close

Enter

Log in using OpenID

連結 - 朝日放送

embedDownload
印刷日時:00/11/29 18:49 ファイル名:01-連結短信0009表紙.doc
平成 13 年 3 月期 中間決算短信(連結) 平成 12 年 11 月 30 日
上場会社名 朝日放送株式会社
上場取引所(所属部)大証(市場第 2 部)
コード番号 9405
本社所在地 大阪市北区大淀南二丁目 2 番 48 号
問 合 せ 先 責任者役職名 経理局長
氏
電話 (06) 6458-5321
名 木 下 栄 一
中間連結決算取締役会開催日 平成 12 年 11 月 30 日
1.12 年 9 月中間期の業績 (平成 12 年 4 月 1 日∼平成 12 年 9 月 30 日)
(1) 連結経営成績 売
上
高
営業利益
百万円
12年9月中間期
11年9月中間期
44,085
−
12年3月期
84,115
%
(
(
%
(
(
百万円
4,089
−
−)
−)
5,653
百万円
368
−
経常利益
百万円
4,032
−
−)
−)
%
(
(
102
−
−)
−)
%
(
(
−)
−)
5,306
1 株 当 た り
中間(当期)純利益
中間(当期)純利益
12年9月中間期
11年9月中間期
(百万円未満切捨て)
円
潜
在
株
式
調
整
後
1株当たり中間(当期)純利益
48
銭
円
銭
−
−
697
193
75
−
12年3月期
(注)①持分法投資損益 12 年 9 月中間期 69 百万円
11 年 9 月中間期 − 百万円
12 年 3 月期 100 百万円
②デリバティブ取引の評価損益 − 百万円
③会計処理の方法の変更 なし
④11 年 9 月中間期における売上高、営業利益、経常利益、中間純利益の金額および 12 年 9 月中間期における
対前中間期増減率は、前中間期において連結決算を行っていないため記載しておりません。
(2) 連結財政状態
総
資
産
株主資本
百万円
12年9月中間期
11年9月中間期
12年3月期
92,358
−
87,887
百万円
株主資本比率
1株当たり株主資本
%
円
銭
38,503
−
36,135
41.7
−
41.1
10,695
−
10,037
29
投資活動による
キャッシュ・フロー
財務活動による
キャッシュ・フロー
現金及び現金同等物
期 末 残 高
76
(3) 連結キャッシュ・フローの状況
営業活動による
キャッシュ・フロー
百万円
5,461
−
3,913
12年9月中間期
11年9月中間期
12年3月期
百万円
百万円
△ 4,270
−
235
−
△ 3,003
△ 3,863
(4) 連結範囲及び持分法の適用に関する事項
連結子会社数 5 社 持分法適用非連結子会社数 − 持分法適用関連会社数 1社
(5) 連結範囲及び持分法の適用の異動状況
連結 (新規)− (除外)1 社 持分法 (新規)− (除外)−
2.13 年 3 月期の連結業績予想 (平成 12 年 4 月 1 日∼平成 13 年 3 月 31 日)
売
上
高
経常利益
百万円
通 期
82,000
当期純利益
百万円
6,000
(参考)1株当たり予想当期純利益(通期)333 円 33 銭
百万円
1,200
百万円
11,498
−
10,072
1. 企 業 集 団 の 状 況
(1) 事 業 の 内 容
当社、当社のその他の関係会社である㈱朝日新聞社はそれぞれに子会社、関連会社から構成さ
れる企業集団等を有し、放送、新聞、文化等広範囲に事業を行っております。
このうち当社の企業集団等は、朝日放送㈱(当社)、子会社11社、関連会社9社で構成され、
放送法に定めるテレビ及びラジオ放送、放送番組の制作等の放送事業を主な内容とし、このほか
に住宅展示事業等のハウジング事業、ゴルフ場事業等を行っております。
当グループの事業に係る位置付け及び事業の種類別セグメントとの関連は次のとおりでありま
す。
区 分
放
送
事
業
・放送その他の関連事業
主 要 な 会 社
当社
㈱朝日文字テレビ
放送、番組企画・編成・制作ならびに販売、 ㈱サテライトエー・ビー・シー
放送番組素材の編集ならびに管理、
イベントの制作請負等
㈱エー・ビー・シーメディアコム
㈱エー・ビー・シーリブラ
その他4社
(会社数 計9社)
ハウジング事業
エー・ビー・シー開発㈱
・住宅展示場等の運営
当社
(会社数 計2社)
ゴ ル フ 事 業
エー・ビー・シー企業㈱
(会社数 計1社)
・ゴルフ場の経営
その他の事業
エー・ビー・シー開発㈱
・広告代理店業、保険代理店業、旅行代理店 ㈱エー・ビー・シー・ファミリーエンタープライズ
業、不動産の賃貸・管理等
㈱エー・ビー・シートラベル
㈱エー・ビー・シー会館
㈱エー・ビー・シー興産
その他6社
(会社数 計11社)
2
(2) 関 係 会 社 の 状 況
名
称
(連 結 子 会 社)
エ ー ・ ビ ー ・
シ ー 開 発 ㈱
㈱エー・ビー・シー・
ファミリーエンター
プ
ラ
イ
ズ
㈱エー・ビー・シー
メ デ ィ ア コ ム
㈱エー・ビー・シー
リ
ブ
ラ
エー・ビー・シー
企
業
㈱
(持分法適用関連会社)
㈱ サ テ ラ イ ト
エー・ビー・シー
(その他の関係会社)
住
所
議
決
権
の
資 本 金
所有(被所有)割合
又は出資金 主要な事業の内容
所有割合 被所有割合
(百万円)
(%)
(%)
大阪 市 福島 区
275 ハウジング事業
大阪 市 福島 区
435
保険代理店、
レジャー施設の
開発(未開業)
90.9
関 係 内 容
摘要
− 役員の兼任3名
(注)2
100.0
(100.0)
−
(注)2
大阪市北区
49 放 送 事 業
100.0
−
大阪市北区
20 放 送 事 業
100.0
−
兵庫県加東郡
東
条
町
99 ゴ ル フ 事 業
49.7
(12.3)
− 役員の兼任2名
(注)4
大阪市北区
1,600 放 送 事 業
19.4
− 役員の兼任4名
(注)5
㈱ 朝 日 新 聞 社 大阪市北区
650 新 聞 業
−
14.4
(0.2)
役員の兼任1名
[9.0]
(注)3
(注) 1. 「議決権の所有または被所有割合」欄の(内書)は間接所有であり、[外書]は緊密な者等の
所有割合であります。
2. 特定子会社であります。
3. 有価証券報告書を提出しています。
4. 持分は、100分の50以下でありますが、実質的に支配しているため子会社としています。
5. 持分は、100分の20以下でありますが、実質的な影響力を持っているため関連会社としてい
ます。
6. ㈱ホテルプラザについては、平成12年3月30日に清算を結了し、当期より連結範囲から除外
しています。
なお、当社とハウジング事業およびその他の事業に位置付けられているエー・ビー・シー開発株式会社
は、当社が保有するエー・ビー・シー開発株式会社の株式500,000株(所有割合90.9%)のうち472,500株
(同85.9%)を第三者(持株会を予定)へ譲渡することに基本的に合意しております。株式譲渡に伴う時期
およびその他の諸条件については、最終合意に向けて両社間で協議中であります。
当社は来るべき放送ビックバンの時代に備え、経営資源の効率的利用を図り、当社企業集団との有機的
連携を高めることを目的とし、予てから放送関連企業のみでグループを再構築する方針でありますが、
今回の合意はその一環であります。一方、エー・ビー・シー開発株式会社は、ハウジング事業を中心に多
岐にわたる事業を営んでおり、商圏の全国展開、他企業との提携を含む新規事業の展開など、将来への可
能性を高めたいとの希望も強く、両社の意見が一致して今回の合意に至ったものであります。
3
事業の系統図は、次の通りであります。
(放 送 事 業)
番組の供給
(CS放送・番組制作)
※1 ㈱サテライトエー・ビー・
シー
文字放送業務請負
(文字放送業務請負)
※2 ㈱朝日文字テレビ
著作権の管理・番組制作
(番組制作・著作権の管理等)
㈱エー・ビー・シーメディアコム
(番組制作・放送素材の管理)
放送素材の管理・番組制作
㈱エー・ビー・シーリブラ
番組制作・編集
(番組制作・編集他)
※3 (株)エー・ビー・シー
ビデオサービス
他3社
︵
朝
日
放
送
株
式
会
社
︶
当
社
(ハウジング事業)
広告代理店業務
(住宅展示場運営・広告代理店等)
エー・ビー・シー開発㈱
(その他の事業)
不動産管理
不動産管理
(保険代理店・レジャー施設の開発)
(株)エー・ビー・シー・
ファミリーエンタープライズ
(映像素材販売他)
※2 (株)メディアウェイブ
他1社
(不動産管理等)
※3 (株)エー・ビー・シー
ハウジングサービス
(ブライダル事業等)
※3 (株)民放企業
(旅行代理店)
※2 (株)エー・ビー・シートラベ
ル
(不動産管理)
※2 (株)エー・ビー・シー会館
(不動産管理)
※2 (株)エー・ビー・シー興産
(コンサート企画他)
※3 (株)リバティーコンサーツ
他1社
そ
の
他
の
関
係
会
社
㈱
朝
日
新
聞
社
無印
連結子会社
※1
関連会社で持分法適用会社
※2
非連結子会社で持分法非適用会社
※3
関連会社で持分法非適用会社
(ゴルフ場経営)
エー・ビー・シー企業(株)
主要な資本系列
(ゴ ル フ 事 業)
4
主要な事業の流れ
2.経 営 方 針
(1) 経営の基本方針
当社は、近畿広域圏の視聴者を対象としたラジオ・テレビ放送を中心として事業を展開し、平和と
自由の精神を貫き、地域社会の文化の向上に尽くすことを経営の基本方針としています。
番組制作にあたっては、正しい報道、美しい表現、楽しい番組を放送することを基本として、豊か
な生活に役立つ広告放送を通じて視聴者ならびに広告主の支持を得ることに努めております。
また、番組を通しての情報発信と並行して、企業経営の観点からは、
「企業価値」が従来にも増して
問われることを念頭に置き、当社の将来の方向性について投資家の皆様に対するIR活動を積極的に
進めてまいります。
(2) 利益配分に関する基本方針
当社は株主の皆様への配当政策を重要な経営政策とし、基本的には業績に対応しながらも安定的な
配当を行うことを基本方針といたしております。
配当金につきましては、中間配当金を1株あたり 37 円 50 銭といたします。また、期末配当金も普
通配当金1株あたり 37 円 50 銭とし、通期 75 円とする予定です。
なお、当社は 2003 年秋に予定されている地上波テレビのデジタル化に向けて積極的な設備投資を
行うとともに、ラジオ、地上波、BS、CSテレビ、インターネットなど各種メディアの総合的発展
をめざし、当社グループの競争力を高め、放送の公共的使命を果たしていく所存であります。
(3) 対処すべき課題及び経営戦略
BS(衛星)デジタル放送の開始が 2000 年 12 月と目前に迫ってきました。また、2003 年秋の地
上波テレビのデジタル放送開始に向けて、メディアの多様化とともに放送界のみならず通信業界や他
産業までも巻き込んだ大競争の時代が現実のものとなってきました。
当社は、本年 10 月デジタル時代の長期戦略である「中期経営計画」
(2000 年 10 月∼2005 年 3 月)
をとりまとめ、11 月にはデジタル化時代に対応するため機構改革を実施しました。
放送のデジタル化は、新しいビジネスチャンスととらえ、インターネットやデータ放送を活用し、
採算のとれるビジネスモデルの確立を図り、新サービス・商品開発の研究を積極的に進めてまいりま
す。
番組面では、全国向けネット番組はもとより、地域密着情報系番組である「ホーム番組」の一層の
充実を図り、
「ホームステーションABC」のイメージの確立を目指すとともに、サービスエリアとす
る関西の社会・文化の発展に貢献し、地域視聴者の支持の拡大に努めます。
また、ABCグループを構成する関係会社を放送本業に貢献できる事業に特化させることを通して、
グループとしての経営基盤の強化を図り、グループ全体の経営資源を可能な限り放送関連部門に集約、
育成していく方針です。
また、個々の事業部門の採算性を重視し、経営管理を徹底するとともに、経営効率の向上を図り企
業価値を高めていく所存です。
5
3.経 営 成 績
(1) 当中間期の概況
当上半期のわが国経済は、企業収益の改善や製造業を中心とした設備投資の増加などがみ
られ、緩やかな回復傾向が続きましたが、雇用情勢は完全失業率が高水準で推移するなど、
依然として厳しく、個人消費も回復までには至らず、全体として力強さに欠ける状況で推移
しました。
このような経済環境のもと、当グループの売上高は、440 億 8 千 5 百万円、営業利益は 40
億 3 千 2 百万円、経常利益は 40 億 8 千 9 百万円となりました。
また、退職給付会計に係る積立不足額を当期以降の 5 年で償却いたしますが、当上半期分
を特別損失に計上し、金融商品会計導入に伴うゴルフ会員権等の時価評価による特別損失を
併せて計上しました。さらに、当社とエー・ビー・シー開発株式会社は、当社が保有するエ
ー・ビー・シー開発株式会社の株式を第三者に譲渡することに基本的に合意いたしましたの
で、その損失を引当てた結果、中間純利益は、3 億 6 千 8 百万円となりました。
事業の種類別セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。
放送事業は、IT関連企業の活発な広告活動や、収益の回復した企業による広告出稿額の
増加などにより、テレビスポットの出稿が大きく増加し、売上高は、390 億円、営業利益は
41 億 5 千 8 百万円となりました。
ハウジング事業においては、住宅展示場の新規契約の伸び悩みなどにより、売上高は 39 億
4 千 4 百万円、営業損失は 9 千 1 百万円となりました。
ゴルフ事業は、個人消費の依然とした低迷と引き続く価格競争などにより売上高は、5 億 8
千 5 百万円となり、営業損失を 2 千万円計上しました。
その他の事業は、売上高は 5 億 5 千 5 百万円となり、僅かに営業損失を計上しました。
なお、当中間連結会計年度は連結ベースで作成する初年度であるため、前中間期比の記載
は行なっておりません。
(2) キャッシュ・フローの状況
当中間期の営業活動によるキャッシュ・フローは 54 億 6 千1百万円となりました。これか
ら投資活動によるキャッシュ・フロー42 億 7 千万円を減じて、財務活動によるキャッシュ・
フロー2 億 3 千 5 百万円を加えた結果、現金及び現金同等物の中間期末残高は 114 億 9 千 8
百万円となりました。
なお、当中間連結会計年度は連結ベースで作成する初年度であるため、前中間期のキャッ
シュ・フローの状況及び前中間期比の記載は行っておりません。
6
(3) 通期の見通し
下半期につきましては、当グループの主要な売上であるテレビスポット収入が、前年下半
期は好調であったことから、売上の伸び率は低くなるものと予想しております。
また、エー・ビー・シー開発株式会社が株式譲渡によって連結範囲から除外される予定で
あることに伴い、ハウジング事業およびその他の事業の売上が下半期は減少する見込みです。
こうした状況下、通期の売上高は 820 億円と、また利益面では、経常利益 60 億円、当期純
利益 12 億円を見込んでおります。
7
更新日時:00/11/28 PM 9:28 印刷日時:00/11/29 18:54
ファイル名:05-連結PL・BS・CF.doc
4.中間連結財務諸表等
(1) 中間連結貸借対照表
当中間連結会計期間末
(平成12年9月30日現在)
科 目
金 額
構成比
動
1. 現
資
金
及
び
価
4. た
な
預
資
の
貸
倒
流
Ⅱ 固
証
卸
5. そ
動
定
(1) 有
引
資
当
産
資
形
固
構成比
%
産
金
2. 受 取 手 形 及 び 売 掛 金※5
3. 有
金 額
%
(資 産 の 部)
Ⅰ 流
(単位 百万円)
前連結会計年度の
要約連結貸借対照表
(平成12年3月31日現在)
6,655
6,053
13,799
13,918
券
6,779
4,120
産
1,101
1,344
他
1,483
2,787
金
合
計
資
産
△
49
29,769
△
32.2
199
28,025
31.9
産
定
1. 建 物 及 び 構 築 物
※1
※2
減 価 償 却 累 計 額
2. 機 械 装 置 及 び 運 搬 具※2
28,482
△ 14,121
14,361
△
3,938
△
19,010
減 価 償 却 累 計 額
△ 15,072
3. 工 具 器 具 及 び 備 品
2,246
減 価 償 却 累 計 額
△ 1,822
4. 土
28,617
13,937
14,680
18,647
14,735
3,912
2,185
424
地※1
△
1,772
413
15,598
15,598
定
7,894
7,177
有 形 固 定 資 産 合 計
42,217
45.7
41,781
47.5
1,152
1.3
1,228
1.4
5. 建
(2) 無
設
形
固
仮
定
勘
資
産
(3) 投 資 そ の 他 の 資 産
1. 投 資 有 価 証 券※3
2. 長
貸
付
7,819
金
1,366
1,296
3. 繰 延 税 金 資 産
2,331
3,919
4. そ
4,606
4,331
貸
期
11,328
の
倒
引
他※1
当
金
△
413
△
投 資 等 評 価 引 当 金
―
投資その他の資産合計
19,219
20.8
16,852
19.2
固 定 資 産 合 計
62,588
67.8
59,862
68.1
資
92,358
100.0
87,887
100.0
産
合
計
8
△
163
352
更新日時:00/11/28 PM 9:28 印刷日時:00/11/29 18:54
ファイル名:05-連結PL・BS・CF.doc
当中間連結会計期間末
(平成12年9月30日現在)
科 目
金 額
構成比
動
負
金 額
構成比
%
(負 債 の 部)
Ⅰ 流
(単位 百万円)
前連結会計年度の
要約連結貸借対照表
(平成12年3月31日現在)
%
債
1. 支払手形及び買掛金・未払金※5
6,333
6,490
2. 短
金
8,155
8,285
3. コ マ ー シ ャ ル ペ ー パ ー
4,000
4,000
4. 未
用
2,269
2,170
等
74
177
6. ハウジング事業等譲渡損失引当金
1,612
―
7. そ
1,368
1,348
期
借
払
5. 未
払
入
費
法
人
税
の
他※5
流 動 負 債 合 計
Ⅱ 固
定
負
23,813
25.8
22,471
25.6
債
1. 社
債
5,000
5,000
金
2,470
1,879
3. 退 職 給 付 引 当 金
9,043
―
4. 役 員 退 職 慰 労 引 当 金
424
―
5. 退 職 給 与 引 当 金
―
5,886
6. 未 払 過 去 勤 務 債 務
―
3,125
金
12,439
12,809
他
467
392
固 定 負 債 合 計
29,846
32.3
29,094
33.1
負
53,659
58.1
51,566
58.7
195
0.2
185
0.2
金
1,800
1.9
1,800
2.0
2. 長
期
7. 預
借
り
保
8. そ
入
証
の
債
合
計
(少 数 株 主 持 分)
少 数 株 主 持 分
(資 本 の 部)
Ⅰ 資
本
Ⅱ 資
本
準
備
金
15
0.0
15
0.0
Ⅲ 連
結
剰
余
金
34,416
37.3
34,320
39.1
2,272
2.5
―
38,503
41.7
36,136
41.1
0
△ 0.0
0
△ 0.0
計
38,503
41.7
36,135
41.1
負 債 、 少 数 株 主 持 分
及 び 資 本 合 計
92,358
100.0
87,887
100.0
Ⅳ その他有価証券評価差額金
Ⅴ 自
己
資
株
本
式
合
△
9
△
更新日時:00/11/28 PM 9:28 印刷日時:00/11/29 18:54
ファイル名:05-連結PL・BS・CF.doc
(2) 中間連結損益計算書
当中間連結会計期間
自 平成12年4月1日
至 平成12年9月30日
(
科 目
)
金 額
(
百分比
(単位 百万円)
前連結会計年度の
要約連結損益計算書
自 平成11年4月1日
至 平成12年3月31日
)
金 額
百分比
%
Ⅰ 売
Ⅱ 売
売
上
上
原
上
総
44,085
100.0
84,115
100.0
価
26,134
59.3
52,172
62.0
17,950
40.7
31,943
38.0
13,918
31.6
26,290
31.3
4,032
9.1
5,653
6.7
319
0.4
666
0.8
5,306
6.3
3,793
4.5
1,513
1.8
805
1.0
利
益
Ⅲ 販売費及び一般管理費
営
業
%
高
利
※1
益
Ⅳ 営 業 外 収 益
1. 受 取 利 息 及 び 配 当 金
50
82
2. 持 分 法 に よ る 投 資 利 益
69
100
3. そ
他
84
息
105
239
2. 固 定 資 産 処 分 損
26
142
3. 投資等評価引当金繰入額
―
256
4. そ
16
の
204
0.5
136
Ⅴ 営 業 外 費 用
1. 支
払
利
の
経
常
他
利
Ⅵ 特
別
利
益
Ⅶ 特
別
損
失
益
148
0.3
4,089
9.3
27
―
―
1. ホ テ ル 事 業 整 理 損 失
―
234
2. 投 資 有 価 証 券 評 価 損
399
―
3. ゴ ル フ 会 員 権 評 価 損
4. ハ ウ ジ ン グ 事 業 等 譲 渡
損 失 引 当 金 繰 入 額
5. 適格退職年金過去勤務債務償却額
190
―
1,362
―
―
3,097
6. 退 職 給 与 引 当 金 繰 入 額
―
462
7. 退 職 給 付 会 計 基 準 変 更 時 差 異
365
税金等調整前中間(当期)純利益
法人税、住民税及び事業税
75
法 人 税 等 調 整 額
1,328
2,317
5.3
1,771
4.0
―
195
少数株主利益または
少数株主損失(△)
中 間 ( 当 期 ) 純 利 益
10
1,404
3.2
609
△1
△0.0
10
0.0
368
0.8
697
0.8
更新日時:00/11/28 PM 9:28 印刷日時:00/11/29 18:54
ファイル名:05-連結PL・BS・CF.doc
(3) 中間連結剰余金計算書
当中間連結会計期間
自 平成12年4月1日
至 平成12年9月30日
(
科 目
)
(
金 額
(単位 百万円)
前 連 結 会 計 年 度
自 平成11年4月1日
至 平成12年3月31日
)
金 額
Ⅰ 連結剰余金期首残高
1. 連 結 剰 余 金 期 首 残 高
34,320
2. 過 年 度 税 効 果 調 整 額
―
27,853
34,320
6,367
34,220
Ⅱ 連 結 剰 余 金 減 少 高
1. 配
当
金
2. 役
員
賞
与
(う ち 監 査 役 賞 与)
3. 連 結 子 会 社 増 加 に 伴 う
剰 余 金 減 少 高
4.
持分法適用会社の減少
に伴う剰余金減少高
224
( 242
48
8)
30
( ―)
―
271
―
273
52
597
Ⅲ 中間(当期)純利益
368
697
Ⅳ 連 結 剰 余 金
中間期末(期末)残高
34,416
34,320
11
更新日時:00/11/28 PM 9:28 印刷日時:00/11/29 18:54
ファイル名:05-連結PL・BS・CF.doc
(4) 中間連結キャッシュ・フロー計算書
(単位 百万円)
前連結会計年度の要約
キャッシュ・フロー計算書
自 平成11年4月1日
至 平成12年3月31日
当中間連結会計期間
科 目
Ⅰ 営業活動によるキャッシュ・フロー
1. 税 金 等 調 整 前 中 間(当 期)純 利 益
2. 減
価
償
却
費
3. 投 資 有 価 証 券 評 価 損
4. 適 格 退 職 年 金 過 去 勤 務 債 務 償 却 額
5. 未 払 過 去 勤 務 債 務 の 減 少 額
6. 貸 倒 引 当 金 の 増 加 額 ま た は 減 少 額 ( △ )
7. 退 職 給 付 引 当 金 の 増 加 額
8. 役 員 退 職 慰 労 引 当 金 の 増 加 額
9. 退職給与引当金の増加額または減少額(△)
10. ハウジング事業等譲渡損失引当金の増加額
11. 受 取 利 息 及 び 受 取 配 当 金
12. 支
払
利
息
13. 持 分 法 に よ る 投 資 利 益
14. 売 上 債 権 の 減 少 額 ま た は 増 加 額 ( △ )
15. た な 卸 資 産 の 減 少 額 ま た は 増 加 額 ( △ )
16. 仕 入 債 務 の 増 加 額 ま た は 減 少 額 ( △ )
17. 役
員
賞
与
の
支
払
額
18. そ
の
他
小 計
19. 利 息 及 び 配 当 金 の 受 取 額
20. 利
息
の
支
払
額
21. 法
人
税
等
の
支
払
額
営業活動によるキャッシュ・フロー
Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー
1. 有 価 証 券 の 取 得 に よ る 支 出
2. 有 価 証 券 の 売 却 に よ る 収 入
3. 有 形 固 定 資 産 の 取 得 に よ る 支 出
4. 有 形 固 定 資 産 の 売 却 に よ る 収 入
5. 無 形 固 定 資 産 の 取 得 に よ る 支 出
6. 無 形 固 定 資 産 の 売 却 に よ る 収 入
7. 投 資 有 価 証 券 の 取 得 に よ る 支 出
8. 投 資 有 価 証 券 の 売 却 に よ る 収 入
9. そ
の
他
投資活動によるキャッシュ・フロー
Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー
1. 短 期 借 入 金 の 純 減 少 額
2. コ マ ー シ ャ ル ペ ー パ ー の 純 増 加 額
3. 長 期 借 入 れ に よ る 収 入
4. 長 期 借 入 金 の 返 済 に よ る 支 出
5. 自 己 株 式 の 取 得 に よ る 支 出
6. 配
当
金
の
支
払
額
7. 少 数 株 主 へ の 配 当 金 の 支 払 額
財務活動によるキャッシュ・フロー
Ⅳ 現金及び現金同等物に係る換算差額
Ⅴ 現金及び現金同等物の増加額または減少額(△)
Ⅵ 現金及び現金同等物の期首残高
Ⅶ 新規連結に伴う現金及び現金同等物増加額
Ⅷ 現金及び現金同等物の中間期末(期末)残高
(自至
平成12年4月1日
平成12年9月30日
)
(
)
金 額
金 額
1,771
1,458
399
−
△
3,125
△
39
9,043
424
△
5,886
1,362
△
50
105
△
69
118
243
164
△
48
△
176
5,695
47
△
102
△
179
5,461
1,513
3,063
−
3,097
−
43
−
−
25
−
△
82
239
△
100
△
705
△
156
△
2,382
△
33
△
284
4,237
81
△
239
△
165
3,913
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
12
2,116
226
1,888
0
75
−
34
8
392
4,270
△
299
300
△
2,515
114
△
246
4
△
433
15
56
△
3,003
50
−
700
189
0
224
−
235
−
1,426
10,072
−
11,498
△
4,363
4,000
−
△
3,255
0
△
242
△
3
△
3,863
―
△
2,953
10,858
2,167
10,072
更新日時:00/11/29 PM 1:26 印刷日時:00/11/29 18:59
ファイル名:06-連結注記.doc
中間連結財務諸表作成のための基本となる事項
当中間連結会計期間
前連結会計年度
1. 連結の範囲に関する事項
1. 連結の範囲に関する事項
(1) 連結子会社の数 5社
(1) 連結子会社の数 6社
主要な連結子会社の名称
主要な連結子会社の名称
エー・ビー・シー開発㈱
エー・ビー・シー開発㈱
エー・ビー・シー企業㈱
エー・ビー・シー企業㈱
㈱ホテルプラザについては、平成12年3月30日に
エー・ビー・シー企業(株)については財務諸表等
清算を結了し、当期より連結範囲から除外している。
規則の改正による支配力基準の適用に伴い実質的に
支配していると認められること、また(株) エー・ビ
ー・シーメディアコム、(株) エー・ビー・シーリブ
ラについては重要性が増加したため、当連結会計年
度から連結の範囲に含めている。
(2) 主要な非連結子会社名
(2) 主要な非連結子会社名
(株) エー・ビー・シー会館
(株) エー・ビー・シー会館
(株) エー・ビー・シートラベル
(株) エー・ビー・シートラベル
連結の範囲から除いた理由
連結の範囲から除いた理由
非連結子会社6社は、いずれも小規模会社であり、 非連結子会社6社は、いずれも小規模会社であり、
合計の総資産、売上高、当期純損益及び剰余金(持分
合計の総資産、売上高、中間純損益及び剰余金(持分
に見合う額)は、いずれも連結財務諸表に重要な影響
に見合う額)は、いずれも中間連結財務諸表に重要な
を及ぼしていないためである。
影響を及ぼしていないためである。
2. 持分法の適用に関する事項
(1) 持分法を適用した非連結子会社 なし
(2) 持分法を適用した関連会社数 1社
主要な会社等の名称
(株) サテライトエー・ビー・シー
(3) 持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社のう
ち主要な会社等の名称
(株) エー・ビー・シー会館
(株) エー・ビー・シートラベル
(株) 各務プロダクション
持分法を適用しない理由
持分法非適用会社は、それぞれ中間連結純損益及び
連結剰余金に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体とし
ても重要性がないため持分法の適用から除外してい
る。
2. 持分法の適用に関する事項
(1) 持分法を適用した非連結子会社 なし
(2) 持分法を適用した関連会社数 1社
主要な会社等の名称
(株) サテライトエー・ビー・シー
(株) サテライトエー・ビー・シーについては財務
諸表等規則の改正による影響力基準の適用により実質
的に重要な影響を与えていると認められたため、当連
結会計年度から持分法適用会社に含めている。
なお、前連結会計年度まで持分法を適用していた
(株) エー・ビー・シーメディアコム、(株) エー・ビ
ー・シーリブラ、S.A.R.Lロアジスのうち前記2社に
ついては、重要性が増加したため、当連結会計年度か
ら連結の範囲に含めている。また、S.A.R.Lロアジス
は、平成11年5月に売却したため持分法適用会社から
除外した。
(3) 持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社のう
ち主要な会社等の名称
(株) エー・ビー・シー会館
(株) エー・ビー・シートラベル
(株) 各務プロダクション
持分法を適用しない理由
持分法非適用会社は、それぞれ連結純損益及び連結
剰余金に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても
重要性がないため持分法の適用から除外している。
3. 連結子会社の事業年度等に関する事項
3. 連結子会社の中間決算日等に関する事項
連結子会社の中間決算日が中間連結決算日と異なるも 連結子会社の事業年度の末日が連結決算日と異なるも
のはない。
のはない。
13
更新日時:00/11/29 PM 1:26 印刷日時:00/11/29 18:59
ファイル名:06-連結注記.doc
当中間連結会計期間
前連結会計年度
4. 会計処理基準に関する事項
(1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
① 有価証券及び投資有価証券
その他有価証券
時価のあるもの
中間決算末日の市場価格等に基づく時価法
(評価差額は、全部資本直入法により処理
し、売却原価は総平均法により算定)
時価のないもの
総平均法に基づく原価法
4. 会計処理基準に関する事項
(1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
① 有価証券及び投資有価証券
総平均法に基づく原価法により評価している。
② た な 卸 資 産
② た な 卸 資 産
番組勘定については、個別法に基づく原価法によ 同 左
り、その他については主として移動平均法に基づく
原価法により評価している。
(追 加 情 報)
金融商品については、当中間連結会計期間より金
融商品に係る会計基準(「金融商品に係る会計基準の
設定に関する意見書」(企業会計審議会平成11年1月
22日))を適用している。
この変更に伴い、従来の方法によった場合に比
べ、税金等調整前中間純利益は190百万円少なく計
上されている。
また、期首時点で保有する有価証券の保有目的
を検討し、1年以内に満期の到来するその他有価
証券は有価証券として、それら以外のものは投資
有価証券として表示している。これにより有価証
券は55百万円減少し、投資有価証券は同額増加し
ている。
(2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法
① 有形固定資産
定率法によっているが、連結子会社のうち1社は
定額法を採用している。
ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物
(建物附属設備は除く)については定額法を採用し
ている。
(2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法
① 有形固定資産
法人税法に規定する方法と同一の基準による定率
法によっているが、連結子会社のうち1社は定額法
を採用している。
ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物
(建物附属設備は除く)については定額法
これに伴い、前会計期間と同一の基準によった場
合に比べ、減価償却費は185百万円減少し、営業利
益、経常利益および税金等調整前当期純利益は、そ
れぞれ同額増加している。
② 無形固定資産
② 無形固定資産
法人税法に規定する方法と同一の基準による定額
定額法によっている。
法
ただし、ソフトウェア(自社利用分)について
は、社内における利用可能期間(5年)に基づく定 ただし、ソフトウェア(自社利用分)について
は、社内における利用可能期間(5年)に基づく定
額法によっている。
額法
(追 加 情 報)
自社利用のソフトウェアについては、「研究開発
費及びソフトウェアの会計処理に関する実務指針」
(日本公認会計士協会 会計制度委員会報告第12号
平成11年3月31日)の経過措置の適用により、従来
の会計処理方法を継続適用している。ただし、同報
14
更新日時:00/11/29 PM 1:26 印刷日時:00/11/29 18:59
ファイル名:06-連結注記.doc
当中間連結会計期間
前連結会計年度
告書により上記に係るソフトウェアの表示につい
ては、当連結会計年度より投資その他の資産の「長
期前払費用」(当連結会計年度1,132百万円)から無
形固定資産の「ソフトウェア」に変更している。
なお、減価償却方法は、社内における利用可能期
間(5年)に基づく定額法によっている。
(3) 重要な引当金の計上基準
(3) 重要な引当金の計上基準
① 貸 倒 引 当 金
① 貸 倒 引 当 金
金銭債権の貸倒れによる損失に備えて法人税法に
一般債権
基づく限度額(法定繰入率)のほか、個別に回収可
貸倒実績率法によっている。
能性を検討して計上することにしている。
貸倒懸念債権及び破産更生債権
個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額
を計上している。
② 投資等評価引当金
―――
非連結子会社等に対する投融資等の額を適正に評
価するため、非連結子会社等の資産状態及び事業内
容の実状を勘案して、必要と認められる金額を計上
している。
③ 退職給与引当金
従業員分については、会社都合による期末要支給
額の現価額を計上している。
またこのうちには、役員分について内規に基づく
年度末要支給額を計上している当社の引当額285百
万円が含まれている。
(追加情報)
当連結会計年度において、当社は、退職給付会計
に対する方針を勘案して退職給与引当金算定の割引
率の見直しを行った結果、割引率を4.5%から3.5%
に変更することとした。この変更に伴う過年度影響
額462百万円は、当期に特別損失に計上した。この
結果、従来と同一の方法によった場合と比べ、税金
等調整前当期純利益は同額減少している。
―――
② 退職給付引当金
従業員の退職金の支給に備えるため、当連結会計年
度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基
づき、当中間連結会計期末において発生していると認
められる額を計上している。
なお、会計基準変更時差異(3,651百万円)につい
ては、5年による按分額を費用処理している。
( 追 加 情 報 )
当中間連結会計期間から退職給付に係る会計基準
(
「退職給付に係る会計基準の設定に関する意見書」(企
業会計審議会平成10年6月16日))を適用している。
この変更に伴い、従来の方法によった場合に比べ、
退職給付費用は154百万円少なく、経常利益は同額多
く計上されている。また、会計基準変更時差異365百
万円が特別損失に計上されたことにより税金等調整前
中間純利益は210百万円少なく計上されている。
なお、退職給与引当金の従業員分(5,510百万円)
及び適格退職年金の未払過去勤務債務(3,125百万
円)は退職給付引当金に含め、退職給与引当金の役員
分(375百万円)は役員退職慰労引当金として表示し
ている。
15
―――
更新日時:00/11/29 PM 1:26 印刷日時:00/11/29 18:59
ファイル名:06-連結注記.doc
当中間連結会計期間
前連結会計年度
また、適格退職年金の過去勤務債務については、前
事業年度末に直前の年金財政年度末現在の過去勤務債
務の金額を未払金に計上し、確定時に一括して費用処
理する方法に変更している。
③ 役員退職慰労引当金
役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基
づく当中間連結会計期末要支給額の100%を計上してい
る。
―――
④ ハウジング事業等譲渡損失引当金
「1.企業集団の状況 (2)関係会社の状況」に記載
のとおり、当社が保有するエー・ビー・シー開発株
式 会 社 の 株 式 500,000 株 ( 所 有 割合 90.9% ) の う ち
472,500株(同85.9%)を第三者へ譲渡することに基
本的に合意したことに伴い、発生すると予想される
損失見積額を計上している。
―――
(4) 重要なリース取引の処理方法
(4) 重要なリース取引の処理方法
リース物件の所有権が借主に移転すると認められる 同 左
もの以外のファイナンス・リース取引については、通
常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によって
いる。
(5) その他連結財務諸表作成のための重要な事項
(5) その他中間連結財務諸表作成のための重要な事項
消費税等の会計処理
消費税等の会計処理
消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方法を採 同 左
用している。
5. 中間連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範 5. 連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
囲
同 左
手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満
期日又は償還日の到来する流動性の高い、容易に換金可
能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
負わない短期的な投資から構成されている。
―――
6. その他の連結財務諸表作成のための基本となる重要な
事項
適格退職年金制度
当社並びに連結子会社開発は適格退職年金制度を一部
採用している。
適格退職年金の過去勤務債務については、直前の年金
財政年度末現在の過去勤務債務の金額を未払金に計上
し、確定時に一括して費用処理している。
16
更新日時:00/11/29 PM 1:26 印刷日時:00/11/29 18:59
ファイル名:06-連結注記.doc
会計処理の変更
当中間連結会計期間
前連結会計年度
―――
適格退職年金の過去勤務債務については、当社及び連結
子会社1社は、従来、拠出時にその額を費用処理していた
が、当連結会計年度より直前の年金財政年度末現在の過去
勤務債務の金額を未払金に計上し、確定時に一括して費用
処理する方法に変更した。これは、「退職給付会計に関す
る実務指針(中間報告)
」
(日本公認会計士協会 会計制度
委員会報告第13号 平成11年9月14日)の公表に伴い、退
職給付会計に関する方針を見直した結果、経常的に過去勤
務債務の発生が見込まれること及びその金額的重要性が増
していることに鑑み、財政状態を適正に表示するために変
更したものである。これに伴い直前の年金財政年度末現在
の過去勤務債務額3,097百万円は、当連結会計年度に一括
して特別損失に計上した。この結果、従来の方法によった
場合と比べ、税金等調整前当期純利益は同額減少してい
る。
当中間連結会計期間
前連結会計年度
―――
(連 結 貸 借 対 照 表)
預り保証金は、その金額が負債、少数株主持分及び資本
の合計額の100分の5を超えたため、区分掲記している。
なお、前連結会計年度は固定負債の「その他」に2,275百
万円含まれている。
当中間連結会計期間
前連結会計年度
―――
(税 効 果 会 計 の 適 用)
当連結会計年度から税効果会計を適用している。
これに伴い、従来の方法によった場合に比べ、繰延税金
資産5,779百万円(流動資産1,859百万円、固定資産3,919
百万円)が計上され、当期純利益は609百万円少なく、連
結剰余金残高は5,758百万円多く計上されている。
なお、セグメント情報に与える影響については、(セグ
メント情報)に記載している。
表示方法の変更
追
加
情
報
17
更新日時:00/11/29 PM 1:26 印刷日時:00/11/29 18:59
ファイル名:06-連結注記.doc
注
記
事
項
(中間連結貸借対照表関係)
当中間連結会計期間
前連結会計年度
※1. 平成12年9月30日現在、短期借入金及び長期借入
金8,176百万円の担保として、次の資産を差入れてい
る。
建 物 及 び 構 築 物
806百万円
土 地
162
差 入 保 証 金
1,811
※1. 平成12年3月31日現在、短期借入金及び長期借入
金7,671百万円の担保として、次の資産を差入れてい
る。
建 物 及 び 構 築 物
832百万円
土 地
162
差 入 保 証 金
1,811
計 計 2,781
2,807
※2. 中継局建設補助金により取得した資産について、 ※2. 中継局建設補助金により取得した資産について、
次の圧縮記帳額が取得価額より控除されている。
次の圧縮記帳額が取得価額より控除されている。
建 物 及 び 構 築 物
192百万円
建 物 及 び 構 築 物
192百万円
機械装置及び運搬具
145
機械装置及び運搬具
145
計 338
計 338
※3. 投資有価証券に含まれている非連結子会社及び関 ※3. 投資有価証券に含まれている非連結子会社及び関
連会社の株式は247百万円である。
連会社の株式は481百万円である。
4. 期末現在において銀行借入等に対する保証債務は
次のとおりである。
(株)衛星チャンネル
630百万円
(株)エー・ビー・シートラベル
21
従 業 員
2,000
4. 期末現在において銀行借入等に対する保証債務は
次のとおりである。
(株)衛星チャンネル
730百万円
(株)エー・ビー・シートラベル
39
従 業 員
1,957
計 計 2,652
※5. 当中間連結会計期間末日は、金融機関の休日である
が、満期日に決済が行われたものとして処理してい
る。中間連結会計期間末残高から除かれている中間連
結会計期間末日満期手形は、次のとおりである。
受 取 手 形
235
支 払 手 形
43
設備等支払手形
25
なお、設備等支払手形は流動負債のその他に含めて
表示している。
2,726
―――
(中間連結損益計算書関係)
当中間連結会計期間
前連結会計年度
※1. 販売費及び一般管理費の主要項目は下記のとおり
である。
代 理 店 手 数 料
6,327百万円
事 業 宣 伝 費
527
労 務 費
3,016
※1. 販売費及び一般管理費の主要項目は下記のとおり
である。
代 理 店 手 数 料
11,527百万円
事 業 宣 伝 費
2,168
労 務 費
5,750
18
更新日時:00/11/29 PM 1:26 印刷日時:00/11/29 18:59
ファイル名:06-連結注記.doc
(中間連結キャッシュ・フロー計算書関係)
(単位 百万円)
当中間連結会計期間
前連結会計年度
現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に記 1. 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に記
載されている科目の金額との関係
載されている科目の金額との関係
現金及び預金勘定
6,655
現金及び預金勘定
6,053
有価証券勘定
6,779
有価証券勘定
4,120
計
13,435
計
10,173
預入期間が3ヶ月を超える定期預金
△ 45
預入期間が3ヶ月を超える定期預金
△ 45
取得日から償還日までの期間が
市場性のある株式
△ 55
3 ヶ 月 を 超 え る 債 券 等
△ 1,890
現金及び現金同等物
10,072
現金及び現金同等物
11,498
───
2. 財務諸表等規則の改正に伴い、実質的に支配している
と認められたため、新たに連結子会社となった3社の、
連結開始時の資産及び負債の内訳は下記のとおりであ
る。
流動資産
177
固定資産
9,193
資産合計
9,370
流動負債
193
固定負債
11,669
負債合計
11,862
剰余金
△ 323
現金及び現金同等物
2,167
19
更新日時:00/11/29 PM 1:26 印刷日時:00/11/29 18:59
ファイル名:06-連結注記.doc
(リ ー ス 取 引 関 係)
当中間連結会計期間
前連結会計年度
1. リース物件の所有権が借主に移転すると認められる 1. リース物件の所有権が借主に移転すると認められる
もの以外のファイナンス・リース取引
もの以外のファイナンス・リース取引
借 手 側
借 手 側
① リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相 ① リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相
当額及び中間期末残高相当額
当額及び期末残高相当額
(単位 百万円)
(単位 百万円)
取 得 価 額 減価償却累 中間期末残
取 得 価 額 減価償却累 期 末 残 高
相 当 額 計額相当額 高 相 当 額
相 当 額 計額相当額 相 当 額
機械装置及び
機械装置及び
1,575
797
778
1,499
683
816
運
搬
具
運
搬
具
工 具 器 具
工 具 器 具
586
375
211
387
258
129
及 び 備 品
及 び 備 品
合
計
2,162
1,172
989
合
計
1,887
941
946
取得価額相当額は有形固定資産の中間期末残高
等に占める未経過リース料中間期末残高の割合
が低いため、
「支払利子込み法」によっている。
② 未経過リース料中間期末残高相当額
1
年
以
内
343百万円
1 年 超
645
取得価額相当額は有形固定資産の期末残高等に
占める未経過リース料期末残高の割合が低いた
め、
「支払利子込み法」によっている。
② 未経過リース料期末残高相当額
1
年
以
内
305百万円
1 年 超
640
計 989
未経過リース料中間期末残高相当額は有形固定
資産の中間期末残高等に占めるその割合が低い
ため、
「支払利子込み法」により算定している。
③ 当中間期の支払リース料及び減価償却費相当額
支 払 リ ー ス 料
175百万円
減 価 償 却 費 相 当 額
175
④ 減価償却費相当額の算定方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする
定額法によっている。
2. オペレーティング・リース取引
借 手 側
未 経 過 リ ― ス 料
1
年
以
内
872百万円
1 年 超
4,484
計 946
未経過リース料期末残高相当額は有形固定資産
の期末残高等に占めるその割合が低いため、「支
払利子込み法」により算定している。
③ 当期の支払リース料及び減価償却費相当額
支 払 リ ー ス 料
293百万円
減 価 償 却 費 相 当 額
293
④ 減価償却費相当額の算定方法
同 左
計 貸 手 側
未 経 過 リ ― ス 料
1
年
以
内
1 年 超
5,356
5,455
1,016百万円
1,621
計 貸 手 側
未 経 過 リ ― ス 料
1
年
以
内
1 年 超
計 2,638
計 1,255
2. オペレーティング・リース取引
借 手 側
未 経 過 リ ― ス 料
1
年
以
内
1 年 超
20
1,029百万円
4,425
598百万円
656
更新日時:00/11/28 PM 9:03 印刷日時:00/11/29 19:00
ファイル名:07-セグメント情報.doc
5.セ グ メ ン ト 情 報
(1) 事業の種類別セグメント情報
当中間連結会計期間
(平成12年4月1日∼平成12年9月30日)
(単位 百万円)
消
去
連
結
又は全社
放送事業
ハウジング
事
業
ゴ ル フ
事
業
その他の
事
業
(1) 外 部 顧 客 に
対 す る 売 上 高
(2) セグメント間の内部
売上高又は振替高
39,000
3,944
585
555
44,085
-
44,085
104
-
7
0
113
(113)
-
計
39,104
3,944
593
556
44,199
(113)
44,085
34,946
4,036
614
570
40,166
(113)
40,053
4,158
△91
△20
△14
4,032
-
4,032
放送事業
ハウジング
事
業
ゴ ル フ
事
業
その他の
事
業
(1) 外 部 顧 客 に
対 す る 売 上 高
(2) セグメント間の内部
売上高又は振替高
73,872
8,029
1,126
1,086
179
3
57
42
282 (
282)
―
計
74,051
8,033
1,184
1,129
84,398 (
282)
84,115
68,031
8,384
1,184
1,144
78,745 (
282)
78,462
―
5,653
計
売上高及び営業損益
営
業
費
用
営業利益(又は営業損失)
前連結会計年度
(平成11年4月1日∼平成12年3月31日)
(単位 百万円)
消
去
連
結
又は全社
計
売上高及び営業損益
営
業
費
用
営業利益(又は営業損失)
(注)
6,019 △
351 △
0 △
15
1. 事業区分は、同一事業系列に属する連結会社を集約して区分している。
2. 各事業の主な内容
(1) 放送事業 テレビ、ラジオ放送事業及び関連事業
(2) ハウジング事業 住宅展示事業
(3) ゴルフ事業 ゴルフ場運営事業
(4) その他の事業 保険代理店業、その他
21
84,115
5,653
―
84,115
更新日時:00/11/28 PM 9:03 印刷日時:00/11/29 19:00
ファイル名:07-セグメント情報.doc
(2) 所在地別セグメント情報
当中間連結会計期間
(平成12年4月1日∼平成12年9月30日)
本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び重要な在外支店はない。
前連結会計年度
(平成11年4月1日∼平成12年3月31日)
本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び重要な在外支店はない。
(3) 海 外 売 上 高
当中間連結会計期間
(平成12年4月1日∼平成12年9月30日)
海外売上高は、連結売上高の10%未満のため、その記載を省略している。
前連結会計年度
(平成11年4月1日∼平成12年3月31日)
海外売上高は、連結売上高の10%未満のため、その記載を省略している。
22
更新日時:00/11/28 PM 9:06 印刷日時:00/11/29 19:01
ファイル名:08-連結有価証券&デリバ.doc
6.有 価 証 券 関 係
※前中間会計期間に係る「有価証券の時価等」については、中間財務諸表等における注記事項として記載し
ている。
(当中間連結会計期間)
1.時価のある有価証券
(単位:百万円)
当中間連結会計期間
区
分
(平成12年9月30日現在)
その他有価証券
取得原価
①株
式
②債
券
国
中間連結貸借対照表計上額
差
額
699
4,637
3,937
債
314
314
-
金
融
債
10
10
0
そ
の
他
300
300
-
15
15
0
1,338
5,276
3,938
③そ
の
他
計
2.時価評価されていない主な有価証券
(単位:百万円)
当中間連結会計期間
(平成12年9月30日現在)
その他有価証券
中間連結貸借対照表計上額
①非上場株式(店頭売買株式を除く)
6,222
②公社債投資信託の受益証券
1,855
③コマーシャルペーパー
3,799
④手形債権信託受益権
170
⑤売掛債権信託受益権
655
⑥貸付信託の受益証券
30
⑦非上場の外国債券
100
計
12,831
23
更新日時:00/11/28 PM 9:06 印刷日時:00/11/29 19:01
ファイル名:08-連結有価証券&デリバ.doc
(前 連 結 会 計 年 度)
有 価 証 券 の 時 価 等
(単位 百万円)
前連結会計年度(平成12年3月31日現在)
種 類
連結貸借対照表計上額
時
価
評
価
損
益
流 動 資 産 に 属 す る も の
株
式
55
154
98
債
券
300
300
―
他
―
―
―
計
355
454
98
そ
の
小
固 定 資 産 に 属 す る も の
株
式
643
5,028
4,384
債
券
324
324
0
他
15
15
0
小
計
982
5,367
4,384
合
計
1,338
5,821
4,483
そ
の
(注)
前連結会計年度(平成12年3月31日現在)
1. 時価(時価相当額を含む)の算定方法
① 上 場 有 価 証 券
主に東京証券取引所の最終価格
② 気配等を有する証券
日本証券業協会が発表する公社債店頭基準気配によっている。
③ 非上場の証券投資信託の受益証券
基準価格によっている。
④ 上記以外の債券(時価の算定が困難なものを除く)
日本証券業協会が発表する公社債店頭基準気配銘柄の利回り、残存償還期間等を勘案して
算定した価格等によっている。
2. 開示の対象から除いた有価証券の連結貸借対照表計上額
流動資産に属するもの
公 社 債 投 資 信 託 の
2,501百万円
受
益
証
券
コマーシャルペーパー
844 手 形 信 託 受 益 権
118 売掛債権信託受益権
299 固定資産に属するもの
店頭売買株式を除く
6,707 非 上 場 株 式
貸付信託の受益証券
30 非 上 場 の 外 国 債 券
100 24
更新日時:00/11/28 PM 9:06 印刷日時:00/11/29 19:01
ファイル名:08-連結有価証券&デリバ.doc
7.デリバティブ取引関係
当グループは、デリバティブ取引を全く利用していないので、該当事項はない。
25
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
245 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content