22マイクロシーベルト/年]
[10マイクロシーベルト/年]
10
※ Sv 【シーベルト】=放射線の種類による生物効果の定数(※) × Gy 【グレイ】
※ X線、γ線では 1
資源エネルギー庁「原子力2002」をもとに文部科学省において作成
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
292 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content