close

Enter

Log in using OpenID

PROCEEDINGSUFTHE29THGENERALMEETING

embedDownload
2
1
7
PROCEEDINGSUFTHE29THGENERALMEETING
OFTHEJAPANESEASSOCIATIONOF
1
'
RIALMEDICINE
INDUS
.Agjng
1
. Lo
nge
v
:
i
t
yr
a
t
e
. (
R
e
p
o
r
t
.I
I
I
)
.
.・・
…
.
.
.
・ ・
.
.
…
…
… ・・
.
.
・ ・
.
.
…
'
"
・ ・
.
K
.Abe& K.Yano.
H
H
H
H
H
H
h
sbyi
n
d
由 t
ryandocαIpation. (
R
e
p
o
r
t
2
. S
t
u
d
i
e
sont
h
ec
a
u
s
e
so
fd伺 t
I
I
)
:I
n
d
i
r
e
e
t.
s
t
a
n
a
a
r
d
i
i
e
dd
'
e
a
t
h
r
a
t
ebyc
a
u
s
ea
r
i
di
n
d
u
s
t
r
y
Ii
g
a
s
l
i
i
d
a&T. Okada.
.
.
.
.
.
T
.l
3
..S
t
u
d
i
e
s'
o
nl
a
b
o
l
n
:
'a
g
e
'i
i
iilhi
i
o
司
n
:a
i
i
d
's
t
e
e
r
f
:
i
.
c
t
o
r
y
.(
R
e
p
o
r
tV
I
I
):
イ
f'r
e
t
i
r
e
<
le
n
i
t
l
o
y
e
e
s…
…
.
.
.
.
.
・h ・
.
.
.
.
・ ・
.
.N.Motoda& M.Kiyonaga.
S
u
r
v
i
v
a
ly
e
a
r
so
H
• ,
'
4
;
<L
i
f
e
'
t
a
b
l
e
s
f
o
r
t
h
eworkersa
泊d
'
d
i
e
i
i
'
f
a
n
i
i
u
e
s
'o
f
'
Y
a
w
a
t
a
'
i
r
o
nand
包e
l
'
C
o
よL
t
d
:
,
.
'
1
9
5
4
"…
s
t
・・4・
4
・・;H.Miz出五i
I
I
i
a
'
.U.Ma
s
'
i
t
h
.Hata,N
.JMot~dら,'l'M. :K:~wai &Shi吋o
.
a,N
J、Fatigue
Id
renandi
ぬ s
e
a
s
o
r
I
a
:l
'
v
a
r
i
a
t
i
o
n
5
. F
a
t
i
g
u
ei
ns
c
h
o
o
lc
hi
.S
.F吋i II),oto,.~.
Y
.Abe
,
A
,
.Nagata,
Na}>:amur~ , 'l\Furu~a'Ya;
T.Kawagoe,S
.Matsuo& M.Tomita.
6
. I
n
v
ω
t
i
g
a
t
i
o
n
so
ft
h
eamount'o
fneu
仕組 1
7
・k
e
t
o
s
t
e
r
o
i
d
se
x
c
r
e
t
e
di
n
.
n
m
i
l
lf
e
m
a
l
e
'wpr
k
:
e
r
s
.
.(
R
e
p
o
r
t
.I
)
…
… H.恥f
u
k
i
.& S
.Y
o
s
h
i
d
a
.
theu
r
i
n
eofC
O
t
t
o
7
. Sh
悩
】
1
詰
i
f
白t
戸
喝
s
戸
y
s
t
飴e
J
;
l
Ia
1
吋
呼
1
c拘
f
a
t
i
g
)
郡
l
s
.
…
…
.
….
日
竺
て
…1円 ,.λ,
"
日
…
.
日
.
日
"
ア一
h
.
.
…
.
日
.
日
…
…
.
日
.
,
.
.
,
.……
…
.
.
…
…
.
日
…
.
“
.
,
.
…
…
.
日
.… .
…
.
…
.
“
.“
…
…
.
目
.日
…
…
.
.
ザ
引
}
日
…
‘
“
山
…
.
“
.
目
…
…
.
“
.…H.S必
a
i
尉
k
i
.
8
. Fa
討
.
t
埼
i
♂
g11
犯
e泊
i nc
∞
oa~ m
iners,p
a
r
t
i
c
u
l
a
r
yi
t
再ヤa
r
i
a
t
i
o
nbys
h
i
f
t
s
'
",………… .
.
M
.Matsuaa.
S
t
u
d
i
e
s on the .
f
atigueof.
.
n
e
w
l
y
.
e
m
p
l
o
y
e
d
..
w
o
r
k
e
r
s,
i
n,
at
o
t
a
c
c
o
9
.,
.
.
.
.
・ ・…………………-…………..'1'"Ta
,
mamoto,T.Htikui&A
.
.Takao.
f
a
c
t
o
r
y
.
.
.
.
.
.・・
H
H
1
0
. S
t
u
d
i
e
s on t
h
ef
a
t
i
g
u
e
.
.
o
ffemale.
w
o
r
k
e
r
s
.i
.n
.a .
c
o
t
t
o
n.
s
p
i
n
n
i
n
g
,
,
‘
l 戸
f
a
c
t
o
r
y
. (
R
e
p
o
r
tI
I
)…
…
…
・
・
.
.
.
.
.
.
.
.
…
・ ・
.
.
…
?
・S.Uchida,T",
H
t
i
k
u
i& A
.'
.
T
a
k
泊.
H
1
1
. Sqmmerf
a
t
i
g
u
e
.i
nacþemi~al p
J
a
q
.
t
.
.
.
.ー
.
.
.
N
..
F
u
j
i
i
"H..
K
o
n
d
δ ,T.Hukui&ATakao.
,
1
2
" Studies on,the seasonal,V;:I封鎖:ion.
o
f.
f
a
t
i
g
u
e
'in.an.
e
x
p
e
r
i
e
n
c
e
d
∞ofattory
.•worker…………………………….H;Niki,
.
T
.Hukui&A.Takao.
toba
1
3
.
.S
t
u
d
i
e
sont
h
ef
a
t
i
g
u
eo
f関 l
e
s
w
o
m
e
n
.
.
'…………………………M.Kiyonaga& M.I
s
e
d
.
,
1
4
.
.,
St
,ud
i
e
s on.tPefatigue:of
.'
f
em
;
:
tl
ew
e
.
a
.
刊 r
s
. (Rep
l
>
r
t
.,
I
I
)る On,
t
h
e
'
"
F
l
i
c
k
e
rv
a
l
u
e・
円
…
ー
…
…
.
.
.
.
.
.
.
.
,
…
.
.
.
・ ・-…………・ ・
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
'
.
・・
.
.
….
t
.
,
.
…
,-N.Miura.
15
.,S
t
u
d
i
e
sont
h
e'
F
I
ic
k
e
r,
:
v
a
l
u
e,
o
,
.
ftelegraph.operator
母……・ ・・
…
.
,
.
・ ・
…
…J
.S
u
z
t
i
k
i
.
H
H
s
H
M
H
H
u
e
.0ιelectricalphosμiene.
i
nI
r
o
n
'ands
冶
te
l
1
6
.
. 00the t
h
e
r
e
s
h
o
J
d
.val
,
workers. ・;~~.:・...ー…… H・ャ………………・・?日即日・・・…・・叩円・・0・・・ 7 ・ H ・ H ・......・ M ・ ............S.
I
r
i
e
.
1
7
..Deg
;
r
eeoff
a
t
i
g
;
悌 i
n.
d
e
s
k
.
.w{lr,ke
l'$-a
nd.
m
u
s
e
u
J
a
rl
a
b
o
r
e
r
s
.measured'.
.
.
匙詑t
.
r
l
c
-'
f
i
i
:
c
k
e
r
'
,m
ethod
byt
h
eM
o
t
!
}
k
a
w
:
a
'
γ
e
,
,
了 rn'; ,、、・4・ 7・・・..,.....・M …H ・H・.,~,...I'凪吋--山山一.K"S回~i.:H;, 'X!l:mashita;'Y.'Megumi'&
句
H.K
a
t
o
.
18ぶ iCh
.
a
i
l
g
eof0
α
t
l
a
r
:
h
e
a
罫 伊 泊t
,
4担e
.
t
Q,
work.i
n
'a
"
c
o
a
l
'
m
i
n
e
;
'
.
'…
・ ・・
…"T.
,Yamagata.
H
H
1
9
. P
le
白y
smographjc氾 h制 酔f
鋪 l
(
即 時1噌 s
l
.
a
n
d
r
f
'
佼l
to
femployeesin喝 、 円
‘ι
i
山
,
.
t
t
a
n
s
戸 凶a
t
i
o
品 a
郡時三濃曲:和総姐.d
i
Dg-:
w
o
r
k
.l
B',
summer……・吋…“ K.
,
Munekiyo.
γ
2
1
8
2
0
. S
t
u
d
i
e
sont
h
ef
a
t
i
g
u
ei
nb
o
i
l
e
rf
a
c
t
o
r
yworkersby s
u
b
j
e
c
t
i
v
eand
.
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
.
.
…
…
・ ・・
…
.
.
.
・ ・
.
.
.M.Maekawa.
i
n
t
r
o
s
p
e
c
t
i
v
e means.
.
..
.
..
.
.
.
.
..
H
H
H
H
H
P
h
y
s
i
c
a
lPerf
ormance
. Phy
説 明1b
u
i
Id,s
t
r
e
n
g
t
h.
a
n
dp
o
s
t
u
r
eo
f.
A
g
r
i
c
u
l
t
u
r
a
IJ
a
b
o
u
r
e
r
s
.
.
..
.
.
.
.
・ ・
"
.
I
.Okamoto.
21
H
1mitofthefarmer'slabor・
.
.・
…
…S
.O
i
s
h
i& T
.Yamada.
2
2
. Ac
o
n
s
i
d
e
r
a
t
i
o
nont
h
eI
H
o
n
s
u
m
p
t
i
o
n
.
.
.・・
.
.
…
…
…
…
K
.Numajiri.&K
.Ando.
2
3
. P
r
o
d
u
c
t
i
v
i
t
yi
nr
e
l
a
t
i
o
nぬべenergyc
H
2
4
. S
t
u
d
i
e
sont
h
eb
a
s
a
l metabolismi
n'
c
oa
:
li
n
i
n
eworkers…
…
.
.
.
・
H
・
.
.
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
K
.Toku.
H
Accident
¥
l
s
a
t
i
o
no
fi
n
d
u
s
t
d
a
la
c
c
i
d
e
n
t
s
. (
R
e
p
o
r
t
2
5
. Human f
a
c
t
o
r
si
n the c
a
n
d
.a
p
t
i
t
u
d
e
.t
e
s
t
s
.
o
n
.
t
h
e
1
1
1
)
: Ont
h
er
e
s
u
l
t
s by Ror~hach a
n
o
n
.
a
c
c
i
d
e
n
tgroup… ・・
…
… ・・………………………………………ー ・
,
.
・.Y.Ikeda.
2
6
. S
t
u
d
i
e
sont
h
ewoundsr
ぽ e
i
v
e
di
nthep
i
to
f
.a m
e
t
a
l
l
i
cmine
… ・・
.
・ ・
.
.
…
…
…
…
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
…f・
・
… '..T.Tsukamoto、
&S.:Nagflta.
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
2
:
l
. .
As
t
a
t
i
s
t
i
c
a
ls
t
u
d
yona
c
c
i
d
e
n
t
si
nap
r
i
s
o
n日
…
.
日
.日
…
…
.
日
.
.
…
.
日
.
.
…
.
日
.
.
…
.
日
.
.
…
.
日
.
.
…
.
叩
一
'
2
却8
. Somec
o
n
s
i
d
e
r
a
t
i
o
n
s ont
h
eK
l
a
e
p
e
r
i
n
.
U
c
h
i
d
at
田 t
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
…
…
…
ベ T.Tanaka.
.
2
9
. EMGo
fe
x
t
r
e
m
i
t
ym
u
s
c
l
e
sa
f
t
e
ramputation
・・ ・…
・ ・・
…
… ・・
…..H.Ma担 ki;E.Hayas!:
,
:
I
l H.Takano& K
.Koshihisa.
H
H
H
H
H
H
S
p
e
c
i
a
l
.Lecture
ばorinl
i
e
a
l
也 統1
凶 n
i
s
t
r
a
t
i
o
no
fwork~shóPs……...・ H ・-……...・ K. Toda.
Roleo
fthedo
Workingenvironment
On the e~はetioÌl' o
face
t
O
I
i
eb
o
d
i
e
s
i
n
'u
r
i
n
e of e
i
n
p
l
o
y
e
e
si
na
s
t
e
e
l
'f
a
c
t
o
r
y
. (
R
e
p
o
r
t1
)…
'
.
.
・・
.
.
.
.
・
・
日
日
.
.
.
・ ・・・・
.
.
.
…
…
…S;Ogawa&
.s.Hayash
i
.
.30~
A
H
H
H
H
3L Inv
白 t
i
g
a
t
i
o
n
s
'o
n
'w
a
t
e
r
.
m
e
t
a
b
o
l
i
s
I
I
,
ib
l
o
o
i
la
n
d
'urineo
fo
p
e
n
"
h
e
a
r
t
l
i
w
o
r
k
e
r
s
'ofas
t
e
e
)p
l
a
n
t
、
…
… ・・
…
… ・・
.
.
.
.
.
;
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
…
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
.
.
.
・
H
H
H
H
H
H
H
・
.
.
…
… S.Shinjo.
庄町to
fa
i
r
c
c
i
n
d
i
t
i
o
n
iI
i
ga
thotc
o
a
l
.
f
a
c
ei
n
J
o
b
a
i
l
'
C
t
泊r
'
M
i
r
i
e
32.>.E
…
.y;S
i
i
z
u
k
i
;
H
.K
o
l
l
1
i
ikawa & Y.1tδ.
3
3
_ On'thee
庄 町to
f
'
e
x
e
r
とi
田 w
iths
a
f
e
t
y
"
r
回 p
i
r
a
t
o
ronb
o
d
i
l
yf
i
i
I
i
e
t
i
o
n
s
.
,
、
i
1
k
i,
M.Okata,
H.Koshikawa&Y.I
t
<
δ
.
'
.int
h
e
'
h
o
tpit........ ・ H・...・H ・H ・M ・ ..Ó.ÓY~ Suz
'
l
.mfners …ω~kAriínatsu, T
.KaWachi& S~ 1
s
l
Ii
n
i
s
l
i
i
.
3
4
. H
e
m
a
t
o
l
o
g
i
c
a
l
'
o
b
s
e
r
v
a
t
i
o
n
s'
o
n
:coa
3
5
. D
i
f
f
i
c
u
l
t
i
田 o
fh
e
a
r
i
n
go
fc
o
a
lm
i
n
e
r
s
'workingi
ns
h
i
岱
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
G
.Nishimura.
H
,.Asぽ eeningtestbyagroup'audiometer
.
3
6
;
.
.
.
・ ・
.
.
・ ・
“
・
叫 A.Koizu也 i,M.Ashi
Z
l
i
w
'
a& S
.Kawamura.
H
H
.!fl.Di
伍c
u
l
t
i
e
s
'ofhearingandBe
r
i
Be
r
isymptoms'i
n
't
e
l
e
t
1
i
one
l
'
a
t
o
fS
・
'
.
. ・・・・
…
… ・・・・
.
.
.
.
.
・ ・・
" ・・・・
…
…
… S.;
Takada& Y.Koake.
ope
3
8
. C
l
i
n
i
c
a
lob
鉛r
v
a
t
i
c
i
nont
h
ea∞田:tiè 佐由ma..... ó • ・H ・...………-….....・ H・・… S. Kawaniura.
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
伺
ont
h
e
.o
c
c
u
p
a
t
i
e
n
a
l hazardscau
鈴 d
.
.by.
p
o
r
t
a
b
l
ev
i
b
r
a
t
i
n
g
3
9
. S
t
u
d
i
t
o
o
l
s
.
.
.・・・…
・
H
H
H
H
・・
…
“
・
・
・
…
・
山
…
日 ・
・
.
.
・ ・・・・
.
.
.
.
…
H
H
R
H
H
H
H
.o
Y.SI
i
油
断
&
, M.'Nishihara.
部 o
nthe0∞u
p
a
t
i
o
n
a
ldeformityoff
u
i
g
e
ro
o
n
e
s
.
I
nsawyers'
4
0
. S
t
u
d
i
… H・ H・"・.'-~'..・M ・-・ 6・・・…H ・ H ・ H・ H ・…........・・・・…....・H ・h ・_....・...山,~............".・M ・.. H
;'Katsunuma.
A
n
、.improvedhospitaIlock...-,
・
.
.
.
・…
…
…
.
.
.
.
・ S・・
.
.
.
.
.
.
.
"
.
.
.
.
.
.
….H.Kita& 1
.N出1ìimöto~
4
1,.
H
4
2
. 1
n
v
e
s
t
i
g
a
t
i
o
l
'
l
S.
ontheenv
I
o
r
o
n
!
官官m
t
a
L
c
o
n
d
i
t
i
o
n
I
V
i
t
i(j節目:e'rooms~
'
(
R
e
i;均的 '
1
)…
…
・
・
・ 4・
・
叫
…
品
目
・
,
'
.
.
・ ・
“
.
、
.
.
.
:
・ ・ー
・ ・・
山
由
品
.
.
.
.~日山・山 H ・ H ・ H ・ H・..… .1. Saito.
H
H
H
H
H
-
219
4
3
. O
c
c
u
p
a
t
i
o
n
a
lr
a
d
i
a
t
i
o
nhazards…
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
・ ・
…
.
.
.
:
.
.
.
.
…
…
・ ・・
.
.
.
・ ・-………よ S. Ishizu
M
H
H
H
H
4
4
;
'
" Pn
沿v
e
n
t
i
o
no
f玄
・r
ayh
a
z
a
r
d
s
'among'r
a
d
i
o
l
o
g
i
s
t
s
; (
R
e
p
o
r
t
'I
V
)
H・ H・ K~ H
o
r
i
u
c
h
i,K
.Ow
:
a
da,T
.
_Ueda
,C.Na
:
kagawa,A.H
:
Irayama,
N.Wada;M;F
u
j
i
t
a
n
i& A;Numada.
・
.4
5.Preveritiono
flu'aniumhazardsofg
e
o
l
o
g
i
c
a
lsurveys
ぬf
f
‘
.
"
・ ・
.
'
.
M
.Ka
:
g
a
:
mi,E..Yasuura,T.Uehata,G.Hoshino,T.Sato、&T.I
n
o
u
e
.
H
4
6
. Airp
o
l
l
u
t
i
o
nnearMame
'
t
an(
akindo
f ∞a'
1f
u
e
l
)
'f
a
c
t
o
t
i
e
si
nC
l
i
i
,
王
l
i
h
o
:
a
r
e
a…
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
・ ・
“
…
・
・ ・・.....…………………・=…;N.Saruta& T.Akiyama.
Z
H
‘
H
H
H
4
7
.'
I
n
t
e
r
r
e
l
a
t
i
o
n
s
h
i
pb
e
t
w
e
e
r
l
'
d
e
p
o
s
i
t
e
d
'
:
a
t
m
o
s
p
h
e
r
iC
:i
m
p
u
'
d
t
i
e
s.
a
n
d
t
d
i
t
i
6
n
si
nUbeC
i
t
y
.
.
.
.
;・・
…
…
…・
凶
…
.
.
.
・
.
.
;Y;Nose& S
. Ueno.
m
e
t
e
o
r
o
l
o
g
i
c
a
l∞r
H
r
Iei
m
p
u
r
i
t
i
e
s泊 U b
e
'
C
i
t
y
4
8
. I
n
v
e
s
t
i
g
a
t
i
o
n
sond
e
p
o
s
i
t
e
datmosphe
・ ・・
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
…
…
…
…
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
'
・
・
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
'
.
・
.
.
… ・・
m
H
H
H
H
H
H
4
9
. I
n
t
e
r
r
e
l
a
t
i
o
i
1
s
h
i
pbetweend
e
p
o
s
i
t
e
da
tn
:
i
o
s
p
h
e
r
i
ci
n
i
p
u
r
i
t
i
'
e
sa
n
d
;
“
human'h
e
時
a
l
民
th凹
c
o
n
d
i
t
i
o
n
宮 i
泊
nU加
beむ
C
i
t
竹
y… 日
…
…
.
日
.
.
一
…
.
叫
山
.
.日
…
…
.
日
.…
…
.
.
…
…
.
日
…
.
日
'
"
…
…
.
日
.…
…
.
.
一
…
…
.
日
…
.
日
.
.
5
0
. Determinationofl
e
a
di
na
i'
rw
ithEDTA………・…円・円…"…・ 4・
…
…
…
…
.
.
.
・H ・
.
.M.Tati
.
5
1
. Samplingo
fmercuryvaporby
:am
idget.imtinger…
…
…
…
…
.
.
.
.
.
.
.
.
・ ・・・
'
"
・ ・
.
.
0
.Tada.
H
H
H
H
5
2
. E
s
t
i
m
a
t
i
o
i
lo
fp
h
e
r
t
o
l ina
i
r………………ー……… ・・
.
.
.
.
.
.
円
・
,
'
.T,Fukuyama'& T.Sat
o
.
,
H
H
HealthAdministration
~ . Aninv~stigation
onthea
g
r
icUl
t
u
r
a
ll
a
b
o
r
.
.
.
.
・ ・
.
.
…
.
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
…
K
.Ishikawa,T.Suzuki;G
.Nito.&M.Kawamori.
H
H
.
i
v
i
n
gcon.d~tionsaIld h
e
a
l
t
ho
f,womenofthe,worker.cla
(
l
S
5
4
. L
"T.Higashida,M."Tanaka,Y.Seto,.
Y
.Hori
g
1
.
l
chi<&S~ Kaneko.
on metal miners. (
R
e
p
o
r
t1
)
: Time s
t
l
,
1
dy, and ehergy
cQnsumptiop
・
.
.・
.
.
・ ・
プ
・ ・
.
.
.
.
.
・ ・
・
… ・・・・
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
…
…
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
1
'
.Onabe.
:
5
5
,
. 'S
t
u
d
i
部
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
5
6
. N
u
t
r
i
t
i
o
n
a
ls
t
a
t
u
so
fseamenasdetermi
,
ne
dbyt
h
ec
o
r
r
e
.
c
i
edc
o
n
c
e
n
.
,
回 s
.
.・
K
.Takag~ , T.N
.
i
s
h
i
t
'
e,T.Masuoa& H.Mochizuki.
t
r
a
t
i
o
no
fu
r
i
n
es
u
b
s
t
a
n
,
5
7 Sぬ t
i
s
t
i
c
a
ls
t
u
d
i
e
sont
h
e
.
s
i
c
k
n
e
s
so
fs
p
i
n
n
i
h
g
.
m
il
1w
orkers',
"
・ ・
.
.
.
.
・ ・
.
,
・ ・
…E.Kita.
弓
H
H
H
5
8
. S
t
a
t
i
s
t
i
c
a
lstudiesonthes
i
c
k
n
e
s
so
fr
ai
!wayworkers・・・
.
.
…
…
.
.
.
・ ・
…
・
… M.Asida.
,
H
H
H
5
9
. Ani
n
v
e
s
t
i
g
a
t
i
o
no
fd
i
g
e
s
t
i
v
ed
i
s
e
a
s
e
samong.wQrke
:
r
;
声 i
nacerami
c
,
fqç~ory.:.. ……・H ・ H ・..…....・H・ ..γ …...・ H ・..…...・ H ・......・ H ・H ・ H ・.~
.
・ ・
.
.
.
.
・ ・
.
.
… h荏. Shirai
.
H
H
,
6
0
. I
n
v
e
s
t
i
g
a
t
i
o
n
sandmachineo
p
e
r
a
t
o
r
sf
o
re
x
p
l
o
i
t
a
t
i
o
ni
nHokkaido.
(
P
a
r
tI
I
)
: Onw
i
n
t
e
rl
a
b
o
r
・S
.Abe
,K
.Murayama,T."Nakano;;T;Yamamoto,S.Nakamura,
Y.Hδnaka,
H..HasebE
l
..
T
.M
i
y
a
.
s
h
i
t
,
a T. Hirose,T.Katδ&K
.Kasuya.
0
6
1
. M
u
l
t
i
p
h
a
s
i
cs
c
r
e
e
n
i
n
gexaminationo
fi
n
d
u
s
t
r
i
a
lw
o
r
k
e
r
s
.(
R
e
p
o
r
tI
I
):
…
…
ー
Anhypërtensioii~ '
a
i
i
di
t
se
l
e
e
t
:
i
oe
:
i
.
i
d
i
og
I
'
a
i
n
.
.
.
H
・
M.I
e
h
i
n
o
s
e&
K;S
h
i
o
f
l
a
k
a
.
'
e
'
もl
o
o
dp
r
e
s
s
u
r
ei
nI
n
d
u
s
t
r
i
a
l
e
m
t
l
o
y
e
e
s, (
:
R
e
p
o
t
tI
I
I
)
'
6
2
. Ont
h
、 ;
.
P
.'AI
i
iyama,
"
S
.T
a
'
n
a
k
a& S
.'
O
k
a
.
.<
6
3
. C
o
r
i
s
i
d
e
r
a
t
i
o
n
sonlabouiah
i
1
ii
I
田 o
fh
y
p
e
r
t
e
n
s
i
v
e¥
v
o
r
k
e
r
s
.
…
・
・
・
… ・
M.Yamamoto,H.Chiba,T..
Y
amamoto,T.Mi
プa関 k
i,
(
R
e
p
o
r
t1
)
.
.
.
.
.
.
.・・
H
H
H.Takei& T.S
a
i
t
o
.
I
n
d
u
s
t
r
i
a
lPoisoning
制
A survey on
-t
he lead.po~soning: .
among w
O
F
k
e
F
i
l
'i
n
.'D.eWSI
泡
,p
.
e
r
ぃ
,
p
r
i
n
t
i
n
gf
a
e
t
o
r
i
e
9…………………・… H;.Watanabe
,Ki.
To
mita& H.Mu
i
:ayama.
2
2
0
6
5
. E
l
e
c
t
r
o
c
a
r
d
i
o
g
r
a
p
h
i
cs
t
u
d
i
e
s on the worker a
ta s
t
o
r
a
g
eb
a
t
t
e
r
y
.
.K
.Osa
r
i
l
l
i
r
a& 'Y.Nakanishi
.
manufacturingp
l
a
n
t… ・・……………・…… ・・・・
H
H
H
H
H
H
6
6
. Treatment o
fthel
e
a
dp
o
i
s
o
n
e
dw
i
t
hCa-EDTAbyo
r
a
la
d
m
i
n
i
s
t
r
a
t
i
o
n…
…S
.N
i
s
i
n
o
.
r
e
a
t
m
e
n
t
.o
f
.i
n
d
u
s
t
r
i
a
ll
e
a
dp
o
i
s
o
n
i
n
g
.(
R
e
p
o
r
tV
)
:
6
7
. Prevention,a~d t
・
A
.r・
・
…
…
…
… ・・
K
.H
o
r
i
t
i
c
h
i
;K.Ow
ad
丸
E
f
f
e
c
to
fo
r
a
la
d
m
i
n
i
s
t
r
a
t
i
o
no
fCa-EDT
S
.H
o
r
i
g
u
c
h
i,Y.,
N
agao,H,
I
:
wa
t
a
k
i,T.Ueda,
.A.Hirayama,N,
Wada& M.Yuge.
H
H
6
8
. I
n
v
e
s
t
i
g
a
t
i
o
n
so
n
.workers.
i
na'man
伊 n
esemine. (ReportIV) ・.
…Y.Suzuki,K
.
.Nishiyama,M.Doi,Y.Matsuka,T. Ueda'& T
.Ochi
.
6
9
. S
t
u
d
i
e
sonthephosphorusn
e
c
r
o
s
i
s
…
.
.
.
.
・ ・
円
…
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
・ ・
…
…
…
.
.
.
.
・ ・
…T,Nomura.
H
H
H
H
7
0
. .
P
h
y
s
i
o
l
o
g
i
c
a
le
f
f
e
c
t
so
fe
x
p
o
s
u
r
etoS0
gasinas
u
l
p
h
a
t
ef
a
c
t
o
r
y
"・・
… N.Katayama.
2・
H
b
ys
p
r
a
y
p
a
i
n
t
e
r
s
. (ReportI
I
)
: Ontheproblem
7
1
. Benzolp
o
i
s
o
n
i
n
g,
o
fi
n
t
o
x
i
c
a
t
i
o
nd
i
a
g
n
o
s
i
s…
.
.
.
・ ・
.
.
…
…
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
…
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.D.Ueoka.
H
H
H
H
H
H
7
2
. Onthe benzene c
o
n
c
e
n
t
r
a
t
i
o
n inexha~ed a
i
rofbenzeneworkers
(ReportI)
・
.
,・
.
.
.
.
.
・ ・・・
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
・ ・・・・ ・
.
.
.
.
.
・ ・・ ・
.
.
.
1
.Hara.
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
τ
3
.'
.O
c
c
u
p
a
t
i
o
n
a
ld
i
s
o
r
d
e
r
sint
h
es
y
n
t
h
e
t
i
cchemicali
n
d
u
s
t
r
y
.
白 o
fp
o
i
s
o
n
i
n
g duet
o
'anew o
r
g
a
n
i
cs
o
I
v
e
n
t
(ReportIV):. Cas
“T
e
t
r
a
h
y
d
r
o
f
u
r
a
n
.
',
…
…
…
.
.
・
.
.
.
.
・
H
・..………… K..Horiuchi,S
.H
o
r
i
g
u
c
h
i,Y
.Nagao.
N.Wada& A.日irayama.
7
4
. O
c
c
u
p
a
t
i
o
n
a
ld
i
s
o
r
d
e
r
si
nt
h
es
y
n
t
h
e
t
i
cchemicali
n
d
u
s
t
r
y
.
(
R
e
p
o
r
tV): I
n
d
u
s
t
r
i
a
lt
r
i
c
l
e
n
ep
o
i
s
o
n
i
n
g
'
"・・
.
.
…
…
…
.
.
.
・ ・
.
.
K
.Horiu
.
c
h
i
;T.F
u
j
i
i
.
H
H
jima& Y
.Okamoto.
S
.Kっ
7
5
. Healthof仕 i
c
h
l
o
r
e
t
h
y
l
e
n
eworkers……………-………・・ ・・………..H.M
a
t
s
u
f
u
j
i
.
H
H
7
6
. Anobservationo
fthea
c
t
i
o
no
fparathiononman.
(ReportI)…
.
.
.
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
… N.8aruta,S.Yamaguchi,N.Ishinishi,A.Tani,S
.'
O
d
a
.
H
:
'
i
M:I
n
u S.Watanabe'&K
.Hasegawa.
7
7
. Ano
b
s
e
r
v
a
t
i
o
r
io
fthea
c
t
i
o
no
fp
a
r
a
t
h
i
o
nonman. (
R
e
p
o
r
tI
I
)
… .N.Sarb
.
t
a
;S
.Yama
酔 c
h
i,N.I
s
h
i
n
I
s
h
i,A.Tani,S
. Oda.
M.I
n
u
i,M.Watanabe& K.Hasegawa.
r
:
l
t
i
o
n
si
na
i
ro
ff
o
r
m
u
l
a
t
i
n
gp
l
a
n
t
7
8
. Parathionc
o
n
c
e
n
t
.
.
・ ・
K
.Ueda,K
.Takahashi
. M.Uematsu& T.Takata.
7
9
. Onthef
o
r
e
i
g
e
n
・
body'
o
fe
l
e
c
t
r
i
c'
w
i
r
e
s…
……………・...・ ・
.
.
.
.
・ ・
.
.
・ ・
.
.
.
.
・ ・
.
,
;H.Furuya.
H
H
H
H
H
S
p
e
c
i
a
lLecture
I
nd
u
s
t
r
i
a
Ih
y
g
i
e
I
l
ei
nt
h
eceramie i
n
d
u
s
t
r
y
.
.
.
.…………・…・……・・………B.Koinuma.
i
.
'
tm
entalReports
Depa
8
0
. Shipbu
i
!
d
i
n
g…
…
…
…
…
.
.
.
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
…
…
.
.
.
・ ・
.
.
…
…
…
… ・・
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
…h …
.
.H. Ohbayashi.
8
1
. Ammonia s
u
l
p
h
a
t
ei
n
d
u
s
t
r
y
.
.・・
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
…
…
… K.:
R
asegawa.
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
8
2
. Coa
lmining・・・
.
.
.
.
.
・ ・・・
.
.
.
.
・ ・………………… ・・
… ・・
.
.
.
…
…
…
…
…
・
・
・S
.I
s
h
i
n
i
s
h
i
.
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
8
3
. Machinemanufacturing…
… ・・
…
…
…
…
…
…
…
.
.
.
.
.
・ ・
…
… ・・...……………・.H.Okutani
.
8
4
. O
t
h
e
r
s
.
H
H
H
H
H
Symposium
Dust c
o
n
t
r
o
l problems,as p
r
e
s
e
n
t
e
d hy d
o
C
t
o
r
s and e
n
g
i
n
e
e
r
s
.
Chairman'"・ H・..~~.・・ H・ H ・.....・ H ・........・ H ・'"…....・ H ・........・ H・-…....・ H ・..………'" S
. Katsuk
i
.
1
.
, Dust-problemi
n
.a
r
e
h
i
t
配 t
u
a
Ie
n
g
i
n
,
田ring…
.
.
.
.
・ ・
…
.
.
.
・ ・
…
…
…
.
.
.
.
・ ・
山
.
.
.
.
・.
.
.
K
.S
a
t
δー
H
H
H
2
2
1
:
2
. Thes
t
a
t
eo
fd
u
s
t
c
o
n
t
r
o
l inmines………ー……… ・・-……………………… γT.Yano.
'
3
. Thes
t
a
t
eo
fd
u
s
t
c
o
n
t
r
o
li
nf
a
c
t
o
r
i
e
s… ・・……………… ・・
…
… ・・
…
…1
.Watanabe.
.
ough organized e
f
f
o
r
t
so
fp
h
y
s
i
c
i
a
n
s
.
4
. D
u
s
t
c
o
n
t
r
o
l cQoperationthr
H
H
.
.
…
…
…
…
.
.
.
・
a
n
d
e
n
g
i
n
e
e
r
s
.
.
-・・
H
H
H
H
H
H
・
・
.
"
・ ・・・
.
.
・ ・
・
.
.
.
・ ・
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
…S
.Nukada.
5
. Problemso
fd
e
s
i
g
n
.
o
flocalexhaustsystem… ・・……"……… ・・…………K.K
a
t
s
u
t
a
.
:p
r
o
d
u
c
t
i
o
n,
i
ng
r
i
n
d
i
n
g
.
.
.
.
'・・-………………………………………… ・・
N.Fusamura.
6, D田 t
…
…
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
・ ・..…………… S
.K
o
s
i
.
7
. S
u
p
r
e
s
s
i
o
no
fd
u
s
tbys
u
r
f
a
c
e
.d
e
t
e
r
g
e
n
ts
o
l
u
t
i
o
n…
,
8
. C
h
a
r
a
c
t
e
r
i
s
t
i
c
so
fa
e
r
o
s
o
l
sandt
h
e
i
re
l
i
m
i
n
a
t
i
o
n…
… ・・
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
・ ・
.
.
… H.Hashimoto.
…
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
・ ・・
.
.
.
…
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
…
.
.
.
・ ・
.
.
…T.Sekigawa.
'
9
. Ond
u
s
t
.
c
o
l
l
e
c
t
o
r
s………… ・・
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
M
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
:
1
0,I
n
t
e
r
r
e
l
a
t
i
o
n
s
h
i
pb~tween e
n
g
i
n
e
e
r
i
n
gandmedicineont
h
ee
d
u
c
a
t
i
o
n
… ・・
'
"
・ ・
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
…
…
・ ・・
.
.
…
…
.
.
.
.
.
.
・ ・
Y
.Kobayashi.
o
fi
n
d
u
s
t
r
i
a
ls
a
n
i
t
a
t
i
o
n
:
1
1
. Dust-contr,
olpresentedbye
n
g
i
n
e
e
r
s
.
.
.
.
.
.・・・
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
…
… ・・
.
.
.
…
…
…
…
R
.Tanaka.
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
Dustandi
t
shazards
;~85.
Onthe“Fpterpaperdustsampler"(
R
e
P
o
r
tI
I
I
),
.
.
・
.
.
.
…
…
… T,Miura& K
.Kimura.
8
6
. S
t
u
d
i
e
s on t
h
et
r
a
n
s
i
o
no
fi
n
o
r
g
a
n
i
cp
a
r
t
ic
I
e
s produced a
ts
t
e
e
l
m
a
n
u
f
a
c
t
u
r
i
n
g
.(
R
e
p
o
r
tI
I
)
:E
l
e
c
t
r
o
n
m
i
c
r
o
s
c
o
p
yo
fd
u
s
t
s
;above
、
a
1
1 ons
p
e
c
i
f
i
c shapeo
fp
a
r
t
i
c
Ie
s…
………………….....……… ・・………… ・
K.Ueno.
:
8
7
. In
f
I
uenceo
fl
i
m
e
'd
u
s
t
sontheb
l
o
o
dp
r
e
s
s
u
r
e
. (
P
a
r
t
.1
)…
………...・ …
・H.Mizutani
.
.
8
8
. O
p
h
t
h
a
l
m
o
l
o
g
i
c
a
l白n
d
i
n
g
sont
h
eexaminef
o
rs
i
l
i
c
o
s
i
s
. (
R
e
p
9
r
t1
)
H
H
U
H
.Nakai
.
.S
.Kuwahara& K
.
:
8
9
. S
t
u
d
i
e
sont
h
edevelopmento
fs
i
1i
c
o
s
i
s
.
e
s
p
e
c
i
a
l
l
ys
i
l
i
c
o
t
u
b
e
r
c
u
l
o
s
i
s…
… H.Tanakamaru.
'
9
0
. As
t
u
d
yont
he
.p
r
o
g
r
e
s
so
ft
u
b
e
r
c
u
l
o
s
i
l
i
c
o
唱i
si
nt
h
ec
o
a
lminers
・
…S
.I
s
h
i
n
i
s
i & H. Koga.
!
9
1
. S
t
u
d
i
e
s
'ont
a
l
c pneumoconiosisandt
a
l
cgranuloma. (
R
e
p
o
r
tI
V
):
E
l
e
c
t
r
o
c
a
r
d
i
o
g
r
a
m
so
f workers o
farubberf
a
c
t
o
r
yexposedto
…
.
S
.Miyagawa,
'
τ
.Sakai,S.Takahashi& K
.Amano.
t
a
l
cd
u
s
t
sf
o
r
'a
'l
o
n
gtime .
9
2
. Anautopsyc
a
s
eo
ft
a
l
c
o
s
i
swithpulmonaryt
u
b
e
r
c
u
l
o
s
i
s………Y.Sera& T.Tanaka.
……………...・ ・-……… .
2
.Hδrai.
&'
M
.Ueshima.
9
3
. A
s
b
e
s
t
o
s
i
si
nana
s
b
e
s
t
o
s
'
i
a
c
t
o
r
y…
:
:
9
4
. S知 d
i
白
onpneumoconiosis. (
R
e
p
d
r
tI
I
I
):
'Bronehographyo
f
H
a
s
b
e
s
t
o
s
i
s…
… J……………・・
H
・・
.
.
.
…
… ・・
…
…
…
…
…
.
.
.
・ ・
.
.
S
.Yoshimi& A.Kozaki
.
H
H
H
H
"
9
5
. Reporto
fpneumotoniosisamong'workersofaluminiumf
a
c
t
o
r
i
e
s
・
・
andana
u
t
o
p
s
y
c
a
s
e
.
.
.
.
.…
H
・・
.
.
…
…
…Y.Sera,T.Tanaka,1
.Takagi& Y.Oki.
H
,-9
6
. Threec
a
s
e
so
fp
t
i
h
n
o
n
a
r
ycarcinom
a
'a
c
c
o
n
:
i
:
paniedbys
i
l
i
c
o
s
i
s
・
・ ・・
.
.
.N.Mitani.S.Shigematsu& S.I
is
h
i
.
・
.
.
.
…
…
…
.
.
.
・ ・
….
.
.
S
.Ogawa& K.S
a
t
o
.
.
9
8
. Onc
h
e
s
tr
o
e
n
t
g
e
nf
i
n
d
i
n
g
sb
fc
o
a
lm
:iners…
…
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
…
.
K
.Si
:
kunli'&S.'Sugiyama.
H
9
7
. D
i
f
f
e
r
e
n
t
i
a
ld
i
a
g
n
o
s
i
so
f
s
i
l
i
c
o
s
i
s…
…
…
.
.
.
.
・
H
H
H
H
9
9
. ‘Ona:
hewt
hoto
f
Iu
o
r
o
g
r
a
p
h
i
ct
e
c
h
n
i
cf
o
rd
i
a
g
n
o
s
i
sd
fs
i
I
ic
o
s
i
s
‘
.
.
M
.Nakamura,S
.Yamazaki,M.Takayasu& K.Y
o
s
l
i
i
d
a
.
R
e
p
o
r
tI
I
)
:S
i
l
i
c
o・
t
u
b
e
r
c
u
l
o
s
I
s…S
.Nozaki& S
.C
h
i
n
u
s
h
i
.
'
1
0
0
. Developmento
fs
i
l
i
c
o
s
i
s (
1
. Ana
p
p
l
i
c
a
t
i
oI
lofhighvo
I
t
ageX~ray c
h
u
t
egra
m
:for
1
0
,
.
;
.
.
.
.
…
…
…
…
.
.
.
・ ・
.
.
…
.
.
.
・ ・
.T.Shimura.
&
1
.Takagi.
s
i
l
i
c
o
t
v
b
e
r
c
u
l
o
s
i
s
.(
R
e
p
o
r
tI
I
).
:
伺sure e
n
t
s
.
.
:'-.ι.. ・ M ・ .~A. N時 a
d
a
.
1
0
2
. Ap
o
r
t
a
b
l
ei
n
s
t
r
u
m
e
n
tf
o
r
'timedv
i
t
a
l
'Capadtym
∞i
i
c
Si
:
nNoit五 Kyushu‘indust士ialregions'(Report'II)
1
0
3
;.
.
Surveyofs
i
l
i
・
・・
M.Ts
剖u
札d
a& K.
1
0
ω
4
; Astudyofs
i
1
i
c
o
s
i
i
f(
B
u
s
i
n
e
a
sd
i
s
e
a
s
e
)
i
nFuk
uO
kap
r
e
f
e
c
t
u
r
e.
.
.
.
.
,
.
.
…
…
… M.,
Arima.
H
H
m
:
H
222
.Induslrial 句be~culosis.
1
白
lnv
白 t
i
g
a
t
i
o
n
'
o
n
t
h
er
e
l
a
t
i
o
n'
b
e
t
w
e
e
nt
t
i
b
e
r
c
u
l
o
s
i
sandnatureo
f
均
a加
b
o
u
r
.
日
…
…
.
日
…
.
一
.
.
.
…
…
.
.
.
…
…
.
日
…
.
日
.
.
…
…
.
日
…
.
日
.
日
…
.
日
…
…
'
"
…
…
.
日
…
.
日
.
…
日
…
.
一
…
.
日
…
.
.
…
.
…
…
.
日
…
.
“
…
…
.
日
.
“
.
.
日
…
…
.
日
…
.
.
.
.
.
.
…
…
.
日
.
.
日
.
.
.
…
…
.
日
.
日
…
…
.
“
.
.
一
…
…
.
.
…
.
日
.
“
…
.
日
.
日
…
…
.
日
.
.
日
…
…
.
日
…
.
.
“
…
…
.
日
.
日
…
…
.
“
.
.
一
…
…
.
日
…
.
.
…
.
.
.
.
…
'
K
.Mandai_
1
1
0
6
. Ont
h
e
's
e
a
s
o
n
a
lv
a
r
i
a
t
i
o
nofbodyweighto
fthe"
tu
b
e
r
e
u
l
o
u
'
s
.
.
.
.
.・・
.
.
.
.
.
.
・
・;
.
K
.Mandai
.
H
1
0
7
. Ontheo
n
s
e
to
fpuhnonarytuberculosisamongcottonspinning
w
o
r
k
e
t
s
.(
R
e
p
o
r
t]
1
)・…………………………… ・・
.
.
.
・ ・
…
.
.
.
.
.
・ ・……… ・・
H
'
.Inoue.
H
H
H
H
H
H
1
0
8
. PoHowupo
b
s
e
r
v
a
t
i
o
n
s'
o
ft
u
b
e
r
c
u
l
o
u
s
p
a
t
i
e
n
t
s
:(MainJy
.
.
…
…
…
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
…
.
.
.
・ ・-……・……e・
M;Ueno_
a
g
g
r
a
v
a
t
e
dαses) …………ム ・・
H
主ω
"
' R田
H
H
H
u
l
t
s
o
ft
u
b
e
r
c
u
J
o
s
i
sc
o
n
t
r
o
linKamaishiironand'
s
t
e
a
l
manufactory…
… ・・
T.Ebina;Y:U
n
:
i
eda,
K.Monma,K.I
to,
M.Abe,
S.Kudo,
S
.
"
N
i
h
u
j
i,T.Amizuka& M.Toba
i
.
1
1
0
. C
o
n
t
r
o
lo
ft
u
b
e
r
c
u
l
o
s
i
si
nF s
t
e
e
li
n
d
u
s
t
r
yC
o
.L
t
d
.(
R
e
p
o
r
t,I
}
: On
H
H
the p
r
o
g
r
e
s
s and work performance o
ft
u
b
e
r
c
u
l
o
u
sa
f
t
e
r
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
・
1
.Taga& S
.Akiyama.
treatmento
ft
h
o
r
a
c
o
p
J
a
s
t
i
c
s
.
.
.・・・・
H
H
H
H
H
M
1
1
1
. S
t
a
t
i
s
t
i
c
a
ls
t
u
d
i
e
s
'o
f
'p
u
l
i
n
o
h
a
r
yt
u
b
e
r
c
u
l
o
s
i
si
na c
e
r
t
a
:
i
nc
o
r
p
o
r
a
Jo
w-up r
e
s
u
l
t
so
f
t
i
o
n
. (
R
e
p
o
r
t1
)
: Longrange c
o
n
t
i
n
u
e
df
ol
h
o
s
p
i
t
a
lp
a
t
i
e
n
t
s……………………………… .
T
.Furudachi,T.N
i
s
h
i
o& T.Ohkubo.
‘
Others
1
1
2
. S
t
u
d
i
e
sonp
e
n
i
c
i
l
l
i
na1
Je
r
g
y
. (
R
e
p
o
r
t1): P
e
n
i
c
i
l
l
i
nal
Je
r
g
y
S
.Yokobori
,T.Miyasaka,A.Shiraishi,S
.Fujimoto,H. S回 u
k
i,S
. Kurashima.
&S
.Nagahara_
1
1
3
. Experimentals
t
u
d
i
e
sonthea
n
t
i
b
a
e
t
e
r
i
a
le
f
f
e
e
to
fp
e
n
t
a
c
h
l
o
r
o
p
h
e
n
o
l
白 o
fr
r
i
b
b
e
rs
h
o
e
s
.
.
.
.
.
.
.
.・M.Shirakawa& H.KunimL
usedasa mixturef
o
ri
n
s
o
l
鉦e
c
t
i
v
et
r
e
a
t
m
e
n
to
ft
r
i
c
h
o
p
h
y
t
o
s
i
c pomphoJyx. (
s
o
c
a
l
l
e
d
1
1
4
. Onane
w
a
t
e
r
e
c
z
e
i
n
a
).
.
…
.
.
.
・ ・
.
.
.
…
… ・・
'
"
…
… ・・
.
.
.
… ・・
.
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
…
… ・・
…
… M.SugaL
H
l
‘
H
H
H
H
H
H
H
H
H
p
f
.occupa
,
t
i
o
n
a
ld
i
s
e
a
s
e
s
.
Leadpoisoning
Patholo~Y
J
1
1
5
. R巴c
o
n
s
i
d
e
r
a
t
i
o
nont
h
e
d
i
s
t
r
i
b
u
t
i
o
no
fl
e
a
di
nthebody o
fhealthy
J
a
p
a
n
e
s
e
.(
R
e
p
o
r
t1
)
.
.・・-…………K.H
o
r
i
u
c
h
i,E
.Ta
l
I
l
?
r
i,A
.Okada&.M.Yuge_、
H
1
1
6
. S
t
u
d
i
e
sont
h
ef
a
t
e
(
)
[l
e
a
di
n
t
r
o
d
u
c
e
di
n
t
othebody..(R,~pOrt I
I
I
>
,
:
Oralad
I
;
l
li
n
i
s
t
r
a
t
i
o
no
fRaD.i
ng
u
i
n
e
ap
i
g
s
……・.K.Horiuchi,S
.Hori♂l<:h~ , Y;Nagao,A.Okada,M.Yuge& N. Wada_
1
1
7
. Ond
i
s
t
r
i
b
r
i
t
i
o
no
fl
e
a
di
ne
r
y
t
h
r
∞yteconstituentsalldformoflead
.
.
.
… ・・
.
.
.
.
.
・ ・………… ・・
…
.
.
.
.
・ ・
'
"
…
… ・・
…
…A.Mori.
combination…… ・・・・
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
E
;
l
d
.
i
s
t
r
i
b
u
t
i
o
no
fl
e
a
dinb
J
o
o
d
…
…
.
.
.
・ ・
… .G.YokohashL
1
1
8
. Experimentals
t
u
d
i
e
sont
h
H
!
i
s
t
u
r
b
a
n
c
eo
fhemoglobins
y
n
t
h
e
s
i
si
nl
e
a
dp
u
i
s
o
n
i
n
g
1
1
9
. S
t
u
d
i
e
son.
t
h
ei
(
R
e
p
o
r
t1
)
: S
t
u
d
i
飴
ontheporphyrinmetabolism.
.
.
.
.
..
.
.
.
.
・ ・
・S
.Sano& S
.I
n
o
u
e
.
H
t
.
so
fl
e
a
d
,i
o
n
suponthea
e
t
i
v
i
t
yo
fmusclep
h
o
s
p
h
o
r
y
l
a
s
e and
1
2
0
.E
f
f
e
c
p
h
o
s
p
h
o
g
l
u
c
o
I
;
l
lu
t
a
'
i
e…・…………… ・・
…
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
.
.
.
.
・ .
・.~・・・・ H ・ H・......・ H ・... K
.Nishio.
H
H
H
H
1
2
1
. Experimentals
t
u
d
i
e
sonth~ e
f
f
e
c
to
fc
a
・
,
E
DTAuponl
e
a
d
.p
o
i
s
o
n
i
n
g
P),
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
… ・・
… ・・………・・・…… ・・
… ・・
.
.
Z
.O
r
i
t
a& A.Harada.
(
R
e
p
o
r
t司
H
H
H
H
H
H
H
H
H
1
2
2
. E.
x
p
erimental
.~t司di白∞, the effectof~iぬ min .
B12.'upon, 1e~d
p
o
i
s
o
n
i
.
n
g
.• .
(
R
e
卯,rtI
I
I
)…
…
…
!
'
'
"
・ ・・
. .
・
・
・
円
で
…
…
…
?
・
・
,:S..SaI
l
o.&A..Harada_
H
1
2
3
.
.S~oj:lies , oIl tJye‘ d~toxicating
H
mechanism.o
f
.
l
回dpoiso
I
l
I
n
g(ReportI
V
)
..・ ::t..~. ー叩ー..~ !,~:O..ー
2
2
3
:
1
2
4
. S
t
u
d
i
e
sonthe,
me
tabo1
,
i
sD;l.Q
f.
"
e
l
!
l
,
1
m.in
;
m
.
,a
事d
.cOPM
J
:
iI
J
;
l.
c
h
r
明記
l
e
a
dp
(
)
i
s
o
n
.
i
n
g……… ・・
?
・ ・・
.
.
…
.
.
,
.
.
・ ・
.
.
.
・
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
.
…
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
…
・
・
・
勺
…
・ 0.I
c
h
i
n
o
s
e
.
H
H
H
H
H
H
H
1
2
5
. I
n
i
t
i
a
lsymptοmso
fw
o
r
k
e
.
r
sexposedtol
e
a
df
o
rthet
i
r
s
t
.t
i
m
e
.
(
R
e
p
o
r
t1
)…K.H
o
r
i
u
c
h
i,S
.H
o
r
i
g
u
c
h
i
;Y.Nagao,f
o
.
.Okada,M.YUge,N.Wada
&N.I
w
a
t
a
k
i
.
.Tsuchiya& M.Nishimura.
1
2
6
. E
f
f
e
c
t
so
fp
a
r
a
t
h
y
r
o
i
df
u
n
c
t
i
o
nonl
e
a
dp
o
i
s
o
n
i
n
g…….K
1
2
7
. Leadp
o
i
s
o
n
i
n
gandp
i
t
u
i
t
a
r
y
.
a
d
r
e
n
o
c
o
r
t
i
c
a
lf
u
n
c
t
i
o
n
.(
R
e
p
o
r
t1
1
1
):
j
;
s
…
…
…
・
…
.
.
.
・ ・-…?………...・ ・
…...I.Wa
k
i
z
a
k
a
.
Chronicl
e
a
dp
o
i
s
o
n
i
n
g
.o
fra
H
H
l
1
o
c
o
r
t
i
c
a
lf
u
n
c
t
i
o
n
. (
R
e
p
o
r
t,I
V
):
1
2
8
. Leadp
o
i
s
o
n
i
n
gandp
i
t
u
U
a
r
y
a
d
r
e
,
Leadp
p
i
s
o
l
i
i
n
go
.
fadrenalecωmized.
r
a
t
s…
.....~..・ H ・............….......・ .1. Wakizaka.
1
2
9
. Experimentals
t
u
d
.
i
e
sonth
色 i
n
f
i
u
e
n
c
eo
fc
h
r
o
n
i
cl
e
a
d
.p
o
i
s
o
n
i
n
g on
;
llo
rgans.
.
o
ffemale.
a
l
b
i
n
o
r
a
t
s,…………..,.
.
M
:Masukubo.
t
h
ef
u
n
c
t
i
o
no
fg
e
n
i
t
E
¥
e
c
t
r
o
t
h
o
r
e
t
i
cs
t
u
d
i
e
sonthes
e
r
.
u
m ,p
r
>
u
t
e
i
n
s.
o
f.
w
o
r
k
e
r
sh
a
n
d
l
i
n
g
1
3
0
.
.:
t
or
g
l
o
o
u
l
i
n………………………………… ・、
・
・Y:Sudδ.
l
e
a
d
;withs
p
e
c
i
a
lr
e
f
e
r
e
n
c
e,
H
H
1
. Behaviouro
f:
f
iuorescyteinJheleadpoisoned. (Report1): Onthe
13
l
1y
.leadpoisoned gcinea
:
f
i
u
o
r
e
s
c
y
t
e.
p
a
t
t
e
r
n
si
n
.experimenta
p
i
g
s
.
.
.・・
竺
.
.
.
.
・ ・..……
・・-…… ・
V・
.
.
.
.
…
.
.
.
・ ・
.
.
・
・
モ
… .G.Wa
匂 nabe&T.Fu
田.
H
H
......ιH H
H
H
1
3
2
. S
t
a
r
v
a
t
i
o
nandl~ad p
o
i
s
o
ni
n
g…
.
.
.
.
・ ・
'
"
…
…
.
"
・ ・-………1.Waki?:aka& A.Nukada.
H
H
,133.0n:thebloodg
l
u
t
a
t
h
i
o
n
el
e
v
e
l
.i
n~xperimentally
lE渇d
p
o
i
s
o
n
e
d
.
.
'
.
日
.
…
日.
…
.
.
“
….
…
.
日
.
日
…
.
…
.
日
'
!
"
;
刊.
刊
叩
‘
,
.
吋
舎山
…
.
.
日
.
叫
山
.
.
.
山
.
‘
.
.
.
…
.
日
…
.
.
,
…
.
日
.
…
日
…
.
.
.
…
.
“
….
…
且
リ
.
日
….
….日.宏
宝~. N
I
agai&"T.Huse.
r~
互bbi託
ts
炉.“….“.“〆….日….日….“….“…...日….日
H
1
3
4
. Experimentals
t
u
d
i
e
sonthel
e
a
dc
p
n
t
e
n
to
fh
a
i
r
…K.Nishiyama,S
.Ishizawa,M.Oshima& M.Miyazaki.
Othcrm
e
t
a
l
l
i
t
;p
Q
j
s
(
)
n
i
n
g
1
3
5
.
o
nthesimultaneousdetermination.0f'CuaiJ.dFeinvivoby
E
.Sakakibara& M.Hisanari
.
'
p
o
l
a
r
o
g
r
a
p
h
y……・…… ・・・・………… ・・………..
H
H
H
H
H
H
1
3
6. Microdeterminationo
fmercuryiau
r
i
n
eu
s
i
n
g
.
・ ・……………………,...・ ・
L
・
…
・
・
…
… ・
H.Mlura.
D
i
s
n
a
p
h
t
h
y
l
t
h
i
o
c
a
r
b
a
z
o
n
e… ・・
H
H
H
H
H
1
3
7• E
f
f
e
c
to
fa
r
s
e
n
i
cuponthemetabo
I
ismo
fr
a
b
b
i
t
s…………E
.Takagi& S
.Imaizu
'
m
i
.
1
3
8
. E笠e
c
to
fCa
・
EDTAonmaI
ig
aneseorar
i
>
e
n
i
ce
x
c
r
e
t
i
o
ni
nr
a
b
b
i
t
s
、
…
…
…
.
.M.Tati& K:Niinuma.
1
3
9. M
i
c
r
o
d
e
t
e
r
m
i
r
i
a
t
i
o
no
fseleniumi
nb
i
o
l
o
g
i
c
a
lm
a
t
e
i
i
a
l
s
・
.
.・
.
.
.
.
…
… ・・
… ・
H.Miura.
H
H
H
H
n
i
t
r
o
続 伊s
poiso
n
:
i
I
l
g…
.
.
.
.
.
.
.
・ ・-……N.Saruta& K.Hara.
1
4
0
. Anexperimentals
t
u
d
yon,
H
1
4
1
. Ane
x
p
e
r
i
m
e
n
t
a
ls
t
u
d
yonthea
c
u
t
ep
o
i
s
o
n
i
n
gduet
oammoniac
…
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
… ・・
.
.
.
・ ・・
…
…
…
…
・
・
・
・
・
・ ・・
.
.
.
…
…
….
.
.
N
.Saruta& Y.Koyama.
g
a
s…
H
H
H
H
H
H
H
n
1
4
2
. Paperchromatographyf
o
ru
r
i
n
ed
i
a
g
n
o
s
i
s
. (ReportI): o
P
a
s
u
r
i
n
e
.
.
.・・
.
.
.
.
・ ・
…
.
.
.
.
.
・ ・・・・・・・
.
.
.
.
.
・ ・・・
.
.
.
… ・・・
.
.
.
.
.
.
・ ・
Y.Yamada.
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
Carbond
i
s
n
l
盆de&bydrog
四 百u
l
f
i
d
epoisoning
t
e,.
.
m
e
t
a
b
o
l
i
s
mo
f回 rbond
i
s
u
l
f
i
d
e
. (
P
a
r
t1
)
: Fateo
f 回 rbon
1
4
3
. 01) t
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
S
.G
o
t
δ
.
d
i
s
u
l
f
i
d
ei
nb
l
o
o
d
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.,
H
1
4
4
. Ont
h
etransform.ation .of 国rbo,1l-di~ulfide i
nv
i
v
o
. (
R
e
p
o
r
tI
I
I
)… … ….
.
K
.Y
o
s
h
i
d
a
.
1
M
>
.'
;
l
'
bE
;
le
,
f
f
.
e
c
to
f国 r
b
o
n
d
i
s
u
l
f
i
d
eQ
n
.tryp.tophanemet~bolism…K. Yoshida& H.仁腕ima.
1
4
6
. Renal!
u
n
c
t
i
o
nt
e
s
tonCS,poiso~eØ. ,t::~bþiÌ$……...・ H・..……・ T. T~yama &
.T,S
a
i
t
(
き
-
1
(
1
7
;
.
1
S.tuçli~ 0
,
9
-回 r
bQDdi~ulnd~ (伊 ,
叩nipg 叩....・H・P・-・・7………・?・ H・ H ・・..,・~S. Kubota.
2
2
4
1
4
8
. S
t
u
d
i
e
s.
o
nt
h
eS0
,
p
o
i
s
o
n
i
n
g
.
,
'
.
(
R
e
p
o
r
t
.I
l
)
: I
n
f
l
u
e
n
c
e.
o
f
'SO
,
upon
時
p
a
i
no
f1
:
he四 b
b
i
t………・………………… M.Hayashl.
hemogramandmyel
1
4
9
. S~udies ontheSO
,
p
o
i
s
o
n
i
n
g
.(
R
e
p
o
r
tI
I
I
)
: I
n
f
l
1
i
enceofSO
,upon
I
羽田t
e
dwithsodium
hemogram andmyelogram o
ft
h
er
a
b
b
i
tI
……
b
i
c
a
r
b
o
n
a
t
e…
H
・・………………………………………… ・・・・
.
.
.
…
…M.Hayashi
.
H
H
H
H
H
Carbonmonoxidepoisoning
1田
S
t
u
d
i
e
sonthecarbonmonoxidepoisoninginmammaIs.
)
: S
p
e
c
t
r
o
p
h
o
t
o
m
e
t
r
i
c
d
e
t
e
r
m
i
n
a
t
i
o
n
s
'o
f:COs
a
t
u
r
a
(
R
e
p
o
r
t1
jnwh
.
ol
eb
l
o
o
d…
…… ・・
…
…
…
… C_Yuzuriha,T.Kawachi& S:lshinishi
.
t
i
o
n
..
1
5
1
. E
xperimental s
t
u
d
i
白.o
nthechronic CO
・
p
t
i
i
s
o
n
i
n
g
. ,(
R
e
p
o
.
r
tI
V
):
H
H
.
fhormones on b
l
o
o
d.
o
fr
a
b
b
i
t
s withpure CO-gas
E
f
f
e
c
t
so
i
n
j
e
c
t
e
dsub
叩 t
a
n
e
o
u
s
l
y
-・・
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
…
…
…
…
“
・
・
.
.
.
.
・ ・・
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
,
.
…
.K.Toka& J
.Ohno.
H
S
M
H
1
5
2
. Ea
1
'
l
ya
g
i
n
gc
a
u
s
e
d by c
h
r
o
n
i
c exposure to carbonmonoxide.
(
R
e
p
o
r
tI
V
)
: Cutaneouschangesi
nr
a
b
b
i
t
sexposedc
o
n
t
i
n
u
e
d
l
y
,
c
e
n
t
r
a
t
i
.
o
n,
o
fCO-gas..• .
.
.
・
…
…
…
…
.
.
.
・
t
oIow∞n
H
・
…
…
…
.
.
.
.
.
.
.
.M.Murayama.
1
5
3
. S
t
u
d
i
e
s.onpermissible upperl
i
m
i
t.
o
fcarbon'monoxide叩 n田 n
t
r
a
"
'
h
e ab
i
I
i
ty"
o
f'
o
x
i
d
a
t
i
o
I
i
"
r
e
d
1
i
c
t
i
o
ni
I
i
t
i
o
n
. (
R
e
p
o
r
tV
I
I
)
: On t
,
r
a
t
e
sexposedt
oIowc
o
n
e
e
n
t
r
a
t
:
i
o
no
fCO…
………………....・ ・
…..S.'Kamei.
1
5
4
. E
f
f
e
c
to
fg
I
u
t
a
t
h
i
o
n
e
C
O
p
o
i
s
o
n
i
n
g…
………… ・
.
.
.
… ・
H.Murakami'& T
.'Hashim
.
o
t
.
o
.
H
H
H
Organics
o
l
v
e
n
thazards
1
5
5
. S
t
u
d
i
e
s.
o
nthep
o
i
s
o
n
i
n
gbyb
e
n
z
o
landi
t
sh
o
m
o
l
o
g
u
e
s
.
(Re
卯 r
tV): B
i
o
l
o
g
i
c
a
l,
o
x
i
d
a
t
i
o
no
fb
e
n
i
o
l…
…
.
.
.
・
H
・
.
.
.
・ ・
…
.
.
.
.
・ ・
T
.Hirokawa.
H
H
1
5
6
. S
t
u
d
i
e
s onthe benzene p
o
i
s
o
n
i
n
g
_ (
R
e
p
o
r
t1
1
)
: B
e
n
z
e
n
e
p
o
i
s
o
n
.
………
i
n
gwithm
i
x
t
u
r
e
so
fa
c
e
t
o
nandb
u
t
y
l
a
c
e
t
a
t
e…
1
5
7
. S
t
u
d
i
e
so
.
nt
h
ebenzenep
o
i
s
o
n
i
n
g
.
a
c
u
t
eb
e
n
z
e
n
e
p
o
i
s
o
n
i
n
g…
H
・・
.
.
.
…
…
…
.1
.Nishiyama.
H
1
1
1
),
: Sぬ r
v
a
t
i
o
n 組 d、
(Repor~
・ ・・・
.
.
・ァ
・ ・・
…
…
…
・1・・・・…
・1
.Nishiyama.
H
H
M
H
H
H
H
H
H
H
1国 . S
t
u
d
i
e
sontheb
e
n
z
o
lp
o
i
s
o
n
i
n
ga
t,
t
h
e
c
t
a
b
l
e
l
a
n
d
o
fTadeshina
…
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
・ ・
'
;
'
B
.Koinuma" H.Okut
問i
,1
.Iritani& H.Y
;
a
n
a
g
i
s
a
w
a
.
H
1
5
9
..
S
t
u
d
i
e
so
n
t
.
h
ebenz
E
)
l
:
1
e poison1~g. , ,
(
恥p
<
;
>
r
tI
V
)
: P民 v
e
n
t
i
y
ed!
叫
,
o
fsodium,
gl~curonate o
n benzene-poison~~g …
………… ・・・・
.
.
.
.
.
.1
.
.Nishiyama.
H
H
H
H
OtherI
n
d
u
s
t
r
i
a
lpoisoning
1
6
0
. E
xperimentals
t
u
d
i
e
so
fa
c
e
t
y
l
e
n
eb
l
a
c
kp
n
e
u
m
o
c
o
n
i
o
s
i
s… .
.
.
.
.
.
.
.
N
.Saruta& T.Kato.
1
6
1
. T
o
x
i
c
i
t
y.
o
fmethylmercaptane. (
R
e
p
o
r
t1
)
:
・
. ...K.Horiuchi,I
.Ishikawa,
H.I
w
a
t
a
k
i,
T.F
u
j
i
i,
M.Nakao& A.Hirayama.
i
6
2
: Onthe i
n
f
l
u
e
n
c
eo
f aromatic d
e
r
i
v
a
t
i
v
e
s on b
l
o
o
dp
h
e
n
o
l
a
s
e
a
c
t
i
v
i
t
yandi
'
託
t
'
s me
回a
nmg日….門円…......円~.{"手円..….日….,日…...…..
白
々
1
臼
6
3
. Onthes
u
l
f
a
t
ec
o
n
j
u
g
a
t
i
o
no
fm
c
r
e
s
o
lt
.
o
l
u
e
n
eand b
e
n
z
o
i
ca
c
i
d
withr
a
tI
iv
e
r
.
.
.
.
.
.
.
.・
ー
.
.
.
.
.
.
・
H
・
.
.
…
一
一
…
…
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
・…
・ T.Sato&T;Fukuyama.
H
i
6
4
.(
)
nt
l
1
ei
n
d
u
s
t
r
i
a
Ip
o
i
s
o
n
i
n
gi
na
p
l
a
s
t
i
cf
a
c
t
o
r
y
…..K.Tanikawa,K.Fujiwara& H.NakaYama.
P
o
I
'
tII):ヰ ・・
…
ぷ
.
.
.
.
・ ・・
M.M
o
t
o
u
c
n
i
.,
1
6
5
. On'
t
h
e
¥
t
o
x
i
c
i
t
y
'o
f'
c
l
出rinateddiphenyl
.
、(
R
e
1
6
6
. O
r
it
h
emethyl-bromidep
o
i
s
o
n
i
n
g
; ‘(
R
e
t
o
r
t1
)
:
H
H
H
H
弓
…
ー
.
.
.
ム
.
.
.
.
.
.
・ M.'Takay泊sil,T:Sugahara;'KYosliida'&T;-:Sugim.
o
t
o
;
令
2
2
5
'
167.Paperchromat~aphyof.akohols:.. (
R
e
p
o
r
t
.
I
)
:…
…
.
.
.
,
竹
?
…
…
・
?
…
.
.
.
.
.
・ "'T..Sunada‘
,
]6
S
. P
a
p
e
.
r
,、chromatographyQfaromaticammes (Report1
I
)
:
.
.
.
・
♂
H
・
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
…
・T.'Sunada.
H
1
6
9
.
. ,E~perimental s
t
u
d
i
e
s
.
o
nthe.
e
f
f
e
c
tof.hydrocarbons-onhtlmans
k
i
I
l
:
.
(
R
e
p
o
r
tIh On aliphaticcompounds-ー~..'. f.~...,・H ・-…-…,l<., .
A
:
katsuka,J
.Miya
;
zaWa
,
H
;
'Takahashi,K.Adachi,1
.
.I
g
a
r
a
s
h
i,S.
.
.
M
i
y
a
z
a
k
i& K
. Takahashi
.
A
7
0
. Expe
:
t
imentalst
i
,
t
diesonthe.
e
f
f
e
c
t
o
f hydro
Gar
bpnsonh
¥
.
U
I
l
ans
k
i
n
.
υ
(
R
e
p
o
r
t1
1
)
: Qn aromatic~ompounds...K~ A
1
王atsuka,J
.Miyazawa,I
. Igarashi,
,J
.:
F
四inami,S
.Miyazaki,K
.Takahashi,M.Yamamura,
K
.Adachi
I
. Miyamoto,K .Miyamoto,T.Suzuki T,Fujimura,K. Wada &
,
K.Nobejima,~
17
1
..
E
x
p
e
r
i
m
e
n
t
a
l
.s
t
u
d
i
,
e
s
..
,
?
n the.
eff~t .
(
)
f.
.
.
.
h
yd
,roca士'tons.oq
. ~uman
唱
s
k
i
n
. (Repor
.
t1
1
1
)
: Time,re
司u
i
r
e
df
Ol
:
c
u
t
a
t
t
e
o
u
s,jnJ,l,).r~~s by
伺 r
bons…………...・ ・
.
.
.
.
K
.Ak批 判ka,J.Miyazawa,1
.I
g
a
r
a
s
h
i,
.
K
.Adachi,
hydro
H
J
.Fujinami,
.S
.Miy.a~aki , K
.究 ak
.
ahas4!,M.yamamura,1
.Miyamoto.
H.Miyamoto,
'T.Fujimura,T. S四 u
k
i
;K
.Wada,T.Nobejima,I
.Iwamoto,M. Ando & S
.
'Harajima.
p
.
s
..(Report I
I
)
.
: 01 .
t
h
e
'
1
7
2
.
. S
t
u
d
i
e
s on s
k
i
np
r
o
t
e
c
t
i
v
e
.p
r
e
p
a
r
a
t
i
o
'
.
…
.
.
.
・ ・
・
・
?
・
ヂ ・・
…
…
…
.
.
.
.
.
・ ・
S
.Nomur~.
i
n
h
i
b
i
t
o
r
ye
f
f
e
c
t
.f
o
r.
s
k
i
na
p
s
o
r
p
t
i
o
n・
M
H
H
H
I
r
u
i
e
c
t
i
c
i
d
e
.poisoning
1
.
7
3
. Experimentalstudiesonparathion.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
・
・....……….N.Saruta& K
.Hasegawa.
・・
・ ・・S
.Kitamura& Y.No
伊 t
i
.
1
.7
5
. E
f
f
e
c
t
so
fg
l
u
c
u
r
o
n
i
c.
a
c
i
d
.
o
nr.BHCp
o
i
s
o
n
i
n
g……………………… ・・・・……K.Kanδ.
H
'
17
4
. S
t
u
d
i
e
sonthepreventionofp
a
r
a
t
h
i
o
nhazard…
H
H
H
H
H
H
H
H
Pneumoconiosis.
1
.
7
6
.
. I
n
v
e
s
t
i
g
a
t
i
o
n
s on t
h
ee
f
f
e
c
to
fi
n
t
r
:
i
t
r
a
c
n
e
a
li
o
j
民 t
i
o
n
'o
fd
u
s
t
si
n
・ ・・-……………..ー………………………………………;,....oT.Sano & H.Osanai
.
r
a
t
s・
H
H
1
7T
.Experime
I
i
t
a
ls
f
u
d
i
e
l
i on thevital reactlonby町田'
v
e
r
a
l kinds'
o
f
白u
,
託
s
t
炉
s
.
“
…
.
.“
…
.……
"4….
“
山
'
.
'……よムい
…
.
.
.
.
日
…
.日
…
.
d
1
.
沼
7
:
'
8
. S
t
u
d
i
e
so
f experimental p
o
e
u
m
o
c
o
t
i
i
o
s
i
s
'byd
t
i
s
t
sw
i
t
h
'
l
o
wc
o
i
i
t
e
n
t.
吋
o
fs
i
l
i
c
a.
.
.
.
.
.
・ ・
…
・
・
"
…
…
・
・
…
…
…
;
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
… ・・
.
.
.
.
.
・ ・
.
.K
.Watanabe.
H
H
H
H
H
H
H
'
17
9
. T
i
s
s
u
er
e
a
c
t
i
o
n
sproducedbys
i
l
i
c
a
.dustsofv:
i
r
i
o
u
ss
i
z
e
s
H
・・
.
.
.
.
.
.
.
.
… ・・
.
.
.
.
,
.
:
.
.
"
'
.
.
.
:
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
ー
.
.
.
.
.
.
.
.
.
・ ・
.;.y;F
uruya; H
:
.'Sakabe,
& T.Hasegawa.
・・
.
.
.
.
,
.
.
.
.
.
.
・
.
.
…
・
叩
…
・
吋
山
・
パ
, ,
•~・ K込 Koshi & H.Sakabe.
H
H
H
H
'
18
0
. S
o
l
u
t
i
o
n
so
fquartzd
u
s
t
s…
H
H
H
'
1
8
1
..
Severalm
e
t
a
b
o
l
i
cp
a
t
t
e
r
n
so
fthe.siljcoí:i~;hodule ・白山・“・吋H ・ H ・・ H. Sakabe'& T.000.
1
8
2
. S
t
u
d
i
e
sonthehyalinins
i
l
i
c
o
t
i
c、
n
o
d
u
l
e
s
.
"・
A・
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
,
・・
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
;
.
.
.
Y
.Shigihar
,
:
a
V
H
H
1
8
3
. Experimentalstudiesont
l
i
e'
p
h
a
g
o
c
y
t
o
s
i
s
o
fd
u
s
t
s…
.
.
.
.
.
.
.
・・
・T.Nakagami& A.Abe.
H
1
8
4
. E
l
e
c
t
r
o
n
m
i
c
r
o
s
c
o
p
i
cs
t
u
d
i
e
sonsilÆso~ie l
u
n
g
s……プ…………I.Nakagami& A.Abe.
1
.
8
5
. M
o
r
p
h
o
l
o
g
i
c
a
ls
t
u
d
i
e
sonthepulmonaryv
a
s
c
u
l
a
rsystemi
ns
i
1
i
c
o
s
i
s
.
i
I
ic
o
s
i
s
.
.J."
.
T
;Takizawa,H..
Haseya
包 a& H
. HayashL
(
R
e
p
o
r
t1
)
: On'
s
I
m
p
)
es
I
l
.
a
i
e
s
'
o
n
t
h
e
p
u
l
n
i
o
n
a
r
y
"
v
a
s
c
u
l
a
rsystemi
ns
i
l
i
c
o
s
i
s
:
1
8
6
. M
o
r
p
h
o
l
o
g
i
c
a
Is
t
、
.
(
R
e
p
o
r
t1
1
)
: Ons
i
l
i
c
o
s
i
swithtúBercülosis'..... ・ H ・ .;c;.~\Ta:kizåwa & H..Hayashi
1
8
7
. I
d
e
n
t
i
f
i
c
a
t
i
o
no
fq
u
a
r
t
z byX-tayd
i
f
f
r
a
c
t
i
o
nusingpho
S
I
i
l
i
o
r
i
c'
a
d
d
…
…
…
…
.
.
.
.
.
.
・ ・
… ・・
…
.M;Takaya吉u,,
"
1
' :Sugawi
l
.
r
a,•K
.Yoshida'&A. Isliikawa.
H
H
H
i
l
i
∞sfs. '(Repoit'I)~: •:
M
i
e
t
a
q
u
a
n
t
i
t
a
t
i
v
e determiI
l
a
t
i
o
n
:
'188.Studies00 s
''
s
i
l
i
c
i
e
:a
c
i
d山
・
.
.
.
.
.
.
ム
.
吋
品
、
…
…
.
.
.
.
.
・
.
.
.
… -T.'Kawachi,T.Miyazaki& S
.I
s
h
i
n
i
s
h
i
.
of
2
2
6
1
詔8
仏
9 '
O
h'thebody~si1ica i
n
'
p
田
n
I
悶
.
e
u
m
o
∞n
i
o
ω,
t
i
岱
c
s
……….
叱
.
,
.
山
'
.
'
円
.
…
.
日
…
.
.
…
.
日
.
“
"
…
.
“ι
二
:
.
1
却.
9
,
仏
0 'E
f
庄
f
配
e
c
t
ぬ
sof'
凋
v
a
r
i
拘
o
田
u
お
1
s'h
ぽ
o
rm,
叩
o
n飴
e
so
:
泊 m
et
句a
bo
I
i
忌
sm.ぱ
,
f
.
os
i
口
1
恥
1
∞
ロ
c
∞
o
a…
…
'
.
'M.AIIme &"G
包.'
Mat
ぬ
s
凶
u
d
a
.
1
. Onhemogramof s
i
l
i
c
o
s
i
s'
p
a
t
i
e
n
t
s……………… ・・
4
・
…
*
'
1
.
.
.
川
.
.
.
.
・ ・
.
.
…
…
,'
REujiwara.
1
9
1
9
2
. E
f
f
,配t
so
fhotb
a
t
h
(
e
s
p
e
d
a
l
l
y
'mudbath}onthepulmonayf
U
J
1
<
r
ti
O
I
I
.
'
H
H
H
.
r
(
R
e
p
o
r
tII): … H・ M・-……・"…………・………ー M~τsuda , K. Yamane& H.Ninaki.
1
9
3
. Ontheworkingcapacityof:
s
i
l
i
c
o
S
I
s
l
l
,
渇trents……….'M.Yam乱moto& T.Miy
'
a
s
a
k
i
.
l
e
c
t
r
o
伺 r
diogramof s
i
l
i
c
o
s
i
s patientsand comparative
1
9
4
. ,On the e
l
I
J
.
da
f
t
e
r
s
t
u
d
i
e
so
ft
h
ee
l
e
c
t
r
o
c
a
r
d
i
o
g
r
a
ma
f
t
e
re
x
e
r
c
i
s
e:
t
e
s
ta
anoxemia化
t
c
s
説
'
t
“
…
…
.
日
.
.
“
.
夙
叩
h
1
9
5
. D
i
s
e
u
s
s
i
o
n on c
a
r
d
i
句
o
p
u
ω
l
m
o
n
a
r
yf
u
n
c
t
i
o
nt
e
s
t
sぱ
0fs
i
口
l
i
匂
∞
c
o
ω
t
i
岱
c
si
泊
nc
。
∞a
剖I
mineworkers……………………………J…・…………-ー'…'
Y
.BabaandH.Koga.
1
9
6
. Impairmento
fpulmonal'γfuncti.onsin'
t
h
e
's
i
l
i
c
o
t
i
c
s
M. T
a
t
i & H. Yoshikawa.
1
9
7
. On't
h
e.
c
a
r
d
i
o・pulmonary'f
u
n
c
t
i
o
n
"t
e
s
t.
o
fs
i
l
i
c
o
t
i
cp
a
t
i
e
n
t
sunder
l
o
a
d
e
de
x
e
r
c
i
s
e…....・'"……....・ H ・......・ H ・…….........…~.'. ..;~.....・ H ・-…...・ H ・K. Mandai.
…
.
.
Physiology
<
1
9
8
. Changeo
f
'r
e
l
a
t
i
v
em
e
t
a
b
o
l
i
cr
a
t
ewithd
u
r
a
t
i
o
no
f
m
u
s
c
u
l
a
r
e
x
e
r
c
i
s
e
.
.
.・・
.
.
:
.
.
s
.Sato.
H
1
f
n
i
a
s
k and r
,田p
i
r
a
t
o
r
yr
e
s
i
s
ぬn
ce
1
9
9
. E
f
f
e
c
t
so
fdead、spaceoftheha
.
.
-……………
o
ft
h
ei
n
s
t
r
u
m
e
n
tonl
u
n
gvèntilation.千円…..,:,.~.
H
・'"………K.Hashimoto.
2
0
0
. E
l
e
c
t
r
o
m
y
o
g
r
a
p
h
i
.
.
但 1
i
n
v
e
s
t
i
g
a
t
i
o
n
so
fp
o
s
t
u
r
e
sd
u
r
i
n
gwork
・・
.
.
.
.K
.Ok~, H.Takano & S
. Fukuda.
2
0
1
. I
n
f
l
u
e
n
c
eo
fmusculare
x
e
r
c
i
s
eonther
e
s
i
s
t
;m
c
ea
g
a
i
n
s
td
i
s
e
a
s
e
・・..・………………………………...1
.Honda,S
.Hayami,M. I
izima& S
.Yogi‘
H
H
H
H
2
0
2
. A
c
t
i
o
no
fhormones onthe a
c
t
i
v
i
t
yof'human'upperlimbmuscles
ちef
a
t
i
g
a
p
i
l
i
t
y
;.
o
fi
s
o
l
a
t
e
d
τ
f
r
9
g
'
s,
mu~l田
andont
,
…
…
・
・ 1・
・
宅
,
.
-・
円
・
"
, Y..
Omatsu,
H
.
.Takano
.
,S
..
Fukuda.
&
.H
.
;.Koshikawa
‘
2
0
3
. Some位ex伊
p
巴r
ime
凶
n
】
詰
.
t
必
a1s
t
u
d
i
e
sQDt
4
s,
伐
t
4e
問
'
e
s
由h
叫
o
l
dぱ
0f
.e
l
配 t
佐
凶
r
i
c
開a
1P
l
:
oeph
印
e
ne.
r
竺日円.日….
2
却0
4
.
..
D
i
f
f
e
r
e
n
c
e.
b
e
t
w
e
e
nMotokawa:s;
e
l
e
c
t
r
i
c.
f
l
i
c
k
e
r
v
a
l
u
eand.oxymeter
o
xygenof.Jow~:ç.ed c
o
n
c
釘l
t
l
.
'
a
t
i
Q
D
.
.
.
.
.
.
.
.
.
,
.
.
v
a
l
u
ebya
s
p
i
r
a
t
i
o
no
f;
、
'
.
.
,
.
.
.
.
.
.
.y,.
T
o
r
a
t
a
n
i,T
..
0
gi
.& :
M
.Tokunaga
2
0
5
. Comparisono
fthesleepinthβdaytim
令}
I
D
d.
a
t
n
i
g
h
t
・
・
・
・
ゐif...Oshima,
K
.EI1do&.Y.Ikeda.
担t
i
ce
f
f
e
c
t
sO
n
.t
h
ep
a
c
k
e
d
ι
r
e
d
.ceU.volume
2
0
6
. .Clim
…
ー
…
.
,
.
.
.
.
.
.
.
.
.
・p ・
目
、
.
.
山 ・・
".H.:HuY~D1a, S
.Aoki;.T,
Nagai&H.Koqayashi‘
H
M
2
0
7
."
S
t
u
d
i
e
sonthed
j
u
r
n
a
l
v
a
r
i
a
t
i
o
n
o
f
.
e
o
s
i
p
o
p
h
i
!
i
cc
e
l
1s
.(
R
e
p
o
r
t,
I
I
I
)
:、
'
…T.Miyasaka& S.Nakam~a.
Environmentalhygiene
田 r
e
t
i
c
a
ls
t
u
d
i
e
sonthel
a
b
o
rinhot.
e
n
v
i
r
o
n
m
e
n
t
. (
R
e
p
o
r
tI
I
)
.
:
2
0
8
. Th
・・
.H. Sakai & Y.Yasui
.
H
H
忽ゆ. •P
h
y
s
i
c
a
lstudiesonw
(
)
r
k
e
r
s,i
n.
h
o
tcenv
I
ron
p1
e
n
t
..
(
R
e
p
o
r
t1
1
):
H.Nakayawa,A.Kjnoshita.& T.Endo.
e
o
s
i
n
o
p
hi
1
s
. (
R
e
p
o
l
i
tV
I
I
): I
n
c
宣明s
e
..
.
o
f
.c
i
:
t
:cI
l
1
.
a
t
i
n
g
,
.
'T
.Mo~imune;
2
1
9
.
.S
t
u
d
i
e
s Qn~the,
、
eosinophils'a~tex: :e~posぽ'.e ,
t
Q
:
h
明.
ti
'
,
'…Sy.M
l
:
!
t
s
l
拘ka
,
S
.!)j ishikaw~., M..As~iza'?{実・
日
刊
:A:::Kaiz¥
l
.
mi,1
.命
.
W
.
akisaka,
.T.]an実存a.&
:,N.Chiba.
2
2
7
2
1
1
. I
n
f
l
u
e
n
c
eo
fenvironmentaltemperaturesandb
l
o
o
dçon~estion upon
…
.
.
.
.
.
.
・
t
h
ec
o
n
c
e
n
t
r
a
t
i
o
no
fK andNai
nserum… ・・
H
H
H
・
・H.Ishizu &T.Kawati
.
2
1
2
. P
a
t
h
o
l
o
g
i
c
a
l changeofcentralner
ヤousce
J
1
sofrabbitsexposedt
o
…
.
.
.
.
・
hightemperatures…
H
・
.
.
.
・ ・
.
.
.
・ ・-…………・・ヶ…・、…… ...T.Wakasone.
H
H
2
1
3
. E任e
c
t
so
fc
o
n
t
i
n
u
e
d moderatelyhot environmentaI temperatures
onthe.
p
r
o
t
e
i
n metabolism and..
o
n the l
i
v
e
rf
u
n
c
t
i
o
n
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
Y
.S
a
t
o
.
2
1
4
..Experimental s
t
.
u
d
i
e
s oh;
t
h
eb
l
o
o
<
;
1
-oxygen metabolism athigh
…
.
.
.
・
temperaturesand h
i
g
hh
u
m
i
d
i
t
i
e
s.
・
.
.
.
.
.
・ ・
.
.
.
.
.
・ ・
.K.I
t
ahara& T.Yambe.
H
H
H
2
1
5
. S
t
u
d
i
s
eontheb
l
o
o
da
n
a
!
y
s
i
s and the a
c
t
i
v
i
t
yo
fp
e
r
o
x
i
d
a
s
e and
喝
………
c
a
t
a
l
a
s
ei
nb
l
o
o
dofratse
x
p
o
s
e
d
.tohightemperature…
~16..
H
・・……K.Nishio.
H
S
t
u
d
i
e
s,onthe¥
,
!o
r
k
i
n
gc
Io
t
h
i
n
g
si
nhote
n
v
i
r
o
n
m
e
n
t
s
;
(
R
e
p
o
r
tI
V
):
.
.
.
..
.
..
.
.
…
.
.
.
・ ・
.
.
…
… ・・
.
.
.
…
…
… ・・・
,
.
・..M.Tanaka & H. Nagata.
H
H
H
H
H
H
H
2
1
7
. S
t
u
d
i
e
sonthed
u
:
s
tr
e
s
p
i
r
a
t
o
r
. (
R
e
p
o
r
tV
I
I
):
………
・・
."
'T. Miura & A. Handa.
H
H
2
1
8
..
S
u
p
p
r
e
s
s
i
o
no
fd
u
s
t
sbys
u
r
f
a
c
ed
e
t
e
r
g
e
n
t
s
o
l
u
t
i
o
n
… ・・
…
…
・ S.Koshi & H.Sakabe.
H
H
2
1
9
. As
t
u
d
yo
ft
h
ec
h
r
o
n
o
l
o
g
i
c
a
lc
h
a
r
a
c
t
e
ro
f humana
u
d
i
t
o
r
y nerve
bye
x
c
i
t
a
t
i
o
nwithr
e
p
e
a
t
e
de
l
e
c
t
r
i
cs
t
i
m
u
l
i………………K.T
s
u
j
i & T.Mizuno.
…
・
… N.Saruta &
2
2
0
. E
f
f
e
c
t
so
fn
o
i
s
eonthev
e
g
e
t
a
t
i
v
enervoussystem…
K
.Ishibashi.
2
2
1
. S
t
u
d
i
e
sonp
h
y
s
i
c
a
ld
i
s
o
r
d
e
r
scausedbyharshsoundsi
nf
a
c
t
o
r
y
………… ・・
…
…
… ・・
・
N
. Saruta & M.Ishimitu.
・
.
.
・ ・
.
.
・ ・
…
.
.
.
・ ・
…
.M.Morioka.
E
f
f
e
c
t
so
fmechanicaIv
i
b
r
a
t
i
o
nonman. (
R
e
p
o
r
t1
)
:
.
.・・
…
…
…
…
.
.
.
・ ,
.
・S.Hosono.
H
H
H
2
2
2
. Speecha
r
t
i
c
u
l
a
t
i
o
nundern
o
i
s
e…
…………...・
2
2
3
:
H
H
H
H
H
H
H
2
2
4
.'
S
t
u
d
i
e
sontheo
s
c
i
l
l
a
t
i
o
nandr
i
c
k
e
t
i
n
e
s
so
fthet
e
l
e
p
h
o
n
eo
p
e
r
a
t
o
r
'
s
c
h
a
j
r
,
"
,
;
・ ・
.
・ ・
…
…
… ・・
.
.
.
…
山 ・・・・
.
.
・ ・
.
・ ・・・
.
.
.
… ・・
.
.
.
.
.
・
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
M
H
H
H
・
.Y. Horiuti
.
…
.N.Saruta & A.Fujiki
.
2
2
5
. Experimentals
t
u
d
i
e
sont
h
ee
庄 町to
fh
i
g
h
t
e
n
s
i
o
noxygen
2
2
6
. Experimental s
t
u
d
i
e
so
f ophthalmic.
j
n
j
u
r
i
e
s due t
ou
l
t
r
a
v
i
o
l
e
t
.
r
a
d
i
a
t
i
o
n
:
.
"
一、…..ぷ… ・・………… ・・
ぺ
… ・・
…
… .'N.Saruta & A.Aramaki
.
H
H
H
H
H
H
2
2
7
. E
x
p
e
r
i
m
e
n
t
a
l
.'
s
t
u
d
i
e
so~th~radiation ・injur~ ミn, tabbits;
(
R
e
p
o
r
t1
)
'
:
.
.
.
.
.
.
.
.・・
・
.
.
,
…
…
…
H
a
H
・…
・ ・・
.
.
・ ・
.
'H.Shigeta,T.Kawachi& Ishinishi
.
H
H
M
H
2
2
3
. Ontheradioactivec
o
n
t
a
m
i
n
a
t
i
o
nandi
t
sremovaI. (
R
e
p
o
r
tI
I
):
…
.
.
.
・ ・
.
・ ・
.
・ ・
…
…
…
…
・ T.Miura'&N.Ishida,
H
H
2
2
9
. OnD
.
o
b
e
l
I
i
'
sb
i
c
y
l
ee
r
g
o
m
e
t
e
r
:
…
…
…
…
.
.
.
.
.
・
.
.
.
…
…
H
H
・
.
.
.
… M. Murokawa& H. Kaneko~
,.
白、
.~j.:
2
2
9
0
第2
9回 日 本 産 業 医 学 会 次 第
第
1会場
第 1日 付 月 1日
2
日 曜 日)8
.00,
.
,1
7.00
A
労働年齢
1
. 長寿者率に就いて(第 3報〉・・・・・・・・・・・・・・〔久留米大環境衛生)0
安倍 弘毅・矢野 邦 夫
2
. 産業別及び職業別死因に関する研究
(
第 1報〉産業別死因別訂正標準化死亡率.......・・(関西甚大衛生〉東田 敏夫・岡田 たえ
3
. 某製鉄所従業員の労働可能年齢に関する調査研究(第 7報)
年齢満期者の退職後の生存調査・・・・・(八幡製鋲所病院封働医研)元田
紀雄・清長美濃輔
4
. ~~5.4 年八幡製鉄所従業員の生命表・・・・・・:; ;
.
.
.
.
; (九大福生) 0
水島 Y
台犬・馬島 雄二郎
(八幡製鉄)切
昇・元田紀雄・河合正武・新城
玄
産業疲卦
5
. 学童の疲労度と其の季節的消長に就いて・・・・・・・・・・・(長崎大衛生〉藤本 薫 喜 ・ 中 村
古川大典・阿部一義治・永田
E
彰・川越武慶・松尾昭一・富田正男
6
. 結積女工の尿中性 1
7
ーケトステロイド一日排推量の検討(第 1報
〉
春 生 γ吉 田 昭 三
.(神戸医大産業医学) 0牧
7
. 交替制と疲労・・・・・・・・・・・一一..ー.....................・・・・弓(慈恵医大杭研ト佐伯 獄
8
. 採炭夫の疲労度特に共の呑方別比較に就hて・・・・・・・(長崎大衛生,高松鉱業所〕松田 正幸
9
. 某グパコ工場新規採用者の疲労調査..~ .
.
.
.
.
.~ .c"・・・・・(専売公社松山工場診寮所).0玉 木
毅
(徳島大公衆衛生〕福井忠孝・高尾
朗
1
0
. 某訪績工場女子従業員の疲労調査(第 2報〉・・・・・・・・・(東洋訪績三本松工場) 0内田 三 郎
1
1
. 某化学工場に於ける夏季疲労・・・・・・・・・(往友化学新居浜診療所〉近藤秀雄, 0藤 井
朗
昇
(徳島大公衆衛生〉福井忠孝・高尾
朗
(徳島大公来衛生〉福井忠孝・高 尾
1
1
2
. 某たばこ工場経験工の四季に於ける疲労度に就いて・・・・・・・(専売公社高松病院〉仁木秀臣
〈徳島大公衆衛生〉福井忠孝・高尾
朗
3
. 女子販売員の疲労に就いての研究・・・(八i
播製鉄所病院労働医研〉清長美濃輔・井芹三男
誌1
1
4
. 女子織布工の疲労の研究(第 2報〉フ Pッヵー値に就いで・・(敷島帆布株式会社〉三浦 信 孝
1
5
. 電報局通信土のフ Y"
:
:
1
カ.
f
i
直に就て・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(福島医犬公衆衛生〉鈴木 拘 吾
1
6
. 製鉄所作業員の電気閃光闇{直に就いて・・・・・・・・・・・・・(尺幡製鉄所病院労働医研〉入江一俊二
1
7
. 本川氏電気閃光値 よりみた精神労働と肉体労働
.(大宮鉄道病院) 0鈴 木 亀 一 郎 ・ 山 下 久 幸 ! ・ 恵 義 和 ・ 加 藤 弘 雄
1
8
. 炭鉱労務者の労働による眼近点距離め変化・・・・・・・..・・・・・・・・・・・・(九大衛生〉山県 寅二郎
1
9
. 交通業者の夏季立位勤務による下腿容積の変化・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(九大衛生〉宗清一浩三
誌2
0
. 某ボイラ{製造工場に於ける自覚症及び内観による疲労調査の結果に就いて
f
ー(東邦医大公衆衛生〉前川雅代
労働体力
21
. 農業労働者の体格,体力及び姿勢に就いて・・・?・・・・・・・・・ー...
.
.
.
.
.
...・・・(名大衛生〉岡本
最
:
2
80
2
2
. 農業労働の限界に関する考察・・・ャ・..
.
¥..•. C
山・岡県立医犬衛生〉大石省三・ O山 田
2
3
. エネルギ{代謝よりみたる作業量・・・・・・・・・(労研第二労働生理) 0
沼尻 幸 吉 ・ 安 藤
淳
清
2
4
. 炭坑労務者の基礎代謝に関する研究....
"
..
.
...-.・・・・・(昂I
育大衛生,高島鉱業所〉得景興
産業災害
'
2
5
. 災害に於ける人的要因(第 3報
〉
無て寡〉災害群のロルシヤハテストと
性能テストに就いて・・・・..
..
"
..
'
.
.
.
.
.
.
.
.
.
..••.••. ~.
.
.
.
.
.
-....・・・・・・円・…(日本鋼管鶴見病院)池田
克明
2
6
. 某金属鉱山の坑内外傷発生に就いて・・・・・・・・・(岐阜県立医大衛生〉坂本泰吉・永田 捷一
2
7
. 刑務所に於ける災害の統計的観察・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・….(京大衛生〕保々 万里
誌2
8
. 内田クレベリン精神反応検査に就いてのー検討
.(東大衛生看護学科公衆衛生〉田中恒男
2
9
. 切断肢の筋電図 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(富士製鉄広畑病院〉。正木 久雄・林
l
栄一
(神戸医大第一生理)高野秀勝・越久公雄
特別講演 (
1
'
3
.Q
O
,
.
,
.
,1
3
.
4
0
)
職場の衛生管理に於ける医師の役割巴競い℃・・・・・・・一日本鋼管川崎製鉄所戸田
弘一博士
作業環境 '
(
1
3.
4
0
1
7
.∞〉
'
3
0
. 製鉄業従業員の尿中アセトン体排池量に就いて(第 1報〉、
・
・
.
'(富士製鉄庶畑病院〉小川捨雄・林
栄-
.
3
1
. 製鋼炉前工の労働衛生学的調査研究(水分代謝及び血液,尿に就いて〉
.(八幡製鉄病院労働医研〉新城
玄
.
3
2
. 高温切羽に於ける通風冷却装置の効果に就て・・・・・・・(常磐炭砿磐按砿業所病院)鈴木芳彦
越JlI英夫・伊東嘉久
'
33
. 高温坑道内に於ける救命器の演習の身体に及ぼす影響
.(常磐炭砿磐城砿業所病院)鈴木芳彦・大方政孝・ O越 川 英 夫 ・ 伊 東 嘉 久
、
3
4
. 炭坑労務者の血液学的研究・・・・・・・(三井産業医研)0
有松直教・河内
虎男・石西
進
3
5
. 竪坑に於ける難聴検査・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(常磐炭砿磐披砿業所病院〉西村 義一
3
6
. 集団聴力検査計によるスクリ~=ングテスト
.(東大公衆衛生) 0小 泉 明 ・ 芦 沢 正 見 ・ ( 東 大 耳 鼻 〉 河 村 正 三
3
7
. 電話交換要員の難聴kと脚気症状に就I,~て・・・(和歌山医大衛生)古武踊三・ O武田 真太郎
3
8
. 音響外傷の臨床的観察・・・・・・ 7・・・・・・・・・・・・・ー., ..
.
.
.
.
. (東京労災病院耳鼻科)河村 進市
3
9
. 手持振動工具による職業性障碍・・・・・・・(徳島大衛生・第二生理〉鈴木幸夫・ O西 原 雪道
誌4
0
. 木挽者に見られる指骨の職業性変形に就いて・・・・・(東大衛生看護学科公衆衛生〉勝沼 晴雄
4
1
. 改良型 H
o
s
p
i
t
a
lL
o
c
kに就いて・・・・・・・・・・・・〈東京医歯科大衛生〉北 博 正 ・ 梨 本 一郎
4
2
. 事務室等に関する衛生学的研究
(
第 1報〉銀行等の環境並びに実感状況・・・・・・・・・・・・・・・(東京都立衛生研究所〉荷藤 功
4
3
. 職業性放射線障碍・・・・・・...
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
..
.
ー
.
..
.
.
.
.
.
.
.
.
..
.
.
ー
. (労研病理第~)石津 澄子
4
4
. レントグン障碍の予防に関する研究主第 4報〉
.(大阪市立大衛生・公衆衛生〉堀内ー繭・大和田 国夫・ O上 田 貞 二 ・
も中川千代三郎・-平山昭夫・和田
望 ・ 藤 谷 姐 生 6沼 田 昭 夫
2
3
1
4
5
. ウラン鉱探鉱に関する障碍防止に就いて
ャ
.~'!'・・(慈恵医大公衆衛生〉‘鏡 光;長,保滞‘巣,-;:-"'.,占鼠‘誠九・基降、主イ'*-1主藤徳人
CA
事院健康安全課) 0井上武ー郎
・
・
・
・
・
・
・'
4
6
. 筑豊地方の豆炭製造工場周辺の空気汚染に就いて
.(九大衛生〉猿田南海雄・(福岡県衛研〉秋山
高
4
7
. 宇部市の降下煤塵と気象要素との関係・山・・〈山、日医犬公衆衛生〉野瀬善勝・ 0上 野 碩 夫
、
4
8
.,最近五芳年聞に於ける宇部市の降下煤塵測完成積 ~G就いて
.(山口医大公衆衛生〉野瀬善勝・ O北 J
I
I 良雄
4
9
.'宇部市の降下煤塵と市高の保健動向・・ ぃ・・・…刊......一一・・・ 4
山口医大公衆衛生〉野瀬普勝
,
ι
'.50.EDTAにぷる気中鉛の簡速定量法 h ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(岐阜;医大公衆衛生〉館
正知
誌
、5
1
. ミゼッ F・布ンピン吠咋"ーによ る水銀蒸気捕集、の検討..
"
.
..ー-・(労研労働生理〉多国‘ 治
1
誌5
2
. 空気取のブェノ::....).レ量測定法・…一..~.…・(公衆衛生院栄養生化〉福山富太郎・佐藤徳郎
第 2 日 ζ4・丹 2 日 月 曜 .B) 8
.
.
0
.
0
1
2
.
.
0
0
.
労働衛生戸管理
5
3
. 大都市近郊に於げる農討のー調査・・・・・・・・・-;.(公衆衛生院聾働主主理〉石川町滑走・鈴木 武夫
(培玉県衛研〕二戸源治・(群大衛生)J
I
[森 正 夫
5
4
. 勤労者階層の婦人:の生活必健康状態 ・・・・…・ じ関西医大衛生〉東田敏夫・ 0同中 美智子
τ
h
瀬芦義文・堀口恒次・金子志郎
、
5
5
. 金属鉱山坑内枠業員の労働締生学的研究
(
第 1報〕坑内作業員の稼動分析並びに聾働抗議診に就いて・・・・・(広島医大衛生〉尾も鍋
隆
'
5
6
. 尿中補正濃度額0
:
定法によ¥る船員 の栄養状態に就いて
i
・(労研う西部徹ー十 O高 木 和 男 ・ 増 田 富 江 ♂ 望 月 英 男
5
7
.
某杭毛紡績工場従業員の公私傷病の統計学自慨究・・山バ.'~.' (京都府立医大衛生〉喜多英-
58;.
国鉄職員の擢病 tこ関・する統計的研究・・・・・・.~
.
;
.
.
"
...
..
"
.
ー
.
.
. (京都府立医大衛生〉、声明
実
5
9
. 某窯業主場に於ける消化器患者調査成積・・・・...一・・・・・・(日本板硝子若松工場〉白井 政 之
6
0
. 北海道に於ける開発機披操縦員の労働宿生学的調査(第 2報〉冬期作業に就いての調査
.
.
.
.
.
.
.
...・(北大衛生〉安部 f三 奥 4村 山 憲 司 ・ O中 野 俊 、 彦 ・ 山 本 審 也 中村‘佐金吾・
4
保守寺良之・長谷部‘春美・宮下‘俊彦・広瀬‘欽也・加藤
斌・加須屋和麿
61
. 工場労働者の多面的集団検診(第 2報〉高血圧者に関する成績特に心電図所見
Oi:(日本鋼管鶴見病院)市瀬護国・庄中健吉
6
2
. 工場労働者の血庄調査(第 3報)つ
P
一・(印刷局東京病院〉秋山房雄・ O田 中
茂・岡
憧治
6
3
. 高血圧者の受働能力に関する考察(第 1報)
・〈順大公衆衛生)山本 幹夫・手葉市、裕典白・ 山 本 武 彦 ・ 宮 崎 利 雄 ・ 竹 居 文 子
t
i
(同和鉱業花岡鉱山病院〉費藤俊二
職業病(産業中毒〉
'
6
4
. :新聞社印刷作業場に於ける鈴中毒の実態
t
・・・(夫阪市立衛研) 0渡-辺
弘・富田絹子・村山
ξ サ子
お2
第 29 回 日 本 産 業 医 学 会 総 会 ー 、
(
13.00__13.30)
第 2
9回 日 本 産 業 衛 生 協 会 総 会
特別講演 (
1
3
.
3
0
1
4
.
3
0
)
.
一
..
.
ー
..
.
.
.・・・・・・名古屋大学医学部教授-鯉沼-茄吾博士
ふ窯業の 3
悲観締生に就いて・・・・・・.
部会報告 (
1
4
.
3
0
1
5
.
1
0
)
8
0
.
造船部会報告・・一一.................~・・・・・・・・・・・・・・〈新三菱重工神戸造船所〉大林
81
. 硫安部会報告・・・・.........
..
..
..
..
..
..
....
....・・・・・・~
治男
c
白木硫安工業協会〉長谷川ー亀雄
8
2
. 炭鉱部会報告・・・・・・・・・・・・ー・守・・・・・・一..一...
'
.
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ (三井産業医研〉・石・西
進
お3
8
3
. 機械部会報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (名大衛生〉奥谷 博俊
8
4
; そ の一他・・・・・・・・・
シンポジウム
議題.‘医学と工学の側からみた防塵対策守・・・竺司会 労 働 桝 学 研 究 所 副 所 長 勝 木 新 次 博 士
総括報告
,
1
. 建築工学に於ける粉塵問題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ぃ(国立横浜大建築〉佐藤
鑑
.
一
.(日本鉱業協会〉矢野達雄
2
. 我国の金属鉱山に於ける粉塵防止対策の実藤.............
3
. 工場に於ける粉塵防止対策の実態・・・・・・・・・・・・ー・・・・・・・(日本鋼管川崎製鉄〕渡部 五百友
一般報告
L 防墜に関する医学と工学との協力組織に就いて・・・・.......ー-・(東大公衆衛生)額回 祭
2
. 局所排気設備設計上の問題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (東大生産技術研〉勝田 高司
3
; グラインダの発塵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (雫稲田大理こじ学研〉房村
4
. 表面活性剤による発車防止・・・・・・・-・・・・・・・・・・・・・・・・・・・〈公衆衛生院労働衛生7輿
5
. 一般発塵の性質と防塵計画・・・・・・・・・・・・・・....・・・・・・・・・・・(日立製作所,日立研〉橋本
6
. 集塵装置に就いて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (ライフマン工業〕、蘭川
信雄
重治
清隆
利雄
7
. 産業衛生教育に於けるエ業と医学の交流・・・ 1・・・・・・・、・・(公衆衛生院建築衛生〉小林 陽太郎
8
. 工学の側から見た防塵対策・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(大阪市大理工学部建築衛生)田中 良太郎
第
3日 (
4 月 3 日-火曜日)8
.
0
0.
.
;
,1
2
.
0
0
.
塵 肺
f
其のー〉
8
5
. 滋紙塵挨計に就いて(第 3報〉・・・・・・・・・・・(労研労傍締生第 2) 三浦 豊彦・ O木 村 菊二
8
6
. 製鋼作業に発生する無機物の推移に就いての研究
〈
第 2報〉粉塵粒子の電子顕徴鏡像,就中粒子特異像に就いて・・・・・(名大衛生〉上野 清敏
8
7
. 石灰粉塵の血圧に及ぼすー彰響(第 1報〉 ・・・・・・ム・・・・・・・・・・・・・・・・・ (名大衛生〉水谷 久泰
8
8
. 珪肺検身時に於ける受診者の眼症状(第 1報〉
.(四国鉄道病院〉桑原
進・ O中 井
敬
8
9
. 珪肺特に珪肺結按の進展に就いて・・(東北大中村内科・三菱金属細倉鉱山病院〉田中丸治夫
9
0
. 某炭山に於ける珪肺結接症に就いて・ベ・・¥・・・・・(三井産業医研〉石西 進・ O古 賀 英 世
91
. 滑石肺並びに清石肉芽腫に関寸る研究
I
〈
第 4報〉ゴム工場渇石粉発塵職場長期従業員の心電図
・・(プリヂストンタイヤ久留米診療所) 0
宮J
I
I 俊介、酒井恭次・高橋孜郎・天野
光
9
2
. l'骨石肺兼肺結核のー音l
験例・・・・・・・・・・・(国立擦養所大阪厚生園〉瀬良 好澄・ 0田 中
昂
9
3
. 某石綿加ヱヱ場に於ける石綿肺・・・・・・・、・・・・・・(奈良医大第乙内科〉宝来 善次・植島 享 介
9
4
. 塵肺症の研究(第 3報〉石綿肺の気管支造影に就いて
.(東京労災病院〉吉見正二・古崎
晃
9
5
. アルミェウム粉製造工場及びアルミュウム再生エ場に於ける塵肺とー音o
検例
.(阪大第三内科う瀬良好澄・田中
昂・高木 功・大木保男
登・重松舜祐・井石澄雄
慶応堂病院) 0
小J
I
I 三郎・ 佐 藤 万 夫
9
6
. 珪肺に合併した肺癌の 3例・・・・・・・(住友別子病院) 0
三谷
9
7
. 珪蹄鑑別診断、法・・・・・・・・・・・・・・........•.... ..•...
c
e
234
誌9
8
. 某炭鉱坑内夫の胸部レ線像広就いて・・・・・・・・・(山口医大放射線) 0桜 井
9
9
. 新間接撮影技術による珪肺診断の試み・・・・・(三重県立大放射線〉中村
孝・杉山
純夫
実・ O 山 崎 茂 郎
(三重県立大産業医研〉高安正夫・吉田
克己
1
0
0
. 珪肺の進展に関するレ線学的研究(第 2報〉珪肺結核
.(新大放射線〉野崎秀英・池主修衛
1
但. 珪肺結援に対する X線高圧撮影の一利用法〈第 2報
〉
.(阪大第三内科〉志村達夫・高木
功
1
0
2
. 新らしい携帯用時限肺活量測定装置(供覧)・・・・・・・・・・・・・・・・・(東大公衆衛生)額田 祭
1
0
3
. 北九州:D業地区珪肺精密検診成績(第 2報〉・・・(九州労災病院〉津田 稔・ 0山 根 和 雄
1
0
4
.'福岡県に於ける珪肺(業務上疾病〉の統計的研究に就いて・・・(福岡労働基準局)有馬 正之
産業結稜
誌1
0
5
. 労働と結核の関係に就いて(実態調査〉・・・・・・・・・・・・・・・・・(大阪労研労働生理〉万代
敬三
誌1
0
6
. 結按患者の体重の季節的変動に就いて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(大阪努研労働生理)万代 敬三
1
0
7
. 訪讃産業に於ける胸部結接発病に就いて(第 2報〉・・・・・・・・・・・〈阪大第三内科〉井上
宏
1
0
8
. 結核患者及び要注意者の経過観察(主として悪化者に就いて)・・・〔阪大第三内科〉上野 元男
1
0
9
. 富士製鉄釜石製鉄所に於ける結核管理成績(続報〉昭和 3
0年度秋期現在に於ける成積
・・(東北大抗酸菌病研〉海老名敏明・阿部政次・
O梅 田 義 彦 ・ 工 藤 進 二 ・ 新 藤 三郎
2
網壌徳男・(釜石製鉄病院衛生〉門馬公道・伊藤克己・東
梅誠
1
1
0
. F鋼材工業に於ける結核管理に就いて(第 1報〉胸廓成形術施行者の経過及び
作業能力に就いて片山・ 7 ・・~. ~'... .
.
f . . . •
.
.令・・・・(富山県立中央病院〉多賀 一郎・ O秋山
舜-
1
11
. 某企業体の肺結核患者動態(第 1報〉入院治療者の遠隔成積に就いて
一
・ (N.H.K.診療所〉古館常四郎・西尾泰生・ O大 久 保 忠 成
其の他
1
1
2
. ぺ=シリンアレルギ{に関する研究(第 1報〉ベユシリンアレルギ{の
栄・宮坂登志子・ O白 石
発生頻度と診断法の検討・・・(東邦医大公衆衛生)横堀
彰
藤本佐賀枝・鈴木文子・倉島摂子・永原昭二
1
1
3
. ズック靴の中蔵中に配合された
PCP剤の抗菌力に関する笑験的研究(続報)
.(久留米大衛生・公衆衛生〉白川
充・(久留米大皮膚科〉国見秀範
1
1
4
. 著効を認めた白癖性汗癌疹(所謂水虫〉の治療法に就いて
.(住友化学大阪診察所〉菅居 E索
第
2 会場
第 1 日 付 月 1 日 日 曜 日 )8.00-17.00
労働病理
錯中‘毒
誌1
1
5
. 健康日本人の体内に於ける鉛分布の再検討(第 1報
〉
.(大阪市立大衛生・公衆衛生〉堀内ー顕・田守悦男・ 0同 時
彰・弓削昌子
235
1
1
6
. 生体内に侵入せる鉛の運命に就いて(第 3報 )R.aDの経口投与による実験
・(大阪市立大衛生・公衆衛生〉堀内ー踊・
和田
O堀 口 俊 一 ・ 長 尾 美 昭 ・
望・岡田
彰・弓削昌子
1
1
7
. 赤血球内に於ける鉛の分布とその結合状態に就いて・・・・・〔慶大衛生・公衆衛生う森
明
1
1
8
. 鉛の血中分布に関する実験的研究・・・・・・・・・・・・・・..
、
.
.
.
. (公衆衛生院労働衛生〉横橋 五郎
1
1
9
. 鉛中毒の血色素合成異常に関する研究(第 1報〉鉛中毒時のポルフィリン
•~.~
将
代謝に関する研究・・.......・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(京大衛生〉佐野 晴洋・ O井 上
1
2
0
. 鉛イオンの筋 p
h
o
s
p
h
o
r
y
l
a
s
e及び phosphoglucomutaseの活性に及ぼす影響
.{鹿児島県立大衛生〉西尾一男
1
2
1
. 鉛中毒における Ca.EDTAの効果に関する研究(第 3報〉
織田実男・原田‘ 章
.(京大公衆衛生)0
i
1
2
2
. 鉛中毒に対するビタミン B12 の効果に関する研究〈第 3報〉
. (京大公衆衛生〉原田
章
6
佐野晴洋
1
2
3
. 鉛中毒の解毒機転に関する研究(第 4報)
.( 大 阪 学 芸 大 衛 生 〉 冨 士 貞 吉 ・ 榊 原 栄 一 ・ 久 成 正 生
1
2
4
. 慢性鉛中毒に於ける鉄及び銅代謝に就いて
;(東北大中村内科・三菱金属細倉鉱山病院〉市瀬
修
1
2
5
. はじめて鉛に曝露した場合の生体反応(第 1報)
・(大阪市立大衛生・公衆衛生〉堀内ー顕・堀口俊一・ O長 尾 美 昭 ・ 岡 田
f
弓削昌子・岩掩典生・和田
彰・
主
1
2
6
. 鉛中毒と上皮小体機能・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(東京歯大公衆衛生〉土屋 健三郎・西村 正雄
誌1
2
7
. 鉛中毒と副腎皮質機能〈第 3報〉大黒鼠の実験的慢性中毒・....'・(東大公衆衛生〉脇坂戸郎
誌1
2
8
. 鉛中毒と下垂体皮質機能(第 4報〉副腎易日出犬黒鼠の鉛中毒実験
-て東大公衆衛生〕脇坂 -~i5
1
2
9
. 慢 鴎奇中毒の雌性白島生殖機能に及ぼす笑験的研究・・・・・・・・. (慈恵大公衆衛生ユ松窪 正男
1
3
0
. 鉛作業者の血清蛋白分屑に関する研究(特に r
.
g
l
o
b
u
l
i
nに就いて〉
J
.(慈恵央公衆衛生〉須藤恵夫
1
3
1
. 鉛中毒における壁光球の態度(第 2報〉・・・・・・・・・・・(新大衛生〉渡辺 厳ー・ O布施 徳郎
誌1
3
2
. 機餓の鉛中毒の起り方に就いて・・・・・・・・・・・・・・・・・(東大公衆衛生〉脇坂 一 郎 ・ 額 同 柴
誌1
3
3
_ ウサギの実験的鉛中毒における血液還元グ、ルグチオン
.( 新 大 衛 生 〉 永 井 敏 彦 ・ 布 施 徳 郎
1
3
4
. 毛髪中の鉛含有量に就いて・・・・・・・(徳島大第乙生理、・衛生〉西山 敬太郎・ O石沢 正一・
大島
稔・宮崎道人
其の他の無機物中毒
1
3
5
.'
P
o
l
a
r
o
g
r
a
p
hによる生体内微量 Cu
,Fe の同時定量法に就いて
A
一(大阪学芸大衛生〉榊原栄一・ O久 成 生 正
誌1
3
6
. D
i
s
n
a
p
h
t
h
y
lt
h
i
o
c
a
r
b
a
z
o
n(DN)による尿中水銀の徴量定量法
.(京大公衆衛生〕三浦 信l
i
1
3
7
. 枇素中毒家兎の物質代謝障碍・・・・・・・・・・・・・〈岐阜医大公衆衛生) 0高木 栄一・今泉 一静子
お6
1
3
8
. Ca.EDTAのマンガン及び枇素排出に及ぼす影響
.(岐阜医大公衆衛生〉館
正 知 ・ O新 沼 貫 一
誌1
3
9
. 各種抵織内セレンの微量定量法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (京大公衆衛生)三浦
創
1
4
0
. 硝気中毒に関する実験的研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(九大衛生〉猿田 南海雄・ O原
薫
1
4
1
. NH
急性中毒に関する実験的研究・・・・・・・・・・・・・・(九大衛生〉猿田 南海雄・ O小山 芳文
a
誌1
4
2
. 円形滅紙クロマトグラフィーによる尿診断(第 1報〉パス尿に就いて
.(神戸医大衛生・公衆衛生)山田
好文
= 硫 化 農 素 及 び 80
2 中 毒
1
4
3
. こ硫化炭素 (CS2) の代謝過程に就いての研究
(第 1報)血液に移行した CS
2の運命に就いて・・・・・・・・・・・・・・・・・・(阪大衛生〉後藤
1
4
4
.
1
4
5
.
1
4
6
.
1
4
7
.
二硫化炭素の体内変化に関する研究(第 3報〕・・・・・・・・・(三重県立大公衆衛生〉吉田
CS
2 中毒のトリプトファン代謝に就いて・・(三重県立大公衆衛生〉吉田
克己・
調
克己
O大 島 秀 彦
CS
敏夫・ O湾 藤
2,中毒家兎の腎臓機能に就いて・・・・・・・(慶大衛生・公衆衛生〉外山
二硫化炭素中毒の研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (労研第 1病理)久僚国
毅
重孝
1
4
8
. 亜硫酸ガス中毒に関する研究(第 2報〉慢性亜硫酸ガス中毒の家兎末梢血液像
及び骨髄像に及ぼす影響に就いて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (松尾鉱山病院〉林
司
1
4
9
. 亜硫酸ガス中毒に関する研究(第 3報〉慢性亜硫酸ガス中毒に重曹を注射した
場合の家兎末梢血液像及び骨髄イ象に及ぼす影響に就いて・・・・・・・(松尾鉱山病院〉林
司
労働病理 (
1
3
.
4
0
1
7
.∞
〉
ー酸化器素中毒
1
5
0
. 一酸化炭素中毒に関する研究(第 1報)血液ヘモグロビン c
o飽和度の
分光化学酌測定法に就いて・・・・・・・(三井産業医研) 0社 千 代 喜 ・ 河 内 虎 男 ・ 石 西
誌1
5
1
. 慢性 c
o中毒の実験的研究
進
(第 4報) CO ガス皮下注射時に於ける下垂体副腎皮質ホルモンの血液に及ぼす影響
.( 日 本 鋼 管 川 崎 製 鉄 所 保 健 課 〉 戸 田 弘 一 ・ 大 野 二 郎
1
5
2
. 一酸化炭素長期曝露による早期老化現象
く 第 4報) CO長期曝露による皮膚の変化・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(信大衛生〉村山
忍三
1
5
3
. .CO ガス中毒の恕限量に関する研究
(第 7報〉低濃度 CO長期曝露自民に於ける酸化還元能に就いて・・(信大衛生〉亀井
1
5
4
. CO中毒に対するグルグチオンの効果・・・・・・・・・(京大公衆衛生〉村上
嗣郎
宏・橋本 綱太郎
ベ ン ゾ ー Jt.中毒
1
5
5
; ベンゾール及びその同族体の中毒に関する研究
(第 5報〉ベンゾールの生体内酸化に就いて・・・・・・・・・(公衆衛生院労働衛生〉広川
太刀雄
n
z
o
l 中毒の研究
誌1
5
6
. Be
ceton,B
u
t
y
l
a
c
e
t
a
t
e混在時の B
e
n
z
o
l中毒・・・・・(東大公衆衛生〉西山
(第 2報) A
勇
誌1
5
7
; Benzol中毒に関する研究(第 3報)機餓時の急性 Benzol中毒
.(東大公衆衛生〉西山
勇
O奥 谷 博 俊 ・ 入 谷 辰 男 , 柳 沢
運
1
5
8
. 高原気候下に於ける B
e
n
z
o
l中毒の研究
.(名大衛生〉鯉沼茄吾・
237
誌1
5
9
. B
e
n
z
o
l中毒に関す:Q研究
(第 4報)グルクロン酸使用による B
e
n
z
o
l 中毒予防効果・・・・(東大公衆衛生〉西山
勇
英の他の有機剤中毒
1
6
0
. Acetyleneb
l
a
c
k吸入による実験的研究・・・・・・・・〈九大衛生〉猿田 南海雄・ C加 藤 敏 郎
1
61
. メチルメルカアグンの毒性に関する研究ぐ第 1報〉
.(大阪市立大衛生・公衆衛生〉堀内ー繭・。石川逸郎・岩掩典生。
藤井
徹・中尾正宏・平山昭夫
1
6
2
. 芳香族化合物の血液 P
h
e
n
o
l
a
s
e活性値に及ぼす影響とその意義に就いて
.(大阪府立努研〉中島泰知
1
6
3
. 硫酸抱合から見た肝における m-クレゾ戸ルトルエン安息香酸の代謝
.( 公 衆 衛 生 院 栄 養 生 化 〉 佐 藤 徳 郎 , 福 山 富 太 郎
1
6
4
. 合成樹脂ヱ業に於ける工場中毒に就いて
.(千葉大衛生〉谷川町久治・藤原喜久夫・中山
博
1
6
5
. 塩化ヂフェ=ールの毒性に就いて(第 2報) ..;.・・・・・・・・・・・・・・(努研第 1病理)本内 正 雄
1
6
6
. 臭化メチル中毒に関する研究(第 1報)
努 ・ 吉 田 克 己 ・ O杉 本
年
アルコールのペーパークロマトグラフィ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(阪大衛生)砂田
毅
~ (三重県立大産業医学〉高安正夫・菅原
誌1
6
7
. 工業毒のペーパークロマトグラフィ(第f報〉
1
6
8
. ・工業毒のペーパークロマトグラフィ(第 2報う
芳香族アミン(工業毒〉、のペーパークロサトグラフィ・・・・・・・・・・・・・(阪大衛生〉砂岡
毅
1
6
9
. 炭化水素類による皮膚障害に関する実験的研究(第 1報)脂肪族炭イbk
素類に就いて
.(東京医大衛生・公衆衛生)赤塚京治:・宮沢寿一郎・高橋寛男・足立
健・
0五 十 嵐 五 十 司 ・ 宮 崎 壮 一 ・ 高 橋 国 男
1
7
0
. 炭化水素類による皮膚障害に関する、実験的研究ぐ第 2報〉芳香族炭化水素類に就いで
よ,(東京医大衛生・公衆衛生〉赤環京治・宮沢寿一郎・五十嵐五十司・足立
健・
0藤 波 嚢 二 ・ 宮 崎 壮 一 ・ 高 橋 国 男 ・ 山 村 正 直 ・ 宮 本
勇・
宮本寛利・鈴木
猛・藤村敏行・和田邦孝・延島建市
1
71
. 炭化水素類による皮膚障害に関する実験的研究
(第 3報〕炭化水素類の皮膚に対する作用時間と皮膚障害の程度に就いて
.(東京医犬衛生・公衆衛生〉赤塚京治・
ー・足立
宮本
O宮沢
l
寿一郎・五十嵐五十司・
健・藤波嚢二・宮崎壮一・高橋国男・山村正直・
勇・宮本寛利・藤村敏行・鈴木
延島建市・岩本岩助・安藤
猛・和田邦孝・
克・原島三郎
1
7
2
. 産業用皮膚保護剤に関する研究
(
第 2報)毒物吸牧抑制効果に就いて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(信大衛生)野村
茂
農薬中毒
1
7
3
. パラチオンの実験的研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ー(九大衛生〉猿田 南海雄・ O長谷川 健
1
7
4
. パクチオンの危害防止に関する研究・・・・・・・・・・・(熊大公衆衛生)喜田村 正 次 ・野口 芳 之
1
7
5
. 子BHC中毒に対ずるグルクロシ酸の効果・・・・・・・・‘パ・・・・・・・・・(東大公衆衛生〉加納 清
i
2
238
第 2 日 (4 月 2 日 月 曜 日 )8.00--12.00
塵肺(其の=)
1
7
6
.
1
7
7
.
1
7
8
.
1
7
9
.
白鼠に対する粉塵気管注入法の擬寸・・・・・・・(労研労働病理第 2) 0佐野 辰雄・小山内
各種粉塵による組織反応に関する実験的研究・・・・・・・・・・・・・・・(山口医大放射線)"杉山
博
純夫
低濃度珪酸粉塵による実験的塵肺に就いて・・・・・・・・・・・・・・・(労働省珪肺試験室〉渡辺 恒蔵
シリカ粒子の大きさによあ組織反応の差異・・(公衆衛生院労働縮生).古屋鹿隆・ー坂部弘之
(三菱金属鉱業〉長谷川恒夫
1
8
0
.
1
8
1
.
、
1
8
2
.
1
8
3
.
1
8
4
.
1
8
5
.
石英粉末の溶解に就いて・・・・・・・・・・・・・・・・・(公衆衛生院労働衛生〉輿 貴美子・坂部 弘之
珪症結節の二,三の代謝特性・・(公衆衛生院労働痛生〉坂部弘之・(癌研化学)小野哲生
珪肺結節と硝子様物質に就いて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(東北大中村内科〉鴫原 勇次郎
塵挟貧喰作用に関する笑験的研究・・・・・・・・・・・(東北大中村内科〉中込
珪肺組織の電子顕微鏡学的研究・・・・・・・・・・・・・・・(東北大中村内科)中込
泉・ 0阿 部
彰
泉・阿部
彰
珪姉に於ける肺血管変化の形態学的研究(第 1報〉単純性珪肺例に就いて
.(東北大中村内科〉滝沢敬夫~. 0長谷山博・(東北大病理)林,
問文
1
8
6
. 珪肺に於ける肺血管変化の形態学的研究(第 2報う結核合併例に就いて
.(東北大中村内科〉滝沢敬夫・(東北大病理) 0林
前文
1
8
7
. X線廻析法及び燐酸法による遊離珪酸の測定
.(三重県立大産業医学〉高安正夫・菅原
努・吉田克己・石川
昭
1
8
8
. 珪肺の研究(第 1報)珪酸の微量定量法に就いて
.( 三 井 産 業 医 研 〉 河 内 虎 男 ・ 。 宮 崎 忠 利 ・ 石 西
誌1
8
9
. 塵肺者の体内珪素に就いて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(慈恵医大公衆満生〉天野
進
信一
1
9
(
)
. 珪素代謝に及ぼす諸種ホルモンの影響・・・・・・・・・・・・・(主訪日号大生化)安梅 正威・松田 源治
1
9
1
. 珪肺症の血液所見に就いて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(神戸医大衛生・公衆衛生〉藤原 秀次郎
1
9
2
. 温浴殊に鉱泥浴の肺機能に及ぼす影響(第 2報〉
.c
九州労災病院) 0津 田 稔 ・ 山 根 和 維 ・ 姥 木 宏
1
9
3
: OxinÌE~ter (オキシメ{グ-)を用いた珪肺患者の労働能力の判定に就いて
.(順大公衆衛生〉山本幹夫・ 0宮 崎 利 雄
1
9
4
. 珪肺症の心電図及び之に対する運動負荷試験と酸素欠乏試験との比較
.(三菱金属尾去沢鉱業所病院〉松下喜彦
1
9
5
. 珪肺検診の心肺機能検査に関するこ,三の検討・・〈三井産業医研) 0
馬場快彦・古賀英也
1
9
6
:
,珪肺の換気機能に及ぼす影響・・・・・・・・・・・・・(岐阜医大公衆衛生〉館 正 和 ・ O古 川 博
1
9
7
. 珪肺者の心肺機能検査に就いて….............・・・(大阪労研労働生理〉万代 敬 三
労働生理
1
9
8
. エネルギ{代謝率の労作継続時聞による差異に就いて・・・・・・・・・(昭和医大衛生〉佐藤 繁三
1
9
9
. ガス代謝用マスクの死睦及び装置の呼吸気抵抗が換気量に及ぼす影響に就いて
.(国鉄保健管理〉橋本邦街
2
0
0
. 作業姿勢の筋電図学的考察・・・(祢戸医大第一生理) 0越 久 公 雄 ・ 高 野 秀 勝 ・ 福 田 茂樹
20
1
. 筋労作が抗病機能に及ぼす影響に就いて
.(昭和医大衛生) 0本 田 磐 雄 ・ 速 水 清 治 郎 ・ 飯 島 E久 ー 与 儀 実 久
2
3
9
第 3 日 付 月 3 日 火 曜 日 )8
.00--12.00
労働生理(前日の続き〉
2
0
2
. 人の上肢筋の活動並びに蛙の筋疲労に対するホルモンの作用
・(神戸医大産業医学) 0尾 松 芳 男 ・ 高 野 秀 勝 ・ 福 田 茂 樹 ・ 越J
I
J 裕正
誌2
0
3
. 電気閃光闇値に関するこ,三の実験的研究・・・・・・・・・(八幡製鉄所病院蛍働医研)入江 俊二
2
0
4
. 低酸素吸入時の本川氏電気閃光値とオキシメ【ター値の変化
.(東北大第 2生理) 0虎 渓 良 男 ・ 大 磁 哲 男 ・ 徳 永 益 雄
2
0
5
. 昼夜間に於ける睡眠の比較に就いて
.(労研生理第 1) 0大 島 正 光 ・ 遠 藤 幸 之 助 ・ 池 田 喜 明
2
0
6
. 環境温度と血球容積率・・・(新大衛生〉布山竜男・青木
2
0
7
. 循環好酸球の日内変動に関する研究(第 3報〉
智 ・ 永 井 敏 彦 ・ O小 林 博 子
・・(東邦医大公衆衛生〉宮坂登志子・中村澄子
環境葡生
2
0
8
. 高温環境下労働の理論的考察(第 2報〉・・・・・・・・・・・・・(旭硝子研〉酒井 久男・安井 義之
2
0
9
. 高温作業に関する研究(第 2報〉
.(四国鉄道病院) 0森 棟 隆 幸 ・ 中 河 洋 ・ 木 下 昭 男 ・ 遠 藤 敏 夫
誌2
1
0
. Eos
i
n好性白血球に関する研究(第 7報〉高温曝露後の循環 E
o
s
i
n好性白血球
増加に就いで・・・・・・・(東大公衆衛生〉松岡
修吉・西川
浪八・芦沢正見・小泉
明・
脇坂一郎・田中恒男・千葉裕典
2
1
1
. 環境温度及び麿血が血清 K,Na濃度に及ぼす影響に就いて
.(三井産業医研) 0石 津 不 二 夫 ・ 河 内 虎 男
2
1
2
. 麿熱による中枢神経細胞の変化に関する実験的研究・・・・・・......... (九大衛生〉若曾根 亨
2
1
3
. 持続的中等度高温環境の蛋白代謝並びに肝機能に及ぼす影響・・・・・・・(熊大衛生〉佐藤 良一
誌2
1
4
. 高温高湿環境に於ける血液酸素代謝に関する実験的研究
.(東北大中沢内科〉板原克哉・山家" 喬
2
1
5
. 高温曝露ラッテの血液像と血液のカグラーゼとベルオキシダーゼの活性の変動
.(鹿児島県立大衛生〉西尾一男
2
1
6
. 高熱環境作業服に関する研究(第 4報〉防熱被服地に就いて
.(京都府立医大衛生〉田中政夫・永田久記
2
1
7
. 防車マスクの研究(第 7報〕・・・・・・・・・・・・・(労研労働衛生第 2)三浦 豊彦・ O半田 晃久
2
1
8
. 表面活性剤による発車防止・・・・・・・・・・・・・・・(公衆衛生院労働衛生〉輿 重 治 ・ 坂 部 弘之
2
1
9
. 頻回電流刺戟を用いての人体聴神経の C
h
r
o
n
o
l
o
g
i
c
a
lc
h
a
r
a
c
t
e
rの研究
.(阪大衛生) 0辻
潔・水野俊夫
2
2
0
. 騒音の自律神経系に及ぼす影響・・・・・・・・・・・・・・・・・(九大衛生〉猿田 南海堆・石橋 歪之輔
2
2
1
. 工場騒音障害に関する研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(九大衛生〉猿田 南海堆・ O石光 正 久
2
2
2
. 騒音下の語音明瞭度に就いて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(労研労働衛生第 2)森岡 三 生
2
2
3
. 振動の人体に対する影響(第 1報〉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(神戸医大産業医学〉細見 正二
2
2
4
. 電話交換沼椅子の適正条件に関する振動及びガグの研究
.(電電公社医事研〉堀内美和
戸
240
2
2
5
. 常圧下長期に亘る高濃度酸素吸入の笑験的研究・・・(九大衛生〉猿田 南海雄・ O藤 木 昭 夫
2
2
6
. 紫外線による眼傷害の実験的研究・・・・ ・・.,.........、(九大衛生〉猿田 南海雄・ 0荒 牧 明
沼7
. 放射線障害に関する実験的研究(第 1報う
.(三井産業医研) 0茂 田 八 郎 ・ 河 内 虎 男 ・ 石 西 進
2
2
8
. 放射能による汚染とその除去に就いて(第 2報〉布の汚染と汚染除去
.(労研労働繭生第 2) 三 浦 豊 彦 ・ 0石 田 典 夫
誌2
2
9
. D
o
b
e
l
n
'
s自転車労作計に就いて・・・・・・・・・・・・・・・・・・(郵政医事研)室川、 E彦・金子 秀彬
l
241
第 29
回日本産業医学会口演抄録
1
. 長害者寧に就いて(第 3報
〉
安倍弘毅,矢野邦夫(久留米大環境衛生)
5年度国勢調査による全国都道府県別 (AJ{
長寿者率(女)}と (BJ {一世帯当り世帯人員}
昭和 2
と,叉 (CJ {7人以上世帯数の全世帯数に対する自分率}とそれぞれ順位相関係数を計算してみると A
とBは -0
.
7
4
6,AとCはー 0
.
7
0
8の強い逆相関, BとCは 0
.
9
5
6
の順相関を示した.即ち世帯人員の少
い所に長寿者率の高いのをみた.村落等小人口についても之を計算して,検討中である.
2
. 産業別及び職業別死因に関する研究
(
第 2報
〉 産業別死因別訂正標準化死亡率
東田敏夫,岡田
たえ(関西医大衛生)
6年及び2
7年人口動態統計をもちいて,産業別及び職業別に各種
厚生省の産業別職業別死亡統計と昭和 2
死因の標準化死亡率を間接法により訂正して比較考察した.まづ男子産業別に検討すると,
結核ー金融保険,公務,サービス業が高位である.次いで鉱業,運輸通信,製造であり,水産漁,農,
林が低位てある.
悪性腫蕩ー金融保険に次いで鉱業,製造(二者共に租死亡率は低いが高位転位入租死亡率の高い農業が
n
低位に落ちている.
中枢神経系血管損傷ー租死亡率が高い農業,卸小売,サービス業よりも,租死亡率が低い建設業,運輸
通信,鉱業が高位に上っている.
顕に高位であり,建設業が上位に転じている.
心臓疾患一金融保険,建設,卸小売,製造,サービス業のj
高血圧一金融業がとくに高く,製造,卸小売とれに次く?,農林が低い.
肺炎ー鉱業が最高位に転じ,運織通信製造が次ぎ,農林最低.
胃十二指腸潰蕩ー金融保険,建設,農が高位にあり,最低は林,公務.
虫垂炎ー最高位は鉱業,次いて製造,農,建設,低位は公務,漁水産,サービス業.
ヘルニヤー鉱業は最高,次いで建設,運輸送信,漁水産,低位は公務,林,サービス.
胃腸炎一農,建設,漁水産が高位,低位は金融保険,公務.
肝硬変一鉱,漁水産,卸小売,金融保険が高く,公務,林猟が低い.
腎炎,ネフローモ
金融,建設,農が高い.
脚気ーサービス,製造,卸小売が高い.
)
原.その他はかなり低くなる.
不慮の事故一鉱業が著しく高く,林,建設,漁水産,運輸,製造の1
自殺ー金融保険,製造業がはなれて高く,卸小売,サービス業が ζ れに次ぐ.漁水産業が最低.
'
3
. 某製鉄所従業員の労働可能年齢に闘する調査研究
(
第 T報
〉 年齢満期者の退職後の生存調査
元国
紀雄,清長美濃輔(八幡製鉄所病院,労働医研)
吾々は 2
0年以上某製鉄所に勤務しで昭和 1
2年から昭和 1
8年迄に退職したもの 6
4
2
名について退職後の調
査を行い,次の如き結果を得た.
(1ゴ一般に年満者の生容比は高く,同製鉄所従業員家族及び全閣のそれと比べて極めて高率で健康状
態は良好と考えられる.
(
2
) 入戦時の作業強度によると,退職後 5年迄は,や〉作業強度の強い群が生在比が低い傾向が認め
242
られるが, 1
0年後, 1
5年後てはその傾向は認められない・、
(
3
) 高熱環境にゥ以泊三~~最後 5年後'め生存比除高熱環境tこどる影響力i認め百れる様であるが, 10年P
1
5年後になるとその 傾向は認め難い.
l
(
4
) 作業強度と高熱環境とを組合せてみると,作業強度の強い群に高熱環境の影響と考えられるもの
がみとめられる.
(
5
) 退職時,役付て あったものと然らさゆるものとについての 5年後, 1
0年後, 1
5年後では退職時役付
P
であったもの〉生存比が普通作業員であったものより高く,労働条件の悪かったと考えられるもの』群が
生存比が低いという傾向が認められる.
4
. 1
9
5
4年,八幡製鉄所従業員の生命表
水島
畑
、冶夫, J
馬島雄二郎(九大衛生〉
昇,元国車部色河合正武,新城?重(八幡製鉄)
前 2回 (
1
9
5
2年及び 1
9
5
3年〉に引っ三き, 1
9
5
4年の八幡製鉄所従業員及び家族につき,人口の静態及び
動態調査を行い,その資料を用いて街路生命表を作った.その全員に関する O
才余命を前 2回と比較する
と次のようである.
女
1
9
5
2年
男
5
8
.
3年
6
5
.
1年
1
9
5
3年
6
0
.
1
2年
6
6
.
6
3年
6
3
.
8
2
年
7
0
.
9
8年
1
9
5
4年
I
m
:
!
:
>
1
9
5
3年に比し, 1
9
5
4年は
o
才余命が,男は
3
.
7年,女は 3
.
4年延長した.全日本の 1
9
5
4
年の 0
才
余命,男 6
3
.
4
1年,女 6
7
.
7
9年に比すると,男は似たものであるが,女は 3
.
3年も長い.
5
. 学重の窺労度と其の季節的消長に就いて
藤本薫喜,中村
永田
.IE,古JlI 大 典 , 阿 部 義 治
l
彰
, )1[越武慶, - 松 尾 昭 一 , 富 田 正 男 ( 長 崎 大 衛 生 )
学童の疲労度を測定追求して其の季節的消長を見る一方,都市と農村とに於ける其の相累,叉一方乳幼
児期に原爆をうけた学童の疲労度を観察する為に,長崎市某小学校ム 5,6年生の被爆児3
8
名及び其の対
照児 5
6
名を都市児童とし,大分県下莱小学校 2, 5両学年児 6
0
名を農村児童として対象をとり,年聞に亘
り季節毎に 1週間ずつフリッカー値及び対象の一部を選ぴドナヂオ値を測定しつ〉ある . ζ 〉に 6, 7,
9,1
1月の各成績を総括すれば次の如くである.
1
) 6月〈第 1回目〉のフリッカー値は他月に比べて低い . ζ れは都市農村に同じ傾向であり,器械に
対する不慣れがあったと考へられる. じ れ 1
1,の各月ては大差を認のない.
2
) 都市農村の比較では,都市児童と農村児の 5年生とでは F. F. 値平均値は大差なく 46c/sec程度
てあるが,農村 2年児は低い.
3
) 性差が見られ,男子が女子よりも高値をとる.
4
) 被原子爆弾兜童は対照児童よりも低値をとる.
5
) ドナヂオ値ては都市児童は 9月に,叉農村児童て 7月に高値をとったがとれは両群の測定時期に
若干のずれがある為の気象の差にもとづくものと考へられ,いずれも高温季に高いものと見徴される.
6
. 紡績女工の原中性 1
7
ーケトステロイドー R排池量の検討(第 1報)
牧
春生,吉田昭三(神戸医大)
従来各方面より疲労が研究せられ最近副腎皮質ホルモンとの関係が重要視せられるに至って居るが,演
者等は此の方面の検討を企てその手始めとして次の実験を試みた.
2
4
3
東洋紡績赤穂工場の女工中仕上,経通,精紡及び織布等の若干名に就いて昭和 3
0年1
2
月初旬より一人当り
2日乃至 4日間隔て2
4時間尿を採集し,与をの中性 1
7ケトステロイドの一日排泊量を増田氏法により定量し
て次の事項との関係を検討して見た.
1
. 一人当りの平均値は最低 5
.
2
m
g,最高 9
.
7
m
gて全体の平均値は 7
.
2
m
gてあったが白差が非常に大て
最高 1
0
m
gを示じた.
2
. 月経周期との関係: 実験期間中月経のあったもの 6名中
4名、は月経時に各人の最低値を示し,
I名は最高値を示して居った.
3
. 職場との関係: 織布作業者 2名は一人当りの平均値失ミ 9.7mg, 9
:
5略て他の者より高い値を示
:
2
m
g
;.
5
;
8
m
gと比較的低い値を見た
し?と精紡作業者 2名は夫 k 5
7
. 交替制と痕労
佐
伯
凱(慈恵医大,航研)
立位移動性精密機械工場の従業員側から見て比較的合理的と考えられる二日連動三交番制の各直の疲労
を,感覚機能,作業能力,、循環機能5 物質代謝tの変動並びに自覚症状及び生活時閣の点から比較検討し,
l
Y,Swing
,Nigttの1
1
原に疲労度が増じてゆく事
木作業揚も一般の原則の如式疲労の綜合的概念としで D;
を知った.
その細部については,
1) ちらつき値
Swingは高い水準を示じ, ;-殊にその第 2日は作業による上昇
が見られ,作業前に収れんする性質としても S
v
i
r
i
n
gが Day より良好な事. 乙の為め Nightの第 1日
まで高値て第 2日に 7
下ってDa
y の始めに戻る ..2) 連続反応時
Nightの低下が明となり
Swing の一部の機能上昇はあるが
Swingの機能の乱れが明に現われたので Swingの特徴は D.S:N.
の1
1
原の枠
内に於て認識されるべきものと考えられる. 3)負荷後脈簿の1
局長からは所謂日間変動の発現があるのみ
で,各直の負荷による差は認められずこの程度の負荷に対むては余裕ある状態にあるものと判定される.
4)タレベりン加算量からは,作業量としては Swingに高いがその経過は疲労型を示し, Nightは作業
量も低い. 5)尿の反応. Donaggio反応とポルフィリン体排濯とは何れも時期を追って系統的に発現消
長し,
ζ の点からも
D. S
. Nの1
1
原て段階づけがなされる. 6
)自覚症状.立位移動性作業,夏季日中熱
暑の影響等が明示された.7)生活時間分析.半拘束時間は一定して 8時間を示す.拘束時間ては Day
は規定の勤務時間より延び, Night縮小する傾向がある. Dayは自由時聞が縮小するおそれがある.叉
Swingの陸眠時聞の方が Dayのそれより短<なっているのは合理的であった.以上の事から此の種作業
場の産業疲労の検査上,とれ等の諸項目中殊にちらつき値,連続反応時,クレペリン加算テスト,尿反応,
自覚症状等が有効な指標となり叉生活時聞の分折がその対策上参考となりうる事を示した.
8
. 採農夫の疲労,特に其の番方別比較に就いて
松
田
E
幸 i
長崎大衛生,高松鉱業所)
9年 8月より 3
0年 5月に豆り採炭夫の疲労度等に就いて調査した.季節別比較成績については既報
昭和 2
したが同一被験者の勤務別時刻別即 :
;
.
1,
' 2, 3番方別の成績をことに追加する.
1
. フリッカー値ては各番方中て 2番方の出坑時低下度が最も著しくフリッカー率の変動は平均約 10%
こ及ぶ.
4
2
. ブリンカー値ても,出坑時の低下度は 2番方に最大であり約 11%を示した.
3
. ドナヂオ値ては出坑時には 1番方が大てあるが出坑時の増加点数は 2番方て最大であった.
4
. 以上の事より, 2番方が最も疲労するものと認められる.
5
. フリッカー値の入坑前値を比較すると
1番一(朝 7時λ2番(午後 2持
)
, 3番(午後1
0時〉の内.
2番方が最も高く,叉 8番方は 1番方よりむしろ高いと言う傾向を示した.
244
9
. 某たばこ工場新規採用者の痕労調査
玉 木
毅'(専売公社松山工場診療所)
福井忠孝,
高尾
朗(徳島大公衆衛生)
3
名〈中学卒女子 1
3
名,高校卒女子1
3名,男子 7名〉にアジいて
某たばこ工場昭和初年 4月の新規採用者 3
プリンカー,フリッカー,環境,握力,体重等の測定を行ひ次の結果を得た.
実験期聞は春夏秋冬と各 1週間違日のものとこれを含めて毎月平均 2回の割て 2臼間宛測定を行い測定
ι
.
時聞は出動直後・昼食前・退社前の s
回宛行った
春夏秋冬の各 l週間に於げるプリンカー値では女子中卒・高卒共春 5月に於て漸次上昇を見,夏秋にか
けて低下し特に予備作業に於て著しい.冬 1月に於ては余り変化は見られず予備に於ては若干上昇の傾向
こ於て一番変化が少い.
にある.率は冬 t
フリッカー値ては女子中卒に於てプリンカー値と同様な傾向が見られる.
男子ブリンカー値は春 5月にやはり上昇を見,夏秋冬と予備が漸次低下し工作では次第に上昇が見られ
る.
月別 2日間宛のプロンカー値は女子に於ては予備が 6月末頃より著明な低下が見られ 1
2月,正月と次第
こ於てや与低値を“とる他は大体同様な変化を見る.率では予備が
に回復が見られる.中卒,高卒ては高卒t
2月
, 1月と各分業共変化が少い.体重は 8月
, 1月と減少し秋より冬にかけて
比較的大きな変化を見せ 1
増加し予備のみ入社時と変化なく他は増加が見られる.
春6月の土昇は見習期間て作業量が少なかった事と次第に体が勤務に慣れて来たとじ叉測定器に対す
る慣れ等が考えられ予備が 6月末より特に低値をとる原因は作業が他に比べ機械化されて居ない事,環境
等が考えられる.ー
1
0
. 某 紡 績 工 場 女 子 従 業 員 の 痕 労 謂 査 〈 第 2報
〉
内
田
郎 f
東洋紡績三本桧工場〉
三
福井忠孝,高尾
0年 2月
, 5月
昭和 3
朗(徳島大公衆衛生)
8月
, 1
1
河の夫々冬季,春季,夏季秋季に各 1週間ずつ疲労調査を実施した.
対象職種並びに人員は早番,遅番共 t
こ統綿,粗紡,精紡台持,精紡玉揚,捲糸,総場の 6職種て各職場
4
名,遅番2
2
名で年間同一被検者に就て調益した.
より 2-5名を選び早番2
疲労調査はブリンカー値,フリッカー値測定を主とし,併述て握力,摂取栄養,生活時間,自覚疲労並
びに環境調査を行い,プリンカ一倍,フリ
を得た.
y
カー値,握力は毎日早番昼間,遅番 4田測定し次の如き結果
四季を通じて夏季は疲労度が最も大きく次て秋季 t
こ大きいが,冬泉春は比較的少何・
①
②全般的にプリンカー値は夏に低く,秋J冬,春と上昇し恢復:の碩向がみられる
③勤務別には遅番の勤務中疲労が早番より犬きく,早番は比較的軽度であるが,勤務後に若干疲労が
加わる.、且つ早番の特徴は冬,秋には就寝前に既に恢復の傾向がみられる,
④夏季に於ては大部分は中等度の疲労であり,各職場共に蓄積疲労の如き傾向がみられる.
⑤ 職種別には早番に於ては硫綿,捲糸が,遅番に於ては粗紡,玉揚が比較的プリンカー値は低い.
i
⑥
フリ y カー値,援カは以上のプリンカー値に似た傾向を示し殊に援カはプリンカー値と同様の傾向
がみられる.
⑦環境は各職場共に四季を通じて同様の変化を示ずが,捻糸は年閣を通じ混度が高い.
1
l
. 某化学工場に張ける夏季痕労
近藤秀夫,藤井
福井忠孝,
昇(住友化学毅居浜診療所)
高尾
朗(徳島大公衆衛生)
8
名を選出し,筋作業の軽重,環境有害因子の有無及び
昨年 7月中旬,茶化学工場に於て被検者 4
v
.B"
245
投与処置の有無〈実験開始前 2週間前より投与群にはアリナミン毎日 1
0
昭投与,全員に慣行の夏季V.B
,
添加給食を停止〉の 8因子に層化(各層 6人〕し,作業前,中,後 1日S国プリンカー測定を主にした疲
労調査を全員 5日関連続施行し,下の成績を得F
E
.
P各人 1日 8国測定の最高値を 100とした所講プリンカ
ー率をみると全体として 10%
程度の疲労を示し,有害環境の職種に作業後値が最低であり軽重労作区分は
差が見られない.
プリンカー値に就いて云えば軽作業有害環境の作業員群は一般に低い.作業煎値t
こ対する作業中,作業
後値の増減の程度を比較すると作業後値の減少が強いが作業後値の作業中間値を上回る測定例は略々半数
に達して居る.
5日閣のプリンカー値の逐目的変動は上昇の傾向を示すものが多く,特に軽労作は重労作よりも,無害
環境は有害環境よりもその傾きが著しい. アリナミン非投与群では投与群に比べその傾きが強く見られ
た.次ぎに 1日平均値 5点の各人管理図に於てその下限に達しない測定値はアリナミン非投与群に,その
上限を越える測定値はその投与群に多い.就中,後者の逸脱は週末に著明である.以上の成績より,一般
に疲労は軽度であり,有害環境職種には作業終了時の疲労が強い.全般を通じ之週末に従ひ疲労が少ミな
ってゆく傾向が見られ,それは無害環境,軽労作の磯種に著しい.アリナミン投与の効果は他の因子に被
われ顕著には認められないが,
非投与群に於ては給食添加
v
.B,の停止と休日の影響が適初めに強〈認
められ,逐日的慣れの現象が見られた.
1
2
. 某 た ぽ こ 工 場 経 験 工 の 四 季 に 怠 け Q護 労 度 に 就 て
仁
木
秀
福井忠、孝,高尾
臣{専売公社高松病院}
朗(徳島大公衆衛生〉
莱両切たぼ ζ 工場の経験工4
5
名について,冬春夏秋冬の 5回,各 6日間宛,職種別による疲労度を測定
した.職種は予備,巻上,装置に大別される.
l
'
1
'
時
の 8回,プリンカー,フリッカ一両測定器による測定を主体
実験方法,毎日 8-9,11-12,16とし,他に握力,生活時間,摂取栄養,自覚的疲労,並に環境状態を併せ調査した.
成績並びに考察.1)プリンカー値は(イ〕秋ては,全体的に高い値を示じ(ロ〉夏ては低い値を示
し,動きは少ない. (ハ〉春は秋夏の中間の値である. (=)冬は比較的温暖であった第一回の調査では
高い値を示すがi 厳寒であった第二回の調査では夏同様低い値を示す.
2) フリ yカーでは,第一回の冬では比較的高い値を示したが,春夏秋には大差はなく,特に夏ては各
作業共平均し,差違が少ない.
3) ブリンカー,フリッカー共に一日の変化としては週の初めに大きく,週の中間て小さく,週末にや
』大きくなる傾向が認められる
4) 職種別には,巻上女子が,ブリンカー,フリ yカー共に全般的に高値にあり,装置男子が比較的高
値を示し,巻上男子はプリンカーで低値を示す.一般にプリンカーでは女子(平均年令23才〉が男子(平
1
才〉より高く,フリッカーでは差は少ない.
・均年令 3
5
) 全般的に作業による軽度の疲労が認められる.但し夏だからと云って一日の疲労が多いとわ云えな
いが,体力の減退は考えられる.秋に於て最も元気な状態であると考えられる.
6) 各個人の疲労度には,外気,或は私生活が相当影響するものと思われる.
誌
1
3
. 女子販責員の痕労についての研究
清長美濃輔,井芹
三郎(八幡製鉄所病院,労働医研)
我々は昭和 3
0年 7月某製鉄所厚生設備の女子販売員の疲労調査を各種行ったのて報告する.
1
. 勤務内時間分析ピ・・・正規勤務時間は 8時間てあるが閉底後の後片付などのため実際の拘束時間は
約 5
3
3分て作業時聞は 4
'
13
分(拘束の約 89%)しかも販売中は殆んど立位 (
4
6
9?子,作業時間¢約 8'1'%)て一
246
ある・ t
2
. エネルギ一代謝率及び消費熱量・・・・要素作業の代謝率は最高 3
.
5多くのものは1.0
2
.
0程度であ
-1038臼1.(雑貨見廻り品売場〕である.
る.叉 8時間当りカロリーは !236Cat(食糧品売場)",
3
. 自覚疲労・・・・自覚疲労より疲労の程度は発生の割合から見て特にひどいとはいえない.叉蓄積疲労
の顕著なるものはない.しかし作業前後を比較すると増加の仕方は非常に高い.更に立作業が殆んどであ
るためか身体的なもの〉症状がより多くあらわれている.中食が短いためか中食休みによる疲労の減少は
見られず,売場別には食料,雑貨,台所,衣料,雑品のJ
顕である.
4
. 電気閃光開催・・・・売場別には食料が一番高く,や』高度の疲労度を示し蓄積疲労の傾向が表われつ
〉あるかのようである.台所,衣料,雑貨が中等度の疲労,雑品が軽度の疲労を表わしている.叉日によっ
て差があり士,水,金曜が比較的高い疲労皮を示している.尚個人により相当の差があるようである.
5
. 尿試験・・・・一般にドナジオ値は低く高度の疲労を認めたものは殆んどない. じかし作業日の経過と
共にドナジオ値は高くなり一応軽度の蓄積疲労現象るも考えられるが統計的に処理すると個人差が大ぜ問
曹となる程のものではない.職場別ては雑貨が高いがとれは或る特定の被験者の家庭生活が悪いためと考
えられる.睡眠時間から見ると 5日間の平均が 6時間台の者に蛋白の検出例が多いが,統計的には有意の
差はない.尚家事をするものと家事をじないものでは家事をする者が高く家事による影響が考えられる.
1
4
. 女子織布エの痕労の研究
(
第 2報〉
フヲッカー債について
浦
信
孝(敷島帆布株式会社)
疲労調査法としてアリッカ一億測定法は従来最も屡々用いられる方法てあるが演者は女子織布工のフリ
8年 8月,周年 1
0月,昭和 2
9年 1月,同年 4月,昭和 3
0年 6月'i月,
ッカー値を同一被検者について昭和 2
8月に連続 1-2週間
1日 4回測定した.季節別,先後番別,経験工未経験工別の週間変動に於て大体
一定の傾向のあるのを知り得たので報告する.
1
) フりッカー値は冬季春季に低く夏季秋季に高い.
2) 後番勤務の方、が先番勤務よりフリッカー値の低下が週間変動及び日時変動に於て精々大きい.特に
夏季経験工の後番勤務の日時変動が最大てある.
3
) 経験工に於ては夏季後番,勤務の作業第 3
.4日目,冬季先番勤務の後半作業日に疲労の蓄積する傾
淘が見られた.
心 経験工に於てはフリッカー値の日時変動は夏季後番勤務において最大て次いて冬季先番勤務てあり
:秋季は先後番勤務共に一番少い.
5) 未経験工は経験ヱよりフリッカー値の週間変動及び日時変動が少く週の後半には作業前値は反って
上昇する場合がある.即!)馴化の傾向が見られる.
6
) 未経験工は夏季先番勤務の出勤時〈午前 5時3の値が午前1
1時1
57}の値より低い.か〉る傾向は経
♂験工には見られない.
n 経験工,未経験工共に後番出勤前のフリッカー値は生体機能の面からすれば好条件にある時刻にも
i
拘らず案外低い.
8) 経験工,未経験工共に休日によりフリッカー値は上昇している.
1
5
. 電報局遁信士のフリッカー値に就いて
鈴
木
拘
吾(福島医大公衆衛生)
演者は福島市に於げる電報局て,同じ作業内容並びに作業環境に働く健康な未婚通信士 1
2
名を選ぴ,こ
れを A組
, B組の 2紐に7}!),. 1カ年間毎月 2週間,毎日午前 9時,正午1
2時,午後 4持
、
の 8固に渡りフ
2, 1月の 2カ
リッカー値を測定じた.本調査の為に柴田化学,労研式フリッカー値測定器を用いた.尚 1
f
月聞は勤務の都合土測定しなかった.その結果次の結論を得た.
2
4
7
1
) 通信士のフリッカー値より見たる疲労度は諸家の研究の如て軽度乃至中等度てd5るト
2
) 春秋はフリッカー値の変動は少い.
3
) 夏季の気候の異常高温下てはフリッカー値より見た疲労の影響が大である.
4
) 冬季聞の不良気候に於ても,室内の保温設備のため,好適に近い作業環境であり,フ1)~カ}値の
変動は少い.
5
) フリッカー値より見たる疲労度は相当季節的環境の影響が大きく作用する.
I
、・>.
1
6
. 製鉄所作業員の電気閃光開値1について
入
江
俊
二(八幡製鉄所病院 i労働医研)
吾々は TC.I型電気疲労測定器を用いて,某製鉄所従業員. 1
4
駿種につき電気閤光闇値, (
8
.
)の測定を
行い.次の如き結果を得た.
1
. 高熱重筋的作業者は,軽作業者に比べて一般に作業前の闘値が高い.
ふ 高熱重筋的作業 4職種 31名について,夏季に於げる作業前値の週間変動を検討した結果(イ〉第
1作業日除週末に比べると,
闇値は低く,
機能的に良好であるが,第 2作業日に比べると個 λ差が大き
い.(ロ〉第 2作業日は闇値が他の作業日に比べて低く,旦個人差も最も小さい. (ハ),第 4作業日以後
. 第 T作業日 t
立第 1
. 第 2作業日に比
は,闇値が高くなる傾向があり,個人差も大きくなる. (ニ〉第 6
べて,闇値が高く,且個人差も大て機能的 v
;
:悪いあのが多い.以上の様に作業前の状態は毎日同様では
なく,蓄積疲労的な傾向が認められる.
3
. 作業開始時と作業終了時の闘値差 v
;
J
:
.
;~,高熱重筋的作業者に比べaて,軽作業者の方が大きい.併し乍
ら作業終了時の作業前値に対する変動率は作業前値と負の相関が認められ,作業前{直の低いものが一般に
闇値の上昇が顕著であって,作業前すでに高間値を示すものは,作業により闇値の変動は小さいか,若し
くは低下する傾向がある.従って,疲労度の差をみる場合には,作業前値の差を捨象する方法が必要であ
る.作業前後の変動から直ちに疲労の程度を意味ずける事は誤った判定をするおそれがある.
1
7
. 本川式電気閃光値よりみた肉体勢働と精神労働
鈴木亀一郎,山下久幸,恵
義和,加藤弘雄大宮鉄道病院)
吾々は本川式電気閃光値により,肉体労働と精神労働による疲労度(AS値〉及び,それらの恢復状態
を各三例について観察したのて報告する.
0
分間安静にさせ,その後 ASo値を測定した.肉体労働の場合は
木実験に当つては,何れも被検者を 3
ランニング 3
0分間,精神労働の場合は精神作業 δ
( 計算〉を 1時間実施し,伺れもその直後より 1時聞に
豆り
AS値を測定し恢復状態を観察した. 尚安静時測定平均値を
均値を
ASo とし,労働後の 57
}毎の1J!
U
定平
AS と,した.
結果は作業直後の AS-4So値を見ると,肉体労働の場合は,精神労働の場合に比して ..約 2倍の値を
とった.
マその恢復状態をみるに,
5分か 630喜子を以て 4s値ど.dSo値との聞に有意の差
肉体労働の場合は約2
は認められなくなった"精神労働の場合は l例を除き 6
5
分に於てもその AS値は ASo値との聞に有意
の差があった.このととから精神労働の恢復は肉体労働のそれに比して約 2倍の時聞を要すると云う事が
わかった.
考察として肉体労働が労働後疲労恢復の為,一定の休養を要するのは勿論であるが,精神労働も亦,そ
れに比して同程度の休養が必要とも言えよう.
248
18. 表鉱労務者の労働による眼近点距離の蜜化
山県寅二郎(九大衛生)
坑内夫 105
名及び事務職員 146
名の正視限者について,作業前後の眼近点距離 CNP) を測定し,次の
結果を得た.
1
) 終業後の N P延長の平均値は,坑内夫て老視のない CA
群)89
名は,昼,宵,夜勤がそれぞれ1.14
c
m,1
.53cm,1
.79c
皿て,老視のある
C
B群)16名のそれは1.15cm,1.49c,
皿
1
.99cmてある.職員の A群
1
2
2名の昼勤は 0
.
4
6
c
m, B群 2
4
名のそれは 0.51cmである.即ち疲労の結果 N Pは延長する.
2
) 昼勤の N P延長の平均値は,坑内夫が職員より大て,その差 0.68cm
は有意てある.すなわち,肉体
労働が精神労働より疲労が大きいため, N P延長もまた大きい.
3
) 坑内夫の作業時刻j
が昼,宵,夜勤となるにつれ,疲労が増加して N P延長も大きくなる.
4
) 坑内失の始業前の N Pの平均値は
C皿,同様に B群は,
A群の昼,宵,夜勤はそれぞれ 15.22c
田
15.37c
阻
15.60
2
0
.
7
1
c
m, 20.79cm, 21
.12cmにして,昼勤より夜勤の方が大である . ζ の理由は,
夜勤者ては前日の疲労が不規則な生活のために十分に回復しないで,蓄積疲労として翌日の始業前の N P
に影響したものであろう.
5
) 坑内夫の A群について,年令階級別に N P延長の平均値を比較すると, 20-24
才1.15cm,25-29才
0ふ 34
才1
.
.
4
5
c
固にして大差ない.しかしとれらに比じ 35-39
才の1.94cmは大である.職員ては 20
1
.46cm,3
才 0.43cm,25-29
才0.48cm,30-34
才 0.51cm,35-39
才0.42cmにして大差ない.
-24
1
9
. 交逼業者の夏季立位勤務による下腿容積の変化
宗清
治三(九大衛生)
長時間立位作業に墓因する下腿浮腫は,重力による下肢の管血とされているが,その量的関係について
は明らかでない.
私は長靴状ケースによる下腿容積測定法を考案して, 電車・パスの運転士・車掌計 278名につき,夏
季・日動日・実働 7時間立位勤務後の下腿容積増加率て腫脹率〉を検査レて,‘次の成績を得た.
1
) 職種別平均腫脹害容は,電車運転士 4.6%,同事掌 3
.6.%,パス車掌 3.2%であった.これらは対照
のパス運転士(坐業) 1
.6%に比し,いずれも有意の差である.
2
) 各職種別に,年令を平均年令にて上下に二分すると,高年令者側が腫脹率大である.
3
) 午前より午後にむたる前勤者の方が s 午後より夜間に及ぶ後勤者側より腫脹率大である.
4
) 性別腫脹率は有意の差がないが,僅かに男子の方が女子より大てある.
5
) 同一被検者(電車車掌 2
5
名〉の公休日における腫脹率は 0.6%で,勤務日の 3.7%に比し,著しく
ィ
、
さ
し
、
.
6
) 逐時的腫脹率は,一般に就業後 2時聞に急速に増大し,次いで漸次緩慢になり,昼食後 2時聞にて
紋,腫脹減退する者もある.
誌 .-20. 某ボイラー製造工場にがける自覚症及び内観による疲労調査の結果に就いて
前
川
雅
代(東邦医大公衆衛生)
疲労の自覚症状調査は被検者の自覚内容や内省力に個人差が甚しく,疲労の程度と疲労との相関関係も
数的コの分析により,ある程度まで職種別疲労の特徴
一定しない.併し訴への項目〈質的〉訴えの頻度 C
を把握し,現場て行うととの出来る S
c
r
e
e
n
t
e
s
tとして役立つものと考えられる.との意味て産業疲労委
員会擦の自覚症状調査及び横堀の提案する内観による疲労調査を演者の勤務する某ボイラー工場男子 577
名,女子3
7
名について実施し,その結果は次のごとく要約するととができる.
1
. 自覚症状調査
イ〉身体的症状について全職場平均は 8.5%で,職場別には銅工,製缶,鍛造工場が高い頻度を示し,
2
4
9
熔接,倉庫が低い頻度を示した.
精神的症状について全職場平均 '
/
'
.
1
%て,職場別には銅工,製缶,木型工場が高い頻度を示し,荷造が
ふ低値を示レている.
神経感覚的症状について全職場平均は '
/
'
.
8
%て,各職場別には,銅工,製缶,検査の各工場が高い頻度
を示し,仕上,電気の従業員が低値を示した.
ロ〉自覚症状の頻度を季節的に検討してみると身体的,精神的,神経感覚的症状ともに夏期は冬期に比
!較じて高い値を示した.
ハ〉症状別について訴 えの原因を考察すると「足がだるい J, r
体のどこかがだるい J, r
肩がとる J
t
等の訴えが多いのは作業強度が高く,作業量の多い職場に著しい.限の症状を訴える職場が多いのは事務
関係て照明の不備,現場ては電弧,ガス熔接作業に従事する場に多い.耳の症状はハンマー,グラインダ
ーを使用する製缶,銅工,鍛造等の職場に多い.
2
. 内観による疲労検査
夏期,冬期共に自覚症状の高い職場に於いて平均点数が高い.肉体的にスポーツの要求が多く,単調な
e
作業に気分の転換を欲していることが推察できる.精神的には小説,マンヌf,パチンコ,将棋,碁等をの
ぞみ,瞥好品として酒,ビール,煙草が圧倒的に多く,入浴の希望も多く,肉体労働者の要求の一端がう
かがわれる.
2
1
. 農業労働者の体格,体カ及び萎勢について
岡
従来の農業労働は肉体労働を主体としたのであるが,
本
j
讃(名大衛生)
近年殊に終戦後は機械化の進歩,
農村の生活改
。善,労働に対ナる農民の自覚により,著しい時代的変化を来している.私は斯様な状況下にあるー農村の
,農民を対象として,農民労働の体格,体カ,姿勢〈脊柱湾出度〉等に及ぼナ影響を観察した.
調査の対象とした農民はp 愛知県三河平野にある安城市住民て年令 2
0才以上の男女 6'1'1名である.
体格に於ては,身長,体重,胸囲,坐高,下校長,上時図,胸廓横経,縦経,肩幅,腰幅を実測 l
シ,体
力に於ては,背筋力,肺活量,握力を実測し,之より各種指数を算出レ之を年令別に観察,じゑ他地方の農
民,叉は他の労働者との比較を試み,農業労働方式の変化に伴う農民の状態を考察した.
e
姿勢に就いては ArminK
lein氏著 P
o
s
t
u
r
ec
J
in
i
c
sゐにより体型を分類考察し, 脊柱襲警曲度に就いて
4
0
才以上〉と低年令者 (
4
0
才末
峠,ベルンハルト,ロート氏法により実測考察した.その結果高年令者 (
ー満〉の聞には著しい相違が認められた.
句、持
2
2
. 農業労働の限界に関する考察
大石省三,山田
淳{山口県立医大衛生)
当地方の米麦野菜混合作地帯農家の米麦野菜労働の各繁忙閑散の組合せの労働調査成績に基き,労働過
重性判定基準として消費時間,消費熱量面からの限界を作製した.
/
'
.
5,
、
男1
1,女 12
時間の聞は主に社会文化時間の変動て補われ
時間商よりは総労働〈農業労働十家事) '
在床約 8時間が維持されるので在床 8時間を生理的必要限界とする.総労働時間が更に延びると在床時間
05男子 3
'
,女 2時間を生理面保持の為犠性にし得る地域社
急減し社会文化時間の短縮緩になり ζ の境界Ji!
会の現段階に於げる社会文化時聞の低限とレ,家事労働時聞は年間平均男 1,女 5時聞を用い生理的時間
三限界として男在床
8,その他,生理 2農業労働1
0
,二家事 1,社会文化 8
時間.女在床:$;',その他生理 2,農
業労働,/"家事 5,社会文化 2 時間を得た .513の総労働 '/'.5~6 時間の間は主に在床時間の変動て補われ,
社会文化約 6時閣が維持され総労働 6時間以下に短縮すると社会文化時間異常に延び不健全な内容ともな
り易いので理想的時間限界として男在床 8,その他生理 2,農業労働'/',家事1,社会文化 6時間,女子
必公的活動短いので在床 8,その他生理 2, 農 業 労 働 し 家 事 5,社会文化 4時間を得る.
250
熱量面から高木氏の消費と摂取の均衡限界も参考の上一応 8時間勤務最高労作強度段階の 1日消費熱量:
を限界とし上記時間限界の生理,社会文化,家事時間中の消費熱量を滅じ農業労働時間内労働強度と定常
状態の関係を考慮し,生理的限界として男農業労働 2
5
5
0カロリー
1日3
6
0
0カロリー,女農業労働 1
2
9
0カ
ロリー,1.E
!2520カロリー,理想限界として男農業労働 2090カロリー, 1日3450カロリー,女は夫A" 980,2
4
7
'0
カロりーを得た.但し時間及び消費熱量限界共生理的社会文化的両面の人間の無視されない理想的限
界が望ましいが現状と縁遠く当面の基準として生理的限界を用いる.尚当地の現状は時間限界が消費熱量
限界より破られ易い傾向にある.各季の田畑 1反当り所要時間より男女各 l労力を有する農家て生理的限一
界の守られる経営規模を求め春秋 2季の米麦作農繁期にのみこの限界が破られる事を許容すると限界経営
反の場合,国 0
, 3, 6, 9,1
2
反となる.当地の現状は畑作を主とす
規模として畑 4, 3, 2, 1, 0
る農家程 ζ の限界を突破する傾向が著しし'.
23
エネルギー代謝よりみたる作業量
沼尻幸吉,安藤
清(労研第二労働生理)‘
作業量を決定する場合,疲労を翌日に持ち越さざる限度の労働量に基準を置いて算出する方法が考えら・
れる.即ちとの労働量に基礎をおいて主作業,附帯作業及び作業,験場,用達,疲労の各余裕率を考慮す
る.
多くの実験と資料から連日作業の労働量限界は最犬労働量の 60%内外ど報告されている i
季節,日傭者の山林,農繁期, 土建業作業等の最大労働量は 8時間て 3,
2
0
0Cal とみられる.静的動
作,環境条件,心的緊張,体格体力等て或る範囲の動きは免れないが一般状況では筋的労働者の場合,と
の附近とみて大過ない.
ない場合,
ζ の 60%
をとれば 1,
9
0
0
C
a
l となる.現に演者等は多くの工場で,異常環境て
ζ の労働量を持続している例を多く知っている.
演者は某工場てかます荷造,運搬,藁積上げ作業の生産量を ζ の労働量を基礎にもして決定した.疲れ余
闘の作業の R,M
:
, R,は実測した.
裕以外は稼動時間研究て主体,附帯は作業時間研究て調査し個1
作業量は次式による.
(
1
) TM
臼 置 +(Tw~TM)CA=CW
但し T M・・・・主作業時間(分),
CM'・・・主作業のR. M.R.叉は C
a
l
o
r
i
e
、
,
T W・・・・拘束時間から疲労余裕時間以外の余裕時間を除去じたもの(分),
CA'・・・疲労余裕のR. M.R
.
CW'・・・連日可能労働量から疲労余裕以外のエネルギー消費量を除去したもの. (
R
. M.R
.
_
xT.又はCa
l
o
r
i
e
)
(2).TMXP = M
但し P・・・・毎分作業量
M'・・・算定作業量
ζ の方法て決定した作業量及び会社側暫定作業量を示せば次の様になる.
1
暫定量
鉱石還搬│計算量│
1本がけ
1
2本 が け ド
6
7
6
470
435
440
沼5
360
平
地
さ
10人 で 1
1
1
掛
掛│持
2
3
3
∞
i
備
考
│単位(俵)
3
ら
え
1
0
人 で8
2
.
2
平地,さらえ共に 10人で9Ot
o
n
備
考
単位 (
t
o
n
)
2
5
1
備 考
積よ重量(貫)
ゆら積上げ直主主│
.
1,
0
1
5
暫定量│
1
8
0
1,
但し労働量は炎天下のた
め斎藤の第 1適応水準偏
" 傍 点 1,
400Cal を採用
2
.
1
. 表坑労務者の基礎代謝に関する研究
景
得
興(長崎大衛生,高島鉱業所)
炭砿労務者の基礎代謝に就いては諸家の報告があるが,最近の生活状況の変化に基づく影響を観察する
為に,私は,長崎港外三菱高島砿業所の坑内直接夫である採炭夫後向で,白木八の標準体格に近い者につ
いて,ダグラス嚢法により,その基礎代謝測定を行っているが,そのうち,昭和 3
0年 5, 6,10,1
1,月
迄 の6
8
名について中間報告する.
(
1
) 勤務年数を一定(2'
"5年,平均 8年 3ヶ月〉とした場合の年令別基礎代謝値は,年令25-30
才
1
0
名て 1時間体表 1m'当り平均 3
8
.
7
6土1.2
5
8Cals,30-35:
才1
0名て同じく 3
8
.
9'
1
'
土3
.
5
1
4Calsて
,
厚生省の日本人標準値より失点 5.6%, '
1
'
.1%
上廻っており,両年令群値聞に有意差はない.
次に年令を 25-35
才に限定し,経験年数によって分類して, 1-2年の者 1
0名
, 2-3年の者 1
0
名
3
- 4年の者 6名
, 4-5年の者 1
0
名
, 5-6年の者 9名
, 6-8年の者 8名を浪n
定した結果,此の各群の
平均年令は僅か約 2年足らずの変動にも関わらず,
平均基礎代謝値は失点 3
8
.
1
3:
t2.219Cals, 39.05:
:
1
:
:
2.
3
8
5Ca!s, 3
8
.
3
1:
t2.621Cals, 3'
1.
1
9土3
.
1'
18C
a
l
s
" 3
'
1.
2
7土3
.
6
'
19C
a
l
s, 3
i
(.
8
2土2
.
0
6
0,
Cals とな
,
'4:4%, 1
.3%,
り,経験年数の増加に従い減少しており,叉日本人標準よりも夫-k 3.9%, 6.4%,
2.4%, 1
.1%高い.叉経験年数 2-3年の群が最も上昇している.
ζ
の様な傾向の意義については,今後の実験にまたねばならない.
2
5
. 工場災害に提ける人的要因
(
第 3報
〉
無(寡〉災害群のロ)(..シヤハテストと性能テストに就い τ
2
池田克明 f
日本鋼管鶴見病院)
前報に引つづき無(寡〕災害群'1'2
名につき,個別的ロ氏テスト及び性能テストを行った.
1
. ロルシヤハ・テスト
a
) サイコグラムは頻発群に較べると反応、数の増加と共に, M ,FC,Fcなどの上昇がとくに認められ
いわゆる正常サイコグラムに近い形状を示じている.
b
) Davidsonの適応援徴につき両群を比較すると,危険率 :1%以下で有意差あるものは, M註 3,FC
孟 CF,FC
孟2
',NoRE
)f
u
s
a
lて
,
5% 以下て有意なもの .Mミ,FM,ιEK+Fc~三2 ,
W:M=1:1-3:1など
で,全般的には無災害群が意識的統制,感情面の安定,適応などに於てすぐれていることを意味してい
る.
:有意差が認められ,無災害群の方が適応、性に於て
各標徴の綜合評.点を両群につき比較しでも平均評点ζ
まさっている. (危険率 α=0.1%)
c
) 体験裂については,無災害群は内向>外向〉共多>共乏め)慣に多く,向群の比較では無災害群には
内向型多く,頻発群では相対的に共乏型多く,商群に差が見られる. (α=1%)
2
. 性能テスト
リング挿,型盤,固有テンポ ,'
d
1
i
撃,などでは分散に有意差があり (α=1%),頻発群の分散の方が大
きく,低値の方に広がっている.しかし,平均値は 7種目とも有意:遣が認められなかった. (近似的検定
:法を含む〉
3
. 以上を通じ災害頻発性素質にはパーソナリティーの適応性が関与する可能性の多いことが推定され
るが,面接や他者評定などとの関係については別の機会に譲る.
2
5
2
なお,実際問題としてか〉る:素質者の検出にロ氏テストは利用価値があると考えられるので
Large
.
S
c
a
l
eによる集団的利用が示唆される.
2
6
. 某金属鉱山の坑内外傷発生に就いて
坂本泰吉,永田捷一(岐阜県立医大衛生)
某金属鉱山に於て昭和 26-29年の 4年聞に発生した坑内外傷 6
1
9件(除不休傷〉に就いて,之を月別,
曜日別,目別,作業開始よりの時間別,勤続年数別,及び年令別に分析した結果を報告する.
, 6月各 10.5%, 9月 9.4%で多く, 1
2月 6.1%,1
1月 6.3%, '
1
月 6.8%て少い.
1
. 月別ては 3月
之は気候の変る時に多く,保安月間その他保安強調の時期に少い.
2
. 曜日別ては火曜水曜土曜日に積多いが大差は認められない.
3
. 作業開始より外傷発生迄の経過時間を調べると 3~4 時聞に集中している.之は作業者が最も活動
している時間である.次に 7時間目に多いのは終業前の去年、り或いは気の緩みに起因すると思う.
4
. 目別統計ーでは上中下旬共に平均され,最高 4.8%,最低 2.2%であるが,給料支給日その他の意義
は見出せない.
5
. 勤続年数別ては 5年未満, 1
0年未満の中堅に多いが構成人員との比率をみると 8年未満の未熟者に
多い.
6
. 年令別て、は特に差はないが 4
5才以上に稿々少い.之は熟練と職種の要素が考えられL
る.
2
7
. 刑務所における災害の続計的観察
保
々
万
里(京大衛生)
収容人員 1
400-2000
名を有する X施設と, 3500~4500名を有する O施設について夫々昭和 2 '1年 9 月よりJ
3
0年 8月までの 3カ年間及び昭和 2
8年 l月より 3
0年 8月までの 2年 8カ月聞にわたり災害調査を行った.
本調査では休業を要しなかった程度の軽症を含めて調査し,自傷及び喧嘩による災害は除いた.全災害件数
はKては 3
5
5,0'ては 4
0
4
件であった.季節別の災害発生は夏季に多く冬期に少い傾向が認められた.会災
害にて互いての災筈発生日万人率は Kては 3
.
0
8,0'ては1.5
4て、あったが,災害度数率は Kでは 3
.
3
6, 0'では
6
.
1
6,災害強度率は Xては 0
.
3
2,0'ては1.4
6であり,
ζ
の差は作業種類及び強度の異ることに起因する.
叉作業種別ては木工,金属工業従事者に多発することが認められた.休日と災害発生の関係は,休日には
甚だ少く叉休日の前後に多発する傾向は全く認められなかった . ζ れは受刑者が休日には会く休養できる
と共に,毎日の就寝時間も甚だ長ぐて疲労の蓄積がない為と考える.発生時間については両施設共に午前
午後の聞に差は認め難く午前では就業 4時間目,午後では 2時間自に災害発生の山が認められた.災害の
、
は 51%,0'ては 42%であり投創,裂創等が ζ れに次いだ.災害の部位は Kては上
種類は切創が最も多く Xて
"
<
5
5
及び2
0
9
五てあづた.叉左右別に見るとま側に多発し上肢て、は Kは64%, O
'V
ま
肢62%下肢 16%,0'ては夫 55%を占め,特に栂指については Kては 8
4
.
5
%,0'ては 6
8
.'1%が左側てあり,その他の指では Kは6
1
.9%,
0
'
1
.5%であり,掃指は他の指より左側に災害を受けやすいことが認められた.叉収容者の在所期闘が不
は5
定な為に同一人について長期間観察てきなかったが災害を頻発する者が可なりあることが認められた.
誌
28. 内 田 ・ ク レ ペ リ ン 精 神 反 応 検 査 に 就 い て の ー 検 討
田
中
恒
男(東大衛生看護学科公衆衛生)
,内田・グレペリン精神反応検査を,異常素質者叉は作業不適性者の S
c
r
e
e
n
i
n
gTestとして用いること
は,国鉄の相馬氏によれば,極めて有用てあり,叉,相馬氏法による数量的取扱いが,従来の主観的評傭
に対ナる不満を一掃し,客観的評価がなされるようになった事は,この方法の S
c
r
e
e
n
i
n
gTestとしての
.有効性を,ますます明かにした所である.
筆者も,同氏法を応用し
2-3の集団について,内田・クレペリン精神反応検査を実施レ,特に災害
253
頻発性素質者のScr
e
e
n
i
n
gとして検討したので,此処にその概略を報告する.
被検対象は,某金属鉱山坑内穿岩夫及び運搬夫て,勤続 4年以上のもの〉うち,災害度数が最近 8ヶ年
のうち
s回以上のもの13名 CA群〉極微傷災害を最近 2ケ無 φう!>2回以上くり返じているもの12名 CB
C
C群〉を無作為により抽出,内田・クレペリン精神反応検査を行ない
群〉最近 8カ年無災害のもの 1
1
名
相馬氏法により検討した.
相馬氏法による採点結果としては,表 1に示すごとく, A群では,変異係数,誤謬率による減点が,他
群より穂高い ζ とは, A群のもつ 1つの特性をつかむものであろう.じかし,頻発性性格粗指数として,
X
'
>
xo'}は
, 0.50-0.30
の間にあり}有意とは怒ら
相馬氏の係数を用いて計算した所,表 2の如く, Pr {
ない.そこで,新たに A群の値について,同指数を求めた所
Ns'=ー 0
.
1
1となり,
ζ の判定分布は表
8の如く,が -Testて有意な差を見出した.
c
r
e
e
n
iI
igとしては,現在の段階てはま
いこれらの結果,内田・クレペリン精神反応検査は,頻発者の S
だ検討を要するもので,性格指数としては今後症例をかさねることにより,一般化されうるてあろう事が
考えられた.未だ F
a
l
s
eP
o
s
i
t
i
v
eRa
ぬが高いことも,改良の余地があるのであろう.
表1 採 点 結 果
│常態指数│休態効果率│変異係数│誤謬率
A
B
c
2
.
0
0
.
1
1
.6
0
I -2.7 I 0
-0.7
l
作業量│
ー
1
.7
~2.2
計
6
;
6
-0.
4
1
.1
1
.6
4
.
5
-0.3 I 1
.2 I 1
.8 I 6.
0
表 3 新指数による判定
表 2 相馬氏粗指数による判定
I
│素質あ!J 素質たし
FDQU
可4
ABC
796
ABC
i
素質あり│素質なし
2
9
. 切断底の筋電図
E木 久 雄 , 林
栄一(富士製鉄広畑病院)
高野秀勝,越久公雄{神戸医大第一生理)
四肢切断部位の軟部組織は切断後の期間と共に著明な萎縮が見られるものであるが,神経一筋系に於て
機能的に如何なる変化を呈するものであるか,筋電図的に調査した.
被検者はタト傷によって夫ノセ, 3カ月
1年
3年
5年,前に下腿,或は前腕を切断したものである.
調査した筋は前庭骨筋,大腿直筋,上腕二頭筋,とう側手根屈筋であり,之等の筋を随意的に収縮せし
めて筋電計に現れたスヅパイ少放電の平均放電間隔と標準偏差との関係を見ると,従来K曲線は変化がな
く,習熟,訓練に依って T曲線は右偏し,逆に廃用筋に於ては左偏するととが認められているが,切断肢
に於ては筋萎縮は著明であるが,切断後 8カ月のものを除むすべての場合に於て K曲線, T曲線共に右
偏しているのを認めた.
之は肢離部位の筋群の機能を残存している筋群が代償すべく,正常時とは変った,より複雑な運動が. •
日常生活上余儀なく行われ,且つ訓練されることによって,機能的にそ -8関係の示す如く変化じで来た
ものと考えられる'.
受傷後 8カ月のものでは,その放電間隔は正規分布をしている部分が少く,従って守 -8曲線は求め難
し
、
.
254
特別講演
職場の衛生管理に珍ける医師の役割に就いて
戸
田
弘
一(日本鋼管川崎製鉄所)
1
. 衛生管理は安全管理に比べて遅れている.その理由は.
衛生は応用医学である.したがって衛生管理には基礎医学を初め臨床医学に関する基礎知識が必要であ
り,一般衛生管理者にとつでは自信を以て従事しにくい業務である.然るに現状衛生管理は専ら一般非医
師衛生管理者に任かされている.
2
. 工場衛生管理に於げる医師の位置.
日陸海軍には陸海寧省に医務局長あり地方に師団軍医
戦前は衛生管理は医師が全面的に参加していた. I
部長,艦隊,鎮守府軍医長が置かれて軍の衛生管理を統轄していた.叉重要工場でも医務部があって医師
の長のもとに衛生管理が行われていた.
現在はヱ場の医師は大部分が福利厚生施設としての診療機関に所属し,衛生管理に直接関与することは
極めて稀である.
3
. 衛生管理には医師の積極的参加が是非とも必要であり,医師の担当せねばならない部門は概ね次の
如くであり,衛生管理の主要な部分を占めている.
乱.
健康管理
健康診断{一般疾病(結核を含む),職業性疾患}
事後処置て作業管理,適正配置,疾病予防対策、結核その他慢性重症性疾患のアフターケア一対策.
b
. 衛生教育
C
.
作業環境条件の有害性の予知.
d
. 疾病統計の作製とその応用.
4
. 企業経営に於げる医学の応用についての新しい認識と工場医の立場.
企業経営者は医学を企業経営の上に有効に利用することを知らない.合理主義的企業経営に於ては労務
管理と云う言葉は安全衛生管理と云う言葉で置換えられ,労働力の健全保持を有効利用の面に医学が十二
分に利用せられる.工場の医師衛生管理者はとの趣旨に添って経営者を啓蒙するーと同時に労働者をも教育
すべきである.
3
0
. 製 鉄 業 従 業 員 の 最 中 ア セ ト ン 体 排 漕 量 に 就 い て 〈 第 1顎
〉
N
l
l
ノ
捨雄,林
栄一→(富士製鉄広畑病院)
t
r
e
s
sとして人体に及ぼす影響並びにその機作を評価する試みとして TCA
心 yc
I
e酵素系
高熱曝露が S
の働きを追求する目的てその第一段階 2
ごして尿中アセトン体排池量の測定を行った.
対象: 某製鉄所従業員を対象として撰び,高熱曝露作業に従事する者及び対照群の二群につき測定し
た.
アセトン体の定量: 尿中の全アセトン体の定量は B
e
h
r
e,.
B
e
n
e
d
i
c
tの方法によった.之は強アルカ
リ性の下にアセトンとサリチルアルデヒドとが化合して生じたヂヒドロオキシベンジリッド,アセトンを
比色定量するものである.
測定項目:
1
. 季節的推移,昭和初年 2月 5月 7月に浪J
I
定して季節的変動の有無を謁査した.
2
.ョ高熱曝露作業と対照群の比較,前記期聞における高熱曝露作業者と対照群との関の会アセトン体排
池量について比較検討した.
3
. 7
.k?t代謝との関係,尿量に最も関連する水分代謝との関係について
8時間尿, 1
6時間尿, 2
4時間
尿につき夫々測定した.尚一部についてクェ ν酸ソーダ投与による影響を調査した.
255
調査成績: 昭和 3
0年 2
'月7
8
名
5月 1
0
2名
7月5
6
名につき測定した結果を各変動要因について夫々
要因分析を行った.季節的推移をみると 8時間尿中会アセトン体排池量は 2月
加を示しており,高熱作業群ては対照群に比 G2月
5月に比し 7月はや〉増
5月
7月とも多い. 2
4
時間尿中全排池量について
も対照群より多いことが示された.クエン酸ソーダ投与の場合尿中会排池量の低下が見られた.引続きミ
トコンドリア酵素系の活性測定を行っている.
3
1
. 製鋼炉前工の労働衛生学的調査研究(水分代謝及び血液,尿に就いて〉
新
城
玄(八幡製鉄所病院労働医研)
従来 6名による平炉操作であったものが,製鋼法の改善に伴い製鋼作業全般に 6名による操作が採用さ
2
5
0Cal前後て変化なく他は 1
5
0
0Cal程度になり,
れた. 拘束時間中の消費熱量よりすれば責任者は 1
0
0ヶ3
0
0Cal少くなったが,はたして労働衛生学的観点から妥当であるか否かを夏季作業につ
従来より 1
いて考寒するための現場的調査研究を昭和初年夏季に施行した.
1
.5%もある.血液成分
水分代謝ては高度発汗の区分に属し,水負債の対体重比ては 4%を越すものが 3
ては血色素量,血清比重,血清蛋白ぐ主としてアルブミン7共に作業後に高濃度を示すものが多い.血清
Naは高く,血清 Kは低い値を示し,血液 C
Iは作業後に減少するものが大部分である.尿成分ては酸性
度ては異状なものはないが無機硫酸,無機燐の排池量が犬てある.塩素の時間当り排池量は発汗量と全く
SO
,
XIO.
P
逆比的な関係にある.作業終了時尿についての一一- X一一一一値は 5名目平均て 2-16の範囲にあ
C
I "pHxiO
る
以上の成績は個人差もあるが,作業日による差が大て西風(造塊側よりの風〉が吹いて作業環境温が異
状に悪化した作業日に異状な成績を示じている.とのことは炉前工は平常は限度内の作業になったが,作
業環境,労働条件(特に特定の人えの作業のしわょせう,:身体状況等の悪条件渉方自った場合は熱中症的症状
を現し得る可能性があるととを思はせる.
3
2
. 高温切羽に於ける逼風冷却裳置使用の効果に就いて
鈴木芳彦,越川英夫?伊東嘉久(常磐炭砿磐城砿業所病院)
我止の常磐炭砿ては最近高温切羽冷却の為フレオン瓦斯使用による通風冷却装置を設置し,切羽を 3
000
以下に冷却,能率向上に資している.我々は昭和初年 1
2月本装置の切羽作業者に与えた影響を観察する為,
切羽を冷却した時と冷却せぬ時を同一人員,同一法て作業前,作業中,作業後の 3
;
回宛諸検査を行い次の
60湿度80%,冷却時 2
90湿度80%であった.
如き結果を得た.非冷却時環境は切羽温度3
0
0
3の訴えがあった冷却時 Oとなり,体重減少は非使用の略1
',となり,飲水量は 1んに
自覚症では非使用時 1
減少,発汗量は局所試験て略 1んに減少,体重減少より推定したのでは'/,に減少した.血圧の降下は非使用
時著明であったが冷却ではむしろ上昇を認めたる全血比重も殆ど変化なミ非使用時は之に反して僅か重く
なった.体温の上昇も極めて僅かで非使用の'/,の上昇を認めたのみであった.電気閃光値による疲労も非
使用時に比して少なかった.
3
3
. 高温掠謹内に揖ける救命器演習の身体に及ぼす影響
鈴 木 芳 彦r太 方 政 孝 , 越 川 英 夫 , 伊 東 嘉 久 ( 常 磐 炭 砿 磐 城 砿 業 所 病 院 )
救護隊員 1
2
名を対照にして乾球温度4
1-440,湿度9
8
:
ア1
0
0%の坑内〈排気坑〕に於一て救命器装着の上
0
.
3
0
4
0分間坑道を歩行する演習を行い次の如き結果を得た.
1
) 体温は実験直後で4
00或は 4
00に近い著しい上昇を示すが 5
0分後平熱に戻った.
.
2
) 脈薄及呼吸も直後著しく増加じたが 5
07}て入坑前値に戻った.
3
) 血圧も直後著明の下降を示し且つ 5
0分後でも尚入坑前値に復帰せぬものが可成あった?脈圧はむし
0
0
2
5
6
ろ増加の傾向を示した.血圧は諸変化のうちで最も回復のおそいもので,終了後 1時間ある事は興味があっ
た.
4) 血液の比重は全血,血まま共に軽度の上昇を認め,既に脱水の影響が血液に現われはじめているのを
みた.
5) 尿には著変は認められなかった.体重は全例に於て平均1.3kgの減少を認のた.
以上は 4
00の坑道を唯救命器を装着して約30%歩行しただけの実験であるが,直後にはかなり著明の変
0
9
4
(
}
化がみられ,我々の炭砿の熱寸・症(あかまり)の前駆症と思われる状態であった.実験直後殆ど会例に 3
0
0の高熱を認めたこと,血圧の下降があったが脈庄は逆に上昇したこと等は特に興味がある ζ とであった.
3
4
. 表坑労務者の血渡学的研究
有松直教,河内虎男,石西
進(三井産業医研) •
昭和 2
4年昭和 2
5年にわたり健康な炭坑労務者 1
3
1
名t
こっき坑内,坑タト者,勤続1
0年以上の邸1
1
化者及び 1
年未満の未~II化者に分:!S,血液諸成分を検査比較検討して次の結果を得たので報告する.
赤血球直経は坑内未~II化者M土 m8.03土 0.029μ ,坑内馴化者ふ 02土 0.046μ,坑外未恩11化者 7.83::t 0.031
μ,坑外恩1
1
化者 7
.
8
4土0
.
0
2
8
μ となり,明らかに坑内者が大てある赤血球数は坑内未馴化者 4
6
5:
:
t7.7万,
坑外未馴化者は 494 土 5.08万となり,坑内者の方が小である.平均赤血球容積は坑内未~I化者 95.5::!:: 1. 51
が,坑外来期1
1
化者 8
8
.
0土1.0
0
がであって,坑内者が大となっている.血清総蛋白質量は坑内馴化者7.6
6土
0
.
0
5
4g
!
d
l,坑内未恩iI化者7.4
6土0
.
0
5
1g
f
d
l,坑外馴化者 7
.
3
4土0
.
0
6
5g
f
d
l,坑外来車1
1
1
化者c
7
.
2
0土0
.
0
4
7g
f
d
l
て,何れも坑内者が大である.血清アルブミン量は坑内馴化者 4
.
4
8土0
.
0
5
7g
f
d
l,坑内未恩1
1
化者 4
.
3
0土0
.
0
4
!
化者 4
.
2
6土0
.
0
3
8g
f
d
l,坑外未馴化者 3
.
9
7
:
:
!
:
:
0
.
0
4
9g
/
d
l,て,坑内者が大てある.坑内外を通
g
f
d
l,坑外層I
じ麟│化者と末馴化者ζ
l区分すれば,血清アルブミン量ては恩1
1
化者 4
.
3
7土0
.
0
3
7g
J
d
l未草1
1
1
化者 4
.
1
4土 0
.
0
3
8
3土0
.
0
2
6g
f
d
l,米馴化者1.3
1
:
:
!
:
:
0
.
0
2
7g
J
d
l となり,
g
f
d
lであり,血清蛋白商は馴化者1.4
血色素量は
厨1化者 1
4
.
2
6土0
.
1
2
8g
f
d
l,未馴化者 1
3
.
2
0土0
.
1
6
3g
/
d
lてあって何れも馴化者の方が大である.
以上の結果から坑内外の馴化者及び未馴化者の聞にみられる差異は炭坑就職後,半年乃至 1年にして既
に明らかに現れ,両者の差異は就職後の勤続年数ーと共に小となる〆傾向にある.即ち異常な坑内環境に於け
る作業の影響は 1年以内の短期間て著明に認められ,年数の経過に従って恩'
1化現象を起し順応されるのも
と考えられる.坑内外を通じ馴化者と末思1化者の聞にみられる差異は摂取栄養量の差異に起因するものの
ようである.
35. 竪坑に怠ける難轄検査
西
村
義
一(常磐炭砿磐城砿業所病院)
0年 a
月,苦々は福島県某炭砿従業員を対照にして,坑内夫の難聴を訴えたもの約 2
0
名,騒音の最
昭和 3
も著しい竪坑掘進夫約 2
0
名(掘進開始後 6ヶ月〉及び斜坑A 内夫約 2
0
名について,小林理研 1
0
0
4
型オーデ
イオメータによる検査を施行した.
騒音の大きい竪坑,そうでない斜坑については,両者とも高音部無自覚性難聴者が著しく多く,聴力損
i
pを示Itるものが最も多く,竪坑に於て
失の全く認められぬものは極めて少い.聴力型については C5 d
高調音急墜が最も著しかった.堅抗ノセ内美約 2
0
名にラいては掘進開始後1
0ヶ月の本年 2月の検査成績を併
4
せて報告する
3
6
. 集団襲力検査計によるスクリ四=ングテスト
小泉
河村
明,、芦沢正見(東大公衆衛生〉
E
三
{東大鼻耳)
都内莱金網製造工場に於いて集団聴力検査計(小林理研製)を用い,従業員 1
4
0人の聴力のスク .
lー=ン
257
グテストを行い,難聴者 1
0
名を検出し,第二次検査(純音オーディオメーター,気導及び脅導試験〉の結
d
i
pがみられ,職業性難聴と診定された.
果,そのうち 5名には C,
聴力集団検査に当り,
の診療室に於いて
ζ の計器の使用は,検査の能率をあげる上に甚だ便利で,
周囲暗騒音 5
5-60説I
1度に 8
0人のオーデイオグラムを四分てとる ζ とができた.
3
7
. 電話交換要員の難聴と脚気症般に就いて
古武踊三,武田真太郎(和歌山医大衛生)
ン,これは明らかにレシーバーを使用する交換作
先きに吾k は某電話局交換要員に多数の難聴者を見出 I
業負荷のために起る職業性難聴であると述べたが,これらの難聴者に就いて, VitaminB,が如何に関与し
ているかを明らかにするべく,昭和30~
5月より約 5ヶ月間に,難聴の有無により交換要員を難聴者群及
び非難聴者群に別け,臨床検益,血中 B,濃度渓!J定,c B,負荷試験及び栄養調査を実施した.会
その結果:
1
) 全体の 6
1.3%の者が食餌中
B,摂取量の絶対的な不足を示し,残余の者も決して満足すべき状態で
はなかった.
2
) 血中 B,濃度及び B,負荷試験に於いて,夫々 85.4%
及び 5
6.1%の者に B,欠乏の疑があり,難聴
の有無とは関係がなかった.
3
) 然し乍ら,他覚的臨床所見に於ては,脚気の存在を示す症状を 8項目以上有する者が非難聴者群
(
1
5
.
2
%
)に比して難聴者群 (
61.4%)に逢かに多く,統計的にも危険率 Oに近い有意差を示し,特に難聴
者群にては交換作業中の運動量が最も大きい上肢に脚気症状を認めることが多かった.
4
) 既往に於いて脚気を経験した者も亦,明らかに難聴者群に多かったく P=
0
.
0
1
3
6
).
日 以上の調査成績から, B,欠乏が直接難聴と関係しているとは考えられないが, B,欠乏が偽覚的に
脚気症状として強く現われやすい個体に於いて,聴神経が音響荊j
戟の作用を鋭敏に受け,難聴に陥入りや
すい傾向のあることが明らかとなった J
3
8
. 音響外傷の臨床的観察
河
村
進
市(東京労災病院耳鼻)・
A
c
o
u
s
t
i
cTraumaを騒音爆露の時間的経過より下記の如く分類し Sudden,Subacute,Chronicの対
称 1
1
6例を選択し各項目に就き報告した.
(Temporary (
F
a
t
i
g
u
e
)
(
Acut
e!~o.~entary
I
='-U,
, i
Sudden
¥Permanent <
Subacute
¥Chronic
即
験
,
(例数〉
2
0年以内
1
4
3
9
2
0年以上
6
3
1丹以内
ABC
A
c
o
u
s
t
i
cTrauma~
(期間〉
s年令,職種,産業別,自他覚難聴,障碍型,聴力型,難聴の程度,周波数別無残聴耳数,疲労試
D
.L
.T
.,耳鳴の頻度類似局波数及び大きさ,前庭機能,耳科的臨床所見等に就きその成績をスラ
.L
.T.を中心として各群閣の差異等に関し考察したものである.以下数項目
イドにて示し疲労試験, D
を列記すれば,
1
) 自覚難聴は A群には 1側性がかなりあったが B, 0群には B群の自覚的に 1側性であったが他覚的ー
には難聴が認められた 1例を除きすべて両側性であった.叉自他覚難聴の一致するものは
A,B,C各群
0
0,4
5,
56%を示した.
夫
ノ
セ1
2
) 障碍型ては A群,混合性 (36%)B群,感音性 (90%)0群,感音性 (81%)が夫々最も多く聾は
を占め特に A群に多く正常耳は A群にのみ 25%
あった.聴力型ては A群,高音急墜型 (
33%)
会群て 4%
B群,高音漸傾型 (
4
9%) 0群,高音漸傾型 (56%)が夫々最も多く dip型は全群を通じ 2%に過ぎな
258
かった.
3
) 難聴の程度は 3
9db迄が A,B.
,C 各群,夫k6
4,3
2,12%,6
0db以上は末々 2
9,19, 47%であ
った.
4
) 周波数別無残聴耳数は 1
0000CP3ては A,B,C 各群夫k4
3,4
6,81%て最も多く,
8000c
p
sて
9,1
9,60%て之に次ぎ低音に移るに従い激減する.
は夫-k2
日 疲労試験て回復遅延を示した耳数は A,B,C各群夫決 1
8,.47,58%ぜあり, D.L.T~ て湯性を
示した周波数の数は A,B,C 各群夫-k2
6, 6
1,49%であった.
3
9
. 手持提動工具による職業性障碍
鈴木幸夫,西原
道(徳島大衛生,第二生理)
国鉄某工場の製缶職場及び其の他の職場を調査対象として,空気槌をはじめ各種の振動工具を使用して
6
名を選んで,各人に調査表を配布し記入を求めた上,問診の要領によって自覚症状を得た.全
いるもの 8
身的にはその殆んどが何等かの症状を自覚し,約半数に「しびれ感J I
難聴」を訴え,局所的には肩より
指にかけて症状が発現し易く,特に指が多くて
Iしびれj が50%以上であるが,
I~痛 J
1
.
蒼
白 j は案
外少し叉示指揮指が侵され易く一般に右側が強く侵される傾向にある.関節痛は約 1んにみられる.症
状発現は半数が四季を通りて同程度にみられ,作業中,休息時に多いようである.
一方他覚症状は捉え難いものであるが,自覚症状調査者を対象として,触覚,痛覚,温覚,冷覚,二点
の識別,織物の識別,部位覚等皮膚表面知覚の一般検査法を施行したところ前二者によっては知覚鈍麻の
傾向が他の部位よりも大きいが,温度覚,部位覚よりでは見るべき変化は求められない様である.併し乍
ら二点の識別ζ
lよっては正常値より大きい傾向にある. 叉障碍の強いと思われる者の中から若干名を選
。,水中に浸潰した手指皮虜湿の恢復状態をも観察したものである、
誌. 4
0
. 木挽者にみられる指骨の職業性変形に就いて
勝
沼
晴
雄(東大衛生看護学科公衆衛生)
4例の木挽き労働者につき指骨に一定の変形が認められる事実を日本整形外科学会誌上(第 2
5巻,第1.
2号,昭和 2
6年〉に予報したが,その後定型的症例 8例を追加し得たので,これら 1
2
例につき検討し考察
を試みたい.
即ち木滋き作業者の手部について,外見上一般に手掌は正常大か叉はそれ以上であり,各指間関節殊に
中関節部は節太であって,手掌面には鋸の握との接触面に一致して著明な職業性餅抵がみられる.
次に玄線写真像により骨部を検査すると次の所見が認められる.
1
) 指骨関節裂隙の走向が斜になっている.
2) 揖指を除く全指の基節及び中節骨の骨幹部に肥厚が認められる.'
3) 各指骨殊に中節骨の底及び滑車部の巾が著しく広くなっている.
4
) 第 l指以外の指の末節骨を除く殆んど会指骨の体部に骨膜の増殖によると思われる扇平な骨膨隆が
みとめられる.
日 老人性変形性関節症としては~ .僅かに指骨関節裂隙の狭少を認めうるのみで,甚しい軟骨消耗を思
わせる像は認められない.
とれらの所見は,前挽き鋸 (
7
0
0匁- 1震呂〉による立挽き作業を長年月つ立げた結果,鋸の握りによ
る機械的圧迫により起ったとも考えられるが,乙れらの骨変化が,指の屈筋腿自体乃至膿紐附着部に顕著
である亡をより考えると,
長年月 {
ζ 亘ヲて,
反復継続された屈筋膿の直接索引力も重視されるべきであ
る.これらの例から推論して,上述の骨変形は明らかに職業性に惹起せられたものであり,その成立には
0年以上の作業年限を要するもの〉如くである.
少なくとも勤続1
25
9
'
41. 改夏型 HospitaILockに就いて
北
博 正 , 梨 本 一 郎 ( 東 京 医 歯 科 大 衛 生T
H
o
s
p
i
t
a
lLockは,潜函病,潜水病の治療に不可欠のものである.しかも患者はとの中に再圧療法中,
相当長時間滞在するにも拘らず易温度,湿度,炭酸ガス等の環境改善については,余り留意されていなか
った.吾々はこの環境改善が,潜函病治療に相当大きな間接的効果のあるととに注意レ,新らしい改良型
H
o
s
p
i
t
a
lLockを設計した. J
i
!O:
l
S
,
'Lockの窪をや L 大台くし,暖房,冷房(扇風機備付〉を設備し,小
,
便器を Lockの後部にっくり,コックによっで外部に排出できるようにしだ. 尚
ラジオや書籍をおい
て,患者の精神的苦痛を出来るだけ少くするようにしてある.
更に, Lock内外を連絡する電話装置および, Lock内にて操作する非常ベル等,
患者の治療 e安全に
万全の策をとっている.
この H
o
s
p
i
t
a
lLockは目下,莱土木会社の潜函工事現場て使用され,
好成療をおさめており,
今後
H
o
s
p
i
t
a
lLockを製作する上に参考となろう.
チ 吋 . 、 町
4
2
. 事務室等に関する衛生学的研究〆
ミ
ア
九
岳 山
望台予肉、九
ι
〉ヤ
a
(
第 1報) -銀行等の環境並びに実感獄況
斎
藤
r
j
J (東京都立衛生研究所}
事務室乃至事務的作業の衛生学的研究を行ってゆく目的で, 1
9
5
5年から 1
9
5
6年にかけ先ず銀行等数事務
室の理化学的環境試験並びに調査票による執務者の実感調査を行なった.このうち A~B
2銀行はモデル的
7
名及び 2
0
名
, .
c
, .D2銀行は行員数7
0
8
0
名,-0は温湿
小型冷暖房機械換気設備を有し,行員数それぞれ2
度調節装置を有するが,送風量少なく空気浄化能力は小さい臥 Dはスチーム暖房のみで機械換気設備がな
い .E, Fは何れも機械換気設備のない某官庁事務室て ;Eはスチーム暖房;
F
.ばスト「ブて返る .Eは
定数 1
2
8
名
, Fは1
8
名てある.以:fに成主責概略を記すと,
1
) 機械換気設備の施工,管理:
v
:i:適切にはf
中止行われ難いことを再認識した.-Ji!G
:
l
SA銀行では空気積i
佳
板の交換遅延閉塞による甚だしい送風不良を見出し,とれを交換後は給気量は設計風量に近接したが,給気
口の右偏在と低位置のため給気の室内配分の不均等が顕著になり,
B銀行ては換気口組際、が狭通ぎ.給,-
排気量何れも設計風量の約半量ーに過ぎず, 0銀行は給,排気の配管が不適当で,冷房にはほ三良くても,暖房は 1階に対する給温の関係ゼ,中 2階は適温を余儀なくされていた.
2) 湿度読節効果は空気浄化より発現早い.
3
) 被検個所の空気状態は, 1
9
5
5年改訂日本薬学会普通室内空気判定標準によれば,冷房換気中の A,
B
.2銀行は総て衛生適,其他は冷房換気停止中の B銀行,暖房季の A, 0,D 銀行及び E, F 室てある
が,何れも全部乃至大部分の試験部位が衛生不適である.
心 温度感ては丹羽の報告とほ三一致した. 夏季冷房適温部の者は帰宅後は高温部の者より暑く感ずー
る.好適気温は夏 24-2500,冬は 2
00位と認められる.不適温及び空気汚染,特に高温は疲労感を生じ,
0
5時位ふろが多いが,空気汚染が特に高い E室ては 1
1時と 1
5
食慾,能率を低下せしめる.疲労感は一般に 1
時の 2 回,高温な F~震では午前,午後の不定時に生起し, 1
0分間の窓開放が相当奏効する.
4
3
. 職業性放封線障碍
石津
澄子(労研病理第一)
放射線障碍の健康管理を行うために,取扱条件,被爆量と血液変化の推移を関聯させつつ,一年間の笹:
過を観察した.
分
診療機関ての玄線被爆状況は透視時の夫れが主なもので,比較的大量の散乱線を短時間(1名透視 z
以内〉ずつ問歓的にうけるが,玄線廻折のような基礎的研究では少量の散乱線に長時間 (4-.5時間以上〉
2
6
0
被爆されるという状態である.
従って,同じ放射線取扱者てもその作業内容によって,血液所見にもかなりの懸隔がある.
とのような環境条件の相違は当然 1年聞の血液変化の推移にも影響し,例えば診療機関従事者は各月の
透視人員数,被験者数に並行して,主として白血球に変化が見出される.
之に反して, X線廻折などの基礎的研究者は一定時期に連日 X線を取扱うが他の時期には全くふれない
ようなことが多く,これに並行して血液変化が見出される.
ζ れらの例は当然,作業を軽減叉は中止すれば,血液所見は好転し,ある試験所の例ては取扱中止後1
0
ヶ月自の成績によると,赤血球数平均 4
0
0
万から 5
00
万にまでt
灰復し,自覚症状も殆んど消失した.
叉某会社ての成績では約 8カ月間作業を軽減した結果,赤血球数は何れも 4
5
0万以上に恢復し,要注意
者は数減した.
白血球及びその機能からみた白血球系統の綜合所見はこの程度の恢復期間ては定常的に生理債を示すま
でには到らないことがある.
以上の成績から推測すると,血液所見の恢復は赤血球系統の方が早いと思われる.
4
4
. レントゲン障害の予防に関する研究(その 4)
唄
堀内
L
ー覇,大和田=国夫,上回
貞二,中川千代三郎
平山昭夫,和田望
(大阪市立大衛生 a 公衆衛生)
私どもは過去数回にわたりレントゲン障害の実態並びに予防について報告して来たが,今回はレントグ
ン技師に関しで長期観察を行ったので,その一部を報告する.
対象として病院,診療所,保健所等に勤務するレントグン技師8
5名を選ぴ,毎月中旬,主として血液学
的検討 (
Hb量
Ht値,赤血球数,網状赤血球,塩基性赤血球,白血球数,♂白血球像〉を行ったが,そ
の中毎月連続して確実に検査し得た 2
8名について,昭和初年 5月から現在までの成績を報告する.
被検者の勤務年数は 4-30
年て,長期間レントゲン線に被爆されているものと言えよう.その被爆量は
およそ 1月平均 0
.
0
0
3
'
0
.
4r
/
適てあって,防護設備は区々である.
Hb量は 8月に於げる平均1
3
.
8g
!
d
lて秋季に比し低値を示すが,冬季は更に低くなる.
白血球数は'/'-¥)月に低値を示し,冬季に増加している.撮影件数は春,秋に多く夏季には約半減する!
にか〉わらず,白血球数が夏季に低値を示す原因は,被検者の被爆線量が比較的小さいために,レントグ
ン線の影響よりもむしろ白血球数の季節変動による影響の方がより著明にあらわれているためではないか
と思われる.
白血球像は好中球の減少,マリンパ球の比較的増加が認められ,、絶対数てはリンパ球数は常に略一定で,
白血球数の変動は好中球の変動と相関するようである.好酸球,大単核球は略正常範囲 i
こあり,白血球百
分率の季節的変動は著しくないようである.
4
5
. ウラン鉱探鉱に関する障害防止に就いて
鏡光長}保浦栄一,上原武久,星野玄仲
佐藤徳人
、(慈大公衆衛生)
井上武一郎
(人事院健康安全課)
ウラン探鉱関係業務に就き職業衛生学的調査を実施し,障害防止対策を立案する機会を得たので,その
概要を報告する.
1
) 廃坑内のラドンに就いては米国ても問題視しているが,我々がー廃坑内のラドン量を浪r
r
定した結果,
_
1
0・4ρc
/
e
c以上のラドン量を示す場所を 確認した.
l
粉塵はコニメーターで概測した所, 5
0p
/
c
c迄て,採掘が初まるまでは一応問題は少ないと考えられる.
2
6
1
坑内の α線は 3x10カl
c
f
c
m
'以上, γ線は最高 6m
r
j
h
r
.であった.
2
) 研究室内ては鉱石粉粋,節分,研磨の所て発塵が著しい.
鴻紙法て集めた空気中粉塵の放射能は,
クラッシヤー近くて, α線は 4.2XlQ9
μ
c
f
c
cて,その他の場
round以下であった.
所ては Backg
放射線量分布はクラッシヤ一室を除き 0
.
2也 r
f
h
r
.以下,クラッシヤ一室ては床上,
4.0x10・6
μ
c
f
c
m
ヘ
その他の場所の表面汚染は 3x10
・7
p
.
c
j
c
m
'以下てあった.
3
) 従業者に就いては,血液,呼吸器,長管骨の放射能,及び尿所見,並びに従業者の放射線障害に対
する認識の程度,等を調査した.
4
) 対策に就いては〈イ〉廃坑内入坑の擦の対策,
於げる空気汚染のコントロール,
測定,
(ロ〉研究室のレイアウトプラン,
(ハ〉研究室に
(0=.)研究室に於げる表面汚染及び皮膚汚染の問題(ホ〉被曝線量の
(へ〉廃液及び廃気の処理,
(ト〉従業者の健康管理に就いて報告する.
4
6
. 筑豊地方の豆器製造工場周辺の空気汚染に就いて
猿田南
事
火
i
海雄(九大衛生)
山
高(福岡県衛生研)
筑豊地方ては粉炭を原料として豆炭を製造する工場が多数あるが,製造方法が成型した原料を野焼に等
しい方法て製造するため,発生する煙,ガスにより周辺の空気が汚染され,大きな公害問題となっている.
工場周辺は之のため汚濁が甚だしく, CO,を汚染指標とじて調査した.風下 1
5
0
米内ては 0.12-0.22%の
CO
,が測定される. 之のガスは刺げき臭が強くタール性のガスて, 夜間になると気象条件により周辺に
“smog"が発生し,見掛けの煙害が大となる. 之の種の煙害調査では CO
,を汚染指標として採用し得
るが,見掛けの煙害の測定,表示方法については検討を要する.
4
7
. 字都市の降下煤塵と気象要素との関係
野瀬善勝,上野碩夫(山口県立医大公衆衛生)
最近 5カ年間(19
50-1955)6
0ヶ月に於げる宇部市の降下煤塵測定成績と,市内外の気象要素との尉係
在考察し,次の如き事項を認めた.
①
降下煤塵成分中不溶解性成分量の地域差は風向の影響が大てあり,溶解性成分震は降雨量に E比例
する.尚叉,風向と降雨量との聞にも一定の関係があり,結果的には降下煤産総量は降雨量に正比例して
いる.
J
②市内の月別一平方粁当り不溶解性成分量の推移と月別平均雲量の推移が相一致するのみならず,そ
;!tらの市内外差も亦概ね一致している.尚叉,市内外の月別平均最低気温差の月別推移が概ね之と正比例
し,最高気温差並びに気温較差の差の月別推移とも逆比例の傾自が認められる.
③
更に叉,市内外別の最高,最低気温並びに気温較差を 7曜日別に比較考察するに,最高気温は煤塵
少なき日曜日に市内が特に高く,最低気温は月曜日に特に低く,市内ては日曜の午後から月曜の早朝にか
けての気温の変化 i
s爾他の日に比べて特に顕著て
④
4月と 1
1月の如きは, 16-180に及ぶ日もある.
0
上記②,③の事項は都市気候の特徴たる最高気温の降l'-~デ最低気温の:上昇を太き 4 左右している
ものは,主として煤煙に起因する煙霧質によるものなることを示すものとして注目すべき事実と考える.
⑤
其の他,紫外線量の減衰率や,雨天,曇天日数と降下煤塵との関係等は既に報告した.
4
8
; 最近 5カ 年 聞 に 説 け る 宇 部 市 の 捧 下 煤 塵 測 定 成 績 に 就 い て
野瀬
善 勝 , 北}
I
L 良雄(山口県立医大公衆衛生)
最近 5ヶ年間 (
1
9
5
0
1
9
5
5
)6
0カ月に於げる宇部市内産業地域別 1
0ケ所に於げる降下煤塵に就いて,箇所
芳日成分別f
l
i
:
"
.lカ月 1平方粁当りの平均値と標準偏差並びに変異係数を算出し,その喜子布状況(等量線図)を
2
6
2
見るに,次の間き事項が認められる.①降下煤塵量(固形物総量〉は地域的差異甚だしき事を特徴とする
が,主発煙現場との距離的関係は風向,風速其他の条件によって異なるも,概して1.0km以内の地区断然
多く,以下急激に減少せるも1.0-4.0kmの地区ては距離に比例レて漸減し
4.0km以上の地区ては
傘下煤塵の各成分別の地域差は不溶解性灰分,タール分以外の炭素分,ター
その減少率が緩慢となる.②F
ル易概して大きく,溶解性灰分,溶解性成長子中の灼熱減量之に次ぎ,
SO"CI,NH,等は地域差量も少し.
各成分の標準偏差も之と概ね同様の傾向を示す.⑥降下煤塵量に対する各成分比率より之を見るに,発煙
現場より遠ざかるに従って,不溶解性成分は激減し溶解性成分は激増する.之に反し総炭素分特にタール
,と発煙現場との距離的関係は前述の降下煤塵量に近似し, C
lは発
分には左程の変動を認めない.④ SO
煙現場からの距離が大となるに従って直線的に減少し,尚叉,海岸よりの距離と逆比例の関係にあり,海
水の影響が考ゑられるァ
NH,は発煙現場から遠ざかるに従って緩やかな減少を示し,空気中に於げる拡
0ケ所平均を見るに,変異
散速度が他の成分より大なるととを示唆している.⑤降下煤塵各成分別に全市 1
係数は不溶解性成長子中の各成分が小さく (47.0-61
.3
),溶解性成分中の各成分が大 (
60.4-96.の で あ
る
、
ぃ
二
二
一
;
:
:
'
;
' ー
、
:
ペ
ー
4
9
. 宇都市の降下螺塵と市民の保健動向
野
瀬
普
勝 ( 山 口 県 立 医 大 公 衆 衛 生Y
① 私 共 は 先 に 第 1報として宇都市と位置的に近接し,都市的性格の類似せるものと,異るものと 8つ
権患率並びに死亡率を比較考察すると共に,同じ宇都市内ても空気汚染の
の対照都市;学選んで,主要疾患のJ
濃厚なる地区と,濃厚ならざる地区に就いても同様なる比較考察を試み,若干の知見を報告した.②そ ζ て
今回は過去 5ヶ年間 6
0カ月に於げる宇都市民の主要疾患に就いて,月別穣j
患率,特に死亡率の推移と降下煤
塵の月別推移を統計的に比較考察して,両者聞の関係の有無並びにその程度を判別せんと試みたものであ
(A)肺炎,気管支炎の死亡率の月別推移は璽盟唾昆全量
SO
,ー主蛮壁壁民全量の 8者 何 れ
降雨量 ' 降雨量¥ー 降扇量
とも高度の順相聞を示し,他方月別平均気温並びに気温較差とは逆相関の関係にある.之と同じ傾向を示す
る
・
ものに乳児死亡率,髄膜炎死亡率並びにジフテリア擢患率等概して急性呼吸器系疾患があげられる. (
B
)
.
心臓疾患死亡率の月別推移も亦盗壁壁座金量
SO,_不溶解性成分量の 8者と夫々順相関の傾向が認.
降雨量 ' 降雨量'
降雨量
められ,他方気温較差と高度の順相関を示している.特に降下煤塵量のてい滅して来た最近 1-2年、聞に於
いては,気温較差との関係が益々著明となる傾向が認められる.之と同じ傾向を示すものに老衰、癌,腎炎及
びネフロ 1
t
, 脳卒中死亡率等概して老人性慢性疾患があげられる.(0)結核死亡率の月別推移は降下煤塵
中不溶解性成分総量と!順相関j
を示し, ':f痢腸炎死亡率と赤痢J
穣J
患率は
不溶解性成分総量
Lamrの 雨 量 潟 摩 係 数 と順相関の傾
向か認められるが,とれらの関係は (A),(B)程著明ではない.
以上要するに主要疾患の擢患率や死亡率は,降下煤塵と気象条件の綜合と密接な関係ある ζ とを想おせ
るが,個々の因子に就いて統計的な相関度の大ノトのみを以って,直ちにその影響の程度を判別し得るかど
うかは,尚慎重検討を要するものと考える.
5
0
. EDTAに よ る 気 中 錯 の 簡 謹 定 量 法
館
正
知(岐阜医大,公衆衛生)
0
.
5mg!m'前後,即:1:>恕限度附近の気中鉛を特別な装置や,煩雑な操作なして現場で簡速に,且つ充
分な精度をもって測定し得る方法を考案した.
試 薬 1 ) 標準 EDTA液~ED TA (
A
t
h
y
l
e
n
d
i
a
m
i
n
t
e
t
r
a
e
s
s
i
g
s
a
u
r
e
) の 2Na
一塩約 1
8
.
6gを蒸
溜水て II とする . ζ れは予め標準酷酸鉛について以下述べる方法てカ価を検定してお<.本液 1e
cは鉛
の約 1
0
m
g
l
こ相当する.
2
6
3
:
2
) 指示薬-EBT (
I
n
d
i
k
a
t
e
rF2
4
1,Erioohromsch\Varz~T) 約 0.2g を 50cc の 95'% Et
h
Y
I
:
a
l
k
e
h
o
l
私立溶解させる.用に臨んで調製する.
3
) 45%
一酷駿アンモニヤー水溶液.
C
,
H3O
,
)
,
・ 3H
,
O を 1%→酸酸水て, 1
0
0
c
cとする;本液 1c
cね:鉛の 1
0
m
g
4)標準鉛液-1.83gの Pb (
t
こ相当する.
採気法: 何れの方法に依つでも良いがImpinger を用やる正便利である.主-2m'φ空気を 3~40分
費して 5.%-HN0
3 中に採取し検体とする.
操 作 : 検体中の一定量例えば 5-10cc
を正確に 1
0
0
c
cの三角コルベンに取り酷酸アンモ=ヤ水 5cc,
.
5
g
rを加え,酒石酸が溶解する迄熱する.水 2
0
c
cて稀釈し,濃アジモニヤ氷てが1
1
O
V
,となる如く
酒石酸 0
0
.
9N H,
OH約 3c
C
)
.
補正する(比重
水浴中て 70-800にあた〉めた後指示薬 8滴を加え,直ちに標準 EDTA液で滴定ずる.終未点は葡萄
0
0
m
g
以上の時は EDTA
O.03cc以下て明瞭に認
酒様赤色から青色に移る点とする . ζ の変化は試料す・の鉛4
乙なる迄 EDTAを
められる.試料中の鉛の更に少量の擦は戸の補正後指示薬を入れ,次いて溶液が青色 i
加え,予め EDTA ~こ対して力{面の定めてある MgCI,溶液て逆滴定すると終未点は比較的明らかにな
る.この際の終未点の明瞭さは滴定時の温度に支配されない.但しとの逆滴定によっても試料中の Pb量
が lmg
以下の時は終末点の決定に困難を感ずる.
a塩及ひらその他の若干の物質の荏在はこの定量法に支障がある.
試料キの C
誌. 51
. ミゼット・イン区ンジャーによる水銀蒸気捕集の検討
多
0
0
c
c試薬ピンの下部に入れ,
、金属水銀を 5
田
治(労研・労働衛生第一)
30-750 の水浴上て温め乍らそのピン中の空気を吸引し,
0
m
i
d
g
e
t
i
m
p
i
n
g
e
rを 5-10
本連結して捕集率を検討した.水銀の定量はジチゾン法により(0
.
2
γ まで測
mpingerの検出量を総計して被検濃度とした.,
定可能〉各 i
予め金属水銀を用いて各種捕集液の反応を比較し,その結果 5N
一硝酸と 0.5%
次亜塩素酸ナトリウム
NaCIO液(サラシ粉と重曹の混合溶液〕を採り上げて比較した.前者は溶解剤てあり,後者は酸化剤で
あって何れも反応は速い.従来用いられているヨ-:1'液或いは過マンガン酸カリウム液(硫酸酸性〉は反
応が遅いので採用しなかった.
今
、
r
日 、 企
3
5N
・硝酸 5-10cc,を捕集液として,分速 1
1
るで採気じた場合,水銀 1-5mg/m
mpinger
の濃度て i
を1
0
木連結しても完全には捕集できず,全検出量に対して ι
本自の捕集率は15%
前後t
乙しか過ぎなかった.
3
の水銀は白 3-基本て捕集
捕集液を 0.5%NaCIO液に変え,分速 1
1
. て 採 気7すれば, 1-10mg/m
することができた.液量 5c
c,
と1
0
c
c,の場合を比較すると,捕集率は明らかに 1
0
c
c,の方が良い.との場
合の捕集率は上記濃度て 1木目に約95%, 2本自に約 3 %であった.通気速度は分速 0
.5l と IIては大
差なく, 2
1以上となると捕集率は落ちる.叉,水銀濃度が 1か-70mg/m3 となると, 1本日;
j
f
i
約9
0
9
,
五
2本自が約 4%であった.
以上要約すると,水銀蒸気の捕集液には酸化剤である NaCIO液が適しており
midget~impinger
Gの 1
0
c
c
,を用いて
(C分速 1
1て採気すれば, 10:mg/m3以下の水銀蒸気は 1本て約 95%, 2本連結す約 9
8,
3
%が捕集てきる.叉, JO-70mg/m
の濃度ては
1本て約 90%, 2本連結で約 94%φ捕集率となる.
誌. 5
2
. 空気中のフエノー J(.;量測定法
福山富太郎,佐藤徳郎(公衆衛生院,栄養生化)
微量のブェノ
}
vの定量には比色測定が有利で,
2
;&
d
ibromoquinoneC
h
l
o
r
i
d
e,フェノール試薬,生
アミノアンチピリンとフェリシアン化カリウム,ヂアゾ化したスルフアニール酸,叉はヂアゾ化したパラ
Nitroan
i
1i
n
eによ
=トロア=リンによる室色応用等が応用されているとれらのうちでヂアゾ化したpる方法は試薬の作製が容易であり旦つ鋭敏度も高いので,操作止に必要な諸条件を吟味し,検討を加え,比
264
較的簡易にしてしかも正確度の高い空気中フェノール量の測定法ならしめた.測定法の概要は次のとおり
である.試薬としては, (1)ヂアゾ化したパラニトロア=リン液, (2)0.2NNaOH及び 0.2NHCI,
(3)1
5g/1
0
0
c
c炭酸ナトリウム液,
(4) フェノール標準液(比色管て標準色系列と比色するときは
1cc=0.001c
cのフ z ノイール 00, 7
6
0阻の液,ヂヱボスク比色計を使うときは 2
μgfcc のもの,光電比
0
μg!ccの液を使う).
色計を使うときは 4
測定: ガス吸収管に 0.2N
水酸化ナトリウム液1
0
c
cをとり吸引ポンプを連結じ,
1
0
0
c
c
/
6
0秒の速度
て可検空気の一定量を吸引した後 2
0
c
cのメスフラスコにうっし,水て全量を 2
0
c
cとする.その 1
0
c
cを 0
.
2
0
c
cとし,とれを検液とする.検液lOc
cをとり, p
N
i
t
r
o
a
n
i
l
i
n
e液 1c
cを
N-HClて中和し,水て全量を 2
5分の間に 1
5g/1
0
0
c
c炭酸ナトリウム液 3c
cを加えて発色させる.同時に比色法に応
混和し, 3分から 1
0
)
}から 6
0
)
}の聞に
じて,夫ノ々の標準液を試料と全く同様に処理し,各々比色操作を行う.比色は呈色後 1
行い,光電比色計を使うときの測定波長は 470mμ である.
本研究は昭和 3
0年度労働衛生試験研究費の補助によって行なった.
〈詳細は国立公衆衛生院研究報告に発表の予定〉
5
3
. 大都市近郊に提ける農村のー調査
石川
清文,鈴木武夫(公衆衛生院労働衛生)
二 戸
源 治
(埼玉県衛生研)
川森
正 夫
(群大衛生)
都市に近接し,農村の近代化が進みつ〉あるー農村に於げる,秋季農繁期の一調査である.
秋季農繁期に於ては全家族が各種農作業に従事し,男子 3,
4
0
0Cal,女子 3,
200CaIを 1日に消費して
3
倍て,女子の家事労働の負担の大きい事を示して
いた. 1日の労働時聞は家事を合め,女子は男子の1.3
いた.睡眠時聞は 8 時間前後て,文化時聞は男女共極度に少なく 1 日の時聞の 8~16% にすぎない.栄養
摂取も叉悪く,摂取熱量は消費熱量に及ぼず,叉摂取栄養素も不足していた.この事は妊婦に於いて殊に
著しかった.例えぼ妊婦の摂取熱量は消費熱量の 75%にすぎなかった.
疲労調査に於いて,妊婦,女子に於いては作業による疲労が明らかに認められた.
都市附近て比較的に経済的に余裕があり,作業方法ても近代化が進みつ〉ある農村に於いても,まだ,
女子の負担が男子に比べ大きい状態におかれている事について述べる.
5
4
. 勤労者階麿の婦人の生活と健康寂態
東田
堀
敏夫,問中美知子,瀬戸義文(関西医衛大生)
口
恒 次
金 子 志 郎
最近の勤労者の生計費調査によると,世帯主以外の家族就業,
ζ
(中浜診療所)
(社会事業短期大学)
とに婦人の家計扶助的就業が増加し,
また国民栄養調査その他の栄養調査からは,勤労者階層における婦人の体位低下と栄養不足がみとめられ
ている.そ ζ て婦人の生活と健康状態の実相を知るために,昭和初年 7月中旬より 8月下旬の間に,一連
0
9
世帯.満 1
5才以上の婦人 3
7
3名である.婦人の 27%
の調査をおとなった.調査対象は大阪市某地区の 3
は内職に, 12%は外勤に就業している.就業している婦人の世帯は世帯収入が少ない家庭が多かった.外
0
0
0~6 , 000 円である.主婦は主に内戦に従事し,その種類は衣服加工,帽子加工,傘加
勤者の月収入は 5,
工,紙箱はりを主とし,多くは 1日 8時間前後就業し,日給 1
0
0円
1時間当り 1
2円余りという低い労賃
てある.家事責任及び哨育責任がある者が内戦に従事する場合,自由時聞は勿論睡眠時間も制限され,私生
活にゆとりがないのみならず疲労の恢復もさまたげられている.
自覚症状,月経異常は職業をもっ婦人に多く,またフリッカー値,本JIl氏電気閃光値は内戦をもっ主婦
は験業をもたぬ主婦より疲労していると考えられる成績であった.
2
6
5
身体検査の結果,各年令層ては,平均より体重が少ない傾向があるが,
ζ
とに 2
0才-30才の年令層ては,
平均約 4kgの減少を認めた.また硫酸銀法による血液比重 (Hb
量〉は,少ないものが比較的多く,ことに
下くらしがくるしい世帯]に多いことをみとめた.
,中等度以上の
健康診断及び結核集団検診の結果, 60%に健康異常者をみとめ,結核及びその疑が 10%
肴血症 10%
,低血圧症 89
-6,高血圧症,心臓障碍,肝障碍その他をみとめた.
以上の結論として,勤労者階層における所得の不足,家族ことに主婦の就労,一栄養不足,疲労及び健康
:障碍という,生活の因きゅう状態とその婦人にたいナるしわょせをみとめねばならない.
5
5
.一 金 属 鉱 山 坑 内 作 業 員 の 労 働 衛 生 学 的 研 究
(
第 1報) 坑 内 作 業 員 の 穣 動 分 析 並 び に 労 働 代 謝 に 就 い て
尾
鍋
隆(広島大衛生,住友金属鉱山佐々速診療所)
採鉱,保坑,運搬の 8職種, 1
8
作業について稼動分析を行い,演者の実測した要素作業の R. M. R.
i
測定値を主体とし,労研,北海道大学衛生学教室,日本能率協会試料を一部引用して拘束時間中の消費熱
量を算出した.
時間研究に際して記録した要素作業名は白木鉱業協会の分類を参照とし,動作の性質及び速度,取扱い
器械及び材料の重量などに留意し,労働強度との関耕で必要程度に分類した.
成 農 1 . 実 測 し た 要 素 作 業 数 は3
3であり,条件を かえて延 5
8回測定した.同ーの名称て呼ばれる作
l
. 作業強
業ても条件により相当の差があり,特に労働強度 4以上の重筋的作業に於いて著明てあった. 2
i
度図:
運搬員のスキップ荷積,さく岩作業は持続的作業の型を示し,その他は重筋的作業の特性を示して
作業中の消費度は高く,手待'5,休息時間が多くなりピルデング衝の影絵を見るようである. 3
. 消費熱量
は1
2
8
7.
8Cal-1994.1C
a
lの範囲にあり大部分の作業は労研による D級 (
1
7
5
0Cal-2170C
a
l
) に属して
. 主作業の平均労働強度は 2.4-6.0の間にあり i さく岩作業の 2Sを除いて大半は 3
.
0以上
いる. 4
4
.
5(全身的な自由筋労作の定常状態の成立限界〕迄にあった. 5
. R. M. R. 別作業内容
1日の
作業を R. M. R. 別にみると,さく岩作業は, R. M. R. 4以上の作業の所要時間の比率は 8.6%-
.
0以
18.3%の範囲にあり,運搬員の作業については,スキ yプ運転兼雑用を除いては 30%以上であった. 2
下の比率は入出坑待'5,発破待避,手待'5,昼食に要した時間であり,異常に高く職種による差はなく,
坑内作業の特徴と考えられた.
5
6
. 尿中補正濃度測定法による船員の栄養航態!こ就いて
西部徹ー,高木和男,増田富江,望月英男(労研)
家中に排出される栄養素またはその代謝産物の濃度は尿量に影響されるものであるが,その尿のクレア
チニン濃度との関係において,これを規準尿中の濃度に換算する式を得てさきに発表した.こ〉に発表す
るものはこの方法を用いて行った船員の栄養状態に関するものである.
調査対象は東京,横浜両港 t
こ帰港したる,内外船の船舶1
4隻の船員中の 3
9
4
名についてのものである.
ー採尿は昼食前に行った.判定は補正濃度の正常値に対し標準偏差以下のものを低下者とした.職種別に低
下者の比率を示せば次の如くである.
職種別低下者率
数
皇室素
12.5%
13.8%
司厨員
2
4
2
9
2
4
1
5
3
8
16.7%
40.0%
5.3%
甲板員
1
2
6
8.7%
船長,機関長,船医,事務員
航海士
機関士
通信土
V.B,
V.C
8.3%
3
1
.0%
29.0%
13.3%
4.2%
13.7%
36~3%
19.0%
8.3%
13.3%
0%
2.7%
2
6
6
'
1
2
7
機関員
14.3%
26.8%
3.9%
以上の如く通信士の栄養状態は特に低下しており,また甲板員に比し機関員は低下者が多い. ζれらは
恐らく,余りに静止精神作業てあること,また高熱作業て:あるための食慾不振に原因していると思われる叫
また
v
.B,の低下着は各磯種を通じて多い.
5
7
. 某棟毛紡績工場従業員の公私傷病の統計学的研究
喜
多
英
一(京都府立医大衛生,銭淵紡績京都工場Y
昭和 2
7年 4月度より昭和 2
9年 8月度迄の満 2年聞の某統毛紡績工場従業員平均在籍人員約 1,
9
Q
O名に就
.いて年度別,月別に公,私傷病を統計学的に検討観察した.
私傷病に於いては,新患件数延百人比は間年度共約 3
8.5%内外て新患 1件当り平均治療日数は約 4
.
5日
内外であり,季節的に見ると;件白数共に両年度共夏に多く冬之に次ぎ春には少ない.疾病別には感冒,胃
腸病,皮膚疾患,歯疾,外傷,限疾患,脚気・脚気様疾患が重なもーので,休業件数は胃腸病感冒が首位
を占め休業日数は結核性疾患,胃腸病,脚気・脚気様疾患,ネ申経痛・神経系疾患の!顕である.
職種別には傷病件日数除非現業部問に高率であ‘るが休業件日数は現業部問に著じく高い.性別与とは件数
は男に稀多く日数は女に僅かに多いが,休業件日数は何れも女に著しく多い.勤続年数 2年未満の者に多ー
く年数が増加するに従って減少し,年令別には若年者に多く年令が増加するに従って減少している.
8
.
t
s,7
0
.
9であり,各月度数率と平均気温との聞には有志の相関i
公傷病に於いては,年間度数率は夫-k6
は見られない.職種別には原毛部門と動力工作部門に高率であって事務管理部門は著しく少なく,叉男子
に著しく多い.
特に指の負傷が全体の約半数内外を占め,以下手足1M:部に多い.性質別には挫創が最も多く両年度共約=
35%内外を占め打撲傷切創が之に次いている.勤続 1-2年に高率てあり年数の増加に従って減少してい
る.原因別には作業員自身の過失と認められるものがその過半数を出めている.週目別には全公傷病は作
業第 1日に最も高率てあり第 3
" 4
,日頃迄概ね減少し僅かに有意差が見られるが休業公傷病は各自区々で
あり有意差は見られない.時刻別には 1
1-14時
, 14-1'1'時に最も多ぐ"就業後経過時間別には終業直前の
7-8時間に最も多い.所謂災害頻発者の有無を検討すると A 会公傷病に於いてはポア;ソン分布と有意差
が見られ災害頻発者の存在が考えられるが,休業公傷病に於い亡は有意差がなく所謂災害頻発者があると
は云えない.
5
8
. 国鉄聴員の羅病に関する統計的研究
芦
田
.実〈京都府立医大衛生・福知山鉄道病院内科)
昭和 2
8年 9月より昭和 2
9年 8月に至る 1ヶ年間,福知山鉄道管理局管内全職員 5,
7
0
0名中,一部を除い
,
5
2
4名に就いて年間穣病(受診〉の状況を調査し,次の結果を得た.
た5
1
) 延 1
5,
5
2
0件の治療件数, 1
4
5,
4
2
7 日の治療日数を数えたが, 1件当り平均治療日数は 9
.
3
7日,職
6
.
3
3日であった.
員 l人当り年間平均治療日数は 2
2
) 大病類別に見ると治療件数ては消化器疾患が最も多く次いで呼吸器疾患,肺結核の順で,この 8者
て全体の 50%
以上を占めた.叉治療日数ては肺結核が最も多く全体の 3
5.39%を占め,次いて消化器及び
ζの8
者で全体の 67%
を占めた.
3
) 小病類別に見ると,治療件数ては感冒性疾患が最も多く,次いで肺結核て,
呼吸器疾患が多くて,
ζ
の両者て全体の約 3
0,
%を占めた.治療日数ては肺結核が最も多く"次いて感冒,消化器潰揚性疾患の)/買であ?た.
4
) 月別には治療件数・同数ともに春・夏に多く,秋・冬に少ない傾向が認められた.
5
) 職員 1人当りの治療日数を,乗務員・機関士・線路工夫・事務職の職種別に比較した所,事務殺の
治療日数が他の職種の約 2倍になっている事が判明した.
6
) 職員 1人当りの治療日数を,管理局・主要駅・幹線駅・支線駅・車掌区の職場到に比較した所,管
理局が他の職場に比べて著しく多い事が認められた.
2
6
7
7
) 全職員の年間受診率は 71
.27%で,職場別には特に管理局の、受診率が高し保線区・一般駅員の受
ー診率は比較的に低かった.
5
9
. 某窯業ヱ場l
こがける消化器患者調査成績'
白
井
政
之(日本板硝、子若松工場)
当工場に於げる最近 8カ年の病気欠勤統計ては,消化器疾患による欠勤は年間総病欠日数の 19.1%-19
.
.
7
%に当り,結核性疾患56.0-63.4%に次いで多い.叉昭和 2
9年度年間総病欠件数の内,消化器疾患によ
るものは 37.7%を占めて第 1位である.か〉る疾患に対して我々健康管理者はその減少に努力し,生産の
τ
向上を期せねばならぬと信ずる・その第一段階とし 消化器患者。際昇るものお名(男 3
2名,女 3名〉
を選出し調査した.
¥
彼等はしばしば欠勤したり,診療所を利用す
ρ 者である.此の 3
5名中 3
0名は胃及び十二指腸疾患患者で
ある.とれ等の人々について種々調査検診の結果,1)欠勤率の多い事より,消化器疾患を健康管理に取
上げねばならない事, 2)度々短期間欠勤する者が多い事, 3)工場構成人員の中堅層て職業的,家庭的
にも精神的及び肉体的負担の増加している年令の人 k に多い事,
4
)体格は貧弱で, X線胃透視ではニツ
シエを有する者が多い事, 5) 平均最高血圧が低下している事等が判明した.
6
0
. 北海道における開発機械操縦員の労働衡生学的調査
(
第 2報) 冬期作業についての調査
安倍三史,中野俊彦,中村佐金吾,長谷部春美
広瀬欽也,加須展和麿,村山憲司,山本富也
保中良之,宮下俊彦,加藤
斌
(北大衛生)
昭和 2
9年 5月に開発建設機械操縦員の春期対土作業についての労働衛生学的調査成績を報告したが,今
:回さらに冬期の対雪作業について労働衛生学的調査を行ったので報告する.
0
1
) 労働環境は体感温度一1
4Cの湿冷気象て,雪深は1.65Mの野外である. 2)振動ては,ブルドーサ・
ーが周期も振幅も大で操縦員に不良な影響を与える. 3) ブルドーザー操縦員の芳働強度は強労働であ
り,モーターグレーダー操縦員のそれは軽労働である. 4)操縦員の作業時の皮膚温度は可成り低下し,
ために見掛け上の労働量よりも実質的労働量は増すものである. 5)操縦員は作業により,尿量の増加,
尿中ワロビリノーゲン量の増加,アリッカー値の低下,皮膚空間闘値の延長,算点値の低下,最低血圧の
上昇,脈圧の減少を見る. 6)主観的疲労は身体的疲労よりも大きくその程度はプルドーずー操縦員,モ
ーターグレーダー操縦員の順である.7)操縦員の胃は玄線上,胃下垂,胃拡張が多い様である. 8)酷
寒期に悪天候の下に 1日中雪に桃むブルドーザーの除雪作業は春期の削土作業に比して可成り激しい.
61. 工場労働者の多面的集団検診
(
第 2報
〉
高血圧者に関する成績特に心電図所見
石川
元雄, T
!
i
瀬 護 国 , Jjミ中健吉(日本鋼管鶴見病院)
0
才以上の従業員に対し,多面的集団検診
製鉄工場の 4
(
M
u
l
t
i
p
h
a
s
i
cS
c
r
e
e
n
i
n
gExamination) を試
み,多くの興味ある所見を得たが,その中高血圧者について種々検討して得た成績特に心電図所見につい
て報告する.
1
. 4
0才以上の男子従業員 9
0
9
名(結核被管理者・珪肺並びに塵肺有所見者・粉塵作業者・幹部職員を
験外〉中
1
7
9例 19.8%の高血圧者を見出した.こ〉に高血圧者とは,坐位,左上縛に於げる測定で,最
高血圧 1
5
0
耗水銀柱以上,最低血圧 1
0
0
耗以上を示した者である. 2
. 1
'
[
9例中,最高血圧 2
0
0
耗以上 2
3
例
,
1
8
0
耗以上 2
4
例
,
1
5
0
耗以上 1
2
1例
1
5
0
耗以下て最低血圧 1
0
0
耗以上 1
1
例である. 3
. 年令階級別
2
6
8
に高血圧者検出率を見ると, 4
4
才以下 1
1
.1%,
4
9才以下 19.6%,.
5
4才以下 38;0%,5
9
才以下 44.5%
,6
0
才以
上35.0%である. 叉高血圧者中, 最高血圧 1
8
0
耗以上を示す例の率を上記の年令階級別に見ると,
夫
ノ
セ
12.6%,28.3%,32.6%,3
1
.2%,42.9%である. 4
. 高血圧者 1
6
3
例の心電図検査(標準 8誘導・単極
.
voの12誘導を会例に実施した)を行った結果, .35例, 21.4%の有所見者を見出した.
肢誘導・胸部誘導v
5
0
5
4
才て、は 32.8%の高率であった.個々の所見を見ると,左心室肥大乃至過重
年令階級別に見ると, .
負荷は 1
2
例,内 7例は内膜下傷害を伴っていた.内膜下傷害を示した例はその他に 8例を認めた.其{也,
右脚ブロック 5例,左脚ブロック l例,洞性頻脈 4例,調性徐脈 1例,肺性- p,右心房負荷,I~房フザ
ンメルン・フラッテノレン,等頻度性房室干渉解離,各種期タ卜収縮等の所見を示す例を認めた.
6
2
. 工場労働者の血圧調査(その 3)
秋山房雄
p
我々は昭和 2
8年1
0月以来,
岡県
茂,岡
程治(印刷局東京病院)
印刷局都内工場に働く全従業員の高血圧管理を行って来たが,
1)ては主として高血圧健診の方法と血圧の分布及び高血圧者の p
r
e
v
a
l
e
n
c
eについて,
既にくその
b
(その 2)ては
高血圧精密検査の方法とその結果について述べた.
8
1名について,その後 2年聞の経過,作業条件及び地位と高血圧との関係について報告す
今回は男子 2
。
る.
我々が仮りに設定した高血圧症の程度わけについてみる、ど2年間の観察の初めと,終りでは高度の!
ものほど,血圧の上昇するものが多く,初めの所見が I度ては 15%, 1I度ては 26%,1Il度ては 40%のもの
が血圧上昇を示した.
2
)
ζ れを年令別にして見ると若年者て程度の高度なもの及び高年者て程度の軽度なものほど血圧上昇
を示すものが多いようだあるが,との点については更に今後の検討を要する.
3
) 2年聞の経過観察中,脳血管損傷,心臓障害の症状が発生したもの及び自覚症状が強いため休業し
たもの等は 15名(う ~3 名は死亡〉て,初めの所見が高度のものほど,その発生率が高く,
1度ては1.8-
1
.1%に見られた.この場合,年令との相関は見られないようである.
%
, 1I度では 3.6%, 1Il度では 2
4
) 年令別に高血圧症の p
r
e
v
a
l
e
n
c
eをみると, 夜勤を伴う警備験及び係長以上の監督的地位のもの
は,その他一般作業者 ζ比して多少高い傾向を示すようであるが,これも今後更に検討を要するものと考
える.
6
3
. 高 血 圧 者 の 労 働 能 力 に 関 す る 考 察 〈 第 1報)
山本幹夫,千葉裕典,
山本武彦,宮崎利雄
竹居文子
(順天堂大公衆衛生)
斎藤俊二
(同和鉱業花岡鉱山病院)
近年吾が国の死亡原因は,頭蓋内血管の損傷によるものが第一位となり,漸く,とれら循環器系疾患の,
予防についても注目されるようになって来た.之等疾患の早期発児の重要性は多言を要しないが,この管
理についても,充分な研究がなされなければならない.現在各種職場には,之等疾患にか〉り,当然休養
叉は治療を要ずべき状態にありながら無自覚と,確固たる診断の行われない為,裁に憂うべき状態の者が
相当多数にのぼっている.著者等は高血圧者の健康管理の基礎となる資料を得るため,之に運動負荷をな
し,血圧,脈樗等の変動を見た.即~最も簡易且つ信頼性も高いと考えられる血圧測定により,職場もこ於い
て,普通』こ勤務する 4
0
才以上の労働者で,所謂高血圧と見飲される者について,或種の運動負荷(一段階
段昇降試験
1分間 2
5回
5分間〉を与え,血圧,脈簿の時間的変化,恢復過程を検査し,尚尿蛋自の検
査を行い,その労働能力について考察した.高血圧者群,健常者群のステップアップテストによる時間的,
変動は,両者共,ほ三併行した時間的経過の型を示したが,負荷解除後に於いては,高血圧者群は, 2喜
子
目
頃より急激な下降を示し
3分目ては,陰性相を呈した.高血圧者群と健常者群とでは負荷解除後 t
こ於け
2
6
9
る恢復過程に明らかな相違が見られる.即:;健常者群では負荷解除後,徐々に下降じ,平均約1
03J.て概 t
l
恢復するが,高血圧者群ては,前述のように,負荷解除後 8分自頃より陰性相を呈し, 1
0
7
3
ト後に於いても,
容易に安静値えの恢復は見られなかった.
6
4
. 新聞社印刷作業場に語ける鉛中毒の実態
渡辺
弘,冨田絹子,村山ヒサ子(大阪市立衛生研)
昭和 3
0年 1月より 5月に豆り,大阪市の A, B両新聞社の印刷作業場の空気中鉛塵量及び鉛取扱作業者
の臨床検査を実施した.其の結果は次の如くである.
1
. 空気中鉛塵量〈作業者位置) :
A 新聞社一活字鋳造 19~88 rfm 3 , モノタイプ60~95 rfm 3 , 文選 20~36 rfm 3 , 植字 4 \l ~83r/m3 ,解版 22
~29
rfm
九大混 1
1
3r/m 3 ,
平鉛版69~838 rfm3 , 鉛版26~2334
3
B 新聞社ー活字鋳造 4~6 rfm , モノタイプl10~13
60~1559
rfm3 てある.
rfm,文選 1
7
4rfm3 , 平鉛版 65~436 r
f
m
',鉛 版
3
rfm3 てある.
2
. 臨床検査戎績:
検査項目ー赤血球数,全血比重,血色素量,血液中鉛量,塩基性頼粒赤血球数,多染性赤血球数,網:氏
赤血球数,尿中コプロポルフィリン量,鉛緑,自他覚的所見,薬使中寄生虫卵.
被検者総数- A
新聞社 4
9
6
名
, B新聞社 4
1
7名
,
結果
第 1要注意者(個人衛生的に注意を与えた者〉は A新聞社4
3名 (
8
.'
7%
)
, B新聞社 5
5
名(
13.2%入
第 2要注意者(鉛の影響を受けている者として管理者側て、薬剤投与英の他中毒予防上の処置するを可と
する者〉は A新聞社5
1
名(10.5%),B新開社5
0
名 (12.0%),である.尚鉛中毒者は認められなかった.要
注意者の比較的高率な作業場はA新調社は解版,平鉛版,整版であり, B新開社は給字,解版,整備,大
組,輪転であり,短時間ではあるが高濃度の空気中鉛塵に曝露される鉛版作業は要注意者少なく,最も多
く鉛を手て取扱う解版,給字作業に多い.鉛に殆んど触れないモノタイプに於いては極めて低率である.
尚解版,給字作業員は大部分女子てある.
6
5
. 鉛蓄電池工場に按ける錯作業者の心電図について
長村吉哉,中西芳郎,(日本電池診療所)
従来慢性鉛中毒に於いては動脈硬化症,心筋変性,心内膜の変化等が発生すると云われて居るが,心電
図に関する業績は少なしその変化は未だ明らかにされていない.よって苦々は鉛蓄電池工場の鉛作業者
(第 l群) 3
0
8人,対照例として非鉛作業者〈第 2群)4
2人,合計 3
5
0
人に就いて心電図及び血圧を測定
し,同時に第 1群に就いては鉛曝露の程度及び鉛作業従事年数との関係を観察し,次の成績を得たので,
その大要を報告する.
心電図については第 l群て、は心房期外収縮 4例,房室期タト収縮 1例,心室期タ卜収縮,脚ブロック及び S
5
i
l
t
を認め,第 2群ては心房期タ卜収縮 2例,脚ブロック及び S T降下各
T降下各 8例並びにW J>W症候群 1f
1例に遭遇した.
J
>Q間隔及び QRS間隔には著変が認められなかったが,
Q T間隔は鉛曝露の度に応じてその高度な職
場のものほど屡々短絡を示しその軽度な職場のものほど反対に延長を示すものが多い.叉鉛作業従事年数
との関係については年数が長いものほど Q Tは屡々短縮し,稀に延長するが,従事年数が短いものでは延
長ずるものが多い.
血圧については,螺露程度の高い職場ては高血圧が少なし低血圧が多く,その爆霧程度の低いもので
は越を異にして高血圧が多く,低血圧が少なくなる傾向を証明した.而して鉛作業従事年数が長いものに
は低血圧が多く,叉短い者では高血圧が多数を示す傾向を認めた.
要するに鉛作業者の心電図ては Q Tは短縮を示し,その頻度は鉛摂取が高度と思われる者に高く,その
摂取が軽度と思われる者ては低いことを認めた.市して前者の場合には低血圧が多い傾向;J'見られた.
2
7
0
6
6,
鉛作業者に対する
Ca-EDTAの 内 服 効 果
西
野
俊
策(岐阜医大公衆衛生)
Ca
・
EDTAの内服が,就業中の鉛作業者に対して如何なる影響を与えるかを検討したのてその結果を報
告する.
Ca-EDTAは邦産クレプトン錠を一使用し,観察期聞は 60日間,投与量は 1日1.5g乃至 3.0gとし
1
群は持続投与,他の l群は 1
0日間毎に間欧的投与を行った.
被検者は鉛製煉工場の各種作業者 1
6名て投与前症状の軽重,作業個所の空気中鉛量の多少,の 2条件等
0日目毎に一般的な検血及び検尿を繰返し実施した.
を考慮して選定し, 1
その結果,持続投与と間歌投与の聞には特に効果の差は見られなかった.
ーハ去は,約半数!と軽度の恢復が見られたに過ぎなかったが,塩基性穎粒赤血球の減少は著明て,
寸""\,.~
こは
1例を除いて全員に赤血球1000個中 O
の成績であった.
尿中コプロポルフィリンは,両群共に一定の傾向はなく,白血球像にも一定の変化は見られなかった.
叉作業個所の空気中鉛量の多少による
Ca-EDTAの効果の差は見られず,高濃度の個所て作業した相
当著明な潜在性中毒者ても有効なものがあった反面,所謂吸収者及び作用者であって,気中鉛量の少い個
所にありながら,却って貧血の軽度の尤進を来した者もあるが,此の理由に就いては更に検討を要する.
内服の副作用として挙げられている胃腸障碍を起した者は 4例に及んだが,いずれも内服を中止しなけ
ればならない程度には至らなかった.
6
7
.
工業鉛中毒の薬剤による予防と治療
(その
5)
作業場に於ける
Ca
・EDTAの 集 団 経 口 投 与 効 果
堀内ー踊,大和田国夫,堀口俊一,長尾美昭
岩滝典生,上回貞二,平山昭夫,和問
弓削
望
昌子(大阪市立大衛生・公衆衛生)
昨年の本学会に於て, C
a-EDTAを健康男子及び鉛作業者各 2名に経口投与した例について報告したが.
今回は鉛作業者に集団的に且つ長期間経口投与した場合の成績を報告する.
0名に昭和 3
0年 6月から毎日
某蓄電池工場の鉛作業者約 5
Ca-EDTA錠剤1
12.0gの経口投与を開始し,
0
名を選び,上記と同様の方法て昭和 3
0
他方某故鉛精錬所の作業者のうちから潜在性鉛中毒と思われる者 1
年 7月から投与を開始し,何れも現在尚継続中である.
投与前及び投与開始後逐次的に,血液所見,血中及び尿中鉛量,尿中コプロポルフィリン量,その他の
臨床所見について検査を実施している.
現在まて、に判っている結果は次の如くである.
1
) 蓄電池工場の鉛作業者に於ては,赤血球数, Hb量 l
こは著しい変動はみられないが,労働条件の悪
化する夏季に於てもこれらの減少傾向が認められない.故鉛精錬作業者に於ては,服用開始 2-3カ月後
に,赤血球数, Hb量のかなり著しい増加傾向が認められる.塩基性穎粒赤血球,網状赤血球,血液像に
は投与前後に於てさしたる変化は認められない.
2) 全血中鉛量は若干減少傾向を認める.
3) 尿中鉛量はや〉変動が大きいが,服用数カ月後には一般に減少傾向を示すように思われる.
4) 尿中コプロポルフィリン量には著しい変化を認めない.
5) 頭痛,関節痛,便秘等の自覚症状の軽減が認められる.
6
)
Ca-EDTA服用中,軟便傾向を示す者がみられる.
271
〉
. マンガン鉱山調査成績(第 4報
8
6
西山敬太 郎,土居 E洋 , 松 家
越智
豊,上田豊晴
(徳島大第二生理・衛生)
宗,鈴木幸夫
名について,自覚症状,他党症状,血圧,礎反射関値,握力,背筋力,
愛媛県某マンガン鉱山従業員 100
号伊-♂.
g
E
培
n
昭
i
m
Ei
脳
市活量,呼吸停止時間
E
し
て比較検討し,その一部は第 7回日本産業医学会四園地方会に発表
とにわけ
健常者群
者群と,
る要注意
ミ.
J
血清 Ca量,血清コバルト反応,
今回は全員の赤血球直経,白血球分類成績,要注意者群の一部について
尿ウロピリノーゲン等の検査成績を発表する.
) 赤血球直径は両群に業合認、山入
1
.;_~.:<,;..>;
'
.
t
,
.
2) 中性瞥好 性白血球 除要注織 群が縫持 活若手よ 掛かを示 した.
) 血清 Ca量は僅か乍ら低値を示す者があった.
3
リノーゲン陽性と桔倹って肝実質障碍
4) 血清コバルト反応、は左側陽性を示すものがあり,尿中ウロピ
のある事を疑わしめた.
. 燐骨痘の実態に就いて
9
6
村
野
孝(労研第一病理)
0
を行い 1
名の作業者の精密口腔検査,レントゲン検査,数名の血液及び尿の検査
2
0
燐酸工場に於げる 2
頚
痘に依る
例の燐骨
0
1
生した
年聞に発
年以来初
4
1
名の要注意者を発見した.更に過去にさかのぼって大正
骨切除手術者の所見を観察し 7~・0例
署に散発して居た. 1
0名は発生部署別には精製部 5名,燐酸部 2名,電炉部 8名て各部
過去の擢患者 1
切除手術をした者 8名,部分的歯
は全部下顎骨を犯され,その範囲が全下顎骨に及んて、居る者 2名,半側
) を呈し顔面の切痕
t
h
c
i
s
e
g
l
e
g
o
v
(
貌
るった. 全下顎骨に汎る切除者は烏
槽骨除去手術を受けた者 5名て、 J
である.部分的切除者は口内子術の
はみにく〉しかも明らかに残って居た . ζ の点は半側切除者ても同様
回復して居た.半側以上の除去手術者は
みであるから外面に切痕はなく義歯による阻しゃく能力も大体
1竿 8カ月が最も長かっ
カ月が最も短く 3
全く阻しゃく不可能の状態て、あった.発病迄の就業年限は 2年 6
jしい歯痛を以つては
も最初頭
0才代 8名であった.何れ
0才代品名, 4
,3
0才 2名
, 2
才 1名
l
¥
た.発病年令は 1
難治癒性の顎骨ノ骨髄炎と誤診され
じまり抜歯後も疹痛去らず排膿続き次第に隣在歯に及ぶのを常とする.
熱性?こ経過する型と高熱悪寒戦深
易く為に燐骨症と決定する迄に数名の医師を転移した者が多かった.無
強い型でみると思われる.現在の
を伴う型とあり,後者は化膿性炎症型の強い型て敗血症への危険性最も
アルブミン減少し,グロプリンが
作業者に於ける一般的所見としては燐作業者は非燐作業者に比べて血清
名の要注意者を指適したが歯科衛生管理が充実
0
増量して居る事が注目された.口腔的所見にもとずいて 1
われる.
して居れほ早期発見が可能であり早期部分切除てすむ例が多いものと思
. 硫酸工場における E硫酸ガス曝露による生体の影響に就いて
0
7
片
山
徳
寧(九大衛生,宇部興産医務室)
,ガスに, 常時曝露されている硫酸課従業員
木硫安肥料工場における含硫黄石培焼ほより発生する 80
について,生体に及ぼす影響を調査した.
0%.
) 尿中ワロビリノーゲン反応、陽性者は,約 6
1
) 最高血圧値は,原料部門,事務部門ては,勤務年数の浅い青年
2
って高い.
層が,それの長い壮年層よりもかえ
し,血清比重は正常範囲内てある.
い値を示
) 血液て、は,宏、・白血球,並びに,全血比重は,共にや〉低
3
272
白血球は,好塩,好酸球には変化なく,梓状核好中球の増多と軽度の淋巴球の減少を認めた・
日'emato
・
c
r
i
t値は低い.
4
) ヴ反応陽性者の中より 3
'1'名?について,血清による肝機能検査を実施した.高田反応,チモール混濁
反応,ブロームサルファレン試験,血清ピリルピン量においては,肝障害と認、むべき変化はなかった.唯
血清コリンエステラーゼ活性値の低下が 3
5例中 1
2倒 (
3
4
.
2%)にみられた. 長期勤務者の血清蛋白分劃
AfGについては,低値を示したもの 4
2
例中 1
4
例 (33.3%)である.か〉る点より,亜硫酸ガスに曝露され
ていると,軽度ではあるが肝障害が起ることが考えられ,ウロピリノーグン代謝と自律神経の異常尤進の
可能性も考えられるので,今後追求すべき問題かと思う.
5
) 長期勤務者(勤務年数 1
0カ年以上)3
9
名の肢誘導心電図を撮影し,それらに運動負荷試験を行い,
負荷心電図と比較した.その主なる所見は(i) STrrr,T
r
r
r明 円 秀 知 , j
i
i
) 肺性 P叉は Prの増
加は例), (
i
i
i
) Sの増深 (6例
)
, (
i
v
) Tの滅高 (3例
)
, (
v
)
.,何 瞬 時 延 表 (2例〉である.
眠、:,:_<,.,~},ぐ',7 ~-~:守主主~'(-}}~荷主j. ~
7
1
. 吹付塗装工の検診成績,特にベンゾー}j..中毒判定上の問│点について(第 2報)
上
岡
大
衛(大阪鉄道管理局保健課)
前報において,吹付塗装工 6
3
名の検診成績について,ベンゾール中毒判定上の問題点,特に時系列的考
察の欠くべからぎること,及び Pattyや Hamiltonの所謂 regenerativea
c
t
i
v
i
t
yによると思われる幾
つかの注目ナべき事例を挙げておいたが,爾後引きつヌき検診を行った結果,次の諸点を明かにすること
が出来た.
1
) 勤続年数 1
0年毎に会げた群別の血色素量,赤血球数,及び白血球数その他の平均値の変動聞に有意
の差は認められない.
2
) 第 1回検診において赤血球数 4
0
0
万以下,若しくは,白血球数 5,5
0
0
以下のもの〉経過を追うと,
必ずしも一定の経過を取らず,かなりの動揺値を示す.
3
) 第 1回検診において,白血球数 9,0
0
0
以上のものは,その後白血球減少症を来すものが少くない.
4
) 要療養者としてメルチオ=ン B
'
2を以て治療したもの L うち, 32年勤続出才の貧血患者は貧血容易
に恢復せず(白血球数はかなり動揺値を示す), 1
5年勤続 2
9
才の白血球減少症 (
2,
9
2
0)患者は白血球数の
恢復はかなり著明で,赤血球もまたよく動揺値を示した.
5
) 第 8回検診の要注意者,要療養者中,第1, 2回検診において異常所見を欠くものが甚だ少なくない.
7
2
. ベ ン ゼ ン 曝 露 者 の 呼 気 中 ベ ン ゼ ン 濃 度 に つ い て ( 第 1報
〉
原
郎(大阪府立労研磯業病研)
体内に吸収されたベンゼン(以下 Bと略す〉中,相当多くの部分は呼気中に排泊されるから,呼気中 B
濃度の測定によって, B曝露の程度の推定が可能であろうと考えられる.
そこで,ラッカーベイント製造工場の B作業者について,呼気中 B濃度・尿硫酸比・作業場空気中 B濃
度・作業時聞の測定を行った結果,次の成績を得た.
1) 呼気中 B濃度の時間的経過: 始業前には o
叉は痕跡程度であるが,時間の経過と共に増加し,午
前の終業時には 4-13p
.
p
.
m
. という値を示ナ.昼休後には概ね 20-60%の低下を示す.午後の作業再聞
により再び上昇し,終業時には 3-12p.p.m. を示した.なお昼休及び休憩時間後には,多くは休憩前値
より低値を示すが,かえって上昇を示ナ例もある.
2
) 拘束時間内に作業者がさらされている空気中の B濃度の平均値は,シンナー場・ロ}ル・溶解では
約
'
1
'0-85p
.p.m.であり(高濃度部署),混合・調色・下地溶解等では約 30-50p
.
p
.
m
. (低濃度部署〉で
あった.
3
) B曝露程度と呼気中 B濃度・尿硫酸比の関係:終業時呼気中 B濃度は,上記高濃度部署ては'1'-12
p
.
p
.
m
. であり,低濃度部署て、は 3-6.p.p.m.であった.尿有機硫酸比は,高濃度部署では 13-24%,低
?
I
汐
濃度部署ては 6-23%であった.
以上,少数例の検討であるが,呼気中 B濃度は B曝露の程度と密接な関係があり,測定も簡単であるか、
ら
, B曝露程度の示標として極めて有効なものと考えられる.
7
3
. 合成化学工業の職業病に関する研究
(その 4) 新 Lい有機溶媒 TetrabydroJtiran による中毒症例
堀内ー繭,堀口俊一,長尾美昭,和田
平山昭夫
望
(大阪市立大衛生,公衆衛生)
某大学の高分子化学教室に於いて,紡糸実験に従事している研究員が種々の自覚症状を訴え,払どもの,
教室に健康診断を依頼された.そとて諸種の臨床医学的検査を行ったところ,白血球数の減少,その他む
自他覚所見を認め,
ζ
れは実験に使用している有機溶媒 T
etrahydrofuran'(THF),に原因するものでは
あるまいかと考えて,治療を施とす?と共に臨床医学的検査を続けて経過を追及した.
台に達する白血球数の減少で,白血球像は好エオジン球の増加をー名に認ー
最も著しい所見は 2000-3000
める以外は特記すべき変化なく,赤血球数, Hb量,異常赤血球等にも著変を認めなかった.叉尿ウロピ
リノーゲシ陽性を示す者があり,肝機能検査で一名にや〉異常値を認めた.自覚症状として不眠,疲労感少
胃部膨満感,腰痛等の訴えがみられた.
,ビタミン C等の投与を試みたどころ,数カ月後に
治療法としてチスチン製剤,ビタミン B山肝製剤U
漸く白血球数の増加,自覚症状の軽減を認めたJ
THF~ま最近
Reppe 反応により安価な溶剤j として使用出来るようにたったもので,高分子の塩化ポリF
ビニールその他難溶性の有機物をよく溶かす性質がある.今後広く使用される可能性があり,従ってこの
ものによる中毒発生の危険は充分考慮する必要があると思われる.
7
4
. 合成化学工業の職業病に関する研究
(その 5) トリクレン中毒について (2)
i
堀内ー顕,藤井
徹,小島信治,岡本陽一郎(大阪市立大衛生,公衆衛生〉
昨年度の当学会に於いて,私共は某工場て比較的長期にわたり, トリクロルエチレン(トリクレン〕に
よる洗襟作業を実施して居 Q作業者につき引き続き健康管理を実施したが E その聞の調査結果の 1都につ,
いて報告する.
(
1
) 各作業時に於げるトリクレンの空気中濃度を測定し,あわせて作業時間調査の結果より平均空気
'
1.
5
6p
.
p
:
m
.,小型構作業ては 19.45-9.82 p
.
p
.
m
.,大型構作業て
中濃度を求めた結果, 蒸溜作業ては 3
は 11
.52-6.92p
.
p
.
m
.であった.
(
2
) 作業者の血液及び尿検査成績は読査期間中トリクレンの影響によると思われる様な著明な変化は
何れも見られなかった.
(
3
) トリクレンのトリクロル酢酸としての排濯は比較的迅速で排池量の日変化を調べると作業当日よ
りも第 2日目に排池量が最高で以下急激に減少する傾向が見られた.
(長) 1週間蓄尿によるトりク戸 J
v
酢酸の 1日平均排池量と,
トリクレンの空気中平均渡度との聞には
一定の関係が存在する様ζ
:思われるが,例数が少いのて、決定的には断ぜられない.
7
5
. トリクロー J
[
.エチレン作業者の健康
松
藤
元(国鉄保健管理室)
2工場のトリクロールエチレン作業者 3
0
名を調べ,作業場の空気中に於げるトリクロールエチレン量を
測った .1工場に於いてはトリ濃度は 1
2
0
p
.
p
.
m
.のことが大部分であったが,他の工場ては多く 2
0
0
0
p
.
p
.
m
.
~74
m
g
/
d
f以下てあっ1((
/
1
:赤泊球数,、白血球数,血球素量,
;~ζ近いととも少なくなかった.血中のトリ量は 1
h
マトクリ-:y!-,チモール淘濁反応,白血球像な どには持政!述ぶべき異常はなく i尿中トリクロール臨酸
l
0mg/dl 以下であったが,血清尿素量jß減少じて \1',:;9 者"尿!7Í7ど :9.!'~手グン量が増加している者
量も 5
が若干いた.
7
6
. パラチオン撒布作業者の衛生学的研究(其の 1)
猿問南海雄,山口誠識,石西仲,谷
織1
3
1信十郎,乾
昭
,
正敏,渡辺正明,長谷川健
(九大衛生)
福岡県筑紫郡築紫部落に於げる二化期めい虫防除に対ナる P
arathion集団撒布に際して,各種調査を
行うと共に,血清 c
h
o
l
i
n
'
:
f
j
s
t
e
r
a
鵠活性値,尿中 P
a
r
a
n
i
t
r
o
'
凶e
n
o
l量測定,及び自覚症状調査衰を基と
して,防除作業と Pa
,
r
a
t
h
i
o
n中毒との関係を調査する一方; Pr
obant
l
:
r
泊eを使用してその予防的効果を
検討したので,これを第一報,第二報,に分けて報告する.
(1) 本作業は 8月2
5日より 2
8日の 4日間に亘り,撒布面積 1
1
町 9反,延人員 1
1
0
名であった. (
2
)作
業時間,濃厚薬剤曝露時聞を調査したが,後者は特に男子壮青年者に偏重する傾向があり, 品目間累計て
最大 5
3
5
?
},最小 4
5分てあった. (3)作業員の服装は軽装て作業員 4
3名中,素子裸足の者が約半数に及
び,作業方式は中毒予防的方式でなくト作業能率を主体にしたものてあった. (4)尿中 Pa
.
r
a
n
i
t
r
o
p
h
e
-
nolは作業後必ず排継されるのを認めた. (5)血清 c
h
Q
l
i
n
e
s
t
e
r
a
s
e活性値は作業後,大多数に於いて
減少する、も,
個体差の太なる事が観察さ'れ,
作業後→夜にで幾分恢復するのが大多数に於いて認められ
た .(6) 自覚症状として,頭痛,多汗,疲労倦怠感,腹痛下痢等が主に観察され,重篤な中毒を起した
者はなく,一夜にて恢復する程度であった.
7
7
. パラチオン撒布作業者の衛生学的研究(英の 2)
猿問南海雄,山口誠龍石西仲,谷
織田信十郎,乾
昭
正敏,渡辺正明,長谷川健
(九大衛生)
Parathion撒布作業者の衛生学的研究の第二報として,調査測定項目の各々に於げる関係を観察して報
告する.
(
1
) 中毒症状と薬剤濃厚曝露時間との関係については,相聞を認め得なく,個体差の大なる事が窺わ
れる. (2)尿中 P
a
r
a
n
i
t
r
o
p
h
e
n
o
l量と血清 ch-E活性信とは逆相関が認められた. (3)血清 ch-E
活性値の増減と中毒症状の関係に於いては,前者の減少小なる被検者に自覚的中毒者を出したのに反し,
大なる減少を示すものに自覚的中毒者はなく,一見矛盾する結果を得た事は今後の研究調査にまちたい.
robanthineの効果を一応認めたが,而し猶今後の研究調査が必要てあろう.
(4)中毒予防薬として P
(5)本調査の Parathion 集団撒布は作業能率を主体としたものであったが,幸に重篤中毒患者の発生
を見なかった.而し今後発生するであるう中毒者防止の為に中毒予防の教育指導が必要である.
誌. 7
8
. パラチオン農薬工場の空中濃度と衛生管理土の諸問題
上問喜一,高橋
謙,植松
稔,高田
島(慶応大衛生,公衆衛生)
g
)
パラチオンを農薬に加工する工場て最も空中濃度が高く,危険な作業は粉剤(1.5%)を袋詰 (3k
t
こする職場である.昭和 2
8年以来 6ケ所の工場を測定して, 2
.
0
5
0
.
1
7mg/m'の値を得た. 0.7-0.8
mg/m3以上の不良工場では有機ガス用防塵マスクを着用していても毎夏 2-3人の重症患者を発生した
3以下では殆んど重症中毒は稀であった.
均
三 0.5mg/m
発塵源は;a
)袋詰機, b
)再秤量, :
c
)袋口折りにあるが,器具と局所排気の改良により乱)の原因は大いに減
勿5
・
少したが b)及 c)は自動化されていないので局所排気に期待するほかはない.硝子叉は合成樹脂製のフードー
を胸の位置迄下ろし,その下て作業し,上昇気流をフード中に吸引するように指導したと ζ ろ,フード内ー
3
側は0.58mgfm
てあるのに,外部ては O
.l
'
imgfm'て著,しい改良が見られた.
ご注意すべき点は夏期高温時は乳剤,粉剤j
いづれからもパラチオン蒸気が発散するととて,例えば気
次k
00の作業開始前の濃度は 0.45-0.52mgfm',却って作業開始後は0.2mgfm3 に低下した.従って真一
温3
0
空掃除器により常に机上,床上に粉塵の貯留しないように掃除することを勧めた.
医学的管理上からは血竣コリンエステラーゼ値 (
C
h
E
)がやはり最も信頼度があり,血媛 ChcE値が 5
0
:
0
%低下以内に保.つよう職場転換を計れば中毒は発生しなかった.しかし或る日に偶然多量の吸収が行われ
た時は危険であるが,朝の定期検査ではつかめない.作業後の尿中パラ=トロフエノールは前記の突発的曝
露を知るにはよいが,日常作業の範囲の曝露ては排出量の動揺区々で Ch-Eとの相関は認められず日常の・
衛生管理上の Ch-E値に優るとは考えない.
3
は不良工場,0.45-0.2田Eは中級工場て活性炭を有する防塵マスクを:
.
5mgfm
空中濃度から考えて 0
3
0
.
2
m
g程度てはガーゼマスクて充分であると考える.米国て仮に定めだ恕限度。 .lmg7m
と:
ほ三一致する成績を得た.
必要とし,
7
9
. 電線異物(寵〉に就いて
古
谷
浩
通(昭和電線電らん診療所)一
電線製造過程中に極細線が相当の速度にて巻き取る作業(1分間 2,
0
0
0-2,
5
0
0廻転 )
J
W:lS線芯巻攻作業
に於いて,線の断裂及び終末の際の断片が飛散し皮膚を透過して軟部組織に陥入ずる例を数例観察し得た
ので滋に報告する.之等は勿論露出部即:lS顔部,手指及び前縛に陥入留置し本人は気付かず且つ自覚症も訴 i
えなかった.此の線は太さ約 0
.
0
1
6
m
mてエナメル線と裸線とであって共に銅線の極細線である.前者は焔 s
入後襲撃曲叉は屈曲する傾向が多く,後者は殆んど直線状の原型のことが多い.之は製造工程上弾力性の相 J
遠に基くためである.
現在迄に 7名(男 3,女4)を認め尚同一職種に就いて検査中てある.最初発見したのは顔部に陥入した
者の内の腫脹化膿し異物感を触知した者にレントゲン検査を行い,その結果偶然発見し摘出術を行ったも
のである.其他は同一職種の者に顔部及び両手のレントゲン検査により発見した者である.何れも自覚症:
は認められなかった.レントゲン写実による発見部位は 7名中の異物総数は,顔部及び右手が各 5個,右前;
勝に 1個て左手には認められなかった.右側に多いのは作業の性質上肯定てきる.機能障碍としては幸に
こは当然限球内異物として著しき障碍を賂し災
も認められなかつなが,限部に陥入ずる危険がありその際t
害補償の対照となることは考えられる.之が対策としては露出部を少くすると共に,該装置に風洞用防禦ー
ガラスの如き遮蔽物の設置を痛感する.
以上の電線特に極細線の製造過程中に相当の速度を伴う擦に起る司き特有の職業性民患と考えられる.
特別講演
窯業の労働衛生に就いて
鯉
沼
茄
吾(名古屋大学医学部教授)
所謂瀬戸物の製造ヱ場を主とし,とのほか碍子,煉瓦,硝子などの製造工場を対象とし,職業病其他労‘
働者の健康障害をとりあげ,その矛防対策の現状について述べる.
職業病中最も重要なものは,窯業原料の珪砂,磁土,長石等の粉塵の吸入による慶肺である.叉鈴中毒ご
はてん薬として用いる鉛顔料粉塵の吸入により発生する.
小規模の陶磁器工場ては手作業が広く行われるため上肢の骨異状が起り,叉不良姿勢による脊柱湾曲も
ある.硝子吹工には吹管による歯牙の傷害,口腔の変化がみられる・
“2
7
6
'之等の諸障害に対する労働衛生上の対策としては,作業方法の改善,除塵装置,硝子吹管の改良などが
行われているが,中小工場に於いては施設の改善に困難があり,塵肺対策としての作業転換の如きも困難
・を伴うものである.
高B 会 報
止包
Eコ
.
8
0
. 謹舶部会報告
大
林
治
男(新三菱重工神戸造船所)
ち1
. 硫安部会報告
長谷川亀雄(日本硫安工業協会)
8
2
. 表鉱部会報告
石
西
進(三井産業医研)
I 太部会に於いては昨年総会以来炭山に於ける家族計画の実施並びに調蓋と炭山花於げる珪肺に関す
る研究特に炭山に於ける珪肺と肺結核の合併症の経過を各地方一定の方式に従って調査を行っている.
此等のテー?に着手してより目も浅く来だ詳細な結果は得られていないけれども概況を報告すれば次の
ー通りである.
E 炭鉱部会各支部の活動状況.
炭鉱部会は北海道,常盤,宇都,九州の四支部に分れ各支部の実状に依って研究会の開催方法は異なって
いるけれども九州支部に於いては宇部支部と合流して毎月一回珪肺を中心に研究会を行い特に珪肺のレン
トゲン写真の見方,知識の向上と珪肺法に関する実施方法に就いての検討と調査研究ヒ就いての項目を決
J定した.
家族計画に就いては資料の作成と実施方法に就いての検討を行った.
E 家族計画に関する中間報告.
各支部に於げる家族計画を各事業所に於いて機構を制定して本格的な活動に入っている.
英の効果をあげたのは常盤支部であって其の業積は次の通りである.
常盤炭鉱盤城鉱業所の例
備
昭
2
7年
r
考
このモデソレ地区の成
果 に 基 き 昭 和3
0
年度
は 全 地 区4
1
4
8
世帯に
実施中
昭 2
8年
昭 2
9年
尚九州支部に於いては出産,流産,妊娠中絶,避妊手術等に関する調査を行って次の様な結果を得た.
(
1
) 某炭鉱勤務者に於いても一般社会に於げると同様に欲しい子供数は一応 8名である事が常識化し
ている.
(
2
) 現在出産数は漸次減少しつ』あるがとれは大部分流産,妊娠中絶の為である.
(
3
) 流産,
妊娠中絶,
避妊手術等婦人科的処置を受けた主婦の平均年令は昭和均年ては大凡 3
1
才で
守ある.
(
4
)
ζ
れら婦人科処置を受けたもの >'70-80%は3
5才末満である.
(
5
) 3
5才末満者は尚高率の妊娠可能性を有しているものであるのに,
平均子供数は既に 35-30才て
_
2
.
8
人
, 30-25
才て 2
.
1人て欲しい子供数に対しては飽和に近い状態にある.
277
(
6
) 従って今後は出産数は更に減少するであらうが,婦人科的処置に依る出産回避は急速に増加する
であろうと想像される.
(n 昭和 2
9年に於げる出産者の 86%は子供数 2名以下〈即 b出産て a
名となったもの〉である.出産
のため子供数が 4名以上となったものは 14%である.
(
8
) 婦人科的処置に依る出産回避には法的制限があるので欲していないものでも出産せざるを得ない
ものが可成生ずると考えられる.
以上の家族計画に関する基礎的調査を得たので家族計画の重要性と実施に際しての摂拠を得たものと思
う.
l
V 珪肺に関ずる中間報告.
炭山に於ける珪肺は今迄報告されている金属山に於げる場合と比較して多少異なる所があるので各地炭
山に於ける該当者を一定の調査票に依って調査を行っている.本会迄にまとめる事が出来なかったが九州
地方に於ける調査を綜合すれば.
(
1
) 炭山に於いては母岩の無水珪酸の含有量は 70%
以上の所もあるが多くは北海道,九州に於いては
20~30% の所が多く金属山に比して低珪酸塵の所が多い.
(
2
) 珪肺発生年数も多くは十年以上の坑内勤務者に初めて第一型が表われ第三型を示す者は稀であ
る.而も経過は緩慢であって第四症度の者は多ては肺結核を合併せるものが多い.
(
3
) 無水珪酸の含有量に依って左右せられるけれども珪肺法の基準に依れば疑わしい者を除けば平均
7~8% の発生率の様である.
(
4
) 特に興味深い事は金属山に於いては肺結核を合併せるものは予後不良であるが,炭山に於いては
肺結核が軽快ずる症例が少くない事は注目すべき事であって,部会として此等の症例に就いて特に謁査を
進めている.
(
5
) 炭山に於いては勿論炭肺と合併しているのであるが,文献には炭山に於いては機能障碍はレント
ゲン写真に比して強度であると云われているが此等に就いても部会として綜合的調室を進めている.
(
6
) 何れにしても「レ」線写真が研究には重要な条件となるので「レJ線写真の条件を一定にする事
s
が大切である.本部会に於いては最も優秀なレントグンカーを購入して各炭山を巡回撮影し各地炭山の
『レ」線写真を一定し逐年的の経過と機能検査を平行して炭山珪肺の特異性を研究する事に着手した.
8
3
. 機械部会報告
泉 谷
8
4
. 其他
博俊(名大衛生)
2
7
8
シシボジウム
議題: 医学と工学の側から見定動車対策
司会
t
v
勝木新次(労働科学研究所繭所長)
総括的報告
1
. 建築工学における塵壊問題
1~
藤
鑑(国立横浜方建築診
1
. 建築工学分野における塵挨問題:
(
1
) 都市計画と都市塵挨一公害問題.
(
2
) 一般建築の慶挨問題一事務所建築,興業場建築,等/.(.
(
3
) 工場建築の塵挨問題一製品のための除慶工場,衛生上の除塵工場,無窓工場等々.
2
. 技術的にみた上記 8問題に対する除塵対策の問題点:
(1)都市計画対策.
問題点,
(i) 都市道路問題.
I (ii)
用途地域制の再検討.
I(
i
i
i
)
公害対策の諸問題タ
‘
(
i
v
) 緑地拡大対策.
(
2
) 一般建築対策.
自然換気上の問題点.
f(i)
自然換気予測技術の確立.
l(ii)
自然換気可能な限界.
機械換気上の問題点.
機械換気訟の分類.
i…
第 1種換気法: 給排気機械化.
第 2種換気法: 給気機械化,排気自然.
第 8種換気法 7 排気機械化,給気自然(甲,乙) .
(i) M l t
(
i
i
) Duc
t内慶換の問題.
の問題
(
i
i
i
) AirD
i
s
t
r
i
b
u
t
i
o
n,DustDi
s
t
r
i
b
u
t
i
o
n
、
U
v
) E
l
e
c
t
r
o
$
t
a
t
i
cAirCleanerの問題.
(
3
) エ場建築対策:
自然換気上の問題点.
i
(
i
)
I
I
鉱山問題
(
i
i
) AirD
i
s
t
r
i
b
u
t
i
o
n,FlowD
i
s
t
r
i
b
u
t
i
o
n,DustDis
t
r
i
b
u
t
i
o
n等の問題
(
i
i
i
) 自然換気予測技術の確立.
(
i
v
) 自然換気可能な限界.
(
v
) 補助換気法 (Hood,Chimny,V
e
n
t
i
l
a
t
o
r
)
.
m
ば
e
s
v
d
gw
恥M
X
u
a
E
H9
所
局
法
気
d
' ・
・
・ ・
機械換気上の問題点.
Eea'EE E
(
a
) CaptureV
e
l
o
c
i
t
y (Tr
a
n
s
p
o
r
tVe
I
.
)
.
(
b
) 局所排気可能の限界.
h
279
〔不可能の場合〕
{現況一自然換気法に戻る一不合理.
l理想一{第 8種叉は第 2種換気法え.
l第 1種換気法え.
1
(
i
i) 第 8種換気法
(2) と同じ
(
i
i
i
) 第 2, 1種換気法 j
3
. 工場建築技術家の技能の現況に関ナる注意:
4
. 経営者側に希望する:
2
. 我国の金属鉱山にがける粉塵防止対策の実態
w
ハ
矢野
達雄(日本鉱業協会)
(1)緒言:
金属鉱山に於いては古くかち特殊な職業病として珪肺症があり,その対策に頭を悩ませて来た.
過去に於いても足尾,佐渡等の鉱山に於いて珪肺症の研究が行われた事実があるが,特に戦後は金属鉱
1月には日本鉱業協会内の専門委員会として粉塵防
山業界の重大問題のーっとして取上げられ,ー昭和2
4年1
止委員会が設けられた.
爾来同委員会ては内外の文献を集め叉我国に於げるその途の権威者の意見を聞き,他方鉱山現場に赴い
て諸種の防塵方法化っき実地研究を行って来た.
而して委員会発足当時の粉塵作業場の実態に比較すれば,現在に於いては飛躍的に改善されたと信じる
ものであるが,なお未解決な点もあり且つ叉より一層の改善も必要であるので,と〉に現場の実態を述べ
て御批判を願い,皆様の御協力によって近き将来に珪職症の発生する怖れのない職場態勢を確立したいと
念願する次第である.
(
2
) 現場の実態:
(2. 1)金属鉱山に於ける珪肺患者数.
(2.2)金属鉱山に於ける作業場の発塵状況.
(2.2. 1)作業場の粉塵状況.
(2. 2. 2)作業別発塵状況の数例(附.発破後の粉塵状況) .
(2. 2. 3)作業別発塵量と作業時間との関係の数例.
(
3
) 金属鉱山に於げる防塵対策実施状況(附.鉱山保安法の規定条項〉
(3. 1)作業の湿式化.
(3. 1
. 1)湿式さく岩機の効果.
(3. 1; 2)スプレイの効果.
(3. 1. 3)湿潤剤.
(3. 1. 4)作業の湿式化の進渉状況.
(3. 1. 4.a)湿式さく岩機の使用状況.
(3. 1. 4.b)さく岩機えの給水施設.
(3. 2)乾式収塵器.
(3. 2
. 1)足尾式収塵器.
(3
. 2.2) ケー=ツヒスボルン型及び宝式収塵器
(3. 2
. 3)サイクロン式収塵器.
(3. 3)発破後の粉塵対策.
(3. 4)防塵マスクの使用.
(3. 5)通気対策.
(3. 6
つ測定器の改良.
(
4
) 今後の研究問題:
280
(4. 1)湿潤剤の研究.
(4. 2) さく岩機の改良.
〈岳. 3)発破後の粉塵対策.
〈ι 4)通気対策.
〈ι5)測定器の研究.
(4. 6)その他.
(
5
) 産業医学界えの希望:
3
. 工場I
こ捺ける防塵対策の実態
渡部五百友(日本鋼管川崎製鉄)
工場衛生は画期的な労働基準法が公布されて以来一段と発展し,衛生上有害なものは何か,それらをど
うして見出だすか,作業者に対ナる影響はどうか,という問題にとりくみ,最近それではどうやって対策
をたてるかと云う点に関心が強まってきたのは必然の筋道のように思われる.どうやって対策をたて推進
するか? とれにはいろいろな点て今迄にない困難さが伴う.とれについて題自に沿いながら,私の小さ
な経験から気のついた二・三のととにふれて報告にかえさせて項く.
1
) 多方面との協力を要する J
点.
防慶対策の一般的方法(表示略〉を参照しながら一つの作業場の防塵対策をたて〉推進するには種々配
慮せねばならぬ点が指適されるが,こ〉てはそのーっとして多方面との協力という点をとり上げる.防塵対
策は経営者,工学技術者,現場作業者及び衛生管理者の完全な協力があって初めて成功する.との協力の
しかたは工場の実情に応じて異なるであろう. (例示賂〉しかし一般的に云って,医師の衛生管理者側か
ら述べるなら,その職場が健康を保証するものか否かを判定し,その趣意を周知徹底し,対策の為の多方
面の協力を組織運動化する.そういう協力のしかたをすべきと云えると思うがどうであろうか? 特に施
設を設置する方法による防産対策には工学技術者との協力が不可欠のものであり,医師の衡生管理者は防
塵施設に関する科学技術の概略をつかむ努力が必要であると同時に,無責任な口出しは協力を阻害するも
のになるようである. 尚とれに関連して,
現在塵挨測定調査が医学側の負担として遂行されてきている
が,これは将来一考を要ずべきととではないかと思う.
2) 防塵施設の技術について.
衛生管理を進める上て学聞のいたらない点を数多く痛感させられるが,防塵施設に関する科学技術もそ
の最も大きなもの〉一つのようである.防塵施設の為の科学技術が不充分であると云うことは,単に進ん
でいないという点のみでなく,普及されて居らず,経験が系統的に摂取される態勢 l
こないという点も含ん
でいる.局所的な防塵施設の一例として某サンドプラスト作業を,一般換気の一例として某圧延工場を掲
げ,実情の一端を参考に供する. (資料略〉しかし一方,昭和 2
6年第2
4回日本産業衛生協会総会て採択さ
れた「工学部学生に対する産業衛生の教育についての建議案」の精神が実って,昭和3
0年 4月より横浜国
立大学工学部に産業衛生工学の独立した講座が設けられ,以上の難点を解消する一端が聞かれてきた.と
れが全固に普及せんことを切に望みたい.
3) 防塵対策の為の調査.
これについてもいろいろ問題点があろうがこ〉ては粒度分布についてのみ取り上げる.防塵施設を科学
的に設計する為には浮遊慶挨の粒度分布が欠くととの出来ない資料の一つであることは自明である.
r
こ
〉のほこりの粒子は何ミクロン位のものですか」と閣かれるが,浮遊塵挨の粒度分布は決してこのように
簡単に答えられるものではない.てはどのようなものか? 所がとれを調べるよい測定法がない.普通労
研式塵挨計て採慶された標本について粒度分布を見るが,との採塵法は浮遊塵挨そのま〉を再現してくれ
るものではなく,粒度分布もゆがめてしまう. (資料略〉現在サーマルプレチピテーターの出現が期待出
来るようであるが,計測法も含めて簡便正確な浮遊塵挨の粒度分布の測定法を確立することが,科学的な
紡塵対策の科学技術を生み出す大切なポイントのーっとなっているように思われる.
2
8
1
一 般 報 告
1
. 防塵に関する医学と工学との協力組織に就いて
、
額
医学出身衛生学者は防塵対策に対し助言し得るが,
同
祭(東大公衆衛生)
ζ れを推進する中核は工学者てある.環境えの粉塵
飛散をその根元に於いて遮断する方法,特殊の換気方法,粉塵の量的質的測定方法等のすべては早急に医学
出身の衛生学者の手から理工学出身の衛生学者の手にゆだねなければならない.そじて理工学出身の衛生
:学者の養成,訓練,身分保証手段等について真げんに考慮すべきである.
以上に関連し西欧に於げるこ三の実例について述べたい.
2
. 局所排気設備設計上の問題
勝
目
高
司(東大生産技術研)
3
. グラインダーの発塵
房
村、信
雄ぺ早大理工学研j
グラインダ一作業による発塵状態は環境衛生学的立場から屡々研究されかっ実際作業状況における粉塵
測定が行われているが,発塵状況の全貌についてはまだ明らかにされていない.しかじ粉塵防止および除
吋藍の立場からすれば作業に伴う発塵の実体を知るととが最も大切である.そこて、これを明らかにするため
一次のような実験を行った.
1
/
2lPグラインダーで数種の物質の研磨作業を行い,とれに平行光線を投じて発塵によるチンダロ現象
を写真撮影し,粉塵の飛散径路を明らかにした.この実験は暗室内て行い,平行光光源には 4DW~査光燈
(光源部の長さ 1
2
5
c
m
)を用い,幅 8
ω,奥行2
5
c
mの平行板を還して平行光線をえた.
sフィルムを用い絞り F.3.5て 5-10秒の露出により明瞭な粉塵径磁が撮影てき
写真は玄玄または s
た.径Ji!ilfは被研磨材料,研磨盤の種類,研磨盤の回転速度,材料の押つけ方等によって異なる.また作業
:場の気流によっても左右される ζ とは当然である.
粉塵径路の測定結果から,粉塵飛散速を度求め,グライシグー作業の除塵対策の基礎資料を得るととがこ
s
の実験の目的てある
なお本実験は労働衛生試験研究“有害労働環境の改善方法に関する研究"の一環として行づたものであ
ー
る
.
4
. 表面活性剤による発塵防止
輿
重
治(公衆衛生院労働務生)
5
. ー般発車の性質と除塵計画
橋 本
清
隆(日立製作所日立研)
1
. 空気調整:従来空気調整処置としてはエ業的には謂湿と調温だけに考慮が払われている場合が多
い.しかし紡績或いは百貨底等のように商品価値の保存,室内壁叉は調度品の清浄保持には調湿湿も必要て
はああが除塵処置が大切であり,叉環境衛生の面からは場合によって除塵の対象となる度挨の性質が異な
り更に,除菌,除臭並びに空気の成分,活性等処理空気の品質を問題にすべきである .ζ れは作業能率に影
響すると ζ ろが大であるからである.かような観点に立って空気調整を行うとずると空気伝染の公算の大
主い病原菌体の大きさ,呼吸器障害を起す塵挨の特性も考慮せねばならない.しかし稀に起り得る最悪の空
/
2
8
2
気状態を想定してとれを対象に空気調整装置を設備するととは経済的に殆んど不可能と云ってよかろう.
従って最悪状態とその継続時聞の恕限度が問題になる現であるが,定量的に理論的解答が与えられる段階‘
には未だ至っていないように,思われる.従ってその都度関係者の観念的容認に拠っている実状てある.
2
. 一般発塵の性質:ロスアンゼルス市にお}げる濃排煙件数の年間推移を調査した結果をみると夏季は
軽工業が最も多く,家庭用が最も少ないが,冬季には家庭用が大多数になる.商業用は年間を通じて殆ど変:
りがない.比較件数てはそうであるが,排出煙塵の性質とその量を対象にすると全く別な傾向になる.都
市の性格 l
とよって幾分差異はあろうが,
降慶量の程度からみるとこのような傾向は大体似たものと思わ‘
れる.
最近東京都ても煤煙防止条令が設けられたが,工業地帯てリンゲルマン 8度,その他の地域て 2度に排
煙濃度が制限されている.米国てはりンゲルマン 2度 が 5-6分/時とされ濃度と共に排煙量が制限され
ている.かような制限は単に視感或いは都市汚損防止の面から未燃炭素分量を看視しているにすぎない.セ
メント様ダスト中に 0.5%のカーボンが含有されると煙は真黒にみえる.したがって衛生的面からは別な
.
5g
r
j
f
t
'(
約 L2gjm'),微粉炭ボイラーの場
看視基準が必要になる.米国ては給炭機式ボイラーの場合 0
合0
.
7
5g
r
j
f
t
' (
約 L7gjm') に煙塵濃度が制限されている.
本邦でも微粉炭燃焼ダストの特定成分がセメント骨材として利用される方針が立ってから積極的に煙塵
回収が行われようとしており叉,環境衛生改善に対する世論がこの傾向を促進している.かような煙塵は一
球状てその組成は次のようである.
SiO
, 48-55%
AI20, 2340%
粒度
SO
,
0.1-1
.0%
3~5M+
3-30%
塵芥処理工場の排煙は,菜食を主とする木邦のは欧米のと異なり温度,水分及び成分の変動が甚しい.レー
たがって防塵装置も特殊な形式を必要とする.煙の成分の l例を示すと次のようて有機質が 6
0
'
"
'
<
'
10%て(b.
る.叉甚しい悪臭を伴うが,これは煙塵を除去すれば地上に影響するととろは砂くなる.
水 分 19.1%
有機量 60.2%
灰分 2
0
.'
1
'
%
熱量 2
2
3
0
C
a
l
.
3
. 防慶計画:大気中の慶挨は概ね有機質的-'1'0%,無機質 30-40%であるが塵粒の形態は様A であるい
そとて衛生的観点から防塵対策を施す場合,何を対象に計画を進めるかが問題になる.自衛的には装置或い
は商品の被害程度て経済的除慶限度が与えられる.道徳的見解から除塵設備を施すとすれば,発塵の成分
組成とその量がまず問題になる.粒子の形状,大きさに至つてははっきりした理論的準拠がないが,一応、発
塵度の表現基準例はある.主要霧の種類即ち成分組成,粒子の形態と大きさについては医学的見地からする,
恕限度が与えられねばならない.
6
:
''集塵霊安置に就いて
関川
利 雄 ( ラ イ フ マ ν工業)
医学と工学の側よりみた防塵対策は何れにしても環境衛生を良好にする事を目的にして居る事は勿論て』
あるが防塵対策の一環として集塵装置設計一般問題に就いて考えてみたいと思う.
(A) 発塵させぬ事を検討すること:
一般的に云って発慶させぬ様なヱ程叉は操作さt
先ず考える事が重要である.総ての操作に斯様な事が出,
来、るとすれば勿論防塵対策の問題は解決されて居る.然じ乍ら往k にして塵挨の問題を深く考慮しなかっ,
たのだは無いかと思われる事があった.斯様な意味からもヱ業計画を立案する場合今一層の検討をする必
要があるものと考えられる.換言すれば第一番の防塵対策は発塵させぬ手段を構ずる事である.従って防塵ょ
283
対策を完全にする為に工程叉は操作方法を工夫し或いは現設備を再検討する事を技術者の方々に提言致し
度いのである.
(B)
集塵装置設計のI
J
慎序:
以上申述べた事が困難な場合は発塵を最小にすると共に,
i
) 発塵個所を出来る限り密閉するとと.
i
i
) 密閉部分の圧力を負の状態に置くこと,即ち発塵個所を密閉すると内部圧力がどうしても高くなり
鯵!>ゼあるので際関等より外部に漏洩する為外部圧力より負の状態に置げば斯様な欠点が除かれる.
i
i
i
) 密閉出来ない場合は発塵個所より出来るだけ近い個所へ S
u
c
t
i
o
nHoodを設ける事てある.
此の意味は S
u
c
t
i
o
nV
e
l
o
c
i
t
yは Hoodからの距離の二乗に反比例する事から考えても可能な限り近
接して Hoodを設ける事が重要である.市して集塵装置の目的を完全に果す為には
乱
) 発生部分に於ける吸込速度.
b
) Hoodの形状
c
) 導管.
d
) 分離度.
e
) 排風機.
等が重要な要素となる.
次に一般的事項に就き申述べると.
乱
) 発生個所に於げる吸込速度.
此の速度は集塵装置設計の基本となるもので最も重要な因子である.此の速度の決定を誤ると集車装置
拡不成功に終るものと云っても過言ては無い.
吸込速度は機械の種類並びに運転状態が相違する為実際問題として画一的に決定する事は無理であるが
少なく共発生速度より大にとる事は勿論て、ある.而して発生速度が相当速い場合には其れに従って Hood
ど於ける吸込速度も叉相当に高速になって来る.これは当然排風機の能力も大になって来るので比較的に
大設備になる結果となる.斯様な場合は BlowandE油 a
u
s
t法を採用した方が得策である.而じ乍ら此等
は作業状況に最も適切なる方法を決定して適切なる速度を決定しなければならないものである.
b
) Hoodの形状.
Hoodの目的は空気の流動を完全に利用して発塵せるものを集めるものであるから作業方法並びに
芙の状態に依って最も適切なる形状があるものである.従って其の状況に応じて考案される事が理想的で
,ある.
c
) 導管
Hoodに依って集められた塵挨を適当なる場所まで運搬する為に導管が必要であって塵挨を完全に運
搬する為には或る一定の速度を持つ事が要求される.従って塵挨の種類に依って速度が異なるもので大惨
北董の大なるもの程速度も大である.設計の習慣上主管は初めから終りまて、同一速度を以って主管の寸法
を決定する事が便利であると思う.
d
) 分離器.
分離器は運搬された塵挨を流体である空気と分離する目的に設置されるもので其の種類は種々なるもの
」があるが方法に依って分類する.
i
) 重力を利用するもの.
j
i
) 慣性を利用するもの.
代表的のものは充填塔エアーフヰルタ一等がある.
d
j
i
i
) 遠心力を利用するもの.
代表的のものはすイクロンてある.
i
v
) 漉過に依るもの.
代表的のものはパグフヰルターである.
w) 電気を利用するもの.
2
8
4
等に分けられるが現在最も多く使用されて居るものはサイクロンとパグフヰルター静電法であると,1!t
う.
e
) 排風議
集塵装置に設置される排風機は比較的に風量が小て圧力が大なる関係上プレート型が多いのである.而
して排風機吸込口と主管の根元の寸法とが同じか或いは大なる事が望ましいものである.
排風機の能力は吸込速度,導管の損失,分離器の損失等を充分綿密に計算して得た風圧風量を発揮され
るものでなければならないが可能な限り小になる様に吸込速度導管等を決定する事が重要てあると思われ
る.
集塵装置を設置すると其の設置場所より常に空気を屋外に排出して居る事になるから冬期に暖房する場
合大きな熱損失になるので注意すべき事てあると思われる.
尚叉集塵装置の各分岐管にダムパーを設ける事が往々にあるが運転中には其の25%以上は如何なる時に
於ても閉"5ない事てある.之は排風機の性能上抵抗が増えると風量が減少する為主管内の速度が減少する
からである.
7
. 米国の産業衛生に卦けるエンヂ=ヤの教育
小林陽太郎(公衆衛生院建築衛生),
1
. ハーヴァード大学公衆衛生学部産業衛生部門.
P
r
o
f
.Drinker,Silverman,Yaglou,失点機械,化学工学出身のエンヂニヤの下て,毎年 2
0以上の博
士,修士が指導を受け,工場,研究所,大学,官庁へ就職し,その後大学との連絡もよい様である.
2
. M 工Tの衛生工学部門,その他
工学部土木学科の一部門て 4人の教授の下て衛生工学を中心として博土,修士 1
5人位が教育を受け研究
している.特殊問題として AirP
o
l
l
u
t
i
o
n,塵芥焼却等が取扱われている.産業衛生関係は濡年に P
r
o
f
.
Silvermanの講義がある. 機械工学,化学工学には直接産業衛生を対象とする研究者は少ない.然し工
学と産業衛生連絡の意図は認められる.
3
. 就職先.
U.S
.P
u
b
l
i
cHealthS
e
r
v
i
c
eその他各州衛生部,多くの会社工場に就験し,少人数乍ら専門家として
工場施設の設計,建設に対しては意見を聞き入れられる,
8
. 工学の例から見た防塵対策
田
中良太郎(大阪市立大学理工学部建築衛生)
1
. 防塵対策の 2つの方面.
作業場内の製品管理及び工員保健を目的とする防塵対策は,従来から多くの研究があるが,毒毒有害或い
は不快物質を工場周囲に飛散させる為に起る公害防止の対策も共に考えねばならない.大阪府の事業場公
害防止条令による陳情を見ても総件数の30-40%は,粉塵・煤煙・ガスの陳情てあり,府下総工場の 6,
%
"
"
S
問題の対策となっている. (6%は騒音・振動・排液を含む〉此の二つは恕限度,対策共理想的には一致
すべきものであるが,現状ては工場内は色々の事情て,或る程度の発塵性は認めねばならないから,別々
に考察せざるを得ない.
2
. 中小工場の現状.
日本に於いては大部分が中小工場てある事は周知であるが,之等が次の如き誤謬を犯していることを我
々は経験する.
J
艮r.!>有害物質は発生源て直ちに捕集しなければならないが,装置の不備,配列の拙劣,管理の不充分等の・
為,有効に働いていない.気流の関係て呼吸面附近ては無害である場合もあるが,自然換気の場合勿論不安
定であり,給気を行っても建物の形,給気の位置が検討されていなければ用をなさない.排気装置とレでの僻
フードも只引けばよい」という例が甚だ多い.発生物質の性質,作業方法,機械装置の性質によって
2
8
5
個々のフードが設計されていなければならない.
次に場内に漏洩してしまった汚染物質の排除は,建築的な形の問題及び全体換気の問題になるが,
ζ
〉に
も設計のまずさ及び補修の怠慢がみられる.但し局部排気の方に重点を置かねばならない事は勿論である.
次に捕集物質の除害処理であるが,之が完全てないと,公害問題になる.水による洗総て済ませている
こ色々紹介されている方法を普及させる
所が大部分てあって,粒子の性質によっては限度があるから,タト i
必要がある.
最後の手段としてマスクがあるが,非常の場合以外は使わないでよいようにしたい.
3
. 将来の問題.
エアロゾノレとしての粒子の性質,排気フードの空気力学的性質,防塵系統全体の耐酸料料,簡便な測定
方法等の研究が一応はあるが,尚日本ては不足していると考える.
8
5
. 耀 紙 塵 挨 計 に つ い て ( 第 3報
〉
三号浦ぺ豊彦,*村
菊二(労研第二労働衛生)
前報に於いて鴻紙塵挨計の試作とこれの実際的応用について報告したのであるが,採慶される粒子の大
きさと O
p
t
i
c!
iId
e
n
s
i
t
y との関の関係については色々疑問がもたれている.そこで粉塵粒子の比較的大き
な粒子を発塵させて比較をところみた.その結果粒子の大きさの影響をうけるが,シ6
μ 程度までのもの
が混在する場合にはそれ程大きな影響を及ぼさない.それよりは,
むしさ;; Fume状の発慶等ては鴻紙塵
挨計の数値と粉塵数とを比較すると粒子数に比較して比較的小さな値が得られる.
ζ
うした時はチェックレておく必要がある.
一方メンプランフィルターを鴻紙のクリップにはさんて,採崖し,とれを直接顕微鏡下におき,適当な
油を使用してメンプランフィルターを透明にして,粒子の数と粒度分布を求める方法の検討をと〉ろみた
が,充分実用になるようであって,将来は必要の場合にはこうした方法て粉塵数と粒度をチェックしては
どうかと考えている.
8
6
. 製鋼作業に発生する無機物の推移に就いての研究
〉 粉塵粒子の電子騒微鏡像,就中粒子特異像について
(第 2報
上野
清敏(名太衛生)
電気製鋼炉作業に発生する粉塵を綜合倍率 8
4
0
0
1
8
.
.
0
0
0玄の電子顕微鏡写真て観察すると,粒子形態の
主傾向は円味て,此のタト粒子の集合性,微小粒子,形態の特別異なる特異粒子等が認められる.塵挨計によ
I
ingては粒子集合傾向, 量輸像形態のものが出現して来る様である. 特異形態粒子は,くもの
る Samp
巣様,或いはヒゲ様喜子般物が密生したもので,幅 0.015-0.025μ,長さ 0.51
.0
μ に及び,
石灰投入作業等に多く認められ,
溶け落'b前.
叉樹校状粒子の突起は長さ 0.
45
μ 位,幅 0
.
0
30
.
1
8
μ て電気炉の酸
素吹込作業に見られた.粒子表面構造を Rep
I
ica訟によって見ると S
p
i
r
a
l或いは I
a
y
e
r様のものが窺
える.之等特異粒子の発現は炉内反応を通じ酸化期に稿k 著明て.とれは粒子結品内転位網による粒子成長
を示す Whisk
巴rてある.作業場発塵物に斯る粒子を指摘した例を知らない.労働衛生学的意義は判然じ
ないが加熱物の生体作用強い事,及び溶解機転が結晶の突起部に強いとと等から,形態的に判然としたく
もの巣状端等,作用機転に何等かの関係がありそうである.炉附近落下堆積塵c7種〉を分析すると,ひ
っくるめて CaO26.12-45.02%
, SiO
,12.20-26.64% (
f
r
e
e2.72-12.52%
)
, Fe,
035.50-1
2
.
6
1
%等て電気製鋼て発生する粉塵の主傾向は SiO
,
+CaOて鉄を配したものと言える.炉作業に発生する気
種類む電子顕微回折を行ってみると,酸化期に属する作業ては Fe
,Fe
,
03,FeN,
塵(約 1μ 以下 )10
Fe-Si03
,CaO,SiO,(
a
・Qu
a
r
t
z
) 等であり,還元期では Feで,前報て行った分析値及び落下塵分析{直
の主傾向と一致する.
以上から電気製鋼炉作業に発生する粉塵の労働衛生学的判断も,し易くなったものと考える.
2
8
6
8
7
. 石友粉塵の血圧に及ぼす影響(第 1報
〉
水谷
久泰(名大衛生)
石灰粉塵の吸入が,肺結核或いは珪肺に及ぼす影響については,既に先人に依り研究せられているが,句石
灰粉塵と血圧との関係について詳細に論じられたものはまだ見ない.
たまたま私は,岐阜県下の石灰製造労務者について検診を行う機会を得たが,その際消石灰粉塵を吸入
する労働者に最高血圧の高い者が多数あることを発見した.
血圧については,遺伝,生活状況等の諸国子も影響する為,軽々しくとれを比較検討するととは慎しま
ねばならないが,ヨ誌にして同地区の石灰工場は,全工員が同町の住民てあり,生活様式も略近似している
ので,血圧に及ぼす諸国子のうち,年令以外のものを無視して職場別に比較することが出来た.その結果
消石灰粉塵の多い験場の労働者が他の職場の者に比し血圧の高いことを証明した.
此の原因究明の為家兎を用いて実験を試みたが,未だ結論を得るには至っていない.
8
8
. 珪肺検診時にがける受診者の眼症舷(第 1報
〉
桑原
進,中井
敬(四国鉄道病院)
2
2
5名〉の限症状を調査する機会を得たので,
私等は珪肺検診時に於ける受診者 (
英の結果を報告す
る.
(1) 視力に関しては,僅かではあるが比較的高度の視力障害を有するものをみとめた.
(
2
) 結膜所見に関しては,結膜充血,慢性結膜膜, トラコーマ,翼状片等を高率にみとめた.これを
職種別にみると,のみ・た〉き工,研磨工,た〉き工に高率であったが,勤続年数との間には特定の関係
は見出されなかった.
(
3
) 角膜所見に関しては,全員の 5
6
.
8
8
%に異物によると恩われる円形の角膜えいをみとめた.これ
を職種別及び勤続年数別にみると,職種別ではのみ・た〉き工,た〉き工に高率てあり,勤続年数別ては
0
年以上の者に低率てあった.
勤続年数 1-3年の者に高率で, 1
(
4
) 全受診者の内,珪肺第 2度と診定された 27
名に付き視野,眼底を精検した.視野は異常なく,眼
底所見ては眼底血管の変化を多少みとめたが,珪腕との関係に就いては現在の所不明である.
8
9
. 珪肺特に珪肺結按の準展に就いて
問
中
丸治夫(東北大中村内科,三菱金属籾倉鉱山病院)
E鉱山に働く珪肺者 6
0
例に就いて,約 7年間に亘る可成長期の経過を臨床的に詳細に調査し得た結果よ
り,珪肺特に珪肺結核 (
3
1
例〉の進展状況を観察すると,基木として次の 5型に分類される様に思われた.
1
) 主として軽症珪肺に於いて初め古い結核性病竃が上肺野に認められ,割合短期間に珪肺進行と共に
5
例を認めた.
増殖性結節性陰影は増大し,其の末梢部に於いて外側が融合する様な進展を示すもの 1
2
) 緩症珪肺て前記の如く上肺野でなく,中肺野下部に古い結核性病竃があり,其れが反応して(1)
と同様の進展を示すもの 2例を認めた.
3
) 軽症珪肺て結核病竃と忠われるものが認められないで,急に全肺野に粒状結節性陰影が増大し密度
も増し所謂急性珪肺を思わせるもの 6例を認めた.
4
) 軽症珪肺て殆んど珪肺の影響がみられなし普通の成人肺結核の進展と同様な経過をとるもの 5例
を認めた.
5
) 初診時より塊状陰影が認められる重症珪肺て,経過中殆んど不変のもの 8例を認めた.
6
) 以上の基本型に含まれないものとして珪肺には比較的稀な急性結核(乾酪性肺炎型)の1
例を認めた.
n
単純性珪肺群と珪肺結核群の珪肺進行程度を比較してみると珪肺結核群に珪腕進行するもの並びに
進行程度の強いものが比較的多くみられた.
8
) 経過中頻回の略疲中結核菌培養に拘らず,珪肺結核群中結核菌が証明されたものは 64.5%にすぎな
287
",
,
-、
かった.
、
, "ー酒、
医一鉱
所
)業
j
英
賀
業野
産山
弁井
西
日
石古
一
一
一
一
一
一
進
也
9
0
. 某表山に卦ける珪肺結按症に就いて
炭山に於げる珪肺は典型的な珪肺レ線像を示すものばかりでなく,恐らく炭産や珪酸含有量の軽度であ
る為かその程度が軽く,微細紋理の増強と小点影の撒布像を主とし,然もその進展が遅く,塊状陰影を呈す
る迄になるものが殆んど見当らない職場がある.一般に珪肺結核は単独な結核の場合よりも進展が早く,
治癒傾向が少なく予後不良と考えられているが,比較的良性の珪肺の場合は,併合結核の像も亦良嵯て単独
に来た結核よりも却って良性であるような感じを受ける.余等は某山に於げる結核集団検診の材料につい
b
て調査しレ線所見者 2
1
8
名中珪肺症性変化を伴った者 1
2例を見出し,そ φ経過を観察し次の如き結果を得
た.
1
) レ線所見上珪肺症性変化と結核性病巣は個々別々に存し両者の間に関連性を認められるものは 1例
もない.
2
) 坑外に配置転換せる者 2例中 l例は明らかに結核性病巣は縮小好転し,他の l例は不変であった.
配置転換せざる者1
0
例中漆出性,或いは混合性結核病巣のある者 6例中明らかに好転叉は消失をみた
もの 4例,軽度に好転をみたもの 2例,混合性硬化性結核病巣のある者 4例中好転をみたもの l例,他は
不変であった.
叉結核性病巣は珪肺症性変化を伴わざる結核に比し冶癒状態はよい様に認められる L
3
) 珪肺結核症に対する化学療法は少数例てあっ;たが効果は期待'出来る.
91
. 滑石肺並びに滑石肉芽腫に関する研究'
(
第 4報) ゴム工場漕石粉発塵職場長期従業員の心電圏
古川俊介,酒井恭次,高橋孜郎,天野
光(プ Pヂストシタイヤ久留米診療所)
滑石粉発慶職場に塵肺発生の報告があり,市販滑石中に有害な塵肺起因物質の存否は重要な追求課題て
ある.との見地から先に,久留米地方滑石関係労働者のレ線直接撮影を主とした集団検診を実施じたが塵
肺を確認で町るに至らなかったので,目下滑石粉塵室内の動物に及ぼす形態学的ν機能学的諸変化を追求し
ているが同時に,胸部レ線所見の変化が出現する以前に何等かの臨床的特徴を摘み得ないかとの早期証明
の意図を懐き文献調査中,稗田教授門下の島崎,永見,坂根らは剖検によって珪酸塵の吸入により肺に著
変を及ぼすで以前に早期に心筋に結合織の増殖を招き心筋線維は個々に或いは集団的に軽度の変性に陥るこ
とを明らかにじ,実験的』こも之を証明していることを知った.
当工場て使用している福岡県粕屋産の滑石粉中には遊離珪酸約 8%を含んでいるので,剖検所見報告に
相当する心臓の変化が心電図上に認められるかどうかを当主場滑石粉常用職場に
5年以上勤務している労
働 者2
1
名に就き観察し,一般職場の 5年以上勤続者 2
3
名を対照として比較検討を行った.誘導は標準阻技
V,胸部 V
・
,V,の1
2とし運動負荷前後を撮った.
,
a
1
名の観察に於いては心電図
結論.市販遊離珪酸含有滑石粉発塵職場従業 (5年以上の長期〉の労働者 2
を示標とする範囲内ては,右心の負荷増加は勿論心筋の変性や局所的硬塞等の所見も認められなかった.
9
2
. 滑宕肺粂肺結按のー劃j
検例
瀬良好澄,問中
昂(国立療養所大阪厚生薗)
昨年本学会にて滑石粉製造工場の塵肺検診成績を発表したが,その中塵肺第一度兼肺結核所見者て検診
9
才男,粉塵作業 7年 6カ月,既往症なし,
後結核を発病し 7ヶ月後死亡し剖検し得たので報告する.患者は 3
昭和 2
9年 2月熱発,咳激,略疾を以って発病某病院にて SM-PASの化学療法を受くるも軽快せず呼吸困
2
8
8
難加わり同年 7月当国入所す.入所後高熱弛張,咳吸頻発,ガフキ -2号
, SM
・
INAH-PAS連日投与するも
下熱せず衰弱加わり同年 9月中旬死亡す.発見時のレ線像両側上野淡い議出性陰影及び中野に少数の小結
右上中野に陰影増加子死古前ほ左£野広汎なる透亮
節像を認む.入所持は左全般に諺出怪陰影上野透亮像J
像を認め右中下野にも陰影増加す.剖検所見は左肺全般に癒着し上薬下葉上部は大小不同の空洞,割面は
細葉性結節性の汚濁せる病巣を認む.右肺上部索状癒着,上葉の大部分下葉上部に同様なる結核病巣を認
め一部は空洞となり下葉浮腫著明,肺門,分岐部,傍気管の各りん ~t腺腫脹せず.組織学的所見,締結核は大
部分かなり広い乾酪化と其れを囲む類上皮細胞,単球,巨細胞,りんば球よりなるが,巨細胞は割合少ない.
0
μ 前後の結晶あり,その周囲
肺の至る所に姉胞壁及び毛細管壁は肥厚し珠数状となり其中に針状の最大 1
の組織反応は弱く極めて少量の結合繊細胞が見られるのみである.結節周囲の線維化は著明てない.か〉
る結晶の沈着は結核病巣は勿論,腕門,気管分岐部"傍気管りんば腺 t
こも見られる.肺組織より Harvey
の方法によりタルク結晶を得,鉱物学的検査及び玄線回折により d型タルク結品にして工場の堆積粉塵と
同様なる事を認め叉X線回折により結晶形の灘離珪酸としての石英の混入は認められなかった事より本症
例は滑石肺であると思われる.
9
3
. 某石綿加工工場に語ける石綿肺
宝来善次,植島亨介(奈良医大第二内科)
'i'年以来石綿肺症の発生状況を調査している.昭和 2
7年度に於い
奈良県の某石綿加工工場に於いて昭和 2
て従業員総数 269
人てその中石綿加工現場に働くもの 203
人てあるが 1
0年以上の長期に E り粉塵吸引をつ
4人てある.その 1
4人に就いて精密検診を行った結果 5人の石綿肺症を発見した.石綿肺の玄線像
まける者 1
の判定は珪肺の玄線像の判定に比して,精困難である.此等石綿肺症について経過観察を行い,叉その他
のものからの新発生を観察して来た. 5人の有所見者の中 1人が症状悪化を来たしたが残り 4人は 8年の
聞は大した変化がなかった.増悪を来たした患者は昭和 3
0年 4月以降入院治療を行い臨床各種検査を行い
観察していたが,略疲中に塗沫て結核菌を証明し,石綿肺に肺結核を伴うことを知った.叉木患者は落疾
中に石綿小体を発見した.石綿小体については我が国ては未だ報告なく興味ある知見である.叉経過中絶
えず高度の呼吸困難を伴っていたが,入院 6カ月目に上気道の感染症によって気管支肺炎を併発し短日時
て死亡した.従って剖検検索を行い,組織標本からも石綿小体を発見し,その他病理学的にも興味ある所
見をうる乙とが出来た.
9
4
. 塵蹄症の研究
(
第 3報
〉 右綿肺の気管支謹影に就いて
1
吉見正二,古崎
晃(東京労災病院)
石綿腕の胸部普通写真は両下肺野より発現して進展する繍慢性陰影て,末期には小さな結節陰影を発見
するものである.
珪肺症を主とする一連の慶肺症に準[;で,石綿腕のレ線写真を判読すると,心肺機能障碍がよくそれと
一致しない所見をみるのである.そして陰影として現われる芝生状のものが如何なる性質のものであるか,
他の疾患殊に蹄循環障碍によって生ずる肺紋理増強,水援等の陰影と如何に鑑別し,適正なる判定を下ず
か等困難なる問題がある.
以上問題を少しても解明すべく, 1
0
例の石綿肺患者に,気管支造影を行い,その像を観察した.
石綿肺の気管支の変化は
B
3以下のものに胸部レ線像の欄慢性陰影部と一致して限局性の狭窄,拡張
が認められ,叉気管支の変位,屈折曲屈,或いは集束等があった.
じかして 胸部レ線写真にてそれ程の陰影も認めがたい初期に於いて立さえ,すでに軽重の差こそあれ以
l
上の変化がみられた.
とれらの変化は, 肋膜の厚肥, 癒着,問実質の器質変化により気管支に変化を来しているものと考え
あ.十
28
9
'
9
5
.
アルミ=ウム粉製造工場及びア)"'~ .:ウム再生工場に卦ける塵肺とー萄j
検例
瀬良好澄,田中
高
大
A
木
保
木
昂(阪大第三内科,国立療養所大阪厚生国}'
功
、阪大第三内科)今
男
(大阪労働基準局衛生課)
昭和 2
8年大阪における珪肺検診にで Al箔粉砕工場(塗料の原料製造〉従業者中 Shaver氏病に類似せ
る特異なレ線像(中心陰影の増大,会肺野のレース様網状陰影,肋膜肥厚及び経過中の自然気胸像等〉を
呈ナる者を見出した. 叉昭和 2
9年某病院入院患者にて前記同様なるレ線像を呈じ而も自然気胸をおこし
且つ既往に Al再生工場での職歴ある者を発見し共に当療養所に収容経過観鷹中,前者は(Lヶ月後他病院
A
l箔 粉
に転院し〈後 4ヶ月にて死亡),後者は 7ヶ月に死亡剖検した. 今回上記 2工場の他同種の工場 (
砕〉従業員のレ線直接撮影を主とした検診を行ったのて、その成績を併せ報告する. 工場数 ,
1
' 被検者 37
"
名,年令2
2才-59
才,粉塵作業年数最短 8カ月最長 1
4
年 8カ月,成績は表示の如くで必レも作業年数と癒
被検者数
作業年数
レ線塵肺所見
│
計
高度│軽度│
5年未満
5-10
年未漏
か-15
年未満
1
(1) 22
'
(
1
) 12
イ
(1)
(1)
5
7
2
2
(2) I 6
5
11
3
雪
十
註.
2
2
2
( )は検診前に発見せる者の別掲を示す
変の程度は平行しない.活動性結核の合併は軽度塵肺所見者に 1名,慶肺所見なき者に 2名であった.音!f
0才男, Al再生工場にて熔浮の粉砕筒別作業 9年1
1カ月,昭 2
8
. 3. 呼吸困難を訴え某病院にて肺
検例は 4
結核の診断て通院治療中昭 2
8
.9
.左自然気胸,昭2
8
.1
0
. 他病院入院化学療法中昭29.1.右自然気胸 d ?
:
f
30.2. 当療養所入所
8 月右自然気胸 ;<'9 月死亡す.肋膜高J受tこn~厚,、肺極めて硬く割面至る所黒緑褐
色の一見炭粉様沈着を見,珪症性結節は認めず.肺門,分岐部,傍気管等の淋巴腺著明に腫大じ同様の炭
粉様沈着を認む.肺間質の著明な線維化及び多数の黒褐色の物質の沈着及び肺胞壁の肥厚を認める.結核性
・
変化は認めなかった.尚工場の堆積粉塵及び姉沈着物を検討した結果結晶形滋離珪酸を認めず Gorale
wskiのアルミ=ウム肺と思われる.
9
6
. 珪肺に合併 Lた肺癌の 3例
三谷
登,重松舜!祐,弁石澄雄(住友別子病院〉
第 1例. 5
3才,男子,鉱山坑内夫.
坑内生活約3
2年.昭和 2'
1
'
年 8月珪肺第 E主主度と診定.昭和 2
9年頃より呼吸困難増強,血疾,左胸痛あり,
昭和3
0年 8月入院.左胸部打診音短,呼吸音微弱.レ線写真上両肺に珪肺性病変をみる他,左肋膜は高位
重蕩細胞
て朕庇形成あり,下葉に漏慢性陰影を認む.入院後左腸骨転移出現,曙疲中1
'1'日死亡.剖検上珪肺第 E型.下葉下部特に
弱加わり 4月2
C+).爾後全身衰
SIOを中心に肺表層に原発せる未喜子化癌,肋膜
f
化あり 4
に沿って浸潤・増殖す.転移巣の一部に著しい多形像と不完全な‘際癌えの 5
第 2例. 5
'7才男子,鉱山坑内夫.
坑内生活約3
0年.死亡約 1年前fより端息様発作あり,珪肺の疑にて治療を受く.死亡約 2ヶ月前より急
に全身衰弱・呼吸困難・右胸痛を訴え,膿胸症状を呈しつ〉鬼籍に入る.剖検上珪肺第 I型.右上薬気管
支入口部に原発せる類表皮癌j 転移巣なし,右肺実質は膿蕩性に崩壊,一部は横隔膜面に破れて限局性膿
胸を形成す.
2才男子,鉱山坑内夫.
第 8例. 6
却Q
坑市再活約 3
7年.昭和2
9年 5
月初旬頃よ り真胸痛あり'... 7
.F.1;頃より議痩,貧血,全身倦怠感ト軽度の明記
下障碍治り 7月2
8回入院す.栄養不良,貧血箸明 V
i
r
c
h
o
w氏腺触知され,レ線写真上左肺上野に肺
d
F
門型を呈する撞蕩性陰影あり,左横隔膜は麻痔し,、高位をとる.爾余肺野に珪肺性病変に属する網状樹木
様陰影あり.入院後レ線深治施行せるも,次第に衰弱加わり,肺炎症状現われ
9月 1日死亡す.剖検施
行せず.
塵肺症と肺癌の関係に就いては,
石綿を始め As
,Ni,Cr,放射性金属等が癌原性因子として挙げられ
ているが,珪肺に関しては未だ定説がない.吾々の症例に於いては疲痕癌性の性格,その他珪肺との因果
関係を示唆する病像を把握し得なかったが,両者の関係に就いでは今後更に検討を要ナるものと考える.
9
7
. 珪肺鑑別診断法
小川三郎,佐藤万夫(慶応堂病院)
珪肺はその特有症状を欠く為に臨床的診断は甚だ図難である 仮に X線,心肺機能検査を併用しても初
l
期珪肺,珪肺結核等吾々が実際に最も必要とする.鑑別には役立たぬ場合が多い吾々は長年の金属鉱山従
業員の衛生管理により,珪肺の早期診断,結核との鑑別,治療等各方面の研究を E
重ねた結果,次の如く臨
,床的に珪肺症に可なり特有と恩われる症状をとらえ得た.
1
0
8名の坑内夫に就いて,正常健康者には認められない口蓋の広範(全口蓋の
3
1
5以上)旦つ,強度な発赤をみたものが, l)X線的珪肺者 (
4
3
名中) 3
3名 (
7
7
%
), 2)それ以外の坑内夫
(
6
5
名中)4
6
名 (
7
0
%
),3)一般肺結核 (
4
5
名〉ては 2
0
名 (
44%)にあって,坑内者に特に高率である.
1
0
8
名の坑内夫について健康者に認められない口蓋血管の恕張(範囲は発赤に
〈二〉口蓋細血管像
4
3
名)中,強度且つ広汎な恕張と共にその血管走
略一致)及びその走行像を検すると;1)玄線学的珪肺者 (
行中に縦像を認める者が 2
0名 (
4
6
%
),2)それ以外の坑内夫 (
6
5名〉中 1
8
名 (
2
8
%
),3)一般肺結核4
5
名
中 8名 (6%)で,恕張性口蓋血管像及びその縦状走行像は珪肺症に特性がある. 4
)叉7
6名の健康坑内夫
の口蓋血管像中,横走行像を認める者が 4名 (5%)あるが,肺結核4
5
名中には 1
3名 (
3
0
%
)て之は結核に稿
0
名て之も正常人とは異る.即
特異性がある. 5)尚,恕張性口蓋網状血管像は坑内夫も結核患者も共に 6
〈一〉口蓋異常発赤
ち以上の如く,口蓋の強度且つ広汎な異常発赤,恕張性細血管像(特に縦走行像)等は常時珪酸粉塵吸入態
勢者に特有性があり,その横走行血管像は肺結核に多い.且つ休養治療によって軽減叉変像するが珪肺に
,於いては特に長年残存する特性がある等,是等ー遠の症状は珪肺の臨床鑑別診断に応用しうる.
誌. 9
8
. 某農鉱坑内夫の胸部レ線像に就いて
桜井:孝,杉山純夫(山口県ヰ医大放射線)
各種粉塵作業場勤務者の胸部レ線像の肺紋理の変化を,樹校状,穎粒状,網状の三型にわけて観察して
来たが,今回は某炭鉱坑内夫の胸部レ線像の肺紋理について検討した結果を報告する.
木炭鉱ては,著明な珪肺性変化を示すものはみられず,何れも軽度の肺紋理の変化を示すもの〉みて,
樹枝状型,及び穎粒状型を示すものが大多数て,網状型を呈するものは殆んど認めない.
樹校状型を呈ずるものは,採炭夫に多く,穎粒状型を呈するものは,仕操夫,掘進夫に多く見られる.
粉塵作業年数と此の変化とは必ずしも平行していなし、.
9
9
. 新間接撮影技術によ苔珪肺診断の試み
中村
実,山崎茂郎
高安正夫,吉剖
(三重県立大放射線)
克己(三重県立大産業医研)
此れまで珪肺の間接撮影に就いては,飯田一平,立入弘,野崎秀英等が何れも従来の玄線装置に於いて
後光板及びフィルムの鮮鋭度が進歩しないかぎり,
‘している.
間接撮影による珪肺の診断は万全を期し難いと結論
2n
3
其後間接撮影技術の発達及び餐光板フィルムの解像力が向上した.私達は高鮮鋭度の蛍光板による法,
拡大間接撮影法により再検討を試みた.
労働省基準による珪肺第 I期及ぴ初期の疑いある患者に就子て,直接撮影 3
5
m
m,6
.
x6c
mの間接録影
X
6
6仰の部分拡大間接撮影を行った{拡大間接撮影は'lOcmxl
'
O
c
mの鐙光板を用い人体をはなし微小焦,告仁
(微小焦点としては廻転陽極玄線管一実効焦点, 1X lmm, 0.5xO.5m
mを用いた〉を用い後光板上に拡
大してそれを間接フィルムに写す}ン
尚 7 イルふとしては,
サクラ間接用 Xr
a
yフィルム (
T
y
p
eY
) てカメラは普通カメラを用い,普通
現像と微粒子現像を行い拡大投影して観察レた. 実験例数少なぐ数量的結論は未だ出ないがγ 之の場合
間接撮影及び拡大間接撮影は従来の間接撮影よりも解像力がすぐれていて腕紋理の追求は直接撮影のそれ
に劣らないが,粟粒大結節像の検出は未だ直接撮影もこ及ばなかった.然し拡大間接撮影は諸種の条件によ
り更に解像力を改良する余地がある"-之等の方法を珪肺集団検診に応用検討したい.
1
0
0
. 珪肺の準展に関するレ線学的研究、
(
第 2報) 珪 肺 結 按
野崎秀英,池主修衛(新大放射線}、
珪肺の進展を,主としてレ線学的に十年余年次的追及を行って来た.第一報として離職後の進展J
'
I
t
こ関し,第2
8回の本学会に報告した.今回は主として珪肺結核の様相と,その経過や,予後に関しての成‘
績の概要を報告する.珪肺結核の成立や進展は,凡そ>>zロコ様主主因子で左右?皆、られる, ,
1
) 珪肺えの結核の合併は,粉塵中の滋離珪酸含有率の高い程〔吸入珪酸塵の多い程〉高く,且つ主主肺
病期と共に上昇する.但し,蛋白石の如き,非晶形滋離珪酸ては,石英の如き場合と,成立,進展共に異る.
2
) 珪肺結核の増悪は,珪肺病期により,著しい差をまきない様であるが,多少共期の進むと共に速い.
之民主,合併結核の活動性を示す率が,珪肺期の高いものに多く,初期珪肺ては,停止形を示すものが多い
事実による.
3) 全体的に見て,稼働年数の長いものに,結核の進展例が多いが,個々の例ては,必ずじもそうでは
ない.
4)一
部j
検例に見ると,務離珪酸含有率の差,或いは,粉塵吸久量の差により,結核合併年令・死亡年令←
結核合併より死亡までの年数・稼働より死亡迄の年数等に,多少失差異を示す.結核合併を認めた珪肺病句
期は, ]l期て高く,
1期の約 4倍を示した.
5) 珪肺結核の死亡年令・坑内稼働年数等は,単純珪肺のそれに比じて,明らかに短い.
その他 2-3の成績について述べる.
101
. 珪肺結按Iζ討すでるX繰高革撮影のー利用法(その~.)
志村達夫,高木
功(阪大第三内科'i'
我々は昨年木学会に於いで珪肺結核患者の胸部レ線像官は結核結節存主主肺結節とjが低E
E
像と高圧像ではー
コントラストが異る為低圧と高圧とを比較する事によりその両者の鑑別に役立て得る事を発表したが今回ー
は黒化度計て実際にコントラストを測定して数値的にコントラストの差を表現する事を試み或る程度の成
績を得たのでとれを発表する. r
実験方法」はフィルムのグラディアントを同一にする目的て一枚のフィル
∞
6
0kV,4
0
0mA.'
/
'
5
s
田)を行い,他の半分に高圧 (
1
2
0
k
V
.1 mA,O.ls
:
e
c
)ぢ撮影ー
ムの半分に低圧撮影 (
し出来るだけ両者の腕野濃度を似る様にした.併 Lグラデ 4 アジトは低濃度の部分と高濃度の部分は度線
0
てなく曲線をなしているのが普通て, 2
0
04分以内の現像であれば富士フ1.)レムの場合ては黒化度0
.
4附
ー
近から1.8附近迄はそれが比較的直線であるとの事なので ζ の両者の比較を行うフィルムはとの条件を守
って現像した.対象は三年来経過観察中の珪肺結核患者について行った.成績は今迄の結果では珪肺結節J
の方は0
.
2程度高庄のコンラス干が低下するが結核病巣ては高圧では逆にコジトラストが上昇じてゐる.
以上我A の意図する処は問者を比較する事もこより結核病巣を明確もこ診断すると同時に逆に叉珪肺にJ
権,怠.
'
2
9
2
L得る可能性のある人て,撒布性結節性陰影のある場合に結核と珪腕との鑑別に役立て得るものと考う.
1
偲 . 新ら L
い携帯用時限肺活量測定、婁置く供覧).
c
:
.
同
額
祭(東大公衆衛生)
珪肺の機能検査の中,最も重要なるものの一つである時間呼吸量の検査用として,山越隆二氏の協力を
得て,現在我国に最も普及している玄 YS肺活量計に簡単な Timerを附属せしめ,時限肺活量 (Timed
V
i
t
a
lC
a
p
a
c
i
t
y
) を測定する携帯用装置を試作した
Timerは発条を Governorて調整する方式て,
電子管測持装置(豆 YSF~3A型〉により補E した(最大誤差 1
圧計電接装置を介して Timerが起動し i 任意時刻
%).Jif.気により内圧が増加すると徴
(
'
1,秒. 1秒〉を経過すると,肺活量計の外部に固
定した S
o
l
e
n
o
i
d を作動せしめる. これにより今迄 S
o
l
e
n
o
i
dにより引き留められていた P
l
a
s
t
i
c製指
示針が Drumの時限肺活量値に相当する位置に固定されたま>. Drum と一緒に廻転し初める. 時限肺
活量は肺活量値を読みとった後,指示針を原位置に一致せしめ温度更正値とじて読みとる.新装置は現在
我固に普及されている最大呼吸能の測定値と高度の相聞を有ナる成額が得られるばかりでなく,
最大呼
吸能の検査より被検者の意志や習熟度に左右される危険が少なく,肺活量の同時測定が可能であり,叉瓦
斯量計,ゴム嚢,特殊弁等高価か或いは耐用年限の短い部品が皆無である等,現場における集団検査用と
i
ノての多くの必要条件を満している.
1
0
3
. 北九州i
工業地区謹肺精密検診成績(第 2報
〉
津田
稔,山根和維(九州労災病院)
北九州工業地帯に所在する窯業,鋳物業,築炉業に於いて遊離珪酸発塵作業に五年以上従事ナるもの 6
6
~名についてレ線による珪肺検査,分時最大換気量測定による肺機能検査,現場堆積粉塵の遊離珪酸合有
率測定 (
T
a
l
v
i
t
e法)を行い次の結果を得た.
1
) レ線による珪肺発見率は珪石煉瓦3O.2%,築炉19.4%
,鋳物13.1%,硝子1
1
.6%,陶磁器 6
.
5%
,
p
セメン1'-1.6%,平均14.1%である.
2
) 喜子時最大換気量測定による肺機能障碍者発見率は珪石煉瓦 3
0
.
8
%
.鋳物 6
.
0%.シャモット煉瓦 5
.
7
,%,硝子 5
.
6%,築炉 2
.
5%.陶磁器2
.
2%.セメント1.6%.平均'1'.9%である.
3
) 堆積粉塵遊離珪酸含有率は珪石煉瓦に於いて最高で以下硝子,陶滋器,シャモット,鋳物のj
顕に減
少し,セメントに於いて最低である.
4) 各業種に於けるレ線による珪肺発見率,
肺機能障碍者率は粉塵の遊離珪酸含有率と略々平行して
v
、る.
5
) 工業部門に於いてはその業種の製品の遊離珪酸含有率を測定することによづで略々その業種の珪肺
発生危険度を推測すでることが出来る.
1
0
4
. 躍周廓に捗ける珪肺(業務土疾病〉の統計的研究に就いて
有
馬
正之(福岡労働基準局)
福岡労働基準局にて労災法の適用になった1'1'4
名の珪肺症患者(珪蹄結核を合む〉について調査し次の
結果を得た.
(
1
)
1
'
1
'4名中打切補償を受げたもの 6
9名,補償中に死亡したもの4
5名
,
現在尚療養中のものは 6
0名
である.之を業種別に石炭鉱業と窯業に分類すると,前者ば 1
0
5
名,後者は 6
9
名となる.尚石炭鉱業の患
者中に傘属鉱業の前庭あるものは 1
3
名である i
(
2
) 年令別,勤続年数別に患者発生状況を観察しても特に有、意差はない.
(
3
) ‘患者の死亡率は石炭鉱業 3
'
1.
1%. 窯業1'1'.4%. 之を単純珪肺と珪肺結核について観察すると,石
J
炭鉱業の単純珪肺24.3%,珪肺結核必 .
1
%
;
.
'窯業の単純珪肺1
0
.'1'%,珪肺結核2
1
.9%で何れの聞にも相当
;
2
9
3
の差を見受けられる
七J
、
.
,
.
'
、
(
4
) 死亡者の発病より死亡まての期聞について観察すると,石炭鉱業 8
7
8
.
9 日,窯業 5
5
9日である.
(
5
) 死亡者を年令別,勤続年数別に観察しても有意差は見受けられない.
(
6
う 発病当時の自覚症については肺活量,呼吸保留能共に常人より少ないが珪肺程度による差はない.
(
7
) 今回の調査について特に感じた事は珪肺の程度に年令的,勤続年数的,自覚症状等の差が発見出
なかった事.次に死亡率について石炭鉱業と窯業の聞に相当の差がある事て,之については病理的に何と
か証明出来ないだらうか.
誌. 1
0
5
. 労働と結按の関係に就いて(実態調査〉
万代
敬
三(大阪労研労働生理)
莱金属鉱業株式会社の 2製錬所の従業員の労働条件と結核様相との関係を労作強度及び作業環境その他
の面より実態調査をした成績である . ζ の 2製錬所は製造工程からみると製品の前半をーっか担当し後半
を他の製錬所が担当すると云った具合になっている L 所在地の点ては一つが島の一部に存在するに対レて
(A製練所と呼ぶ〉他は都市に存在するという立地条件の違いがある (B製錬所と呼ぶ).
(
1
) ツ反応陽性率.
B製錬所の方が圧倒的に高い.とれば労働力供給源の地域差に依るものと考えら
れる;
て
の
結核有所見者数について. B製錬所の方が圧倒的に多い.
次に A, B両製錬所に共通せる傾向として,
(
1
) 職場別にみた結核有所見者数について.結核有所見者の多い職場と少い職場は存在する.但し ζ
れを労働強度及び作業環境の面より検討し直ナと発病という J
点ては差異がないように思われる.労作強度
及び作業環境が結核に影響するとすれば寧ろ経過の方に影響ずる万が太と思bれる生
l
a
更に賃金,、通勤時
間,家族構成等についても同様なことが推察される.
工
、 :
ー
へ
(
2
) 年令別にみた結核有所見者数について. 3
0才-40才
, 4
0
才 -50才の者が比較的に多い.然も是等
加
の人て特に戦後に入社せるものが多く
と考えられる.
誌
ζ
れは入社時の健康診断の不備であったととが大きく影響している
1
0
6
. 結按患者の体重の季節的変動に就いて
万
代!
敬
三(大阪労研労働生理)
9年 9月より昭和 3
0年1
1月迄の間,某金属製錬工場に於ける全従業員の中,結核有所見者を対象と
昭和 2
して(要注意者,要観察者,健康者の 8群に区別する) 2カ月毎に体重の測定をなし,一方泰,秋隼 2
宙実施される定期健康診断の結果と如何なる関係が有るかを検討 bたので報告する.
f
経過観察は胸部レ線像の変化に依る.
(
1
) 悪化せる者;直ちに就業停止して療養を要する者はその発見 1カ月 -2カ月前より体重の減少が
認められるが,それ以外の場合例えばレ線像の変化から要観察者群よ十り要注意者群に入った者ては体重に
ついては変化を認めることは困難である.
(
2
) 良好なる経過をとる者:レ線像の変化から例えぼ要注意者群より要観察者群に入った者についZ
J
ま体重の変化を認めることは困難である.
(
3
) 変化のない者:体重の変化を認める ζ とは困難である.
要するに結核有所見者を対象として是等の体重の季節的変動を追求した結果,現に作業に従事している
者てはレ線像の変化に伴って体重は変動しないとと,只発病(直ちに就業を停止して療養を要する程度の「
もの〉せる例てはその発見 1-2カ月前より体重の減少が認められる.随つで従業員の体重を測定するこ
とに依り連続2回以上体重の減少を認めた場合は本人に注意を促すことが出来る程度の意味はあると恩わ
寸1る.
294
ヘ
1
0
7
. 紡績産業に捻ける胸部結按発病に就いて(第 2報
〉
井
上
宏(阪大第三内科)
昨年本学会に於いて,結核発病率についての報告で,健康者群からの発病率は減少しつ〉あるが . X
線
有所見要注意者群からの発病率は増加しつ〉ある.また職場別発病率は生産部門よりも事務部門に於いて
I
高いととを報告したが,との両部問問の発病率の差は大観して仕事の性質,及びそれに基く本人の生活態
度が強く影響していると見倣される結果を得たので ζ 〉に報告する.
7年より 3
0年に亘る間観察し得た X線有所見要注意者 1
p
3名について. (1)とれを部門別にみ
即!>昭和2
ると事務部門 5
4名中 1
6名,生産部門は 4
9
名中 5名発病じている. (
2
)更に ζ れを診断区分別にみると上記
要注意者中の疑活動性については事務2
6名中 1
3名が,また生産部門は 3
6名中 6名が発病,非活動性は事務
2
8
名中 8名が発病しており,生産部門 1
3名からは発病者がない.
次に昭和 2
5年以降の練習生〈大学卒).昭和 2
6年以降の見習生(高校卒〕についてみると,両者は卒業
6名中 1
0名が発病し
後直ちに精密なる入社身体検査を受け健康者として入社させた者であるが,事務部門 8
1
8名中 1名が発病している.更に勤務場所にみると本社勤務 6
2
名中 9名
ているのに対して,生産部門は 1
が発病しているのに対して,エ場勤務の 1
4
2名中からの発病は 2名(内 1名は事務〉である.
以上の如く要注意者に於いても,健康者に於いても生産部門よりは事務部門に,事務部門のうちでも本
社勤務に結核発病が偏っているととを認める.生産部門は比較的に規則正しい生活をなしているに反して
事務部門は不規則になる場合が多い.
発病者個々の調査に於いても私生活に於げる生活態度の不合理というととだけが認められるにすぎず,
ζ れは要するに疲労の蓄積ということに問題があるものと考えられるからこの点につき追究中之、ある.
1
0
8
. 結按患者及び要注意者の経過観察
(主として悪化者I
こ就いて〉
上
野
元男(阪大第三内科〉
1.研究目於.労働が結核に及ぼす影響を調査する一助として結核患者及び要注意者の経過観察を行い
主として悪化者について考察した.
2. 研究方法.大阪市内における特定 4事業場(事務職員3及び l事業場(紡績〉について活動性,疑
活動性及び非活動性結核の経過と,対照として大阪市内の 2高校と 2小学校における発病とその後の経過
とを観察調査した.
ふ研究成績.
(
イ
〉 特定 4事業場における 2
0
3名 5年間の観察.年令的には若年層において軽快率が高く,年令が
一進むに従って悪化者が増加し,悪化率は15%内外を示した.性別には差を認めなかった.病巣の大きさと
経過との関係は,
軽快の場ー合は概・ね平行関係を示したが悪化に関しては一定の相関々係を認め得なかっ
た.病型と経過との関係は,厚生省病型分類および今村氏分類の両者について比較検討を行った.
(
ロ
〉
紡績事業場における 5
5
6名 5年間の観察.昭和 2
5年から 5年間にわたり各年度毎の新患発生状
態を追求し,且つ非活動性,疑活動性及び活動性の各群についてその経過を観察した. 5ヶ年聞の平均新
患発病率は 0.5%を示し,以上各群からの悪化率は概ね 20%内外てあった.
〈
ハ
〉
学校生徒及び学童について(学校管理).年間発病率は高校 0
.
7%前後,小学校0.24%で£
仇病型分類においては高校は成人型を示しコごいる. 悪化は高校 8年間の経過において. 8
.
.
2
.
%~こ見ら
れ,その要因調査の結果ては生徒自身の運動過度叉は生活の不規則によるものが多い.なお小学校 6年聞
の経過では悪化者は認められなかった.
4'.考按.結核患者および要注意者の経過は,検診後の管理の良否による外年令的条件及び社会的(経
済を含めて〉要因に左右されると考えられる.
295
109. 富士製鉄釜石製鉄所にがける結按管理成績
(続報) 昭和初年度秋期現窪にがける歳績
海老名敏明,阿部政次,梅田義彦,工藤進三
新藤三郎,網境徳男
〈東北大抗酸菌病研)
門馬公道,伊藤克巳,東梅誠(釜石製鉄所病院衛生)
我々は昭和 2
3年以来,富士製鉄釜石製鉄所従業員について,結核に関ずる健康管理と集団検診を行って
来た.即:;結核有所見者を其臨床所見と職場環境から考えて, G (入院治療叉は自宅安静加療), F (
外
来治療軽作業,午前午後各一時間休養,職場転換), D (軽作業夜業禁止,要注意), B
'(要注意普通作
業群,年 4田検査). B (結核の臨床的治癒群〉の各項目に処置区分を行い,労働が結核の経過に与える
影響についで観察して来た.昭和 3
0年度秋期体検の結果は受検者6
6
9
4人中 1
8
人の新発病者を出し, G項 1
1
名て,昭和 3
0年度春期迄は間接撮影上全く陰影を発見出来なかった者が其の内 6名を占めてゐる.尚我々
は新発病の際は慎重を期するため
r
レJ線上比較的軽度な者でも,病巣の活動性其の他が明らかになる
迄は,なるべく G叉は F項区分を行うととにしてゐる.
処置区分の変更は X線検査(病型と拡がり),略奪疾叉は胃液中の結核菌検索の結果と,今迄の臨床経過
をみて行われたが,其の成積の主なものは,
G項からも或程度の悪化がみられたのに比し, F項からの悪
化率は比較的少いのでわないかと思われた.尚 D項からの悪化も春 7例(13%),
秋1
0
例 (13%)見られた
ので,健康管理の必要性が痛感された.
亦各職場,職種の主作業及び勤務時間中のR.M
.R.と勤務時間中の消費熱量を測定し,労働が結核の
発病及び経過に及ぼす影響を見たが,有意の差は得られなかった.日当りの良い職場からの発病者は比較
的少く,日光照射の少ない職場からの発病は比較的多かった.亦 2
.
0
c
m以上の結核腫からの空洞形成は 1
年間では 2
5
倒中 1例であったが" 2年聞の観察ては急激に増加した.亦 F.D.項に於いて,病巣の拡がり
の比較的進展している場合て、も,それ程悪化率は高くなかった.
110. F.鋼材工業に掛ける結援管理に就いて
(
第 1報
〉 胸廓成務術施行者の経鍾及び作業能力に就いて
多賀一郎,秋山舜ー(富山県立中央病院)
F
.綱材工業に於いて,結核管理を行っている我々は, 2
1名に及ぶ胸廓成形術施行者の経過を観察する
ζ
とを得たので,その身体に及ぼす影響並びに作業能力について報告する.
2
1
名の人々は退院後 6カ月聞は勤務時聞を短縮し,午後は 1時閣の安静をとらしめた.以前重労働の人
は出来るだけ軽労働に配置転換を行い,病状及び通勤の難易等により遅刻及び早退の許可を与え事務関係
者であっても業務分担の軽減等の庇護処置をとった.その作業別による分類は重労働 5名,中等度労働 T
名,軽労働 9名である.調査成績は,
(
1
) 肺活量の減少は一般に 20-40%と云われているが,之も犬体 6カ月 '
1
2カ月の聞に 20%位に落着
くというととであるが,我々の成績も大体之に近い24%を示している.
叉術前より増加した人は皆無であった.
(
2
) 呼吸保留も平均3
4秒て著明な低下を示した.
て
の
r
循環系に及ぼす影響を見ると,息切れを訴える人 8名,安静時脈簿も 9
0以上品名と極めて速い.
1
0
k
g
重量挙上法に於いで健康者の脈の恢復時聞は 2分以内であるが,施術者の大半は恢復が遅延し, 5分
以後になっても恢援しない者が 8名もあるということは,胸廓成形術の影響が著明セ且つ長く残るという
ことがわかる.
以上の如く胸廓成形術は治療法として優れているが,作業能力の低下は大きく,叉精神的にも一般に自
重感強く万事消極的となり積極的な作業意慾を欠く様であるから,衛生及び勤労上充分な管理を加える必
要がある.
296
111
. 某企業体の肺結接患者動態
(
第 1報
〉 入院治謀者の鐘閣成績に就い℃
古館常四郎,西尾泰生,大久保忠成(日本放送協会診療所)
昭和初年 4月以降,莱放送企業体に在籍した肺結核患者て,嘗って入院治療を受けた者の遠隔成績,特
に職場復帰について調査した.入院治療者 1
4
7名中,悪化 1
5名,不変 6
5名,軽快4
8名,経過不明日名であ
った.それらについて治療法,休養期間,復職前後の臨床症状,職種等に就いて比較検討した.
1
1
2
. ベ=シリンアレルギーに関する研究
(
第 1報
〉
ベ=ジリンアレルギーの発生頻度と診断、去の検討
横堀
栄,宮坂登志子,白石
彰,藤本佐賀枝
鈴木文子.倉島摂子,永原昭二(東邦医大公衆衛生)
最近抗生物質アレルギーの問題がやかましく論ぜられるようになり,特にペニシリンは抗菌スポクトル
の範囲も広く,廉価で,副作用も少なかったため濫用の傾向さえ見えた.
CormiaW
a
l
d
b
o
t
t等によりベニシリンアナフィラキシーの報告がなされて以来世界各国に於いてもそ
こ達し,皮膚反応を主と
の死亡例が続々報告され,東京監察医務院に於いて解剖した急死例のみでも 8例 f
するアレルギ一反応の例に至つては極めて多い.われわれは木学病院,大森日赤病院,他数診療所及び某
化学工場従事員を対称として調査した結果,
5
2
2名中 2
4
例1.6
%
:
(
'あった.
1.ペニシリンアレルギー患者の発生頻度はペニシリン使用者1
3
例て,ベニシリンアナフィラキシーと思われるものは 1例であった.
皮膚に発疹を生じた症例が 2
2
. 診断法は鳥居の方法即:; 500ufccのペニシリン G
O
.
0
5
c
c皮内注射による迅速反応陽性率は被検者
3
5
2
名中 2
.1%であった.
3
. 皮内反応の膨疹の大きさは迅速反応の場合lOm
m以上を陽性とする鳥居の判定法とわれわれの調査か
ら得た成績は一致する.
4
. 皮膚糸状菌症と交叉反応によるアレルギー反応は著明でない.
尚実施中のベニシリン工場作業員,医師,看護婦等ベエシリンに曝露され易い職業者の成演をも追加報
告したい.
1
1
3
. ス
ヘyク靴の中底中に理合された PCP剤の抗菌力に関する実験的研究(続報〉
白
国
川
見
充(久留米大衛生・公衆衛生)
秀
範(久留米大皮膚科)
著者等は先に,本学会九州地方会秋季総会(昭和 3
0年1
1月2
7日)に於いて発表した如<"ズック靴の中底
中に PCP(
P
e
n
t
a
c
h
l
o
r
o
p
h
e
n
oJ)の Naおよび Ca塩や, Lindane(有機会成殺虫剤 BHCの有効成分
たる γ異性体を 99%
以上含有する高純度品〉を,それぞれゴム底部に 3-20%
,ズック布とゴム底を貼付
するゴム糊中に一律に 3
0%含有するように配合された材料を用いて,その種止の雑菌(ブドウ状球菌や醸
母菌など〉或いは白癖菌〈狸紅色菌および指間菌〉に対する抗菌カについて実験的研究を行つ之,その抗
菌カは PCP剤において特に優秀なる ζ とを認めたが,今回は更に,これらの材料の長期間使用後の抗菌
カ,およびその水洗による抗菌力の持続性の有無について検討を行い,その結果,木材料は相当長期間履
用しても,叉その聞かなり長く水洗をくり返しても,抗菌力を維持しており,
ζ
の PCP邦j
配合のズック
靴はすぐれた抗菌力を有するととを認めた.叉とのズック靴を男子研究者 6名,および女子研究補助員 2
名が夏季に約 8カ月関連日履用し,その間何らの副作用も皮膚症状も認めるととはできなかった.
297
1
1
4
. 著効ま認めた白密性汗癌疹(所語水虫〉の治療法に就いて
菅
居
正
素(住友化学大阪診療所)
工場に於ける所謂水虫と称する病気は夏季多発するが,之に対する治療は従来見るべきもの少なく抗生
物質「トリコマイシン J,r
オ}レオスライシン」等を使用しでも全治は中止困難な現況て、ある.余は市!波
f
s
の殺菌灯を使用し多数の水虫患者を治療し,極めて良好なる結果を見たので報告する.
0
.
3
0
c
mの近距離より 1分乃至 2喜子照射する.一日一回てよい.局所を清潔にすることは勿論
殺菌灯は 2
必要である.塗布薬は強刺戟性のものを避け,寧ろ緩和なものを使用した方が成績がよい.例えば[ウン
4
デシレン」酸,抗ヒスタミン軟膏,捌酸軟膏フラシン」軟膏等を症状に応じて塗布する.局所は包み
こする.(此皮の症例では抗生物質は使用していない)
とまずに開放し,なるべく日光並びに大気を浴がる様 t
軽症は以上の処置だけでも治癒するが,中等症並びに重症では之だけでは中 A 治癒困難である.之に対
しては症状に応じ,炎症のあるものには[サルファ」剤を反復用いる.叉「メチオ=ンJ
,r
ビタミン JC,
3
4日より 1
6
4日に及んだが殆ん E全治し
ぼビタミン JB2 等を多量に与える.しかしで治療期聞の長きは 1
がた.再発は只ー例に短期間見られた.所謂水虫と称するものは,季節的に発生するー穫の体質病てある様に
恩われる.従って局所的治療のみならず,必ず全身的に治療することが必要である.叉医師も患者も忍耐
を必要とする.殺菌灯を使用することは操作極めて簡単で叉時間もか〉らない.従来の「リゾールJ浴の
様な面倒がない.
ρ
K
r
マラカイトグリューンj や「メチレン」青等の色素,赤丁,沃丁による汚染もない.
極めて快適な,しかも短時間て有効な方法は之にまきるものはない.
誌. 1
1
5
. 健康日本人の体内における錯分布の再検討〈そのわ
堀内ー踊,田守悦男,岡田
彰,弓削昌子(大阪市立大衛生,公衆衛生〉
鉛中毒解明の基礎資料となる健康人の体内における鉛分布状態に関しては,
既に私どもの教室におい
占で,多年研究を重ねて来たととろであるが,木研究は,鉛中毒特に潜在性鉛中毒診断の重要資料であると
ζ
ず
ろの尿,尿更に血液中の鉛含有量のじよ限度決定のために果す役割は大きい.と ζ ろがとれらの鉛量は
1
生活環境の異るに従って,その量は相異してくるものであるから画一的に決定するととは困難である.私
どもの教室て先年発表した健康日太人の尿1
*
.血中鉛量は都市在住者を対象と bたものてあって,日本入
e
手の人口分布上大きい比率を占める農村在住者のそれについては未だ研究が行われていない.
そとて私どもは一昨年来農村在住者を対象としで,尿,尿,血液中の鉛含有量を測定すると共に,
ζれ
らの人々が日常摂取する飲食物中の鉛量をも併せて測定して,都市在住者のそれと比較を行った.
l
その結果の一部は次の如く,都市在住者と大きな差は認められないが,鉛含有量が若干低く Eつ血中及
,
X)尿中の鉛含有量の分布隠が狭い傾向がうかがわれる.
鉛
液
血
尿
F
長
20
1
0
9
62
合
有
量
4 μ
g
/
1
0
0
g
4.8-30.
6.6-81
.7μg
/
f
l
86.0-415.0 μ
g
/日
1
1
6
. 生体内に侵入せる鉛の運命に就いて
(その 3) RaD の経口投与による実験
堀内ー繭,堀口俊一,長尾美昭,和田
岡田
彰,弓削昌子
ー
望
(大阪市立大衛生,公衆衛生)
二私どもは昭和 2
6年第 2
1回日本衛生学会総会に於いて,鉛の放射性同位元素の一つである RaDを t
r
a
c
e
r
2
9
8
として,鉛中毒に擢りつようある動物に皮下注射によ!り投与し,以って生体内に侵入せる鉛の吸収,移動,
蓄積及び排池等に関して報告したが,今回は Ra.Dを経口的に投与した場合の実験成績を報告する.
体重 4
00g前後の雄性テンジクネズミに,酷酸鉛溶液を経口的に投与して鉛中毒に躍りつつあるものに,
k
g当り約 20μcの RaD を経口投与し,血液所見,血中,尿中, 糞中の RaD及び鉛量を逐目
体重 1
的に測定すると共に, RaD 投与後 8日
5日
, 1
0日
, 1
5日
, 2
0日
, 4
0日にそれぞれ潟血死せしめて,血
液及び臓器中の RaD 及び鉛量を測定した.
1
) RaD 投与により赤血球数, Hb量は更に減少し,塩基性穎粒赤血球数,網状赤血球数の増加がみ
られる.
2
) 投与せる
RaD は略ノセ 1週間てその大部分が糞中に排濯せられ, 尿中えの排?世は極めて僅かであ
h
る. 2
0日までに,投与 RaD,
の 90%
近くが排池せられる.
3
) 全血中 RaD は投与後数時間で最高値を示しその後急速に減少する.
4
) 体内に吸収せられた RaD 除,肝ては時日の経過と共に次第に減少し,牌,肺では 10-15日頃よ
り減少し,腎ては初め増加し後減少する傾向を示す.腸管て、は動揺を示しつつ減少するが,盲腸には多量
の RaD が長期にわたり存在するようである. 骨髄ては投与後 1
5日頃まで漸次増加するが,その後次第
に減少する.歯及び骨には比較的早期に吸収せられ旦つ蓄積する傾向が認められる.
5) 臓器中鉛量は歯,扇平骨,長管骨に多く,次いで牌,腎,肝,盲腸に多く認められ,血中鈴濃度は
0.87-2.05μ
g
/
gであった.
1
1
7
. 赤血球内に掛ける鉛の分布とその結合航態に就いて
森
明(慶応大衛生,公衆衛生)
血液中鉛の存在状態については従来多くの研究がなされているが,著者はとの点につき特に鉛と赤血球
(膜・基質及び内容〉との結合状態を究明するため,鉛の分析に R
o
s
s及び L
u
c
a
sの蕗酸カルシユウム
による共沈法を応用し,
Ca:EDTAの化学的作用を利用して実験的研究を行った.実験には体重2
0
k
g前後
の雄犬 4匹を用いた.結果の概略は次のとおりである.
(1) 正常犬血液について.
90-95%),その殆んど(約 9
5
血紫,血球聞の鉛分布は,従来周知のように圧倒的に血球部分に多く (
%)は基質以外の内部に存在するものと思われる.との部に存在する鉛は蔭犠カルシウムによって共沈し
ない. 即 3
,
ぅ との部分の鉛の結合は極めて強固で溶血によっても鉛は容易に離れるととがないと思われ
る.
(
2
) 試験管内で正常犬血液に鉛を添加した場合.
0-70%は血球部分に存在し,その殆ど全部が蕗酸カルシウムによって共沈ナる.従って
添加した鉛の 6
ζ の場合,添加した鉛は赤血球内部には殆ど存在しないものと思われる.
(
3
) 生体内て血液中鉛量が増加した場合.
血奨,血球の両者とも鉛量は増加するが,赤血球基質部分に最も多く,基質以外の内部が次に位し,血
撲部分は最も少いものと考え与れる.
(
4
) 赤血球と鉛の吸着乃至結合状態について.
鉛が試験管内て赤血球と結合じた場合と,生体内て結合した場合を比較すると,前者ては短時間のため単なる物理的吸着状態であり,後者では更に複雑な物理的吸着及び化学的吸着の状態にあるものと考えら
れる
(
5
) CaEDTAの作用限界について.
CaEDTAは赤血球に存在する鉛の或る一定量しか PbEDTAとすることが出来ない. 更に前述の
b
とおり,試験管内と生体内とでは鉛と赤血球との結合状態が累るため, 後者では前者に比して逢かに P
EDTAとなり難い.
岬
299
1
1
8
. 錯の血中分布に関する実験的研究
横
橋
五
郎(公衆衛生院労働衛生上
家兎の静脈内に 1日1.5
皿g
宛 5日間鉛を注射し,第 7目、ピ頚動脈より採血してガラス球にて脱線維じ遠
心分離によって血紫と血球とに分けた.
血疑についてはイオン性鉛と非イオン性鉛とを区別するために. .
N
a
.
d
i
t
h
i
o
n
i
t
eによ る抽出 f陽イオン
ι
交換樹脂による吸着,セロファン膜による透析を行ってみた.動物個体によってはイオン性と考えられる
0%. 80%となった場合もあって一
部分が 20%. 非イオン性と考えられる部分が 80%であったが逆に夫-k2
定じなかった.
血球は蒸溜水て溶血せしめトルホールを加えて振重苦し遠心分離によって肉祭と基質とに喜子け両部分に於
5.,--78%. 基質中に 15-25%存在し,その比は 4:1程
げる量比を求めたところ,大体に於いて内築中に7
度て、あった.
内媛中の鉛の内透析性のものは10%
程度,非透析性のものが90%
位あったが,陽イオン変換樹脂て吸着
できるイオン化性のものは 20%. 非イオン化性のものが80%あった.内竣中の鉛の大部分は血色素と結合
していると考えて,へム喜子とグローピン分とに分けるため1.5 %塩酸加アセトンて加水分解し,
アセト
ン可溶分をへム喜子,沈澱部分をグローピン分として分離したと ζ ろ,ヘム分に 90%.グローピン分に10%入
っている結果になった.然し塩酸酸性にしたため血色素分子より離れた鉛がアセトンに移行しているので
はないかと考えて. 1
..
5
%塩酸で同じように水解して後陽イオン交換樹脂に還したところ 90%以上吸着さ
れてしまうのをみたので,1.5%
塩酸加アセトンによる処理は単に酸による遊離かも知れないととになり,
ζ の方法は鉛のヘム分とグロ}ビン分との分離には適当てなし、ょうてある.
1
1
9
. 舗中毒の血色素合成異常に関する研究
(
第 1報
〉 鉛中毒時のポ J
[
.
.フィリン代謝に関する研究
佐野晴洋,井上
将(京大公衆衛生)
鉛中毒の血色素合成異常は,ポルフ 4リン体形成,グロビン合成,ポルフィリン環えの鉄の I
n
c
o
r
p
o
.
r
a
t
i
o
nの三部門の解明が進み, 更にとれらの間の有機的な関聯についての研究が行われない限り解決き
れない.グロビン合成については核酸代謝の面より研究を進めて来たが,更にポルフィリン体の形成機転
amuelS
c
h
w
a
r
t
z,Watson氏方法により,後光測定は P
f
a
l
t
z
を研究した. ポルフィリン体の定量は S
e
r叉 Shimadznの F
l
u
o
r
o
p
h
o
t
o
m
e
t
e
rを用い, フィルターは一次 VVI,二次 C
o
r
n
i
n
g2
4
1
2
andBau
及び KIを使用した.標準ポルフィりンは G
r
i
n
s
t
e
i
nの方法による結晶プロトポルフィリン Eを用いた.
酷酸鉛を家兎に皮下注射 μ 骨髄,血球,血紫.,'.~尿..糞のコプ胃及びプロトポルフチリンを定量じた結
果
,
注射後最も速かに骨髄中のコプロポルアィリンが著明に増加し,
血清中にコプロポルフィリンが出
現し尿に排濯される.未梢血の赤血球中にはコプロポルフィリン及びプロトポルフィリンが漸次顕著に増
加するが,慢性化するにつれコプロポル 7 ィリン量が減少する.骨髄中でのコプロポルアィリン体の増加
の理由はポルフィリン体形成に与かるグリシンの著明な増加にその本質が求められ,
ζ
れより直接に細胞
及びヌク
内てポルフィリン体合成が進むものと考える.現在グリシン増加の原因を赤芽球細胞質の RNA
レオチドとの関聯において研究している.
1
2
0
: 錯イオンの筋.p
hosphorylase及 び phosphoglueOinutaseの活性におよ
i
ます影響
西 尾
男(鹿児島県立大衛生)
鉛粉を毎日 O.Ìg ずつ 1~2 週間経口投与して急性鉛中毒に擢患せしめた家兎の排腸筋をウレタン麻酔
下に刻出して i
n
o
r
伊h
♂
C
ip
h
o
s
p
h
a
t
e,p
h
o
s
p
h
o
e
r
e
a
t
i
n
e,ATP;hexosemono
凶o
s
p
h
a
t
eを S
a
c
k
s 氏法
て喜子画定量し,鉛粉投与前に反対側め排腸筋を同様に処理しで得た値とくらべると各分画とも減少よりは
300
むしろ増加がみられる. とれは骨路筋中の p
h
o
s
p
h
o
r
y
I
a
t
i
o
nの急性鉛中毒による充進を意味すると考え
られ,皮下注射した P" の上記諸分画中の分布をみた実験では hexosemonophosphate 中の P" の
s
p
配 i
f
i
ca
c
t
i
v
i
t
yが中毒により最大の増加をしめした.このような所見から骨務筋中の p
h
o
s
p
h
o
r
y
l
a
t
i
o
n
にあづかる諸酵素に対する Pbイオンの i
nv
i
t
r
oでの影響を追究する必要を感じ"まづ phosphoryl
a
s
e
について検討した.筋 p
h
o
s
p
h
o
r
y
l
a
s
e標品は C
o
r
i氏法て家兎筋肉より調整じた(結品を得るととは超
遠沈器に冷却装置がないので不成功).活性J
i
U
1
定
は Co
Ii氏法によったが,作用時聞を 6
0
7
子として次のよ
うな成療を得た.
HgC12を 4.3xlO
・
'Mの濃度に加えると p
h
o
s
p
h
o
r
y
l
a
s
e活性は約'/,に, 4.3xl
O
-3M て活性は殆ん
OO)2は 5.9xlO-'-lO・'M の範囲の濃度では活性の減少はみられず, 5
.
9
χ
1
0
'
ど消失する. Pb(CH
3C
M てはむしろ増加の傾向がある. また 4.3xl
O
-3M の HgCI2と 4.
4xlO-'Mの Pb(CH3COO)2 の
共存においては活性は HgC
¥,のみの場合と差がない.
次に P
hosphoglucomutaseに就いて現在検討を行いつつある.
121. 錯 中 毒 に お け る Ca-EDT
広 の 効 果 に 関 す る 研 究 ( 第 3報〉
織田実男,原田
章(京大公衆衛生)
我々は前 2報において実験動物における蓄積鉛に及ぼナ Ca-EDTAの効果を,主とじて注射によって
石 DTAを経口投与及び腹腔内注射に加えて,
投与した場合における効果について報告したが, 更に Ca
世量及び血液像等に及ぼナ影響をとれら症状の相互間の関税におい
尿中鉛排液量,コプロポルフィリン排f
て検討した.実験動物として予め充分鉛粉を摂取させたラッテを用いて実験を行ったととろ, Ca
・
EDTAの
経口投与によっても尿中鉛排池量は増加じたが,腹腔内注射の場合と比較するとその増加は著明なもので
はなく, Ca-EDTAの経口投与によって各ラッテは下痢をおとした. しかしとの下痢は Ca-EDTAを腹
腔内注射にかえることによって何れも解消した.尿中コプロポルフィリン排池量は正経口投与及び腹腔内
・
EDTAの投与を続けてゆくと漸次!減少した.また Ca
注射によって何れの場合にも増加を示したが, Ca
EDTAの投与によって増加した尿中コプロポルフィリン排池量は,投与中止により著明な減少を示した.
間歎投与の場合においては, Ca-EDTAの腹腔内注射を行う度に,減少していた尿中コプロポルアィリン
排池量は増加を示した.しかし間歎投与を続けてゆくと ζ れらの増加の山は次第に低くなり,終には Ca-
EDTAの注射を行っても尿中コプロポルフィリン排世量の増加を示さなくなった. なおとの場合におけ
る尿中コプロポルフィリン排液量の増減と,ヘモグロビンの増減との聞に関聯は認められず,尿中鉛排?世
量の増減に比例していることが認められた.
なお人体の場合における経口投与の効果に関しても報告する.
122. 錯 中 毒 に 対 す る ビ タ 芝 ン Bl2の効果に関する研究(第 3報〉
佐野晴洋,原田
章(京大公衆衛生)
V.B1
2及び葉駿を投与すれば鉛作業者及び鉛投与動物の血液像を好転せしめることを報告したが,
こ
の理由を核酸代謝の面より検討した.
結晶 RNAa
se(米国 Wo
r
t
h
i
n
g
t
o
n研究所製〉に対ナる鉛イオンの影響を酵母核酸を用い M.Kunitz
の方法により検索した所,微量の鉛により著明なる抑制が起ることが判明した.また網赤血球を含む赤血
n
c
u
b
a
t
eすると,縞赤血球中φRNAは網赤血球中の RNA'!
l
s
eの作用により
球を試験管内て 3 mに i
漸次分解する.同時に鉛を添加すると添加鉛量に平行して著明なる RNAの分解が起るが,とれにヌクレ
オチ f(ATP及びヌクレトン〉を添加し,叉は V
.B
1
2,葉酸を添加すると試験管内の鉛による RNA分
解作用が抑制される.生体内でもとれと類似の反応が起っているのではないかと考え次の実験を行った.
健常成熟モルモ y トを 8群に分け,第 1群の 6匹は対照として断頭屠殺し,一方第 2群のH匹には毎日
鉛 5mg(酢酸鉛を使用〉宛を,第 8群の1
0
匹には毎日 6mg
宛及び V.B
1
26
0
γ 宛を筋肉内に注射し,同群
h
n
e
i
d
e
r法により測定した所,次の如き結
とも注射後 7日自に断頭屠設して夫々下肢の骨髄核酸量をSc
3
0
1
果を得た.
1
) 鉛投与はモルモット下肢の骨髄 RNAの減少を来すが, V
.B12 を鉛と共に投与すれば ζ れを防止
する.
2
) モルモット下肢の骨髄 DNA量は 8群の関に有意の差は認められない.
以上の諸事実により,
V
.B12 及び葉酸の投与が,鉛による血液像悪化を好転する理由は,核酸代謝特
に RNAの代謝障碍を消失せしめることにあると考える.
1
2
3
. 鉛中毒の解毒機転に関する研究(第 4報
〕
富士ー貞吉,榊原栄一,久成正生(大阪学芸大衛生)
さきに,われわれは生体内鉛侵入による初期の変化のうち,臓器殊に肝臓,腎臓並びに血中に於げる G
SH物質の動態を詳細に実験し,侵入鉛の解毒に G.SHが関係深いととを報告して来た.之等の変化のう
ち,殊に肝臓の鉛吸着,離脱(動態〉は G・SHの変動に関聯して関係深いものであった.
今回は,以上の実験を更に継続し,侵入鉛の臓器組織えの移行(沈着までいかない〉とその離脱形式探
究の一助として G
.SHの最も変動の著しい肝臓を選ぴ, C
o
n
g
o
r
o
tを i
n
d
e
xとして侵λ鉛の移行状況を
.SHの量的変化と比較検討し,叉,同じく SH物質である SH酵素コリンエステラーゼの変
観察し, G
動を硝子電極 PHメーターにより測定して G・SHとの影響を観察した.叉,鉛の肝臓移行と G
-SHと密
接な関係を有する所から,鉛イオンと SH化合物のキレート化合物形成の有無を実験し,遂に,榊原の
云う一種の運搬体 F
e
r
r
o
u
sb
i
sC
y
s
t
i
n
a
t
eC
h
e
l
a
t
eCompoundの Feイオンの配位空所に酸化鉛が配位
し得る可能性をペーパークロマトグラフにより実験したので,鉛
G-SH,鉄の三者の関係についても言
及し,鉛侵入と初期の生体内変化,叉,組織沈着,排池等の関係を SH物質の立場から報告じ,
御批判
会仰ぎたい.
1
2
4
. 慢性鉛中毒に説ける鉄及び銅代謝に就い τ
市
瀬
修(東北大中村内科・三菱金属総倉鉱業所病院)
鉄及び銅の代謝については,既に古くより多くの研究が見られるに拘らず,その生理,病理については
今日尚不明の点が多いが,最近益々その臨床的意義が重要視せられ,血清鉄及び銅の濃度を知る事は,生
体の防禦反応、に対する鋭敏な指標となり得ると云われてゐる.
演者は数年来木会に於いて,主として所謂職業性慢性鉛中毒者の全身抵抗力に関与する 2, 3の機能検
査に就いて報告して来たが,今回はその血清鉄及び銅の態度について検索し,更に Ca
・
EDTA投与によ
る血清鉄及び銅のj
首長をも観察せんと試みた.
E
対象)
H鉱山の製鉛作業者中より,所謂慢性鉛中毒{苧見られる各種の主要症状を具備じ,自他覚的
犯他の異常所見を認めないもの4
0
名を選んだ.
〔成績〕
赤血球数及び血色素量は,多くのものが軽度であるが正常値以下の値を示し,特に 1
5年以上
勤続者に於いて著明であった.
血清鉄及銅値は何れも概ね正常値を示したが,正常の範鹿内に於いても低値に傾くものが多く,更に正
4
常値以下を示すものも比較的多く見られた.
赤血球数及び血色素量は,血清鉄の債と平行し,血清銅値の変動も血清鉄と概ね平行する如き傾向が見
られた.
以上の如き血清鉄及び銅値の所見は,極めて長期に亘る鉛塵曝露者に見られた身体諸機能低下えの傾向
?を裏付け得るものと考えられる.
3
0
2
1
2
5
. は じ め て 鉛 に 曝 露 し た 場 合 の 生 体 反 応 ( そ の 1)
堀内ー踊,堀口俊一,長尾美昭,岡田彰.弓削昌子
岩滝典生,和田
望
(大阪市立大衛生,公衆衛生)
従来鉛作業場に長年勤務している労働者の病態生理学的研究については詳しく報告されているが,正常
者が鉛作業に従事したとき如何なる変化を惹起するかの観察は乏しいようである.私どもは,はじめて長合
作業に従事した労働者が鉛曝露に対して如何なる反応を示すかを検討しようと試み,若モの成果を得たの,
て報告する.
対象にしたのは某蓄電池工場にはじめて入社じた健康な男子 6名で年令は 1
8才-19才,検査項目は赤血
球数,白血球数,血液比重,
Hb量,網状血球数,塩基性穎粒赤血球数,白血球像,全血中, 尿中及び
尿中鉛量,泉中コプロポルヌィリン量であって,採用前及び採用後はじめは毎週 1回,. 3カ月後からは毎
月 1-2回測定を行って,その経過を比較検討した.
赤血球数及び Ca量は鉛曝露の当初にはむしろ精々増加するものもあるが,後次第に減少の傾向を示す.
白血球数,ー白血球像及び異常赤血球の出現頻度には著明な変化は認められないようである.
尿中コプロポルフィリン排泊量は約 6カ月後に稿々増加しているものがあるが,その他は特 に著変を認
d
めない-)"
会血中及び尿中鉛量は鉛曝露により漸次増加の傾向を示すようである.叉IlR:中鉛量は初期には著しい変
動は認められないが, 2-3カ月後から徐々に増加しつつあるように思われる.
1
2
6
. 錯中毒と上皮小体機能
土屋健三郎,西村
E雄(東京歯大公衆衛生)
鉛と Ca との関係についての研究は枚挙にい とまがないしかじ;愈位鉛中毒の治療の際にも, Ca投
i
a
与により,鉛は骨え沈着し急性鉛中毒を慢性化ずるという説と,反対に Ca投与は却って骨の鉛を追い出
ナという説とがある.叉,鉛中毒時に於げる Caf{;謝についても不明確な点が多く残されている.いずれ日
にしても,鉛と Caとが密接な関係にあることは論を倹たない.それ故
Ca代謝を司る上皮小体の機能
の変動は Caのみならず,鉛の代謝にも影響を与え,更に叉鉛に対する個体の感受性や抵抗力の桶違にも
関与するかも知れないととは容易に想像される.
そとて,ラッテの上皮小体をできうる限り全別出して,鉛と Ca代謝及び Caの代謝障害と鉛の中毒症
状等の関係を観察した結果,別表に示すよう成績を得た.
この結果を考察すると次のととがいえると思われる.
(
1
) ム皮ノト体機能の低下は Caの骨えの沈着を抑制し,代りに鉛の骨えの沈着を促しそのため鉛中毒
をより慢性化ずるものと思われる.
別表: 上皮小体機能低下の Ca及 び Pb代謝に及ぼす影響
正 常 +Pb群
血清 Ca
尿中 Ca排 f
世
血中 Pb
尿中 p b 排澄
体内 Ca残 留
体内 Pb残 留
鉛貧血
*
*
*
(初E!3)ー
上皮小体別出群
(初+)ー
+
+
/
+
ノ
l
上 皮 / 陣 易 附 Pb
群
+
/
/
+
備考*は正常ラヅテ{外科侵獲を加えた)と比較した場合を意味し,他は上記両者相
玄関のみの比較を意味する.。は明確さを欠<.
30
3
'
(
2
)
ζ れは
Caの骨えの沈着不良の結果起るもので,単に血清中 Caの増減ではなく Caの骨えの沈一
着親和性如何が,鉛の脅えの沈着の増減を決定するものである.
(
3
) 従って,上皮小体機能の如何が Ca代謝に影響を及ぼし更にとれが鉛の代謝にも関係することに
なり,
ζ の内分泌器官の活動が鉛に対ずる個体差に影響する一つの大きな因子であることが想像される.
誌
1
2
7
. 鉛中毒と副腎皮質機能
(
第 3報
〉
大黒鼠の実験的慢性中毒
脇 坂
一郎(東大公衆衛生)
W
i
s
t
a
r
.King純系大黒鼠に亜慢性鉛中毒をおとさせる目的を以って 1
0
0日間 1日5
r
o
g
f
k
g
の割合て酷酸
鉛を腹腔内に注射!シ,その経過中の血液所見z 実験終了時の ACTH試験による副腎皮質機能検査,及ぴ'
t
r
田 s としての鉛の障碍に対ずる生体側の反応を考察し,次の知見を得た.
副腎の組織学的所見から, S
(
1
) 循環 Eosin好性白血球数は, 鉛中毒が慢性化の様相を呈するにつれて動指しながら次第に上昇しー
てゆく.
(の
これに伴い,血色素量は著明に減少して低色素性貧血の様相を示すi:
,
(
3
) 中性曙好白血球数は,鉛注射開始後初期から著明に増加レ,その増加除絶対的増加でみる.
〈の これに対して,リンパ球の変動は比較的少なく,初期においては相対的減少が著明である.
(
5
) ACTH5r
o
g
f
k
g皮下注射による循環 Eosin好性白血球, リンパ球の減少反応、は, 欠如或いは
軽微であり,対照群に比較して有意の差を示しだー
(
6
) 副腎、は肥大し,その肥大は皮質特に穎粒j習において著明であるが,退行性の変化はみとめられず"
A
s
c
o
r
b
i
n
.酸穎粒はむしろ過剰出現の傾向を示していた.
(n 鉛中毒群ては,血祭蛋白は低下し,就中, Alburoinは絶対的減少て, Globulinは変らない.叉:
尿酸・ C
r
e
a
t
i
r
i
i
n
e比はJ::昇しているものが多かった.
以上のととから,亜慢性鉛中毒においては副腎皮質の機能は元進状態にあると考えられるが,その予備品
反応力には低下を示すものと思われる.
誌
1
2
8
. 鉛中毒と副腎皮質機能
(第益報〉
副腎割出大黒鼠の鉛中毒実験
脇 坂
郎(東大公衆衛生)
両側国j
腎の同時易H出をほどとした大黒煎について酷酸鉛 2
0血 g
f
k
gを腹腔内注射,叉,醗酸鉛と同時に:
r
t
l
s
o
n
e5
0n
i
g
f
k
gの注射を行い,
Co
ζ
れに対する血液・尿所見を対照動物のそれと比較観察した.正常
osin好性白血球の著明な減少,網状赤血球の増加, 血色素量の一時的
な大黒鼠ては,鉛注射によって E
な増加,尿酸・ Creat~nine 比の一時的上昇等所謂 Alarro
死亡例はなく,賓血は比較的早く回復し,
Reaction とみなされる所見が著明てあるが,
proporphyrin排池量も 8日後までは弱陽性を示
叉尿帽のCo
回 c
t
i
o
n はみ司
したがその後は陰性化している. 之に対して副腎易H出大黒熊で、は‘上述 φ所言買 jUarroR
られず,酷酸鉛の注射後 2-3日以内に約半数が死亡、し,尿中、Copr
叩o
r
p
h
y
r
i
nーは強度の陽性て旦つお
そくまでつ立いた.しかし副腎刻出大黒熊ても
C
o
r
t
i
s
o
n
eを同時に投与した場合には, 強い A
l
a
r
r
o
.
j
f常大黒瓶の場合と類似した態度をとり,貧血もなく,叉観察期間中に死亡すること
Reactionを示じ;.
もなかった.とれらの結果から,副腎刻出大黒熊においては,正常動物にとって極めて僅かな障碍を来ず
にすぎない程度の鉛に対しでも,致死的に重大なる影響をうけ,
ζ の障碍は,
'
C
o
r
t
i
s
o
n
eの投与によって
代償せられることは明らかである.
1
2
9
. 慢性「鉛」中毒の雌性白鼠生殖器機能に及ぼす実験的研究
松
窪
正
男(慈恵太公衆衛生)
成熟並びに幼若白胤に酢酸鉛溶液を連続的に反復注射 G,慢性「鉛 l中毒が雌性生殖器機能に如何なあ,
"
3
0
4
1
影響を及ぼすかを観察する為に木実験を行った.
白鼠は吾が教室の動物舎にて生れた同腹仔を飼育レて用い,実験,対照各 1匹宛を組合せ総数8
2匹に就
5日,最長 1
0
5日,注射総量最少35mgr,最大 195mgrである.
いて実験した.注射日数最短3
実験の結果を概括すれば次の如し.
実験動物の性周期は L
ong.Evans.の報告による陵脂膏検査 (
V
a
g
i
n
a
Ismearmethod) を毎朝一定時
f
間,注射前に之を行い,角化細胞期の消失と,性発生間歓期の持続的出現を認めた.之れは明らかに所謂
交尾期を現わさない性周期の抑制を意味ナる.
注射長期に渉るものは妊娠能力を完全に失い,短期のものでたとえ妊娠しても出産仔は数匹に過ぎず,
しかも授乳中も母胤に引続き注射を行うときは其の仔の発育極めて悪く生存日数数日にて死亡する.組織
学的に卵巣,子宮,卵管及び騒の萎縮,変性を来した.その病理組織標本を作製し,更に組織中の鉛の検
出には硫化法により,鉛粒子を黒色頼粒としてグラーフ氏卵胞の部に検出した.陸上皮は非薄となり角化
を認められなかった.更に鐙光顕微鏡的検索により対照群にくらべて蛍光を発するととが少ないととを認
,めた.
130. 錯作業者の血清蛋自分屑に関する研究
(特に r
g
l
o
b
u
1
i
nについて〕
須
鉛中毒患者;についての血清蛋白質に関ナる業績は数多くあるが,
藤
恵夫(慈恵大公衆衛生)
いずれも血清一Albuminの低下,
-7・
g
l
o
b
u
l
i
nの増加という点ては一致している.私達は長期間鉛を取扱い,しかも所謂鉛中毒の臨床症状を
一示さぬ鉛作業者について,血清蛋自分屑を電気泳動法により測定し,特に r
g
l
o
b
u
l
i
n分屑について検討
を加えたので報告する.
被験者は某工場の鉛作業者 2
0名て作業者の勤続年数 1年- 5年を A群
, 6年- 7年を B群とし" A群 5
名
,
B群15名である.採血は早朝空腹時に行い,電気泳動 は Tiselius電気泳動装置を使用し, 電気泳動
f
g
l
o
b
u
l
i
nについては Deutsch らの唱える r
,
g
l
o
b
u
l
i
n ~こ特に意を用
研究会の規定に従って行った. r
いて分析し
,及び T,に分けて計測を行った.実験の結果は血清総蛋白濃度は,A. B群とも正常範
r
囲内にあり, Albumin,α,
f
l,g
I
o
b
u
l
i
nも,木邦正常成人の分屑値(近〉と殆んど相累を認めるととが出
来なかった . A群の Tl
g
l
o
b
u
l
i
nは 4.7%,む ;
g
l
o
b
u
l
i
nは18.6%でし、正常値に比べると両者とも僅かに
r,
g
l
o
b
u
l
i
nの高値が特有である.従って従来報告されている鉛
高く, B群は夫ノセ 5.7%,17.4%で特に '
g
l
o
b
u
l
i
nは,主として T
l
o
b
u
l
i
nの増加に原因している可能性があり,
中毒患者の高 T
・
,g
ζ
の点今後の再
,
g
l
o
b
u
l
i
n
:検討が必要であると考える.私達の実験例は中毒症状を示さぬ鉛作業者であったが,との場合も T
が既に増加していることを認めるととができた.
なお同時に測定した血中鉛量は A群ては 55.6γ%, B群ては 39.6γ%の平均値を示し,作業年数の短か
γい者程高値を示す結果を得たが,これは所謂慣れの現象と関係あるかも知れない.
1
3
1
. 錯中毒における盤光球の態度
(
第 2報
〉
実験的鉛中毒動物の盤光球
渡辺厳ー,布施徳郎(新大衛生)
昨年われわれは,蛍光球の観察法についてのべた.すなわ:;~妥光顕微鏡装置をもちい,赤血球浮遊液に
F
数種のフィルターで溜過した励起線を照射する.そのさい,明らかに赤色 赤褐色と認めうる後光を 8秒
以上発するものを,鐙光球どして測定した.
今回は,主として実験的鉛中毒壬ルモタトの後光球数の変化について報告する.
実験は,春秋の気候のよい時期をえらぴ,前後 8回行った.モルモットの数は,都合 2
2匹てある.とれ
dと,酢酸鉛溶液を, Pb量にして 30mg/kg宛 5日間隔て 4回計 1
2
0
m
gを与えた.
5-7日目ごとに,鐙光球数を測定すると同時に,中毒発症とその進行の示標として,赤血球数, 1
血球
3α5
素量,網状球数,および塗抹標本により,多染性赤血球,好塩基斑点赤血球の測定を行った.をの結果を一
要約すると,つぎのとおりである.
鉛被毒により,ほとんど全例に蛍光球が出現する.
鉛貧血の進行にともない,盛光球の出現率は増加する.
鐙光球は,赤血球数,血球素量の減少,あるいは網状球増加に対し,双曲線的に増加する.
なお,網状球数,および多染性赤血球と好塩基斑点赤血球数の和も,やはり赤血球数減少に対し,双曲目
線的な増加を示すけれども,網状球増加の方がより早期に著明となる.
塁王光球の後光物質が p
o
r
p
h
y
r
i
nにほかならぬことは, 1
9
5
1年 Watsonによりすでに立証されている.ー
したがって,蛍光球出現の機序は,鉛の血球素合成障碍により,中間産物てある遊離の p
o
r
p
h
y
x
:
inが
,
過剰に赤血球内にでてくるためと考えられる.
誌. 1
3
2
. 能設の鉛中毒の起り方に就いて
額田
祭,脇坂一郎(東大公衆衛生)
W
i
s
t
a
r四時純系大黒鼠を 4
8時間飢餓群と対照群の 2群に分け,各々を更に酢酸鈴田mg/kgを腹腔内正
に 1回注射する群と同量の生理的食塩水を注射する群に分け, 急性鉛中毒に対する飢餓の影響を観察し
d
た.尚飢餓群も注射終了後は対照群と同様食餌を与えた.
(
1
ο〉 対照胤て
s
例中 例が死亡した.
(
2
) Eosin 好性白血球は,飢餓群ては 4~12時間自に殆んど消失し,正常群てもかなり減少するが虫11仏
餓群程には至らなかった.
(
3
) 飢餓群,対照群共注射後 2
4時間後迄に血色素量は共に減少するが,対照群てはその後増加し .
6
日後には殆んど回腹しているに反し,飢餓群では 3,.'-6日頃迄は尚貧血が進行し, 1
0日後に漸く回復の徴
候があらわれ初める.
く4
) 対照群ては 8日目ピすでに網状赤血球の異常出現をみるが, .飢餓群では 1
0日自になってようやく
とれの増加が認められる.
(
5
) 尿中 C
o
p
r
o
p
o
r
p
h
y
r
i
nの排出は,問群共に 3日目頃まで認められ, 飢餓群の方が僅かに強度の,
傾向がある.
以上の所見を総括すると,鉛の侵襲をうけたその瞬間に飢餓の状態にある場合には,その後の飼育を如、
何に正常に保っても強い S
t
r
e
s
sを受けた場合と同様の反応、を示し,障害の回復も著るしく遅延すると去:
うことができる.
誌. 1
3
3
. ウザギの実験的錯中毒における血渡蓮元グルタチオン
永井敏彦,布施徳郎(新大衛生)
鉛中毒の解毒に関連して,血液グルタチオン (GSH)の消長については,すでにわが国てもいくつかの伊
研究が報ぜられている.しかし,ひ素や水銀が体内・SHをほぼ特異的に侵襲ずるのと同様の意味て,鉛も
またそうであるとするには若干の疑問なしとしなかった.
そこでわれわれはウサギに実験的鉛中毒をおとし,血液 GSH濃度ならびに,
ζ
れの赤血球 1偲あたか
の量の変化をみた.また同時に GSHの生成部位である肝内 GSH量,および肝の組織学的変化を観察し
た.
ウサギ 7羽を用い,
とれに鉛【酢酸鉛溶液 lOmgP
b
/
c
c
) を体重毎 k
g
2
0
m
g, 3日毎に注射し,都合 9
'
回,計毎kf:'
1
8
0
m
gを与えた.
中毒の模様と推移をみると,桑木がモルモットて行ったと同様,動物を 3群にわけるととができた.血
液 GSHはどの群でも減少したけれども,第 1群仁早期に適応、に破たんをきたして死亡した群〉ては,十
分減少するにいたらず,変化は僅少であつえ J第 2群(適度に反応し,鉛に比較的適応じた群〕では,キIi
3
0
6
当減少した.第 8群(鉛に対する反応が鈍て,よく耐えた群Jては,十分減少した.そして ζ れらの減少
は単に貧血に附随したものではなく,赤血球 1個あたりの GSH もまた減少していたのて、ある.
各群を通じ,同時に測定した網状球と血液 GSH濃度の推移は,あたかも逆像にあたり,両者の相聞は
- 0
.
5
7
7(P< 0
.
0
0
1
)であった.肝内 GSH量も観察の時期によりきがうけれども,おおむね減少する
もののようである.肝組織像としては,慢性胆管炎を主体とする病変がみられ,肝機能が低下していると
一推定される.
)
肝機
以上の鉛中毒時血液 GSH濃度の減少には次の 4つのととが考えられる.1)鉛の -SHを侵襲, 2
)貧血の附随現象, 4
)腎上体皮質ホノレモン喜子泌による未知一SH毒の形
能低下による GSHの合成障碍, 3
j
成,などてある.
1
3
4
. 毛髪中の錯含有量に就いて
西山敬太郎,石沢正一,大島
稔,宮崎道人(徳島大第二生理,衛生)
毛髪中の鉛含有量を D
i
t
h
i
z
o
n
e
.
P
o
l
a
r
o
g
r
a
p
h法によって定量した.
2
4時間), 25%酷酸溶液浸漬 (
2
4時間宛 2回).
毛髪 2-3gを充分石鹸水て洗漉した後,エーテル浸漬 (
再蒸溜水洗採によって毛髪外部に附着している鉛は大凡除去された. か〉る前処置の試料を乾式灰化後
D
i
t
h
i
z
o
n
e
C
h
l
o
r
o
f
o
r
mて鉛を抽出し, 1Nの HC13c
cの基礎液て Polarogramをとった.
1
) 鉛作業に従事していない者(12
名〉では 2-20r
f
g (5-7r
f
g
)
.
2
) 某蓄電池工場従業員 (
1
1名〉ては
3
8
5
5
0
r
f
gで血中合鉛量と略々比例していた.(尿中鉛量とは必
ずしも比例していない. )
3
) 家兎に 0.37%-1
.5%
錯酸鉛溶液を鉛全投与量にして約 2
8
0
m
g
皮下注射して毛髪中の鉛含有量を追
求した結果,鉛含有量は次第に増加じ,可成り大量の鉛を検出した.
4
) 家兎の毛髪の色により合鉛量増加に差異が認められる様て:ゐった.
1
3
5
. Polarographによる生体内微量 Cu.Feの同時定量法に就いて
榊原栄一,久成正生(大阪学芸大衛生)
I
I 叉は Fe
I
I
I の錯イオン溶液では P H
Cu
の増加と共にそれ等イオンの析出電位が負側に移行し, 然も
その程度は両者聞に可成りの差異がある事にヒントを得て,
従来,
個々にしか定量出来なかった生体内
Cu,Feを P
o
l
a
r
o
g
r
a
p
h~こより同時定量ずる事を試みた. との研究に当つては特に(1)試料中に含まれ
,
る蛋白質を主体とした有機物質の分離叉は分解方法, (
2
)試料中に含まれる共存イオンの分離叉は妨害除去
ては灰化法が最も良好で H,
SO
,
,H
;
N0
lank値 高 し 叉 HCIO"
を主体に研究し, (1)に就 7
3 法は B
:HN03 法は Crの B!ank値高く Fe波が乱れ定量不能である事を見出し, (
2
)に就いては Mg++ を添
加してアルカリ分離により Fe,Cuを水酸化物として水酸化マグネシウムと共沈して鴻紙上に残し,
他
元素を溶液中に除去する方法を考按し,沈澱物を 1Mクエン酸ソーダ 苛性カリ溶液としで定量した.尚,
此の場合
するが,
I波は F
CulI→ Cu
e量に無関係に一定に波高を示し,
I
I 波は
FeIII→ Fe
イオン濃度と拡散電流値は正しく比例
Fe量に正しく比例せず, Fe定量には Cu波 +Fe波を用い Cu墨を補正し
た検量線より Fe量を正しく求め得る.
定量方法:試料を白金るつぼに入れて乾 ζ 後,電気炉 4
5
00以下て加熱灰化ずる.灰化終了後,冷却し
0
HCl(1+ 1) 1c
c,濃 HNO,O
.
0
5
c
c に溶解後,更に濃 H2
SO
,1c
c を加え白煙発生迄濃縮する.とれ
0
0
c
cビーカーに移し Mg(
N
O
'
)
2 (1cc=6
00Y)溶液 1c
cを加えた後, ln%NaOH3
0
c
cを加え,
を 1
8分間煮沸して共沈鴻過し, 1%NaOHて洗糠ずる.次に漉紙上の沈澱を 5%HNO,5c
cに溶解した後,
之 に 濃 H,
SO
,2滴を加え,白煙発生迄濃縮し, .次てピベットにて1.66Mクエン酸ソーダ 苛性カリ溶液
6c
cを加え, 1
0
c
cメスフラスコ中に稀釈し, 1
0
c
cにずる.溶液の一部を電解瓶にとり,電解温度wc
,水
ー
;銀滴下速度1
0滴/1:5},ゼテチンは使用せず常法により .0- 1.2V聞の Po!arogramをとる.
307
誌
1
3
6
.
Di-ß-naphthylthiÒCàrl~~zoh ゅ討)1こまる京中水銀の微量定量活
一
i
r
5
創(京大公衆衛生)
従来空気中及び尿中水銀の微量定量には,ヂチゾンが多く用いられていたが,ヂチゾンの水銀塩は不安
!定て,反応、後速かにその呈色を測定する必要があり,且つ市販のヂチゾンの純度が一定せめ為,混色法を
用い得ず,ヂチゾンの原色を脱色し単色て比色定量せざるを得なかった. D Nを用いると上記の如き不便
はなくなり再検出率も感度も良い事を認めた.
1) D Nの合成:現在の D Nの市販品て満足なものは入手出来ず次の方法て合成した. ・
i
守n
a
p
h
t
h
y
l
-
amineをヂアゾ化し,これにアルカリニトロメグシ液を加えれば nitroformazylを得る.次いて凶tro・
formazyl を Bamberger法により, D Nとなし,二回再結晶した.精製物は空気中て安定な濃禄色の結品
て,そのクロロホルム溶液の吸光度曲線は Hubbard等の報告せるそれとよく一致する.
2)被検尿 50ml.を逆流冷却器付キエルグールフラスコに入れ,
1:1硫酸 10ml.及び過マンガン
酸カリ 0.5gを加え緩徐に加熱し,過マンガン酸カリが縫色しなくなる迄 0.5gず。追加する.冷却後塩
酸ヒドロオキシラミンて、過剰の過マンガン重量カリを脱色,後 DN
・
CHCIa液 (20mgfJ)を加え,振還し,
1
水銀及び混在する銅を完全に抽出する.次いでチオ硫酸ソーダを加え振塗すれば,水銀のみが水層に遊離
Ia層を捨て,水層のみを取り,再び過マンガン駿カリを十分に加え,加熱冷却後塩
する.銅を含む CHC
酸ヒドロオキシ ラ号ンて脱色し " D Nて水銀を抽出する .DN-Hg塩の赤色と D Nの緑色の混色を分光度
i
計を用い,波長 5
15mμ て測定する.
1
3
7
. 破棄中毒家兎の物質代謝障碍
高木栄一,今泉静子(岐阜医大公衆衛生)
ひ素の蛋白代謝,硫酸代謝,及び酸化路に及ぼす影響等については既に報告した.今回は C
h
o
l
e
s
t
e
r
i
n
代謝に及ぼす影響を調べた.その動機は亜ひ酸発慶職場に働く者に U
r
o
b
i
l
i
n
o
g
e
n陽性者の多いとと,マ
rsenpigmentが肝に著明て且つ大量に証明てきたこと,及び種々、なる肝機能検査の中て
ウスの実験て A
'
C
e
p
h
a
l
i
n
C
h
o
l
e
s
t
e
r
o
l反応が最も早期に陽性になる事等の事実からて、ある.
2.4-97.7m
g
/
d
l,コレステリン・エステル量
健常雄性家兎血清中の平均総コレステリン(総 Ch) は 9
{
C
h
岳)は 4
1
.4
:
4
8
.
8m
g
/
d
l,コレステリン・エステル比 (Ch-E比〕は 42.2-52.4%で,この値は冬と夏
・量及び Ch.E量の変動に較べ Ch-E比の変動は小さい.体重 2
.
0
k
g
以上の家兎
とて差異がある.総 Ch
とそれ以下の家兎てはコレステリン量に有意の差があり,叉連続 6日聞の 2- 3c
cの採血によって前者ば
影響をうけないが後者は影響を受ける.
体重 P
r
o
.kg2mgの As
20
aの旦日閣の静脈内注射に依って血清コンステリン量,就中 Ch-Eの減
少は著明て,従って Ch-E比が減少する . ζ の減少は注射の中止後約 4-7日て旧値に復する.ひ素の血
清コレステリンに対するとの作用は,ひ素の肝細胞に対する障碍の結果であると推定する.
0,の投与後 3
0分に注射した BAL50
皿g
て阻止することが出
このヨレステリン量の減少は,毎回の As
2
来る. BALのみの注射は血清コレステリン量に影響を与えない. C
a
'
・
EDTAてはこれらの作用は著明て
ない,
体重 P
r
o
.kg2mgの AS2(
)
a を隔日に約 8ヶ月間静脈内に注射すると,総 Ch,Ch.E及び Ch.E比
は最初や〉減少するが直ちに旧値に復し,その後の期間殆んど注射前値と著差のない量で経適する.血清
総窒素・残余窒素・血清沃度酸値も同様な結果をとるのであるが,この理由については検討中である.
308
1
3
8
. Ca-EDTA のマン jJ~及び砥素排出に及ぼす影響
館
正如,新沼貢ー(岐阜医大公衆衛生)
マンガン鉱山の鉱夫その他の Manganismusに予防的治療として Ca
・
EDTAを与え,体中の Mn排
出琵進を期待するのが本研究の目標である.
・
EDTAとを同時に与えて,尿中 Mnの排出が Mnのみを与えたものより
前回は家兎に Mn と Ca
も高いことを報告した.今回は予め Mnを与えておいた家兎の1*及び尿中の Mnに対する Ca
・
EDTAの
作用を調べた.即!;,
P
r
o
.kg2mgの M nCl,を 7日間静注して,約 4週間放置し,再び 8日間同様
の注射を行った 8頭の家兎に, 注射終了の翌日より 8日間尿中Mnを調べてから(一日尿中1
0
4
0
γ〉
3
0
c
c中5
6
.
7
m
g
の Ca
・
EDTAを含有する 5%
葡萄糖液を 5日間静注し,その後 5日開放置し,再び 5日間
-EDTAを与えて毎日の康尿中のMnを定量した.尿中 Mnは Ca
・
EDTAの注射後漸増し 8日自に
Ca
は注射前値の 2
'
"
"
'
3倍となる.但しとの効果は Ca・EDTAの投与中にも拘らず漸次減少する.尿中 Mn
を検出できなくなってから与えた二皮目の Ca
・
EDTAは再び尿中 Mnの排出を促すが(一日量 7
-20γ 〉
その効果はやはり持続しない.
・
EDTAの同様な作用である.予め As,
O
.てひ索中毒にさせて尿中ひ素
次はひ素中毒家兎に対ナる Ca
0
c
c中7
0
m
g
含有のCa
-EDTA葡萄糖液を上記と同様に与えて,
量が一日量 2-5γ となった 6頭の家兎に 3
葡萄糖のみを与えた家兎の尿中ひ素量と比較した.葡萄糖のみを与えた家兎の尿中ひ素量も初期には Ca-
EDTAを与えたものと同じく増加ナるが,後半には有意の差がある. 但し BALの効果には及ばない.
As,
O
.の注射と同時に注射した ea・EDTA及び BALの As 排出促進に関する効果は只今検当中て
ある.
誌
1
3
9
. 各種組織内セレンの微量定量法
浦
創(京大公衆衛生)
セレンの微量定量法としては,従来単体セレンの比色,コデインによる呈色,及び沃度滴定法が行われ
ているが,追試の結果,何れも感度及び操作に難点があり,
ζ れ等の方法ては各種組織内のセレンの定量は
困難である.筆者は Wernimont等の電気的沃度滴定法によるセレンの微量定量法を基とし,之を各種
組織内セレンの定量に応用した. 1
m!;,一定量の組織は黄色酸化水銀の容在下て,濃硫酸と過駿化水素水を
加え加熱灰化ずる.灰化物に遊離臭素を合む臭化水素酸を加え蒸溜すれば,セレンは臭化物となり溜出
0
?
}
加温し,
ずる.次て亜硫酸ガスを適巳臭素を完全に除き,塩酸ヒドロオキシラミンを加え水浴上に約2
後一昼夜室温に放置ナれば,
セレンは赤色の沈澱として析出する.
ζ の沈澱をガラスフイ Jレター上に捕
集,洗務し,再び臭素一一臭化水素酸て溶解し,溶液中の過剰の臭素をチオ硫酸ソーダ及びフ z ノーノレて
.
0
0
0
1
Nチオ硫酸ソーダ及び沃化カリの一定量を加え, b
.
0
0
0
1
N沃度酸カリ液を滴下し,死点
除く,次て0
.
0
0
0
1
Nチオ硫酸ソーダと消費された 0
.
0
0
0
1
N
沃度
終止法を用い電気的に滴定ずる.セレン量は添加した 0
農産カりの量より計算により求める.
本法によれば,従来の方法に比し,組織の脱脂磨砕等の前処置は不要になり,灰化操作も非常に衛略化
しうる.叉感度も被検物中に 5
γ 以上約 1
5
0
γ 迄のセレンが存在すれば確実に定量しうる.
0
0
0
γ のセレンを亜セレン酸の形て注射し,排池物,各種組織内のセレン量を定量した,
尚家兎静脈内に 2
その結果注射セレン量の約95%~P:ち 1894.4γ が再検出された.
140,硝気中毒に関する実験的研究
猿田南海雄,原
(IJ
薫(九大衛生)
緒論.最近化学工業の発達と共に,硝酸硫酸の製造,火薬,染料,フィルム,セルロイドの製
造工業やニトログリセリン,ピクリン酸等の硝化作業に際し,亦鉱山及び炭鉱に於げる爆薬の不完全爆発
に際して,硝気中毒患者が尚発生して居るが,職業性硝気ガス慢性中毒に対しては,幾多の問題があり,
3
0
9
未解決な所が少くない.私は自分の考挨した実験装置によって,硝気ガスを動物に吸入せしめ,中毒症状
の観察,体重及び血液の変化,病理学的検索を行い,興味ある結果を得たので,之に就いて,報告したい
と思う.
CD実験装置.後程スライドにて説明す.
CDD 実験方法.急性,亜急性及び慢性中毒の三種に分けて,成熟家兎及びラッテを用いて,夫 k ,
高濃度,短時間ばく露を急性中毒とし,低濃度,反復曝露(1
2
0日間〉を慢性中毒とし実施す.
C
l
V
) 中毒症状の概要.急性群に於ては,ガス送入直後,そん蹴円運動不穏,粘膜刺戟症状ありて,
瞬目,半開 閉限,流挺著明,鼻口部湿潤,呼吸促進→呼吸困難→努力呼吸→苦もん状顔貌→不安状顔貌
→無カ横転→呼吸停止.
慢性群に於いては,多少粘膜刺戟症状ありしも,著変なく,屡々噌眠状態ありしも,到に危険状態は見
られなかった.
CVコ 血液所見.血色素は時日的に漸増の傾向にあり.赤血球数は,経過と共に増加した.
白血球数は,病初期に減少するも,後増加して,その後は,減少の傾向にあり.血液像は,淋巴球が蹴
少して,仮性エオヂンが増加す.
C
V
D
体重の変化.一般に減少の傾向にあり.
〔羽〕
病理組織学的所見.スライドにて説明.
l
、_:".'
1
4
1
. N H3 急 性 中 毒 に 関 す る 実 験 的 研 究
猿田南海殺,小山芳文(九大衛生)
アンモニアガスは高濃度の場合は刺戟性て,粘膜面に腐蝕性に作用し,短時間ばく露て許容される最高
回O
p.p.m.とされてゐる.アンモニア中毒と濃度との関係及び症状,剖検所見,病理組織学
濃度は 300-
00-64,
OOOp.p.m.の濃度に 3
0
匹の成熟ラッテを曝露させ,次の如き結果を得た.
的に検討せんが為に, 5
1
) 体重は著明な増加,減少は見られなかった.
2
) 未梢血液像は 3
0
例中 1
0例のみに白血球増多'(例に中性多核白血球比較的増多並び淋巴球減少が見
られ, 1
9例に血色素量の平均 4.5%の上昇を見,高濃度の例が多かった.
3
) 症状は濃度に比例して,発現も速く,水様性鼻漏鼻出血,流挺,流涙等の粘膜刺戟症状が強く,呼
吸数増加,口呼吸,努力呼吸後,苦もん状となり全身主主墳を来して死亡した例が多かった.
4
) 剖検所見は,限険結膜充血,高濃度t
こ8例の角膜沼濁,鼻腔,口腔,喉頭,気管の麗張,腕章雪血,
気援状の膨隆が著明であるが,鼻腔,喉頭,肺の所見が著明な書j
i
合に気管の障碍が少なかったのは Boyd
等の意見と一致する.
5
) 病理組織学的には,
鼻腔,咽頭を始め,上気道,肺及び目干,牌,その他一般臓器に関して検討し
た.
1
4
2
. 円形濯紙夕ロマトグラフイーによる尿診断
(1) パ ス 尿 に つ い て
山
田
好
文(神戸医大衛生公衆衛生)
摂取した毒物の尿中排准状況を見んが為に円形漉紙クロマトグラフィーを応用する事を t思いつき先ずノt
ス尿につき実験を試みた.
円形溶紙クロマトグラフィーの特長は l枚の鴻紙上に 8の試料を同時に展開出来るので相互の異同を一
見して知るととが出来る.叉 1枚の漉紙上に展開した同一試料について数種の呈色反応を行い得る.直径
30c皿の円形議紙を用いた時も展開は 6~ ,(時間て終りしかも分離が良い.
n-Butanol: 酢 酸 : 水 (4:1: 1)用いて得られたパス尿のクロマトグラムより次の ζ とが言え
0.
3
1
0
1.ウロピリノーゲン反応陽性物質はウロビリン体の外にパスそのもの及び体内て変化したパスに由来
する諸物質から成る.その諸物質中には活性アミノ基叉はフエノール性水酸基を有するものがある.
2. ウロピリノーゲン反応を呈しないで、第二塩化鉄反応フエノール性水酸基のみ陽性のものがある.
3
. 尿中の還元性物質は糖でなく,他の還元性物質及びグルクロノラクトンより成るととを知った.
4
. 個々の物質の排池の時間的消長を検した.
この方法は産業中毒の尿診断に応用し得ると考えられる.
1
4
3
.
) の代謝過程に就いての研究
硫 化 茨 素 CCS
2
〈その 1) 血 液 に 移 行 し た
CS
zの 運 命 に 就 い て
後
藤
調(阪大衛生)
'
C
S2 の生体侵入は一般に呼吸器系→循環器系の経路による.しかも血液に移行した CS2 は,そとで直
ちに中毒上見逃し難い反応、をするように考えられる.
(
1
) 定濃度の CS
0
c
cを流し込む. これを恒
2 を既知容量の硝子製円筒に封じ込む.そ ζ にヒト血液2
0
3
8
0) て回転じて CS
温条件下 (
2 と血液との接触面積を著しく大ならしめる.
一定時間円筒を回転した後,円筒内の気体と血液とを分離し, 各々に合れてゐる CS,を定量ナる.気
体中の CS
2 絶対量を
A
.血液中のそれをA'とする(血液中 CS2 は蒸溜法i
とより定量).CS
2 と血液
との混合前の円筒内 cS2絶対量をんとすれば,N/Aoは CS2ぼく露(円筒回転〕時間 t¥と無関係で平
均 46%で喜子配係数に換算すると 0
.
9
3である.しかし (
A
o・A)/A
。は t の増加と共に直線的に増大する (
0
.
5
nr.<tく 3
h
r
.
) .そこで N を血液に移行した CS2 の中溶解型に属するものと考えるならば
tの経過
と共に増加する (Ao-A)-Nは反応(或は分解〉型 CS
2 の存在を意味していると考える.
(
2
) 血液中の反応型 CS
2 について,先ず血紫蛋白と CS
2 との反応関係を追求することにした.血祭
蛋自の変性を極力避け,
しかもその反応量を成るべく多くするように,000下で CS
2 ガスを血祭〈ヒト
及び午〉中に溶解,反応せじめる.次いで血竣蛋自の質, 量の変化を電気泳動的に分析する. 対照を f
C
S2 ばく露血撲を Sとすれば
sの Albumin及び α,fI,ゑ rGlobulinの移動度は総て fのそれら
の1.5-2倍となる.また γ分劃の面積はぼく露時間と共に著明に増大する.
移動度については CS2 が蛋自の反応 Amino基に結合すると考えれば理解し易い現象であるが, y?}
董u
の変化については簡単に説明出来ない.目下, Cohnの主分割について f,Sをより分析的に比較,実
験中てある.
1
4
4
. ニ 硫 化 表 棄 の 体 内 変 化 に 関 す る 研 究 ( 第 3報
〉
~
I
=
l
田
克
己(三重県立大公衆衛生)
前報に於いて, CS
,の体内変化としてチオケトン結合の生成を述べたが,二 o=Sの証明として,アミ
ノ酸-CS
5
,
2 混液につき次の試験を行った.即 '
ヨードアずイド反応の陽性, S離脱試験(北村反応〕の
rote試験揚性.
楊性, G
混液を空気中に放置すると,不溶性の白沈を生ずる.この沈澱は通気すると著しく生成を促進する.沈
澱は,水,アルコール,エーテルに不溶て,弱アルカリ及び酸に熱時溶解する.叉,合水アセトンに大半
が溶解し,一部は不溶てある.不溶部はアルカリに溶け,酸て乳濁し,著しい硫黄しゅうを発し,ニトロ
プルシッド強陽性て単体の沈降性硫黄
S
6と考えられ,チオカルパミン酸がイソ型に変って,次いで空気
i
s
u
l
f
i
d
e型になり,硫黄を分離したものと考えられる.他部は過マンガン酸カリを消費せず,
酸化して d
Grote試薬て -SH,C=S,-S-S
ーの何れの反応をもみない点より考え,既に硫黄を失なったものと考え
られる.以上の点からその変化を推測すると
311
¥ 〆
NH-R-COOH
C-S-S-'C
S=Cど → / ¥
¥S-NH
,
-R-COOH -S
S¥x
NHO=cc
¥仁トNH
,
ノ
ノ
〆
,
NHo=C(
¥NH硫黄離脱に際し脱硫完全酸化が起るならば,生成物はカルパミン酸て、あって,
ほアミノ酸の回復が期待されるが,
ニンヒドリ極微陽性に過ぎず,
CO
・
NH
・て塩酸水解すれ
乙の経路が主要なものとは考えられ
,て氷解するに.意外に,ネスレルて赤沈を生じて脱硫酸化と共に他の複雑な分解が起きて
なかった. H2SO
いる如くである. この事は白色沈澱を集め頭硝酸を加えると劇しく
N,を放出する点よりずるも, 既に
NH,js裸て分子端に出るような変化を受けてゐるように忠われる.
ー
1
4
5
.
. CS
2 中毒のトリプトファン代謝に就いて
吉田
克己,大島秀彦(三重県立大公衆衛生)
CS2 投与時のトリプトファン代謝異常をしらべる目的て家兎に CS,注射並に吸入を行い,尿中のトリ
プトファン中間代謝物を定量し,次の結果を得た.
(
1
) CS,1ml.
1回注射の場合にはキヌレニンが増量し,叉ヨード酸カリにより発色じエーテルに移
行ずる物質が増量した.
(
2
) CS
,0
.
1ml10日連続注射の場合にはキヌレニン:
v
まや〉増量し,
ヨード酸カリにより発色しエー
テルに移行する物質は漸次増量し,注射終了時には-.e.元に復し,注射終了後 5日頃より再び著明に増量
し約1
0日間程つ立いた.
(
3
) C
S,約 3500p.p.m. 1時間 5日連続吸入の場合には, キヌレニンはや〉増量し, ヨード酸カリ
により発色しエーテルに移行する物質は漸次増量し,吸入終了後-.e.減量し, 5日頃より再びや〉増量し
I
た.猶総アントラ;=.'
-J).-酸が増量している事を見出した.
次にヨード酸カリにより発色し,エーテルに移行する物質をしらべる目的て,
ークロマトグラフ上に展開した所,酷酸ブタノール水て
ζ のエーテル層をペーパ
R
f0.35及び 0.85附近に,酪酸プロパノ ~J).- てRf
0
.'
10
及び 0
.
8
5附近に二つのスポットを生じた.
CS
,O.5ml三日連続注射をなし,その尿をエタノールて拍出し,硫酸第二水銀て沈澱させ,酸酸プ
f0.35及び 0.26の位置にヂアゾ反応陽性のスポット
タY 水てペーパークロマトグラフ上に展開した所, R
f0.35にヨード酸カリ反応揚性のスポットを生じた.この R
f0.35,ヂアゾ反応陽性並びにヨ
を生じ叉 R
叉
ード酸カリ反応陽性のスポットは 8ーオキシキヌレニンてあらうと思われる.このスポットは正常尿ては
生じなかったので CS
,投与により 8ーオキシキヌレニンと思われる物質が増量している.
木研究は高塚美和と共同で行った.
1
4
6
. CS
2 中毒家兎の腎臓機能に就いて
外山敏夫,斎藤
毅(慶応大衛生公衆衛生)
CS,を腐日, Pro.Kilo.0.2∞筋注した家兎 9匹及び対照兎 5匹を用い, 1-2週間毎に血清及び 2時
侯間尿についてそれぞれ尿素及びクレアチニンを測定し,
腎機能をロメオの式(式省略〉によって追求し
た.即ち,被検例では,腎臓糸毛主体鴻適量は,対照不変に対し 36%減少し,鴻過面積の減少を示した.
p
一方,尿細管の尿清浄能力(猿適された尿素が再吸収されずに排泊される%)は,対照 4%
減少に対し,
122%と著明に増加し,糸法体の限られた機能を補っている ζ とを示した.腎臓指数〈糸毛主体と尿細管の
3
1
2
聯合機能の成果を示す〉は,対照 21%
減少に対し, 2
'1'%とやや低下したが,とれば腎機能が代償の時期に
はあっても,糸毛主体の損傷と尿細管の補いの均衡が不安定なことを示すものと考えられる.尿細管利尿指』
数(瀦過された水が再吸収されずに排泊される%)は 9例中, 4例に減少, 3
例に不変化
2例に増加を
認め,一定の傾向は得られなかったが,大体,尿量と平行関係にあった.
以上を総括すると,とれらの腎臓の変化は代償されたネフロパチーの状態てあり,従って,との変化が
血中に過窒素状態を起すには至らなかったが, CS
,中毒て糸毛主体の動脈が硬化することをヴィリアーニ等
が人の剖見により形態学的に主唱した ζ とが,
ζ の結果からも或程度裏づけられた.尚,
3
6名のセロファ
,濃度が比較的低い
ン工場員について同様の検査を行ったが,変化は認められなかった.これは環境 CS
ためと考えられる.
尚,血中及び尿中のクレアチ=ンは著明に増加したが,との原因については更に筋生理との関係を明か
にする必要がある.血中の増加は尿中のそれより高度であったが,恐らく,細小動脈の硬化によって,糸
毛主体毛細管網の表面積が減少したためと考えられる.
1
4
7
.
硫化器素中毒の研究
久保田重孝(労研第一病理)
我々の研究室て最近 1
2
頭のウサギを用いて P
r
o
;K
i
l
o
.O
.3-0
.
5
c
c
f
k
gの CS2 を毎日皮下注射し,
数:
日後屠殺して生態観察と病理学的所見との関係を追究したので,その大要を報告する.
a
) 最後の CS
,注射後 2
.
5時間て殺したウサギては血中 CS,量は透かに尿中のそれより多いが 1
-2日後には両者とも減少する.しかしその値は殆んど両者聞に差がなくなり,時として尿中に却って多ー
量に見出されるととがある.
b
) 何れの場合ても血清アルブミンは減少し, fJ・グロプリンが著明に増加する.従って AfG比は著し
く低下する .α・グロプリンも大体増加するが,r
・グロプリンの消長は不定である.
c
) 全血ヒヨリンエステラーぜ活性値の推移は不定である.病理組織学的に,肝,神経筋連合のヒヨリ
ンエステラ--1さを染出しても,対照との聞に差が認められない.
d
) 末梢神経束 l
こ浮腫,変性が認められるが,支配筋自身には著変がない.
e
) 諮臓器に L
i
p
a
m
i
eの像があるが,大動脈内践に於ける脂肪浸潤の像は明らかでない.
f
) 牌臓誼胞中心部に反応中枢出現し,既にどく僅か乍ら核砕屑を認め得る.叉腎上体には類脂肪消失』
の像が屡々みとめられる.
g
) 腎臓には中毒性ネフローゼの像がある.
h) 心筋脂肪化が見られる.
以上の所見は,我々が従来注意して来た CS
,中毒持の腎上体の変化の重要性の外に, V
i
g
l
i
a
r
i
iの云う
,中毒時の血清 β・グロプリンの重要性をも示唆しているものと思う.叉,米梢神経の障碍は,少『
如き CS
なくとも急性期には神経筋違合より中枢て、初発するものと考えられる.
1
4
8
. 亜硫酸ガス中毒に関する研究
(
第 2報) ,慢性豆硫酸ガス中毒の家兎末梢血液像及び骨髄像に及ぼす影響
に就いて
林
司(松尾鉱山病院内科j
1)家兎 5頭を用いて慢性亜硫酸ガス中毒の観点から 2
0-100p.p.m.濃度の亜硫酸ガスに連日 2時 間
0カ月間その未梢血液像及び骨髄像につき,動的に観察した.
ず、つばく露し,逐日逐月的に 1
2)実験初期には,著明な赤血球系の造血機能充進を認めた.即 i
?
, 赤血球数,血球素値,血液比重,
網状赤血球数の増加を認め,骨髄像にあっては,骨髄細胞数,赤芽球系,特に核分裂像を示すもの〉増加
を認めた.
3)以上の増加は 4-6カ月を頂点として,その後はむしろ減少の傾向にあり,実験終了後はほ立実験
3
1
3
前値に接近する.然もこの減少は,赤血球新生の低下によるものであることを確認した.
4)赤血球直径 P
r
i
c
e
-J
o
n
e
s
'曲線については,殆んど変化はない.
5)白血球系については亜硫酸ガスによる二次的炎症によって,一時的に偽好酸球の増加が認められる
が,それの持つ意義は少い.
6)所謂亜硫酸ガスえの順応現象乃至耐性獲得は,その一端として赤血球系の機能尤進を来している時
,期を云い,何れはその破たんを来すものであることを認めた.
1
4
9
. 5
2硫 酸 ガ ス 中 毒ζ
i関 す る 研 究
(
第 3報
〉 慢性E硫 酸 ガ ス 中 毒 に 重 曹 を 注 射 し た 場 合 の , 家 兎 末 梢 血 液 像
及び骨髄像に及ぼす影響について
手
本
1)家兎 6頭、を用い,連日 5%
重曹注射1
0
c
c静注後,
司(松尾鉱山病院内科)
20,"",",100p.p~m. 濃度の亜硫酸ガスにばく露し,
6カ月閉その未梢血液像,並びに骨髄像について動的に観察した.対象として,家兎 5頭を用い 5 %重曹
10ccの注射を行い
2カ月間観察した.
2)亜硫酸ガス単独吸入群に比し,その造血機能充進はより早期に現われた.対象群には著変はなかっ
た.
3) 1
.5カ月以降は,骨髄の造血機能はむしろ減退傾向を示したが,その起因は,重曹注射によって生
ずる中和産物による為であると考えた.
長〉亜流酸 1
1'スえの1
)
原応は,予備アルカリの消長のみにては論じ得ないことを確認し,併せてその破た
んが中和産物に対する反応,解毒能力の減退に依るものであろうと考えた.
5)白血球系に対する影響は単独吸入せる場合に比じて軽度であった.
1
5
0
. ー酸化器素中毒に関する研究
(
第 1報
〉 血 液 へ 号 グ ロ ビ ン C O飽 和 度 の 分 光 化 学 的 測 定 法 に 就 い て
紅千代喜,河内虎男,石
西進〈三井産業医研)
Hb,HbO
,
,HbCO
,MtH
b等の溶液は可視域の吸収スベクトルを明らかに具にするので,喜子光測光1
去
によれば混液中の各k を定量出来る.血液ヘモグロピンの CO飽和度を分光化学的に求めるにあたり,被検
器血液を HbO
,と HbCO
,叉は Hb と HbCOの如き二成分系として取扱うのが最も簡単である.被検
搭血液を HbO
,HbCOの系として E
O
1
6
/
E
o
6
0,E
5
H
/
E
5叫を喜子光洩.u光により求め,予め実験的に求めた上記
の吸光度比と血液ヘモグロビンの CO飽和度との関係曲線から CO飽和を知らんとする Heilmeyer法
がある.私らはこの方法を追試して CO飽和度検出曲線は正しいが,
記載の被検血稀釈法では著しい誤
差を生ずるととがわかった. !
E
O
!
'被検血は蕗酸塩て凝固防止し小試験管中に密栓し冷暗所におけば12時間
後でも CO飽和度に大なる変化は認められないが, HbCOの稀薄溶液ては僅かの授持振畳により空気に
ふれると容易に COが解離し 0,と結合し Hb02 となる事を確めた.したがって私らは下記の溶血稀釈
法を考案した.20mlの注射筒内に小硝子球を入れ,
ピストン,針の接合部にワセリンを塗り気密にす
る. ζ れに 2
0分間煮沸させた 0.1%Na2CO
,を 20m!線近くまで吸引して針をゴム栓にさし室温に放冷,
l)を吸引し,つ立いて流動ノ4ラフィンを重畳放冷した 0.1%Na2CO
,を少量吸引
上記被検血(約 O.2m
して転倒混和溶血せしめる.との溶血液を予め流動ノ弓ラフィンを入れた吸収セルに嫌気的に移し光電分光
測光 (
E
.B
.W.576.1mμ=2mμ) し,法の如く CO飽和度を求める.私らの変法によれば COの飽
以内の誤差である.
和度は真の値の 5 %
,
CO,液中に微量の Na,
S,
O,を合有せしめ直接採血するか,
更に上記注射筒中の Na
被検血液を吸引
い溶血液を Hb,HbCOの二成分系として E
o
6
.
/
E
5
5
5,Eo
/
E5
5
5を前法と同様に光電分光測光して算出し,
2.
予め実験により作った CO飽和度検出曲線より,血液ヘモグロビン CO飽和度を求めれば,誤差は真値
314
の 3%
以下て、ある.上記の方法は微量の血液で迅速正確に CO飽和皮が測定出来るので詳述する.
誌
1
5
1
. 慢性
c
o中毒の実験的研究
c
oガス皮下注射時における下霊体副腎皮質ホルモンの血漉に
(
第 4報)
及ぼす影響
戸田
既報において,成熟雄性家兎を 2群に分!O,
弘一,大野二郎(日本鋼管川崎製鉄所保健課)
1群 (CO群〉には純 COガス(体重kg当りlOc
c
)の 隔
日週 3回皮下注射を続け,他の 1群には対照として空気を同様にして注射し乍ら一年間経過を観察したこ
とを述べた.
とζ ろがとの両群にあらためて純 COガスを注射すると,各々の反応形式に差のあることが分った.
即!o前者ては赤血球数,血球素量は注射前値に対して,初めより減少するに対し,後者ては初め一旦増加
1
した後注射前値に復した. との関係は CO皮下注射を空気皮下注射におきかえてみても同様のことが認
められるようである.
そこで対照の家兎について予め ACTHを投与しておいてから COの皮下注射を行うと,
CO群と「司
I
じ経過が認められた.
CO群に属ナる家兎ても, DCA ~と予め投与すると,増加を示すものと, 減少を;示すものと 2様てあっ
た.
DCA と C
o
r
t
i
s
o
n
e とを併用して予め投与した場合ては ACTH投与に類した経過が認められた.
次に墨汁静注によって予め網状内皮細胞系組織を封鎖しておいた場合ては,無変動て増加も減少も示さ
れなかった.
以上の成績は両群の聞に下垂体副腎皮質系の機能に差があることを物語っており,外力に対ナる初期の
極めて短時聞におこる生体の反応においても,
た.
この系の機能は重要な役割を果していることが推察され
1
5
2
. ー酸化表素長期曝露による早期老化現象
(
第 4報) c
o長期曝露による皮膚の変化
村 山
忍三(信大衛生)
CO長期ばく露者に老化時に起る様な体力低下が屡々現われ,その中著明な肺活量の減少,筋力低下等
3,2
4回衛生学会及び第1
0回産医学会に於て報告したが,今回は皮膚の変化に就いてむ
に就いては己に第2
所見を述べる.
A 調査成績.
斯る CO長期ばく露者には皮膚の被援,色素沈着
Dermographismus等が対象に比し多く見られ,
所謂老人性顔貌を呈ナる者が高率である.尚皮膚乾燥感等の自覚も強い.
B 動物実験成績.
0.15%程度の低濃度 CO長期吸入家兎に就いて実験的に検討した結果,
1)皮膚の酸化還元能試験として Methyleneb
l
u
eの脱力時間を見るに対照群に比し明らかに遅延し
た。
2) Trypanb
l
u
eにより皮虜の組織透過性を見ると減少の傾向を示す.
3)皮膚の水分量は明らかに減少を見,之に反し灰喜子量は増加して居る.
4)皮膚の Caは増加の傾向にあるが,玄は対照群と比べ著変がない.
5)皮膚の糖原は CO長期ばく露群に減少し, との減少は急性中毒を数回反覆した場合より著明であ
る.
3
1
5
1
5
3
. COj
J
ス中毒の恕限量に関する研究
(
第 7報 ) 低濃度 CO長 期 曝 露 白 鼠 に 怠 け る 酸 化 還 元 能 に 就 い て
亀井
己に 2固に渉り低濃度
嗣郎(信大衛生〉
CO長期ばく露時の Vitamin代謝,特に B,
. B,の減少に就いて報告したが,
之等 Vitaminは補酵素を構成する故に,ばく露時に Vitaminが変動すれば,組織酸化能も影響を蒙る
事は想像 v
C
難くない.そこで本報ては.ばく露持の呼吸機構えの影響を追求する試みの一端として Th
・
unberg法により,諸臓器の脱水素酸素の機能を検し. Warburg検圧法により酸素消費量を測定した.尚
itamin投与により何等の効果を有するか否かも併せ検討した.
叉ばく露による障害が V
動物は成熟雄白糸を用い,対照群,吸入群,吸入+パンビタン投与群に分!>.之を 0.1-0.09%CO、
力
スに連日 8時間, 80-90日ばく露した.
得られた成績の概要は次の如くである.
1
) 体重増加の点から見ると,爆露開始 1-2週に体重減少があるが,漸次回復し,其後の推移は対照
との聞に明らかな差を認めない.
2
) 体重と諸臓器重量との比を見るに,心の値は増加し,肝,腎,牌は減少して居る.
3
) Methylenb
l
u
e還元時聞は諸臓器に於いて全般的に見て遅延する傾向を示ナが,心,脳には変化
が見られない.
長
) 酸素消費量は M
ethylenb
l
u
e還元能と殆んど同様に抑制されるが,心のみは却って充進し,脳は
差を認めない.
5
) パンピタン投与群の値は一般に著しい変動を示さなかったが,
概ね対照群と吸入群との聞に位し
た.尚改めて検討を要する.
1
5
4
. CO中毒ζ
{対 す る グ ル タ チ オ ン の 効 果
村上
宏,橋本綱太郎(京大公衆衛生)
CO中毒の患者に対し, グルタチオンの投与がその回復,特に神経症状の軽快を著
しく促進したという事例を二三知ったので,果してグルタチオンが. CO中毒の回復に意味があるか否か
某工場て発生した
を検討した.
0分間ばく露した後グノレタチオンを投与し. HbCOの解離を非投与の場合
まず家兎を 0.3%の COに2
と比較したが,全く差を認めなかった. 次 t
こ家兎の血中グノレタチオン量を
COばく露の前と後とについ
て比べたが,これについても差を認められなかった.
更にマウスゐ脳の組織呼吸をワールブルグの検圧法て、測定した.純粋の COを体重 1g当り 0
.
2
5
c
c腹
腔内へ注射したマウスの脳の組織呼吸は注射後4
5分て正常のものに比べて明らかに低値を示したのに .
CO
を注射したマウスにグルタチオンを 1
mg
投与した場合は正常値と略々同じであった.ハイポ,チステイン
についても同様の実験を試みたが, f
か〉る効果はみられなかった. また COV
<
こ中毒せしめた?ウスの脳
の組織切片をとり,とれにグルタチオンを加えた場合と加えない場合とて組織呼吸をみると,前者て悶呼
吸促進の傾向がみられるのに,ハイポ,チステインては却つで呼吸の低下を来した.
CO中毒に際して COの主作用が HbCO の形成にあることは議論の余地がないが,それ以外の作用
も今までにいろいろ憶測されて居り,上記の結果からみると,グルタチオンは HbCOの解離には何らの
影響も持たないが,
CO中毒時の脳の組織呼吸を正常値に保つ作用があり,
ζ れが神経症状の速かな回復
と関連をもつものてはないかと思われる.しかしその詳しい機序については全く不明である.
316
155. ベンゾール及びその同族体の中毒に関する研究
(
第 5報
〉
ベンゾールの生体内酸化に就いて
広川太万雄 l
公衆衛生院労働衛生)
Benzol及びその同族体による中毒における性差,個人差等についてはすでに報告したが,
ζ
の現象を
もたらす中毒の機構は不明であり,叉中毒がか〉る物質そのものに起因するのか或は代謝産物によるの
かについても確定されていないので,今回は Benzolの代謝について若干の実験を試みたので報告する.実
験にはラッテの肝の s
l
i
c
e叉は homogenateを用い, i
n
c
u
b
a
t
i
o
nには Krebs-Ringer液を用い,必要
に応じてその組成を多少変化させ 3
70て振還しながら行った. phenolの定量は, f
r
e
ephenolは除蛋白
0
1
9
2
7
) の方法て発色させ 6
1
0nl/l て比色定量し, c
o
n
液より石油エーテルて 5時間連続抽出し, Gibbs (
j
u
g
a
t
e
dphenolは酸て水解後,同様に抽出して定量した.
(
1
) s
l
i
c
eては g
a
sphaseを 1
0
0% O2 にした場合にのみ酸化が行われたから b
e
n
z
o
lの酸化には
好気的条件が必要と考えられる.
(
2
) homogenateては
O2 と ATPを与えても全く酸化が認められず
homogenizeする際に
Nicotinamideを加えた場合,即:;組織中の DPNを保存せしめた場合にのみ酸化が証明され, benzol
の酸化に脱水素酵素系が関与していることを示している.
(
3
) s
l
i
c
e及び homogenate何れの場合にも f
r
e
ephenolは全く認められず,硫酸叉はグルクロン
1
1iams等(19
4
9
)は b
e
n
z
o
lを与えた兎の尿に f
r
e
ephenol
酸と抱合したもののみが証明される. Wi
の t
r
a
c
eを認めているが,尿中 f
r
e
ephenolは c
o
n
j
u
g
a
t
e
dphe
.
n
o
lの分解 l
とより生 Cたものであろう
と思われる.叉 b
e
n
z
o
lの酸化過程ては,まず phenolを生じてそれが抱合するという考えと共に,別の
中間産物をへて抱合するとする考え方も叉妥当性をもっと思われる.
(
4
) 3
・
amino-1
.2,
4
・
t
r
i
a
z
o
l
eを注射して肝カタラーゼ活性を 18%,及び 6 %に低下せしめた場合の
o
Co
n
j
u
g
a
t
e
dphenolの産生は,それぞれ
50%及び 15%に低下し, b
e
n
z
o
lの酸化にカタラーゼが関与して
いるととを示唆するものと考えられる.
誌. 1
5
6
. BenzoI 中毒に関する研究
(
第 2報) Aceton,ButyIacetate
, 混 在 時 の Benzol 中 毒
西
山
勇(東大公衆衛生)
最近化学工業の進歩に伴い, Benzolの使用は広範囲に渉っている.従ってそれに伴い中毒症状も多発
しているが,その症例の中には B
enzol単独の作用によって起ったものとのみ見られない場合もある.他
物質の混入に:ょっ て単独作用以外の障害もあらわれるがとれは混在する物質によって,千差万別と考えら
1
れる
演者はBe
n
z
o
l中毒並びに Aceton,B
u
t
y
l
a
c
e
t
a
t
e(以下 B
.A.と略す〉が混在した場合の症状が亜
急性中毒の際に如何に影響を受けるかを Ratについて実験的に検討したのでと〉に報告する.
結論:
j
) M
ethaemoglobin.
Aceton単独では殆んど増加せずBe
n
z
o
l単独ても余り増加しないが,両者混在すると著しい高濃度
.A.ては単独でも Benzol と混在させても余り変化は認められない.
となる. B
i
i
) 白血球数.
Benzol単独の場合,減少最も著明, Acetonにも減少作用は認められるが, 両者混在の場合 i
こはそれ
程減少の程度は著明ではない.
i
i
i
) 肝臓
Benzol に Aceton,B
.A.を夫ノセ混合させたとき一番著明に増大する.
3
1
7
i
v
) 赤血球数,血色素量.
Benzolに Acetonを混じた場合並びに Aceton単独の場合最も減少著明, B
e
n
z
o
l単独並びに Benzol
とB
.A.混在の場合には減少は目立たない.
v
) 解臓.
Be
n
z
o
lに Aceto
lIを混じた場合並びに Aceton単独の場合には牌臓肥大がみとめられ,.B
enzol単独
並びに B
enzol と B
.A.混在の場合には反って縮少が認められる.即:!;Be
n
z
o
lは之を縮少させ, Ace-
ton,B
.A.は之を肥大若しくは無影響であるのに, Ben
z
o
lAceton混在時には Acetonの作用が主とな
って表われ, B
e
.
回0
1,B
.A
.混在時には Benzolの影響が主となって表われている.
誌. 1
5
7
. BenzoI 中 毒 に 関 す る 研 究
(
第 3報
〉 畿餓時の急性 BenzoI 中 毒
西
山
勇(東大公衆衛生)
Benzol中毒発生の本態に関しては現在では生体の酸化還元系の障害が主要なる役割を演ずるととは殆
んど確実と考えられているが,肝臓の解毒機転はとの意味においても重要な役割を営むものの一つである.
l
肝機能の衰弱せるときには中毒症状も強くあらわれる.飢餓時の中毒が重症である原因は,肝心l
y
k
o
g
e
n
の減少があづかっているととが推測されているが,それに伴う二次的な反応や,
ζ
れとは別の生体の防衛
機構が衰弱しているととが当然考えられるととである.演者は, Ratを用いて空腹待 Be
田 0
1吸入による
急性中毒の際に当り,その血液所見を検査して生体反応の差異について検討を行い次の結果を得た.
i
) 空腹時には, Be
I
;
l
z
o
l吸入によっておとる循環 Eosin好性白血球の減少が著明におとり,且っその
恢復もおくれる.
i
i
) Methaemog19bin濃度は空腹時の方が高度に出現し,旦つ回復もおくれる.
i
i
i
) 赤血球数は,食事投与群においては Benzol吸入直後一時的に増加を示したが, 空腹群において
は,かかる増加は著明てなかった.
1
5
8
. 高 原 気 候 下 に 怠 け る BenzoI 中 毒 の 研 究
鯉沼茄吾,奥谷博俊,入谷辰男,柳沢
運(名大衛生)
各種疾病特に血液疾病に対する高原気候の影響を実験的に究明しているが,鉛中毒に引続き B
enzol中
毒に就いて試みた.
実験動物は家兎を用い,高原気候の実験は長野県たて科高原,対照群は名古屋て飼養し
B
e
n
z
o
lを皮
下に注射して発症せしめ,その発症状態並びに恢復過程を観察した.
高原群は対照群に比し,貧血の恢復が促進されており叉白血球減少の恢復も優れており高原気候要素の
蔚j
戟は血液の赤血球系のみならず白血球系にも良好なる影響を与えるように思われる.
誌. 1
5
9
. BenzoI 中 毒 に 関 す る 研 究
(
第 4報
〉
グ)[,;クロン酸使用による BenzoI 中毒予防効果
西
山
勇(東大公衆衛生)
Glucuron酸が体内解毒機転に関係深いととは, Fischer以来の幾多の研究によって明らかにされて来
た.その解毒作用の木態は,生体の持つ酸化還元作用と相倹って直接抱合解毒の作用によると考えられて
回0
1中毒の発生の本態は生体の酸化還元系の障害が主要な役割を演ずると考えられてい
いる. 一方 Be
る.然らばBe
n
z
o
l中毒の場合, Glucuron酸はとれの発現に際して予防的に効果を認め得るか否か,と
の点について Ratを使用して実際的に検討する機会を得たのでここに報告する.
実験結果:
3
1
8
Glucuron酸は本中毒に際しては,
i
) 体温増減より見た場合
一般栄養状態保持に効果が認められ
る.
i
i
) 血色素量,赤血球数の変化を貧血の指標として見た場合 G
lucuron酸投与によって,或程度貧血を
予防し得るものと考えられる.
i
i
i
) Methaemoglobin形成を完全には防止し得ないが,或程度とれを阻止させる ζ 主が出来ると考え
られる.
i
v
) 体湿の変動についてこれを見るに,本剤使用のものではその低下は認められないのに反し, Benz
o
l注射群では体温低下は著明て、あった.
v
) 血液還元 Gluthathionの低下を極めて顕著に防止し得るものと考えられる.
160. AcetyIenebIack吸入による実験的研究
猿田南海雄,加藤敏郎(九大衛生)
カーボン・ブラックによる慶肺症の実験的研究は極めて少いので,著者は A
cetyleneblackを用い
て,家兎に毎日 1~2 時間
3 ヶ月間に亘って(遥等ばく露時間 150 時間〉吸入せしめて
2 カ月開放
置後,内部諸臓器の変化を見た.それによると肺胞内は勿論間質にも粉末の沈着を見るが線維増殖等は見
られなかった.肝及び腎には小円形細胞の浸潤を認め細尿管の萎縮或いは消失を見るものもあった.
161. メチルメルカブタンの毒性に関する研究(第 1報
〉
堀内ー踊.石川逸郎,岩滝典lE,藤井徹
中尾正宏,平山
昭夫
(大阪市立大衛生公衆衛生)
メチルメルカプタン中毒は未だ内外にその例を見ず,動物 t
こ対する毒性も明らかでない.私どもはこの
ものの毒性を明らかにし今後の労働衛生管理に資する為研究を開始し,現在迄に次の如き成績を得たから
報告する.動物実験用ガス吸入装置にハツカネズミを用い各種濃度のメチルメルカブタンガスを吸入させ
症状の発現及び死亡までの時間を観察した.その結果どの濃度の実験ても最初に現われた症状はItf吸促;庄
000p.p.m.では 8:5子,最も遅いので 300p.p.m.の1
0
時間 1
5:7}であった.初発症状が発してから可成
で 5
りの時閣の後に四肢の麻痔と窪鐘が現われて,その後は短時間のうちに呼吸中枢麻痔を以って死に至る.そ
のL
Dsoはハツカネズミでは 440p
.
p
.
m
.,100%致死濃度は 500-600p.p.m.の間にあると考えられる.実
験の結果から私どもはメチルメルカブタン中毒の症状及び死亡状態は硫化水素中毒の症状と類似している
事に気付いた.たま ζ のものの毒性は硫化水素より稿々弱く大体その
/
13
_
1
/,ではないかと思われる.
162. 芳香族化合物の血液 phenolase活性値に及ぼす影響とその意義に就いて
中
島
泰知(大阪府立労研)
先に報告したように芳香族ニトロ及びアミノ化合物による Methem6glohin症の発現には血液 pheno-
l
a
s
eが関与しているととを知った. そこでこの種の物質による所謂,
染料・化学工業中毒の際に血液
phenolase活性値(B.p
h
.A
c
t
.
) がどのような影響をうけるものであるかを検討する目的て次のような
実験を行った.家兎(古,約 2
.
5
k
g
) を用い an
i
I
ineガスばく露 (
5,20p.p.m.,2
h
.
/日
3ヶ月間),
an
i
I
ine (
0
.
3ml
.
)
, n
i
t
r
o
b
e
n
z
e
n
e(
0
.
9mI
.
)
, dimethylan
i
1
ine (
1
.
2
m
!
.
),0・t
o
l
u
i
d
i
n
e
(
1
.
0ml
.
)
, ben.
)
, c
hlorbenzene(
1
.0mI.)の夫々の大豆油 (
2
.
0ml.)混合液を皮下注射, b
e
n
z
i
d
i
n
e(
0
.
3
zene (
1
.0mI
g
.
) 経口投与を行い夫々のB.p
h
.A
c
t
.及び全血比重を測定した.結果を要約すると 1
)a
n
i
l
i
n
eガスば
く露及び a
n
i
l
i
n
e,nitrobenzene,d
i
m
e
t
h
y
l
a
n
i
l
j
r
i
e
.
,J
:e
n
z
i
d
i
n
e投与により B
.p
h
.A
c
t
.が低下する.
benzene,chlorbenzene,o
t
o
l
u
i
d
i
n
eては低下しない. .
R
s
!
>血液 phenolaseの基質とえ主り得るものによ
ってB. p
h
.A
c
t
.が低下するが基質以外のものでは変動しない. 2
)B
.p
h
.A
c
t
.は貧血発現より早期に
変動する.但し貧血の程度とは必ずしも併行しない.慢性中毒時には代償的と思われる上昇がみられる.
3
1
9
ζ のような知見を基にして実測した某染料工場作業者(約 3
0名〉のB.p
h
.A
c
t
.をみると対照〈事務〉
に比し分散の著しい作業者の値の中,高い値を示す者は代償期のものであり,低い値の者は障碍の強いも
のではないかと忠われる.
まだまだ例数や用いた化合物の種類も少く,叉投与乃至はばく露の量,期間等についても充分な検討を
B
.p
h
.A
c
t
.の測定は数種類の作用の類似した芳香
果していないので確定的なととは云い難いけれども, "
族系の有害物を取扱う場合の主作用有害物を推定するいわば鑑別診断法の,並びに貧血より早期に変動す
る所から早期診断法の一助として検討するに足る意義を持つものではないかと考える.
1
6
3
. 硫酸抱合から見た肝における m・クレゾー J
,
1 トJ
1-.:r.ン,安息香酸の代謝
佐藤徳郎,福山富太郎(公衆衛生院栄養生化)
先に演者等は p
-,o
・クレゾール,そのオキシベンツアルデハイド,オキシ安息香酸について肝切片,肝
ホモジエネート上清により硫酸抱合を行なわせ,それらの代謝系路を研究し,第2
5回生化学会関東地方会 t
こ
発表した.今回は m ・クレゾールについて実施した結果を報告する.
m・
クレゾ-}J-.は 0・クレゾールと非常に似た代謝系路を示す.即:;ベーバークロマトにかけ, S35_硫酸の
ラジオオートグラムをとると殆んど区別のつかない縞が現れる.その Rfを検討の結果 2,5
・
d
i
h
y
d
r
o
x
y
t
o・
lueneの硫酸抱合物が,多量に出来ることが分った.
0・クレゾールと異ると ζ
ろは CH,j
i
; CH
,
OH になると考えられるところであり, 似ているところは
2,5
d
i
h
y
d
r
o
x
y
t
o
l
u
e
n
eを生ずるととろであってホモジエネート上清でも ζ の反応が見られる.
p-クレゾールはーCH
,がーC,
O H,-CHO,-COOHのJ
I
債に速かに酸化され,各の硫酸抱合物を示すが,
m・クレゾールは,核酸化が速かで, -CH
,が上述のような変化を示すことは量的に少いことが分った,核
酸化を受けた後に -CH,が酸化されるらしいが,その細部の研究は未だ実施していなし、.
CH,
HO
¥/CE
f
¥
3
免
COOH
HO¥ / ¥
│
/
¥
/
¥
[
¥
OH
¥
¥/¥OH
CH,
OH
¥/¥OH
COOH
/¥
/¥
¥/¥OH
¥/¥OH
-オキシ安忌香酸,クレゾール
トルエンは p
p
-オキシベンジールアルコールのととろに硫酸抱合が認
められ,安息香酸は p・オキシ安息香酸の Rfのととろに硫酸抱合像が認められる. 何れも量的には少い
y
d
r
o
x
y
l
a
t
i
o
nのお ζ るζ とが認められた.
が,確実に h
1
6
4
. 合成樹脂工業に提ける工場中毒に就いて
谷川久治,藤原喜久夫,中山
宏(千葉大衛生)
近年合成樹脂工業の盛んになるにつれて,その原料,溶媒,添加物等による工場中毒が屡々報告されてい
る.演者等も東京都内某工場に於いて,塩化ピニール加工作業中,安定剤として、添加せられる S
t
a
b
i
l
i
z
e
r
No.52による中毒発現を認めたので,此の毒性に関して若干の報告を行う.
u
t
y
l
t
i
n
d
i
l
a
u
r
a
t
eをその主成分とするものであり,従ってその中毒は一種の有機錫化合
本物質はDib
物中毒である.
1) 中毒作業員の症状:
ro強度の上気道刺戟症状であり,咳敷,呼吸困難を許へ,時に鼻血を生ずるととがある.叉尿中に U
r
o
b
i
l
i
n
o
g
e
nの出現をみ,血液像 l
こは或程度貧血が認められる.
b
i
l
i
n,U
:
3
20
2
) 動物実験:
2
4番トタンを用いて
1m立方の気密な実験箱を作成し, その天井部及び底部に犬ノセ電気扇風機及び
試料蒸発気化用電熱器を装置し,その中に被検動物を収容する金属性箆を入れた.
誌を用いて,諸種条件下に於げる該物質の毒性試験を行った.
以上の装置により,大黒F
p
.
p
.
m
.以上の濃度て 6時間吸入を続ける時は死亡し, 3p.p.m.以下 O
.
5
p
.
p
.
m
.
. ~こ至る
その結果, 5
迄濃度を下げても,尚被検動物の剖検所見には病的像力1認められた.但し O.5p.p.m. にて~.ま,
環境温度
000以上にては有害なるも, 2
500以下にては無害である.尚此の
因子によりその毒性は著じく左右され, 3
中毒を発生せしむる限界濃度は工場現場に於げる空中濃度よりも勿論低いものである.
叉此等中毒動物の剖検所見は人の臨床症状と完全に相対応するものである.
1
6
5
. 塩化ヂフェエー J
(
.
.の毒性について(第 2報
〉
本内
正 雄 ( 労 研 第 1病理)
塩化ヂフェニールが主として,肝,腎,牌を犯し,従って,血液,尿に一定の変化を来し,叉,病理組
織学的にもとれを説明するに足る変化を示すととを動物実験によっ℃確め,その成績を前回報告した.
今回は,以上の知見に基いて,実際作業者の血液及び尿所見を 1年に互って観察した結果を報告する.
被検対照者は,
た.
東京都下コンデンサー・メーカー 8工場よりの約2
0
名で,
毎月中旬 1回検査を繰返し
検査項目は,自覚症状,全血比重,血築比重,ヘモグロピン量,ヘマトクリット値,赤血球数,白血球
数,血焚蛋自分屑,血清蛋白反応,血球,血祭のコリン・エステラーゼ活性値,尿ウロピリノーゲン,蛋
量てある.
白,潜血,血中及び尿中クロー J1
とれら検査項目の逐月推移を観察すると,全血比重,血奨比重,ヘモグロビン量,ヘマトクリヅト値,
2月に向って次第に上昇している.白血球数も
赤血球数は, 6, 7, 8月に減少して明らかな谷を作り, 1
大体同様の傾向を示す. ζ の意義については,勿論,生理的季節変動,年令的因子,塩化ヂフェエールに
ぼく露される時間の変化,作業内容,作業様式等を充分考慮に入れて判断しなければならないが,各々,
測定値の変化の強さより推察して,塩化ヂフェ=ール作業による何らかの障碍を考えさせられる.
2月に
血中のクロール量は,何れも正常範囲内にあるが,しかし,やはり 6, 7, 8月に高値を示し, 1
向って次第に下降している.なお,個人別にも血中クロールの多寡と血液並びに尿所見は一定の関聯を示
代謝に影響を与えるのではないかと考えら
すように見えるので,塩化ヂアェニールは何らか体内クロ - J1
れる
1
6
6
. 臭化メチル中毒に関する研究(第 1報)
高安正夫,菅原努,吉田克己,杉本年(三重県立大産業医学)
〈ん蒸消毒剤として用いられる臭化メチルによる中毒症を実験的に研究する為に,先づその定量法につ
いて検討した.
1)
メタノー Jl
-性苛性カリによる方法: 臭化メチルガスをメタノール性苛性カリ液に吸収させ熱を
,と N/10N H
,
SCNて滴定ナる方法て,との場合の条件として,
加えて分解し,N/10AgNO
i
) 苛性カリの濃度: 5%
及び 3%を使用したが, 5%では計算値に対じて 90%-100%の値を得た
が
, 3%では充分な回収が得られない場合があった.
1mg/L前後の場合は, メタノール性苛性カリ液の高さ約1
5
c
皿のもの 3木て充分である
, 3本て 98%)高濃度の場合はそれ以上を要ナる.
が,(1木て67%, 2太て91%
i
i
) 吸収瓶
i
i
i
) 水解の時間
1
0
000 水浴中て, 5'
,1
0
'
,1
5
',3
0
',6
0
',9
0
' と実施し,すべて同様の結果を得
た.
i
v
) プランク: メタノールのブランクを少くする為に,メタノールの蒸溜を行ったが,両者聞に,著
しい差は認めなかった.
,
.
3
2
1
2
J エクノールアミンによる方法: 臭化メチルガスを, モノエタノールアミンにより水解する方
法.
2時間静置した後,定量したが,臭化メチルは完全に水解されなかった.叉. 3
0
'
i
) 水解の時間
振還した後,定量したが,約50%の値しか得られなかった.
i
i
) トリエタノールアミンを同様の目的て使用して見たが,不充分な水解しか得られなかった.
0
0
0
0にて加温水解し,滴定する方法が
以上の結果より 5 %メタノール性苛性カリ液に吸収させた後. 1
良い事が知られた.
誌
1
6
7
. 工業毒のペーパークロマトグラフィ (1)
アルコー)[.類のベーパ四クロマトグラフィ
E
H
砂
毅(阪大衛生〉
第一及び第二アルコール〈及びそのエステル〉のエーテル抽出液に CS2と図形 NaOHを加えて良〈
振還し,過剰の NaOH[
を漉'i!
U
した溶液を蒸発乾燥する.此の残澄のアセトン溶液を漉紙(東洋鴻紙 No.3,
2x50cm) に横線状に Spot して,一次元下降法て展開する.展開溶媒はアセトン.呈色薬として硝酸酸
0
性のモリブデン酸アンモン溶液を噴霧すると紫紅色を呈ナる. 2
0
0て展開結果は下表の如し,比の結果か
ら飽和一価アルコールは炭素数の多い程 Rf値が大きくなると推断出来よう.
(1)
Kindo
fAI
c
o
h
o
l
Methyl
Ethyl
n
P
r
o
p
y
l
i
s
oPropyl
n
B
u
t
y
l
i
s
oB
u
t
y
l
s
e
c
B
u
t
y
l
i
s
o・Amyl
n-Hexyl
n・O
c
t
y
l
β
P
h
e
n
y
l
e
t
h
y
l
A
l
l
y
l
Cyc
1ohexanol
CH30H
C,
H50H
C3H,
OH
(CH3)2CHOH
H,
OH
C,
C2
H,
OH
(CH
3),
H5CHOH.CH,
C,
C,
HI1O H
C,
H1,
OH
C,
H170 H
H5C,
H,
OH
C,
C,
H50H
C,
HI1O H
Rf
S
e
n
s
i
t
i
v
i
t
y
0
.
1
3
0.22
0
.
2
5
0
.
2
7
0
.
3
1
0.33
0
.
3
4
0
.
3
9
0
.
4
5
0
.
5
1
0.
4
0
0
.
2
7
0.
4
6
50r
グ
'
/
'
/
!
/
~
!
/
グ
f
/
グ
f
/
f
/
1mg
1伺 . 工業毒のペーパークロマトグラフィ (2)
芳香族アミン類、のベ』パークロマトグラフィ
砂
珂
!
毅(阪大衛生〉
・
染料,色素,薬品,火薬,ゴム工業に於いて多くの芳香族アミンが使用される.此のものは Methemo
g
l
o
b
i
n,溶血,腫蕩を惹起させる.工場て用いられる場合は単独のアミンが用いられる事は少く, 多くは
此等の数種の混合物が使用される.従って此等の P
a
r
t
i
t
i
o
n
a
lAnalyseが I
n
d
u
s
t
r
i
a
lHygienChemist:
に要求される. 比の目的に PaperChromatography を採用し 2
3
種の代表的芳香族アミンを一次元下降
展開しその各々の Rf値 を 決 定 し た 展 開 溶 媒 は B
utanol と HClの混液を使用する事により Spotの
一
幅の縮少に努めた. 噴霧試薬として 2
0
種の呈色試薬を使用して呈色させ,
i
d
e
n
t
i
f
yする事が出来た.
此れと Rf僅から各アミンを
.
3
22
'
,
'
デ
1
6
9
. 茨化水素類による皮膚障碍に関する実験的研究
(
第 1報
〉 指肪族茨化水素類に就いて
赤塚京治,宮沢寿一郎,高橋寛男,足立
健
五十嵐五十司,宮崎壮一,高橋国男(東京医大衛生,公衆衛生)
試料としてノルマル・ヘキサン,ノルマル・へブタン,イソ・オクタン,国産並びに輸入原油から精製
した性状の明らかな 5種のガソリン,ケロシン及びセタンを用い,対照に生理的食塩水を以って家兎,モ
ルモットの剃毛部に貼附試験を行ったが皮膚に何等の反応も認めなかった.依って木研究に協力する有志
者を得て人体実験を行った結果次のことがほ宣明らかとなった.
(
1
) 生理的食塩水ては其の貼附によって皮膚に何等の反応も!認められないが,ガソリン,ケロシン及
びセタンては紅斑,褐色斑,浮腫状腫張,水泡等各種程度の皮膚障害を起し,英強度のものは膿庖,痴皮
等を形成後色素沈着等の痕跡を長く遺した.
0
(
2
) 脂肪族炭化水素類て分溜終点温度が,約 1
8
0
0迄のものE
日ちガソリンでは分溜温度が高いもの程
強い皮虜障害を起す.
(3) 分溜温度がガソリンより高いもの即!>ケロシン以上のものでは却って分溜温度が高くなるに従っ
て共れによる皮膚障害は軽くなる.
(
4
) ケロシンによる皮膚障害はノルマル・ヘキサシによるものより軽度で,セタンによるものはケロ
シンによるものより軽度である.
(
5
) 試料の中,組成の明らかなものはノルマル・ヘキサン,ノルマル・へブタン,イソ・オクタン及
一ぴセタンてあったが,ノルマン・ヘキサンよりノルマル・へブタンが透かに高度の障害を惹起した点から
推察すると,構造の相違よりも炭素の数従って分溜温度の相違が皮膚障害に大きな関係をもっ様に思われ
』ヲ
J乞
.
1
7
0
. 表化水素類による皮膚障害に関する実験的研究
(
第 2報
〉 芳香族表化水素類に就いて
赤塚京、冶,宮沢寿一郎,五十嵐五十司,足立健
藤波裏二,宮崎壮一,高橋国男,山村
E直
宮本勇,宮本寛利,鈴木猛,藤村敏行
和田
邦孝,延島建市
(東京医大衛生,公衆衛生)
木研究第 1報て脂肪族炭化水素類の皮膚障害に就いて報告したが,本報ては芳香族炭化水素類に就い
て,ベンゾール, トルオール及びオルト,メタ並びにパラ・キシロールを用いた人体貼附試験成績を報告
する.之等試料が皮虜に障害を起すか否か,之等試料による皮膚障害程度の強弱如何,叉脂肪族炭化水素
類に比較しての障害の程度如何等を調べ,ほ立次の事が明らかとなった.脂肪族炭化水素としての対照に
は第 1報て其障害程度が明らかとなったノルマル・ヘキサンとイソ・オクタンを使用した.
(
1
) ベンゾール, トルオール,キシオールが一定量,一定時間皮膚に作用した場合,局所に紅斑より
水癌迄の種A の段階の皮膚障害を起す.
(
2
) 上記芳香族炭化水素類による皮膚障害の程度は脂肪族炭化水素類?と比較じて非常に軽度である.
(
3
) ベンゾール,トルオール,キシロールによる皮膚障害の強弱をみるに,ベンゾールによるものが
最も軽度で次いでトルオールが強く,キシロールによるものが最も強い.
(
4
) キシロールに就いては異性体聞の皮虜障害程度を比較ーレたが,パラ・キシロールによる障害が最
も強く,オルトとメタ・キシロール間には殆んど差が認められない.
(
5
) 上記の実験成讃から推すと,ベンゾール系芳香族炭化水素類てはベンゾールよりも其アルキール
誘導体の方が作用が強く,叉アルキール誘導体中ては置換基の多いものほど作用が強い様である.
3
2
3
1
7
1
. 農化水素類による皮膚障害に関する実験的研究
(
第 3報
〉 農化水素類の皮膚に対する作用時間と皮膚障害の程度に就いて
赤堤京、治,宮沢寿一郎,五十嵐五十司,足立建
藤波嚢二,宮崎壮一,高橋国男,山村正直
宮本勇,宮本寛利,藤村敏行,鈴木猛
和田邦孝,延島建市,岩本岩助,安藤克
原島三郎(東京医大衛生,公衆衛生)
本研究第 1報と第 2報ては炭化水素類が皮膚に附着した場合の局所障害及び其れ等の程度等に就いて報
告した.今回は炭化水素類が皮膚に附いた場合,其れ等による皮膚障害を予防するには附着してからどの
程度の時間内に原因を除去すればよいかと云う事を定める為に種々異なる時間て人体に貼附試験を行い次
の成績を得た. 使用した試料はノルマル・ヘキサン,イソ・オクタン,ベンゾール, トルオール及びノミ
ラ・キシロールであった.こ〉には此中脂肪族炭化水素類中て最も速かに発疹を発呈したノルマル・ヘキ
サン,芳香族炭化水素類ではパラ・キシロールを標準として述べる.
(
1
) 脂肪族炭化水素類ては 5分貼附の場合は何等の変化なく, 1
0分ては 1, 2日で自然消失する一過
0分以上貼附した場合は痴皮を形成し,其脱落後色素の沈着を遺す場合
性の紅斑を生ずる場合があり, 2
が多い.
(
2
) 芳香族炭化水素類ては 1
0分以内の貼附ては全然変化なく, 2
0分では短時間の中広自然消失する紅
斑を生ずる ζ とがあり,其れ以上の貼附ては皮膚局所に長時日,痕跡を遣す場合が多い.
(
3
) 以上の実験成績とガソリン類が各種炭化水素類の混合物なる事実から考察するに,ガソリン類が
:皮膚に附着した場合の皮膚障害を予防するには,附着後 5分以内に原因を除去し得れば何等の変化も起ら
ず理想的であるが,之が不可能な場合,皮膚に美期聞の痕跡を遺さない為にほ遅くとも 1
0分以内に原因を
J
除去するととが大切である.
1
7
2
. 産業用皮膚保護剤に関する研究
(
第 2報
〉 毒物吸牧抑制効果に就て
野
村
茂(信大衛生)
前報に於いて水中泊型手L
剤 (OIW型),泊中水型乳剤.(WIO型〉並びに被模形成型乳剤の皮膚被覆能,
皮虜汚染防止効果,酸,アルカリ刺戟,に対する防護効果,並びに被膜形成型乳剤の毒物吸収抑制効果に
J
ついて述べた.
本報に於ては,ぼく露毒物の理化学的性状と適用塗布剤の特性とを,主とじて毒物吸収抑制効果から窺
うべく企図した実験成績について述べたい.
我々は,水溶性毒物ばく露に対して親油性基剤,脂溶性毒物ばく露に対しては親水性基剤を使用するこ
とが毒物の皮膚面ての溶解浸透阻止の点て合理的であろうと考え,肝機能E常なる男子について前報同様
O/W剤〈水分 6
0
9
五
)
, W/O剤〈水分 20%)の塗布効果を検討した.即!"脂溶性である
の方法をもつで,
S
a
)
y
c
y
l
i
ca
c
i
dの吸収抑制は O/W剤に於いて大なる ζ とを認めたが,水溶性て、ある 80d
iumS
a
l
i
c
y
l
a
t
e
については一定の所見を得なかった.との後者は,元来水溶性物質が健常皮膚透過性の少いことによると
考えられ実験方法の再検討を要ずる.
次にラッテの本剤j
塗:布面に連日 O
.
l
c
c
宛毒物を滴下し,体重の推移,生態所見,臓器所見を観察した結
果によれば, W/O剤塗布の場合は, nitrobenzene>trichloroethylene>Sodiumn
i
t
r
i
t
e,OIW剤に於
i
t
r
i
t
e>nitrobenzene>t
r
i
c
h
l
o
r
o
e
t
h
yl
e
n
eの順に強い毒物吸収作用を呈した.
い て は 田diumn
之等の成績は,ばく露毒物とその保護剤の適用を理学的性状特に溶解性に着目して考えることの妥当性
を示すものと考えられる.
3
2
4
1
7
3
. パラチオンの実験的研究
猿田南海雄,長谷川健(九大衛生)
パラチオンの自然界に於げる分解過程に関する,基礎的実験を行なった.
)ス氏法により発色せしめ,光電比色計を用い定量をな
一定濃度のパラチオン溶液につき,アベル・ノ 1
し,経時的分解の度を追求し,温度,紫外線,酸素,窒素,及び土壌による影響をしらべた.その結果に
よると,パラチオンは之等各種の物質条件によって分解するととが判った.
1
7
4
. パラチオンの危害防止に関する研究
喜田村正次,野口
芳之(青島大公衆衛生〉
パラチオンは,次の方法て容易に測定できる. !
E
s
:
ち,アルカリ性の mediumに於いて,極く少量の H20
.
を添加するととにより,短時間て分解して !
P
・エトロフェノールを生ずる . ζ れを簡易定量法に利用した.
パラチオンの吸著には,活性炭が最もよく白土,アルミナ,土壌等は余り吸著しない.
脱著剤としては,加温ベンゼンが最もよく 0.2gの活性炭に吸著したパラチオンは,約 1
5
c
c程度の加湿
ベンゼンて完全に脱著てきる.とれは,極めて低濃度のパラチオンの定量に利用できる.
人体皮膚面からのパラチオン吸収を知るために,手指を 1
0
0
0
倍パラチオン液に一定時間浸し,吸収され
たパラチオンを測定した.これによると,パラチオンの経皮膚吸収量は,比較的僅少である.
産業用保護クリームの効果についても,検討を加えた.
その他パラチオン撒布野菜の残存ノ号ラチオン量を,ベンゼンて抽出し,活性炭層を通し,上記の方法て
定量した.
1
7
5
. r-BHC中毒に対するグルタロン醸の効果
カ
日
納
清(東大公衆衛生)
実験的に純系マウスに煙蒸による T・
BHC急性中毒を起きしめ,あらかじめ,グルクロン酸〈以下 G酸
∞
と略す) 2 mgfkg,G酸 1
0
0mgfkg+VitaminC 1
0
0mgfkg,VitaminC 200mgfkgを夫々皮注した
三君事と,生理的食塩水を皮注せる対照群とを比較し, その血液所見を検討した結果 G酸 200mgfkg皮 注
によって貧血を軽度に止め,網状赤血球増加及びメトヘモグロビンの増加を阻止し,且つ白血球のー適性
0
0mg+G酸 1
0
0
m
gては G酸
増加を生じ,その中毒に対する効果が可成りに認められたが, VitaminC 1
とV
i
t
.C との相乗作用は認め難く立つ VitaminC のみによる効果は全く見られなかった.
1
7
6
. 白鼠に対する粉塵気管混入法の検討
佐野辰雄,小山内博(労研労働病理第二),
粉康有害度を実験的に究明するために,従来多くの動物が使用され,線維発生を検する目的には白紙が
有利とされた.一方実験方法として吸入法,腹腔法が慣用されて来たが,夫々長短があり,量や粒度の規
定が容易であり,その上直接肺に於ける変化をみうるという意味て,近来 King等は白胤の気管内注入j
去
による肺変化を検し,細胞増殖,線維増殖の度合により,その有害度を五段階に分類するととを試みてい
る.
著者等はこの方法による変化が人肺変化に対応するかどうかを検することを主目的として,珪酸(無品
性カールパウム製),アルミナ,硫化鉱,燐鉱石,墨汁を使用し,略ノセ 8ミクロン以下の粉塵5
0
m
gより 7
5
m
g
を 1
2
0
乃至 200grの白胤に注入し 1
0日より
sヶ月にわたる経過を観察した.
1.炭粉をのぞいて他物質は夫A 肺内に粉塵肉芽腫を生じ,銀線維のみでなく腹原線維を発生するもの
もあるが,これは人体珪肺にみられるような血管,気管周囲粉塵を中心として発生したものではなく粉塵
こあた
性肺抱炎の結果である.但し物質による差はあきらかで,珪酸がもっとも強く, King等の第二度t
325
っている
2
. 肺内,血管,気管周囲にも粉塵はみられるが少量で組織反応はほとんどみられない.
3
. 肺門淋巴腺には多量の粉塵が移行し,局所網内系細胞の増殖著明なのは硫化鉱,珪酸,燐鉱石てア
ルミナはきわのてわづか,炭粉は単にどん喰ざれるのみである.燐鉱石では線維の発生もみられた.
4
. 淋巴腺変化は人体のそれと強い相似性をもち,反応検証の場として好適てあろう.
5
. 気管注入法の肺内主変化は肺胞炎ぞはあ るが,物質差をあらわず点から,淋巴腺変化と合わせて考
e
察すれば有周7';(方法である C とは認めてよい.、
1
7
7
. 各種粉直による組織反応に関する実験的研究
杉
山
純}夫(山口医大放射線)
セメント工場の堆積粉塵,セメント製品,及び宇部市内の工場密集地帯に於ける降下煤塵,該抱帯の道
等の粉墜を白鼠の腹腔内に注射し,その組織反応を追究して,珪酸粉末,
路の粉塵の有害性を知る為に,止t
及び炭粉のそれと比較し,珪腕,その他の塵肺発生の参考に資せんとした.
実験の結果を要約すれほ次の通りである.
8
0日に於いて,完全に硝子様化した定型的珪症性結節を形成する.
1)珪石粉末ては,実験期間 1
2)セメント工場原料室の堆積粉塵(遊離珪酸含有量4
5
.
5
%
)ては,個々の結節により,謬原線維の形
成に可成りの相違があるが,一般には,可成り強い線維形成を認めるものが多い.
nるものも認める.
線維は粗大不整にして,不規則に配列するものが多いが,中には珪症性結節と1思わ
3)ボルトランド,セメント製品(遊離珪酸含有量0
.
0
2
%
)ては,組織反応は極めて微弱て,原料室の
堆積粉慶に較べ著しい相違がある
4)降下媒塵(遊離珪酸含有量 5;8%)及び道路の粉塵(遊離珪酸含有量2
8
.
1
%
)では何れも軽度の線
維形成を認める.
5)炭粉ては,腰原線維の形成は極めて微弱で,単なる難溶怪物質の異物反応を見るに過ぎない.
6)線維形成能と反応の持続性を見ると,珪石粉末が最も著ししセメント原料室の堆積粉塵が之に次い
で可成り強く,降下煤塵,道路の粉塵は共に軽度で,前者よりも逢かに劣り,セメント製品は更に弱く,
炭粉は最 も微弱である.
t
1
7
8
. 低濃度珪酸粉による実験的塵肺に就いて
渡
辺
恒
蔵(労働省珪肺試験室)
一演者は所謂塵蹄として取扱われる粉塵について,実験的に,とれら粉塵の単独による慶肺が,どの程度
に障害が進展するものか,石炭黒鉛,珪酸塩E長石,褐れん石の各種,並びに硝子,滑石について,長期
ご亘る吸入実験,叉は注入実験をラッテ,家兎一千匹以上について施行した.以上の粉塵の中て長期に亘
V
<
ると強度の,線維増殖性結節が形成されるととが知り得た.特に石炭につい ては昭和 2
9年関東地方会に発
P
表したがその後 2年以上の成績にては,、明らかに箸崩な躍原性硝子化を示す珪肺性結節まで発展するとと
が確められた.次に珪酸塩の放射性正長石について去年,総会て述べたがjその後褐れん石,をの他の放射
性珪酸塩について検討を加えた結果,とれら放射性の有無によっては非常な差があり,その放射能が若干
0-50カウントのものは '
t
, 8カ月て著明な線維
多いと造に石英の障害を凌駕するものであって,例えば3
性結節を形成じ,
8
0
0カウントのものは実験日数4
0自の吸入だ充分に肉眼的に認められる広範な結節斑が
s
形成され到底石英の比ではなかった.しかもとれらは f
r
e
ei
1
i
C
aO
:O6%の翼賛の珪酸塩を使用じた.
次に硝子,滑石の吸入実験にても,滑石は硝子よりも f
r
e
es
i
l
i
c
a少いにも拘らず,滑石の方が著明な
肉芽腫を比較的早期に形成 1年以土にて 5 線維性結節が形成された.
以上の実験の如く,慶珪肺発生には, Heppleston,Go
自由等が炭肺について指摘したように,
珪酸特ー
に f
r
e
e
's
i
I
i
c
i
lのみに拘泥するととなく T
o
t
a
Ic
o
a
ld
t
i
s
tの障害を重視したと同様に演者も亦珪酸粉E
撃の
みに責任を負わすべきでなめと考へると共に,放射能影響もまた重視する必要があると考えるに至ワた.
沼6
1
7
9
. シリカ粒子の大きさによる組織反応の差異
古屋慶隆,坂部弘之(公衆衛生院労働衛生)
長谷川恒夫
(三菱金属鉱業)
水簸により調製じた 4μ(
ま=4
.
4
6μ),3μ(
主=
3.45μ),
.1μ(主=1.5μ) の石英粉末並びに微粒子シリ
カ(珪費量ソーダ溶液を充分撹持しつ〉メタノールを滴下し,且つC0
2 を徐々に通じて珪酸を析出させ,洗
s
l
u
c
o
s
e浮遊液を夫々家兎 匹の耳静脈内に p
r
o
.Ki
l
o
. lcc
糠乾燥したもの)の 4穫のシリカ粉末の 2% g
の割合て1
0回注射した.注射開始より,
505-5
3
3日後に屠殺して,肺及び肝の病理組織学検索を行うと
同時に肝の謬原線維量を化学的に定量した."
;
.
'
t
a
c
y(
1
9
5
2
)の法により謬原線
即!S,ホルマリン固定標本を乾燥研磨して粉末とし,その一定量から S
o
g
a
n
(
1
9
5
0
)の法により,線維中の Hydroxypro
1
ineを測定した. Hyd維を取り出し, NeumanandL
i
:
'
o
l
i
n
e量から推定される惨原線維量は, 4μ>3μ>1μ て
, 4
μ 粒子は 1
μ 粒子に比し,
oxyp
6-1倍
に達ずる線維増殖をひきおとし得た.とのととは従来行はれた肺ての実験と脊馳ずるものである.之等の
粒子ては腕には大した変化は見られなかったが,微粒子状シリカては肺に細胞皮応が見られた.此の際見
られる粉塵粒子の大きいととからしても,微粒子状シ.リカは調製当時と比較じて其の性質を変化したもの
i
r
r
h
o
s
e というが, s
c
l
e・
と考えられる.肝の病理組織像は赤崎のいう珪症性肝硬変の像てあるが,之を c
筑間
p
e
d
i
c
u
l
a
i
r
e というかは別に論議したい.
180. 石 英 粉 末 の 溶 解 に 就 い て
輿貴美子,坂部弘之
(公衆衛生院労働衛生)
アルカリ性溶液ては石英粉末自身からコロイド次元の珪酸が分離溶出する事を昨年病理学会に於いて報
告した.非常に微量な問題てあるので,更に測定の精度を高めて種々な戸,及び戸 7
.
3に於げる時間的経過
について実験を行ってみた.
酷酸ソーダー塩酸 b
u
f
f
e
rてが15
.
0, 6
.
0, 7
.
0, 8
.
0, 9
.
0のものを作成し,
実験方法はベロナ - J1
・との液5
0
c
cに対して石英 2gを加え,毎日 2時間針。Cて振還し,常時 3
700に保温した.叉一方時間的経過
による溶出を観察するためには, b
o
r
a
t
ebu
任e
r戸 7
.
3に同様に石英を加え,上記同様の条件て
7,1
4
40日毎に測定を行った.測定方法は,アルカリ煮沸,アルカリ熔融を行い,後Car
s
o
n.
(
1
9
5
2
) の方法を
modify した河内 (
1
9
5
5
)の青色法を用いた.
結果は,各種戸による溶出は前回の結果と大体等しく,酸性側ては殆んど溶出がみられないが,戸 7以上
では溶出が漸次多くなり,約1
0i
n
g
f
l程度のコロイド状珪酸が溶出ずることが明瞭となった.待問的経過
を観察した実験ては,日時がす〉むと共に飽和曲線的に溶出がす L み
, 4
0日ては約 14mgflのコロイド状
e
r
珪酸の溶出を示している・‘之等のコロ fド状珪酸が分子分散状珪酸の重合によるものでない事はIl
(
1
9
5
5
)等の資料から明らかである.更に此の溶出したコロイド状珪酸を 35,∞O
r
.p
.m.4時間遠沈濃
縮し,電子顕微鏡てしら寸えた結果は此等のコロイド次元の珪酸は球形てはなく多角て且つ薄片状のものが
多く見られた. 更に之等の 0
.
5
μ 以下のコロイド状珪酸の電子線回折は明らかに石英の像を示した. 従
って珪酸ソーダから作製されるコロイド状珪駿に比べて石英から溶出した珪酸てはその物理化学的性質を
異にするだろうと考えられる.
1
8
1
. 珪症結簡の三の代謝特性
坂
部
小野
弘
之(公衆衛生院労働衛生)
哲生(癌研化学)
ラッテ及びモルモット腹腔内に形成させた,珪症結節の嫌気的糖代謝並びに呼吸についてしらべた.糖
1
9
2
4
) の系に従って検索し,
分解は腫蕩組織の解糖をしらぺた otωWarburg(
呼吸はコハク酸酸化酵
3
2
7
素を指標として, S
c
h
n
e
i
d
e
r and PO
枕e
r(
1
9
4
3
) の系に従ってしらべた. Warburg の系では牌を
除いて,筋,肝,腎等ては解糖は全く見られないか,叉は極めて弱いに拘らず,類上皮細胞様細胞及び
巨細胞からなる肉芽腫であるモルモットの珪症結節,及び,、組織球と線維(芽〉細胞とからなるラッテ
の珪症結節ては相当度の解糖が見られた. 然し解糖系のすぐれた悪性腫蕩たる,
例えば Rhodamine
:
s
a
rωm(
曲r
o
s
a
r
ω,
ma梅田) ,Crocker回 rcom1
8
0(
r
o
u
n
dc
el
1s
arcoma)に比して,ラ?テの場合
は前者の約
1
/
.,モルモットの場合は後者の約 1
/,程度であった.更にコハク酸酸化酵素の activityは珪
症結節ては,肝,筋に比し顕著に低下していた.然し前記瞳疹組織程には低下していなかった.以上の代
謝が,珪症結節に特有のものか,叉はシリカの影響によるものかをしらべるため,ラッテ肝の homoge
・
nate及び mitochondrias
u
s
p
e
n
s
i
o
nに対して i
) 石英微粉末, i
i
) 重合珪酸(珪酸ソーダをザオン交換
樹脂をとお'じて作ったもの)i
i
i
) コロイド状珪酸(石英粉米から溶出じたもの〉を加え,コハグ酸酸化酵
素に対ナ Q 阻害をしらべた.結果は予想に反して凡んど影響はなく,むし'5僅かな促進の傾向が見られ
た.従って之等の珪酸が,直接 i
n
i
t
o
c
h
o
n
d
r
i
aを a
t
t
a
c
kすることは考え難いように思える.然レ S
u
-
hning(
1
9
5
3
),の結果を肯定すればコロイド次元の珪酸の細胞呼吸阻害は別に求めなければならず,此の
点については尚検討中である.
1
8
2
.一珪肺結節と硝子様物質に就いて
田島原勇次郎(東北大中村内科)
珪肺結節は硝子様物質を中心とした謬原線維の輸状の結節である.珪肺の発生ーには,珪酸の物理化学的
性質の立場から論じられた報告が多いが,近時,膝原線維の発生機序と珪酸との関係が注目されるに至。っ
た.私は化学的に之を追求して,次の如き結論を得た.
1
) 硝子様物質の等電点を中心として
Hyaluronidaseを珪腕組織に作用せしめ,その等電点のアル
カリ側に移動するととから, Hyaluro
凶d
a
s
eの基質, !
E
I
J
!
> Mucopolysaα:harideが,珪肺結節中に含ま
れるととを知り,珪腕組織中の藤原線維には,化学的に特異性を認ゆ得なかった.
2
) 珪腕組織には非珪肺組織よりも
Hyaluronidaseの含有量が少ない様に見受けたが,
之は珪酸
;
j
s Hyaluronidaseの作用を抑制するととに由来ナるものであると考えた.
1
8
3
. 塵挨貧喰作用に関する実験的研究
中込
泉,阿部
彰(東北大中村内科)
吸入室換の微少部分の粒子(約 3μ 以下のもの〉は肺胞内に達し, 肺胞内にて食喰され再び略出され
て除去される.一部の粒子は腕胞上皮間より侵入し淋巴道を通り,叉は再び喰細胞により会喰されて気管支
局間,血管周囲の淋巴漉胞に集り,細胞が崩壊しその部分より珪肺結節が発生する o ,A
s
c
h
o
f
fに由れば胞肺
J
内会喰作用は肺の浄化作用をなし塵挨除去の役目を行うと云う.珪症性変化としての重要因子である石英
並びに珪症性変化を惹起しない炭未に就いて組織学的反応並びに喰細胞反応に就いては諸家により試みら
i
s
c
h
e
rの方法に従い鶏
れていたが多くの報告は炭末の被貧喰能は石英より大であるとしている.私共は F
μ
飴児牌臓の組織培養を行い遊走ずる大食喰細胞の反応を石英並びに炭未と更に観察困難のために微量のメ
チレン青色素を吸着せるシリカグルを用いて位相差顕微鏡により観察し若干の所見を得たので報告する.
(1) 石英塵挨は炭末と同様に良く大食喰細胞により食喰され,粒子は分散して存在している.細胞の
急速な変性現象と思われる空胞化が多く認められる.
(
2
) 炭末の食喰された粒子は細胞内に於いては凝塊となり,之は炭末は石英よりも疎水性てあるため
仁粒子が細胞内にて凝集するものと考えた.細胞の変性現象としては空泡形成よりも脂肪滴の出現が多く
認められる.
(3) メチレン青吸着のシリカゲルの喰作用は大略石英と似て居り,空泡形成があるが 一部の細胞内に
J
'・硝子様の変化に似た所見を認めた.
(
4
) 石英並びにシリカゲルは培養中の心臓組織片並びに牌臓組織に対し,炭未よりも障碍度強く早期
3
2
8
に培養組織の変性現象を認める事が出来る.
1
8
4
. 珪肺組織の電子額微鏡学的研安
中込
泉,阿部
彰(東北大中村内科〉
珪肺結節内に沈着せる粒子に就いては先に Dudley等の顕微灰化1
去に従い之を観察し結節中心部の珪酸
塵は吸入以前の浮遊塵と異りメチレン青色素を良く吸着して着色される性質をもち種A の珪酸鉱物の試験
管内色素吸着実験から青染される粒子は穆質次元のもの,主としてシリカゲルであろうとの推定をもった
が
,
更に之等の試料と共に浮遊塵を電子顕微鏡的に観察し,
叉珪肺組織切片を化学的に処理する事なく
R
e
p
l
i
伺法によりその表面の性質特に謬原線維の観察を行った.更に牛アキレス鍵よりの躍原線維を抽出
i
し之を珪肺の線維と比較し,酷酸溶液にて溶かした後再び食塩溶液による沈動伏態を観察した.
浮遊塵挨は 1
μ 以下の粒子が大部分であり 2
5
μ の大町さのものは少い.珪腕組織切片の灰化及び塩
酸処理による珪酸塵は一見大きな粒子の如ベ見えるが,
内部には不定の形態の電子線の透過度の良い粒,
子が密集して居弘之等の微細粒子の凝集によるものであり,更にメチレン青により染色せる珪酸塵は,
膨質色素粒子が慶挨粒子の表面に吸着される為に電子線の透過度の良い粒子は著明に増加している.之等
の不定の形態の透過度の良い粒子に電子顕微廻折法を行い Warrenに従えばシリカゲルに一致する散慢
格子縞を認め,後者は雲母族の或る種鉱物か叉は粘土鉱物の或る種
散乱の廻折法及び六方品形による Nのものと考えた. 珪肺組織の Rep
1
i
ca法による観察に於いては塵挨の沈着によると思われる組織の凹凸
の表面を縫って膝原線維の線維東が観察され,特に肺間質部に於いて著明であり,線維の太さは約 7
0
i
n
μ,
線維の周期は約 60mμ であり,牛アキレス腿の藤原線維の周期, 及び非珪肺組織の謬原線維の周期と何
れも一致している.牛アキレス擦の膝原線維をトリプシンにより他の蛋白質を除き,之を 0.02%-0.04%;
の酷酸溶液にて溶解せしめ,此の謬原溶液紅会塩溶液 (0.1%, 1%
, 10%) を加えて謬原線維を沈澱さ
5
0出ρ の線維の再構成せる.
せ特に著明な 0.1%:の場合に於いて, 以前の線維と同一周期を有する巾約 1
所見を認めた.尚現在,石英,シリカグノレ,珪酸ソーダ,及び硫酸塩による穆原線維の溶液の沈澱状況を
観察中である.
1
8
5
. 珪肺に卦ける肺血管変化の芳徳学的研究
(
第 1報
〉 箪純性珪肺例に就いて
滝沢敬夫,長谷山博(東北大中村内科)
林
明
文
(東北大病理)
珪肺患者が肺性心を惹起して死の転起をとるととは夙に注目せられていた所であるが,肺高血圧を来
す珪肺の腕血管の形態学的変化に就いては充分の考慮が払われていなし、.ままに私共は先ず単純性珪肺例に
於ける蹄血管め変化を組織学的に検討してみた.その結果珪肺に於いては気管支周囲,肋膜下と向様に珪
症性変化が血管周閤にも好発し,従って血管の変化が当然の帰結として惹起されることを確認した.
軽症珪肺例ては結節形成は主として小血管,細小血管に限られるが,此の時期のものでほ未だ単なる肉
芽腫の形て血管内腔にはさしたる変化を認めない. 中等症乃至重症例ては血管の変化も亦当然増強する、
が,矢張り小血管に最も強い.内腔叉は内膜の所見から大略次の三型に分け得た. i
) 内膜に於げる特異
の線維性肥厚て多くは均質な殆ん E無構造の細胞成分に乏しい組織からなるが,時に組織球様細胆,小円
形細胞等の競走を認める.此の内膜の線維化は屡々対側のそれと恰も吸着し合ったかの如く窓形成を呈し,
他方外側からする異常の圧迫と相倹って血管の形状に極めて奇怪な様相を与えているととが特徴的であ
る.弾力線維は増生せるかの様に粗に濃染していることが多い. i
i
) は血管壁の一部破壊に伴ない周囲珪ー
i
i
) は結節増大につれ外膜,中膜と漸次珪症性肉芽に依り削り取ら
症性肉芽が内腔に向い侵入している. i
れる過程が内膜に迄連続的に波及せる形てある.上記三型の変化は爾余の肺野の珪症性変化の強さと平衡
し,三裂の何れか叉は其の結合に依り血管内腔の狭窄,閉塞迄の各段階を示している.一方結節に包埋せ
られたものでも内腔に異常のないものもある.叉私共の検索ては従来の所説に反し静脈系は動脈系に比レ
3
却
結節の侵襲をうける事の少ないのが認められた.
血管周囲結節の形成及び之に伴なう血管壁変化は肺血管の機能失調に重要な意義を有することが示唆さ
れた.
186. 珪 肺 に 提 け る 肺 血 管 変 化 の 形 態 学 的 研 究
(
第 2報 〉 結 按 合 併 例 に 就 い て
滝
沢
林
司
敬
明
夫(東北大中村内科)
夫(東北大病理)
‘私共は第一報に於いて単純性珪肺例に於ける血管変化を述べたが,一方生理学的検索の結果から結核を
合併すると肺血管抵抗,肺動脈圧共に増加の傾向にあり,且つ右心肥大心電図出頻度の高いことを知った.
ままに私共は更に結核合併例に於げる血管変化を単純性珪肺のそれと比較しつ〉組織学的に検討した.
検索せる全例に於いて血管変化は珪症性,
結核性並びに両者の相関に於いて出現するのが認め bれた
が,結核合併例に於いても亦小血管次いて中等大血管に於げる変化が顕著であった"分離型病巣に於げる
血管変化が結核肺のそれと一致するととは当然であるが,結核性変化が未だ非特異性法出炎の時期或いは
潤焦炎等にあっては血管変化も軽度で,屡 A ノj
、血管のタト膜に淋巴球"形質細胞等の浸潤を見る他,時 V
p内
穫にも類似の細胞成分を伴った炎性変化を見るに過ぎない.而して結核性変化が進展するに従い非特異性,
特異性の血管周囲炎或いは内膜炎が顕著となる.非特異性炎にあっては時に珪症性血管変化と酷似する所
克を呈するととがあるが,共の多く及び特異性炎にあっては珪主主性変化とは明らかに異った炎性変化を示
、している.特に類上皮細胞層や乾酪巣ては夫ノセ結核性肉芽組織や乾酪物質に依る血管壁の変性,血管内陸
の狭窄,閉塞が顕著に注目せられた.結合型病巣に於いては線維化高度の部位に於いて単純性珪肺倒と同
様の珪症性血管変化が認められるが,之と miteinanderに存在する諺出性結核病巣ては血管壁も亦乾酪
化し,血管内腔は乾酪物質に依り充填され,且つ血管壁弾力線維も珪症性のものと対照し副総t
o
l
y
s
eの
過程を示しているととが注目された.従って両者の中聞に介在する様な血管ては乾酪巣に近接する部から
'
El
a
s
t
o
l
y
s
eを伴って血管壁の乾酪化が認められる. 要するに結核合併すると血管内股の狭窄,
閉塞が増
強し血行を阻碍するのみならず,珪症性変化をま沿がれた予備血管床の荒廃が惹起され,肺性心発生を肱
長ずることが推察された.
1
8
7
. X 線廻折法及び燐酸法による遊離珪酸の測定
高安正夫,菅原
努,吉田克巳,石川!
昭 ( 三 重 県 立 大 産 業 医 研j
現在我が固に於いては遊離珪酸の定量については燐酸法が行われて居るかi包或いは総 S
i
I
i
c
aの定量が
行われて居るに過ぎない.燐酸法はその定量条件によって区々の値が得られ,正確な値を得るためには X
線廻折法との比較が必要と考えられるので,以下の検討を行なった.
使用した装置は粉末玄線廻折法によるもので,廻折X線の強度は G
eiger-Muller管て計測し自記装置
を有して居るフィリップス製のものを使用した.本法によって定量を行うには粉末試料の廻折線強度は他
の条件をすべて同じにすれば物質の量のみに関係する ζ とを利用したもので,試料に既知量の標準物質を
添加しその量から試料中の決定すべき成分を定量ずる方法である.我々は重曹を標準物質として水晶粉末
(
α
Q
u
a
r
t
z
) との種々の割合の混合物を作製し各々につき測定を行い各廻折線の強度比と石英の重量%に
ついてのグラフを画いた . ζ の場合試料粒子の大いさが不整であり,且つ著るしく大なる粒子を含む場合
は単一曲線を得る事が出来ず定量には不適当であったので,我k は試料の作製法として先づ~!Ø潜の乳鉢に
て1
5分間機械的に粉砕し,次いでアルコール混入後重曹を加えて更に1
5分間粉砕して行ヲた所定量的な結
果を得た.このグラフを用いて某金属鉱山,莱製陶所の粉塵を分折した所,遊離珪駿は夫々 44%
,62%
の
値が得られた.これと比較するために種々の条件て燐酸法を行い或条件の場合に X線廻折法による値に
s
2.85%(100V, 5A,加熱時間1
2分〉及び 4
4
.
2
1%(98V
略々近い値を得た.即 某金属鉱山は 4
4.8A,加熱時間 1
2分〉であり,某製陶所の場合は 68.5%(100V, 5A,加熱時間1
2分〉であった.
弘
3
3
0
.
1
8
8
. 珪肺の研究
(
第 1報
う 珪酸の微量定量濠に就いて
河内虎男,宮崎忠利,石西
進(三井産業医研)
l
k
a
l
i熔融を行い,その水溶液に ammo
I
iiumm
olybdate
生体試料中の微量珪酸の定量は先ず乾燥し, a
を酸性て作用させ, s
i
1
i
co
・
molybdate となし,酒石酸を加えて珪酸以外のIIi
o
l
y
b
d
a
t
eを分解し aminona-
p
h
t
h
o
l
・s
u
l
f
o
n駿試薬を加え還元してえた moJybdenum b
l
u
e の青色溶液の濃さを赤 f
i
l
t
e
rを使って光
lank としても検量線は原点を通らないこと
電比色するのが普通である. この場合水を同様に操作して b
が多い.珪酸の微量定量にあたり,との現象は大きな誤差の原因となる.演者らは純粋な珪酸及び人血援
について,珪酸微量定量法を吟味検討し,検量曲線が原点を遜る直線となる分光測光法による微量珪酸定
7回,第2
8回生化学学会総会て報告した.今回はそれ以後にえた知見をも加えて一括
量を設定じ,既に第2
報告する.
5
0
0
1
) を 却 gm.の白金ルツボに入れ蓋をし. 9
50にて乾燥後
生体液(血祭,全血は1.o.ml,尿は0..
0
放冷し,1
0
.
% Na
,
C03 (MerckG.R
.No.6
3
9
1
) を2
.o
.ml加え,再び乾燥後 1時間半火焔上にて熔融
ずる.
】
放冷後 J
vツボに水 5mlを加え, hotp
l
a
t
e上て溶解して冷却後, SB24製 25ml定容フラスコピ移し
更に小量の水て数回ルヅボを洗い,洗液も合し約 12ml とする.とれを塩酸て p
h
e
n
o
l
p
h
t
h
a
l
e
i
n 中性に
6
.o
.
o
.N) o
..
5
m
l,10.%ammoniummolybdate溶液 4
.o
.mlを加え,
し,更に 1 :1塩酸 (
8-12
分後
2
0.%酒石酸溶液 4
.o
.ml注加混和後 a
m
i
n
o
n
a
p
h
t
h
o
l
.
s
u
l
f
o
n酸試薬 (
S
n
e
l
lの処方) 1
.
0
.0
0
1 を入れ, 標
戸1.3となる).2
.
0
分後 2
.o
.mlの10
.
% Na,
C03 を25ml定容フ
線まで水を加え混和する(最終戸1.2
ラスコに入れ,同様操作したものを bIank とし 815mμ て分光測光 (
E
.B
.W.794.4臼 =6mμ) じ
,
E
'c m8
1
5
) より計算または Baker分析表付 Na,
Si03.
9H,
O 標準液を,
えた吸光度 (
同様に操作じて求
o
.
o
.ml中 S
i として 5/lg,1
0
.μg,2
o
.μg
,3
o
.
/
l
g,40μg
を含
めた検量曲線より珪酸量を求める.最終液量 1
'
r
.
m8
1
5のM主 6 (N=lO)は夫 k .
0.
0
7
4:
:
1
:0.0.
0
2
1, .
0.
1
4
5土0
.
.
0
.
0
.3
,
.
0 0.284土0
..
0
0
5
1,
有するときの E
4
3
1土0
.
.
0
.
0
.4
1, 0
..
5
7
4土0
.
.
0
.
0
.4
8となり E S
i1
0
0
μ
g
/
d
l8
1
5二 0
..
7
1
7である・
0
..
d=1cm
健康人血焚 S
i量は,男子 3
.
5
1土1.0.
8μg/ml (N=1o
.
),女子 3
.
2
3
土0
..
9
2ρ
gfml(Nニ1
1
),家兎ては
血疑 3
.却土1.23μgfml (N=1o.) となり,.尿では 11. 19土3.58ρg/ml ,尿中~!の l 戸排池量は 3.81 土
1.97mg (N=l
o.)となった.
1
8
9
. 塵肺者の体内珪棄に就いて
天
野
信 。 ー ( 慈 恵 医 大 公 衆 衛 生ι)
私は既に珪素の生物学的比色定量法を報告し,健康者或いは珪肺者の生物物質中珪素量を発表したが,
0名,坑円
最近九州某炭山を調査した│鼠臨床医学的検査特に X線診断において炭肺と認められた採炭夫1
7名(平均4
3
.
9才,同勤続2
1
.8年〉より試料を得,珪素量等を測定した成績は表
夫 4名及び掘進夫 8名計1
1の如くになる.
更に珪素量の平均値を健康者 (
4
9
名〉及び珪肺者 (
5
9
名〉と比較すると表 2
. のようになる.
之を数理統計学的に検定し,結論として,全血珪素量においては炭肺者は健康者より低く,珪肺者とは
明らかな差が認められる.
血清珪素量は健康者より炭肺者に増量を示すが,珪腕者におけるような著しい増量はない.
随時尿珪素量は健康者,珪腕者と同様炭肺者においても動揺著しく.
1日尿珪素量は健康者に比して炭肺者,珪肺者と有意差を以て増量する.
炭肺における吸入粉塵の珪酸は速かに血中に移行し且つ血液有形成分との結合はなく尿中に排泊される
ものと考えられる.
3
3
1
表 1 炭勝者4
1詞H
定:成績の総括戸、
1最 小 値 │ 最 大 値 │ 平 均 値
会 血 比 重 ‘ 1 .
054 1
.
会血珪素量 (
r
j
c
c
)
1
.8
血 清
比 重
1
.0
2
4
血清珪素量 (
r
j
c
c
)
3 . 1 .1
.
尿 量
5
7
0
.
0
尿 比 重
1.013./
1
随時尿珪素量 (
r
l
c
c
)
1日尿珪素霊 (mg)
1
1
7
.
0
1
7
.
0
1
.師 6
7
;
8
1
.0
3
4
8,
1
1
.
8
4
0
.
0
.
1
.031
4
0
.
0
I
41.184./
.
1
.0
5
9
9
4
.
7
7
6
1. 0~8
4
.
9
3
5
1,却2
;
3
1
.0
2
1
1
2
4
.
0
8
8
2
7.
4
9
5
表 2 健康者,珪肺者及び炭勝者の珪素量
法、防者│、炭ー問看
会 血 (
1
'1
∞)
4
.
7
7
6
4
.
9
3
5
2
7.
4
95
血 清 (
r
j
e
c
),
1 日 尿 (mg)
生物物質中珪素量からみても炭肺と珪肺とにおいては明らかに病因と病像とを異にするものであるから
珪肺研究め場合には炭肺の選別が望ましい.
1
9
0
.
珪棄の代謝{ミ及{ます諸種ホ'L;号ンの影響
安梅正威,松田源治(長崎大生化)
嚢に,我A は珪素の代謝に及ぼす副腎皮質ホルモンの影響に就いて調べ,副腎摘出によって,自 F
誌の尿
中えの珪素の排液量が,
著明に増加し,
とれに DOCAを与える〉と,再び略ペ亙常値に復する事実を認
め,該ホルモンが,珪素の代謝t
乙著明な影響を与えていることを報告じた.その後,我々は,引続いて,
i
甲状線ホルモン,或いは 性ホル主シt
こ赴いても J
‘同様め実験差試みぷ三あ、机特に甲状腺ホルモンは,
副腎皮質ホルモンと,略k 同様に,珪素の尿中えの排濯に対して,抑制的に作用しているととを認めた.
更に,
ζ れらのホルモンの,珪素の代謝に対する作用が,一元的なものであるか,多元的なものである
かに就いても,検討を加えつ〉ある.
1
9
1
. 珪肺症の血漉所見に就いて
藤原秀一次郎(神戸医大衛生公衆衛生)
田部井氏らは結核症の体質的要素を平均核数から論じている.その観点に立ちて珪肺症の血液所見を検
索し,本症の擢患の素質を解明せんとし,併せて早期診断に資せんとしで本実験を企てた.
S,群).勤続年数 1
0年以上て珪肺症に穣患していないもの
演者は珪肺症第 1度のもの (
CA
群〉及び
同じく 6年以下りもの CB群) ~<こついて二年にわたり血液像を検しー,二の所見を得た.
赤血球数,血色素量,色素係数は共に正常値を示す.
白血球数,好酸球,淋巴球,単球は生理的動揺範囲内にある.
好塩基球は S,群に於いてや〉増加の傾向を認めるが著明な増加は認められない'.
形質細胞は S,群に於いてのみ僅少ながら出現す.
好中球には著変を認めないが幼若球及び梓状球は S,群に於いて増加の傾向を認める.
平均核数は S,群に於いて平均1.0
7て
.
d
. B群は1.1
0以上である.
以上の所見から平均核数の大小,及びその動揺が援患の難易,予後の軽重を暗示するものの如く息われ
た
.
、
.
3
3
.
2
1
9
2
. 温浴殊に鉱泥浴の肺機能に及ぼす影響(第 2報
〉
津田
稔,山根和雄,姥木
宏(九州労災病院)
正常人の淡水浴後の最大換気量は変化をみない.鉱泥浴後の成績は浴前値に比し,約10%
増加すると昨
秋災害医学会に於いで発表した.
今回は結核を合併しない珪肺患者を淡水浴と鉱泥浴に入浴せしめて,入浴前後の肺機能を比較した.即
ち成績は
1
) 最大換気量は淡水浴に於いて浴前値と殆んど変化をみないか或いは減少している.然しな
i
sら鉱泥浴に於いては,浴前値に比し雫均 13%の増加を認めた. 2
) 残気量に於いても最大換気量と平行
関係が認められた.
以上の事実は鉱泥浴が浴者にとって淡水浴に比し温和に感じる為に,淡水浴より高温浴に耐えられるた
め,呼吸筋の能力増加 Z
i
;大となる為と推考される.
1
9
3
. 0討 meter(
オキシメーター〉走用いた珪肺患者の労骨能カの判定I
こ就いて
山本幹夫,宮崎利雄(1
1
民大公衆衛生)
肺結核(被手術者,..~ド予術者〕患者,珪肺患者の労働能力判定は,社会復帰の問題に関聯して極めて重
要な事である.
我々は Oximeterを中心にして心肺機能を測定し,各種肺疾患患者の労働能力の判定を試みた.、
負荷方法としては,死腔増加試験,ステップアップ試験,を採用し,検査項目として負荷前後の動脈血
rOximeterによる〉血圧,脈縛数,呼吸量,呼吸数を測定した.
酸素飽和度(邦製 ErmaEa
今回は珪肺患者 36名につき,レントグン写真による分類別を中必に検討を加えた.、
心肺機能の最終日的のーって,而も被検者の意志を無視し得る,客観性の高いものとして,動脈血酸素
飽和度の変動 (
O
x
i
m
e
t
e
r値の変動〉が,、広範閣の病巣のために呼吸面積の減少せるものにあっては,そ
め労働能カ判定上,かなり有意であるという事を認めた.
更に M. B. C. 腕活量にフいても測定し,上記のものと ζ れの関聯性についても検討した.
1
9
4
. 珪肺症の心電図及び之に対する運動負荷試験と酸素欠乏試験との比較
松
下
喜
多(三菱金属尾会沢鉱業所病院)
珪肺症に於いては病期の進展に伴い,多かれ少なかれ心特に右心に病変の及ぶ事は当然予測される.
私は三菱尾去沢鉱山の珪肺症5
0
例を合む 6
0
例について,
安静時及び運動負荷試験 (
M
a
s
t
e
rの Two
L
e
v
yの原法の阿曽変法〉を行った特に心電図を,
StepTestによる), 酸素欠乏試験 (
P
標準肢誘導,
Gol~berger の単極放誘導及び Wilson の単極胸壁誘導により撮影し,珪肺症の心機能の問題を考察し
え.
1)安静時心電図て右型, S
'
'
T・
T変化,肺性 PV
士珪肺者に多く,、心の解部的位置変化或いは乏酸素
血症の問題を考慮するも尚心筋障害の存在が考えられる.
2)不完全,完全右脚ブロックが痛期進展と共に増加の傾向にあることは興味ある事実である.
3) 運動負荷試験後,酸素欠乏試験時 S~T.T 変化に対し,腕機能低下による乏酸素血症の存在を勘
案ずるも,尚心筋障碍の存在,殊に潜在住右室心筋障碍の存在が考えられる.
4)珪肺症の如く労作時呼吸困難の強い患者ても本法による酸素欠乏試験ては,何等苦痛も副作用もな
く,容易に実施し得られ,且つ有意の結果を得たことは,本法が珪肺症の心肺機能殊に負荷時心機能検査
誌として有意義あることを実証し得たものと考えられる.
3
3
3
195. 珪肺検診の心肺機能検査に関するニ,、三の検討
馬場快彦,古賀英也(三井産業医研)
Y炭山の坑内従業員を対象とし珪腕検診の心肺機能検査を実施している.現在までの被検者は,レ線直
接撮影にて珪肺症 (x-IV
型〉と判定された者 2
7
1
名,及び健康者 1
8
1名である.尚,珪肺症群の 5
4
名
,
健康者群の 3
4名については酸素消費量の測定をも行った.これまでに得られた結果は次の通りである.
1)重量物挙上法た於いて, 1
0
は及び4
0j¥gの何れの場合も,脈持増加実数は珪肺症群と健康者群との間
化殆んさ差異色認めず,換気量に於いては珪肺症群に若干の増加を認めている.最大換気量は脈揮の場合
と同様に両者の聞に差異を見出していない.然し乍ら重量物挙上法の健康者群の脈薄増加実数及び換気量
め値は,検診の判定規準値より積々高い結果を示している.
2)安静時の酸素消費量は珪肺症群と健康者群の聞に差異は認められない.重量物挙上法における負荷
後の酸素消費量の測定結果ては,珪肺症群が多少増加している.
3)重量物挙上法に於いて換気量を測定する ζ とは,酸素僚主の相関関係によってその意義を求めるわ
けであるが,
ζ
の為には安静時及ぴ負荷後の換気量を求めその増加値によって判定するが妥当と考えられ
る.叉,酸素債曲線の形状を考慮すれば換気量の採取時間については今後検討の余地があると忍われる.
1
9
6
. 珪肺の換気機能に及ぼす影審
館
正 知i 古 川
博(岐阜医大公衆衛生)
珪肺症の心肺機能検査として M.B
.C
.,4
0j¥g重量物挙上試験後 17}聞の呼吸量,即:;負荷後換気量,
B
r
e
a
t
h
i
n
gC
a
p
a
c
i
t
ya
f
t
e
rl
o
a
d
i
n
g
'(
B
.C
.L. と仮称〉を測定じ"
.
.
心肺機能の状態を換気機能り面から観
察した.更にとれ等の測定値より機能低下を測定する戸方法を考援した.今回使用した珪肺症 (
3
9
例〕は
いずれも X線所見上軽度のものである.
.
L
.
.M.B.C.ては Sは 5%の危険率て OB
1)健康者 (0B),珪肺者 (S)の M.B.C.及びB.G
に比し減少を示すが, B.C.L
,ては S・OB聞に差異を認めず,従来の報告の如く M.B.C.は s
c
r
e
e
r
i
i
n
g
e
r
e
e
n
i
n
g出来ないものと思われる.
t
e
s
t として使用しうるが, B.C.L.ては s
2
) 'M.B.C.
,とB.G.L. との相闘を S及び OBについてみると, OBでは r
ニ+0.393(p<0.05)で
'ては r二一 0
.
1
3
4(P>O.O
めて相関は認められず, OBの回帰直線は y二
有意の順相関を示めずが, S
2
1
.1
5十 0.084(x-9
6
.
1
6
), 8ては y二 19.93-0
.
0
2
4 (x-8
5
.
1
1
)て両者の回帰係数は 5%の危険
率て有意の差を示じ, OBと Sとに於いで明らかに異り,とれは OBでは M.B.C.の多い着程 B
.C.L
.
も多い傾向にあるが, 8では M.B.C.の少い者程 B.C.L.が多い傾向にある.
3
)
'M.B.C; とB.C.L.の関係が OBとSとて異るという我々の成績と,肺機能が低下すると M.B
.C
.
t
こ対する B
.C.L.の割合が異るであろうという考えとから,負荷係数 (
l
o
a
di
n
d
e
x
)B
.C
.L.fM.B
.C
.x
1
0
0を求め, それを OB及び Sについて検討 l
〆た.係数の平均は OBではま二 2
2
.
4土 4
.
4
0, 8て は 玄 =
2
4
.
8:
:
t7.73て、今回の成績で冶両者聞に有意の差を認め得なかったが, ζ の係数の度数分布に於いては Sに
9名中 9
於いて係数の多い方に延長し, OBに長けるま +2<1以上を機能低下と仮りに考えれば, 8ては 3
名 (
23.1%), OBては 3
8名中 2名 (5.3%)で両者の検出率は 5%の危険率て有意の差を示し,本法は
軽度の珪肺による機能低下を比較的よく検出しうるものと考えられる.更に木法の利点は,との負荷係数
が年令による影響を受け~いというととて,..ζ の係数と年令の相関は r=-..0.003てあ.l), ζ の点年令の
影響を受ける M.B
.C
. よりよい様に思う.
1
9
7
. 珪肺者の心肺機能検査に就いて
万
代
敬
三(大阪労研労働生理)
珪肺第一型の患者を被検者とじて重量物挙上訟に依る脈捧数及び換気量を測定する検査方法を準用じて
334
斯くして得たる脈薄数及び換気量について判定の場合勝木,佐野等の方法と演者の方法を比較検討すると
共に同時に測定した最大換気量,酸素当量, CO
i
d
a
l3
i
r等の〕呼吸死腔等仁つい
2 量(血中,肺胞気,t
て検討じた.
l
演者の方法の判定基準は
脈樗数については
1
5
秒〉ー(経負荷時脈時数/
1
5
秒〉孟 2
大・・・・・・(重負荷時脈縛数/
/J~' ・・・・・
(
低不・・・・(
グ
〉ー (
グ
〉孟 1
f
/
)ー(
グ
)
<0
換気量については
大・・・・(重負荷時換気量〕ー〈軽負荷陣換気量〉孟 4
.
4
.
L
小・・・・(
1
/
)一(
f
/
.
)
低下・・〈
グ
)~C
グ
)
0
"
'
;4
.
3
l
.
<
0
脈隠数及び換気量の各 8種類の区別を組合ずと 9組出来その中 A群をく大,大) (大,小) (小,大〉
(
小
, /j:,)ーとし他を B群とする.
そしてB 群は心肺機能不調和ありと判定する.
そして次の結果を得た.
1
) 演者の方法は充分実用化され得る.然も被検者の如何を問わず心肺機能障碍者を検出する率が高い
こと,亦作業前の安静時脈時数を測定する必要のないとと.
2
) 木法を適用する場合は最大換気量を測定する必要のないこと.
1
9
8
. エネルギー代謝寧の労作継続時聞による盤異に就いて
佐 藤
繁三、(昭和医大衛生〉
同様な筋労作を行う場合に於いても その労作を常に同じエネルギー消費量て、継続し得るとは限らない.
l
労作強度によって times
c
a
l
eは異るが多くの筋労作に於いては労作開始後時聞の経過に伴って漸次
deadp
o
i
n
t,SecondWind等の時期を経過して遂には定常状態の破療を来す様になることはよく知られて
いる通りである.
従って或作業のエネルギー代謝率を測定するに当つでもその作業を継続する持聞の如何によってエネル
ギ一代謝率が異るであろうことが考えられる.
そこて私は ζ の関の消息を明らかにする為に各種強度の自転車労作計作業並びに踏台昇降作業を労作時
聞を種々に変えて行った場合のエネルギー需要量を測定して大要次の如き結果を得た.
(
1
) 自転車労作計作業のエネルギー代謝率は労作時聞が1
5分頃迄は時閣の短かい程大きな値を示しそ
の後 1-2時聞は大した差異を示さなかった.そして前者と後者は著しい差異を示したが踏台昇降作業て
は労作時間‘の長短によってエネルギ一代謝率に大した差異が見られなかった.
c
(
2
) 同 強度の作業ても負荷重量が増大するが労作速度が極端に早くなると短時間作業、ど長時間作業の
エネルギ!一代謝率の差異が増大する傾向が見られた.
(
旬 以上の事実から適応が困難で最初の間過度努力を要する作業を短時間測定して求めたエネルギー
代謝率は不当に高い値を示すものと考・える.
1
9
9
. ,旬ス代謝用マスクの死腔及び裳置の呼吸気抵抗が換気量に及ぼす影響
に就いて
橋本
邦衛(国鉄保健管理)
1."Y'スクの死腔
マスク叉はベンチールの死腔が増大すれば呼気の一部を再吸入することにより肺胞内酸素分圧の低下,
3 i1つ死腔をもっベンチール
CO
0, 1
0
0, )50, 2
0
0cm
2 分圧の増加を来し換気効率は劣化する. かま 5
3
お
についてとの関係をみると,安静時の呼気量は死腔の増加と共に増大し過呼吸を起すが,その程度は呼吸
t
i
d
a
lvolume) の小さい者ほど太である.呼気成分は死腔の増減により始
数が多く,従って毎回換気量 (
め著明な変化をうけるが,数分後にほ立安静レベルを保つようになる.たヌし死腔が大きしモときほど動揺
度が大きい.運動負荷時にもその影響がみとめられ,例えば毎回換気量の約
"
8
.の死腔によって換気促進
がみとめられた.換気機能検査叉はガス代謝用マスクの死腔は 50cm'以下とすべきであろう、
2
. 呼吸気抵抗
マスク,ベンチール,導管やコ y クの肉腔に生ずる抵抗が.呼吸数や換気量に影響することは既に多数の
報告により知られているが,ガス代謝測定の上て許容される範闘を知る目的て実験を行った.安静状態で
呼気側に抵抗を加えると, 呼吸数が減少し,
呼気相は p
l
a
t
国 u
formig となるか,毎分換気量は田"
'
?
'
6
0
mmH
,
O まではむしろ増太を示し,更に抵抗を大きくすると著明に抑制されるようになる.また呼気側
に抵抗を加えた場合は 50mmH
,
O以上て呼吸数の減少をみとめたが'.換気量の変化は不定で. ~-3 分
てレベノレにもどるととは吸気抵抗に対しては適応がすみやかに起るためと考えられる.抵抗を除去すると
呼気吸気いずれの場合も著明な換気促進がー適性括起る C とからみで,.:'抵抗による悪影響を否定するわけ
0開 m H
,
O まで,吸気側てはそれ以
にはいかないが,一様な抵抗が持続される場合には,呼気側℃は 5
上の低抗が加えられでもガス代謝の上に著しい影響を生じないと考えられる.なお脈関数の変化はみと
められなかった.
200. 作 業 姿 勢 の 筋 電 図 学 的 考 察
越久公雄,高野秀勝,福田茂樹(神戸医大第一生理)
作業姿勢は主としてエネルギー代謝の面から考究されて来たが,若々は筋活動電流を指標とすでる筋電図
を用いて個々の筋の働き方を研究し,作業姿勢の改善に資せんとした.
1.作業商高・作業面高をかえて一定の模型作業をさせた場合,作業面が上昇すると,三角筋,肩甲挙
筋などがつよく,旦つ持続的に働く様になる.作業面が低下すると作業筋は少なくなり,作用強度も少な
くなるが,後頭筋,腰背筋,腹筋等が働く.
2
. 足間距離・足間距離をかえて,一定の作業面台から一定の高さ,重量挙上すでる作業を行った.距離
が短い程,下腿筋は強く働き,足間距離の大なる程,大腿筋の作用は強くなる.躯幹筋,上肢帯筋は差異
ゅない.
3
. 長時間直立姿勢をとる場合,抗重力筋の活動は 5 放電頻度の減少,放電間隔の変動が少なくなるこ
とを認めた.
4
. 立:!?座りの場合,下腿三頭筋の作用は弱く,四頭股筋,犬聖子筋,大内転筋が立つ時も座る時も強く
i
腔骨筋j
J
主立ち座りに際じで特に使ゐれているととも注
働いて,膝及び股関節の屈伸固定にあづかる文言I
目される.
5
. 前屈姿勢をとると,イ曽帽筋,潤背筋,菱形筋,仙稼筋が強く働くが,強度前屈より軽度前屈時強く
働いているととは農業労働者の腰痛などに関係する所が大であろう.叉強度前屈時斜腹筋が強く働くとと
も注目すべきである.
6. 一側肩に負荷したとき,肩甲挙筋,僧橋筋,菱形筋は負荷側に於いてつよく働き,僧帽筋上部,他
殺筋,後鋸筋は対側に於いてつよく働き,身体の平衡を保っている.一側上肢に鉛直下方に負荷したとき
も同様の結果て,肩に負荷した場合よりも,その働き方はつよく,脊椎変形の原因となろう.
7
. (おいこ〉の様に両肩に負荷する場合は,負荷が低い程,腹筋が強く働いて前屈姿勢をとる様に作
用し,下腿三頭筋や四頭股筋もつよく働いて後え倒れない様に身体を固定する.
201. 筋 労 作 が 抗 病 機 能 に 及 ぼ す 影 響 に 就 い て
本田磐雄,速水清治郎,飯島正久,与儀実久(昭和医大衛生)
どの程度の質量の筋労作を行えば抗病機能力1
どの様な変化を示すかを明らかにする為に各種質量の自転
336
事労作計作業を行わした場合に於げる白血球貧喰能,、循環好酸球数,血液予備アルカリ量, ドナジオ反応
等の消長を追究して見た.その結果の大要は次の如くである.
(
1
) 筋労作を行えば白血球の貧喰率は一般に低下するがその低減度は必ずしも労作強度に比例せずむ
しろ労作量に影響される様な傾向を示した.
併し白血球の貧喰度は労作強度の高い場合程労作後の低減著しく,定常状態の成立する労作ては作業後
8
0以上になる迄行わず主作業後 1
0
0分
数十分頃から漸次堺復に向うがそれ以上の強度の労作を脈樽数が 1
を経ても漸減の傾向を示すのが普通であった.
(2) 労作直後の血液予備アルカリ量の低減度並びにドナジオ反応値は労作強度の増高に伴って増大し
たがその後漸次恢復に向うのが普通てあった々
(
3
) 定常状態の成立限界以上の強度の労作を行う場合には白血球の貧喰皮並びに血液の予備アルカリ
ι
量の著しい低減を示したがその低減度は労作量と直接的な関係を示さなかった.
2
0
2
. 人のよ肢筋の活動並びに蛙の筋痕労に対するホ)1,.号ンの作用
尾 松 芳 男j 高 野 秀 勝 , 福 田 茂 樹 , 越 川 裕 正 ( 神 戸 医 大 産 業 医 学 )
骨絡筋の緊張がホルモンの密接な影響を受けている事は既に川上が腹筋及び骨盤筋に就いて明らかにし
を追求する目的て人
たが,演者等は産業上特に女子の筋作業の疲労にホルモン殊に性ホルモンの果す役割j
体及び動物に就いて次の様な基礎的実験を行った.
1.簡単な圧式握力計を作り筋電図法により手を握る場合の前腕筋の筋活動スパイク放電の出現を目;擦
にその最小闘値のホルモン技与による影響を調べた.黄体ホルモンくプロゲステロン〉を与えると女性て
は関値が少しく高くなる場合が多く男性ては全く変化が見られない.卵胞ホルモン(エストラヂオール〉
及び男性ホルモン(テストステロン〉の場合男女共に関値は滴々低下するものと変化しないものとがあっ
た.
2
. 蛙の勝腸筋に毎分 40-90回の連続期j
戟を与えその場合の収縮曲線即ち所謂疲労曲線のホルモン投与
による変化を調べた.プログステロンては,雌蛙に於いて投与後明らかに曲線が不良となる場合が多くま住
ては変化を示さぬものが多い.エストラヂオール,テストステロンては雌雄共に投与後収縮経過が良くな
るのが一般であった.
以上 1及び 2の実験には他の数種のホルモンも試みたが,その中上述の通りプログステロンが女性の筋
活動に関して抑制的に働く場合が多いと云う事は特に注目すべき結果て女性の筋疲労更には男女の筋力の
差に就いて或る示唆を与えるものと考える.
2
0
3
. 電気閃光闇値に関する 2,3の実験的研究
入
江
俊
二(八幡製鉄所病院労働医研)
吾A はクレベリユィ加算作業,ハンドエルゴメーターによる筋労作実験を行い
T
c
I型電気疲労測定器
8,)を測定し,同法についての検討を行った.
を用いて電気閃光闇値 (
1.クレペリン加算作業による闘値の変動は,個人差が認められるが,加算作業開始直後ては作業前の
値より低く,その後は徐々に闇値は尤進ナる傾向が認められる.闘値増加の程度は第 l回加算作業 (
1
5
分
0名の平均値によると 0.52V,第 2回加算作業(10
分間〕ては 0.77Vて,第 2回作業時の闘債
間〕では, 1
0
7
予後には作業前より O
.必
の増加が大きい.作業後の休憩時は,充進した闇値は時間経過と共に低下し, 1
V低い値て大体一定する.叉騒音環境〈約 75ph) 下に於いて,同様な加算作業を行うた結果ては,無騒
音時に比べて,加主主作業直後に於げる闇値の増加は第 1回目ては1.25V,第 2回目では1.24V高く,騒音
の影響が認められる.
2
. ハンドエルゴメーターにより,毎分 2
2田
, 3
6回
, 4
5回
, 6
0回の各労作を 1
0分叉は 1
5分間負荷せし
め,電極を固定して,連続観察した.作業中は一般に闘値は低く,比較的安定した値がみられる.その低
下の程度は毎分 3
6回の場合が最も大きく,それより過少であっても過重であっても低下の程度は小さい償
337
向がある.作業後は作業負荷の大きさに応じた闇値の上昇がみられ,その大なるもの程恢復に長時間を要
する.
以上の実験結果からみて,精神的な要素を持つ作業と,筋肉的な要素を持つ作業とでは闇値の変動に異
った傾向が認められる.叉との様な傾向は実際の作業に於いても,或る程度認められるのて,データーの
判定に擦して顧慮する必要がある.
204. 低 酸 素 吸 入 時 の 本 川 氏 電 気 閃 光 値 と オ キ ジ メ ー タ ー 債 の 変 化
虎漠良男,大藤哲雄,徳永益美(東北大生理)
我々は本川氏電気閃光値浪i
l
定器とイヤーオキシメーターを併用して 7例の被検者に低酸素 (10%)を垂
-5分 間 吸 入 さ せ そ れ ら の 値 の 変 化 を 時 間 的 に 検 査 し た ザ
‘ふ
低酸素を吸入させると .
d
S値は逐次増加するが, O2 飽和度は逐次減少する.吸入中止後は .dS値は
後は再び増加する.との場合に於ける O2 飽和度は漸次恢復する.
急激に減少するが, 2-3?}
ζ のことは,オムキシメーターは体内酸素の変動のみを測定し得るものであるが,
"
.
dS値は体内の酸素変
動のみでなくその他疲労因子をも測定し得るものであろうと思われた.
205. 章夜間における睡眠の比較に就いて
大 島 正 光 , 遠 藤 幸 之 助 , 池 田 善 明 ( 労 研 生 理 第 1)
夜間の睡眠と昼間の睡眠との比較をするため広 5名の被検者について..F
l
i
c
k
e
rv
a
l
u
e,最高最低血圧,
舌下湿,分時脈拷数,膝闘値などの測定を行った.夜聞は 2
3
時から徹夜
2, 4, 6
., 8時間の睡眠を.行
わせ,昼間は徹夜後朝 9時より 2, 4, 6時問題眠させて諸機能を比較した.今 F
l
i
c
k
e
rv
a
l
u
eについ、
て就寝前の値を 100%として,各睡眠時間後の比率を見ると次表のようである.
就寝前の値を 100%とした各睡眠時間後の比率
極限時間
夜間陸自民時の比率
O時間
2 グ
1
0
0 %
81
.0グ
4
8
4
.
8
/
/
I
i
6 "
.
8グ
的
.
0グ
昼間睡眠時の比率
1
0
0 %
9
6
.
0!/
9
9
.
0
"
.
.
1
0
2
.
2グ
9
4.
41/
とれによってもうか立われるように,夜間睡眠時の方が低い.とれからも夜間の睡眠深度φ方が徹夜徒
の昼間の睡眠 受深よりも深いととがうかまえる.との外種々の点から昼間睡眠と夜間の睡眠との間に木質:
J
的な相違があるととが分り,
ζ
れは夜間と昼間との生体状態の変化にもとづくものと考えられる.
2
0
6
. 環境温度と血球容積率
布山竜男,青木
智,永井敏彦,小林会博子(新大衛生)
昭和 2
7
'
年1
2月から,同 2
9年 1月までの 1
4カ月聞にお ζ なった第 1回の観察ては,健康成年男子1
3人,同1
女子1
1
人,つづいて昭和2
9年 2月から,同 3
0年 2月までの 1
3カ月聞に実施した第 2回の実験ては,男女各
8
λずつをえらんで被験者とした.
,
m.-12:30p."m.の間,しかも昼食前に厳しく制限した.亡れ
肘静脈からの採血時聞は,常にl1:30a
は腎上体皮質機能の日内変動を考慮したからである.この間,女子にあっては,月経時は勿論,排卵期と
おぼしい時をさけた.
血球容積率潰i
l
定のための条件は Wintrobe管
, 3,
∞Or.p.m.,
A5分間, r
a
d
i
u
sは1
5
c
田であり, plasma
t
r
a
p
p
i
n
gの補正は, ζ 〉てはとくにおこなわない.
年聞を通じ,両性はヘマトクリット値7'%の差て,冬高、く,夏低い.渡辺のいう年間 1周期型の律動をレー
た.これは前後 2年余を通じて,全く同様であった.
3
3
8
いま,血球容積率と正午感覚温度との相闘をみるに,男子てはー 0
.
3
'
1
0(P<0
.
0
0
1
), 女 子 て は 0,
3
6
4くP<0
.
0
0
1
),また,両者の関係を回帰方程式て示すならば, 2u-850.
E
.T
.の聞に限り
男子 y
=
.
.
.
.
;O
.106X+52.16
'
1
女子 y =一0
.
0
9
4x+44~6 Ìí9
となった.た立し Yは血球容積率"
xは感覚温度をあらわず.
血液が混暖て稀釈され,、寒冷て濃縮することは,Ba
r
c
r
o
f
t(
1
9
2
1
2
2
)以来,白かなりお〉くの研究をみ
る.ことにわが国ては,黒白,吉村,吉利などの名をあげるととができる.演者ちは,か〉る生体現象の
3
巻に
合目的性と現象成立の珪論を,時間φゆるずかぎり論じようとする.なお,との詳細は日新医学4
掲載される.
,
2
0
7
. 循 環 好 酸 球 の 日 内 変 動 に 関 す る 研 究 ( 第 3報
〉
宮坂登志子,中村澄子(東邦医大公衆衛生)
活動、と睡眠にともなって生理的に生ずる生体内のリズムの研究即:;日内変動 (
d
i
u
r
n
a
lv
a
r
i
a
t
i
o
n
)に関
する研究は,日常生活の活動と休養の関係,徹夜作業,昼夜交代勤務等の諸問題の解決に極めて重要であ
l
る.われわれは循環好酸球の変動を示標として, 2
0才-25才の学生 8名を被検者,として Dunger氏法に
よりこの点を追求し,次の結論を得たので報告する.
1.循環好酸球の日内変動は文献のごとく起床前に最高値をとり,起床後急減し,午後 1-3時に最低
値に達し,夜間には次第に猶加7
ずるが,
ζ れは昼間作業,夜間睡眠という日常生活時にみられる現象てあ
る.
2. 午前中から作業をせずに,臥床安静位を継続すると,循環好酸球は急滅せずむしろ増加の傾向を示
J..."睡眠に入ると最高水準に達し,夜明け賞醒と共に減少の傾向をとる.
3.夜間作業をせず睡眠もとらない場合には,
循環好酸球は次第に増加するが,
やがて減少に移行ず
る.との限界点は睡眠をとった場合より早くあらわれ,との限界点は日常睡眠習慣に関係し,平常の就床
時間後 1時間位であると考えられる.
4.夜間徹夜作業を実施した場合循環好酸球は夜聞になっても増加せず,正常睡眠をとった場合,もづ
とも好酸球の多い午前 5-'1'時の間に最低値を示した.
以上のどとく循環好酸球の日内変動には,睡眠,作業の負荷による精神的,肉体的輿沓,日光,騒音,
温度,温受条件等環境の変化による感覚性刺激が微妙に影響を及ぼすものと考えられる.
2
0
8
. 高 温 護 境 下 労 働 の 理 論 的 考 察 ( 第 2報
〉
酒井久男,安井義之(旭硝子研)
前年度本学会において熱伝導の理論から,高温環境下労働時の体温の推移を定める理論について次のよ
うな基礎的な計算式が得られるととを示し,安静時における諸数値を推定
。
(
x,t
)=q(
s
'
x
'
)1
4K
+Ds+alβ+~ An
n-l
・ ほp
{
k
n
'
t
/
l
)
J
. (kn吋
し諸家の実験債とよく一致するととを報告したが,作業時においては人体の熱伝導率が異るので,種止の
作業強度における人体熱伝導率を定常状態が成立している場合について,入鹿山氏の報告から推定計算を
行って,
R
.M.R
. 2
.
0, 3
.
5, 4
.
5の作業強度て高温環境下て労働する場合,作業時間経過に伴う体表
0
8
0になる労働条件を恕限度と仮定して
温度,中心体温,平均体内温度の推定計算を行い,平均体内温度3
作業恕限時聞を計算した.それらの計算値と,従来からの実験値と比較検討じ作業時においても我々の理
論式が適用される ζ とをみた.
2
0
9
. 高 温 作 業 に 関 す る 研 究 ( 第 2報
〉
森棟隆幸,中河洋,木下昭男,遠藤敏夫(四国鉄道病院)
高温環境下に於ける労作が生体に及ぼす影響に就いては,従来多くの研究があるが,私共は今回ラボナ
3
3
9
0
麻酔犬を用い, 5
0
0の高温箱内で,電気刺戟により R.M.R.2前後の運動を負荷し, 3
07.ト毎に体温,脈簿,
呼吸,右心腔圧,並びに血糖量, 血紫 K,Ca,予備アルカリ量を測定し, 叉心電図により心筋の状態を
む電図も玄の上昇t
こ伴い過
調査し,死亡する迄追求した.之等の成績は負荷開始後,全:で次第に増加じ, I
豆血症の特徴を表わした.一方予備アルカリ量は次第に低下し駿毒症の強化を示した. Ca及び右心腔
内圧は比較的早く低下し始めた. breakdownの時期に達すると体温,呼吸の平衡は乱れ,異常の増加を
示すと共に Kariump回 k を示して血疑Eは減少し始め関もなく死亡する. 血糖量は必ずしも K と平行
しない.
以上の成績から Cap
回 k は木負荷の最大安全限界を示 l
ン,呼吸,体温の失調は危険限界を示し,
叉
.
Kpeakは死亡を意味するものと考えられる.
尚お肝静脈カテーテル法により肝機能の調査及び組織像の変化に就いても検討:ずる.
誌
210. Eosin野性白血球に関する研究
(
第 T報〉高温曝露後の循理 Eosin好性白血球噌加に就いてー
松岡修吉,西川浪八,芦沢正見,小泉
F
脇坂一郎,、田中恒男,千葉,裕典
明
(東大公家締生)
0
0
被験者男子 8名を約 1週間の間隔をおいて 3
800,4
0
0,4
3
0,相対湿度60%無風の高温環境に9.
0
分間仰
職安静状態てぼく露し,
o
s
i
n好性白血球の変動と,尿中 C
h
e
m
o
o
o
r
t
i
c
o
i
d排液量の変動をしら
循環 E
べた.
s
i
n好性白血球数は高温ばく露の直後で一般に減少するが,
循環Eo
著明tJ:減少を示した例は少ない.
a
s
a
l
l
e
v
e
lは,高温ぼく露の回数を重ねるにつれて増加じて行く.一方尿中 Chem
∞o
r
t
i
c
o
i
d排
叉その b
酒量は,高温ばく露の前日と後日ては後日に著明に減少するが,その減少率は同一八にあっては温度段階
に関係なく,
初回のばく露時に大きく,
次回叉は第 8回目の露時では少ない. 更に各国の高温ばく露
前日の尿C
hemocorti
∞
,i
d排潜量は,回を重ねるにつれて減少して行く傾向を認めた.従ってある程度以
上の高温ばく露は,副腎皮質内分泌系え影響を与えるものと考えられ,しかもその影響はかなり長〈残り
高温思1応と関係があるととを思わせる.
2
1
1
. 寝境温度及び欝血が血清 K~ N~ 濃度に及ぼす影響に就いて
石津不二人,河内
血球中には玄を多く含み血清には Naを多く含む.
虎男(三井産業医研)
ζ のイオン分布の特異性の維持には事境温度,細
胞の Energy消費活動等が大きく関与してい、るととが報告されている. 故に殊に血清玄濃度は僅かな動
機て変動するであろう ζ とは考察にかたくない私らは血清X濃度が採血後血清喜子離までの時間;と環境温
度により如何に変動するか,並びに緊迫採血が如何なる影響を及隠すかについて実験したので報告する.
(1)環境温度が 0 0から 3
50の聞の色々の温度に於いて血液を蓋付遠沈管に採って 6時間迄放置持聞を色
0
0
0
々変えた場合,血清玄濃度は環境温度が23-25
0のときには 6時間後に於いてもなお 1%前後しか変動し
0
なかった. 2
60以上ては環境温度が高くなるにつれて血清K濃度は放置時間と共に減少し, 2
3
0以下ては
0
0
温度が低くなるにつれて K濃度は増加した.血清 Na濃度は殆んど変化を示さないが環境温度が1
0
0以下
ては明らかに減少の傾向を示した. 即ち低温ては血球内玄が遊出レ血清 Naが血球中に移行し,高温で
は逆に血清Kが血球中に移行することを示じ,
0
2
3
0-WO ては少くとも数時聞はとのBal
a
n
c
e が保
2
)
管血採血 t
とより血清K濃度が著しく増加する ζ とは古くから報告されていると
たれる ζ とを示した. (
専を最低血圧と等圧にで約 5分間緊迫に'(,採血した場合と無緊迫にて採
ころであるが,私らの実験ては土E
血した場合を比べてみて,血清 K,Na濃度は両者の聞に殆んど差がなく,血清X濃度はむしろ前者に低
く出るととがZ
ろった.以上の実験から血清
K,Na濃度を論じる'場合に,採血より血清分離までの環境温
K,Na濃度の変動を
度,放置時間の厳正な考慮は非常に重要な要因であって,との考慮なく簡単に血清
3
4
0
論じるのは著しく危険であることがわかった. K,Naの定量は f
lamephotometryによった.
2
1
2
. 欝熱による中枢神経細胞の変化に関する実験的研究
若曾根
亨(九犬衛生〉
高温環境に家兎を飼育し響熱症を起さしめて,死亡迄の生体変化と,死後の中枢神経細胞の変化を観察
した.
0
0
0
0
0
60,3
80,4
00に上げて飼育ナると,体温は 3
.
9
0-42
0に上昇する
湿度を一定 (60%) にして温度を 3
0
8日
, 1
9日及び1
2日であった.
が,各群聞に約 10宛の差を認め,死亡迄の平均日数は夫々 5
体重の減少は著明て死亡時には夫均当初の 20%以上を減少した.
0
0
0
0,湿度を 95%にずると,平均 8時間て死亡し,死亡直後の体温は常に4
30以上であった.
温度を 4
2例中 9例に麻痔或いは痘れんを認めた.
死亡直前に 1
血液像の変化は慢性管熱症では,赤血球i
.
:
血色素は日を逐う苦減少ナるが,白血球数の動揺は正常値の
範囲内である.急性管熱症では赤血球,血色素量は精増加し,白血球数は著明に減少した.
中枢神経系統の変化は,慢性響熱症において著明で,犬脳皮質及び脊髄k 質の毛細管の拡張及ひ古血,
小動脈壁の硝子様膨化並びに大脳皮質の神経細胞及び脊髄前角運動性神経細胞の退行性変化を認めた.
しがじて更に,頭,部を冷却(氷嚢装着〉ずることによって,欝熱症による死をまぬからしめ得る.頭
0
6
0
0ずると家兎は平均1
6時間て死亡し, ζ の際大脳皮質の斑状出血及び神経細胞の退行性
部のみを加温 (
変化が見られる.
.
2
1
3
. 持続的中等度高温環境の蛋白代謝並びに肝機能に及ぼす影響
佐藤
良一(熊大衛生)
0
気温30-31
0,気湿5
0.
,
. 60%
の高温室に家兎を 3
'
/
'
3
8日間継続滞在せしめた際の蛋白代謝と肝機能の変
動を推計学的に検討し,その適応性を考究して,次の結果を得た. 1)血液成分に及ぼす影響.血清蛋白は
高温室入室後2
4時間及び 1週に於いては概ね著変なく,その後減少し, 3週以後減少のま〉安定の傾向を
示したは週以後有意の減少1.各分劃に就いてみると,アルブミンは著変なく,グロプリンが血清蛋白と
概ね並行して減少した.ーグロプロジのうちて冶, αダロプリンのみが L遜に於いて有意の増加を示し,そ
4時間に於
の後減少したが,その他は概ねグロプ Pンに並行して減少した.血清クロールは高温室入室後 2
いては変動がないか,或いは僅かに減少したが,その後は急激に増加し, 3週以後安定の傾向を示した.
(
5適に於いて有意の増加).血液水分は高温室入室後2
4時間に於いて明らかに増加し, 1適に於いて有意の
増加を示し,その後は概ねそのま〉経過するか,僅かに入室前値に近づく傾向を示した. 2)窒素代謝に及
ぼす影響.尿総窒素は高温室入室後2
4時間及び 1週に於ては個体差を示して大きく変動するが,有意の増
減を示ずに到らず,その後減少し, 3週以後減少のま〉安定の傾向を示した (5週に於て有意の減少).
血祭蛋白は尿総窒素の変動が大きい高温室入室初期には概ね著変なふその後,尿総窒素の減少に伴って
減少し,尿総窒素が安定の傾向を示す時期に応じて安定の傾向を示した.血紫残余蜜索は尿総窒素の変動
が大きい高温室入室初期に増加し, 3週経過後は入室前値に戻る傾向を示した(1週に於いてのみ有意の増;
加). 3
) 肝機能 l
こ及ぼす影響.尿ウロゼリノーゲンの定量的検査,ヘバト歩ルファレン試験の結果及
び血疑残余窒素,血清蛋自の変動から,該高温環境の肝機能に及ぼす影響を検討した.心以上のととか
ら,家兎を該高温室に入室せ、しむれば,蛋白代謝は初期には不安定で動揺を示すが,漸次低下し,入室後
3-4週後には安定して,略一応の適応状態に逮するものと考えられた.
誌 2
1
4
. 高温高濃環境に説ける血:漫酸素代謝に関する実験的研究
板原克哉,山家
喬(東北大中沢内科)
高温高湿室 (
4
(
)
0
0・湿度90-100%) に家兎を約 3
0分間入れ,所謂麻痔期に頚動静脈血を採取,その前
3
4
1
後の血液酸素の変動をパークロフト氏分折器を用いて測定した.
高温室内にて動脈血酸素含有量 AO2は入室前に比し大部分は精増加,静脈血酸素含有量 V02は減少,
-V)o,
{
A02は著明に増加,酸素容量は稀減少した.
動脈血酸素較差 (A-V)02・酸素消費率,(A上記の変動に対し諸種薬剤を注射して如何なる変化を来たすかを検討し,その作用機転及び対策を解明
せんと試みた.薬剤としては循環ホルモジ剤カリグレイシ (4単位),アミゾフィリン (40mg/kg),フエ
ノパルピタール (
2
0
m
g
/
k
g
),TEAB(
5mg/kg),ルチン(ビタミンれ 1
0
0
昭附加), 5 %
葡萄糖 (
5
0
c
c
)
玄液 (
3
0
c
c
), グルタチオン(2mg) を注射し,
各薬剤とも高温高湿室内に入れない場合を対照例とし
た.カリクレインては酸素消費の増加率は減少し,高温高湿による影響を是正する傾向がみられる.アミ
ノフィリンでは A02が増加, V02は減少する. フェノパルピタールて Ao2
2の減少例が多く,
,V0
TEABては Ao
,V02共に減少,両者共に酸素消費率の増加を抑制する如くみ忘れた. ルチノン注射の
2
場合は他剤と異り,対照例i
て A02 の増加明らかなるに反レ,高温高湿内ては著変を認めず,酸素消費率
の変動はごく軽微である. グノレタチオン皮下注ては対照例の増加と反対に A02,Vo2,酸素容量の減少を
みるが,酸素消費率の増加は多少抑制される.
2
1
5
. 高温曝露ラ,ヅテの血瀧像と血濃のカタラーゼとベルオキジダーゼの活性
の変動
西尾
男(鹿児島県立大衛生)
0
e
r
o
x
l
d
a
s
eの
a
t
a
l
a
s
eと p
,切に 3
ラッテを高気温 (
4
0
.
0
0分ぼく露して,その前後の血液像と血液の c
i
l
l
a
t
a
t
t
e
r氏法によった
包s
eの活性の測定は W
活性を追究して次のような成績を得た.なお血液 peroxid
μ の波長光て比色定量し得ることを検討した.
u
r
p
u
r
o
g
a
l
l
i
nを抽出せずに反応混液のま〉て 320m
が p
1.白血球数は高温から解放後約3
0分の聞にぼく露前の'!.--'/,に減少し,ついて増加に移行し解放後
2時間百頃には約 2倍に達し,その後数日て三徐止に正常にもどる.との際減少の主役は淋巴球が,増加の
主役は好中球が演ずる.好酸球数は解放後徐々に減少し,解放後 8時間目頃に最低をしめず.
なお白血球数が正常に復する途中て一時的な増多を再びしめず ζ とがある.
a
l
a
s
eては解放直
2
. 血液の c
a
t
a
l
a
s
eと p
e
r
o
x
i
d
a
s
eの活性値の変動には定型性を認めがたいが,回t
eroxidaseてはばく露解放直後より数日間低
後より 8時間後まて、に活性値の充進する例が多く,反対に p
下する倒が多い.
e
r
o
x
i
d
a
s
eも穎粒球数に関係がない.
3
. Catalase活性値の変動は赤血球数,血色素量に関係なく, p
2
1
6
. 高熱環境作業服に関する研究
(
第4
;
:
就いて
報? 防 熱 被 服 地1
田中
政夫,永田
火紀(京都府立医大衛生)
アルミェウムが輯射熱に対する反射性が大きく,優れた熱遮断効果を有ずる事.叉アルミニクムは川グ
として被服地にも応用出来る事が認められてきたので,アルミニウムを応用した被服地が高熱環境作業服
地として適当なものであるか否かを検討した.
0
c
1
) 約3
皿離れた所から 250W赤外線電球て照射して,各種被服地の輯射熱透過量を測定したが, .一般
に金属板・金属ハクを貼布した被服地は他の被服地より著しく透過量が少かった,猶,.~同じ金属を用いた
ものでも金属粉を塗布した被服地はかなりの輯射熱透過を許す事が判明した.
離れた所から 250W
2
) 各種被服地の輯射熱透過性・吸熱性・熱伝導性等を綜合した防熱力を,約3
0
c
m
赤タト線電球て照射した場合に就いて測定したが,金属板・金属ハクを前面に貼布した被服地の防熱力がー
凶般被服地に比べて優れている事,更にアルミ板・アルミハグを貼布した被服地の防熱力は他積金属を用い
た会のよ可り幾分優れている事を認めた.
3
) 然し乍ら,アルミ板・アルミハクを被服地の後頭叉は 2枚の被服地の聞に用いた場合は,輯射熱に
342
対する反射性が失われる為か,前面に用いた場会に比べて防熱力が著しく減ずる結果を得た.
、
4) 猶,アルミ 板・アルミハクを貼布ずる被服地の熱伝導性の小さい程,叉,特五三有風時には被服地と
i
受熱体との間隔の広い程防熱カが優れている様に見受けら
nたが,優劣の差は比較的に僅少であった.
5
) アルミ板・アルミハクを前面に貼布した被服地て作製した作業服を実際に高熱環境下で被験者に着
用させた所,衣服内温度・皮膚温が従来の作業服・消防服着用時に比べて可成り低い事を認めた.
2~7.
防 塵 マ ス ク の 研 究 ( 第 7報
〉
三浦豊彦,半田晃久(労研労働衛生第ぎ)
前報までの報告はすべて 27m'の発塵室内て発塵レて漉層の研究その他を行って来たものであるが,
R.I.を用いて将来実験ナるととを考えて小形の発塵装置を試作した.
0
0
c
cのフラスコに粉塵の材料を入
5
0
0
c
cのフラスコ,3個と 5 1の 8ロフラスコ l個を使用し,最初の 5
れ
, J
e
tを通じて空気を吹き出すと同時に吸引, 3個のフラスコを通った粉塵が 51フラスコ 内て撹持さ
l
れ,混合され,
ζ れを試料に用い得るようにした.
先ず炭酸カルシウムを用いて実験じた所,その一定量を第 1のフラヌコ内にいれて送排気を一定にすれ
ば殆んど同一濃度を得られることが判った.
μ 前後の発塵であった.
次いでその粒度分布をしらべた所ては 1
更にこの試料を使用してフィルターの鴻塵効率と,フィルター前後の粒度分布に検討を加えた.
1
5 を用いて,放射性粉塵が瀦層によってどのように捕集されるかを検討したいと考えている.
今後 Ca
2
1
8
. 表面活性剤による発塵防止
輿
重治,摂部
l
弘之(公衆衛生院労働衛生)
職場に於いて労働者が粉塵を吸入するのを防ぐ方法としては,発塵源に於いて粉塵の発生を抑える方法,
作業工程の変更,粉塵発生源を隔離し叉は発生した粉塵をフッド等の方法によって取除くことなどが考え
られる.とのような方法によって尚危険があるときには一時的な手段どして種々の保護具の使用が行われ
る.
特に鉱坑山の坑内に於げる粉塵の除去は作業の性質上工学的方法の使用が他の職場に於けるよりもむづ
かしい.
現在多くの鉱山では最も大きな発塵源である穿岩機の操作は湿式法を用いている.
最近湿式穿岩機法に水を用いる代りに,表面活性剤の稀薄溶液を用いることが考えられ,
くの研究が進められており,
ζ
の方面で多
ζ の方法は鉱坑山に於げる発塵防止に関し重要な意味をもつものである.
表面活性剤の使用は,液の表面張力を低下させるとどにより,-岩盤交は粉塵粒子の表面がぬらされ易く
しようとするものである.物質がぬれ易いかどうかは,物質と液体の物理化学的な相互作用によって定ま
るものであろうと考えられる . ζ の点に関しこれまでの研究のいくつかはかなりあいまいな点があった.
我々は表面の性質がとの現象に影響するであろうという考え方から出発した.
石炭粉末と石英粉末とについて同ーの活性剤溶液を用い粉末のぬれる速さを測定し,両粉末のぬれの速
さと活性剤溶液濃度との関係から ζ の現象が明らかに物質の物理化学的性質によるものであるととを確か
めた.セ
物質の性質が現象の本質にふれて来るので,
ζ の研究を総括的にまとめるためには表面の性質のわかっ
ている種A の粉塵と化学的,物理的組成のはっきりレた種冷の表面活性剤を使用した広汎な研究が必要と
なる J
そこで莱鉱山の抱進現場の堆積塵を用い,二,三の表面活性剤によりそのぬれの速さを測定した.
ζ の実験り結果は或種の粉墜に対しある種の活性剤はたしかに氷よりも有効であろうと云う C
とが推論
てきた.しかし一方或種の活性剤ては表面張力がはるかに水よりも低いに拘らず粉塵をぬらすカは水より
弱かった.
343
叉活性剤溶液の濃度が増加すると,表面張力は指数的に減少するが,粉塵をぬらす速さと溶液濃度の関
係は可成り複雑であった.
ζ の事から表面活性剤の優劣は単に表面張力のみでは定まらないことがわか
った.
表面活性剤を用いる発塵防止のもう一つの面は表面活性剤溶液を粉塵の多量に存在する空気中に噴霧し
たとき,溶液からなる霧粒が果して水滴よりも粉塵捕捉率が高いか否かということである.この問題につ
いての研究は作業場における調査は可成り多いが実験的に行われた研究としては W.M.Cumming等の
ものがあるのみである . ζ 'の問題は単に粉塵を除去する方法としての意味の他に空気中に於ける粒子の衝
突,捕捉 t
こ関する理論的な面ての新しい実験方法を提供する ζ とや叉衛生学的には粉塵の除去のみでなし
に表面活性剤のような比較的大きな喜子子量をもった溶媒の溶液から成る霧の性質を巧みに応用して珪腕防
止の具体的方法の現実化も期待される.
三,三の表面活性剤による噴霧実験の結果は前にのべたぬれの速さとー遠の関係をもって令いる ζ とがわ
かった.
更に表面活性剤の非常に稀薄な溶液を用いて作った霧粒の性質が水の霧粒と非常に相違する ζ とをみつ
けたのであわせて報告する.
219. 績回電涜刺載を用い tの人体聴神経の ~hronològicaI characterの研究
辻
潔,水野俊夫(阪大衛生〕
さきに, 辻は condenser~discbarge c
u
r
r
e
n
tを用いての単一刻裁により, du
1I,
c
1i
c
k,を聴取し,その
際電流刺戟効果は直接聴神経に及ぶものであり,人体聴神経の時間性は室温に於げる蛙の坐骨神経のそ
戟を行い,個々の d
u
l
lc
l
i
c
kが融合するとき
れと同じである事を報告した.そ ζ で,演者等は頻回電流蔚j
の刺戟 i
n
t
e
r
v
a
lを測定した. !
E
I
J
!
>,矩形波を発振させ,との矩形波を微分回路に通じて condenser,
d
i
s
-
u
l
s
eを作り (
p
u
l
s
eの d
u
r
a
t
i
o
nは 2.ms
e
c
.
),そして負の方向に適当に高い b
i
a
sを
cbarge と同形の p
u
l
s
e丈けを取り出して,
かけた三極管を通して一方向の p
これにより刺戟した. そして矩形波の周波数
を変える:ことによって, p
u
l
s
eと p
u
l
s
eとの間の i
n
t
e
r
v
a
lを変化させた.実験結果によると, i
.
n
t
e
r
v
a
l
が 11-13ms
e
c
. になると個々の d
u
l
lc
l
i
c
kが融合する.とえの時聞は,
、
人体聴神経がその時間性から判
断して A・グループの繊維群より構成されておる故, n
e
g
a
t
i
v
ea
f
t
e
rp
o
t
e
n
t
i
a
lの持続時間と一致してお
o
n
t
i
n
u
o
u
sに n
e
g
a
t
i
v
epot聞tial が続くと~,個々の dull c
l
i
c
kが融合すると
る.従って,穂神経に c
n
e
g
a
t
i
v
ea
f
t
e
r
p
o
t
e
n
t
i
a
lの持続時閣であると推論し之もよいであろう.
この推論から, n
e
g
a
t
i
v
ea
f
t
e
rp
o
t
e
n
t
i
a
lは s
p
i
r
ep
o
t
e
n
t
i
a
lと違い,非常に不安定であり, anoxia,
考えるならば,
ζ の時聞は
a
c
i
d
i
t
y等の神経の外囲における状況や,神経の活動の僅かな変化によって容易に変化するものである故
聴神経の頻国電流府j
戟を行い,個々の d
u
l
lc
l
i
c
kの融合するときの刺戟と刺戟との泊t
e
r
v
a
lの時間測定
が聴神経の疲労,変性の観察に大いに役立つであろう事を予報する.
2
2
0
.
. 騒雷の自章紳経系に及{ます影響
猿田南海雄,石橋歪之輔(九大衛生)
家兎,犬に 9
5
p
l
i
o
i1のブずーを毎日 5時間宛聞かせて,その自律神経系に及ぼす影響を観察した.
1
. 家兎血祭 Cholin
田
,t
e
r
a
s
e活性値は始め 5時聞は 10-30%の増加を示したが,その後は 9
0
時間後も
殆んど平静時と同債であった.
2
. 胃震犬て胃液分滋状態を見たが
2時間の分泌総量は騒音中ては 30%減少し騒音を反覆した場合は
著変は見なくなった.酸度は特別の変化は示さなかった.
3
. 胃運動機能を家兎に就いてパローン法により観察した.騒音中ては収縮回数が 25%
減少したが,胃
曲線の形には特別の変化は見なかった.
←
4
.;血圧は家兎に於いて騒音中では 16-25%の増加を見たが,騒音を反覆する中に上昇を示さなくな
った.
344
.
5
. 呼吸数は家兎てぼく音直後に可成り増加するが,ぼく音 3
0
分以後より平静値に返った.
以上の実験から自律衿経平衡が騒音によって交感神経側に傾く事が推定出来ると思う.
2
2
1
. 工場騒普障害に関する研究
猿同南海雄,石光正久(九大衛生)
造船所各工場の騒音環境の測定を行い,機械工場(旋盤等の工作機械を使用〉コンプレッサ一室,及び
鉄工場(樟鉄作業銭鋲作業及び工作機械を使用〉三ケ所の騒音にモルモットをほく露せレめ,聴器特にか
牛殻コルチ氏器,その他の病理組織学的変化を追及し,更に耳栓の効果について観察を行い史下記の結果
を得た.
機械工場群.約 80phon常時あり,
3
0
0
時間前後よりか牛殻上部のコルチ氏器に変化を認め,ばく露時
間の延長と共にその変化も下方に及び更に増強される.
コンプレァサ一室.約 85phonあり
2
0
0時間前後よりか牛殻上部コルチ氏器に変化を認め,ばく露
時閣の延長と共に強化され,か牛殻中央部に及んでくる.
鉄工場群、此処の騒音は大体 9
0
.
p
h
o
n以上あり,時に .125phonに及ぶことがある. 1
0
0
時間前後より
持
、
J
か牛殻上部コノレチ氏器に変化を来し,ばく露持聞の延長と共にその変化も下方に及び著しく増強する.叉
粘ゴム耳栓を使用した例に於いては変化あ僅少て耳栓の効果を証明した.
2
2
2
. 騒音下の語雷明瞭度に就いて
森 岡
一
生(労研労働衛生第 2)
騒音による会話妨害の基礎的資料を得る目的て次のような実験を行った. なるべく一様な音声レベル
7
'
5d
b
)て発音じたロガトムをテープ・レコーダーに録音し,とれを種々の音声
〈距離 1m,ピークて'70レベルて干写生する.騒音はサイナトロンによる WhiteN
oiseを同様に l
ンベルを変えて発生させる.騒音
と音声は別々のスピーカーより同時に発生させ るが,そのレベルは共に 5
0d
b
;
"
'
;
9
0
d
bの聞で 5db段階の
l
各種組合せのもとで実験した.
5名の聴取者に再生語音を書取らせ, I
Eじく聴取てきた語音数から騒音下、
の語音明瞭度、(%)を求めた.一方騒音を併わない静寂な場合の明瞭度や,発声者による明瞭度の差異に
ついても調べ,次のような知見を得た.
1
) 聴取者による語音明瞭度のちがいは,静寂な時より騒音のある方が大となり,騒音'70
db下におい
近いちがいを示す.
てJ音声レベル 75dbては,聴取者聞の語音明瞭度は 20%
2
) 発生者によるちがいも同様であるが,騒音による影響は聴取者の場合より大となり,上記条件下て
~O% を超ナ.
3
) 騒音下の明瞭度は音声レベルと騒音レベルの差!
E
D
!
>S
/
Ndbに関連している.S
/
Nが ー15dbて
は語音明瞭度は殆んど Odb%となり, S/N がー 10db ずはtO~20%!. プ5db で20ヶ40%;. 0db.
x
.
'40-60
%+5dbて55-75%,+10dbて65-85%,+15dbて80-95%である.
幻十従って普通の会話レベルが'70
db
前後とすると 90%以上の語音明瞭度をうるには騒音レベルは White
0
5
5db以下でなくてはならない.音声が有意単語や章句の場合には明瞭度より理解度が
Noiseの場合 5
問題になるし,叉周波数構成の異なる実際騒音の場合等につ、ハては更に検討しなくてはならない.
2
2
3
. 提動の人体に対する影響(第 1報
〉
細
産業の機械化,
見
正
r
二(神戸医大産業医学)
交通機関の発達により職場並びに日常生活に於いて振動にぼく露される機会が極めて
多いが,振動による人体えの影響についての研究除余り行われていない.そとて演者は振動の人体に対す
る影響についての研究を意図し,一定条件下に於げる瓦斯代謝,血圧及び三三の血液所見について調べた
と ζ ろ次の結果を得た.
345
1
) 振動初期には安静時酸素消費量の約 30-40%
の増加を示すが,反覆継続すると,その酸素消費量は
初回の半量以下に減少する.
2
) 血 圧 : 最高,最低ともに上昇するが,最低血庄が著じく上昇する.
3
) 血液像: エオジン細胞の増加及び中性多核白血球,淋巴球の減少の傾向が認められる.
2
2
4
. 電話交換用椅子の遁正条件に関する提動及びガタの研究
堀
内
美
和(電電公社医事研)
昭和 2
5年より行われた電話交換作業条件の研究の一環として,姿勢と椅子条件の研究が行われた.其の
研究結果よりモデル椅子 6種類が製られた.今回私は夫等の椅子と現行椅子とについて,具体的な適正度
について研究を進めた.特に安定性或いはガタに関して電気振動計て測定し,適性値を検討したので,報告
を行う.測定にあたり,東洋精密工業株式会社製振動計を用いた.同装置は電気振動計;増巾発振装置,イ
ンク記録装置の三部分よりなる.方法は,振動計のピックア y プを椅子下面にとりづけ上下振動を,倍率
制f
きとして記録じた.、被検者別 (B)椅子高低別 (H)動作別即:;椅子に坐し,交換動作を行い,次いで
坐を立つに至る迄の主動作を 9種別とした (W),尚,椅子は 7種別(1')て、あった.この様にして得たる記
録を解析し推計学的処理を行った.結論として分散比をみれば被検者溺 (B)の個人差 6
.
3
3は0
.
0
5にて有
意の差があり,椅子の高低別(豆 )6.52は0
;
0
5にて有意の差を示し,動作部 (W)及び椅子種類別 (T)
は 夫 k 213.94~,こて 0.01. 11
.3
9にて 0
.
0
1にて有意の差があった.以上の結果より各椅子がもっ安定に関す
る振動とガタ値が明らかになった.この様な測定と併せて,約 8
0
0
名の交換取扱者の椅子に対する主観的
感覚調査を行った.調査項目中に安定性について
r
椅子のぐらつき工含j 及び「ぐちつくとすればどん
な時七、ずか」という項目をあげ,その項目を岩に 6小項目に細分して質問を行った.・この結果から 7種類
中交摂取扱者の好む椅子の傾向を把握じた.上記の二方面を総括して'(種類中の最も優れているとする
椅子と其の振動及びガタ値とを得r
c
;尚との数値は交換用椅デめ新製品の規格化の基礎づけにも活用し得
るものであらう.
225. 常圧下長期に亘る高濃度酸素混入の実験的研究
猿同甫海雄,藤木
昭夫(仇九大衛生封)
1
臼8
7
問8
年 P
aulB
e
ω
,
r
t
;犯に亘る研究発表があるカがr
'
)
" 高濃度酸素の,長期間吸入による慢性障害にづいては,まだ残された問題があ
る.著者は, 家兎,
ラッテを用いて,
自家考案せる実験装置にて,動物に慢性障害をおときしめ,その
調,若干の臨床所見の観察,更に,病理組織学的に追求せんと試みたものである.尚,吸入酸素濃度は,
-95-96%
,吸入時聞は 1日 2時間,酸素喜子時流出量ほ 6
:
'
6
.
5
1,実験期聞は 62-227 日に及んだ.依って
現在迄の実験成績をままに報告する次第である.
2
2
6
. 、紫外線による眼傷害の実験的研究
猿田南海雄,荒牧、明(九大衛生)
第一実験:家兎眼球各部の紫外線吸収測定.
・
5
0型を使用し白色,有色家兎夫々 5匹を用い眼球摘出後出来るだけ速かに
島津製光電分光光度計 QB
号88mμ ,水
各波長について透過率を測定した. 完全に吸収される波長は角膜 289-287mμ ,房水 291-
88-285inμ,脈絡膜 284-2
剖 m
μ てある. 尚透過率は
晶体 317-313mμ ,硝子体 289-287mμ ,網膜 2
脈絡膜を除いて白色,有色に大差はない.
J
346
第二実験:照射実験,
色々な吸収限界を異にするフィルターを用い水銀太陽灯を光源として水晶レンズて集光し家兎阪に紫外
3
4m
μ の近紫外線ても照射が長時間に及ぶと
線を照射した.それによると,今まで無害と飲されていだ 3
傷害を来ナ . ζ の傷害は紫外線のみでも起り得るが,可視光線との共働作用により更に強められる.
2
2
7
. 放射線障害に関する実験的研究 (1う
茂田八郎,河内虎男,石西
進(三井産業医研)
演者らは家兎の右季肋部(肝部),左季肋部(勝部),下腹部(腸部),及び大腿部 t
こ玄線の多量を一時に照
1,
000γ-10,
0
0
0
γ 〉し照射後3
0日後まで逐目的に一般的状態を観察すると共に,核酸乃至はプリ
射 (
ン代謝φ状態を知らんとして血清除蛋白液の紫外域吸収スベクトルを測定した.死亡後は肝,
s
専,腎につ
a
いて病理組織学的検査をも行った.
,
0
0
0
γ 照射例では全て 6日以内に恋亡し乏の影響最も重篤て,H
子部照射例が之に次ぎ, 1
,
0
0
0
下腹部 3
γては何れも 3
0日以上生害したが, 3,
0
0
0
γ ては 1
5日以内に全例死亡, 5
,
0
0
0
γ ては1
2日以内に全て死亡
した.
,
0
0
0
γ ては何れも 3
0日以上生存し, 3
,
0
0
0
γ ては 8例中 2例が 1
7日以内に死亡し 1健
勝部照射例ては 1
は3
0臼以上生子した.
0,
0
0
0
γ 照射例ても全て照射後初日以上生在した.
大腿部では 1
ζ於いても照射部位によってその障害の度が著しく相違する事が明らかになった.腸部照射で
同一動物 [
e
t
r
i
c
kらの報告のようじ腸管の g
l
u
e
Q
s
e の吸収が著明に障害され急速に死に至る
は Barron ら及び D
ものと考えられる.他部位照射例ては殆んどみられなかったが,肝部照射例について 3
,
0
0
0
γ 以上照射で
7
2
2
7
5m.
u
,
.
.
lm
in.2
52-254m
μ の選択吸収帯が必ず認められた.その血清
は血清除蛋白液にえ max.2
a
r
t
e
r法により paperehromatographyを行ったところ,尿酸, xanthine,hy除蛋白液を濃縮して C
poxanthine,a
d
e
n
o
s
i
n
e,AMP等を検出した.
家兎のプリン代謝は人と違って尿酸が肝の酵素、u説明暗主より選択吸収のない一 a
l
l
a
n
t
o
i
nに分解され
るので,その血清除蛋白液は端吸収スベクトノレを示すのが常である.石西,井上,河内らは殆んど同一な
選択吸収スベクトルを家兎の土腹部を火傷せしめた場合にのみ検出している.肝部玄線照射例の肝の病理
組織学的所見は特に混濁腫張壊死が著明であると ζ ろから,肝部照射例では肝に合まれるプリン代謝に関。
与する例えば x
a
n
t
h
i
n
eo
x
i
d
a
s
e,u
r
i
e
a
s
e等の如き肝酵素系に変性が起りプリン代謝に異状を来すもの,
と考えられる.
2
2
8
. 放射能による汚染とその除去に就いて
(
第 2報〉布の汚染と汚染除表
y
三浦 豊彦,石固有典夫(労研労働衛 生 第 2
e
J
前報に於いて私共は木部の汚染及びその除去について報告したが,今回は布の汚染及びその除去とし
て,天然繊維,合成繊維,再生繊維の織物及びビ、=ーノレシート,ゴムシートを被験布として取上げた.
汚染方法として一定時間浸積ずる方法と一定量滴下する方法をとり,カーボンブラックによる肉眼的汚J
4'
染及び Ca
,SペP"の各アイソトープ液による汚染について行った.
際は各種φ洗部署液に浸し,一定速度て撹持して行った.
洗1
汚染度及び洗務度は肉眼的汚'染については布の反射'皮を測定し,アイソドープ液による汚染に就いては
ガイガー計数器て測定した.
以上の実験結果と各被験布の物理的性質の間の相関につき検討を加えた.
浸積による肉眼的な汚染度とみかけの比重/材料比重の間には逆相関がみられた.
347
汚染除去と被験布の厚さの聞には逆相関がある.
各被験布に対ずる洗濯石民主,ソー プレスゾースモノグンり各洗濃度は互に正の相関を示ナ.
肉眼的な汚染とアイソトープによる汚染の間,及び各々の洗濃度の聞には相関がみられなかった.
ナイツトープ液を一定量滴下した時,カウント数の多い被験布の方が除去されやずい.
被験布の
C
a
.S
.P
.
ι 各アイソトープに対ずる各洗襟度の関には主の相関がみられるι
.
洗源後の被験布のカ'.7<"ト数はゴム,ビニーノレグ}ト等ては殆んど完全に除去されるが,一般の衣服材
料てはかなりのカウント数が残存ナる.
229. Dぬe1
n's 自転車労作計に就い τ
室川正彦,金子秀彬そ(務政・医事研}
,,,,"
体力測定に精確な一定の負荷をかける必要から D
δ,
b
e
l
n
'
g自転車労作計を試用して好結果を得たので報
告する.従来の自転車労作計は,理論的にも実際的にも精確な仕事量が握みにくい.電磁式てもダイナモ
式ても失張り仕事量の算出は容易でなく,じかも労作中に抵抗力が若干ても変るから予め定めた重さの労
働を課する ζ とが難しい.
Dobeln (
J
.o
fAppliedP
h
y
s
i
o
l
.Vo
l
.7,p
.2
2
2,1
9
5
4
)は上述の欠点を除き i簡単てじかも仕事量が
i
n
u
sb
a
l
a
n
t
e式自転寧労作計を作成した.
;正確に読みとれる s
ζ れは三草ベルトを以って動輪と連絡す
る調節廻転体の斡端に振子型重錘をとりつけ,ベルトの途中にスプリングを一入れ",.送りネ Y急用いて廻転
体を動輪から遠近させて摩擦力を加減するようになっている.動輪が廻tI..ぼ廻転体に両方向の廻転カ〈ト
:振子重鐙は後上方に上昇じ反対方向のトルクを生じて平衡する.との場合, トルクも従って
ノレク〉を生 l
仕事量も判るし,また人間の効率を 25%-28-%として消費熱量も算出できる.試作したものは,重錘 2
5
0
5
c
皿,全質量約 380g,角度目盛 0-500 て,各角度ての廻転能率を実測して仕事量を算出し
g,振子長 2
.R.との関係も判るから任意の強度 f
試作品ては O
ヶ8
)の負荷をかけ+ることて
た.また,角度と R.M
きる.振子の固有周期がベグ)).-の廻転テシポに近いと共振するが,振子長を短かくか,、または長くすれば
が首ふりが殆んどない.動輪の廻転に伴い摩擦係数が時間とともに若平変るが,送りネジて簡単に調節レ
一定の摩擦カに保っととができるのも本器の特徴である.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
15
File Size
10 780 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content