close

Enter

Log in using OpenID

情報社会を支える NECフィールディングの事業内容とは

embedDownload
NECフィールディング株式会社
個人投資家向け説明資料
情報社会を支える
NECフィールディングの事業内容とは
2010年6月28日
代表取締役 執行役員社長
中西 清司
目 次
1.プロフィール
2.事業の内容
3.当社の強み・特長
4.業績推移
5.中期的業績目標
6.今期の業績目標
Page 2
© NEC Fielding, Ltd. 2010
1.会社概要 ~プロフィール~
商 号
NECフィールディング株式会社
事業内容
ITサポートサービス
代表者
代表取締役 執行役員社長 中西 清司
資本金
96.7億円
売上高
連結:1,909億円/単体:1,879億円
従業員数
連結:6,362名/単体:5,751名
営業・サービス
拠点数
国内:連結:439拠点/単体:409拠点
本社所在地
東京都港区三田一丁目4番28号
設 立
1957年3月30日
上 場
2002年9月18日 東証一部上場(証券コード:2322)
海外:7拠点
※数値は2010年3月期
Page 3
© NEC Fielding, Ltd. 2010
1.事業内容 ~企業理念~
私たちはフィールディング活動をとおして
お客さまの活躍と発展にお応えし
安心と歓びをともにする
豊かな社会の実現に貢献します
フィールディング活動とは、
情報関連領域において、お客さまの活躍現場で、
お客さまIT資産の快適運用と最適活用を実現すると共に、
お客さまのニーズを先取りして
様々なサービスを創出し、提供することです。
Page 4
© NEC Fielding, Ltd. 2010
2.事業内容 ~事業領域~
国内最大級のITサポートサービス企業
ITシステムライフサイクルの中で導入以降の
アフターサポート領域で事業を展開
アプリ
ケーション
誕 生
設計
導入
成 長
構築
アップ
グレード
活用
予 防
監視
問合せ
OS
NEC
NECグループ会社
販売店
ソフトウェアベンダー
ハードウェアベンダー
復旧
改善
サプライサービス
運用サポート
サービス
ハードウエア
保守サービス
ネットワーク
Page 5
予後
システム展開
サービス
ミドルウエア
ITシステム
ライフ
サイクル
治療
企 画
© NEC Fielding, Ltd. 2010
設計・開発
導 入
運 用
保 守
2.事業内容 ~イメージ~
様々なサービスを通じて、皆様の便利で快適な生活を支えています
ネットワーク構築や保守を通じ
快適なインターネット利用環境
のバックアップ
企業や自治体の
メインコンピュータ
ATM(現金自動預け払い機)の保守や
銀行のホストコンピュータの保守
スーパーや飲食店での会計を
スムーズにするPOSレジの
保守や構築
Page 6
駅の自動改札のデータを収集する
ネットワークの構築
メンテナンスサービス
© NEC Fielding, Ltd. 2010
・故障させない
・迅速な復旧
ソリューションサービス
市役所のシステム構築や
ネットワーク構築
・システムの構築
・セキュリティでデータを保護
・お客さまに代わってシステムを管理
2.事業内容 ~ 保守サービスとは?~
ITネットワーク機器やITシステムに関する保守・修理サービスを提供する事業。
監視・予知技術を駆使してITシステムのトラブルを未然に防止し、システムの
安定稼動をバックアップ。
【保守サービス提供フォーメーション】
トラブルが発生しないよう
定期的に予防保守を行い
安定稼動を支える
万一トラブルが発生した
場合は、速やかに障害
対応を行う
障害受付
電話・FAX・メール
障害発生!!
②トラブル・お問い合わせ
カスタマエンジニア
①定期保守
⑦障害対応
カスタマエンジニア
お客さま
自動通報
Page 7
© NEC Fielding, Ltd. 2010
CTI
ALIVE
⑤出動指示
電話
※1
顧客DB
技術サポート
携帯電話
i-mode
携帯端末で
技術情報取得
※1 CTI : Computer Telephony Integration
※2 ALIVE : 自動通報/遠隔診断システム
カスタマサポートセンター
※2
事例DB
③出動指示・部品指示
保守サービス拠点
作業履歴DB
④部品手配指示
ロジスティック部門
⑥部品配送
部品情報DB
2.事業内容 ~システム展開サービスとは?~
お客さまのITシステムのセットアップ及び移設、増設、撤去作業
および、ネットワークシステムの構築および、電源、空調、耐震設備、
セキュリティシステム等の設置サービスを提供する事業
【事例紹介】
独立行政法人「海洋研究開発機構」様のスーパーコンピュータ
「地球シミュレータ」において、ネットワーク設計および設置を担当(2009年3月)
幅50m、奥行65mの
スペースに160台もの
スーパーコンピュータを
効率的に設置
先代機では総本数8万本、総延長
2,500km(東京~グアム間に相当)
にもなるケーブルの工事も実施
Page 8
© NEC Fielding, Ltd. 2010
総本数1万本、総延長180km
におよぶケーブルの敷設設計、
施工を担当
2.事業内容 ~サプライサービスとは?~
ITシステムに関連した消耗品類や備品およびIT機器等(コンピュータ用品、
OA機器、ソフトウェア)を販売する事業
法人向けインターネット
ショッピングサイト
「い~るでぃんぐ」
ITシステムを利用する上で
必要となる各種消耗品等
を販売
Page 9
© NEC Fielding, Ltd. 2010
2.事業内容 ~運用サポートサービスとは?~
ITシステム導入のサポート、コンピュータの運用・管理の代行等、エンドユーザに対し、
ITシステムの導入から運用まで幅広いサポートサービスの提供を行う事業
【サービス提供イメージ】
お客さま先での
運用管理
お客さま機器
問い合わせ対応
統合運用サポートセンター
単なる運用管理だけ
でなく、保守まで含めた
ワンストップ対応が可能
受信システム
リモート運用通報/ログ
メインフレーム
スケジュール管理
サポートエンジニア
リモート操作/復旧支援
受付システム
お客さま
クライアント
通報履歴
DB
常駐要員
作業履歴
DB
利用者管理
ポータル
サーバ
セキュリティ管理
ネットワーク機器
問い合わせ/回答 サイトWeb
エスカレーション
/トレース
運用管理
監視
プリンタ
ファシリティetc.
Page 10
Page 10
© NEC Fielding, Ltd. 2010
システム保守支援
オンサイト作業・復旧支援
2.事業内容 ~事業セグメント~
プロアクティブ・
メンテナンス事業
フィールディング・
ソリューション事業
ITシステムの快適運用・最適活
用の実現に向けて、
お客さまの様々なニーズを
解決するソリューションを提供。
監視・予知技術を駆使して
ITシステムのトラブルを未然に防止。
万一、トラブルが発生した場合には速
やかに復旧するサービスを提供。
979
億円
(51.3%)
保守サービス
(2010年3月期末実績)
円グラフ( )内は構成比率
※営業利益は、共通費控除前の数値であり、
全社の営業利益は102億円となります。
Page 11
© NEC Fielding, Ltd. 2010
158億円
(86%)
26億円
(14%)
営業利益
売上高
※
930
億円
(48.7%)
システム展開
サービス
サプライサービス
運用サポート
サービス
3.当社の強み ~展開力~
国内409拠点のサービス網(海外7拠点)
4,300人のエンジニアがサービスを提供
サービス対象ユーザ:28.8万社
官公庁・自治体の
コンピュータ
大学・研究機関等の
スーパーコンピュータ中国地区
27拠点
コンビニのレジ
企業で使用するIT機器
北海道地区
17拠点
東北地区
32拠点 金融機関のATM
関西地区
66拠点
関東地区
145拠点
四国地区
25拠点
九州地区
38拠点
Page 12
© NEC Fielding, Ltd. 2010
中部地区
59拠点
(注)
拠点数・人員数は
2010年3月末時点
単体のデータです。
3.当社の強み ~技術力~
お客さまのニーズに対応できる資格認定者の育成・拡大
保有資格数の推移
26,084資格
年間教育日数19.3日/カスタマエンジニア1人当たり
19,520
0.9%
10.9%
25,016
24,745
22,151
5.3%
7.7%
2.9%
15.2%
13.3%
25,638 25,719
25,735 25,690
9.7%
11.4%
13.0%
13.0%
13.2%
13.5%
12.2%
ITベンダ系資格数の拡大
13.2%
13.4%
セキュリティ関連、Linux、他
13.2%
13.0%
オラクル,HP,SUN,Cisco関連
Microsoft認定
25.1%
26.0%
27.6%
26.5%
25.7%
25.6%
8.8%
8.8%
8.9%
25.7%
26.1%
9.2%
9.7%
25.4%
8.8%
8.3%
9.3%
8.7%
年度
Page 13
2001
50.9%
2002
45.2%
2003
© NEC Fielding, Ltd. 2010
9.8%
情報処理資格等
工事担任者資格等
53.6%
一人当たりの資格数
1資格
10人に6人が
6資格以上を保有!
42.7%
42.0%
2004 2005
40.9%
2006
39.0%
2007
38.7%
2008
37.7%
2009
10資格以上
42.4%
2~5資格
26.8%
6~9資格
21.0%
4.業績推移 ~経年推移~
売上高と経常利益・経常利益率の推移
(単位:億円)
2,308
2,126
2,141
減収の中でも
着実に利益率を改善
2,111
1,909
2,000
4.8%
4.5%
4.4%
5.3%
150
4.0%
1,500
103
1,000
85
94
101
101
100
50
500
(赤:経常利益率)
(青:経常利益)
(黄:売上高)
2005
Page 14
© NEC Fielding, Ltd. 2010
2006
2007
2008
2009
4.業績推移 ~配当金額・性向~
直近の配当金額と配当性向
安定した配当金額
高い配当性向
40円
40円
30円
20円
27.7%
30円
43.2%
40円
40円
45%
44.8%
41.4%
35%
36.8%
(黄:配当金額)
(赤:配当性向)
2005
2006
2007
2008
2009
約13万円 (単元株数:100株、3/31株価:1,266円で計算)
※年平均想定利回り 3.16%(株価:1,266円の場合)
※購入価格の目安
東証一部 有配会社 単純平均利回り:1.97%(2010年5月現在)
Page 15
© NEC Fielding, Ltd. 2010
4.業績推移 ~健全な財務体質~
直近のバランスシート
高い自己資本比率
流動比率は200%以上を維持
フリーキャッシュフローは33億円
※数値は億単位で四捨五入
金額単位:億円
2010年3月期
資産の部
・現金及び
現金同等物 :242億
・受取手形及び
売掛金
:425億
・たな卸資産
:240億
・有形固定資産 : 48億
・無形固定資産 : 76億
・投資その他資産 :200億
~
Page 16
© NEC Fielding, Ltd. 2010
594億
有利子負債:ゼロ
・支払手形及び
買掛金
:205億
~
1,320億
負債の部
自己資本比率
55.0%
純資産の部
726億
流動比率
236.5%
4.業績推移 ~2010年3月期実績~
※数値は億単位で四捨五入
金額単位: 億円
連
結
2010年3月期
売上高比
実 績
売上高
1,909
プロアクティブ・メンテナンス
フィールディング・ソリューション
営業利益
経常利益
当期純利益
一株当たり当期純利益
フリーキャッシュフロー
ROE(自己資本利益率)
Page 17
© NEC Fielding, Ltd. 2010
(%)
(円)
979
930
102
101
49
89.34
+33
6.8
公表差
前期比
増 減
伸び率
-
△202
△9.6%
+9
51.3%
△42
△4.1%
△17
48.7%
△160
△14.7%
+26
5.3%
△3
△2.8%
+2
5.3%
+0
+0.3%
+1
2.6%
△4
△7.6%
△5
-
△7.39
△7.6%
+1.38
-
△29
-
-
-
△0.9
-
△0.8
5.中期的業績目標 ~事業環境認識~
当社の注力領域である運用サポート領域では、非常に高い市場
成長が見込まれている
国内ITサポートサービス市場規模の低迷が予測される中、
「仮想化」・「クラウドコンピューティング」 市場は急速な成長が見込まれている
クラウド導入・利用に関する顧客ニーズとしては
「コスト削減」、「運用管理負荷軽減」、「事業環境変化への迅速な対応」が挙げられる
出所:日経コンピュータ
クラウドコンピューティング
仮想化 国内サーバ出荷台数予測
▌仮想化SVが2桁成長の予測
(%)
(万台)
70
23.2
23.2
23.2
25
60
仮想化サーバ
比率
(億円)
8000
クラウド市場規模予測
▌2012年には
09年度比で約3倍成長の予測
7,438
7000
20
6000
50
15
40
15
12.3
12.3
12.3
30
43.6
47.6
その他サーバ
5000
4000
45
10
2000
5
10
14.4
6.1
0
2009
8
0
2010
2011
2012
2013
出所:IDCジャパンリリース資料をもとに作成
Page 18
© NEC Fielding, Ltd. 2010
仮想化サーバ
クラウド
サービス
3,027
1,407
1,256
601
9
1000
3,756
2,100
3000
20
4,854
4,106
1,397
1,588
1,801
2,006
2009
2010
2011
2012
2,202
2,385
2,585
アプリケーション
サービス
(SaaS/ASP含)
0
2013
2014
2015
出所:矢野経済研究所リリース資料をもとに作成
5.中期的業績目標 ~事業運営モデルと戦略~
運用領域への注力を起点に、ストック型ビジネスの拡大と
フロー型ビジネスとのシナジーにより売上拡大を図る
平均伸長率
2009→2012
ストック型
ビジネス
運 用
保 守
最注力成長領域
事業基盤領域
+1.7%
システムアフターサポート拡大戦略
フロー型
ビジネス
事業基盤強化戦略
事業運営
モデル
ストック型ビジネス
基盤拡大領域
導入・展開
© NEC Fielding, Ltd. 2010
8~16%
新規参入領域
△0.6%
設計・構築
FSフロービジネス拡大戦略
Page 19
高
付加価値
グローバル戦略
+14.0%
営業
利益率
0~3%
低
5.中期的業績目標 ~計数目標に向けたシナリオ 【売上高】~
運用サポートを軸とした注力領域を中心に増収を計画
PM:プロアクティブ・メンテナンス
+121億円
FS:フィールディング・ソリューション
運用サポート/
ヘルプデスク
FS
930
PM
979
758
システム展開/
サプライ他
142
保守注力領域
157
680
自主契約/
販売店等
210
© NEC Fielding, Ltd. 2010
232
<+38>
+2.5%
<+11>
177
<+24>
172
<+15>
190
<+18>
655
<△25>
2010年度
見通し
<+23>
+14.0%
745
<+15>
△0.6%
204
<+27>
+12.7%
211
<+21>
+10.3%
615
<△16>
△3.3%
<±0>
153
998
255
1,000
730
<△28>
+2.1%
<+22>
962
730
980
2,030
1,960
940
従来のHW 保守既存
保守・修理 領域
2009年度
実 績
Page 20
(年平均伸長率+2.1%)
1,920
1,909
172
単位:億円
<前年増減>
CAGR
09→12
1,030
+1.7%
631
2011年度
計 画
<△24>
2012年度
計 画
5.中期的業績目標 ~計数目標に向けたシナリオ 【営業利益】~
今後3年間を、将来の更なる成長に向けた投資期間と位置づけ
5年レンジで150億円以上を目指す
戦略投資:△82
3年間
累積 投資効果:+82
損益インパクト:±0
売上高
1,920
売上高
1,909
売上高
+8億円
2,170~2,200
(年平均伸長率+2.6%)
+3~+4%
売上高
2,030
売上高
1,960
150~155
+10
△12
+10
102
110
100
90
2009年度
実 績
Page 21
2010年度
見通し
© NEC Fielding, Ltd. 2010
2011年度
計 画
2012年度
計 画
2014年度
計 画
6.今期の業績目標 ~2011年3月期見通し~
今期は戦略投資10億円を実施するため、減益計画
金額単位: 億円
連
2011年3月期
見通し 売上高比
結
売上高
1,920
プロアクティブ・メンテナンス
フィールディング・ソリューション
営業利益
戦略投資費用
10億円含む
経常利益
戦略投資費用
10億円含む
当期純利益
ROE(自己資本利益率)
(%)
※数値は億単位で
四捨五入
前期比
増 減
伸び率
-
+11
+0.6%
980
940
51.0%
+1
+0.1%
49.0%
+10
△11.7%
90
90
48
6.5
4.7%
△12
△11.0%
4.7%
△11
△11.0%
2.5%
△1
△1.5%
-
△0.3
-
将来の更なる成長への第一歩であることを、ご理解ください
Page 22
© NEC Fielding, Ltd. 2010
6.今期の業績目標 ~今期戦略投資内訳~
事業領域拡大を中心とした投資を実施
事業領域拡大
7億円
LCM(※)事業強化
クラウド事業強化
グローバル事業強化
費用構造改革
1億円
業務プロセス改革対策
10
億円
2012年3月期
増収:40億円
経営基盤改革
2億円
CS向上対策
人財育成対策
※LCM:ライフサイクルマネジメント
Page 23
© NEC Fielding, Ltd. 2010
資料についてのご注意
本資料に記載いたしました認識、戦略、計画などのうち、将来の動向や業績等に関する見通しは、歴史的事実でないため
に、不確定な要因を含んでおります。
実際の業績は、さまざまな要因により見通しとは大きく異なる結果となる可能性があることをご了承願います。
実際の業績に影響を与えうる重要な要因には、当社の事業を取り巻く経済情勢、社会的動向、当社の提供するサービス
等に対する需要動向による相対的競争力の変化などがあります。なお、業績に影響を与えうる重要な要因は、これらに限
定されるものではありません。
Page 24
© NEC Fielding, Ltd. 2010
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
1 186 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content