close

Enter

Log in using OpenID

海外安全対策情報 - 在ポルトガル日本国大使館

embedDownload
海外安全対策情報(ポルトガル・2016 年 10 月)
1 治安情勢等及び邦人被害の状況
(1)治安情勢等
ア 一般犯罪情勢
当国における 2015 年の犯罪認知総数は 356,032 件で,2014 年(343,768 件)
よりも 1.3%増加した。他方,凶悪犯罪認知件数は 18,964 件で,2014 年(19,088
件)よりも 0.6%程度減少した。
近年,犯罪件数は減少傾向であったところ,この度認知件数が増加に転じた
理由として,警察による街頭警戒及び警戒検挙活動の強化のほか,法改正に伴
う動物虐待行為等新たな犯罪の事件化,並びに放火(森林火災)の増加等が挙
げられている。
イ リスボン周辺のスリ犯の主な傾向
犯人グループは乗用車を利用し,観光客が多数集まる観光スポットを移動す
るとともに,盗んだものをすぐに同車両運転手に渡し,次の犯行の準備をして
いる。スリ犯は
フィゲイラ広場,ロシオ広場,路面電車
付近にて犯行に及んでいるほか
リベルダーデ通り
にて高級ブランド品を大量に買い込んだ外国人観光客を主なターゲットとして
いる。
ウ 観光客を狙った犯罪等手口
最近報告されている手口として,レストランで飲食する男女に近づき,巧み
な話術でバラを購入するよう促し,商品受け取った後,高額を請求するもの。
また写真を撮ってあげると近づき,撮影した後に金品を要求するもの(なかに
は,支払いが終了するまで,カメラやスマートフォンを返却しないもの)等が
報告されている。
(2)最近の邦人関連被害例
7~9月の間,大使館に届けられた邦人の犯罪被害件数は 17 件(4~6月の
間の届出数は 11 件)。
依然として,市電(28 番及び 15 番)を利用する観光客を狙ったスリ被害が多
発しており,警察官による巡回が継続されている。
ア
イ
犯罪手口
すり
13 件
置き引き
1件
ひったくり
1件
手口不明
2件
エ
犯行時間帯
ウ
発生曜日
0~6時
0件
月曜日
2件
6~9時
1件
火曜日
1件
9~12 時
3件
水曜日
2件
12~15 時
5件
木曜日
3件
15~18 時
1件
金曜日
0件
18~21 時
4件
土曜日
5件
21~24 時
2件
日曜日
4件
不明
1件
発生場所
場所
件数
リベルダーデ通り
2件
リスボン
バイシャ・シアード・アルファマ地区
3件
ベレン地区
1件
市電(28 番,15 番)
3件
その他交通機関内
1件
ホテル内
0件
上記以外
1件
シントラ・カスカカイス
3件
ポルト
1件
不明
2件
オ
○
被害例・対策
リスボン市内繁華街を観光していたところ,背負っていたリュックサック
が開いていることに気付き,確認したところ中から現金,パスポート,財布
等が盗まれていた。
⇒貴重品を入れたバッグ等は必ず目の届く所(正面)に所持して下さい。
○ リスボン市内市電 28 番(又は市電 15 番)にバッグを提げて乗車した。降
車後,バッグが開いていることに気付き,確認したところ,現金,パスポー
トが盗まれていた。
⇒犯人グループは混雑する市電内(特に乗降時)にて犯行の機会を狙って
います。バッグはしっかり正面に持ってください。特に乗降時の押し合うタ
イミングが危険です。
○ レストランでバッグから目を離した隙に、バッグごと盗まれていた。
⇒所持品は必ず自分の目が届く範囲で管理をして下さい。
2
報道による凶悪犯罪等の事例(日付は 2016 年)
・武器(拳銃・刃物)を所携のうえ,脅迫する手口が目立つ。
・昼間においても,銀行及び ATM を利用する際は十分な警戒を要する。
【リスボン地方】
○ 7月7日4時ころ,カスカイス市内において,4人組が ATM にガスを注入
して爆破し,現金を奪って逃走した。
○ 7月 19 日 11 時半ころ,リスボン市内において男3名が観光客夫婦に暴行
を加え,金品を奪って逃走した。
○ 8月までの数ヶ月間,CP カスカイス線の駅構内や電車内等において常習的
に乗客を脅し,現金を奪っていた 17 歳~21 歳のグループ4名が8月9日,逮捕
された。
○ 9月5日午後,ロウレス市内において,乗用車に乗った2人組が通行人に
拳銃を突きつけ,現金ほか所持品を奪った。
【北部】
○ 7月 12 日夜間,ヴィラ・ド・コンデ市内ガソリンスタンドに散弾銃を持っ
た3人組が押し入り,同店従業員を脅迫のうえ,現金を奪って逃走した。
○ 7月 23 日午後,ファフェ市内のスーパーに男が押し入り,ATM に現金を補
充していた警備員を襲い,現金を奪って逃走した。
【中部】
○ 8月 22 日未明,コインブラ市内の公園において,刃物を所持した2人組が
「Pokemon Go」で遊んでいた男性2名を脅し,携帯電話及び財布を奪った。
○ 8月 30 日午前6時ころ,レイリア市内において,3人組が ATM を爆破した
うえ,現金を奪って逃走した。
3
テロ・爆弾事件発生状況
当該期間中,ポルトガルにおけるテロ関連動向は把握されなかった。
なお,爆発物容疑の不審な物件(主にリュックサック)として警察に通報さ
れ,事件性なし(爆発物にあらず)と判明したケースは複数件あった。
4
誘拐事件発生状況
特筆すべき誘拐事案は把握されなかった。
5
対日感情
良好。
6
日本企業の安全に関する諸問題
当該期間中,外国籍(日本資本を含む)企業が,脅迫や何らかの事件に巻き
込まれたという事案の発生は報告されていない。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
97 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content