close

Enter

Log in using OpenID

「外科コース」(surgeon/16KB)

embedDownload
(様式1)
診療科研修コース申請書
研修コース名【 診療認定医(II) 消化器外科・一般外科コース
】
1.診療科(専門領域)
外科(消化器外科、一般外科)
2.コースの概要
臨床研修 2 年修了者を対象とする。
一般外科、および消化器外科を中心として、広く診断、検査および手術を中心とした治療手技
について研修する。
基本的に 1 年間の外科プログラム I(一般・消化器外科基礎)
、引き続いての外科プログラム
II(一般・消化器外科専門)
(4 年間)で診療認定医(II)を取得する。
3.取得資格
国立病院機構による診療認定医(II) 5 年終了時
国立病院機構による診療認定医(I)
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
大腸肛門病学会専門医
4.長期目標
外科一般の専門知識、手技の習得
消化器外科の専門知識、手技の習得
5.取得手技
一般外科の診断、手術手技
消化器外科の診断、手術手技
周術期の全身管理、
救急患者の診断・治療手技
6.研修期間
3 年または 5 年間
7.募集人数
2名
3 年終了時
8.診療科の実績と経験目標症例数
症例数と手術件数の調査年度
主要疾患
入院数(年間)
経験目標症例数( 3 年間)
食道・胃・十二指腸・小腸
60
50
大腸・肛門
100
80
胆石症(総胆管結石を含む)
60
40
肝・胆・膵
40
25
乳腺・内分泌
25
20
急性虫垂炎
50
50
ヘルニア
40
30
末梢血管外科
15
10
呼吸器
15
10
甲状腺
15
20
手術
件数(年間)
経験目標件数( 3 年間)
食道・胃・十二指腸・小腸
40
30
大腸・肛門
60
50
胆石症(総胆管結石を含む)
40
40
肝・胆・膵
20
10
乳腺・内分泌
15
10
急性虫垂炎
30
30
ヘルニア
40
30
末梢血管外科
10
5
呼吸器
10
5
甲状腺
15
15
9.診療科の指導体制
診療科医師数 常勤
4名、非常勤
診療科研修の指導にあたる医師
名
4名
主として研修指導にあたる医師の氏名
〃
診療科経験年数
池田 政宣
22
年
10.コンセプト
外科専門医制度に準じ、広く外科診療に必要な診断手技、検査・処置・麻酔手技の習得、手術
手技の習得をめざす。
他科とも連携して患者さんひとりひとりにとってよりよい医療を提供できる視野の広い外科
医を育てる。
外科学・医学の進歩を常に取り入れ、患者さんに最良の治療ができる、頼もしく優しい外科医
を育てる。
11.一般目標
外科学一般に関する、広く正確な知識の習得
一般外科・消化器外科における的確な周術期管理、手術手技の習得
救命救急現場において適切に対応できる知識・技術の習得
12.関連領域の研修に関して
施設内での研修
可能
不可
施設外との交流研修
可能
不可
研修領域の決定
本人の希望を考慮し、相談の上、決定
13.共通領域研修について
CPC(常勤病理医、内科医との合同)
超音波診断研究会(近隣の開業医・専門医も招いて開催)
外科系カンファランス
医師研修会
医療安全研修会
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
15 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content