close

Enter

Log in using OpenID

WebClass Ver 9.06d 主な追加機能・修正点 追加機能

embedDownload
WebClass Ver 9.06d 主な追加機能・修正点
追加機能
 システム管理者
1.
普通の admin と権限を限定した admin の区別がつくように、
権限を限定した場合には admin(その他)
と表示します。
2.
ユーザの一括登録の際に、同一 ID が複数回指定されている場合にはメッセージを表示します。
 先生(コース管理者)
3.
教材に指定する IP アドレス制限に、IP/BIP、IP/MASK、IP-IP の 3 形式を指定できます。
例)
192.168.1.*
192.168.1.0/255.255.255.0
192.168.1.0/24
192.168.1.0-192.168.1.255
※全て同じ IP アドレスを指定したことになります。
4.
テスト教材の、設問1、設問2…といった番号を非表示にすることができます。
複数の設問に関する説明文や、プレーヤーの表示順を制御することが可能になります。
1
5.
資料教材に対して、教材の編集を行う際に入力が必要となるパスワードの設定ができます。
6.
会議室(掲示板)の管理者画面に投稿者名を表示します。
 学生(ユーザ)
7.
F5 キーによるリロードを行おうとするとメッセージを表示してリロードを阻止します。
8.
複数セッションを立ち上げた場合に、古いセッションで新しいセッションの回答内容を上書きしな
いようにしました。
9.
テスト教材の記述式問題で今何文字目を入力しているか、あと何文字入力可能かをカウントして表
示します。
 マニュアルの記述
10. スマートフォンに関する記述
11. メールアドレスへの自動送信の設定方法
12. ピアレビュー機能に関する記述
13. テスト教材一括取込用のファイルへのデータ入力方法
2
変更点
 システム管理者
14. 登録されているコースの一覧表を表示するのに時間がかかるため、コース登録/変更/削除画面を開い
た直後にコースの一覧表を表示しないよう修正しました。
「検索」ボタンを押下したタイミングで表
示します。
15. コース一括登録のサンプルファイルを 2 コマ目 3 コマ目も指定できるものに変更しました。
 先生(コース管理者)
16. 教材のオプション画面のデザインを変更し、ヘルプ画面の内容を充実させました。また、リンク先
の教材のオプション画面には、変更可能な項目だけ表示するようにしました。
3
17. テスト問題編集画面では共通オプションを変更することができないようにしました。
18. レポートの採点画面で設定できる抽出条件を「実施日」でなく「提出日」に変更しました。
19. 記述式問題の採点画面で、一覧に表示するのは最初の 20 文字だけにしました。
20. ピアレビュー機能を使った際、提出した学生から順次レポートを割り振っていましたが、日時制限
の終了時刻に割り振りをするように変更しました。
21. ルーブリックによる採点を行った際に、自動計算した得点をリアルタイムに表示します。
22. 画像再生の FLV プレーヤーのサイズを 16:9 に変更しました。
23. テスト/アンケート教材の一括取込用サンプルファイルを修正しました。
24. 採点結果画面で、
「正解率」を「得点率」の表示に変更しました。
4
25. レポートの採点画面で、検索条件を指定して採点対象の一覧を表示させるボタンのラベルを「表示」
から「回答を表示」に変更しました。
 学生(ユーザ)
26. 携帯の単語数値入力で入力可能文字を 20 文字から 500 文字に変更しました。
27. PC 画面と同様携帯の成績画面でも、出席点は表示しないようにしました。
28. スマートフォンや iPad など、モバイル用の画面デザインを変更しました。
学生(ユーザ)権限でログイン後に、コースリスト画面の左メニューに表示される「≫モバイル用
画面に切り替える」をクリックするとスマートフォン用の画面に切り替わります。
コースメニュー画面
テスト実施画面
成績確認画面
5
29. SCORM 教材のページ切り替えの際に、目次が先頭に戻らず、表示ページ以下を表示するようにし
ました。
 その他
30. コースメニュー画面に表示していた「これまでのログインカウント」
「総利用時間」
「QR コード」を
表示しないようにしました。
修正点
31. コンテンツのインポートやコースのレストア時に、エクスポート時やコースのバックアップ時の教
材の表示設定情報を反映するように修正しました。
32. 外部データのインポートで、整数でない得点を読み込ませようとした場合には、システムエラーを
表示するのでなく、小数点以下を切り捨てた上で読み込んだ後、警告のメッセージを表示するよう
に修正しました。
以上
6
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
453 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content