close

Enter

Log in using OpenID

焼き鮭に混入していた虫

embedDownload
見本NO.5
異物鑑別検査の事例ご紹介
5.虫の混入事例
ご提出された異物
写真
焼き鮭に混入していた虫
検体写真
検査内容
結果
顕鏡・形態観察
検体を細かくほぐして目視および実体顕微鏡下で観察したところ、1匹の線虫
類(長さ約2cm)が発見された。
生物顕微鏡下で観察したところ、この線虫類の体内には食道胃部が見られた
が、腸盲嚢や胃盲嚢は確認されなかった。また、頭端には穿孔歯が、尾端に
は少棘が見られた。
食道胃部
混入時
摘出後検体
検体拡大写真
顕鏡・形態観察
考察
以上の結果から、検体はアニサキス・シンプレックス(第3期幼虫)であると考えられた。
アニサキス・シンプレックスの成虫はクジラ類の胃に寄生する線虫である。第3期幼虫はアジやサバ、
タラ、サケなど多くの種類の海産魚やイカ類の内臓・筋肉に潜んでおり、終宿主のクジラ類に食べられ
るのを待っている。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
39 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content