close

Enter

Log in using OpenID

急性虫垂炎

embedDownload
H25.10.4. 救急部カンファレンス
急性虫垂炎
外科
間野 洋平
急性虫垂炎
・虫垂炎とは
・診断
・治療
虫垂炎とは
・虫垂内腔の閉塞による炎症
・リンパ組織の過形成や糞石による閉塞
・5-7%の人が一度は虫垂炎を発症する。
・腫瘍性病変の影響によるものもある。
虫垂炎とは
・60歳以下の急性腹症の20-30%は
急性虫垂炎。60歳以上では4%程度。
・全体の死亡率は1%未満、高齢者の
死亡率は5-15%と決して低くない。
・全体の穿孔発生率は17-40%、高齢
者の穿孔率は60-70%と高率。
診断に必要なこと
・病歴聴取
・診察
・検査
病歴聴取
・いつからどのような症状があるか
をきちんと聴取する
【主な症状】
腹痛(心窩部→右下腹部)
発熱
嘔気
便秘
典型的な病歴
元来健康な29歳男性。
心窩部痛で目覚めて、その後間もなく
食欲不振・悪心・嘔吐が出現した。
痛みは徐々に右下腹部に移動し、増
悪、次第に発熱を認めるようになった。
歩くと痛みがお腹に響くようになった。
典型的な病歴
元来健康な29歳男性。
心窩部痛で目覚めて、その後間もなく
食欲不振・悪心・嘔吐が出現した。
痛みは徐々に右下腹部に移動し、増
悪、次第に発熱を認めるようになった。
歩くと痛みがお腹に響くようになった。
診察
丁寧な腹部所見の診察が重要
① 圧痛はMcBureney点あることが多い
② Blumberg徴候の有無、その範囲
③ 腸蠕動は減弱していることが多い
④ 虫垂が背側にある場合は症状が弱い
⑤ 腸腰筋徴候や内閉鎖筋徴候、直腸診・・・
検査
①血液検査:白血球とCRPの上昇
(初期には変化がないことも少なくない)
②腹部超音波検査
(侵襲が少ない)
③腹部CT検査
(造影剤や放射線の問題はあるが
周囲臓器との関係把握や
他疾患の鑑別が容易)
検査の有用性
(理想的には)
あくまでも検査は病歴と診察所見の裏付け
エコーやCTが臨床診察よりも優れているという
報告はない
(現実には)
高齢者では病歴がはっきりせず、診察所見も
典型的ではないことが多い。
Common diseaseとして虫垂炎を念頭に診察や
検査を行わなければ正確な診断が行えない。
治療
手 術
v.s. 保存的加療
保存的加療後、炎症が治まった時点で待機的
に虫垂切除を施行することもある
治療
<緊急手術の絶対適応>
①汎発性腹膜炎の状態
<緊急手術を見送る場合>
①回盲部までの炎症の波及
→回盲部切除が必要となる可能性
※穿孔+膿瘍形成となっていても
局所的な炎症であれば保存的加療可
穿刺ドレナージを要することはある
当院の救急において必要なこと
• 腹痛の患者は虫垂炎の可能性を考
慮すること
• 診断や方針に苦慮した場合は遠慮
なく外科医に相談すること
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
375 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content