close

Enter

Log in using OpenID

German Reading入門編

embedDownload
German Reading 入門編
科目責任者 寺 田 雄 介
学年・学期 1学年・1学期
Ⅰ.前 文
本学の「ドイツ語」(語学選択)の授業は,コミュニケーション能力の向上を主眼に据えたインタラクティブな教授
法を採用しています。一方の「German Reading」(人文自然選択)では,文構造や初歩的な文法に着目しながら,平易
なドイツ語を「読む」行為に焦点を当てます。
講読テクストには,Der Mond war Zeugeの前半部分を用います。私立探偵の Patrick Reich が,博物館で起こっ
た事件を調査して解決へと導く推理小説です。ドイツ語学習者のために編纂されたテクストで,GER(外国語学習,教
授,評価のためのヨーロッパ共通参照枠)の A2∼B1 レベルに相当します。テクストを吹き込んだ CD も付属していま
すので,発音にまだ自信の持てない学生は,文字よりも先に音からドイツ語に触れるように心がけて欲しいと思います。
この「入門編」ではドイツ語の学習歴は問いませんから,「ドイツ語」を選択していない学生も履修は可能です。も
ちろん,
「ドイツ語」の理解をより深める目的で履修していただいても構いません。一緒にゆっくりと丁寧にトレーニン
グしていきましょう。
Ⅱ.担当教員
寺 田 雄 介(語学・人文教育部門)
Ⅲ.一般学習目標
「読む」行為を通してドイツ語の音声・語彙・文法に慣れ,ドイツ語の文章を正確に理解できるようにするのが,こ
の授業の目標です。
Ⅳ.行動目標
1.ドイツ語を正確に発音できるようになる。
2.平易なドイツ語の文章を,辞書を用いながらグループで読み進めることができる。
Ⅴ.講義の学習内容
回数
月
日
曜日
時限
講
義
テ
1
4 13
水
4
オリエンテーション,発音トレーニング
2
20
水
4
Vorwort, Kapitel 1-1
3
5 11
水
4
Kapitel 1-2
4
18
水
3
Kapitel 2
5
25
水
3
Kapitel 3-1
1
水
3
Kapitel 3-2
7
8
水
4
Kapitel 4
8
15
水
4
Kapitel 5-1
ー
マ
担 当 者
寺 田 雄 介
6
6
−121−
一
学
年
回数
月
日
曜日
時限
講
9
6 22
水
4
Kapitel 5-2
10
22
水
5
Kapitel 6-1
11
29
水
4
Kapitel 6-2,まとめ
義
テ
ー
マ
担 当 者
寺
田
雄
介
Ⅵ.評価基準
授業への積極的な参加すなわち平常点(50%)と提出物のクオリティー(50%)を鑑みて,総合的に評価します。
Ⅶ.教科書・参考図書・AV資料
教科書:コピーしたものを配布します。Der Mond war Zeuge ─ Ein Fall
Claire
Patrick Reich, Volker Borbein und Marie-
Cornelsen Verlag, Berlin, 2009(ISBN:978-3-589-01503-0)
辞書:担当教員が貸し出します。
Ⅷ.質問への対応方法
授業中に積極的に質問してください。あるいは研究室(基礎棟3階,語学・人文教育部門室)まで来ていただいても
結構です。
−122−
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
358 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content