close

Enter

Log in using OpenID

住吉ライオンズ杯争奪少年野球大会規定(Aクラス)

embedDownload
住吉ライオンズ杯争奪少年野球大会規定(Aクラス)
住吉少年軟式野球連盟
1
2
規
則
試合方法
3
時間制限
4
5
使用球
試
合
6
7
審
抗
判
議
8
当年度公認野球規則に準じOBBF大会規定に基づく。
試合はトーナメント方式で行う。
但し試合は7回戦とし、3回以降10点差、5回以降7点差が生じた時は、コールドゲームとする。
但し、決勝戦はコールドゲームを採用しない。
試合時間は、1時問20分を過ぎて新しいイニングに人らない。
同点の場合は封筒により抽選を行う。抽選は、試合終了時に出場していた選手9名がシート順に交互に抽選を行う。
決勝戦は、時問制限をせず、9回の延長戦を認める。準決勝戦より下記方式で行う。
(註)特別延長戦を行う場合は、引き分け時点でのメンバーにて行う。継続打順で、前回の最終打者が1塁走者とし、
2塁走者、3塁走者は順次前の打者とし無死で走者満塁の状態として開始する。1イニング終了時点で同点の場合は、
さらに継続打順でこれを繰り返す。2イニングス戦って再度同点の場合は、抽選で勝敗を決定する。
大会使用球は学童C号とする。(内外COKボール)大会本部にて用意します。
危険防止の為、捕手は捕手用ヘルメット、マスク、レガース、プロテクターを着用し、打者、走者、ベースコーチ
は共にヘルメットを必ず着用する事。但し、ユニホームを着用すればベンチ入りの指導者がベースコーチとなる事を
認める。(ヘルメットの着用の義務は無いが出来れば着用する事が望ましい。)ベンチヘ持ち込みのメガホンは各チー
ム1個とする。監督は、選手と同一のユニホームを着用し、背番号は30番を着ける事。(主将は10番とする。)指導者
は、自チームの帽子を必ず着用する事。試合開始予定時刻30分前に到着し、本部にメンバー表3通を提出する事。(メ
ンバー表には控え選手を必ず記入する事。)試合時問を5分過ぎて来ないチーム、又は、9人揃わないチームは棄権と
する。日没、降雨の場合は、4回を以て試合成立とする。(中止、決行は審判団の判断とする。)不正チームが発見さ
れた時は、その時点より当該チームは以後の出場は認めない。選手の使用する手袋はベースボール用スポーツ手袋と
する。打者に関しては左右を問わない。野手が守備に着く場合の使用はグラブをはめている手のみとする。但し、投
手の手袋の使用は禁止する。投手の使用グラブの色は白色並びに灰色の物は禁止とし単一同色の物を使用すること。
リストバンド並びにリストガード、リストプロテクターの使用は禁止。ロージンバックの使用に関しては、出場各チ
ームが用意したロージンバックの使用を許可する。大会本部及び審判員は用意しない。使用する状況に備え各チーム
の責任において用意すること。
義務塁審はいりません。
ストライク・ボール・アウト・セーフに対しての抗議は一切認めない。試合中の抗議は、主将及び当該プレイヤーの
みとし、抗議は1分以内で処理する事を原則とする。審判団が協議の上、決定後の再抗議は認めない。但し、審判団
協議がルール上の問題等で、1分以上経過した時はロスタイムを採用する。試合中監督は選手交代を告げる為か、非
常時以外はベンチを出る事を禁止する。
各グランドの事情に依りローカルルールを採用する。特に規制を要する設定ルールは試合開始に先立ち両チームの監
ローカル
ルール
督、主将に伝達する。
9 ファール 打球のフライをデッドライン外(ボールの位置)で捕球した場合はファールとする。ベンチ内の飛球はデッドライン
インプレイ 外とする。デッドライン内で捕球した後デッドライン外に出てもアウトとする。但し、捕球した野手が倒れたとき、
ランナーの居る場合は、ボールデッドで各走者にワンベースを与える。
10
11
12
13
14
ボーク
ボークは採用する。
スピード (イ)作戦タイムは1チーム1試合2回迄とし、1回30秒以内とする。
アップ
(ロ)投手の投球練習は初回及び交替時7球、その他は3球とする。
(ハ)投手は、捕手から返球を受けた時から15秒以内に投球する事。無駄な牽制は慎む事。これらの行為が目に余る場
合は、厳重に審判が注意する。
(二)攻守交替の時は全力疾走で行う事。
抽選番号の若いチームを一塁側とし、ベンチには監督を含め指導者4名(スコアラーも含む)及び登録選手20名以外は
ベンチ
入れない事。試合中に限らず、ベンチ内では、指導者の喫煙及びサングラスの使用は禁止する。応援団の言動、行動
にはチームが責任を以て指導する事。又、声援や応援は、スポーツマン精神に則り、野次等の個人攻撃は厳禁とする。
ファールボールは飛んだ方向のベンチが取りに行く事。但し、バックネット裏は攻撃側が取りに行く事。両チーム試
合開始及び終了の挨拶の際は、指導者もベンチ前に立って挨拶をする事。(監督は、グランドコート等の上着を脱い
で挨拶をする事。)
負
傷 試合中に於ける傷害については、主催者は応急処置、手当をする。
その他
雨天の時の決行、中止は午前7時に決定する。但し、主催者より連絡は一切しないので各チームはグランド責任者ま
で問合わせる事。尚、日程の都合上小雨でも強行する場合もある。日程・試合時間の変更は一切認めない。但し、学
校行事のある場合に限り、学校長の証明が必要で、一週問前迄に主催者の了解があれば認める。抽選会で決定した事
項については、チームに徹底させ厳守する事。万一棄権の時には、当該チームの指導者1名が、必ず試合時問30分前
迄にグランド本部へ来て、その旨を報告する事。変化球、かくし球、ラフプレーは禁止。その場合は退場も有り得る。
(審判団の判定に従う事。)公認野球規則3.03原注[前段]「投手は、同一イニングで、投手以外の守備についたら、再
び投手以外他の守備位置に移ることも出来ないし、投手に戻ってから投手以外の守備位置に移ることも出来ない」は
本大会では適用しない。試合中治療が長引く場合は、相手チームに伝え、試合に出ている選手9人の中から打順の前
位の者(投手は除く)の代走を認める。試合終了後は、ベンチ及び応援席の周囲の吸い殻、ゴミ等の清掃を各チーム
の責任に於いて行う事。試合終了後は、ベンチ及び応援席の周囲の吸い殼、ゴミ等の清掃を各チームの責任に於いて
行う事。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
151 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content