close

Enter

Log in using OpenID

いよいよ解禁か?地上波+衛星波の「ネット同時配信開始」と 米国IPTV

embedDownload
一般社団法人ケーブルテレビ情報センター
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町 4 丁目 1-16 室町フェニックスビル 2F
■TEL.03-6265-1548 FAX.03-6265-1549
cri@cri-info.jp
平成 26 年 12 月 25 日
CRI会員 関係者各位
第 131 回CRIフォーラム開始のご案内です。
今回は以下の2つのテーマで開催致します。
いよいよ解禁か?地上波+衛星波の「ネット同時配信開始」と
米国IPTV(CES)の動向
-Netfllix、Amazon、米国ソニーのIPVODサービスの最新動向と、
日本の民放局各社のIPTV対応を報告する-
講 師:マルチメディアコンサルタント 江口 靖二氏
今年(14 年)6月に可決した「改正放送法」を受けて、NHKでは来春1月から、1日 16 時間に限って「放
送番組のネット同時配信」を開始します。
既に民放局(日テレ・TBS)では、放送直後の番組をネットで配信する「見逃し視聴」(無料)を開始してい
ますが、NHKの対応(放送番組のネット同時配信)を受け、各局とも追随する動きを見せています。
しかし、電波を利用する「放送」と通信を利用する「ネット配信」では、同じ番組を流す場合でも出演者や楽
曲利用などの契約が異なります。また、CMの扱いをどうするかといった問題もあり、民放にとっての「ネット同
時配信」はなかなか取り組みにくいのが実情です。
現状では「CMをそのまま放送する」案の他、ネット配信用に「CMを差し替える」など、有料・無料も含めて
様々なケースが検討されています。NHKの場合は基本が有料(視聴料契約)だから「ネット同時配信はスム
ーズに実施できる」としていますが、民放各局にとっても「ネット同時配信」は避けられないのが実情です。
また、ソフトバンクでも来春早々に「CSチャンネルのネット同時配信」(ディズニーやミュージックジャパン、キッ
ズ、BBCなど 12 チャンネル。最大 50 チャンネルを計画)を開始すると発表するなど、2015 年中には「ネット
による地上波・BS・CSの同時再送信」が解禁される状況です。
結果、テレビ番組(地上波・BS・CS)は、「好きなチャンネルを好きな分だけネット経由で視聴する」という視
聴パターンが浸透し、ケーブルテレビのビジネスモデル(パック方式)に大きな影響が出ると思われます。
また、BBCやネットフリックス、アマゾンなどの欧米勢も日本に強い関心を示しており、「4K本放送」(ひかりT
V、スカパー)と合わせて、2015 年は放送業界の常識や秩序が大きく変わると予測されています。
そこで、第131回CRIフォーラムでは、「いよいよ解禁か?地上波+衛星波のネット同時配信開始と米国IP
TVの動向」と題して、マルチメディアコンサルタントの江口氏に講演をいただきます。
中でも、
・民放局が考えるIPTV(ネット同時配信)の対応とビジネスモデル
・米国CESの最新動向とネットフリックス、アマゾン、米ソニーなど欧米勢の対応
・IPTV(海外、地上波・衛星波)、4K(IP)のサービス開始とケーブルテレビ業界の対応は?
・・等にについて報告をいただきます。
●パートⅡ
テーマ:スマホによる「音声一斉同報通信サービス」の概要とケーブルMVNO利用を考える
講 師:アップドラフトコム代表取締役・福徳 孝之氏
スマホやPC、タブレット向けの一斉「同報メール」はおなじみですが、スマホの機能(アプリ)を使った新たなサー
ビスとして「音声による一斉同報通信」が注目されています。
これは、指定(登録)されたスマホやグループ間(1対1/1対N)で、スマホ経由で音声(メッセージ・会話)をや
り取りするサービスで、いわば、スマホによるトランシーバー機能といえるものです。
また、この機能の利用にあっては、原則、新たな通話料は不要(LINEやスカイプ)なことから、職場間での活
用や、公共グループ(消防・ヘルパー・市会議員)や高齢者(在宅確認・防災情報の提供)向けの音声サー
ビスとして検討されています。
また、ケーブルテレビ業界では今、MVNOによる携帯電話サービスが注目されていますが、そこに同梱される
アプリとして、①災害や防災情報、②緊急地震速報などの音声による「地域公共情報サービス」が求められ
ています。この「音声による一斉同報通信サービス」は、これらの公共サービス等を手軽に実現できるシステム
であり、ケーブルテレビ局の新たなビジネス開拓のツールとして期待されています。
そこで、第 131 回CRIフォーラム(パートⅡ)では、アプリ開発事業者である福徳氏をゲストに、アプリの概要や
ケーブルテレビにおけるビジネス(MVNO)モデルの検討と合わせて、実際の通信実証を行います。
*アプリは通信会社(MVNO)を選ばず、アンドロイド端末であれば利用可能。
【第131回CRIフォーラム開催概要】
日 時:平成 27 年1月 29 日(木) 午後3時 00 分~5時 00 分
会 場:東京・日本プレスセンタービル 10F(日本記者クラブ)
会 費:CRI会員 1 名5千円/非会員1万5千円
*終了後懇親会を開催致します(参加自由:5千円)
CRIケーブルテレビ情報センター事務局行き(FAX:03‐6265-1549 cri@cri-info.jp)
第131回CRIフォーラム
地上波+衛星波の「ネット同時配信開始」と米国IPTVの動向、他
出欠連絡通知①
■開催日 1月 29 日(木) 15:00~18:30(懇親会含む)
■会 場 東京・日本プレスセンタービル 10F(日本記者クラブ)
http://www.jnpc.or.jp/section1/shisetsu.html#map
■フォーラムに参加 (15:00~17:00)
・する
・しない
■懇親会に参加
・する
・しない
(17:00~18:30)
■会社名
(ご連絡先)
・電話
・FAX
■お名前
(部署・役職名)
(mail)
■ご同伴者のお名前
(部署・役職名)
ご同伴者の連絡先
・電話
・FAX
ご同伴者のE-mail
参加費は1月 27 日(火)までに下記の銀行振込にてお願い致します。
*お振込み後のキャンセルはご容赦くださり、代理出席にてお願い致します。
みずほ銀行神田支店
普通口座 2014286 ケーブルテレビ情報センター
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
199 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content