close

Enter

Log in using OpenID

金属の写真

embedDownload
見本NO.6
異物鑑別検査の事例ご紹介
6.金属の事例
ご提出された異物
写真
チーズ中の大きさ2mm程度の緑黒変色
検体写真
検査内容
結果
顕鏡・形態観察
変色部と正常部の一部を取り出し生物顕微鏡下で観察したところ、変色部か
らのみ黒色の破片状物質が認められた。破片状物質は光を透過しないもので
あった事から、金属粉もしくは煤である可能性が推察された。
溶解試験
全て硝酸(酸性)に溶解した(身近な金属の多くは酸に溶解するが、煤は不
溶)。
機器分析
エネルギー分散型蛍光X線分析装置(EDX)による元素の定性分析を行った
ところ、検出された主な金属元素はCu(銅)であった。
Cps/µA
Cu
分析対象
分析結果
強度(cps/µA)
Ca
51.399%
0.067
Cu
28.395%
0.462
Ca
※分析結果における元素のパーセントはおお
よその含有量であり、正確な定量結果ではあ
りません。
エネルギー分散型蛍光X線分析装置(EDX)による元素定性分析
考察
検体は銅粉が混ざった事による変色であると判断された。
なお、金属が食品などに付着すると変色する事があり、銅の場合は黒色、茶色、青色、緑色などを呈する。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
34 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content