close

Enter

Log in using OpenID

赤ちゃん危険表

embedDownload
新生児期~3ヶ月
●子供の死亡原因の第1位は「不慮の事故」。
幼児の死亡原因の第1位が不慮の事故です。
毎年約1,000人の4歳未満の子供が自己のため
に死亡しています。また、死亡事故にいたらな
いまでも、生命に危険が生ずるおそれがある死
亡事故1件に対して1,500倍以上発生していると
言われています。
赤ちゃんは、自分のまわりのもの
すべてに興味を示しますが、危険
を予知することはできません。
お母さんをはじめ、家族全員の気
配りと事故防止の認識を深めるこ
とが必要です。
周囲の不注意によるもの
3ヶ月~6ヶ月
6ヶ月~12ヶ月
1歳以降
赤ちゃんの動きも活発になり、突然
寝返りをうったり、手にふれるもの
をつかみ、何でも口にいれます。赤
ちゃんの動きにびっくりさせられる
こともあるでしょう。
この年齢になると、子供はハイハイ
してすべてのものに興味を持ち、さ
わり、口に入れるようになります。
この年齢は子どもがよく動き、最も
注意が必要な時期です。
1歳以上になると、さらに行動は活
発になり、行動範囲も広がり、、転
倒、やけど、溺水、交通事故にあう
危険性が高くなります。危険と安全
について十分に教えてあげてくださ
い。
転落
転落・転倒
●起こりやすい事故をしっておく。
事故の内容は年齢によって特徴がありますが、
親の注意や子供に対する安全のしつけによっ
て防げるものが大部分なのです。そして、発育
過程の中で、いつ頃どんな事故が起こりやすい
かを知っておくことは、事故防止の上で大切な
ことです。右の表は月齢・年齢別に起こりやす
い事故を分類したものです。この表を参考にし
て、周りの人が子供たちを事故から守ってあげ
ましょう。
や
け
ど
誤飲・中毒・窒息
お ぼ れ る
車中のけが
交通事故
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
255 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content