close

Enter

Log in using OpenID

天板(補修前) ガラス繊維の露出・流出 パッキン劣化 ⇒雨漏り

embedDownload
∼ テクノレポート ∼ No. 68
簡易水道に使用する飲料用貯水槽のうち、FRP製品の耐久性は半永久的であるとされてきましたが、実際には
太陽光による紫外線や熱・風雨、水圧負荷等により確実に劣化して行きます。そのまま放置するとガラス繊維の露
出や漏水等により、水の汚染や本体の破壊等の事故につながります。かといって新しい貯水槽に取り替えるには、
多大な費用・長期間の断水等のいろいろな問題が発生します。しかし、寿命のきた貯水槽を水槽内外からFRPで
補修・補強・塗装することにより延命化することができます。検討してみませんか?
古いFRP製貯水槽は、FRPの補修で寿命延長できます。
水槽の点検箇所
壁面亀裂等の劣化
(破壊、雨水進入、
漏水起因
細菌類の進入)
内部の汚れ
(配管、
槽内部)
FRPパネル水槽補修概要
マンホール等の施錠
(異物投げ込み、進入防止)
通気管
マンホール
太陽光線
防虫網
オーバー(防虫)
フロー管
配水管
給水管
ドレン管
排水管
充分な空間
(排水の逆流防止)
天板(補修前)
ガラス繊維の露出・流出
パネル接合部(補修後)
気層部ボルト(補修前)
補修箇所
パッキン劣化
⇒雨漏り
FRP補修(例)
TECHNO REPORT(テクノレポート) No.68 発行 藤田テクノ株式会社 テクノレポート発行委員会
サビたボルト
ボルトの表面保護(例)
2007年09月10日発行
編集:斉藤 都木
〒370-0069 群馬県高崎市飯塚町1174-5 TEL 027-361-8111 FAX 027-363-1922
問合せ先:CS部/戸塚 都木
太田支店 TEL 0276-46-1348 埼玉営業所 TEL 049-279-3011
URL:http://www.fujita-tec.co.jp MAIL: [email protected] (メール配信ご希望の方はこちらまで)
本紙は、弊社よりの納品書等の郵送時に同封させて頂きますので重複等が発生する事がございます。予めご了承下さい。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
729 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content