close

Enter

Log in using OpenID

大阪の新しい魅力を発信する冊子「osaka field trip」を発行しました!

embedDownload
財団法人 大阪観光コン ベ ン ショ ン 協会
542-0081 大阪市中央区南船場 4-4-21 りそな船場ビル 5 階
TEL 06- 6282-5900(代) FAX 06- 6282-5915
HP http://www.osakaimage.com E-mail [email protected]
平成 22 年 2 月 23 日
同時資料提供先
大阪市政記者クラブ
大阪府政記者会
関西レジャー記者クラブ
大阪旋風プロジェクト
(財)大阪観光コンベンション協会
情報発信担当部長 狭間惠三子
電話 06−6282−5917
大阪の新しい魅力を発信する冊子「osaka field trip」を発行しました!
大阪大学コミュニケーションデザインセンター、graf、大阪市、財団法人大阪観光コンベン
ション協会等、官・民・学が連携し新しい大阪のイメージを発信する、大阪旋風プロジェクト
を 2008 年より実施しております。
このたび当プロジェクトでは、
「osaka field trip」を発行しました。
本冊子は、access to Osaka(*)と題して、大阪の魅力を「暮らす」
「話す」
「創る」という
3つの視点から発信するビジュアルブックの第 1 弾です。
つきましては、是非貴社の媒体にてご紹介いただけますよう、よろしくお願いいたします。
記
„
この本がめざすもの
この本は、
「暮らすように遊ぶ」ことを提案しております。ビジターがビジターで終始する
のではなく、大阪人のように大阪で遊び、その魅力を再発見していただくことを願っており
ます。そして、この本を媒体に、登場する人々や場所と、繋がっていただくことをめざして
います。その遊び方を提案するのが、大阪を舞台に活躍しているクリエイターたちです。
„ この本に登場するクリエイターたち
大阪を創作活動の場として選び、大阪のみならず、国内外にファンを持つ若いクリエイター
たちです。彼らは、単に流行にながされることなく、確固たるポリシーを持ちながらもしな
やかに、トレンドを創り、遊び、暮らしています。彼らの日常をたどることで、大阪の「field
trip」を楽しんでいただけます。
„ 発 行 元:大阪旋風プロジェクト
(事務局:大阪市・財団法人大阪観光コンベンション協会)
„ 仕
様:A5判・84 ページ
オールカラー
付属:A2判マップ&しおり
発行部数:13,000 部
„ 定
価:300 円(税込み)
„ 入 手 先:大阪市観光案内所・カフェ・ギャラリー・雑貨店・その他
„ 掲載スポット数:76(graf、TRUCK、Toi、チャルカ他)
(*)access to osaka シリーズの概要
●ビジュアルブックの発行
目 的: 「暮らす」
「話す」
「創る」の 3 つの視点から、大阪の新しい魅力を紹介するビ
ジュアルブックの発行。ストックが可能であるという紙媒体の特性を活かし、
必要な時にこの本を取り出し、読者と登場する人々や場所との交流を図るこ
とを目的とした冊子の発行。
このビジュアルブックを大阪のガイドブックとして持ち歩きながら大阪の魅
力を発掘していただく。
ターゲット:大阪の真の都市魅力を理解していただける若い人々。
発 行:大阪旋風プロジェクト
(事務局:大阪市・財団法人大阪観光コンベンション協会)
第1弾
「暮らす」 Osaka field trip 2010 年2月 23 日発行 価格 300 円
大阪で暮らし、自分たちの立脚点をしっかり持って活動しているク
リエイターを中軸に据え、彼らが感じる真のスタンダードを紹介する。
第2弾
「話 す」 インタビューズ(仮題)vol 1 2010 年 3 月 10 日発行予定 無料
大阪にゆかりのある人々へのインタビューを通じて、大阪で暮らす、ある
いは大阪に滞在することで得られるエネルギー等をクローズアップする。話
すというコミュニケーションツールで、大阪と若い人々を繋ぐ。
第3弾
「創 る」 アートツーリズム・ブック「大阪観考―美術家編」
(仮題)
2010 年 初秋発行予定 価格 未定
世界的に活躍しながら大阪に縁のあるアーティストの観点で、大阪
の旅を創り提案するアートブック。
●ビジュアルブックを活用したプロモーションの実施 2010 年夏∼秋実施予定
内 容: 発行したビジュアルブックを活用して、参加者と大阪のまちを繋ぐことのできる
イベント等を実施し大阪の魅力を体感していただきます。
(例)クリエイターが案内する osaka field trip の実施等
„
„
お問い合わせ
財団法人大阪観光コンベンション協会(狭間・三木・宮田)
〒542-0081 大阪市中央区南船場 4-4-21 りそな船場ビル5階
Tel 06-6282-5917 Fax 06-6282-5915
E-mail [email protected]
<写真提供>
上記担当者までお問い合わせください。
<大阪旋風プロジェクトとは> 別紙参照願います。
<参考>
大阪旋風プロジェクトとは
趣旨
大阪には、多様な魅力がある。しかし近年、大阪の魅力として認知されているのは、一面的な部
分になりがちである。そこで、官・学・民が連携して、大阪ならではの様々な魅力を探り・発信す
ることで、新しい都市イメージを定着させることを目的に 2008 年 12 月からスタートした事業。今
後を担う『10 代∼30 代前半の若者』に焦点をあて、魅力探しのプロセスそのものを公開すること
で大阪のおもしろさを表現すべく、トークイベント実施、ビジュアルブック制作などをすすめてい
る。
プロジェクト企画委員
委員長
金水 敏
大阪大学コミュニケーションデザインセンター センター長
副委員長 荒木 基次
大阪大学21世紀懐徳堂 特任研究員
委員
久保田 テツ 大阪大学コミュニケーションデザインセンター 特任講師
木ノ下智恵子 大阪大学コミュニケーションデザインセンター 特任講師
服部滋樹
graf 代表
蔵 均
京阪神エルマガジン社 MOOK 編集室長
花田公絵
大阪市ゆとりとみどり振興局集客プロモーション担当課長
西迫 登
(財)大阪観光コンベンション協会
プロモーションチーム担当部長
狭間恵三子
(財)大阪観光コンベンション協会
情報発信チーム担当部長
これまでの実施事業
・ トークセッション“What is OSAKA?”
日 時:2009 年 3 月 17 日
会 場:西麻布 スーパーデラックス
出演者:倉本満津留 アーティスト/放送作家 ヤノベ・ケンジ 美術家
田中杏子 Numreo TOKYO 編集長 服部滋樹 graf 代表/デザイナー
・ トークイベント “What is OSAKA?”
日 時:2009 年 3 月 31 日
会 場:阪急 BIGMAN 前
出演者:都築響一 編集者 蔵 均 編集者 服部滋樹
特別出演:田中 杏子
・
Numero TOKYO 2009 年 7・8 月号別冊 Numero OSAKA 協賛
・
プロジェクトのプロセスを紹介する HP http://www.osakaimage.com の運営
イベント収録映像・デキスト、阪大生のブログ、ビジュアルブック取材風景のブログ等事業プロセスを公開中
・
大阪大学学生による OSAKA RPG(ロールプレイングゲーム)の実施
イベント実施:2009 年 12 月 8 日・12 月 15 日
「夢幻都市 Osaka City」を舞台に学生たちの若い感性が見つけたすてきな風景、おいしい食べものなどを
発表するイベントを実施。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
47 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content